ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
大正天皇誕生日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト、人参……青じそドレッシング)、鶏ささ身の味噌漬け、冷奴、オクラとモロヘイヤのネバネバ和え、ぬた、味付海苔


鶏ささ身の味噌漬けが上手くいった。以前は表面が焦げたりしていたが、今回は好い加減に焼けた。あらかじめそぎ切りにして、みそ床に漬けて置いたおかげである。
味も淡白で、いかにも夏らしい(?)献立となった。
それにしても、我ながら、ヘルシーな献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:56 | - | - |
大正天皇誕生日のひとりめし(昼-弁当)
銀シャリ(ピリ辛きゃら蕗)、鶏肝生姜煮、小松菜と油揚げのじゃこ入り煮浸し


公約通り(?)、鶏肝の生姜煮をおかずとした。
飯は久しぶりに白飯、いわゆる銀シャリである。
別に大正天皇の誕生日を祝って、贅沢にしたわけではない。たまたま久しぶりに、銀シャリの味を味わいたくなっただけのことである。
小松菜と油揚げの煮びたしは、もはや定番、欠かせぬ献立、と、なったようだ。今回はちりめんじゃこを混ぜてみた。よりいっそう味が引き立つことであろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:57 | - | - |
大正天皇誕生日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日8月31日は、大正天皇の誕生日である。
大正天皇と云えば、即座に例の“遠眼鏡事件”を思い起こされる方も多いことだろう。
あまりいい印象を持たれていない、気の毒な天皇である。
平成28年の現在でも、今上天皇の誕生日はもちろんのこと、明治天皇の誕生日は文化の日として、昭和天皇の誕生日は昭和の日として、祝休日になっているのに、この大正天皇の誕生日だけは、見事に無視されている。
もっとも存命中から、残暑厳しい頃合いであるとして、誕生祝の催しは9月になってから行われていた、と、云うから、甚だ気の毒なものである。
もちろんそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ヨーグルトを買い忘れたので、代りと云ってはなんだが、バナナを2本にした。小さいし、2本くらいがちょうどよかろう、と、云うこともある。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:52 | - | - |
年末まであと123日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、鶏肝生姜煮、野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト、人参…ごまドレッシング)、冷奴、オクラとモロヘイヤのネバネバ和え、ぬた、味付海苔


めずらしく、納豆ともずくがない。
その代わり、オクラとモロヘイヤのネバネバ和えと、ぬたが現れた。
ムチンと酢だから、代替えにピッタリである(?)。
鶏肝の生姜煮が少ないのは、半分は明日の弁当に持って行こう、と、思ったからである。今日の弁当からかんがみて、茶碗一杯分はいかにも多い、と、感じたのである。
野菜が8種類である。まずは理想通りと云えよう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:21 | - | - |
年末まであと123日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(茄子のからし漬け)、鶏肝生姜煮


月日の経つのは早いもので、今年もあと残すところ、123日となった。
だからと云って、わたいの食卓の献立に、変化が生ずるわけもない。
何度も書いているが、鶏肝の生姜煮は大好物のひとつで、最も早く習得した料理のうちのひとつである。
栄養価も高く、夏バテ防止にもよろしい。
しかし、なにごとにも、限度と云うものがある。
いくらなんでも入れ過ぎた。野菜を入れる余地がなくなってしまった。
おかげで、だいぶ色取りの悪い弁当になってしまった。
まぁ、食べられたのだから、文句はないが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:13 | - | - |
信長逸話
叡山延暦寺を焼き討ちし、伊勢長嶋の一向一揆を殲滅し、その行動ゆえに、信長には、冷酷非道、仏敵天魔のレッテルが貼られている。
しかしそんな信長も、幼少の頃には、情け深い少年だったのである。
ある日、信長が可愛がっていたフナが死んだ。
そのとき幼い信長は、号泣したそうである。
「オラのフナが……」
と、云って。
| Mac | ちょっと一言 | 20:22 | - | - |
信長逸話
NHK大河ドラマの『真田丸』がなかなか評判よろしいようであるが、戦国時代の、いや、日本史上でも、人気随一の人物と云えば、なんと云っても、織田信長であろう。

信長が比叡山に火を放ち、延暦寺の僧俗三千人を、女子供を問わずに撫斬りに殺戮した事は有名である。
その事を知った武田晴信(入道信玄)が、信長に抗議の書状をしたためた。
「戒律厳しき叡山に火をかけ、女子供まで斬り殺すとはなにごとか」
と、云うものである。
それに対する信長の返事。
「戒律厳しき叡山に、女子供がいるとは知らなかった」
| Mac | ろ〜りぃの食卓 | 20:19 | - | - |
ド・ゴール、パリ入城の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、サーモンチーズフライ、ブロッコリの塩昆布あえ


サーモンチーズフライは、近所のスーパーで買ってきたものである。
ブロッコリは冷凍保存しておいたものである。栄養価は高い、冷凍保存が可能、味がいい、使える料理の様態が多い……、まことにブロッコリは、重宝な食材である。
らっきょうは、食材、と、云うよりも、薬材、と、云った方が、ピッタリするほど、その健康に対する効能力は高い。栄養価は皆無に等しいが、他の食材に存在する各種の栄養価を大幅に引き出す、いわば補助食材として、効果がある。
主将の力量を最大限に発揮せしめる名参謀、と、云ったところか。
東洋には、このらっきょうのように、素晴らしい食材が多数存在している。
東洋料理は健康の基である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:56 | - | - |
ド・ゴール、パリ入城の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(3個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


昨日はパリの解放記念日だった。そして今日は、解放されたパリに、レジスタンスの雄:シャルル・ド・ゴールが入城し、凱旋パレードを行った日である。
いまだナチス・ドイツの残兵が銃弾を放つなか、ド・ゴールは毫も臆することなく、エトワール凱旋門からノートルダム大聖堂まで、シャンゼリゼ通りを埋め尽くしたパリ市民から熱烈な喝采を浴びながら、悠々とパレードを行った。
「私はフランスだ」
と云う言葉に象徴されるように、強大な自負心と愛国心を持ち、屈すると云うことがその辞書になかったようなこの男は、あるいは、「20世紀のナポレオン」と呼ばれるに相応しいかもしれない。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
それにしても、パリ入城のこの日、ド・ゴールはどのような朝食を摂ったのだろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:42 | - | - |
パリ解放記念日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、サーモンチーズフライ、フレッシュサラダ、冷奴、納豆、味付海苔


卵が小さいので、2個入れた。以前にも書いたが、“玉子は1日に1個”と云う俗説には首肯しかねる。卵自体の大きさや質も異なれば、摂取する人間の年齢、性別、体質、運動量にも、大きく影響されるであろう。
卵は葉緑素を欠くものの、その欠点を除けば、完全栄養食品と云って過言ではない。仄聞するところによると、その栄養価は、ウナギを上まわるそうである。したがって、栄養価の面から観れば、鰻丼よりも玉子丼の方が上等、と、云うことになる。
サラダはドレッシングによって、さまざまな味のヴァリエーションが愉しめる。昨日は青じそドレッシング、今日はクリーミーオニオンドレッシングを愉しんだ。
冷奴は淡白にして滋味あふれる、日本が世界に誇る食べ物である。もっとも、日本の食べ物は、そのほとんどが、世界に誇り得るものばかりなのだが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:35 | - | - |
パリ解放記念日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(しそかつおにんにく)、コロッケ(2個)、ブロッコリの塩昆布あえ


本当は、「みそかつおにんにく」が欲しかったのだが、売ってなかったので、やむなく「しそかつおにんにく」を買ってきた。
コロッケは、近所のスーパーで買ってきたものである。
安価で手軽で味も悪くない。重宝ではあるが、どうも物足りないのは、仕方のないことだろう。
少々不味くても、やはり自分で料理った方が、充実感も相まって、物足りる感じがするものである。
それはなにも、料理に限ったことではないが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:26 | - | - |
パリ解放記念日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(3個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は第二次世界大戦において、パリの解放が完了した日である。
連合国軍のノルマンディー上陸作戦の成功以来、ナチス・ドイツによる占領と、傀儡政権であるヴィシー政府に対し、レジスタンス活動が活発になり、ド・ゴールを代表とする臨時政府は、一刻も早いパリの解放を目指した。
8月19日から始まったパリ解放の戦いは、同月25日に完了した。
ヒトラーは、数日前に「パリは、廃墟以外の姿で敵に渡すべきではない」といういわゆる「パリ廃墟命令」を出しており、この日も電話で、「いまこの瞬間、パリは燃えているのか?」と、3度も確認した。
映画化もされた、有名なノン・フィクション『パリは燃えているか?』の書名は、このヒトラーのセリフから採られたものである。
ヒトラーの叫声と命令にもかかわらず、パリが燃えることはなかった。
パリは多くの歴史を宿したまま、解放されたのである。
そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
半熟卵が1個増えたが、これは卵が小さいからである。
パリの解放とは、なんらの関連もない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:21 | - | - |
水金地火木……
小学生の頃、太陽系を構成する惑星をおぼえるのに、
「水、金、地、火、木、土、天、海、冥」
と、暗誦したものである。
英語では、
“My Very Educated Mother Just Served Us Nine Pizzas.(わたしのとっても賢いお母さんが、私たちにちょうど9つのピザを配ってくれた…かな?)”
と、おぼえるらしい。
これは、それぞれの単語の頭の字を、惑星の頭の字と一致させて、おぼえるものである。
Mercury-水星、Venus-金星、Earth-地球、Mars-火星、Jupiter-木星、Saturn-土星、Uranus-天王星、Neptune-海王星、Pluto-冥王星、である。

10年前の今日、プラハでの第26回国際天文学連合総会で、冥王星を惑星から除外し、新設の準惑星に分類することが決定された。
「大きさから云って、そうなるだろうな」
「ママが配ってくれるものがなくなったわね」
「解明(海冥)されなくなって、ドテンかい(土天海)、かい!?」
…………
さまざまな感想意見が述べられるなかで、ある小学生の言葉が、胸をうった。
「いままでお友だちだったのに、仲間はずれにされてかわいそう」
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 22:45 | - | - |
ポンペイ最後の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、コロッケ(2個)、フレッシュサラダ、冷奴、納豆、味付海苔


わたいにしては、簡素にして少量の献立である。
コロッケもサラダも、近所のスーパーで買ってきたものである。
豆腐が自家製でないことは、云う迄もあるまい。
まぁ、夏らしい献立、と、云えば、夏らしい献立ではある。

今朝がた、今日は「ポンペイ最後の日」である、と、記したが、奇しくもその今日、イタリアのノルチャ付近を、マグニチュード6.2の地震が襲った。
被害が大きかったアマトリーチェでは、関係者が、「もはや町は存在しない」と話しているほどだ、と、云う。
もちろん偶然だろうが、どうも後味がよろしくない。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族のご心痛を察するとともに、ひとりでも多くの方が生存しておられることを、切に祈るしだいである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:39 | - | - |
ポンペイ最後の日のひとりめし(昼‐弁当)
麦飯(茄子のからし漬け)、ささ身チーズ大葉フライ、ブロッコリの塩昆布あえ


以前にも書いた(「中居正広氏の誕生日のひとりめし(晩)」)が、茄子のからし漬けは、実家で漬けたものである。
先日、その料理り方(漬け方?)を、教えてもらった。それによると、茄子は2kgを要するらしい。なんでも田舎の親戚から聞いたので、分量としてそれくらいになるのだそうだ。なるほど、田舎では都会でのように、チマチマセコセコした漬け方などするまい。都会では、自分の宅で漬物をつける、と、云うと、余った野菜の有効利用、と云う側面が強かろうが、田舎では漬物それ自体が、野菜を丸ごと使った料理なのであろう。田舎と都会の両方の生活と人々とに対する偏見かもしれないが……。
なんにせよ、この茄子のからし漬けが旨いことだけは慥かである。
ささ身チーズ大葉フライは、近所のスーパーで買ってきたものである。
ブロッコリの塩昆布あえは、だいぶ以前に冷凍保存しておいたブロッコリを使ったものである。
と、記せば、すでにお察しのとおり、先の土・日は、夏の疲れが出たためか(?)、全然、料理しなかったのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:19 | - | - |
ポンペイ最後の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


西暦79年の今日、イタリアのヴェスヴィオ火山が大噴火を起こした。
町には一昼夜にわたって火山灰が降り続け、さらに翌25日には火砕流が発生して、町は一瞬にして埋没した。
そのため、当時の人々の生活の様子や町のたたずまい、多くの壁画、さらには死に襲われた人々の断末魔の様子までが、如実に遺っており、当時の様子を知る貴重な手掛かりとなっている。
当世の人々を襲ってその平和な生活を壊滅させた大災害が、後世の我々に、貴重な歴史上の遺産、とりわけ美術上の貴重な財産を遺してくれる結果となったことは、なんとも皮肉なことである。
もちろんそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関係もない。
しかし、1940年近くも前の今日のこの日、ポンペイの人々の食卓には、どのような料理が並んでいたのだろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:17 | - | - |
結婚今昔
現在結婚する人たちは、
「この人となら、しあわせになれる」
と、思って、結婚するのであろう。

昔の人は、
「この人となら、苦労できる」
と、思って、結婚したものである。
| 遊冶郎 | 悪魔のつぶやき | 01:44 | - | - |
ヒトラーの遺したもの
現在を去る82年前、1934年(昭和9年)の今日8月19日、国民投票の圧倒的多数(89.93%)をもって、アドルフ・ヒトラーをドイツの「Führer(指導者)」とすることが承認された。
ヒトラーは、周知のように、1945年(昭和20年)の4月30日、ベルリンの総統官邸地下壕で、拳銃自殺を遂げた。

ヒトラーは死んだが、彼の遺したものは、浮かばれぬ亡霊の如く、いまだにこの地球上に残存し、彷徨っている。

それはなにか、と、云うと――、

1. 戦争に於ける電撃作戦。
2. 他民族に対する差別。
3. 国威発揚へのオリンピックの利用。
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 20:31 | - | - |
俳句の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、鶏の唐揚げ、小松菜のお浸し


小松菜は冷凍保存しておいたものである。小松菜も、生のままでは不可ないが、いったん茹でたのを冷ましておくと、冷凍保存も可、と、教えられたからである。
なるほど、冷凍保存は可であろうが、解凍するのにやや戸惑った。考えてみれば、電子レンジの使い方をよく考えていない。取説もちゃんと読んでないように思う。使いこなせないはずである。
鶏の唐揚げは、云うまでもなく、わたいの大好物のうちのひとつである。
母者の料理ってくださる鶏の唐揚げは、他の何処のものよりも美味しい。それはなにも、慣れ親しんだ家庭の味だから、と、云う理由だけではない。それならば、たいていの食べ物が該当するはずであろう。
以前母者に聞いたところによると、玉葱と大蒜が、コツ、と、云うか、ポイントであるらしい。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:47 | - | - |
俳句の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日8月19日は、「俳句の日」だそうである。
8-1-9で、「ハイク」と云うことである。
それなら、「ハイキングの日」でもよかろうし、「バイクの日」でもよかろう。
実際今日は、「バイクの日」でもあるそうである。
近代俳句の創始者、俳句中興の祖、と、云えば、なんと云っても正岡子規であろう。司馬遼太郎氏の『坂の上の雲』以来、興味を惹かれている人物である。
俳句自体も嫌いではないが、どうも季節感とか、自然の風物に対する観察力(子規のいわゆる“写生力”か?)とかに乏しいもので、なかなか実作しようという気にならない。
散作などは、酔狂にまかせて、よく口にしているそうである。もっとも、そのほとんどは、駄作に過ぎないようではあるが……。
当然のことながら、俳句もバイクも、わたいの食卓を占める献立とは、なんらの関係もない。
いたって殺風景な、いつもながらの食卓である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:40 | - | - |
中居正広氏の誕生日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、コロッケ(2個)、カボチャの煮物、小松菜のお浸し、切干大根、納豆、味付海苔


晩の献立ではないが、昼の漬物は、実家の自家製、茄子のからし漬けであることが判明した。これはヤバい。これだけで、飯の3合はゆうに食べられる。お菜を料理りたくないときには、重宝な漬物である。
しかしふと思ってみると、これがあると、お菜も食べずに、飯ばかり食べそうである。それぐらい旨い。それぐらい、ご飯によく合う。しかも、自分の宅で料理れるのである。ハッキリ云って、ヤバい食べ物である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:59 | - | - |
中居正広氏の誕生日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(漬物)、鶏の唐揚げ、アスパラガスの塩胡椒炒め


漬物は母者が実家から持って来てくださったものである。実家で漬けたものか、購入したものかは、定かではない。
鶏の唐揚げは、再々述べているように、コロッケと双璧を成す、わたいのお気に入りの献立である。
アスパラガスも大好物である。自分で使うときは、たいてい、豚肉巻きにするのだが、実家ではこのようにして、朝の食卓に供することが多い。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:45 | - | - |
中居正広氏の誕生日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今年はSMAPの解散報道によって幕を開けた感がある。
なんとか沈静したかと思っていたが、先日改めて、今年一杯で解散する旨が発表され、日本中が驚愕と絶望の渦に巻き込まれた。
SMAPの面々もそれぞれに様々な思いはあるだろうが、ファンの落胆無念の情はそれこそ推察するに余りある。
そんななか、SMAPのリーダー、中居正広氏は、今日この日、44歳の誕生日を迎えることとなった。なんとも皮肉なBirthdayである。
もちろんそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関係もない。
相も変らぬ、いつもどおりの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:44 | - | - |
ロバート・デ・ニーロの誕生日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、コロッケ(3個)、小松菜のお浸し、カボチャの煮物、枝豆、切干大根、納豆、味付海苔


“夏はビール つまみを入れるは皿なり”と、清少納言も述べているとおり(?)、夏と云えば、ビール、である。そして、ビールのつまみ、と、云えば、なんと云っても、やっぱり、枝豆である。
その枝豆を、晩食の献立に供しよう、と、云うのは、わたいくらいのものであろう。
枝豆はタンパク質が豊富である。それゆえに、酒の肴にピッタリなのだが、だからと云って、食事の献立に供してはならない、と、云う法もなかろう。
切干大根は、これも大好物のひとつである。いつか料理ってみようと思いつつ、いまだに料理っていない。いや、一度料理ったかな? 最近どうも、物忘れが激しくて困る……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |
ロバート・デ・ニーロの誕生日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、コロッケ(2個)、小松菜のお浸し


なんだか久しぶりに弁当を持ってきたような気がする。
と、云っても、昨日記したように、おかずを料理ってくれたのは母者なので、わたいはただ麦飯を炊いただけである。
それを思えば、暑いにつけ寒いにつけ、ご家族の健康と、嗜好と、家計との兼ね合いを勘案しながら、毎日毎日、食事を料理っておられる方々には、ほんとに、頭が下がる……と、云うより、驚嘆する。
とてもわたいにできる技ではない……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 14:20 | - | - |
ロバート・デ・ニーロの誕生日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は米国の俳優、ロバート・デ・ニーロの誕生日である。
デ・ニーロと云えば、“デ・ニーロ・アプローチ”と呼ばれる、徹底した役作りが有名である。
それは彼が学んだアクターズ・スタジオの「メソッド演技法」の極致と云ってもいいかも知れない。
体重を増減させ、体形のみならず、顔の輪郭までも変化させる。
とりわけ、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』に出演した時は、そのあまりの完璧な老人ぶりに、監督のセルジオ・レオーネをして、「奴はいったいどんな魔法を使ったんだ? 本当に元の姿に戻れるのか」と、驚愕せしめたほどだった。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
そう云えば、デ・ニーロがミッキー・ロークと共演した映画『エンゼル・ハート』のなかで、デ・ニーロが茹で卵をテーブル上に転がしてその殻にヒビを入れながら、“卵は魂の表象だ”と、云う意味のことを云う場面があった。
あれはなかなか、ゾッとする場面だったなぁ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 13:41 | - | - |
“ろ〜りぃの食卓”の画像が……
ご好評いただいております(?)“ろ〜りぃの食卓”(“ひとりめしのコーナー”ではありません、念のため!)の画像が規定容量一杯になりそうだったので、50枚ほど削除しました。
このBlogでは、画像の合計サイズが10MBですので、やむを得ません。
同名のWebsite(HP:「ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち」http://rolly2015.jimdo.com/)の、同名のblogは大丈夫ですので、ぜひそちらもご覧くださいm(__)m
| ろ〜りぃ | 投稿者より | 22:36 | - | - |
五山の送り火の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、コロッケ(3個)、小松菜のお浸し、納豆、味付海苔、メロン


久しぶりに母者が来てくれた。と、なると、リクエストは、コロッケに鶏の唐揚、である。
小松菜は去る13日の土曜日に、近所の八百屋が盆休みに入ると云うので、5束/盛=100円(税抜)で売っていたものである。
買ってきたのはいいが、料理る気がなくて、冷蔵庫の野菜室に寝かせておいたものである。で、あるので、当然、まだまだ、大量にある。
本日のメイン・ディッシュはしかし、到来物のメロンである。
メロンなぞ、何年ぶりだろう。しかもこれが食べ頃で、ひじょ〜に美味しかった。
メロンなぞ、今度食べられるのは、何年後だろう……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:21 | - | - |
五山の送り火の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は有名な「五山の送り火」が行われる日である。
浅学菲才にして「大文字焼き」などとも呼んでいたが、これは不適切な呼称であるらしい。
「お盆に帰ってきた死者の魂を現世からふたたびあの世へと送り出す行事」であり、各地各所で、さまざまな規模形態で行われているらしい。
「灯籠流し(精霊流し)」も、送り火の一形態である。
そう云えば学生時代、東京に下宿していた故郷の友人が、帰省の途中遊びに寄って、一緒に五山の送り火を観に行ったおぼえがある。
人が多かったのと、「大」の字が燃え上がった瞬間、得も云われぬ原始的な感激が身内を貫いたのと、帰りの電車が鮨詰めで汗だくになったことを、ハッキリと憶えている。
しかしそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
盆であろうが皿であろうが、相も変らぬ、いつもの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 16:39 | - | - |
マフィア昔話
マフィアの首領が、幼い孫にお伽噺を聞かせていた。
「むかし、むかし、あるところに、エリオット・ネスという、とても悪い人がいました。……」
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 20:08 | - | - |
クレオパトラの命日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、ほうれん草と白菜のごま和え、小松菜と油揚げの煮浸し


ほとんど残菜整理の献立である。御飯は冷凍保存しておいたものである。
植物性にしろ、動物性にしろ、タンパク質がほとんどないが、まぁたまには、こんな日があってもよかろう。第一、70年前のことを思えば、食べられるだけ、ありがたいことなのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 13:00 | - | - |
クレオパトラの命日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日8月12日は、クレオパトラの命日であるそうな。
B.C.31年、アクティウムの海戦でオクタウィアヌス率いるローマ軍に敗れ、毒蛇に乳房を咬ませて自殺した、と、伝えられている。
クレオパトラと云えば、絶世の美女として有名であるが、どうやらそれは伝説の類にすぎないらしい。実際は美貌よりも、教養と優雅な立居振舞い、声の良さや話し方の穏やかさなどで、男性を魅了した、と、云われている。
ふと思ったのだが、この経緯は、中国の項羽と虞美人との最期によく似ている。
クレオパトラの場合はアントニウスの死後に自殺し、虞美人の場合は項羽の前に自刃している、と、云う、後先の違いはあるが……。
どちらにしても、わたいの食卓に並ぶ献立とは、なんらの関係もない。
クレオパトラも虞美人も、その他の美人も……。
それにしてもクレオパトラは、いったいどんな食事を摂っていたのであろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:35 | - | - |
スヌーピーの誕生日の日のひとりめし(昼‐弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、豚肉の生姜焼き、小松菜と油揚げの煮浸し


昨日も記したように、夏場のスタミナづけには、豚肉が最適なように思う。
豚肉の栄養(とりわけ、ビタミンB1)を効率よく吸収するには、玉葱やニンニクなどに含まれている、アリシンとか云う成分と一緒に摂取するのがよいそうだ。
そんなわけで、豚肉の生姜焼きには玉葱を入れ、御飯にはみそかつおにんにくを乗せた次第である。
小松菜の栄養は言わずもがな。青い野菜は万能健康食品である。とりわけ夏場は水分も不足しやすくなる。野菜には多くの水分も含まれているので、栄養と水分とを一緒に摂取できる、じつに重宝な食材と云える。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 08:58 | - | - |
スヌーピーの誕生日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日はスヌーピーの誕生日である。
スヌーピーと云えば、世界中で愛されている人気キャラクターで、日本でもその人気は、バツグンに高い。
アメリカの漫画『ピーナッツ』に登場するオスのビーグル犬であり、その人気の高さから、彼が同漫画の主人公のように思われる向きもあるかもしれないが、じつは作品の主人公は彼ではなく、彼の飼主:チャーリー・ブラウン少年である。
そう云えば幼き日、宅にもスヌーピーのぬいぐるみがあったように記憶している。妹がかわいがっていたのである。
もちろんそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関係もない。
それにしても、今日は上手く卵の殻が剥けた。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 08:45 | - | - |
長崎原爆忌の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、豚肉の生姜焼き、レタスと胡瓜の豆腐サラダ、小松菜と油揚げの煮浸し、ほうれん草と白菜のごま和え、オクラとなめこのネバネバ和え、納豆、もずく、味付海苔


オクラとなめこのネバネバ和えは、昨日用意して冷蔵庫に入れたまま、忘れていたものである。納豆もだが、ネバネバしたものは、健康によろしい。まぁ、人間のネバネバしたものは、ご免こうむりたいものであるが……。
豚肉の生姜焼きは、昔から料理っている、定番の献立である。鶏肝の生姜煮の後、目玉焼きより前におぼえたように思う。
私見だが、夏のスタミナづくりには、焼肉(牛肉)よりも豚肉のほうが、効果があるように思う。
野菜だが、レタス、胡瓜、小松菜、ほうれん草、白菜、オクラ、と、都合6種類摂取している。
あと1種類増やして、7種類、摂取するようにしたいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:46 | - | - |
長崎原爆忌の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、冷しゃぶ、小松菜と油揚げの煮浸し


冷しゃぶにあらかじめゆずポンをかけておこうか、と、思ったが、やめた。
以前に液漏れして、パッキンがなんの役にも立たないことを思い出したのである。
小松菜と油揚げの煮びたしは、6食分もできてしまった。材料としては、小松菜4束に油揚げ5枚。結構な量が料理れるものである。
冷しゃぶも結構イケる。一晩冷蔵庫に入れておいたので、肉が固くなるか、と、心配したが、無用の心配だった。
夏場は大いに活躍しそうな一品である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 14:31 | - | - |
長崎原爆忌の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


8月6日は広島に、そして今日9日は長崎に、それぞれ、原爆が投下された日である。
それらについては、各所で各人が各々の所感なり決意なりを述べておられるだろうから、ここには敢えて記さない。
ただ、我等が遊冶郎が云う通り、たしかに悲酸極まりない出来事であるには違いないが、自分たちが大陸や半島、東南アジアの各所で行ってきたことについては口を閉ざしたまま、あるいはその事実を糊塗しようと強弁しているようでは、いつまで経っても、諸外国の共感同情賛同は得られまい。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:37 | - | - |
立秋明けの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、冷しゃぶ、レタスと胡瓜の豆腐サラダ、ほうれん草と白菜のごま和え、小松菜と油揚げの煮浸し、もずく、納豆、味付海苔


冷しゃぶを料理と云うのは気がひける。そんなわけで、あまり思いつかないのだが、たまたま思いついたので、料理った。夏の献立としては、定番であろう。ゆずポンでいただいた。
レタスと胡瓜の豆腐サラダは、もともと別々にして、冷奴と、生野菜サラダにするつもりだったのだが、皿(食後の洗い物)をひとつでも減らそうとして、この献立とはなった。
ほうれん草と白菜のごま和え、小松菜と油揚げの煮浸しは、いまや定番である。
しかしこの献立……「猛暑続きで食欲がない」と、云っても、だれも信じちゃくれないだろうなぁ……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:06 | - | - |
立秋明けの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(佃煮山椒昆布)、鮭の幽庵焼風(2切)、小松菜と油揚げの煮浸し


塩秋鮭が廉価だったので買ってきたのはいいが、妙に身が厚く、巧く焼けるかどうか、たまらなく不安だった。
なんとか半焼け、生焼けにもならず、うまい具合に火が通っていた。よかった、よかった。
それにしても、鮭の幽庵焼風も久しぶりである。なんとかコツを飲み込んだつもりでいても、やはりチョコチョコ料理っておかないと、また元の木阿弥になりかねない。たまには料理ってみよう。
佃煮山椒昆布がなくなった。なにかまた買ってこよう。

| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:39 | - | - |
立秋明けの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


各地で猛暑日となり、最高気温を記録しつつあるようだが、暦の上ではautumnである。すでに暑中は過ぎて、残暑の時季である。したがって、暑中見舞いの時季は過ぎ、残暑見舞いとなるのだが、実際上は、まだまだ猛暑見舞いと云った方が相応しいような日々が続くだろう。
しかし、そのことと、わたいの食卓の献立とには、なんらの関係もない。
相も変わらず相変わらず、の、献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:36 | - | - |
健康って、な〜に?
健康増進法、分煙、敷地内禁煙、禁煙セラピー、喫煙禁止区域……
しかし、そう云ったものとは無縁の人生を送ってきた人たちが、現在の日本の高齢化社会を構成しているのである。
| 遊冶郎 | ちょっと一言 | 20:31 | - | - |
バンザ〜イ!
久しぶりに管理者ページを開けてみると、な、なんと! 一週間前の7月29日(金)に、アクセス数が、3500を越えているではないか!?楽しい
折からの暑さにバテきっていた執筆陣の面々も、途端に気力体力を快復し、近畿で盆踊りならぬ、雀踊りを踊っている次第である。
これひとえに、日頃よりご愛顧くださっているみなさまがたのおかげ、と、執筆者一同、大いに感謝申し上げるとともに、これに慢心することなく、よりいっそうの邁進をこそ志そうではないか、と、気持ちも新たに、いよいよますますの精進を、相誓い、相戒め合っているところです。
とは云え、いずれ劣らぬ気まぐれ、ズボラ、いいかげん、の、帝王たちばかり……。どうかこれからも、温かく、長い目でご覧いただきますよう、執筆者一同、心より、お願い申し上げますm(__)m
| Woody(うっでぃ) | 投稿者より | 20:04 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS