ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
黒澤&三船+……
クロサワと云えばミフネ、ミフネと云えばクロサワ……。
と、云うくらいであるから、三船さんのデビュウ作が、黒澤監督による『酔いどれ天使』である、と、誤解されているのも、やむを得ないかも知れない。
しかし、三船敏郎さんのデビュウ作は、黒澤監督の先輩にして親友である、谷口千吉監督の『銀嶺の果て』である。
その間のエピソードが面白い。
谷口監督はその頃、『銀嶺の果て』に出演させる三人組の銀行強盗役のひとりのキャスティングに行き詰っていた。
その役は、若く、猛々しく、いかにもふてぶてしい男でなければいけなかった。
線の細い“二枚目”ばかりの俳優たちのなかに、谷口監督の思い描くような男はいなかった。
或る日小田急線の車内で、谷口監督は、思い描くイメージにぴったりの男を見かけた。
「あれだよ、ああ云う男が欲しいんだ」
傍らにいたプロデューサーにそう云うと、
「ああ、あの男なら、うちの新人だよ。でもありゃダメだよ。面接試験のときに、『数人くらいなら、喧嘩しても、コテンパンにしてやります』
なんて、云ってたヤツだからな。
ありゃダメだよ。途中でいなくなっちゃうよ」
それが、三船さんだったのである。
「男のくせにツラで飯を食うのは嫌なんです。ぼくは撮影部の空きを待っているだけなんです」
と云う三船さんを、谷口監督は必死に口説き落とした。
「どうだい、会社がいくら出すか分らないが、この映画に出てくれたら、出演料とは別に、背広を一着、プレゼントしようじゃないか」
戦後直後の時代である。当時三船さんは、除隊時にもらった毛布をご自分で手縫いされておつくりになられた服を着ておられた。
背広一着に心を動かされたわけではないだろうが、三船さんは『銀嶺の果て』へのご出演をご承知なされた。
その三船さんが、どうして黒澤さんの映画にご出演なされることになったのか、そのへんの経緯について、谷口監督はおっしゃっておられる――、
「黒澤なんてヒドイんですよ。ぼくが『銀嶺の果て』で彼を使うと決めたときに、
『千ちゃん、バカだなぁ、大事な初監督の作品に、あんな得体の知れないヤツを使うなんて』
って、云ってたくせに、撮影が進むにつれて、三船ちゃんに惚れこんでしまって、
『なぁ千ちゃん、あれ(三船さん)、いいなぁ。こんどあれ、貸してよ』
なんて云って、持ってっちゃって、いまだに返してくれないんだから」
と、笑っておられた。
もし黒澤監督が、旧友であり、恩人でもある谷口氏に遠慮していたら、“世界のミフネ”は存在しなかったかもしれない。
いや、“世界のミフネ”は存在していても、“世界のクロサワ”は存在せず、その代わり、“世界のタニグチ”が、存在していたかも知れない。
そんなことを微塵も感じさせず、黒澤さんと三船さんのご活躍を、嬉しそうに目を細めて語られる谷口千吉氏の映画は、残念ながら拝見したことはないが、きっと、素晴らしい作品に違いない、と、このエピソードを知れば、みな思うに違いない。
| 映ちゃん | 人物往来 | 09:38 | - | - |
レーガン元大統領が昔……
レーガン元大統領が昔、共和党の大統領候補選挙(いわゆる予備選)に敗退したとき、副大統領候補にならないか、と、勧められたことがあった。
「ノー」
そのときレーガンは云った。
「“2”はゴメンだ」

レーガンは好きではないが、このときの言葉は好きだし、立派だと思う。
人間だれしも、譲れないものはある。たとえそれが傍から見ていると、いや、自分自身にさえ、バカバカしく、しょうもないもののように思われることであったとしても……。
| Mac | 人物往来 | 22:00 | - | - |
三木武夫が好きだと云うと……
三木武夫が好きだと云うと、
「あぁ、“クリーン三木”ね」
と、鼻で嗤われることがある。
“口先だけの評論家”、“言うことは言うが実行できない”、“キレイごとばっかりで、現実を知らない”……そう云った意味を込めての冷笑嘲笑である。
田中角栄氏に世話になった代議士が、
「田中角栄と云うと、“金権政治家”と云った単純な図式でしか考えることのできない人が多いが、そんな人たちはとても不幸な人だと思っている」
と、云ったことがある。
三木氏にしても、同じである。
三木氏を“クリーン”と云うことだけでしか評価できない人々は、好意をもってのそれにしろ、悪意をもってのそれにしろ、三木氏の本質を見切れていない、と、思うのである。
それでは、その三木氏の“本質”とはなにか、と、問われれば、それはかつて、“バルカン政治家”と称された、そのマヌーバリングの才である。
大自民党のなかでつねに小派閥を率い、それでいながら、各内閣で党の要職、内閣の枢要閣僚の座を占め続けてきた。
戦後直後の片山内閣、芦田内閣は、社会党、民主党、国民協同党の三党連立内閣であったが、社会党党首片山哲も、民主党総裁芦田均も、六十歳近く、それに比して国民協同党委員長三木武夫は、四十歳そこそこだった。親子ほども年齢の違う二人と共同し、戦後の困難な政局を切り回した。
吉田茂自由党内閣時代こそ不遇をかこったものの、次の鳩山一郎内閣においては、運輸相として入閣、短命に終わった石橋湛山内閣では党幹事長、岸信介内閣では党幹事長から経済企画庁長官、池田勇人内閣では科学技術庁長官、党政務調査会会長、党幹事長、佐藤栄作内閣では外務大臣、田中角栄内閣では副総理・環境庁長官と、小派閥、傍流と云われながらも、かならず、党や内閣の要職に喰い込んでいる。
そこに、三木氏の、言い知れぬ政治上の手腕が看て取れる。
“異能の政治家”と呼ばれた田中角栄氏ですら、
「三木をやり手の年増芸者とすれば、福田も大平も女学生みたいなもんだ。三木がプロなら、福田はアマだ。いま俺と自民党のなかで互角に勝負できるのは、三木だけだろう」
と、三木氏には、一目も二目も置いていた。
三木氏はその権謀術数、マヌーバリングの才を如実に発揮して、田中角栄氏の後の自民党総裁・内閣総理大臣の座を射止めた。
その芸術的とも云える政治的辣腕の妙は、角川文庫、毎日新聞政治部の『政変』に詳しい。
「数が力」の政界にあって、小派閥を率い、類稀なる権謀術数、マヌーバリングの才を発揮して、政界最高峰の与党総裁、内閣総理大臣の座を射止めたその才腕こそ、三木氏の真骨頂が現わされているように思われ、それゆえにこそ、「知恵の勝利」を信じてやまない吾人としては、これを称賛するのである。

政変 (角川文庫 (6596))
政変 (角川文庫 (6596))
毎日新聞政治部
| Mac | 人物往来 | 09:59 | - | - |
山村新治郎と云う政治家を……
山村新治郎と云う政治家を知っていますか?
1970年(昭和45年)3月31日、日本航空351便、通称“よど号”が、9人の赤軍派によってハイジャックされました。
日本で初めての航空機ハイジャック事件です。
そのとき“よど号”には、コックピットクルー3名、CA4名、乗客122名の、計129名が搭乗していました。
犯人たちは北朝鮮への亡命を希望していて、板付空港(現在の福岡空港)で人質の一部(女性・子供・病人・高齢者を含む23人)を解放しましたが、この機体は国内便であると云う機長の説得にも耳を貸さず、平壌への飛行を命じました。
日韓両政府の画策によって、機体は韓国の金浦国際空港に着陸し、ここを北朝鮮の平壌国際空港に擬して犯人たちを捕縛しようとしますが、犯人たちはこの偽装工作を見破り、膠着状態におちいりました。
日韓両政府が大いに対策を講じるなか、当時運輸政務次官の地位にいた山村新治郎氏は、
「政務次官と云うものは、盲腸みたいなものだ。あってもなくてもかまわない。下手にあれば、迷惑をかけることさえある」と云い放ち、「こんなときに役に立てないで、なんの政治家か」
と、云って、犯人たちと交渉。みずから志願して人質となることで、他の人質を解放させました。
この快挙は、
「男、ヤマシン」
「身代わり新治郎」
として、世の称賛を浴びたものです。
その山村新治郎氏は、1992年(平成4年)4月12日、精神疾患を患っていた次女(一説によると、精神疾患を患っていた身寄りのない娘を、養女として面倒見ていたのだと云います)に、出刃包丁で刺し殺されました。
その訃報に接したかつての“よど号ハイジャック事件”の首謀者田宮高麿は、
「『日本の政治家のなかにも、こんな人がいたのか』と、思われるような、すばらしい人でした。
突然の訃報に接し、悲しみを堪えきれません。
ご冥福をお祈りいたします」
との言葉をささげました。
 敵(?)からも一目置かれる人でした。
「政治家なんて、ろくなヤツはいない」
と、云うあなた。
山村新治郎と云う政治家を、知っていますか?
| Mac | 人物往来 | 09:54 | - | - |
君は容貌の美醜を以て……
久坂玄瑞と云う男がいた。
高杉晋作と共に、「(松下)村塾の双璧」、或いは「松門四天王」(久坂、高杉、吉田稔麿、入江九一)と称された男である。
妻は文。吉田松陰の妹である。
文との縁談には、玄瑞の才能を高く評価していた松陰の強い勧めがあった。
ところが玄瑞にとっては、気の進まぬ相手、もっと云えば、迷惑な話であった。
と、云うのも、文が美人でなかった、ハッキリ云えば、ブサイクであったからである。
文との縁談を持ちかけたのは、松下村塾の先輩である。(司馬遼太郎氏の『世に棲む日々』では、玄瑞のほうがこの縁談について相談したことになっている。)
この先輩は、玄瑞が躊躇している理由を知ると、
「恥ずかしいとは思わぬのか」と、一喝した。
そして、
「君は容貌の美醜を以て、妻(の価値)を決めるのか」
と、続けた。
玄瑞は恥じ入り、文との縁談を承諾した。
一喝した先輩も立派ならば、おのれを恥じた玄瑞もまた、立派である。
| Woody(うっでぃ) | 人物往来 | 21:47 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS