ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ハモの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は爛魯發瞭瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、瑩隋覆呂癲砲隆慇召任慮討喨「はみ」から、「は(8)み(3)」の語呂合わせ瓩髪召Δ海箸任△襦
長年関西に在住しているが、鱧を「はみ」と呼んでいるのを聞いたことがない。もっとも鱧がそうそう話題になるような人間づきあいをしていないことも慥かではある。鱧と云うと、料亭で天ぷらにして食すもの、と、云う印象であるが、政治家や実業家じゃあるまいし、料亭など行けた身分ではない。スーパーの生鮮食料品コーナーで売っているパックの鱧の湯引きか、出来合いの天ぷらを買って食べるのが精々の贅沢である。
鱧の湯引きは梅肉か辛子酢味噌で食べる。これはわたいだけに限ったことではなく、おそらくみなさんそうであろう。天ぷらは塩か天つゆである。こんなとき、どちらかにこだわる人が往々にしているものだが、困ったものである。
こう云ってはなんだが、たかだかわれわれ風情が食する品である。そこまで拘泥る必要もあるまい。各人が各人の好むように食すればいいのである。
そんなことに拘泥るよりも、食事の仕方――箸の持ち方や使い方、口の動かし方、茶碗の持ち方などに拘泥るがいい。もちろん、自分の、である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:09 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS