ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
或る酒飲みの言葉
「酒呑んでアホやれんかったら、バカみたいやないか!」
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 21:59 | - | - |
かにの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、厚揚げのねぎみそチーズ、小松菜のわさび和え


厚揚げのねぎみそチーズが、ク○クパ○ドなる某料理サイトで知った献立であることは昨夜記した。
この献立が、またなかなかにイケるものであることも記した。
ク○クパ○ドなる某料理サイトは、なかなか役に立つものである。このところ、いちばんよくみるWebsiteが、このク○クパ○ドなる某料理サイトである。
なかには悪評を撒き散らす輩もいるが、それらの輩の云いようを読んでみると、なんのことはない、みずからの判断力、選択力、応用力の欠乏を曝け出しているだけのことである。その度胸には感心するが、あるよりはないほうが気が利いている度胸である。
今週はきれいに、すべてのお菜を消費した。来週であるが、基本の献立は決まっている。と、云うより、弁当のお菜だけが変わり映えのする献立なのだが、先々週は豚肉、先週はウインナー、今週は鶏肉、と、このところ獣肉づいている。そろそろ、魚肉が恋しくなってくる。恋しくはなってくるが、はてさて、来週魚料理にするかどうか、それはまだ判然しない。明日の買物しだいである。 
今週は大阪北部で地震、そして土砂降り、と、自然の脅威が身に沁みた一週間だった。
せめてこの週末は、愉しく過ごせますように!
それではみなさん、また来週も、よろしくお願いいたします(^^)/
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |
かにの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は“かにの日”だそうである。
Wikipediaによると、「五十音順で『か』の文字が6番目、『に』の文字が22番目に登場することに加え、一般的な星座占いでかに座がこの日に始まることにちなんだもの」であり、「かに道楽を運営するJRI株式会社かに道楽が1990年に制定」したのだそうである。
1990年と云えば、平成2年である。現在を去ること28年前である。にもかかわらず、今日が“かにの日”であることを、初めて知った。それ以前に、“かにの日”なるものが存在すること自体、初めて知った。もっとも、知らなくともどうと云うことはないし、知ったところで、なにがどうなるものでもない。
かに道楽、と、云えば、そのCMソングが有名である。作曲者が、かの“なにわのモーツァルト”こと、キダタロー氏であることも、これまた有名である。
かに料理はわたいも好きである。かに料理、と、云えば、かにすきであるが、かにすきは、どうも他の鍋料理とは、いささか趣を異にしているような気がする。
他の鍋料理は、みなでワイワイガヤガヤしゃべくりあい、和気藹々とした雰囲気で愉しむものだが、かにすきとなると、みながカニの身をせせることに熱中し、どこか個人の世界に没頭してしまう傾向が観られるように思うのである。
まぁ、みながみなそうだ、と、云うわけでもないし、かにすき鍋を囲んで、ワイワイガヤガヤ和気藹々とした集まりもあるであろう。
なんにせよ、一律な決めつけはよろしくない。自戒しよう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
かに料理とも、和気藹々とした雰囲気とも無縁の、いたってうら寂しい献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:33 | - | - |
冷蔵庫の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト、玉ねぎ、ニラ、もやし、貝割…すりおろしオニオンドレッシング)、小松菜のわさび和え、オクラと長芋の梅肉和え、冷奴、納豆、味付海苔


すでにお気付きのことと思うが、昼の弁当にほうれん草を持って行けば、夜は小松菜、昼が小松菜ならば、夜はほうれん草、と、なにがなんでも、の、ように、青菜類を食している。
別に、健康のために、ムリして食べているわけではない。むしろ、ほうれん草や小松菜などの青菜類を食べないと、どうも調子が悪くなるのである。気のせいだ、とは思うが、やむを得ない。
今週はお浸しとわさび和えだが、煮浸しにすると、もっと多くの量を食せるだろう。しかしそうなると、家計が厳しくなる。むつかしいところである。
ちなみに今週は、ほうれん草3束、小松菜2束、で、ある。
生野菜サラダは、一見量がありそうだが、これも煮たり炒めたりすれば、ほんのわずかに縮小してしまう。
逆に云えば、それだけ、ほうれん草や小松菜などの青菜類は、ギッシリしている、と、云うことである。
野菜の摂取、と、云えば、生野菜サラダを連想される方が多いと思うが、じつは野菜の摂取で肝腎なのは、そして効果があるのは、青菜類の摂取なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:24 | - | - |
冷蔵庫の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(わさび昆布)、厚揚げのねぎみそチーズ、ほうれん草と椎茸のお浸し


厚揚げのねぎみそチーズは、初めて料理った。
ク○クパ○ドと云う某料理レシピサイトで見つけた献立である。いったん冷凍した厚揚げを使ったためか、味、と、云うか、食感はイマイチだったが、食べられないほどではなかった。厚揚げを冷凍保存せず、そのまますぐに料理したら、なかなかにイケる献立となろう。
ほうれん草と椎茸のお浸しは、これもなぜか、夏に合う献立のような気がする。ほうれん草の旬は冬だ、と、云うのに。
しかし、ふと思ったのだが、「青菜」と云う落語があって、その落語には、夏の落語であるにもかかわらず、題名通り、青菜が出てくる。青菜=ほうれん草、と、即断はできないが、やはり夏にも青菜はあるのであるなあ、と、妙にうれしくなった。やはり青菜類は、春夏秋冬時季を問わず、摂取せざるべからざる食材なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:23 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS