ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
衛生? 不衛生?
トイレの紙を三角に織るのは不衛生だ、と、云う議論があるようだが、便器の蓋や便座、水を流すときのレバー、ドアの取っ手や鍵などは、不衛生に思わないのだろうか?
| 遊冶郎 | 悪魔のつぶやき | 02:33 | - | - |
いわゆる共謀罪の成立とその適用
2017年6月15日、「改正組織的犯罪処罰法」いわゆる共謀罪が、参議院本会議で可決、成立した。
実際に、どのような個人あるいは団体が、この法律の適用を受けるのか、現在では定かではないが、それでも、以下の人々あるいは団体には、決して適用されないことは断言できる。
すなわち――
1. いわゆる振り込め詐欺グループ
2. いわゆる暴力団
3. 総理のお友だち
| 遊冶郎 | 悪魔のつぶやき | 13:24 | - | - |
『西遊記』トリビア
『西遊記』で不思議に思っていたことがある。
三蔵法師の三人(?)の弟子は、御存知のとおり、孫悟空、猪八戒、沙悟浄、である。
なぜ、八戒にだけ、「悟」の字が入ってないのか?
原典を読んでみると、八戒のまたの名(“股の名”ではない)は、猪悟能であり、立派に、「悟」の字が入っている。
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 20:39 | - | - |
『虞美人草』連載開始の日のひとりめし
麦飯(塩昆布)、鮭の塩焼き(2切)、小松菜のわさび和え


鮭の塩焼き、と、云えば、聞こえはいい(?)が、なんのことはない、パックの切身をそのまま焼いただけである。もちろん、パックからは取り出した。
クッキング・シートを敷いて、フライパンで焼いたのだが、見事に焦げ付かせてしまった。クッキング・シートなら焦げ付かないだろう、と、思っていたのだが、そんなに甘いものではないようだ。火力の加減が悪かったのだろう。
とまれ、今週分のお菜は、これですべて消費した。
さて、来週の献立だが……。今回はめずらしく、構想がほぼ固まっている。後は、販売価格、ならびに、土・日のヤル気の問題である。
願わくば、低廉で、ヤル気も時間もたっぷりあらんことを!
それではみなさん、来週まで、ごきげんよう(^_^)/
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:33 | - | - |
『虞美人草』連載開始の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


1907年(明治40年)の今日、朝日新聞紙上において、夏目漱石による『虞美人草』の連載が開始された。
同年2月に一切の教職を辞して朝日新聞社に入社し、職業作家としての道を歩み始めた漱石にとって、その第1作となる作品であった。
作品は大好評を博し、連載は10月二十九日まで続けられた。連載中、三越百貨店は“虞美人草浴衣”を売り出し、某宝飾店は“虞美人草指環”を発売して、売上げを伸ばした、と、云う。
漱石の作品中でも、“失敗作”、“二流の作品”と位置付けられる『虞美人草』だが、その“失敗”たる所以、“二流”であることの理由は、いまだ明確に分析綜合されていない。散作によると、課題・問題として、意識の俎上にも上っていないだろう、と、云うことである。いわんや、“失敗”であり、“二流”でありながら、なおそこに潜んでいる思想の奥深さ、その魅力においておや、で、ある。
散作が、「いずれそのことも書かにゃあな」と、のたもうているが、はてさて、いつのことになるのやら……。
もちろん、そのことと、わたいの食卓を飾る献立とには、なんらの関連もない。なんの変哲もない、いたって平凡な献立である。
ところで、今年は、漱石生誕、150周年である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:29 | - | - |
人の生死における世の不条理
websiteなどで、小林麻央さんのニュースと豊田真由子氏のニュースとが並んでいるのを見ると、世の不条理に云い様のない憤りが湧き上がってくるのは、私だけではないはずである。
| 遊冶郎 | 投稿者より | 15:38 | - | - |
憲政党結党の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、わかめ、ニラ、もやし、貝割)、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…イタリアン・ドレッシング)、冷奴、納豆、味付海苔


イタリアン・ドレッシングは、どうも晩食のサラダには向かないようである。どちらかと云うと、朝食のサラダに向いているように思う。シーザーサラダ・ドレッシングもそうである。もっとも、ドレッシングにも、サラダとの相性があるらしいので、生野菜サラダに向かないドレッシングもあるのだろう。
サラダにも、温野菜サラダだの、海鮮サラダだの、それこそ、シーザーサラダだの、いろいろの種類があることを知らないわけではないが、邪魔臭いので、ご覧の生野菜サラダ以外には、料理る気になれない。
あともう少し、2〜3種類、なにかを加えられれば、よりいっそう、野菜類を摂取できるのだが、なにかいい食材はないだろうか。安くて、栄養価が豊富で、料理る手間のかからない野菜が……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:56 | - | - |
憲政党結党の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(海苔とたまごのふりかけ)、鮭の幽庵焼き風(2切)、小松菜のわさび和え


ここのところ肉ばかりで、魚にはすっかりご無沙汰だった。
そんなわけで、久しぶりに鮭の幽庵焼き風を料理った。
料理り方はいたって簡単である。
ペーパータオルで鮭の水分を取り、はちみつ・酒・薄口醤油を混ぜ合わせたタレをかけて、冷蔵庫で1晩置く。フライパンにクッキング・シートを敷いて、中火〜弱火で焼く。
それだけである。
前回、水出しのために塩を振って失敗した。今回は塩は振らなかった。
にもかかわらず、かなり鹹かったのは、タレが濃すぎたか、漬時間が長かったか、あるいはその両方か、だろう。
小松菜のわさび和えは、ひょっとすると、この夏中、料理り続けるかも知れない。廉価で、栄養豊富で、手間なく料理れて、しかも旨い!
云うことなし、の、献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:53 | - | - |
憲政党結党の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


1898年(明治31年)の今日、板垣退助率いる自由党と、大隈重信率いる進歩党が合同して、憲政党が誕生した。
当時政権の座にあった伊藤首相をはじめとして、いわゆる藩閥政治家の代表者たちにとっては、一大敵国とも云うべき勢力の誕生であった。
これにより、従来のいわゆる藩閥政治に限界を感じ、みずから新党結成を目論んでいた伊藤は、内閣総辞職を断行し、ここに日本史上初の政党内閣、いわゆる隈板内閣が成立したのである(隈板内閣の成立は、同年同月の30日)。
この内閣の命脈は、わずか132日(約4ヶ月)しか保たなかったが、それでも宇野内閣よりは長続きした。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
相も変わらずの献立で、下手な内閣より長持ちしていることだけは、たしかである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:51 | - | - |
スナックの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、長ねぎ、ニラ、もやし、貝割)、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…すりおろしオニオンドレッシング)、冷奴、納豆、味付海苔


たしかに、ヘアー・スタイルは1枚刈り(3弌砲遼啓臚だが、別に出家を気取っているわけでもないし、精進料理に凝っているわけでもない。第一、この献立では、とても、精進料理とは云えないだろう。
ただ、動物性タンパク質が、いかにも少量であることは否めない。
豆腐、納豆と、日本が世界に誇る、高品質のタンパク源を摂取しているとは云っても、動物性タンパク質を摂取しなくてもいい、と、云うわけではない。
それは解っているのだが、どうも料理る気がしない。
ここに魚の1品でも加えれば、たしかに、1汁3菜、と、云う、理想の献立にはなるのだが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:46 | - | - |
スナックの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(海苔と野菜のふりかけ)、オクラの豚バラ肉巻き、小松菜のわさび和え


昨日は失敗したオクラの豚バラ肉巻きであるが、今回は少しはマシになった。とは云え、やはり巻きつきが甘いのは否めない。なにしろ、肉厚が厚いのである。やはり肉巻き用には、薄切りでないと不可ない。
小松菜のわさび和えは好調である。小松菜のシャキシャキした歯ごたえに、タップリした水分、そしてわさびのサッパリした爽快感……。これからの鬱陶しい季節には、最好最適の献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:43 | - | - |
スナックの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は夏至であり、“スナックの日”である。
今日がなぜ、“スナックの日”であるか、と、云うと、「夏至の日に、餅を固くして食べる『歯固』という習慣があった」とにちなみ、スナック菓子のメーカーが提唱したことに由来するらしい(Wikipediaより)。
ちなみに、他のwebsiteを閲覧してみると、「歯固」とは、正月、若しくは生誕後100日目の行事であるらしい。
それがなぜ、夏至の日に記念日として制定されたかについては、わたいの知るところではない。
もっとも、「歯固」が、夏至の習慣であろうが、正月の儀式であろうが、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
今週は生野菜サラダがない。去る土曜日に購入した野菜の残存量によるものである。晩食用の野菜サラダだけで、なくなってしまったのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:40 | - | - |
上方小咄〜其の1
「オヤジ、なんや、このうどん。上にはなんも乗っとらへんのに、中から、おあげさんやら、天かすやら、かまぼこやら、卵やら、肉やら、ドンドン、ドンドン、出てくるやないか」
「へい、“かけ”うどんでおます」
| 遊冶郎 | ちょっと一言 | 13:04 | - | - |
球戯場の誓いの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、わかめ、ニラ、もやし、貝割)、生野菜サラダ(サニーレタス、キャベツ、胡瓜、トマト…深煎りごまドレッシング)、冷奴、納豆、味付海苔


先週は10食分もできた小松菜のわさび和えが、今回は4食分しかできなかった。おなじ小松菜3束なのに……。
思うに、買った店によって、おなじ1束でも、その量が違うのであろう。あるいは、同じ店でも、仕入れどきによって、量に違いが出るかも知れない。
それにしても、10食分と4食分とでは、エライ違いである。
ために、今週の晩食には、小松菜のわさび和えは登場しない。それでも、1日9種類の野菜を摂取できている。夏であろうが、冬であろうが、野菜は極力摂取するつもりである。
それにしても、1日360gの野菜を摂れ、と、どこかでだれかが書いていたような気がするが、どうすればそれだけの野菜が摂取できるのかは、書いていなかった。はなはだ不親切なことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:13 | - | - |
球戯場の誓いの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(海苔とさけのふりかけ)、オクラの豚バラ肉巻き、小松菜のわさび和え


オクラの豚バラ肉巻きをはじめて料理ったが、見事に失敗してしまった。
味付けではない。味付けは失敗しなかった(と、思う)。材料を買う時点で、失敗してしまったのである。
と、云うのも、安い、と、思って買った豚バラ肉が、なんと、“焼肉用”だったのである。
したがって、肉に厚味があり、オクラがうまく巻けない。なんとか巻き付けても、プライパンで焼いている最中に解けてしまう……(T_T)
まったく、“失敗の巻き”である。
値段ばかりでなく、身の厚薄もシッカリと見定めるべきである、と、それこそ、身に沁みて思い知った次第である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:07 | - | - |
球戯場の誓いの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


1789年の今日、ルイ16世治下のフランスにおいて、三部会の第三身分議員がヴェルサイユ宮殿の球戯場に集まり、憲法制定まで解散しないことを誓い合った。世に云う、“球戯場の誓い”あるいは“テニス・コートの誓い”である。
2017年の今日、某国の総理は在任中の憲法改正を目して力みかえっているようであるが、いわゆる改憲推進派の人々が今日集まるとしたら、どこに集まるのだろうか? この時季に相応しく、若々しい学園ドラマのイメージで、森友学園か、加計学園ではどうだろうか? 総理や官房長官はじめ、与党のみなさんにピッタリだと思うのだが……。
もちろん、そのことと、わたいの食卓を飾る献立とには、なんらの関連もない。
疑惑とも隠蔽とも忖度ともまったく関連のない、家宅捜査も国策捜査も受けるはずもない、いたって平穏な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:03 | - | - |
雑排1首
凶暴に 成立させた 共謀罪
| 遊冶郎 | 悪魔のつぶやき | 09:25 | - | - |
親と云うものは……
「あら、御無沙汰しております。そうそう、娘さんが御結婚なされたそうですわね。おめでとうございます」
「ありがとうございます」
「で、娘さんは?」
「はい、おかげさまで幸せな新婚生活を送っておりますわ。
 なにしろ婿は娘に惚れきっておりまして、朝はアメリカの映画みたいにベッドで食事をして、家事は一切手伝いの人がやってくれますでしょう。娘はお洒落をして、夜になれば毎日のようにパーティーやらショッピングやら、欲しいものはなんでも買ってもらえますし、まるで王女さまのようですわ」
「まぁ、お羨ましいこと。で、息子さんは?」
「それがねぇ……、息子は不幸でして」
「なにか」
「息子の嫁というのが、あなた、とんでもないグウタラもので、ベッドから出もしないで朝御飯を食べるし、家事もロクにしないでお手伝いさんに任せっぱなし、そのくせ自分はお化粧して、毎日パーティーだショッピングだと出歩いては、欲しいものはなんでも買わなきゃ気がすまないんです。まったく、不幸せな息子ですわ」
……親とはこんなものだろう。
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 20:45 | - | - |
和菓子の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(万能ニラソース)、長葱と人参の豚バラ肉巻き(3個)、小松菜のわさび和え


長葱と人参の豚バラ肉巻きは、例によって、以前に下拵えして、冷凍保存しておいたものである。
こんなとき、冷凍保存のできる献立は便利である。
小松菜のわさび和えも、予定通り、消費できた。
さて、来週の献立だが、腹案はほぼ固まっている。もっとも、さして変わり映えするわけではない。ほとんど一緒、と、云ってもよかろう。
まぁそれでも、そこはそれ、なんとかあたたかい目をもって、お付き合い願いたいものである。
みなさま、来週もよろしく(^_^)/
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:34 | - | - |
和菓子の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ(サニーレタス、キャベツ、胡瓜、トマト…塩)


今日は“和菓子の日”である。
例によって、Wikipediaから、その由来を引用する。
「平安中期の承和年間、国内に疫病が蔓延した。仁明天皇は年号を嘉祥と改め、その元年(848年)の6月16日に、16個の菓子や餅を神前に供えて、疾病よけと健康招福を祈ったとされる。
これを起源として、6月16日に厄除け・招福を願って菓子を食う「嘉祥菓子」の習俗が、さまざまに形を変えながら、平安期から中世・近世まで存続した。江戸幕府においては、6月16日を嘉祥の日とし、お目見え以上の身分のものには大広間で和菓子が与えられた。
全国和菓子協会は、こうした故事にちなみ、日本の食文化を正しく後世に伝え残すために一層の努力を積み重ねることを目的として、この記念日を制定した。」
――と、云うことだそうだ。
わたいは洋菓子も和菓子も、均しく好きである。医者に止められるほどの酒飲みなのに、甘いものが好きだ、とは、妙に思われるかもしれないが、好きなのだから、仕方がない。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
“和”菓子の日と云うのに、いたって“洋”風の、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:25 | - | - |
某国の官房長官
先日(2017.06.03 土)
――この頃、某国の官房長官をTVで視るたびに、ゲッペルスを思い出して仕方がない。
と、書いたが、 今日TVのニュースを観ていて、“そう云えば、上祐って、いたよなぁ”と、思い出した。
| 遊冶郎 | 悪魔のつぶやき | 22:25 | - | - |
SUKIYAKIの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、わかめ、ニラ、もやし、貝割)、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…イタリアン・ドレッシング)、小松菜のわさび和え、冷奴、オクラと長芋のネバネバ和え、味付海苔


昨日で即席みそ汁がなくなったので、新しいのを買ってきた。4種類で24食分あるので、2食分づつ、使っていくつもりである。
冷奴には、青じそドレッシングをかけた。
オクラと長芋のねばねば和えは、チューヴの梅肉を入れたのだが、量が少なかったとみえて、いっこうに梅の味がしない。梅の香りもしない。今度料理るときは、思い切って、量を多くしてみよう。もっとも、そうすると、アッと云う間に、なくなってしまいそうだが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:15 | - | - |
SUKIYAKIの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(海苔とかつおのふりかけ)、鶏ささ身の味噌漬け、小松菜のわさび和え


鶏ささみの味噌漬けがなくなった。予定通り、順調に消費している。
それにしても、鶏ささ身の味噌漬けは旨い。わたいが料理ってさえ旨いのだから、他の人が料理れば、なお旨かろう。ぜひ一度料理ってみるよう、お勧めする。
関係ないが、親指シフトキーボードで打鍵っているのだが、まだ馴れが戻らない。以前、ローマ字打ちのほうが、早く打鍵てる。
親指シフトのほうが早く打鍵てる、と、云うのは、嘘っぱちである。要は馴れの問題で、馴れれば、親指シフトもローマ字打ちも、関係ないものである。
| ろ〜りぃ | - | 22:04 | - | - |
SUKIYAKIの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、ブルーベリー・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…塩)


54年前(1963年-昭和38年)の今日、米国のビルボード週間ランキングで、「SUKIYAKI」が1位になった。
「SUKIYAKI」とは、みなさんご存じのとおり、「上を向いて歩こう」のことである。永六輔氏が作詞、中村八大氏が作曲、歌はもちろん、坂本九氏である。
それにしても、なにが悲しゅうて、「SUKIYAKI」なぞと云うタイトルを……。いつもながら、米国人の感性は、理解に苦しむ。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
米国人の感性とはおろか、SUKIYAKIとも、まるで縁のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:51 | - | - |
ドナルド・トランプ大統領の誕生日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、わかめ、油揚げ、とろろ昆布、ニラ、もやし、貝割)、生野菜サラダ(サニーレタス、キャベツ、胡瓜、トマト…和風ごまドレッシング)、小松菜のわさび和え、冷奴、オクラと長芋のネバネバ和え、味付海苔


冷奴に乗せているのは、にんにくみそである。豆腐は淡白なので、たいていのものが合う。淡白であり、タンパク質豊富、まさに、Wタンパクである。
冷奴も、暑くて食欲のなくなる時季には、ピッタリの食材である。夏には冷奴、冬には湯豆腐、しかも、麻婆豆腐や白和えなど、様々な料理に利用できる。じつに重宝な食材である。
即席みそ汁がなくなった。基本、インスタントものや冷凍食品は嫌い、と、云う以前に、それらを食そう、と、云う、発想自体が浮かばないことは、何度も記しているとおりだが、味噌汁やスープなどの、いわゆる汁物類だけは別である。これも、何度も記しているとおりである。
納豆がなくなったので、オクラと長芋のネバネバ和えを出した。このネバネバものも、健康によろしいことは、みなさんご存じのとおりである。
おかげで、晩だけで、9種類の野菜を摂ったことになる。
昼まで入れれば、10種類になる。豚肉の生姜焼きに、玉葱が入っているからである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:12 | - | - |
ドナルド・トランプ大統領の誕生日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(海苔とたまごのふりかけ)、豚肉の生姜焼き、小松菜のわさび和え


豚肉の生姜焼きがなくなった。予定どおりである。
小松菜のわさび和えはまだある。
どちらも大好物な献立なので、一週間続いても苦にならない。
栄養面から観ても、梅雨の鬱陶しい気候の体力維持には、校歌のある食材である。
もっとも、梅雨入りしてから晴天続きで、いっこうに梅雨らしくない毎日ではあるのだが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:06 | - | - |
ドナルド・トランプ大統領の誕生日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、ブルーベリー・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ(サニーレタス、キャベツ、胡瓜、トマト…塩)


今日は世界一巨大なお騒がせ男、ドナルド・トランプ大統領の誕生日である。
しかし、これほど世界中を大騒がせさせている大統領も、古今東西、いなかったに違いない。一幕の喜劇としてみれば、たしかに、面白い見世物ではある。
彼のお騒がせぶりは、かの金正恩氏と云えども、敵うものではない。その意味では、まさに、好(?)一対、と、云えるだろう。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
良くも悪くも、なんの変哲もない、いたって平凡、いたって平和な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:59 | - | - |
鉄人の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、わかめ、油揚げ、とろろ昆布、ニラ、もやし、貝割)、生野菜サラダ(サニーレタス、キャベツ、胡瓜、トマト…すりおろしオニオン・ドレッシング)、小松菜のわさび和え、冷奴、納豆、味付海苔


先日から生野菜サラダのレタスをサニーレタスにしていたのに、ずっと、“レタス”と、表記していた。朝の献立も、である。面倒くさいから、ここでお詫びすることにして、過去の記事は訂正しない。乞う、ご了承。
調べてみると、レタスよりも、サニーレタスのほうが、栄養価が高いそうである。そうとも知らず(精確には、忘れていただけなのだが)、ただ、廉い、と、云う、それだけの理由で、サニーレタスを買っていたのである。
冷奴に乗せているのは、万能ニラソースである。以前も記したように、これがなかなかイケる、のである。
それにしても、1日を通して摂取している動物性タンパク質が、玉子、鶏ささ身、そしてちりめんじゃこだけ、とは、いくらなんでも、少ないだろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:24 | - | - |
鉄人の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(海苔と野菜のふりかけ)、鶏ささ身の味噌漬け、小松菜のわさび和え


前回はフライパンに油を引いて焼いたためか、味噌が焦げ付いてしまった。
今回はクッキング・シートを利用して焼いた。おかげで焦げ付かすことなく、見栄えよく(?)仕上がった。
もっとも、肝腎なのは、見栄えよりも味である。味も悪くはなかった。と、云うよりも、この献立で、味に失敗したことはない。
ただ、他人が口にしたら、どう云うか、保証の限りではないが……。
まぁ、幸か不幸か、他人がわたいの料理った料理を食することはあるまいから、その点は心配する必要もないが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:13 | - | - |
鉄人の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、ブルーベリー・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ(サニーレタス、キャベツ、胡瓜、トマト…塩)


今日が“鉄人の日”であるのは、1985年(昭和60年)のこの日、広島カープの衣笠祥雄が、それまで大リーグのルー・ゲーリッグが保持していた2130試合連続試合出場世界記録を更新したことを記念して、制定されたものである。
Wikipediaによると、「世界記録更新の前後には、『記録作りのために出場しているだけ』、『監督・コーチの温情』と批判する野球ファンも少なからず存在した」そうであるが、そう云う連中のことを、“心無い輩”と、称する。
勤め人や、家事を休めない主婦・主夫ならば、この記録の重みが解るはずである。
そして、氏が、“鉄人”と呼ばれる所以も。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
鉄人とも、28号とも、なんら関連のない、いたって平々凡々たる献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:03 | - | - |
ロシアの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、わかめ、油揚げ、とろろ昆布、ニラ、もやし、貝割)、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト……深煎りごまドレッシング)、小松菜のわさび和え、冷奴、納豆、味付海苔


小松菜のわさび和えを料理りすぎた。先週は2束で4食分だったので、今回は3束買ったら、10食分もできてしまった。いったいどういう勘定になっているのだろう。
そんなわけで、今週は小松菜のわさび和えが、昼の弁当にも晩食の食卓にも上ってくる。まあ、野菜はいくら食べてもいいだろうし、とりわけ小松菜やほうれん草などの青菜類は、必須である。わたいの尊敬する川島四郎氏は、毎夜500gのほうれん草を食しておられたそうである。
野菜を嗤うものは者は、病に泣く、である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:22 | - | - |
ロシアの日のひとりめし(朝)
麦飯(海苔とさけのふりかけ)、豚肉の生姜焼き、小松菜のわさび和え


今日6月12日は、“ロシアの日”である。「1990年のこの日、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国で国家主権宣言が採択されたことを記念」して制定され、「1994年からロシアの祝日と」なり、「1998年6月12日にエリツィン大統領が『主権宣言採択の日』から『ロシアの日』への改称を提案」して、現在に到る(Wikipediaより)。
わたいがこのことを知ったのは、最近ハマっているラジオ番組、「上坂すみれのハートをつければかわいかろう」によってである。
上坂すみれのハートをつければかわいかろう」にハマったのは、忘れもしない、今年の3月4日の深夜(だから、正確に云えば、3月5日のこと)のことである。
たまたまこの番組を聴いていて、話がひな祭りになって、パーソナリティの上坂すみれ嬢の口から、「う〜ん、お雛様がロシア風になると、どうなりますかねえ。三人官女は、やっぱり、ブハーリン、カーメネフ、ジノーヴィエフですか?」と、云う言葉が出たときである。
学生時代にロシア文学を齧ったわたいとしては、まさに、ド真ん中ストライク、で、あった。
もちろんそのことと、わたいの弁当の中味とには、なんらの関連もない。
公約どおり(?)、先週と同じ、変り映えのしない弁当である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:04 | - | - |
気のせいだとは思うが……
気のせいだとは思うが、現内閣に不祥事や疑惑や醜聞(スキャンダル)が発生するたびに、朝鮮人民民主主義共和国がミサイルを発射しているように思えて仕方がない。
| 遊冶郎 | 悪魔のつぶやき | 16:15 | - | - |
昔の褒め言葉
大きくなったら総理大臣になりそうだな、と、云うのは、昔は、褒め言葉だったのだが……。
| 遊冶郎 | ちょっと一言 | 16:09 | - | - |
核戦争後……
核戦争後、辛うじて生き延びた雌雄二匹の猿が、すべての動物が死に絶えた荒涼たる平原を樹上から見渡して、
「どうする? もういっぺん、最初からやってみる?」
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 21:19 | - | - |
愛の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(万能ニラソース)、豚肉生姜焼き、オクラと長芋のネバネバ和え


万能ニラソースを、御飯にトッピングしてみた。なかなかイケる。なるほど、名前に恥じぬ合致ぶりである。
ニラを細かく刻んで、市販の焼肉のタレを混ぜ合わせるだけなのだから、簡単なものである。それでいて、たいがいの献立には合うと云うのだから、重宝である。
小松菜のわさび和えがなくなったので、オクラと長芋のネバネバ和えを入れた。そのために昨夜、若干残しておいたのだが、どうやら残す量が少なかったようだ。と、云うよりも、最初に食べた量が多すぎたのだろう。なにごとにも、配分、と、云うものがある。
さて、来週であるが、来週はいつにもまして、変り映えのしない献立のオン・パレードになりそうである。新しい料理に挑戦しよう、と、云う気が失せてきたからでもあるし、なにより、まだ残っているものがあるからである。
そんなわけで、乞う、ご期待、とは、いかないが、ともあれ、来週もよろしく、お願いいたしますm(__)m
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:50 | - | - |
愛の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、ブルーベリー・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…青じそドレッシング)


季節は移り、朝もさほど寒くはなくなった。
卵を茹でる時間も、冬に較べて短くてすむようになった。こんなところにも、季節の影響があるのである。
季節の影響と云えば、起きるのもさして苦にならなくなってきた。
身体のリズムも、季節の運行によって影響されるものと見える。
しかし、季節は移り変わっても、わたいの食卓に並ぶ献立には、なんらの変化もない。精々、いつものプレーン・ヨーグルトが、ブルーベリー・ヨーグルトに代ったくらいである。
ちなみに、今日が“愛の日”であるのは、オトナの洒落である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:34 | - | - |
ヴァイキングの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、わかめ、油揚げ、ニラ、もやし、貝割)、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…イタリアン・ドレッシング)、オクラと長芋のネバネバ和え、冷奴、納豆、味付海苔


冷奴にかけている(乗せている?)のは、万能ニラソース、で、ある。料理レシピの某サイトで見つけた。なかなかイケる。投稿者によると、サラダや肉料理にも合う、と、云うことである。明日の弁当のふりかけ代わりに使ってみようと思う。
イタリアン・ドレッシングをかけすぎた。ドレッシングの味がきつくなって、野菜本来の味わいがかなり損なわれてしまった。イタリアン・ドレッシングは、少量で充分である、と、学んだ。
人生なにごとも学問である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:14 | - | - |
ヴァイキングの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(海苔とかつおのふりかけ)、鶏ささ身の味噌漬け、小松菜のわさび和え


久しぶりに鶏ささみの味噌漬けを料理った。表面が焦げているのは、味噌をシッカリ落としていなかったためである。鶏ささみの味噌漬けは、何度も書いているように、職場の女性に教えてもらった。いまではすっかりお気に入りの献立である。
小松菜のわさび和えがこれでなくなった。菠薐草より小松菜のほうが廉ければ、来週も料理るつもりである。ほうれん草のほうが廉かったらって? もちろん、菠薐草のわさび和えを料理るのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:10 | - | - |
ヴァイキングの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、トマト・ジュース、バナナ、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…青じそドレッシング)


今日は“ヴァイキングの日”だそうである。“ヴァイキング”とは云っても、そして“ろ〜りぃの食卓”だからと云っても、“食べ放題”のことではない。
北欧の海賊のヴァイキングである。なぜ今日が“ヴァイキングの日”かと云うと、793年の今日、「北欧の海賊ヴァイキングの活動が最初に記録に現われた」からである(Wikipediaより)。793年と云えば、日本では京都への遷都が行われる1年前のことである。意外と新しい。
映ちゃんによれば、『ヴァイキング』と云う映画があって、カーク・ダグラス、トニー・カーティス共演で、なかなかに面白い作品らしい。
もちろんそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。量は多いかも知れないが、食べ放題ではない。もちろん、海賊の献立でもない。
ちなみに、食べ放題形式の食事を“バイキング”と称するのは、「日本初の食べ放題レストランの店名が『バイキング』であったことに由来する」のだそうである(これまた、Wikipediaより)。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
2017年梅雨入りの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、わかめ、油揚げ、ニラ、もやし、貝割)、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…深煎りごまドレッシング)、オクラと長芋のネバネバ和え、冷奴、納豆、味付海苔


冷奴に、にんにくみそを乗せた。以前にやってみて、案外美味しかったのである。ちなみに、昨日は馬路村のゆずポン、一昨日は青じそドレッシング、だった。
献立は変り映えしないが、ドレッシングとか薬味(?)とか漬物とか、そう云ったところで、微妙に変化をつけているのである。
さりげないところでさりげなく変化をつける、それが“粋”と、云うものである。
それはいいとしても、献立に変化がないと、書く内容に困ってしまう。なにか新ネタを考えないと、行き詰りそうな気がする。困ったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:02 | - | - |
2017年梅雨入りの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(海苔とたまごのふりかけ)、豚肉の生姜焼き、小松菜のわさび和え


わたいの格言に曰く、「献立に 困ったときは 生姜焼き」
ここで云う“生姜焼き”とは、“豚肉の生姜焼き”のことである。
今回は忘れず、玉葱を混ぜた。玉葱があるとないとでは、豚肉の栄養の引き出し具合い、ひいてはその摂取具合いにも多大なる影響を及ぼす。
以前にも書いたが、豚肉の生姜焼きは、大変に調法な献立である。
小松菜のわさび和えはすっかり気に入った。当分続くものと思う。青い菜は積極に窃るべき食材である。さまざまなバリエーションを習得して、できるだけ欠かさぬように摂取したいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:53 | - | - |
2017年梅雨入りの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、トマト・ジュース、バナナ、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト… 青じそドレッシング)


今日、近畿圏が梅雨入りした。昨年より3日遅い梅雨入りである。いよいよ鬱陶しい季節の到来である。
梅雨はイヤだ。傘を持つのは億劫だし、濡れるのはかなわないし、身体は蒸れるし、洗濯物は乾きにくいし、休日に降ると蒲団が干せないし、食べ物は腐りやすくなるし……、まったく、ロクなことはない。
しかしこの時季にシッカリ降ってくれないと、野菜にしろ、米にしろ、値段が上がってしまう。やはり季節季節に相応しい気候でないと、上手く行かないようにできているのだ。
もちろんそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
梅雨であろうが、土用であろうが、正月であろうが、盆であろうが、まったく同じ、なんら変わり映えのしない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |
楽器の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、わかめ、油揚げ、ニラ、もやし、貝割)、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…すりおろしオニオン・ドレッシング)、オクラと長芋のネバネバ和え、冷奴、納豆、ニラのおつまみ、味付海苔


オクラと長芋のネバネバ和えは、今日帰宅してから料理った。
まな板に塩をまぶしてオクラを転がし、髭取りをする。湯を沸かしてサッと湯掻く。そのオクラを輪切りにする。長芋は短冊切りにする。ボウルに梅肉とめんつゆを入れ、オクラと長芋を入れてよく混ぜる。
――以上が料理り方である。
ネバネバものが、納豆とともに、重なったが、身体に良いものは、いくら摂っても良いものである。
おかげで、野菜も、8種類、昼の弁当も勘定に入れれば、9種類摂ったことになる。我ながら見事な健康献立である。
惜しむべきらくは、肉や魚などの、いわゆる動物性タンパク質に欠けることである。しかし、玉子を摂っているし、植物性タンパク質は充分(納豆、冷奴)なので、これはこれで、よし、と、しよう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:05 | - | - |
楽器の日のひとりめし(昼−弁当)
麦飯(海苔と野菜のふりかけ)、鮭の幽庵焼き風(2切)、小松菜のわさび和え


鮭の幽庵焼き風が少し塩辛い。塩をまぶして水分を拭き取る、と、書いてあったのが、どうやらその必要はなかったようだ。なんでも本に書いてあるとおりにすればいい、と、云うものでないのは、料理も育児もおなじようだ。
小松菜のわさび和えは気に入った。今回は湯掻きかたもバッチリで、小松菜特有のシャキシャキ感、その歯ごたえが、しっかり残っている。この湯掻き時間を忘れまいゾ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:02 | - | - |
楽器の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、トマト・ジュース、バナナ、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…青じそドレッシング)


今日は“楽器の日”である。「芸事は6歳の6月6日から始めると上達すると言われていることから」、この日になったらしい(Wikipediaより)。同様の理由で、“お稽古の日”でもあり、“いけばなの日”でもある。
楽器と云えば、わたいのギターは、いっこうに上達のきざしを見せてくれない。いつからギターの練習をはじめたのか、記憶にないが、どうやら6月6日からではなかったようだ。
もちろんそのことと、わたいの食卓を飾る献立とには、なんらの関連もない。
芸事ではないが、願わくば、料理を始めたのは、6月6日からでありますように……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
芒種の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、わかめ、油揚げ、ニラ、もやし、貝割)、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…和風ごまドレッシング)、冷奴、ニラのおつまみ、納豆、味付海苔


晩食は変り映えしない。夏場はこの献立にほぼ固定される。
ニラのおつまみは、こないだ実家に帰ったときに、教えてもらったものである。精確な名前は知らない。たぶん、名前などないのだろう。
フライパンに多めの油を引き、3〜5cmに切ったニラを手早く炒める。酒、みりん、薄口醤油で味をつけ、火を止めて、ちりめんじゃこをまぶす。
これだけで、3杯は御飯が食べられる。重宝な献立である。これからもボチボチ料理り続けていこう。食欲のないときでも、けっこう御飯が進むこと、請け合いである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:28 | - | - |
芒種の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(海苔とさけのふりかけ)、鮭の幽庵焼き風(2切)、小松菜のわさび和え


今日は二十四節気のひとつ、「芒種」である。芒種とは、Wikipediaによれば、「芒(のぎ)を持った植物の種をまく頃」であり、コトバンクによると、「麦の刈入れや稲の植付けに適した時期」とある。
いかにも農耕民族らしい季節区分である。
もっともそのことと、わたいの弁当の中身とには、なんらの関連もない。
なるほど、主食は麦飯であるが、これはなにも、今日に限ったことではない。
久しぶりに、鮭の幽庵焼き風を料理った。久しぶりにしては上手く行った。やはり田舎の友人の忠告にしたがって、油を引いて焼いたのがよかったようだ。他人の云うことは素直に聞くものである。たまには。
小松菜のわさび和えは、今回の“踊るヒット賞”である。
小松菜のシャキシャキ感と、わさびのサッパリした味わいがみごとにマッチして、いかにも夏らしい、さわやかな献立となっている。
これは当分、続きそうだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:16 | - | - |
首脳たち
トランプで ババを引いたか 米国人

メイ首相 名首相か 迷首相

金もらい 恩を知らない 金正恩

習近平 一帯一路は 一進一退

この選挙 勝てるか負けるか メルケルか

うらやましい 疑惑をかわす 強いシンゾウ

フランスの 治安は今や 真っ黒ん

爆撃に プーチンと切れた 大統領
| 遊冶郎 | 悪魔のつぶやき | 21:17 | - | - |
某国の官房長官を……
この頃、某国の官房長官をTVで視るたびに、ゲッペルスを思い出して仕方がない。
| 遊冶郎 | 悪魔のつぶやき | 13:45 | - | - |
十人十色
人間はひとりひとり違う。当然である。違うから面白いのである。みながいっせいにトイレに行きたくなったら騒動である。
そんな話で、「ある人は信号の色を“青”と云い、ある人は“緑”と云う」と、云うのがあった。なるほどなぁ、と、思った。
その他に、「天麩羅を“醬油”で食べるか、“ソース”で食べるか」と、云うのもある。
驚いたのは、「トマトを“塩”で食べるか、“砂糖”で食べるか」と、云うのだった。
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 21:06 | - | - |
イタリアワインの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(海苔とかつおのふりかけ)、ピーマンの肉詰め(3個)、小松菜と豚ばら肉のオイスター・ソース炒め


これでピーマンの肉詰めがなくなった。小松菜と豚ばら肉のオイスター・ソース炒めは、まだ1食分残っているが、これは土・日で片付ける。
まずまず順調な消費である。
さて、来週はどんな献立になるか、まだ決めかねている。と、云っても、晩食の生野菜サラダは、夏場の定番であるから、これは確実である。
問題は主菜、それも、弁当のおかずである。いっそ、スーパーの惣菜ですまそうか。それも一興であろう。なんにしても、来週のこのコーナー、“ろ〜りぃの食卓”を、みなさん、お愉しみに(^_^)/
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:47 | - | - |
イタリアワインの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、トマト・ジュース、バナナ2本、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…青じそドレッシング)

今日は“イタリアワインの日”だそうである。今日が、イタリアが王政を廃して共和制に移行したことを記念する日であることから、イタリアワインをPRしようと、この日をイタリアワインの日として定めたのである……らしい。
いまでこそ、ドクター・ストップがかかって、アルコール類は控えざるを得なくなっているが、往時は結構、いただいたものである。
バーボンがお気に入りだったが、その他にも、ビールは勿論、スコッチ、アイリッシュ、テキーラ、ラム、ジン、ウォッカ、そして各種のカクテル、と、ほとんどのアルコールは口にしたが、最後まで馴染めなかったのが、日本酒とワインである。
現在でも、ワインは、好んで飲もうとは思わない。ワイン好きの方には申し訳ないが、あんなもののどこが旨いのか、理解に苦しむ。
もっとも、酒などと云うものは、しょせん嗜好品に過ぎないのであって、各自個々人が、その好みに応じて嗜めばよいのである。
なにも勿体ぶって、“ワインなら……”などと、にわか仕込みのウンチクをひけらかすには及ばない。にわか仕込みでなければ、なおさらそんなことを云々するは、ヤボの極み、と、云うヤツだろう。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
アルコールとはもちろん、ワインのイメージさせる優雅さなどとも無縁の、いたって平凡な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:29 | - | - |
マリリン・モンローの誕生日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、わかめ、油揚げ、ニラ、もやし、貝割)、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…イタリアン・ドレッシング)、小松菜と豚ばら肉のオイスター・ソース炒め、冷奴、納豆、味付海苔


今晩は、冷奴に、馬路村のポン酢醤油をかけた。割とサッパリして、けっこう合う。
小松菜と豚ばら肉のオイスター・ソース炒めも、明日でなくなるら予定である。
さて、来週の献立はどうなるだろうか。
それにしても、凄まじい雷雨である。叩きつけるような雨に、怒りのような雷である。いよいよ梅雨本番か、と、思われるが、どうしてどうして、これは梅雨ではなく、夏の夕立である。世界情勢も天候も、激動しているようである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:27 | - | - |
マリリン・モンローの誕生日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ねぎ味噌風味ふりかけ)、ピーマンの肉詰め(3個)、小松菜と豚ばら肉のオイスター・ソース炒め


ピーマンの肉詰めが、今日は3個である。明日も3個で、ちょうどなくなる。
今週の昼は、この献立に終始した。スペースができた割には、それでも、小松菜と豚ばら肉のオイスター・ソース炒めは、すべては入りきれなかった。残りは晩飯のお菜にまわす予定である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:22 | - | - |
マリリン・モンローの誕生日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース+トマト・ジュース、バナナ2本、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト…青じそドレッシング)


今日は、全世界のカリスマ・アイドル、マリリン・モンローの誕生日である。
彼女の人気は、死してなお高い。マリリン・モンローと云えば、肉感的なセクシー女優、と、云う印象が強いが、どうしてなかなか、演技派の一面も持っているように思う。なにしろ、あのアクターズ・スタジオの出身なのである。
セクシー女優のレッテルは、彼女にとっても、ファンにとっても、或る意味、失礼な表現であろう。
もっとも、映ちゃんはじめ、わたいらの仲間内では、マリリン・モンローよりも、オードリー・ヘップヴァーンの方の人気が高い。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
色気もセクシーさもない、いたって殺風景な、朝の食卓である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:11 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS