ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
メキシコ独立記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、小松菜のわさび和え、きのこ類の佃煮風、7種野菜の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


野菜を多種多量に摂取すると、身体が快調である。身体が快調になると、気も軽く心も晴れやかになる。病は気から、と、云うが、気は健康から、で、ある。
ちなみに、脳も身体の一部あることは、云うまでもなかろう。体の健康とは、脳の健康、と、云う意味でもある。
早い話、体調の悪いとき――たとえば風のときなど――は、脳の機能――集中力、持続力、記憶力、解析力、綜合力、すなわち精神力一般――も低下する。
ただ誤解していけないのは、運動選手が必ずしも、健康であるとはかぎらない、と、云うことである。運動選手が過度な肉体の訓練のため、健康を害する、と、云うのは、よく耳にする話である。身体の健康すなわち運動能力の優勢、と、短絡するのは、わるいクセである。
昨今の糖質ダイエットなるものは、したがって、わたいは賛成しかねる。本来の糖質ダイエットなら大賛成だが、それは糖質の摂りすぎを戒めるものであり、昨今のそれのように、糖質の摂取を断つものではないはずである。糖質は脳の栄養分である。それが不足すると、脳が正常に機能しない。
日本人は戦後の食事の洋食化にともなって、糖質が慢性して不足するようになっているようである。これもまた、宗主国たるアメリカ合衆国の、深謀遠慮の結果だろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:50 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS