ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
世界知的所有権の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(奈良漬け)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、菠薐草のお浸し


献立名だけ見ると、弁当の典型のようなラインナップだが、写真を見ると、とてもそうは思えないのが不思議である。
言葉と実際がまるで噛み合わないのは、なにも現在の政治の世界だけの現象ではないようだ。
ただ、少なくとも、見栄えは悪くとも、味は満足できているのだから、他からなんやかやと掣肘を受ける謂れもあるまい。
言葉の綺麗事、美辞麗句、実際の泥沼劇、酷薄非情、疑惑晴らせぬ黒い霧、の、政治よりも、なんぼかマシである。
さて、今週末から、待ちに待った人たちには、待ちに待った、10連休である。
愉しめるか、鬱陶しめるか、それは人それぞれだろうが、まあなんにせよ、できるかぎり、愉しく面白おかしく、平成最後にして、令和最初の連休を過ごそうじゃあ〜りませんか。
この記事も、平成最後となりますが、令和になっても、よろしくご贔屓ご愛顧のほどを(^_^)/
それではまた連休明け、令和になって、お会いしましょう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:53 | - | - |
ギロチンの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、とろろ昆布、乾燥わかめ)、揚げないコロッケ、菠薐草のお浸し、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


順調にお菜が消費されていっている。よろこばしいことである。
今週末は、恒例の八戸行なので、冷蔵庫の在庫を、極力、空の状態にしておかなければならないのである。
今回、揚げないコロッケが、合挽肉が入ってなくても、味や満腹感の上からは問題なく、腹持ちも大して変わらないことが判ったのは、大いなる収穫だった。
油も使用していない。肉も使ってない。まさに、ヘルシー・コロッケ、で、ある。ふと思ったのだが、合挽肉の代わりに、油で炒めたキャベツを入れてみてはどうだろうか。あるいは、もやしやニラなども……。もやしやニラはともかく、キャベツはなんとなく合いそうである。今度試してみよう。
上手くいけば、野菜コロッケがレパートリィに加わる。バリエーションでも、立派な献立のひとつである。
菠薐草のお浸しにすりごまとかつお節をかけるのは以前にも記したが、じつは他にも理由がある。その理由とは……すりごま、かつお節、両者とも、賞味期限切れ間近、もしくはすでに期限切れ、の、状態なのである。そんなわけで、早く消費してしまうに如くはなし、なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:48 | - | - |
ギロチンの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、小松菜のわさび和え


小松菜のわさび和えが、けっこう料理れた。2束しか買って来なかったにもかかわらず、4食分できた。やはり駅前の商店街にある八百屋のほうが、同じ1束と云っても、量が多いようである。
玉子焼きを料理るときの油を、サラダ油、と、記していたが、実際はオリーブ油だった。オリーブ油は健康によろしい、と、巷間では評判のようだが、わたいはイマイチ、乗り切れない。オリーブ油が健康によろしい、とはいっても、それは他の油類(主にキャノーラ油)に比べて、まだまし、と、云った程度のものだろう、と、思っているからである。
そう云えば、一時期、キャノーラ油は健康によろしい、などと云われていたようだが、現在では、「悪魔の油」などと酷評したWebsiteなども見かける。
しかしそんなWebsiteも、もっともらしいことを書いてはいるが、よく読んでみると、「それにたいして、おススメの油はこちら! これなら健康にいい」などと、特定商品のコマーシャルが続くのだから、どこまで本当か解からない。食材食品に限らず、幅広くいろんな情報を蒐集することは大事だが、結局は、自己責任による判断だ、と、云う、当たり前以前の、平凡な結論に行きつくのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:45 | - | - |
ギロチンの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、アロエ・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“ギロチンの日”だそうである。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると──、

1792年のこの日、フランスでギロチンが実用化された。
当時はフランス革命後の恐怖政治により、毎日何百人もの人が処刑されていた。そこで、内科医で国民議会議員だったジョゼフ・ギヨタンが、受刑者に無駄な苦痛を与えず、しかも全ての身分が同じ方法でできるような「単なる機械装置の作用」により行うよう議会で提言し、その案が採択された。
外科医のアントワヌ・ルイが設計の依頼を受けて、各地の断頭台を研究し、刃を斜めにする等の改良を加えた。このため当初は、ルイの名前をとって「ルイゼット(Louisette)」とか「ルイゾン(Louison)」と呼ばれていたが、この装置の人間性と平等性を大いに喧伝したギヨタンの方が有名になり、ギヨタンから名前をとった「ギヨチーヌ(Guillotine)」(ドイツ語読みで「ギロチン」)という呼び名が定着した。
フランスでは1981年9月に死刑が廃止され、それとともにギロチンの使用もなくなった。

と、云うことである。
死刑の執行に、人間性も平等性もないだろう、と、思うのだが、本人がそう喧伝しているのなら、仕方ない。嘘や過大表現や自己に都合のいい名分を禁じたら、CM自体、存在しなくなってしまう。
それにしても、「フランスでは1981年9月に死刑が廃止され、それとともにギロチンの使用もなくなった。」と、あるが、と、すると、フランスでは、1981年9月まで、ギロチンを用いて死刑執行を行っていたわけだ。
あくまで印象だが、なんとも野蛮で残酷なことである。
だったら、絞首刑や電気椅子なら、野蛮でなく、残酷でないのか、と、云われれば、そうだ、とは、云いがたいものがあるが……。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
死刑とも、人殺し用の器械とも、まったくかかわりのない、いたって穏和で、人道に満ち溢れた献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:43 | - | - |
日本ダービー記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、揚げないコロッケ、小松菜のわさび和え、奈良漬け、冷奴、納豆、味付海苔


奈良漬けを久しぶりに出した。幼い頃は、沢庵漬けは好きだったが、奈良漬けは大嫌いで、けっして食べなかったものだが、何ヶ月か前から、気に入って食べるようになった。自分でも漬けてみたい、と、思ったが、まだそこまではいかない。1度だけ、大根の粕漬けを料理ったのが、その影響による現在までで唯一の効果である。
揚げないコロッケに合挽肉が入ってない、と、記したが、三日目ともなると、それも馴れる。もともと気づかなかったのだから、さして異和感も感じずに馴れるわけである。
コロッケに合挽肉が入ってなければ、いったいなにが入っているのか、と、云うと、玉葱、人参、じゃがいも、で、ある。つぶしたじゃがいもに玉葱と人参を入れてよく混ぜ、成形させて、溶き卵にくぐらせ、小麦粉をまぶし、フライパンできつね色になるまで空煎りしたパン粉をつけて、クッキング・シートを敷いたフライパンで、軽く火をとおす。
そうして出来上がったのが、今回の“揚げないコロッケ”である。こうしてみると、今回のこれをベースに、合挽肉の代替にさまざまな具をアレンジして、ヴァラエティに富んだコロッケができそうである。気が向いたら、やってみよう。とんでもない味のができるかもしれないが、意外と“いちご大福”効果で、思いもよらないコロッケができるかもしれない!?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |
日本ダービー記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、菠薐草のお浸し


ウインナーにはトマト・ケチャップを、菠薐草のお浸しには濃口醤油をかける。もちろん、いちいち家から持参したりはしない。仕事場の冷蔵庫に、マイ・ケチャップ、マイ醤油を、それぞれ、常備してある。
仕事場によっては、そう云った個人の飲食物を常備しておくのはご法度になっているところもあるようだが、その点わたいの仕事場は寛容である。
夏場ともなると、みな各自の飲み物を入れて、冷蔵庫がいっぱいいっぱいになる。なかには、賞味期限の切れた、飲みさしのペット・ボトルがあることがある。マイ・ドレッシングを常備している人もいる。
わたいも上記2品の他、マイ・ソースを常備している。そのうち、マイ・ドレッシングや、マイ塩も常備しだすかもしれない。しかし、マイ・マヨネーズだけは、備えることはないだろう。わたいがマヨネーズを使用するのは、年に1回、あるか、ないか、くらいなのである。たいがいは、ポテト・サラダを料理るときなので、食材や料理にかけることは、まずない。
ハムチーズ・トーストのときは使用するが、あれはからしマヨネーズで、ハムチーズ・トースト専用である。
ポン酢は冷奴や湯豆腐くらいにしか使わないし──ポン酢蒸しに使ったことがあったが──、タバスコなど、使おうとも思わない。
ただドレッシングだけは、4〜5種類、使っている。これから夏にかけて、生野菜サラダが食卓にのぼる頃には、大いに調法するはずである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:46 | - | - |
日本ダービー記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、アロエ・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“日本ダービー記念日”だそうである。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、“1932年のこの日、目黒競馬場で日本初のダービー(東京優駿競争)が開催された”ことにちなんで、制定されたのだそうである。この日本初のダービーは、“イギリスのダービーステイクスに傚って企画された”もので、“出走は19頭で、優勝したのは1番人気のワカタカだった”らしい。
ダービーそのものは、“元々、第12代ダービー卿が始めた、ロンドン郊外で開催されるサラブレット3歳馬ナンバーワンを決めるレースの事で、イギリス競馬界最高の行事だった”そうで、“後に、日本を始め世界各国でそれに傚った「ダービー」という名前を附けたレースが開催されるようになった”ことは、世人のよく知るところである。
わたいの若い頃は、騎手の武豊氏の人気が高かりし頃で、それまで自堕落オヤジの溜まり場、と、云う、印象しかなかった競馬場に、若い男女の姿が見られるようになり、デート・スポットのひとつにまでなった時代だった。
散作によると、英国にはディック・フランシスと云う、元競馬騎手のミステリ作家がおり、競馬を舞台背景としたいくつもの傑作ミステリをものしているそうである。
競馬であれ、競輪であれ、競艇であれ、パチンコであれ、麻雀であれ、現在では昭和の時代の印象とはガラリと違い、かなり健全な娯楽のような雰囲気がつくりだされている。
博奕、賭け事、と、云うと、なにやら不健全な印象をもたれがちだが、基本は、己の金を、己の得心ずくでやりとりするのだから、傍からなんのかんのと云われる筋合いはないはずである。問題は節度であろう。それはなにも、博奕、賭け事に限らない。なにごとにもせよ、節度は大切である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
博奕賭け事とも、競馬競輪パチンコ麻雀とも、一切無縁の、いたって健全健康さわやかな献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:44 | - | - |
地ビールの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、揚げないコロッケ、菠薐草のお浸し、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


エライことに気づいてしまった。揚げないコロッケに、合挽肉を入れ忘れていたのである。急に思いついて、慌てて材料を買いに行ったためか、それとも、参考にしたレシピが、かぼちゃコロッケやおからコロッケなどの、独自性にあふれたものだったためか、合挽肉を入れる、と、云う観念が、すっぽり抜け落ちてしまったのである。嗚呼、忘却とは忘れ去ることなり……。忘れ去るものよ、汝の名は忘却なり。
とにもかくにも、加齢性健忘症ではないことを祈りたい。
それはそれとして、合挽肉がなくても、気がつかないほどに、コロッケの味がしていたことは、たしかである。ものは考えようで、ヘルシーなコロッケの料理り方をおぼえた、と、思えば、ひとつレパートリィが増えたと云える。
菠薐草のお浸しには、すりごまとかつお節を大量にかけた。
すりごまは、ごまにはカルシウムが多く含まれており、しかも、ごまに含まれている油は、ビタミンAの吸収を助けてくれる。かつお節はシュウ酸を防いで結石を予防してくれる。菠薐草のお浸しにすりごまとかつお節、と、云うのは、昔ながらの食べ方だが、昔ながらのものには、それなりの理が、ちゃんとあるのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:04 | - | - |
地ビールの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(べったら漬け)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、小松菜のわさび和え


玉子焼きが容器にくっついて困る、と、以前記したおぼえがあるが、今回サラダ油を丁寧に塗布して、キッチリ1分間計って取り出してみると、きれいに成形できて、上手く取れた。
より精確に云うと、容器の内側に油引器(たこ焼きのときなんかに使うヤツ)でサラダ油を引き、キッチン・タイマーで1分を計測したのである。
最初は、手間だ、と、思って、ズボラをかましていたのだが、なるほど、やってみるだけの値打ちはあったようだ。
小松菜のわさび和えは、絞り方が足りなかったのだろうか、若干水っぽくなってしまった。もっともそのほうが、変にわさびの味が効き過ぎなくて、ちょうどいいかもしれない。小松菜にしろ、菠薐草にしろ、湯掻くより、電子レンジで加熱したほうが、ビタミンCなどの熱に弱い栄養素が流出しなくていい、と、読んだことがある。なるほど、道理である。道理ではあるが、やってみよう、と、云う気はしない。旧い人間の体質は、なかなか変わらないものと見える。それともわたい個人が、ただたんに保守性が強いだけなのか……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
地ビールの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、アロエ・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“地ビールの日”である。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、“日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」が1999年に制定”して、“2000年から実施”している、とのことである。“日附は公募により選定された”のだそうだ。
“1516年のこの日、バイエルン国王ウィルヘルム4世が発布した「ビール純粋令」により、水、ホップ、大麦・小麦の麦芽、酵母だけがビールの醸造に使用できることとなって、「ビールとは何か」が世界で初めて明確に定義された”のだそうで、“また、この日はドイツの「ビールの日」にもなっている”そうである。
わたいの若かりし頃は、「とりあえず」と、云えば、「ビール」ときたものであったが、それが崩れ出したのは、昭和の終りから平成にかけての、いわゆるバブル期だ、と、云うことである。
わたいも昔は大いに飲み(ビールだけに限らなかったが)、日本で市販されているもので、稀少銘柄のものでなければ、飲んだだけで製品名を当てられる自信があった。いま思えば、自慢にもなんにもならないことではあるのだが……。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
地ビールであろうがあるまいが、その銘柄を当てられようが当てられまいが、そんなこととは一切関係のない、いたって健康志向の献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:48 | - | - |
カーペンターズの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、揚げないコロッケ、小松菜のわさび和え、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


晩食のお菜をなににしようか迷った挙句、揚げないコロッケに再度挑戦することにした。
以前から記しているように、鶏の唐揚げとコロッケは、数あるわたいの大好物のうちでも、1、2を争うくらいのお気に入りなのだが、困ったことには、これが、鶏の唐揚げやコロッケなら、どこのでもいい、と、云うわけではないのである。ありていに云えば、実家のものが最高なのである。他のどんな名店、有名店のものよりも、母者が料理ったものが格段に美味いのである。
と、云うと、そりゃあ、生まれたときから馴染んでる味が、一番だろうさ、と、云われるかも知れないが、じつはそうではないのである。
母者に聞いたところによると、料理り方に独特の工夫があるのだそうだ。
コロッケの場合は、以前にも記したが、玉葱を多めの油に、弱火〜とろ火で、30分以上炒めること、なのだそうだ。じっくりと、玉葱があめ色になるまで炒めると、グン、と、甘味が増すのだそうである。
実際わたいもやってみているが、なるほど、だいぶ味が引き立っているような気がする。
小松菜のわさび和えは、ほぼこの時季のお約束、で、ある。わさびのさわやかな辛味が、この時季の気候にピッタリである。からし和えも悪くはない。今度はからし和えにしてみようか。それはそれで、季節に合いそうである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:53 | - | - |
カーペンターズの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(鯨大和煮風ふりかけ)、玉子焼き、ウインナー(5本)、菠薐草のお浸し


今日は“カーペンターズの日”だそうである。
Wikipediaによると、“1969年のこの日にA&Mレコードと契約し、活動を開始したことにちなみ、2009年にユニバーサルミュージックが制定”したのだそうである。1969年と云えば、50年-半世紀前である。
道理で昨日ラジオで、やたらと、カーペンターズの曲が流れていたわけである。
カーペンターズの明るくさわやかな曲調と歌声は、世界中の多くの人を魅了したし、現在なお、また新たに魅了しつつある。それは日本でも例外ではない。
“Yesterday Once More”や“Top of the World”は、いまなお、多くの人に愛され続けている。若葉萌え出る早春のこの季節にふさわしい歌である。
もっともそのことと、わたいの弁当の中味とには、なんらの関連もない。
彩りは鮮やかだが、明るさともさわやかさとも無縁の、いたってモッチャリした献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:39 | - | - |
源頼朝伊豆配流の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(べったら漬け)、スクランブル・エッグス、ウインナー(5本)、菠薐草のお浸し


今日は大安のはずなのに、散々な弁当になってしまった。
本来は玉子焼きを料理るはずだったのに、玉子が容器にへばりついてしまい、期せずして、スクランブル・エッグスになってしまった。
菠薐草は冷凍保存しておいたものを、電子レンジで解凍したのだが、500W×5分で解凍したにもかかわらず、解凍しきれず、冷たいままの部分と、触れぬくらい熱い部分とのムラができてしまった。
それでも適当に混ぜて弁当に入れて置けば、昼までには全体に温め直るだろう、と、雑駁に考えていたら、菠薐草から汁が漏れ出てしまった。弁当箱から漏れ、保温ケース、布バッグ、と、通過して、スラックスの膝を濡らしてしまった。
まったく久しぶりの災難である。
さて来週であるが、来週は、徹底的手抜き週間になると思う。
思わず卵を買い過ぎてしまったのである。
と、なると、考えるべきは、晩食の主菜だけであるが、こうなってくると、邪魔くさくなってくる。
いっそ全部、近所のスーパーで、出来合いの総菜でも買ってこようか。
それはともかく、もうすぐ10連休(でない人もいらっしゃるかもしれないが)!
みなさまがたには好い週末を迎えられて、10連休前の最後の1週間に備えましょう!
来週もよろしくお願いいたします(^_^)/
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:06 | - | - |
源頼朝伊豆配流の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、ミックスフルーツ・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


1160年(承安4年3月11日) の今日、平治の乱に敗れた源頼朝が伊豆に流された。本来は義朝の嫡男として死罪となるところを、平清盛の継母である池禅尼の嘆願などにより死一等を減ぜられて、伊豆の蛭ヶ小島に配流された、と、通説では、なっている。
通説では、と、云うのは、厳正な歴史考証では、これらのなかの諸点において、疑義が呈され、検証の要が唱えられているからである。
歴史事実と通説では食い違うことが多く、だいたいにして、通説のほうが面白い。逆に云えば、面白いからこそ、多くの人に無批判無条件に支持され、通説となったのであろう。
多くの人に支持されていることが正しい、とは、限らないのである。
当然、多くの人に支持されている人が、正しい人、立派な人、とも、限らないのである。
ちなみに豊臣秀吉は、小田原征伐の折、頼朝が配流されていた地を訪れ、そこに安置されてあった像を撫でながら、「御身は卑しき流人から身を起して、天下の征夷大将軍となられた。儂は卑しき百姓から身を起こして、天下の関白となった。儂ら二人を措いて、かような人物は日の本の歴史に見当たるまい」と、うそぶいた、と、云う話がある。
これなどは、通説までにもいたらぬ、真偽不明の、たんなる伝説伝承逸話、の、類であろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
頼朝の配流にいたる経緯が史実であろうがあるまいが、猿面関白がなにをほざこうが、そんなこととは一切無縁の、いたって非歴史、いたって非学問な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:48 | - | - |
お報せ〜悲喜こもごも
昨17日(水)、Amazon Associatesよりメールがあり、このBlogの「アソシエイト・プログラムアカウントは365日以上売り上げがないため」、「本日より7日以内に…(略)…閉鎖させていただきます。 」とのことでした。
ハッキリ云って、そんなものを設定していたことも、すっかり忘れておりました。

しかし、と、云うことは、「365日」以前には、稼動していた、すなわち、「売り上げ」があった、と、云うことである!楽しい拍手
どこのどなたかは存じませんが、ありがとうございます!m(__)m

「アソシエイト・プログラムアカウント」は、「いつでも…(略)…新規のお申し込みを行うことができます。」とのことなので、また新たに設定したときは、お報せいたします。
今後とも当Blogと、その「アソシエイト・プログラムアカウント」を、よろしくお願いいたします!m(__)m
| Woody(うっでぃ) | 投稿者より | 22:13 | - | - |
よい歯の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、ピーマンの肉詰め(5個)、小松菜のわさび和え、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


今度は朝出がけに、ピーマンの肉詰めを冷凍室から冷蔵庫に移しておいた。若干ピーマンにしわが寄り、見た目は悪くなったが、味に変わりはないし、栄養価にも影響はあるまい。見てくれはどうあれ、食べられればいいのである。
熟成キムチがなくなった。わたいの食材にしては、消費が早い。それだけ、気に入っている、と、云うことである。見た目は真っ赤で、如何にも辛そうであるが、実際には、全然、そんなことはない。野菜の旨味と魚介類の旨味とが混淆して、まろやかで甘やかな味である。それも、いわゆる調味料系のベタベタした甘さではなく、素材本来の甘さ、まさに旨味、と、云う味である。おそらく、本場のキムチの味であるに違いない。
納豆は最低でも、100回は混ぜてから食べる。いつも、だいたい、100〜150回、混ぜている。納豆に限らず、オクラや山芋などの、ネバネバ系の食物は、しっかり撹拌してネバネバさせてから食すると、その栄養価が格段に上がるのだそうである。ハンドミキサーで、滅多矢鱈とかきまわせばよい、と、云うものでもないことは、いまさら云うまでもあるまい。
以前読んだとあるWebsiteの記事によると、100〜150回くらいが、ちょうどいいそうである。他の連中同様、いたってヒネクレ者のわたいであるが、こう云うことに関しては、いたって素直に従うのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:46 | - | - |
よい歯の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、ピーマンの肉詰め(6個)、小松菜のわさび和え


ピーマンの肉詰めが小さいので、6個入れることにしたら、小松菜が全部入りきれなくなってしまった。残ったのはわずかだから、晩食に回すことにする。
ピーマンの肉詰めは、朝に冷凍室から出して、電子レンジで温め直した。若干、温まりきれなかったかな、と、思ったが、そうでもなかった。夜の間に冷蔵庫で自然解凍させておくか、時間を設定して解凍した方がいいかも知れない、と、思ったが、これなら朝方に出して温め直すだけで充分だろう。なんにしても、一度火はとおしているので、大事にいたることはないはずである。
みそかつおにんにくは、お気に入りのトッピングのひとつである。豚肉が主菜のときには必ず入れるが、そうでなくても、ビタミンB1を多く含んだ麦を米に混ぜているので、にんにくの効果は発揮されるであろう、と、期待している。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:44 | - | - |
よい歯の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、ブルーベリー・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“よい歯の日”だそうである。
Wikipediaによると、“「よ(4)い(1)は(8)」の語呂合わせで日本歯科医師会が1993年に制定”した、とのことで、“他に11月8日が「いい歯の日」となっている”そうである。
語呂合わせとしては、なるほど、で、ある。
わたいの体験上、歯の具合が悪いと、どんなに旨いはずの料理でも不味く感じられ、食べてもいっこうに幸福感が湧いてこない。
また、歯医者に通院し治療するのが嫌で、あるいは邪魔くさくて放置しておくと、口臭や、酷いときには脳神経にまで、影響を及ぼすそうである。
それでなくとも、歯の具合が悪いと、1日中不快感に悩まされ、物事に集中することもできなくなってしまう。
むかし流行った台詞を藉りて云えば、芸能人ならずとも、歯は命、なのである。
もっともそのことと、わたいの食卓を飾る献立とには、なんらの関連もない。
歯の状態が好かろうと悪かろうと、歯が命であろうとなかろうと、そんなこととはいっこうに関係のない、いたって平々凡々たる、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:41 | - | - |
なすび記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、揚げないコロッケ(2個)、小松菜のわさび和え、自家製白菜の漬物、冷奴、納豆、味付海苔


鰯の生姜煮も、揚げないトンカツもなくなった。
そんなわけで、冷凍保存しておいた、揚げないコロッケを出した。朝出勤前に、冷凍室から冷蔵庫内に移しておこう、と、思ったのだが、キッチリ、忘れてしまった。
帰宅してから、室温内に出して自然解凍させてから、電子レンジで温め直したのだが、かえってそのほうがよかったようだ。型崩れもしていない。ひょっとすると、ラップをかけたまま、温め直したのがよかったのかも知れない。今度から、ラップをかけたまま、温め直してみよう。あるいは、ラップにくるんだ後、あるいはラップにくるまずに、電子レンジ使用可の、お気に入りのタッパに入れて冷凍保存しておくのも、一手かも知れない。今度試してみよう。
自家製白菜の漬物は、白菜1/4が余ってしまったので、思い付きで料理ったものである。けっこう甘味が出て、なかなかである。白菜1/4でも、2食分ほどにしかならなかった。漬物にすると、水分が出るのか、けっこう嵩が減るものである。これなら丸々1個で料理ってもいいくらいかもしれない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
なすび記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(鯨大和煮風ふりかけ)、揚げないトンカツ(2枚)、小松菜のわさび和え


揚げないトンカツは、最近のヒット賞! と、云えよう。
今回は基にしたレシピに従って、生姜焼用の豚肉を使ったが、次はトンカツ用の、厚めのものを使ってもいいかもしれない。ただし、よりジックリと、確実に火をとおすことを忘れなければ、の、話であるが。それに今回は、パン粉を付けすぎたような気がする。次回はもっと少なめでいいかもしれない。そのほうが火の通りもよくなるだろう。そうでもないかな?
小松菜のわさび和えは、シャキシャキした食感が残っていて、なかなか上出来である。あまり長く湯掻かず、菠薐草もそうだが、サッと湯に浸す程度が、丁度いい加減なのだろう。
この方法を称して、青菜はカラスの行水、と、云う(陰の声:云うか!)
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:47 | - | - |
なすび記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、アロエ・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


「『この味がいいね』と君が言ったから四月十七日はなすび記念日」と、云うわけではなさそうである。
Wikipediaによると、“「ヨ(4)イ(1)ナ(7)ス」の語呂合わせ、4月が冬春ナスの最盛期であること、4月にナスが好物であった徳川家康に献上されていたこと、徳川家康の命日が旧暦の4月17日であること”により、“冬春なす主産県協議会が2004年に制定”したのだそうである。
盛りだくさんではあるが、いつもながら強引な理由づけである。
茄子も好きな食材のひとつなのだが、あまり料理らない。みそ汁に入れたり、単純に油で焼いただけでも美味いのだが、どうもあまり使わない。
第一、茄子は秋のもの、と、ばかり、思っていた。“冬春なす”なる単語を目にしたのも、初めてである。実物は、八百屋やスーパーの棚先などで目にしたことはあったであろうが……。
茄子=秋のもの、と、思い込んでいたのには、「秋茄子は嫁に食わすな」と云う俚諺や、「菜もなき 膳にあわれは しられけり  鴫焼茄子の 秋の夕暮れ 」と云う狂歌が影響しているように思う。本家本元の、「心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮」でないところが、我ながら、ヒネクレている。
ただそんなわけで、かつての一時期、茄子の鴫焼きに凝っていたことはある。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
茄子が冬春のものであろうが、秋のものであろうが、まったく関係のない、秋茄子を食わす嫁もない、いたって殺風景で、無風流そのものの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:45 | - | - |
康成忌の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、揚げないトンカツ(2枚)、小松菜のわさび和え、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


揚げないシリーズ第3段、揚げないトンカツ、で、ある。
『「揚げない」揚げもの』なる本を買ったことは、以前にも記したと思うが、これはいつも参考にしている、某料理レシピサイトに載っていたものである。揚げない唐揚げや、揚げないコロッケよりも、上手く料理ることが出来た。
料理り方は簡単で(でなければ料理らない)──、
生姜焼用の豚肉に、塩胡椒をふる。
パン粉をフライパンで、きつね色になるまで空煎りする。
,瞭敍に、小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせ、△離僖麒瓦鬚弔韻襦
フライパンにクッキング・シートを敷き、の豚肉をのせて、中火〜弱火で焼く。
中までしっかり火が通ったら、出来上がり、である。
冷蔵庫に保存しておいたものを電子レンジで温め直したのだが、パン粉が剥がれることも(あまり)なく、サクサクした食べ応えで、これまた、新たなお気に入りのひとつ、と、なりそうである。
汁物を手抜きして即席みそ汁にしたために、野菜の摂取量が激減している。困ったことだが、やむを得ない。それでも青菜類だけは、極力、摂取するように心がけている。漬物類も、野菜類の一種、と、考えられるので、少量なりと云えども、摂取効果はあるだろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
康成忌の日のひとりめし(弁当-昼)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え


今週の副菜は、小松菜のわさび和え一本槍、で、ある。
近所のスーパーで買うと、駅前の商店街で買うよりも、量が少ない、と、何度も記したが、そのことが念頭にあって、つい、買い過ぎてしまったようなのである。
さいわい、小松菜のわさび和えばかりを副菜にすれば、買った小松菜を余らせるようなことはない。2束買った菠薐草は、軽く湯掻いて冷凍保存した。そんなわけで、今週は弁当のお菜と云わず、晩食のお菜と云わず、副菜は小松菜のわさび和え、で、ある。冷凍保存した菠薐草は、副菜が不足したときに解凍してお浸しにする。菠薐草は冷凍保存すると旨味が増すので、かえって好かったかもしれない。
鰯の生姜煮は、これまで、酒、砂糖、薄口醤油で味つけし、刻み生姜もしくはチューヴ、梅肉チューヴもしくは梅干を潰したもの、を、入れていたのだが、今回は砂糖の代わりに、みりん(精確には、みりん風調味料)を使用した。
以前にも記したかもしれないが、とあるWebsiteで、砂糖はカルシウムの吸収を妨げるので、砂糖の代わりに、みりんを使った方がよい、と、載っていたのである。
そのせいか、コクが少なくなって、甘味が増したような気がする。もちろん、たんなる気のせいかも知れないが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |
康成忌の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は川端康成の命日である。
川端康成を知らぬ人はまずいないだろう。
日本を代表する文学者のひとりで、日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した人である。
有名な作家であるが、残念ながら、その作品を読んだことはない。学生時分に『雪国』くらいは読んでおかねば、と、思って読みだしたが、途中でやめた。『伊豆の踊子』は何度も映画化されており、おそらくは氏の諸作品のなかでも、『雪国』と1、2を争うくらいに、知名度の高い作品であろうが、これまた読んでいない。どうも知名度の高い作品を読むのは、ミーハーなような気がして、気が引けるのである。
散作も、氏の作品は読んでないのではないだろうか。氏の作品から受ける、「日本の古典美」と云う印象が、若い頃の感覚に馴染めなかった、と、云っていた。わたいも同感である。
これを機に、一度なにか読んでみようか。現在ならば、若い頃のような衒気も失せていることだし、かえって新鮮な気もちで読めるだろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
文学とも、日本の古典美とも、一切まったく関係のない、いたって非文化な、凡俗極まりない献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:47 | - | - |
ジャッキー・ロビンソン・デーの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、自家製白菜の漬物、冷奴、納豆、味付海苔


久しぶりに鰯の生姜煮を料理った。1パック税抜98円すなわち税込105円、それで1食分料理れる。2パック買ってきたので、2食分料理れたのだが、もう1パックくらい買っておけばよかった。
近所のスーパーで買ってきたもので、これでも充分廉いと思うのだが、駅前商店街の店なら、もっと廉くて量がある。ただ家から若干距離があるので、なかなか行く気にならない。と、云っても、たかだか10分くらいなのだから、わたいの出不精もいよいよ磨きがかかってきたようだ。
小松菜のわさび和えは、先週の残りである。今日明日くらいまでは保つはずなのだが、こうなってくると、わさび和え、と、云うよりは、わさび漬け、と、云っても、変わりないような気がする。いずれにしても、味と栄養が変わらなければ、かまわないのだが……。
最近、漬物好みが激しくなった。極端な話、漬物とご飯さえあればそれでいい、と、さえ、思うようになった。加齢進齢とともに、和食好みになり、単純化して行っているようだ。ただたんに、ズボラになった、と、云えないことも、ないのだろうが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:54 | - | - |
ジャッキー・ロビンソン・デーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(鯨大和煮風ふりかけ)、揚げないトンカツ(2枚)、小松菜のわさび和え


今日は“ジャッキー・ロビンソン・デー”だそうである。
Wikipediaによると、“黒人初のメジャーリーガー・ジャッキー・ロビンソンがメジャー・デビューを果たした日”なのだそうで、“メジャーリーグベースボールが2004年に制定”したのだそうである。“この日(試合がない場合は以降の最初)の試合では出場選手全員が彼が付けていた背番号「42」を付ける”そうである。
ジャッキー・ロビンソンは、“1890年頃以降、有色人種排除の方針が確立されていたMLBで、アフリカ系アメリカ人選手としてデビューし活躍”した人で、“有色人種のメジャーリーグ参加の道を開いた”のである。
現在多くの日本人選手がメジャー・リーグで活躍しているが、そのはるか先駆けともいえる人物である。忘れがちかもしれないが、わたいたち日本人も、立派な有色人種なのである。
その分野で人種差別を打破した功績を、このような形で讃え続けると云うのは、素晴らしいことだと思う。
もっともそのことと、わたいの弁当の中味とには、なんらの関連もない。
人種差別とも、有色人種の活躍とも、一切無縁の、いたって平穏で凡俗な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |
振替休日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、揚げない唐揚げ、小松菜のわさび和え


揚げない唐揚げがなくなった。図っていたわけではないので、我ながら、驚いている。
先日仕事場の女性に聞いてみたら、昨今では、唐揚粉なるものが存在しているそうである。そう云えば以前、近所のスーパーの棚で見かけたことがあった。こう云う、ひとつの料理用に特化した製品を使用するのは好きではないのだが、ものの試しに、一度使ってみるのも面白かろう。
らっきょうはビタミンB1の吸収を、通常よりも7倍も高めてくれるらしい。ビタミンB1を多く含む麦(ビタヴァレー)を米に混ぜて常食としているわたいにとっては、欠かせないトッピングのひとつである。
さて、来週の献立であるが、まったく思い浮かばない。獣肉系にするか、魚肉系にするか……。ようやく春が訪れてきたので、グッと和風に、みやびやかに、高野豆腐や山菜の含め煮などもいいなぁ……。
悩ましいところではあるが、一昔前のことを思えば、悩めるだけ贅沢であろう。
日中は春らしい陽気だが、まだまだ朝晩は厳しい寒さの残る今日此頃、みなさまがたには、体調管理に気をつけられまして、愉しい週末をお過ごしになられますように(^_^)/
また来週、お目にかかりましょう♪
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:08 | - | - |
振替休日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


“振替休日の日”と云っても、そんな記念日が、公式にも非公式にも、存在するわけではない。わたいが勝手に、命名したのである。
と、云うのも、1973年の今日、祝日法が改正されて、振替休日が誕生したためである。
現在のわたいたちならば、主に日曜日と、祝休日が重なった場合は、月曜日が休日になる、と、云うことは、当たり前のように思われるが、じつはこの年この日の祝日法が改正され、施行されるまでは、日曜と祝休日が重なっても、翌月曜が休みになる、と、云うことは、なかったのである。
1973年、と、云えば、昭和48年であるから、意外と最近(?)のことである。
振替休日は、「国民の祝日に関する法律」第3条第2項に規定されている。すなわち──、

「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。

──と、云うものである。
週休二日制がほとんど当たり前のようになった現在、
──なんで土曜日と祝日が重なったときは、振替(休日)にならないんだ?
と、云う声が聞こえることもままあるが、それはこう云うわけなのである。
この条文によると、例えば、5月4日が日曜と重なった場合、翌月曜は5月5日、「こどもの日」で、「国民の祝日」であるから、その翌日──火曜日──が、振替休日となる、のである。
いったいに、法律などと云うものは、ある特定の一部の人びと以外には、味も素っ気もなく、なんの面白みもないものであるが、この法律だけは、別であろう。興味も関心も高かろう、と、思われる、数少ない法律のひとつである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
休日が振替えられようと振替えられまいと、法律に興味関心があろうとなかろうと、そんなこととは一切無縁の、いたって超脱高踏な、いつもどおりの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:03 | - | - |
ガッツポーズの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、揚げないコロッケ(3個)、小松菜のわさび和え、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


冷凍したコロッケの解凍方法として、‥纏劵譽鵐犬婆1分、加熱する。▲函璽好拭爾婆3〜4分、加熱する、と、あったので、最初それでやってみたが、形が崩れやすくなり、なのに中は、まだ冷たいままだった。
そこで今度は、電子レンジで温め直すだけにしてみた。衣のサクサク感はなかったが、それでもまだ、こちらのほうがマシかもしれない。
今回は冷蔵庫に移して、自然解凍させた。
それだけではやはりまだまだ解凍しきれていなかったので、電子レンジで温めなおした。
少し形は崩れたが、味はまずまずだった。後2〜3回料理ってみれば、これも立派な(?)お気に入りの献立のひとつになるだろう。
菠薐草のお浸しがなくなり、小松菜のわさび和えが残った。どうも菠薐草は湯掻くと小松菜よりも嵩が減るようである。3束買ってきて、2食分しかできない。もっともこれは、スーパーで買ってきた菠薐草の場合で、駅前の商店街の店なら、もう少し嵩が多くて、廉価なのだが。
その点、小松菜は1束当たりから料理れる1食分が多い。値段も、菠薐草より廉価であるので、ついつい多く買ってしまう。やむを得ないことである。
熟成キムチ同様、べったら漬けも、当分ハマりそうである。べったら漬けや沢庵漬けなどは、やはり元が大根だけあって、消化吸収によく、健胃整腸の効果もありそうに思う。自分の身体で実感しているから間違いはない。少なくとも、わたい個人には、効果があるのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:54 | - | - |
ガッツポーズの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(鯨大和煮風ふりかけ)、揚げない唐揚げ、小松菜のわさび和え


失敗作、とは云わないまでも、やはり満足できる出来ではなかったのが、揚げない唐揚げ、で、ある。揚げ物はむつかしい。ただ一つ、言訳させてもらえば、食べられない出来ではなかったこと、そして、今回でまだ2回目にすぎない、と、云うことである。(←ひとつちゃうやん、などと云わないように)
小松菜のわさび和えは、これから気候がよくなり、暖かさが増し、暑さへと成長(?)していく時季、いよいよ重宝する献立である。サッパリした味わいで食べやすく、わさびが食欲を増進し、それでいて栄養豊富である。しかも、簡単に料理ることが出来る。
鍋に湯を沸かして、サッと湯掻く(10〜15秒ほど)。
  湯を沸かすのが面倒だ、あるいは暑い、と、云う人は、レンジで加熱して
  もいい。
冷水(水道水でよい)にさらして冷まし、固く絞って水気を切る。
食べやすい大きさに切る。
ボールに、わさび、顆粒だし、濃口醤油を入れて、よく混ぜ合わす。
の小松菜をい離棔璽襪貌れてよく混ぜ、味をなじませる。
そのまま食卓にのぼせても良し、冷蔵庫で保存しても良し、じつに手軽な1品である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |
ガッツポーズの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“ガッツポーズの日”だそうである。
Wikipediaによると、“1974年のこの日、ボクシングWBC世界ライト級タイトルマッチで挑戦者ガッツ石松がチャンピオンのロドルフォ・ゴンザレスに対しKOで勝利した。その時のガッツ石松の姿を新聞記者が「ガッツポーズ」と表現したことから、この言葉が一般に知られるようになった”のだそうである。
1974年、と、云えば、昭和49年である。平成も終り、令和が始まろう、と、云う、現在を遡ること、45年前のことである。
にもかかわらず、現在でもなお、この“ガッツポーズ”なる言葉は、死語とはなっていないようである。
もっとも現在では、勝利の表現、と、云うよりは、歓喜の表現、達成感、充足感の表現となっているようである。
多くの人にとって、ガッツ石松氏は、愛嬌にあふれた、憎めないキャラクターのタレントとして愛されているが、ボクサーとしての実力も、なかなかのものなのである。
「幻の右」と称された鋭いパンチや、相手の意表を突く「あっちゃ向いて、ホイ!」など、ユーモラスでありながらも、攻守ともに優れた技巧を持つ選手であった。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ボクシングともお笑いとも関係のない、いたって穏和で生真面目な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:45 | - | - |
やった〜!
昨日、久々にアクセス数が、2000を突破した!拍手\(^o^)/
いつもご愛読くださっているみなさま、たまにご愛読くださっているあなた、たまたま目に止められたかたも、ありがとうございます楽しい
気まぐれで、好い加減で、あくまで自己流の投稿者一同ではありますが、これからも精一杯精進しますので、いままでどおり、出来ますれば、よりいっそうのご愛顧ご愛読を、よろしくお願いいたしますm(__)m
| Woody(うっでぃ) | 投稿者より | 22:02 | - | - |
天皇結婚記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、揚げない唐揚げ、菠薐草のお浸し、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


先日、揚げない唐揚げが、“揚げない片栗粉”になってしまった、と、ボヤいたが、よく考えてみると、それでも鶏肉にはしっかり火が通っており、食べられない出来ではなかったので、まんざら、失敗、と、云うわけでもない。
味付けに関しては、もう少し思い切って、塩胡椒やニンニクを効かせてもよかったような気がする。揚げ焼きが甘かったのだろうか。割としっかり揚げ焼きしたように思っているのだが。
実家では片栗粉ではなく、メリケン粉を使っているのだそうである。そう云えば、以前にもそう聞いたような気がする。どうやらレシピ・アプリのデータを修正し忘れていたようだ。憶えているうちに、修正して、次回はメリケン粉で料理ってみよう。
熟成キムチはしっかりハマってしまった。これは今回の大ヒット賞! で、ある。赤味が強い割には、全然辛みがない。むしろコクがあって、野菜や魚介の旨味のほうがよく効いている。本場のキムチ、とは、こう云うものなのだろう。
17〜8年前に、仕事場の慰安旅行で、一度だけ韓国に行ったことがあった。そのときに食べたキムチが、やはり、辛味もなく、野菜の素材の旨味を活かして、じつに美味だった。辛くはないが、食べてしばらくした後に、身体の中からポカポカとした、心地よい温かみが湧きあがってきて、これがほんとの、唐辛子の効果なのだな、と、思った記憶がある。 やはり本場のものを食べないと、本当の味は解らないものだ、と、つくづく思ったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:54 | - | - |
天皇結婚記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、揚げないコロッケ(2個)、小松菜のわさび和え


揚げないコロッケが、温め直すと、脆くなってしまった。
成形が緩かったのかも知れない。そのまま食べるときはともかく、冷凍保存することを前提するときは、硬めに成形した方がいいのかも知れない。
次回料理るときはそうやってみよう。なにしろ初めて料理ったのだから、不完全な点が出てくるのはやむを得ない。なにごとにも、試行錯誤はつきものである。今回は思ったより味が好かったことと、食べられないことはなかったこととで満足するべきであろう。
久しぶりにみそかつおにんにくをトッピングした。にんにくは豚肉とコラボさせることで、相乗効果を発揮し、疲労回復滋養強壮に効果を発揮するのだが、今回はそれもあまり期待できない組合せになってしまった。
ただ、麦飯に混ぜている麦が、ビタミンB1を多く含んでいる製品(ビタヴァレー)なので、まったく効果がないわけでもなかろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:51 | - | - |
天皇結婚記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は今上天皇の結婚記念日である。
1959年(昭和34年)の今日、当時の明仁皇太子と、正田美智子さんが結婚され、世は空前のミッチー・ブームに沸いた。
Wikipediaによると、“平民である美智子が、皇太子との「テニスコートでの自由恋愛」により結婚に至ったこと、美智子がカトリックのミッション系大学出身者であったことなどをマスメディアが報道し、大きな話題と”なった、とのことである。
昭和を振り返る映像番組などでも、当時の様子を映した映像がよく流されている。
“ご成婚をカラー・テレビで観よう”と、云うことで、カラー・テレビの普及に一役買った、と、云う都市伝説も有名である。
また、映ちゃんによると、このパレードによって、移動撮影の技術が大幅に向上した、とのことである。
先日、新元号が発表され、今年の5月には新天皇が即位することとなって、今日が天皇皇后として過ごす、最後の結婚記念日となる。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
皇室の結婚記念日とも、皇室由来のブームとも、まったく縁のない、いたって平々凡々、平民衆民の献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
金本知憲選手連続イニング出場世界新記録達成の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、揚げないコロッケ(3個)、小松菜のわさび和え、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


揚げない唐揚げに続いて、“揚げないシリーズ”、揚げないコロッケ、で、ある。
唐揚げもコロッケも大好物なのだが、如何せん、多量の油を使用するため、わざわざ自分で料理ろうとまでは思わなかった。天ぷらも同様である。
それでいて、スーパーや商店の惣菜などは、不味くはないが、どうもイマイチ、で、ある。
そんなとき、この“揚げないシリーズ”を知って、ぜひ試したく思い続けてきた。そのコロッケ版を、やっと今回、やってみたのである。
うれしいことに、コロッケも冷凍保存できることを、ほぼ同時に知った。しかも、揚げた後で冷凍保存することも可能である、と、云う。
“揚げない”コロッケを揚げた後で冷凍保存する、と、云うのも、形容矛盾であるが、謂わんとしていることは、ご理解いただけるだろう。
そんなわけで、さっそく(?)“揚げないコロッケ”を料理り、冷凍保存しておいた。それが今晩食の主菜(?)である。
小松菜のわさび和えは、菠薐草のお浸しとともに、簡単にできて、それでいて栄養豊富な、そして味付けに間違いが(あまり)ない、重宝な献立である。
冷奴(豆腐)や納豆が健康によろしいことは、喋々するまでもないが、豆腐はともかく、納豆は、関西では、あまり歓迎されていないようである。
平成29年度の消費量ランキングによると、全都道府県のうち、関西でトップなのは、奈良県の21位である。ちなみにトップは宮城県で、最下位は沖縄県である。(「地域の入れもの」>「消費量ランキング一覧」>「納豆」>「H29」より)
納豆のなにが気に入らないのかは解らないが、みすみすお宝を棄てるようなマネはしない方がよろしかろうと思われるのだが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:48 | - | - |
金本知憲選手連続イニング出場世界新記録達成の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(鯨の大和煮風ふりかけ)、揚げない唐揚げ、菠薐草のお浸し


いままで「鯨の大和煮ふりかけ」と記していたが、正しくは、「鯨の大和煮“風”ふりかけ」である。
“風”が付いているかいないかで、ガラリと変わる。さながら”的”の有無の如し、で、ある。
いくら夜郎自大唯我独尊白豪主義の反捕鯨団体の輩と云えども、鯨の大和煮“風”の食べ物にまでは、インネンイチャモンヘリクツコリクツをつけてはこないだろう。
揚げない唐揚げは、もちろん、鶏肉を使っている。鶏もも肉を使っているのだが、むね肉でも差支えないようである。
それはいいのだが、今回は片栗粉を付けすぎたようである。前回あまりにも少なかったので、今回は思いっ切り入れてみようとしたら、思いっ切り入りすぎてしまった。おかげで、鶏肉の唐揚げ、と、云うよりは、片栗粉の唐揚げ、みたいになってしまった。
菠薐草のお浸しは、今回人参を入れることが出来なかったので、その代わり、と、云ってはなんだが、すりごまをはずんだ。
以前にも記したが、菠薐草にはすりごまを多く入れるとよいそうである。ごまの油分が、菠薐草のビタミンAの吸収を促進するのだそうである。
他にも、鰹節やちりめんじゃこなどを入れると、シュウ酸の除去に効果があるそうである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:45 | - | - |
金本知憲選手連続イニング出場世界新記録達成の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


2006年(平成18年)の今日、阪神タイガースの金本知憲選手が、904試合連続イニング出場の世界新記録を達成した。
金本選手はその後も連続イニング出場記録を延ばし、1492試合を記録して現役を終えた。
1日、1試合はおろか、1イニングも欠かさず出場し続けるとは、心身ともに、まさに“鉄人”である。“鉄人”でなければできない偉業である。
2016年(平成28年)から阪神タイガースの監督を務めるが、昨2018年(平成30年)の成績不振(17年ぶりの最下位)により辞任した。
このとき、うっでぃや遊冶郎などは、「監督などと云うものは、3年務めた後から、その真価が出てくるものなんだ。それをコロコロ変えるから、いつまで経っても、阪神は強くならんのだ」と、激怒したものだったが、まさに至言である。
“継続は力なり”とは、座右の銘とすべき金言なのである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
連続とも継続ともまるで縁のない、根性も忍耐力も持続力もない、いたってダラシない、ヘタレ者の、献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:43 | - | - |
世界ロマの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、揚げない唐揚げ、季節の煮物盛合せ、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


熟成キムチがすっかりヤミツキになってしまった。よく居酒屋などの献立で、「やみつき○○」なるものが存在するが、いままで実際にヤミツキになったことなどなかった。ところが、この熟成キムチには、すっかりハマってしまった。赤味が強く、さぞかし大量の唐辛子を使用しているのだろう、如何にも辛そうだな、と、思われるかも知れないが、実際に食してみると、そんなことはない。魚介と野菜の甘味が程よく調和して、唐辛子の辛味を打ち消している。と、云うより、哲っちゃんの分野の言葉を藉りて、止揚している、と、云った方が、ピッタリくる。
揚げない唐揚げが重なってしまったが、やむを得ない。Websiteで検索してみると、唐揚げも冷凍保存が可能なのだそうだが、昨日はとてもそこまでしている余裕がなかった。
1つずつラップでくるんで、フリーザー・パックに入れて、冷凍保存するだけなのだが、その前に、充分冷ましておかなければならない。昨日はその時間がなかったのである。とりあえず、今朝方、ラップをかけて冷蔵庫に入れておいたから、あらためて、これを冷凍保存すればよかろう。
しかしそうすると、ただでさえ狭い冷凍室が、満杯になってしまう。やはりもう一台、専用の冷凍庫が欲しい……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |
世界ロマの日のひとりめし(昼-弁当)
助六寿司、揚げない唐揚げ、小松菜のわさび和え


助六寿司は、日曜に食べようと思って、買ってきたものである。
ところがいろいろあって、結局、外食することになってしまった。
そんなわけで、今日の弁当にすることにした。これで充分、主食の分量になる。
揚げない唐揚げを久しぶりに料理った。今回で2回目である。“揚げない”にしては、かなりの量の油を使った。前回は油が少なすぎて、“唐揚げ”らしくならなかったので、今回は思い切って、多目に入れてみたのである。片栗粉もだいぶ使った。付けすぎたかな? と、思ったが、これくらいでちょうどいいのかも知れない。
小松菜のわさび和えは、先週料理った分の残りである。いつもの駅前の商店街ではなく、近所のスーパーで買ってきたものなのだが、やっぱりスーパーのものは、商店街のものと較べて、量が少ない。それでいて値段は高い──あくまで、商店街の店で売っているものと比較して、の、話だが──。コスパは悪いのだが、どうも最近は、商店街までですら、出かけて行く気にならないのである。困ったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
世界ロマの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“世界ロマの日”であるらしい。
Wikipediaによると、“1990年の第4回世界ロマ総会で制定”されたもので、“ロマに関する問題について啓発し、ロマの文化を記念する日”と、云うことである。
“ロマ”と云われても、なじみのない方もいらっしゃるかもしれない。
これまたWikipediaによると、“、ジプシーと呼ばれてきた集団のうちの主に北インドのロマニ系に由来し中東欧に居住する移動型民族である”と、云うことである。“移動生活者、放浪者とみなされることが多いが、現代では定住生活をする者も多い”と、云うことで、“ジプシーと呼ばれてきた集団が単一の民族であるとするステレオタイプは18世紀後半に作られたもの”なのだそうだ。
“ロマ”と云う呼称から、古代ローマ人の末裔、と、思われがちだが、実際は、上記に引用したとおり、北インドのロマニ系がその由来である。
かつて、ナチス・ドイツに迫害虐殺された民族として、ユダヤ民族が有名であるが、このロマ民族の多くも、ナチス・ドイツに迫害虐殺されたのである。ロマ民族の受難は、はるか中世にまでさかのぼる。その点では、ユダヤ民族に比肩する、虐げられた民、と、云えるだろう。
民族出自の故を以て、迫害虐待が行われるようなことがあってはならないことは、万国共通、普遍の大原理である。
この日を契機に、いま一度そのことを再認識するべきであろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
迫害とも虐殺とも、一切無縁の、いたって平穏平和な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |
小笠原返還記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“小笠原返還記念日”だそうである。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、「1968年のこの日、第二次大戦後アメリカの施政下に置かれていた小笠原諸島を日本に返還する協定が締結された」ことにちなむのだそうである。ちなみに、この協定が発効し、小笠原諸島が実際に日本に返還されたのは、同年の6月26日のことである(「今日は何の日〜毎日が記念日〜」より)。
サンフランシスコ講和条約後も、米軍の占領統治下にあったのは、沖縄だけではないのである。
小笠原諸島の返還交渉に携わったのは、佐藤栄作内閣の外務大臣であった、三木武夫氏である。
氏は後の沖縄返還交渉に際しても、「核抜き本土並み」を期して交渉すべき、と、主張して、自民党総裁選に立候補なされた。三選を期して立候補していた佐藤栄作氏は、「三木君の云うこと(沖縄の「核抜き本土並み」を期しての返還交渉)などできるはずがない。そんなことを云う三木君を外相にしていた自分の不明を恥じる」と、云ったものである。
結果、佐藤氏が三選を果たして、自民党総裁の座に座り続けたのだが、沖縄が実際に返還されるにあたって、「核抜き本土並み」での返還がなされたのか、なされなかったのか、みなさん、よくご存知のとおりである。
佐藤氏は自民党総裁三選時の総裁選挙で三木氏に放った言葉を忘れたかのように、沖縄の「核抜き本土並み」返還は、佐藤内閣の──引いては自分の──業績である、と、云い続けた。
ちなみにこの佐藤栄作氏は、現在の内閣総理大臣、安倍晋三氏の大叔父にあたる。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
小笠原諸島の返還とも、沖縄の返還とも、首相の身勝手さとも調子のよさとも、一切まったく全然関係のない、いたって公明正大清廉潔白明鏡止水な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:20 | - | - |
幸せの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、肉じゃが、小松菜のわさび和え、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


今日は仕事の都合で、弁当が不要だった。そんなわけで、昼食の記事はない。
キムチは唐辛子系の辛味が有名なので、極力避けてきた。唐辛子系の辛味は、わたいの肌によろしくない──ぶっちゃけて云えば、かゆくなる──のである。ところが先日、キムチがいわゆるひとつの発酵食品であることを知って、急に、食べてみたい、と、云う、欲求が湧きあがってきたのである。
発酵食品が健康によろしいことは、すでにみなさん、ご存知のことと思う。わたいも意識して摂取していたわけではないのだが、それでも結構摂っている、と、自負している。
こうなってくると、他にもなにかないか、と、探してみたくなるのが人情と云うものだろう。そこで見つけた身近な食品が、キムチだった。
キムチが発酵食品である、と、云うのは、正直、意外だった。しかし同時に、うれしいことだった。キムチ、と、云えば、唐辛子系=カプサイシンを多く含んだ食品、と、云う印象が強かった、と、云うよりも、それくらいしか知らなかった。カプサイシンと野菜、と、云う、印象だったのである。
ために、野菜なら他で摂取しているし、カプサイシンは肌によろしくないし、好んで食することもあるまい、と、避けていたのである。
ところが、これが、発酵食品である、と、云う。カプサイシン、野菜(各種ビタミンやミネラル)、それに発酵食品(消化吸収、整腸作用)とくれば、これはもう、あに摂取せべけんや、で、ある。
ただ、肌への影響も考えて、まずは少量ずつ、お試し期間、として、食していこう、と、思っている。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:55 | - | - |
幸せの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“幸せの日”だそうである。
Wikipediaによると“女の子の節句(ひなまつり)が3月3日、男の子の節句(こどもの日)が5月5日、その間の今日が4月4日が『4(し)と4(し)』の合わさる日として『幸せの日』と云われている。また、男子(だんし)と女子(じょし)が歩み寄った日とも云われ、『男子と女子の夫々の「子(し)」』が合わさる日『幸せの日』と云われる事もある”のだそうである。
「4」は古来、「死」に通じるとして、我が国では縁起の悪い数字と見做されているが、「4」と「4」が合わさって「し、あわせ」とは、いい考え方である。いわゆるひとつの、positive-thinking(楽天思考)、で、あろう。
子供にたいする虐待が憂慮されるようになって久しい。虐待はもっての外だが、それでは躾はどうなのか、甘やかすだけがいいことなのか、育児のありかたは、等々、百家争鳴の観を呈している。個人としての定見を持つことすら困難な状況である。その分、偏った意見(往々にして、「意見」ですらない場合が多いが)と云う意味での偏見や、幼稚な思い込みなどが横溢しているような状況である。
わたいとしては、いわゆる世の“おとな”ども──政治家や官僚、“バカッター”や亡国会議(売国会議?)などは論外として、“○○ママ”やいわゆるこう云ったことに詳しい、と、云われている専門家など──がなにをほざこうが、そんなことは有害無益としか思えない。
根本義は、「どんな子どもにも、幸せになる権利がある」と、云うことである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
無力無能、頑迷愚昧、自惚肥大、増長慢な、世のいわゆる“おとな”どもとはまったく無縁の、いたって平和で、しあわせな献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
愛林日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、肉じゃが、小松菜のわさび和え、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


自家製大根の粕漬けがなくなったので、市販のべったら漬けを出した。べったら漬けも、いつかは自分で漬けてみたい、とは、思っているのだが、まだそこまではいかない。市販のものは、どうも少し、甘味が強いように思う。それがべったら漬け本来の味だと云われれば、それまでなのだが。
肉じゃがを料理るとき、きぬさやを入れようとして忘れたことは記したが、じつは今回、椎茸も入れようとして忘れた食材のひとつである。
去年仕事場でお世話になった女性が、肉じゃがに椎茸を入れている、と、聞いて、一度試しにやってみよう、と、思っていたのである。肉じゃがに椎茸を入れる、と、云う発想はなく、もちろん、椎茸の入った肉じゃがを食べたこともなかったのだが、それもありかな、と、思ったのである。
それを今回やってみよう、と、思ったわけだが、そうすると、去年から1度も肉じゃがを料理っていないことになる。なるほど、月日の経つのは、早いものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:01 | - | - |
愛林日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、ピーマンの肉詰め(3個)、菠薐草と人参の胡麻あえ


昨晩食で自家製大根の粕漬けがなくなった。だいぶに長持ちしたものである。味はイマイチだったが、大根は消化酵素の働きがよろしい。整腸作用もある。食欲増進、疲労回復には、重宝な食材である。次回もまた料理ってみよう。
ピーマンの肉詰めが、思ったより小さい。料理り立てのときはそうにも思わなかったのだが、冷凍保存している間に、縮んでしまったのだろうか? 菠薐草などは、冷凍保存すると、嵩がかなり減ってしまうが……。
ただ、味はさして不味くない。冷凍保存したから、と、云って、風味味わいが劣化しないのはありがたいことである。また、解凍する際も、寝る前に冷凍庫から冷蔵庫に移しておいて、朝方に電子レンジで温める。実に簡単である。ひょっとすると、自然解凍でもいけるかもしれないが、まだ試してない。半解凍の状態だったら……と、思うと、なかなか試す気にならないのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:59 | - | - |
愛林日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“愛林日”だそうである。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると──
1895(明治28)年に来日したノースロップ博士が講演で「愛林日(Arbor Day)」の精神を説き、1898(明治31)年、本多静六林学博士の提唱により神武天皇祭の4月3日が「植栽日」となった。1933(昭和8)年に大日本山林会会長・和田国次郎、農林次官・石黒忠篤らにより、4月2日から4日までの3日間を「愛林日」として、全国一斉に愛林行事を催すことが提唱され、翌年、日本初の中央植樹行事が茨城県の「鬼が作国有林」で行われた。この中央植樹行事は現在「全国植樹祭」となっている。
とのことである。
島国でもある日本は、また、多くの山林を有する山国、樹木の国でもある。山林中にいると、心気が落ち着き、塵労が洗浄され、心身が清められる気がする。一時期、「森林浴」なるものが流行ったこともあった。
日頃あまり意識には昇らないが、山林を愛し、山林のありがたさを認識する契機となるこう云う記念日は、なるほど、有意義であろう。
とりわけ、山林、と、云えば、花粉症による弊害苦痛の元凶としてしか意識されかねない、この時期において、本来の山林自然のありがたさ尊さに思いを馳せることは、好ましいことに違いない。
だいたいわたいに云わせれば、花粉症なるものは、自然のもたらした災害などではなく、明らかに、人がもたらした、「人災」なのである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
森林浴とも花粉症とも、自然災害とも人災とも、まったく縁のない、いたって平和で穏やかな、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |
図書館開設記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、ピーマンの肉詰め(2個)、菠薐草と人参の胡麻あえ、自家製大根の粕漬け、冷奴、納豆、味付海苔


ピーマンの肉詰めが冷凍できることを知って、早速やってみた。冷凍保存しておいたものを解凍してからフライパンで焼くのだろう、と、思っていたが、どうやらそれは、シロートの赤阪新宿六本木、だったらしい。焼いたものをしっかり冷まして(熱を除り切って)から、冷凍保存するのが、正しい方法であるらしい。
1個1個、ラップでピッチリとくるんで、ジップロックに入れて、冷凍保存するのである。一見、手間のようにも思えたが、やってみると、別段そうでもない。考えてる手間にやってみれば、意外にすんなり終わることは、案外多いものなのである。そう云えばいつぞやなどは、どうしようかな、などと考えているうちに、洗濯、拭き掃除、買物、料理まですませてしまった、などと云うことが、実際にあったものである。いつからか考えすぎて、休むに似た状況に陥るようになってしまったものらしい。困ったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:54 | - | - |
図書館開設記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(鯨大和煮ふりかけ)、肉じゃが、小松菜のわさび和え


肉じゃがが、少々鹹かった。酒と砂糖と薄口醤油で味付けをするのだが、醤油が多かったのだろうか。
いつも参考にしている某料理レシピサイトによると、めんつゆで味付けする方法もあるようで、以前に一度、試してみたことがある。ところがその方法で行くと、どうにもわたいの舌にはなじまなかった。味が薄い、と、云うか、甘い、と、云うか、コクがない、と、云うか……、とにかく、イマひとつ、だったのである。
そんなわけで、母者に教えてもらった我が家伝統の(?)味付けを墨守しているのである。
小松菜のわさび和えは手軽にできて栄養が豊富で、味付けが簡単で、と、まことに調法な献立である。冬場でもいいが、夏場でも、わさびのピリリとした風味が効いて、なかなかにいいものである。もっとも、茹でるときの暑さを考慮に入れなければだが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:51 | - | - |
図書館開設記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


昨年のこの日、「今日は“国際子どもの本の日”だそうである」と記したが、同時に、“図書館開設記念日”でもあるらしい。
Wikipediaによると、“明治5年旧暦4月2日(新暦1872年5月8日)に、東京・湯島に日本初の官立公共図書館・東京書籍館が開設されたことに由来”するのだそうである。
“国際子どもの本の日”は、文字どおり、世界規模の記念日だが、“図書館開設記念日”は、その由来の経緯からも明らかなように、
東京・湯島、と、云えば、湯島聖堂(昌平坂学問所-徳川幕府直轄の学問所)の所在地であり、「日本の学校教育発祥の地」である(Wikipediaより)。
その地に、日本初の公共図書館が開設されたことは、別段異とするに足りないが、それが明治5年と、早い時期だったことに驚く。
西郷隆盛を担いだ薩摩士族の反乱、いわゆる西南戦争が勃発したのが明治十年、対朝鮮使節派遣問題(いわゆる征韓論)による政変で廟堂が分裂したのが明治6年だから、まだまだ明治新政府の基礎が固まっていなかった時期である。
そんな時期に、公共の図書館を開設した、と、云うことは、いかにこの新政府が、教育を重視していたか、が、よく解かる。
近年図書館もさまざまな様態を見せるようになり、廉価で身近なレジャー施設の観を呈しつつあるようだ。よろこばしいことである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
明治新政府が教育に力を入れようがいれまいが、図書館の様態が変化しようがするまいが、そんなこととは一切無関係の、いたって非知性非文化な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:48 | - | - |
新元号発表の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、肉じゃが、うまいもん6点盛り、自家製大根の粕漬け、冷奴、納豆、味付海苔


うまいもん6点盛りは、昨日、近所のスーパーで買ってきたものである。いつだったか、温野菜サラダを買ったときに、そう云えば、温野菜って、あんまり意識して摂取したことないなぁ、と、思い、少しは意識して摂取してみよう、と、思ったのである。
それだったら別に買わなくても、自分で料理ればいいじゃないか、と、云われるかも知れない。ごもっとも、で、ある。自分で料理ろうと思った結果が、肉じゃがとして現象したのである。
肉じゃがも久しぶりである。料理ろう、料理ろう、と、思いつつ、はや1ヶ月ほどが過ぎてしまった。光陰矢の如し、で、ある。齢を取ると、余計にそう思う。
今回はきぬさやを入れて、見栄えを良くしよう、と、目論んでいたのだが、完全に忘れてしまった……。やはり新しいことや慣れぬことをやるときには、それ相応に用心しなければならない、と、云うことだろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:44 | - | - |
新元号発表の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(自家製大根の粕漬け)、ハンバーグ(2個)、菠薐草と人参の胡麻あえ


今日、平成に続く新たな元号が発表された。「令和」だそうである。
初めて元号が制定されたのが、645年の「大化」である。以来「平成」まで、247の元号が存在する。今度の「令和」で、248個目である。
元号と云えば、たいてい、漢字2文字である。たいてい、と、云ったのは、“聖武天皇・光明皇后の時代から約四半世紀”に使用された5つの元号は、4文字だったからである。その4文字の5つの元号とは、“天平感宝、天平勝宝、天平宝字、天平神護、神護景雲”である(Wikipediaより)。
なお、“最も期間の長い元号は昭和の62年と14日”であり、“最も期間の短い元号は暦仁の2か月と14日である”(Wikipediaより)。
元号のなかには、“元年だけしか使われなかった元号”もあり、“朱鳥と天平感宝”がそれである。
暦仁はもっとも期間の短い元号ではあるが、“期間内に元日を挟んでいるため2年まである”そうである。
なお今回は天皇の退位に伴う改元なのだが、これは“光格天皇の退位で「文化」から「文政」に改元された1818年以来、約200年ぶり”のことなのだそうである(朝日新聞DIGITALより)。
元号もなかなかに奥が深いものである。
もっともそのことと、わたいの弁当の中味とには、なんらの関連もない。
元号が長かろうが短かろうが、奥が深かろうが浅かろうが、そんなこととは一切無縁の、いたって平々凡々たる献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:38 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS