ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
死語
「だっちゅう〜の!」、「ブッてる」、「ガチョ〜ン!」「ツッパリ」、「そんなの関係ねえ〜」、「ぐ〜!」……、すべて、いまでは死語である。

「戦争」、「争い」、「憎しみ」、「悲しみ」……、早く死語になって欲しいものである。
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 21:10 | - | - |
“カラオケの日”あるいは“のど自慢の日”(昼-弁当)
麦飯(ちりめん参照)、人参と長葱の豚バラ肉巻き(3個)、ブロッコリの海苔ふりかけ和え


人参と長葱の豚バラ肉巻きが、以前冷凍保存しておいたものであることは云うまでもない。
小松菜のわさび和えがなくなったので、これも以前に冷凍保存しておいたブロッコリを持参した。塩昆布で和えるのが本来だが、塩昆布もなく、「ぶっかけ海苔めし」なるふりかけで代用した。それでも味はいいのだから、いろんなヴァリエーションを試してみるのも、いいかもしれない。
トッピングのちりめん山椒は、どうやら味醂を使っているようである。以前に愛用していたちりめん山椒とは、若干味わいが違う。これはこれで美味である。
同じようなものに思えても、それぞれで微妙に味わいが違い、美味しさにもいろんなヴァージョンがある。どれが美味くて、どれが不味い、と、云うことなどない。それぞれがそれぞれに、それぞれの味わいを有して、それぞれに美味しい。さながら、『世界に一つだけの花』である。
さて、今週はわりと暖かい日が続いたが、来週は強烈な寒波が襲い来るそうである。
いよいよますます、粕汁が美味くなってくる。
と、云うわけで、みなさま、来週襲来するらしい寒波に用心しつつ、愉しい週末をお過ごしください(^_^)/
そしてまた、来週も、よろしくお願いいたしますm(__)m
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:36 | - | - |
“カラオケの日”あるいは“のど自慢の日”(朝)



今日は“カラオケの日”あるいは“のど自慢の日”であるらしい。
Wikipediaによると、1946年(昭和21年)の今日、「NHKラジオで『のど自慢素人音楽会』(現在の『NHKのど自慢』)が放送開始されたことに由来」するのだと云う。
そう云えば、今日では、お祭りの催しなどでも、たいがいは「カラオケ大会」などと称しているが、昔は「のど自慢大会」と、称していたものだった。
現在「のど自慢」と云えば、声優のモノマネ大会になってしまうかもしれない?
しかし近年では、カラオケも下火であるらしい。カラオケ・ボックスやカラオケ・ルームなども、歌うと云うよりは、歓談のために使われているようで、カラオケ・ルームで女子会、などと云うニュースを見た記憶がある。
わたいも一時は、飲みに行った後など、必ずと云っていいほど、通ったものだが、ギターを触るようになってからは、すっかり足が遠のいてしまった。
機械仕掛けで店舗やリズムを調整して歌うよりも、やはり自分で弾いて歌うほうが、はるかに愉しいのである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
歌ともギターとも関係のない、いたって非文化な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:33 | - | - |
メロディの誕生日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、粕汁(鮭、鰯のつみれ、焼麩、大根、人参、白菜、玉葱、キャベツ、突き蒟蒻、椎茸、えのき、油揚げ、ニラ、もやし、貝割)、小松菜のわさび和え、カボチャの煮物、冷奴、納豆、味付海苔


粕汁は昨日料理ったものの2日目分である。
椎茸は、干し椎茸である。天日にさらしておいたものを、朝出勤前に、深皿に入れ、水を張って、冷蔵庫に入れて置くのである。
帰ってきたときには、充分に戻っている。その椎茸を食べやすく切って、粕汁に入れるわけである。もちろん、戻し汁も入れる。椎茸の栄養分が滲み出ている戻し汁を棄てるなど、考えられない。
ほうれん草としめじのお浸しが昨晩食でなくなったので、小松菜のわさび和えで代用(?)する。なにしろ、青菜がないと、どうも物足りないのである。
この季節、春菊もいいな、と、思うのだが、そうすると、また献立が増える。これ以上増やすと、確実に食べ過ぎである。困ったものだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |
メロディの誕生日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(卵黄入り焼にんにくみそ)、人参と長葱の豚バラ肉巻き(2個)、小松菜のわさび和え


以前購入したにんにくみそがなくなったので、新たに卵黄入り焼にんにくみそを購入し、トッピングしてみた。
昨日のらっきょうもそうであるが、にんにくもビタミンB1の消化吸収を促進し、疲労回復滋養強壮に効果あらしめる。
米に混ぜている麦(ビタヴァレー)にも、そして豚肉にも、このビタミンB1が豊富に含まれている。今回のように、豚肉がお菜にある場合には、にんにくを添えるのがよろしいようである。
その、人参と長葱の豚バラ肉巻きであるが、4食分はある、と、思っていた山菜と高野豆腐の煮物が、3食分しかなかったので、急遽、入れたものである。もちろん、以前から冷凍保存しておいたものである。こんなとき、冷凍保存の効く献立は便利である。
朝出勤前に、冷凍庫からチルド室に移しておき、帰宅してからフライパンで焼くわけである。
最近はいろんな献立が冷凍保存できるので、まことに調法である。
ただ今回は、一通り火を通した後でタレを廻しかけたせいか、上手く味がつかなかった。やはり先にタレにつけておく、あるいはタレをからめつつ、焼かねばならないようである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:56 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS