ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
交響曲第3番『英雄』(ベートーヴェン作曲)初演の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、アスパラガスの豚バラ肉巻き(4個)、ほうれん草のお浸し、かぼちゃの煮物、たくあん漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


アスパラガスの皮が、思ったよりも硬かったことは昨日も記したところであるが、その代わり、と、云ってはなんだが、タレ(?)はうまくいった。

.▲好僖薀スを茹でる。
∵Г任織▲好僖薀スを適当な大きさに切る。
 *豚バラスライス肉の巾くらい。
F撻丱蘰を適当な大きさに切る。
 *好きな本数のアスパラガスを巻ける長さになるよう。
て撻丱蘰に塩胡椒を振る。
スイ澆遼椰瑤離▲好僖薀スを豚バラ肉で巻く。
酒、味醂、薄口醤油でタレをつくり、イ鵬鵑靴ける。
半分ほど残しておく。
 *できれば一晩漬けおく。
熱したフライパンに油を引き、中火〜弱火で焼く。
 *巻き終わりの継ぎ目から焼くのがコツ。
┿弔靴討いたタレを廻しかけて煮詰める。

───と、云う料理り方なのだが、主な難点はА⊂討ときに巻き付けた豚肉がはがれる点にある。
爪楊枝を刺したり、軽く握ったり、と、試みてみたが、これぞ、と、云う方法にはいまだ行きつかない。やはりこれも慣れであろう。以前にはうまく行っていたのだから、無理と云うことはないはずである。
Δ離織譴うまくいくと、味が引き立つ。┐涼奮で、弱火でじっくり煮詰めるのがコツである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:10 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS