ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
令和元年度末の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さばの酢漬け、かぼちゃの煮物、ほうれん草のお浸し、ぬた、木綿奴、納豆、味付海苔


鶏肝の生姜煮を料理ろうと思ったのだが、丸あじを三枚におろしたものが売ってあったので、予定を変更してアジフライをつくることにした。
で、長葱が余ってしまったので、ぬたにすることにしたのである。以前にも記したが、酢味噌和えのことを一般に爐未伸瓩箸いΔ蕕靴い、わたいは長葱の酢味噌和えのことを爐未伸瓩噺討咫△修谿奮阿里發里廊燹○(食材名)の酢味噌和え瓩噺討鵑任い襦8豸擦録殘A肱造┐、沼田=ぬまたのように見えるから、と、云うことも、記したように思う。如何にも豊葦原瑞穂の国らしい表現である。
かぼちゃの煮物が昼の弁当と重なってしまっているが、やむを得ない。先週分の早期消費のためである。
ほうれん草のお浸しは、冷凍保存しておいたものである。とにかく最低でも1日1食は青菜類を食べないことには、保つ体も保たなくなる。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |
令和元年度末の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、さばの酢漬け、山菜と高野豆腐の煮物、かぼちゃの煮物


さばの酢漬けとかぼちゃの煮物は、先週の繰り越しである。
先週は思いがけぬ体調不良ですっかり食欲をなくしてしまった。めずらしいことである。例年3月あたりから、体調が回復してくるのだが、今年は回復が遅いのか、それとも疲労の襲来が早いのか。
それはともかく、さばの酢漬けもかぼちゃの煮物も、明日くらいまでなら食べられそうだ。無理するつもりはないが、無駄に廃棄するつもりもない。
山菜と高野豆腐の煮物はさる日曜に料理った。山菜は出来合いのものである。どうやら山菜ごはん用らしいのだが、去年も煮物に入れて美味しかったのだから、べつに間違った使い方でもなかろう。ほかに、切干大根と干し椎茸を入れた。保存食品は、料理をする気のないときには重宝である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:09 | - | - |
令和元年度末の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


年の変り目よりも年度の変り目のほうが多く変化を感じる。
仕事場などでは人事異動が大規模に行われるし、たいていの子どもたちは学年が上がる。
狹日を事業年度の末日とし、決算日としている企業が多く、商業系施設・店舗や、各種サービスを廃止する際の最終営業日・提供日とされている事例が多い。 3月31日が属する週の最初の月曜日に、テレビ局やラジオ局の番組改編が組まれていることが多い瓠Wikipediaより)。
わたいも来年度から、なにか目新しくしようかと思ったが、気の利いたことも思い浮かばない。あまり小手先細工はやめて、従来通り、思いつくまま気の向くままに綴っていくつもりである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:07 | - | - |
人生の教訓〜結婚編
結婚、家庭の良さは、しあわせな時間をともに過ごせる人がいることではなく、ひとりでは押し潰される苦しみを、一緒に乗り越えてくれる人がいる、と、云うことである。
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 21:55 | - | - |
積極と消極
Macが高校時代に漢文の教師に聞いたところによると、秦の始皇帝が大勢の臣下を率いて地方に行幸する様を見て、項羽と劉邦はそれぞれ次のように思ったそうです。
項羽…いつかあの男のようになってやる。
劉邦…いつかあの男のようになりたいものだ。

また、遊冶郎が云うには、田中角栄と大平正芳は盟友の間柄だったそうですが、その性格は次のように違っていたそうです。
田中角栄…いまあるものに必要なものを積み上げていこうとする。
大平正芳…いまあるものから不要なものを除いていこうとする。

みなさんご存知のように、聖書や論語には次のような意味のことが述べられています。
聖書…自分がしてもらいたいと思うことを、他人にしてあげなさい。
論語…己所不欲。勿施於人。(己の欲せざるところを人に施すこと勿れ)

さて、周囲の人を見て、どんなことを思うでしょうか。
あんな人になろう!
あんな人にはなるまい!

正解はありません。
もっとも――
あいつはコレコレこんなんやからダメなんや!
おまえはいっつもそんなやからアカンねや!
と、欠点弱点到らない点を、重箱の隅を突くようにしてほじくりだして、もぐらたたきのようにたたきまくる、なんてのは、最初から、論外ですけどね。
| 築山散作 | コラム―哲学もどき | 14:15 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS