ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
世界海洋デーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、ぶりの煮つけ、小松菜のわさび和え、きのこ類の佃煮


ぶりの煮つけも久しぶりである。オヤジ・ギャグではない、念のため。今回は酒も味醂も薄口醤油も少量にしてみたが、それでもキッチリ味はついた。思うに、多ければそれだけ濃くなる、と、云うものでもないらしい。ある一定程度を超えると、味の侵入を拒絶する作用が働くのではなかろうか。
そう思われるほど、少量の調味料でもしっかり味が付いた。
わたいにとってぶりの煮つけは、そんじょそこらの極上ステーキなどよりも、はるかに美味に感じられる。栄養価が極上ステーキなどよりもはるかに豊富であるのは、云う迄もない。
動物にしろ植物にしろ、地上のものよりも、海中のもののほうが、はるかに栄養分の面からみれば、はるかに優秀であるようである。
小松菜のわさび和えは、またまた先週分の残りである。このところ順調に(?)、小松菜のわさび和えとほうれん草のお浸しが、合わせて2〜3食分残っている。分かっているのなら、買うときに調整して、きっちりなくなるようにすればいいのに、と、云うご意見もあろうが、そのときは、土日で食するつもりであるため、ついつい、いつも通りの量を買ってしまうのである。それが繰り返されているのだから、我ながら、学習能力のないこと甚だしい。しかしそれでもあえて云えば、青菜類は備蓄していないよりも、備蓄しているほうがいいのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS