ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
半ドンの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(食べる唐辛子ふりかけ)、玉子焼き(2個)、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


どうも朝は寝惚けていていけない。
トッピングにみそかつおにんにくを使うつもりが、食べる唐辛子ふりかけをかけてしまった。今日は天気も好く、さほど寒くもなるまいから、カプサイシンで体を温める必要もあるまいに……。
さらに、ウインナーをお菜にするつもりだったのに、かぼちゃの煮物を入れてしまった。
脳が機能していないと、習慣通りの行動を選択してしまうものとみえる。逆に考えれば、任意の行動を習慣づければ───いわゆるひとつのルーティン・ワーク化すれば───、脳が休んでいてもこなせるわけだ。そう考えると、逆説のようだが、嫌だがやらなければならない仕事は、習慣づけたほうがよかろう。
玉子焼きは2個いっぺんに料理ってみた。少々荒業っぽいがこのほうがかえって時間が経済(←『壺算』と云う落語で気に入った表現)であるようだ。ただしその分、油をしっかり塗布しておかないと、卵が容器壁にこびりつく恐れがある。
ほうれん草と白菜の胡麻和えはほうれん草の歯ごたえが残って、なかなか美味である。あまり小さく切らなかったのがよかった。一口大よりやや大きめに切って、ざっと湯掻くのが正解のようだ。大量消費、とはいかないが、使いでのある食材であり、なかなか重宝である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS