ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
太子会の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、鶏ささみの味噌漬け焼き、菠薐草と生椎茸と薄揚げの煮浸し


鶏ささみの味噌漬けがなくなった。多めに入れたので、キッチリなくなったが、いつもの量だと、あと1食分くらい残ったかもしれない。
精確には若干残っているが、ほんのおやつ程度である。
菠薐草と生椎茸と薄揚げの煮浸しも、ほんのひとつまみほどを残して、ほぼなくなった。今回はなかなか上出来である。
さて来週であるが、来週は豚肉か魚肉か、で、迷っている。
本命は豚肉であるが、魚で廉いのが売っていれば、そちらにしようと思っている。
考えてみれば、こんな思考ができるようになったのは、ありがたいことである。
むかしだったら、あらかじめ献立を決めておいて、その献立に必要な食材を仕入れに行く、と、云う型式でないと、動きが取れなかった。
それがいまでは、いくつかの類型を並べて、取捨選択できるようになったのである。我ながら、大した進歩である。
さて、今年は例年になく、早い春の訪れを感じられそうである。
それはうれしいのだが、気になるのは、昨夜発生した、北海道の地震である。詳細は解らないが、気象庁によれば、当分地震活動は続くそうである。現地の方々には、くれぐれもご用心なされて、一日も早く、安心して暮らせる生活に戻れるよう、お祈り申し上げるばかりである。
それではみなさん、来週もまた、よろしくお願いいたします(^_^)/
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:04 | - | - |
太子会の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日は“太子会”の日であるらしい。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると──
622(推古天皇30)年のこの日、聖徳太子が斑鳩宮で薨去した。
聖徳太子ゆかりの広隆寺・法隆寺(3月22日)・四天王寺(4月22日)等では聖徳太子の遺徳を偲ぶ法会が行われる。
推古天皇30年2月22日という忌日は『上宮聖徳法王帝説[じょうぐうしょうとくほうおうていせつ]』に記述されている日附であり、『日本書紀』では推古天皇29年2月5日となっている。
──とのことである。
現在の教科書などでは、その実在が疑われる学説が存在する旨、明記されているようであるが、長らく日本の思想や政治制度に影響を及ぼした人物として尊崇されてきたことは否めない。
ちなみに、聖徳太子こと厩戸皇子は、推古天皇の皇太子となり、摂政を務めた。天皇家の歴史において、摂政を務めた皇太子は、この厩戸皇子と、裕仁皇太子(後の昭和天皇)のふたりだけである。
そのふたりのうち、後に天皇となったのは、裕仁皇太子だけなのだから、昭和天皇がいかに稀な存在であったかがうかがい知れる。
ちなみに、絶対権力者としての天皇と、象徴としての天皇との、両立場を一人で担ったのも、昭和天皇だけだろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
聖徳太子が実在しようがしまいが、皇太子が摂政を務めようが務めまいが、そんなこととは一切無縁の、いたって平々凡々たる、俗人の献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:01 | - | - |
日刊新聞創刊の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、粕汁(鮭、鰯のつみれ、焼麩、大根、人参、白菜、白葱、生椎茸、蒟蒻、ニラ、もやし、貝割、薄揚げ)、菠薐草のお浸し、冷奴、納豆、味付海苔


ようやく粕汁らしい(?)寒さになったようである。とは云え、最高気温は10℃を超えていたのだから、この時季としては、暖かい方であろう。曇天で風も冷たかったから、寒く感じたのかも知れない。だいたい、昨日までが暖かすぎたのである。
菠薐草のお浸しは、以前に湯掻いて冷凍保存しておいたものである。朝出勤前に冷凍室から冷蔵室に移しておいた。これで解凍の時間が短縮できる。
しかし、湯掻いて嵩が減り、解凍時にまた嵩が減り、菠薐草は結構、嵩が減るものである。冷凍保存する際は、あまり湯掻かないほうがいいようだ。もっとも、すぐに食べるときでも、あまり長くは湯掻かない。長くても、30秒ほどだろう。それでも冷凍保存すると、かなり嵩が減るのだから、困ったものである。しかしいいように考えれば、それだけ多量に食べられる、と、云うことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:53 | - | - |
日刊新聞創刊の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(海苔と野菜のふりかけ)、鶏ささみの味噌漬け焼き、菠薐草と生椎茸と薄揚げの煮浸し


鶏ささみの味噌漬けが、少々多かったようだ。菠薐草と生椎茸と薄揚げの煮浸しが入りきれなかった。しかし結果としては、それでよかったのかも知れない。
鶏ささみの味噌漬けが、今週で消費しきれるかどうか判らないくらいの量があったのだが、どうやらなんとか、今週中に消費できそうな目途が立ったのである。もっとも、今週中に消費できなくても、味噌漬けなのだから、少々は保つだろう、とは、思っている。
以前も記したが、みそ床は、合わせ味噌(薩摩みそ)、酒、砂糖、みりん、で、料理る。酒で味噌をよく溶き、砂糖とみりんを加えて、よく混ぜるのである。
これに、筋を除ってそぎ切りにしたささみを漬け込む。約1日(一昼夜)も漬け込めば、充分であろう。
それを、クッキング・シートを敷いたフライパンで焼くのである。火力は中〜弱火。
味噌の焼けた味がけっこう香ばしくて、なかなかにイケる献立なのである。
ただ今回は、みそ床に使った砂糖が多かったのか、あるいはみりんが多かったのか、少々べたつくような感じが、食後の口の中に残っている。もちろん、食後の歯磨きはちゃんとやった。歯磨きは食後に、5分かけてするのが、わたいの流儀である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:51 | - | - |
日刊新聞創刊の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日は“日刊新聞創刊の日”だそうである。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、“1872(明治5)年のこの日、現存する中では日本初の日刊新聞『東京日日新聞』(現在の毎日新聞)が創刊した”ことに由来するようである。
なお、“日本初の日刊新聞は1870(明治3)の『横浜毎日新聞』であるが他社に吸収されているため、現存する中では最古とされている。ただし、毎日新聞は自身のことを「東京で最初の日刊紙」と表現している”そうである。
インターネットの発達によって、新聞を購読しない人も増えたことであろう。かく云うわたいも、その一人である。
公平公正な報道、などと云うのは、純真無垢な青少年、などと云うのと同じ、欺瞞と偽善に満ちたただのタテマエであることは、いまや多くの人が知るところである。なにが悲しくて、偏見偏向に満ちた新聞を、わざわざ金を払って、購読しなければならないのか、理解に苦しむ。
自分に都合の悪い記事を書く一部の新聞記者を阻害し、その質問を妨害し、難癖をつけて排除しようとする某国の官房長官に物申せないような新聞など、存在する価値もない。紙と金の浪費である。貴重な紙資源を、ツマラヌことに使わないでもらいたいものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
新聞が詰まらなかろうが面白かろうが、新聞社が腐敗していようが堕落していようが、そんなことには一切かかわりのない、いたって清廉潔白な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS