ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホームランの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、塩さばフィーレの酢漬け、小松菜のわさび和え、野菜とわかめの酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


塩さばフィーレの酢漬けが昼と続いた。これには深いわけがあって、と、云うのも、塩さばフィーレの酢漬けを入れている器を、今晩のうちに空にしておきたかったのである。明日の弁当にお菜として入れて、その後に洗って拭いて直すのは、ただでさえ忙しない朝のこととて、面倒くさいのである。
ちなみに、我が家で使用している食器の類は、すべてこれ、伊万里焼である。
伊万里焼、と、云うと、世人は、柿右衛門に代表される、唐風のそれの如き鮮やかな色彩の者を連想なされるであろうが、ひと口に、伊万里焼、と、云っても、様々である。しっとりとした風合いの落ち着いた青が染み渡る皿もあれば、華美でありながらも、軽佻浮薄に流れぬ大人しやかな色合いの茶碗もある。秋風の侘びを感じさせる茶器もあれば、薫風さわやかな器もある。それらを食卓に並べるだけで、華やかで豪勢な雰囲気になる。昔流行った表現を藉りて云えば、美味しい料理はより美味しく、そうでない料理はそれなりに、美味しく感じられるようになるのである。和食は目で味わい、鼻で味わい、舌で味わい、そして、胃で味わうものなのである。和食が藝術品と云われるゆえんである。
わたいが料理っているような料理でも、いい器に入れると、それなりに美味しく感じられる。毎日の食卓を華やかにし、心ゆたかな毎日を過ごせるようになるためにも、伊万里焼の食器はおススメである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:02 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS