ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ひまわりの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は爐劼泙錣蠅瞭瓩覆里世修Δ任△襦
爐劼泙錣蠅瞭瓩髪召辰討癲太陽に向かって大輪の花を咲かせるあの丈高き植物のことではない。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、1977年のこの日、日本初の静止気象衛星「ひまわり1号」がアメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられた瓩海箸砲舛覆爐發里如△海海捻召Δ劼泙錣蠅箸呂垢覆錣繊気象衛星の爐劼泙錣雖瓩任△襦
もっともこれとてその命名は植物のそれから来ているのであろうから、あながち無関係と云うわけでもあるまい。
ひまわりは漢字で「向日葵」と書く。「日」に「向」う「葵」である。
英語ではsunflower瓩任△襦狢斥曚硫岫瓩琉佞任△辰董△發舛蹐鵝▲侫Д蝓爾里海箸任呂覆ぁ
いずれにしても、太陽に縁のある花である。
ギリシア神話によると、アポロンに恋した妖精が叶わぬ想いに身をやつして変化したのが、この爐劼泙錣雖瓩覆里世修Δ任△襦アポロンは太陽神である。その妖精は身が変化しても心は変わらずアポロンを慕い続け、ゆえにつねに太陽を見つめ続けているのだと云う。
これをロマンティックと感じるか、元祖ストーカーと思うかは、人それぞれである。
これからはまさにひまわりの季節である。豪雨多き昨今であるが、つねに太陽を仰ぎ見て、そのエネルギーを満身に吸収して、明るく元気に人生を送っていきたいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:12 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS