ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
あじさい忌のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は爛▲献汽ご瓩髪召辰董∪亳桐擬]困量親なのだそうである。
石原裕次郎と云えば、我々の世代にとってはTVドラマ『太陽にほえろ!』のボスであるが、我々の親の世代にとっては、犇篷襪離好拭辞瓩任△襦おそらく他の世代にとってはピンと来ないであろうが、まさに一世を風靡したスターなのである。そのことは映ちゃんがかつて、このBlogで松田優作のことを記した記事で述べていた(「そのときの時代を……」参照)。
あの毒舌家の上岡龍太郎氏にして、裕次郎のことを語られるときは、あこがれに声が潤んでいるように聴こえたものである。
我々にしてみれば松田優作、我々の兄貴の世代にしてみればショーケンこと萩原健一の地位である。
この三名が等しく『太陽にほえろ!』に関係しているのは興味深い。当時『太陽にほえろ!』は、それほどの影響力を有していたのだろうか。もしそうだとすると、それもこれもひとえに裕次郎の力のなせるわざであろう。
なにしろ無能そのものの屑のような人間でも、裕次郎の兄と云うだけで、大臣になり、都知事になり得るのだから、持つべきものは人気者の弟である。
それにしても、『太陽の季節』で人気に火を点け、『太陽にほえろ!』でそのキャリアを終えた裕次郎の好きな花が、雨が似合うあじさいとは、おもしろいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 17:59 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS