ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
栗きんとんの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は犒きんとんの日瓩覆里世修Δ澄
Wikipediaによると、犒きんとん発祥の地とされる岐阜県中津川市が制定瓩靴拭△箸世韻任△襦Lも素気もない。
勿論、味も素気もないのはWikipediaの記事のことであって、栗きんとんのことではない。栗きんとんは、ひじょうに美味しい和菓子である。
なお、ここで云う犒きんとん瓩箸蓮↓犒金飩瓩△襪い廊犒金糖瓩判颪、狄罎い新に砂糖を加え、茶巾で絞って形を整え瓩刃族杙劼里海箸任△辰董∪儀遒里せち料理に定番の犒きんとん瓩箸論祝,琉曚覆襪發里任△襦おせち料理につきものの栗きんとんは、犒金団瓩判颪。犒金飩は粘り気はなく食感も異なる瓩里世修Δ任△襦
正月の栗きんとんは、わりと酸っぱめのものが多いおせち料理の中にあって、唯一の甘味であるためか、子どもの頃は大好きだった。最近はあまり好んで食べようとは思わない。とくに外注したおせち料理のそれは、妙に甘くてべたべたする。家で拵えた栗きんとんのほうが、栗の甘味が活かされていて、やはり手製のほうが美味しいものだ、と、あらためて思う。
和菓子の栗きんとんも、栗の甘味を活かした和菓子なのだろう。旬の食材を用い、その食材本来の味を最大限に引き出して、美味しいものに仕上げる。それが和食本来の妙味である。菓子もその例に洩れない。そのへんが、ケーキやクッキーなどの洋菓子との違いである。
ちなみに、わたいはどちらの栗きんとんも料理ったことはない。念のため。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:48 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS