ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カラヤン忌のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は爛ラヤン忌瓠△垢覆錣繊◆岾效鼎猟覯Α廚半里気譴織悒襯戰襯函Ε侫ン・カラヤンの命日である。
クラシック音楽に興味のないひとでも、カラヤンの名はご存じだろう。カラヤンとフルトヴェングラーはクラシック音楽におけるに大指揮者として、現在でも人気の高い人物である。
ちなみにわたいはカラヤンよりも、フルトヴェングラーのほうが好みである。あくまでも両者から受ける印象の比較であるが、カラヤンはキザで構築性が高く、完璧に過ぎるきらいがある。対してフルトヴェングラーは情熱性が迸り、情念性が高く、流動している感がある。「(ベートーヴェンが)これらの音楽に封じ込めていた観念と情念が生き返ってくるのがきこえる」と評されるゆえんである(Wikipedia/「ヴィルヘルム・フルトヴェングラー」より)。
対してカラヤンは、「(オーケストラが)これほどまでの音楽的充実感、正確性を追求できたことは未だかつてなかった。われわれは世界中のどのオーケストラにも優る、重厚で緻密なアンサンブルを手に入れたのだ」と、云われた(Wikipedia/「ヘルベルト・フォン・カラヤン」より)。
どちらがいいと云うものではない。聴く人の感性と好みの問題であろう。
それは食事においても云えるのであって、なんでも評判のいいものに自分を合わせる必要はないのである、と、言い訳しておこう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:38 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS