ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ハモの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、ピーマンの肉詰め、小松菜のわさび和え、野菜の酢漬け


野菜の酢漬けには、キャベツ、玉葱、人参、もやしを使っている。これで4種類の野菜が摂取できる。小松菜のわさび和えにピーマンの肉詰めを加えれば、6種類になる。理想としている7種類にはあと1種類足りないが、野菜の不足しがちな夏場の献立としては、まずまずと云ったところだろう。こないだのように、ミニトマトをトッピングするか、胡瓜を加えればよかったかも知れない。
とくに胡瓜はこの時季、胡瓜もみが定番の献立と云ってもいいくらいに各家庭の食卓に上るであろうから、酢漬けに入れても差し支えないわけである。
それにしても、ここ最近の野菜の高騰には困る。頭も懐中も痛くなる。わたいのような安月給の野菜好きには酷い仕打ちである。と、云っても、農家の方々は、わたい以上に頭の痛い思いをなさっておられることだろう。なにしろ天候が相手なのだから、喧嘩のしようがない。環境問題、と、云うとなにやらデカくて手に負えない、自分からは遠い問題のように思われがちだが、なんのなんの、ある意味もっとも身近で最も切実な問題なのである。エアコンを稼働させれば電気代にかかわるし、大規模降雨や台風などは身体生命に重大な影響を及ぼす。手に負えない、では、すまされないのである。レジ袋の有料化くらいでグダグダ云っていられる間は、まだ仕合せである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:11 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS