ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
総理大臣連続在職日数記録更新の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(茄子の辛子漬け)、豚肉としめじのすき煮、小松菜のわさび和え、茄子とゴーヤとピーマンの佃煮風


茄子とゴーヤとピーマンの佃煮風は、それぞれ単品で佃煮にし得るものを、三品いっぺんにまとめたものである。いくら佃煮風とは云っても、煮詰めればいい、と、云うものではないようである。味はともかく、三つの食材がトロトロになって、ピーマンなどは果肉がほとんどなくなって、食物繊維だけになってしまったような感じである。なにごとも、過ぎたるは猶及ばざるが如し、で、ある。
豚肉としめじのすき煮は、先週分の残りである。土日で消費しようと思ったが、かなわなかった。まあ献立が爐垢煮瓩垢覆錣銑爐垢焼き風煮物瓩任△襪里如△海里曚Δ味が滲みてよかろう、と、言い訳しておく。
トッピングは、懸念していたみそかつおにんにくがやっとなくなった。ずいぶん長いこと保ったものである。捨てずにすんで、やれやれである。茄子の辛子漬けは、母者のお手製である。先日来てくれたときに、持ってきてくれたものである。ピリリとした味で御飯が進む。これだけで、茶碗三杯は食べられる。と、云うことは、丼一杯はいける、と、云うことである。日本の漬物は長期の保存が利き、少量で食欲を刺激してくれるから重宝である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:11 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS