ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
弔 中曽根康弘氏
中曽根康弘氏が亡くなられた。享年101歳だった。
かつて「平成の妖怪」と呼ばれたとおりの長寿ぶりだった。
氏は衆議院議員在職中、この「平成の妖怪」をはじめとして、「タカ派」、「風見鶏」などと揶揄され、攻撃されていたものだった。
今回の逝去に際してマスゴミ各社は、「死んだら褒める」の“美風”にしたがって、氏の功績なるものを取り上げて、さかんに褒め称えている。かつての社説論説はどこへやら、まったく見事な風見ぶりである。御本尊の中曽根氏も、草葉の陰で、さぞや苦笑なさっておられることだろう。

その点われわれは志操堅固なもので、遊冶郎などは、
「まさか、また“死んだふり”じゃあるまいな」
などと、不遜の言辞を弄していた。

氏が内閣総理大臣の重責に任じておられた頃、われわれはちょうど思春期・青春期の真只中であった。
「タカ派」、「風見鶏」、「田中曽根内閣」、等々と評判芳ばしからぬなか、われわれはわれわれで、「すだれ総理」あるいは「バーコード総理」の異名を奉っていた。
また、
「総理、あなたには人望のなかそうね」
などと、お国訛りで揶揄っては悦んでいたものである。
もっとも、いずれも、ご本人の耳には届いていなかっただろうが。

さて、そんなわけで、ここでは氏にまつわる逸話をご紹介して、われわれなりの哀悼の表現としよう。以前にこのBlogでご紹介したものだが、そこはご寛恕願いたい。

■「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」とは、立居振舞いのそれをも含めた美人を形容する、古くからの言葉である。
吉田茂が総理大臣だった頃、野党民主党の代議士としてその政策に痛烈な批判の矢を放っていたのが、中曽根康弘である(当時は、“緋縅の若武者を思わせる”と評されたものである)。
 あるときの国会で、彼は吉田茂の対米追従外交を批判して云った。
「吉田首相の対米追従外交は、日本の若者たちに良からぬ影響を及ぼしている。現在の日本の若者たちを見れば、『立てばパチンコ、座れば麻雀、歩く姿はヘイ、マンボ!』ではないか」
 註:当時、パチンコは立ってやっていた。

■その中曾根氏が、晴れて首相の印綬を帯びた。
 「晴れて」と云ったのにはわけがある。彼は佐藤栄作氏が首相を辞めたときに後継候補のひとりと目されたのをはじめとして、その後の首相交替のときには、必ずその後継候補として名前があがった。
 しかしそのつど、「まだ早い」、「先を急ぐな」、「時機を待て」、「ここは○○にやらせろ」と、長老実力者たちに抑えられてきたのである。
 その中曾根氏が、長い念願かなって総理になったとき、彼はその胸中をこう語った。
「♪いつも、わたしが、待ぁたぁされたぁ〜」
| Woody(うっでぃ) | 気まぐれなブログ | 21:46 | - | - |
いい肉の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、豚肉の生姜焼き、小松菜のからし和え、高野豆腐と和野菜の煮物


高野豆腐と和野菜の煮物は、献立としてはお気に入りなので、折を見て料理っていきたい、とは思っている。にしては、前回料理ってから今回まで、だいぶ間が空いている。我ながら気まぐれなものである。
そもそもまたこの献立を料理ろうと思ったのは、海藻類の摂取量が少ない、と、思ったからである。
昔は晩食卓に、必ずもずくをつけていたのだが、どうも酢が皮膚によろしくなさそうだ、と、思って、キッパリ辞めてしまった。後は味付海苔か、かぼちゃの煮物の昆布くらいである。即席みそ汁に入れる乾燥わかめは、栄養面からすればあまり期待はできない。そもそも海藻類を中心にした献立の知識がほとんどないのである。
海藻類は豊富なビタミン類やミネラルを含み、海水中で摂取できない稀少元素などをも含有している可能性がある。なお、稀少元素、と、云っても、身体に有害な金属類の謂いではないので、念のため。
ともあれ、牾ち類は海のなかの緑黄色野菜瓠↓犁肉は海のなかの牛肉瓩函⊃じ切っているわたいであるから、なんとかもっと、海藻類を摂取したい、と、思って、今回久しぶりに、高野豆腐と和野菜の煮物を料理り、ひじきを入れてみたのである。ひじきと大豆の煮物も考えてみたのだが、それだけではどうも摂取量が少ないような気がする。なんとかもっと海藻類を摂取できる効率のよい手だてはないものか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:35 | - | - |
いい肉の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は爐いての日瓩任△襦
Wikipediaによると、犁楮蠍の「より良き宮崎牛作り対策協議会」が制定瓩靴燭里世修Δ任△襦なぜ今日か、と、云うと、それはもちろん、燹屬(1)い(1)に(2)く(9)」の語呂合せ瓩世らである。
わたいも肉料理は大好物である。すき焼き、トンカツ、ポークカツレツ、サーロイン・ステーキにフィレ・ステーキ、鶏皮塩焼き、チキン南蛮、鶏の唐揚げ、コロッケ、ハンバーグ、等々。
幼少時は肉が嫌いで、肉が入っている、と、云うだけで、焼飯が食べられず、肉と同じ汁の中に入っている、と、云うだけで、肉じゃがの肉以外のものも食べられなかった。それをムリヤリ詰め込むようにして口に入れ(入れさせられ)、飲み下すようにして食べていたのだから、食事の時間は拷問以外の何物でもなかった。現在と違って、親はもとより、学校の先生も世間の風潮も、汁粉に浸した大福餅のように甘くはなかったのである。
そのわたいがいまや、傍で見ているだけで腹一杯になる、と、云われるほど食べるようになったのだから、我ながら分らないものである。
鶏の唐揚げと鶏肝の生姜煮を合わせて約1Kg食べたこともあるし、某ファミレスで400gのサーロイン・ステーキとサイド・メニューの鶏の唐揚げ、そのあとでかつとじ丼を平らげたこともある。テニスの直後だったとは云え、なるほど、すごい食欲である。とてもその偏食の激しさで親を手こずらせた男とは思えない。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
牛肉とも豚肉とも鶏肉とも魚肉とも、まったく一切どこから見ても縁のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:32 | - | - |
太平洋記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、豚肉の生姜焼き、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


ふつうは冷奴と云えば、絹こし豆腐であろう。わたいもこのあいだまでは、絹こし豆腐を食していた。木綿豆腐に浮気したのは、木綿豆腐のほうが栄養分が多そうだからである。
木綿豆腐は水分が少なく、栄養分が凝縮されており、たんぱく質、カルシウム、鉄分がとりわけ多い(絹こし豆腐に較べて)。
絹こし豆腐は水分が多く、ビタミンB群やカリウム、ナトリウムを多く含んでいる。
これらの情報からして、絹こし豆腐よりも、木綿豆腐を選択したのである。
絹こし豆腐に多く含まれている栄養分は、他の野菜類でも補充できている自信があるが、木綿豆腐に多く含まれている栄養分の摂取については、いささか心細いものがある。
そんなわけで、絹こし豆腐から木綿豆腐に乗り換えたのである。
進歩主義の信奉者には悪いが、即席みそ汁については、栄養面から見た本来の効果は認めていない。そのことについては、冷凍食品やその他の惣菜についても同じである。
これは証拠証明の問題ではなく、信念の問題である。いかに証明されても地球が動いているはずがない、と、信じ込んでいる者はいるだろうし、日本は高天原に天降り給いし邇邇藝命の御子孫たる万世一系の天皇陛下が治めさるる神の国である、と、思い込んでいる者もいる。いくら証拠や証明を提示しても、固く思い込んでいる人間の思い込みを駆逐することはできない。そう云う輩は、提示された証拠や証明自体を、証拠とも証明ともみなさないのである。
馬を水辺に連れていくことはできても、馬がその気にならない限り、水を飲ませることはできない。
わたいの冷凍食品やインスタント食品、大手チェーンの惣菜店や弁当屋で提供されている商品などに対する思いも同様である。冷凍食品やインスタント商品の品質の向上や、含有栄養分の豊富さ、健康面から見た安全性などを強調する、専門家、と、称する人々は、どこかでかならず、食品会社や食品加工会社とつながっている、と、根も葉もない偏見を抱いているのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |
太平洋記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、豚肉の生姜焼き、小松菜のわさび和え、高野豆腐と和野菜の煮物


豚肉の生姜焼きは、それ用のものも売ってあるが、わたいはたいがい小間切れか切り落としを使う。理由は簡単で、その方が廉価だからである。味の違いなど、わたいに判かろうはずがない。第一、生姜醤油の漬けダレで味つけするのである。素材の味もへったくれもあるわけがない。
生姜醤油の漬けダレは、生姜(チューヴ)、にんにく(チューヴ)、酒、薄口醤油でつくる。これに豚肉と玉葱を漬け込むのである。あまり長く漬け込む必要はない、長く漬け込むと肉が固くなる、と、のたもう向きもあるようだが、わたいは短くとも、1日以上は漬け込む。火加減に注意すれば、さほど固くならない。
フライパンには油を引かず、最初強火でざっと炙るように焼き、それから中火で火を透し、弱火で煮る(漬けダレを煮汁に見立てて)心持ちで焼くのである。こうするとさほど肉は固くならない……ハズである。
高野豆腐と和野菜の煮物が、けっこう腹持ちが良くて意外である。高野豆腐以外の食材をサラダ油で炒め、しかるのち、酒、切干大根のもどし汁、味醂、薄口醤油で味つけしたのだが、最初にサラダ油で炒めたのが、腹持ちのいい原因かもしれない。以前、この過程を省略して料理ったときは、こんなには腹持ちよくなかったように思う。気のせいかも知れないが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:13 | - | - |
太平洋記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん


今日は狢席人竜念日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1520年11月28日に、ポルトガルの航海者フェルディナンド・マゼランが、後にマゼラン海峡と命名される南米大陸南端の海峡を通過して太平洋に出たことに由来瓩垢襪里世修Δ如↓爛泪璽薀鵑蓮△修了「El Mare Pacificum(平穏な海)」と表現している瓩里世修Δ澄なお猗爐料イ禄蕕瓩得こΔ魄貅して帰国し、地球が丸いことを証明した瓩函⊂学生の頃、なにかの本で読んだ知識も披露してくれている。
それから421年後、太平洋は残念ながら、El Mare Pacificum(平穏な海)瓩箸呂いなくなった。もちろんそれ以前からキナ臭い火種はくすぶっていたのだが、それが究極に爆発したのが、1941年(昭和16年)12月8日である。
中国大陸──なんなら、アジア大陸、とでも呼ぼうか──においてはそれ以前から、紛争、事変、戦闘、等々、呼称はどうあれ、事実上の戦争状態が続いていた。
願わくばこのようなものはすべて20世紀に置き捨てて、21世紀は太平洋のみならず、あらゆる海洋、あらゆる大陸、あらゆる半島、あらゆる島嶼……地球上のあらゆる場所が、猜寝困吻畩貊蠅箸覆辰討發蕕い燭い發里任△襦
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
太平洋とも大西洋とも、戦闘とも戦争とも、一切まったく金輪際無関係の、いたって穏和で平和で人道に満ちた、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |
ノーベル賞制定記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、豚肉の生姜焼き、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


困ったときは〔豚肉の〕生姜焼き、と、云うのが、自炊し始めた頃からの格言(?)である。もっともその頃は豚肉の生姜焼きくらいしか料理れなかったから、自炊しようと思えば、いつも困っていたことになる。要は、なにか料理ってみよう、と云う意欲が湧かなくて、外食も弁当を買って来るのも邪魔くさいときには、これになる、と、云うのが、豚肉の生姜焼きなのである。
なんだかずいぶん失礼な云いようだが、早くに料理法をおぼえた、と、云うことは、それだけ好物だった、と、云うことである。
また、豚肉の生姜焼きは、豚肉に豊富に含まれているビタミンB1の消化吸収効率を、玉葱のアリシンが促進して、疲労回復滋養強壮に大なる効果をもたらす。また、生姜は血行を促進し、身体を温める効果がある。風邪のとき、特に風邪の引きはじめ頃に生姜湯を喫するとよい、と、云うのは、このためである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |
ノーベル賞制定記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、鶏ささみの味噌漬焼き、小松菜のからし和え、高野豆腐と和野菜の煮物


高野豆腐と和野菜の煮物は、既成のレシピを基に、あれもこれもと材料を入れ込んだものである。もともとは切干大根と薄揚げの煮浸しを料理るつもりだった。それがどうせなら、と、他の食材も入れ込んだ結果が、これなのである。まあ醤油を入れ過ぎて濃い目の味になってしまったのだ難点だが、他にこれと云って不都合なこともなし、これはこれでよかろう。
ただ、料理名は、そんな事情で、正式なものではない。わたいの命名である。後日おなじものを料理っても、そのときには別の名を冠するかもしれない。いい加減なものである。わたいたちの仲間内では、これを犁い泙阿讚瓩半里垢襦
鶏ささみの味噌漬焼きは、先週分の残りである。味噌床に漬けているので、今日明日くらいまでは保つだろう、と、鶏肝の生姜煮から先に消費したのである。
とは云っても、味噌床には砂糖も入れてあるから、そうそう長持ちするとも思えない。今日でなくなったのは、ある意味ちょうどよかったかも知れない。
今回は酒の量が若干多かったかも知れない。微妙に粕漬けっぽい味が混じっている。なんにしても焼いた味噌の香ばしさが食欲をそそる。冷めてもその効果は──少なくともわたいには──持続する。お気に入りの一品である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:10 | - | - |
ノーベル賞制定記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん


今日は爛痢璽戰訃淦定記念日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1895年11月27日にスウェーデンの化学者アルフレッド・ノーベルが、自分がダイナマイトで得た財産を人類の平和に寄付するという遺言状を書いたことに由来瓩垢襪發里覆里世修Δ任△襦
ノーベル賞が世界で最も有名な、そして権威ある賞であることは、衆目の一致するところだが、近年特に文学賞や平和賞の授賞を巡って、異論百出、その選考に疑義を呈する向きが少なくない。
それは、自然科学分野と違って、その業績の確定に特有の困難がある人文科学分野のやむを得なさである。
にしても、この二賞の受賞者が、露骨に反体制傾向を示す、もっと判然と云えば、西欧米の価値観に基づいて選考されているであろうことも、顰蹙さるべき傾向ではある。
これを前向きに捉えれば、従来の西欧米中心の価値観が崩壊の兆しを見せ、牴礎祐僂寮こΦ模での多様化瓩現象し始めた象徴、と、見做すこともできよう。
その意味では、ノーベル賞受賞者がだれかによって、世界の趨勢が先遣される、とも、云えないことはない。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ノーベル賞とも、世界規模での価値観の多様化とも、まったく一切どの点からしても無関係の、いたって凡俗な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |
いい風呂の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鶏ささみの味噌漬焼き、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


鶏ささみの味噌漬焼きは、先週に漬け込んだものである。味噌床は薩摩みそと砂糖を味醂と酒で溶いたものである。漬け焼きものなので日持ちするだろうと思い、鶏肝の生姜煮を先に消費することにしたのである。
肝は調理後早目に食べたほうが良い。たとえ火を透してあるにしても、で、ある。
しかしいつも思うのだが、鶏ささみと鶏むね肉は、どうちがうのだろう。もちろん部位がちがうことくらいは知っているのだが、食感や味などには大した差がないんじゃなかろうか、とも思う。一度鶏むね肉でこの味噌漬け焼きを料理ってみよう。
昼の弁当のお菜にした高野豆腐と和野菜の煮物が、思ったより野菜中心ではなかった。切干大根と洋人参だけだったので、結局野菜の摂取種類は4種類にとどまる。海藻類(ひじき)ときのこ類(椎茸)、それに良質のたんぱく質(高野豆腐、薄揚げがふえた。それはそれで、よろこばしいことではある。
野菜が少ないとは云っても、ほとんどが緑黄色野菜である。それで良しとしよう。
鶏肝も鶏ささみも、高タンパク低カロリーのすぐれものである。その他の栄養素にも優れており、大いに調法な食材であるはずなのだが、あまり用いたことがない。これから大いに学ぶべきであろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
いい風呂の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え、高野豆腐と和野菜の煮物


高野豆腐と和野菜の煮物、とは記したが、和野菜だかどうか、判然としない。少なくとも、人参は洋人参である。春に高野豆腐と山菜mixの煮物を料理ったことを思い出して、料理ってみたのである。
野菜はもちろん、海藻類やきのこ類を手軽に多量に摂取できないか考えた結果、料理ることにしたのである。
材料は、高野豆腐、切干大根、ひじき、洋人参、椎茸、ちくわ、薄揚げ、で、ある。結局、所期の目的はあまり達成できなかった。それでも健康上効果大なる食材ばかりであることは、認めてくれるだろう。ただしちくわは味付け、ご愛嬌である。ちくわは嫌いではないし、水産加工物なので、栄養もそれなりにあるのだろうが、どうもわたいには西洋風人口加工製食物は、あまり健康によろしくない、と、云う、固定観念があるのである。
もちろん、豆腐や薄揚げ、高野豆腐なども人口加工製食品にはちがいなかろうが、これらはみな、和の伝統に基づく人口加工製食品である。このような食品は別である。豆腐や納豆などはその優秀さが広く知られている。高野豆腐もそのひとつである。
そんなわけで、どうも冷凍食品や缶詰などは、いまひとつ進んで利用する気になれない。それでも魚の缶詰は、よく使うようになった。そのうち冷凍食品も便利に利用するようになるだろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:17 | - | - |
いい風呂の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん


今日は爐いど呂の日瓩世修Δ任△襦
Wikipediaによると、狷本浴用剤工業会が制定瓩靴燭發里如↓燹屬ぁ1)い(1)ふ(2)ろ(6)」の語呂合せ瓩髪召Δ里蓮△覆襪曚鼻△函△Δ覆困韻襦
これからの季節は、寝床とともに、風呂が恋しい季節である。
一仕事終えてゆったりと湯につかったり、サウナで汗を流してスッキリしたりと、風呂にはリラックス効果、気持ちを切り替える効果、そしてもちろん、体内の老廃物を排出する、健康上の効果もある。
日本が火山国で、温泉の豊かな国であることは世界中に知られており、各地の温泉地では、「インバウンド」だの、「外国人観光客誘致」だのと、躍起になっているようである。もっとも昨今ではその弊害も現れており、その過熱ぶりもやや収まってきているようではあるが。
温泉に限らず、水資源の豊富な我が国では、たっぷりと水を使った贅沢な風呂の使い方が外国人に驚嘆され、かつ羨ましがられているようである。
わざわざ人混み烈しい温泉地になど行かなくても、近所のスーパー銭湯や昔ながらの下町の銭湯などで十分楽しめる。
わたいも幼少時から風呂好きで、最低でも1時間は入っていたものだが、アトピー性皮膚炎を発症して以来、長湯発汗がいけない、ましてさまざまな成分が混じっている温泉などはもっての外、と、厳禁されて、いまではシャワーのみである。当初はその味気無さに情けなく思ったものだが、いまではそれにも慣れてしまった。なんなと慣れるものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
風呂とも温泉とも入浴効果とも、まったく一切どんな関係もない、いたって風情のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |
ハイビジョンの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鶏肝の生姜煮、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


小松菜のからし和えは、先週分の残りである。味がよく滲みていて結構である……と、負け惜しんでおこう。
味が滲み込んでいることに違いはないのだが、さすがにこの頃になると歯応えがなくなって、フニャフニャである。そろそろ惣菜→漬物へと移行しつつあるようだ。
かぼちゃの煮物は定番である。これも先週分の残りである。どうもこの頃、先週分の残りを月曜、場合によっては火曜までかかって消費する傾向になりつつある。これならいっそのこと、2週間分料理っておいてもいい、と、云うことにならないだろうか。現に先週だったか、先々週だったか、その前の週の残り物で1週間を賄った記憶がある。
信じてもらえないことは重々承知しているが、最近どうも食欲がない。なにも食べたいもの、料理りたいものが思い浮かばないのである。
そんなときは豚肉の生姜焼き、と、云うのが、わたいの定番なのだが、このところ、鶏肝の生姜煮がそれに加わってきている。めずらしい取り合わせだろう。まあ、先週は魚が中心だったのだから、今週は豚鶏肉が中心になっても、それはそれでよろしかろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |
ハイビジョンの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え、各種野菜の酢漬け


正味文字通り、鶏肝の生姜煮、で、ある。ニラも長ねぎも入っていない。正確に云えば、買うのを忘れたのである。迷うどころか、念頭にもなかった。まあ、主要なのは鶏肝なので、別段の弊害もなかろう。これが鶏肝の生姜煮を料理るつもりで、ニラや長ねぎを買ってきて、肝心の鶏肝を買うのを忘れた、と、なると、いささか(?)問題であるが……。
しかし最近思うのだが、遠くない将来、そんな事態が発生しそうで怖い。このBlogを続けている限りは大丈夫だろうが、やはり一抹の不安は残る。
俗に云う「認知症」を予防するには、やはり脳が健康でなければならない。脳も肉体の一機関である以上、肉体の健康によろしいものは、脳の健康にもよろしいはずである。すなわち、バランスのとれた栄養摂取と適度な運動である。
近年、脳トレだの数トレだのと云われているようであるが、脳の運動として最適なのは、なによりも読書と行為である、と、云うのが、わたいたちの仲間内での共通理解である。
「運動」ではない。運動は、誤解を恐れずに云えば、脳を働かせる余地がない。ジョギングならひたすら走るだけ、筋トレならひたすら筋肉に負荷をかけるだけ、で、ある。
「行為」は脳を働かせなければならない。掃除、洗濯、料理、等々のいわゆる家事は、脳も身体も動かす。認知症予防には最適である。
と、云うのが、わたいたちの仲間内での一致した見解である。
したがって、ジョギングよりも拭き掃除を、ベンチ・プレスよりもゴミ出し、買出し(もちろん、歩いて)を、そして育児を。それが認知症予防にはなによりも効果がある……ハズである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:51 | - | - |
ハイビジョンの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん


今日は爛魯ぅ咼献腑鵑瞭瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、爛魯ぅ咼献腑鵑料査線の数が1125本であることにちなみ、1987年に郵政省(現総務省)とNHKが制定瓩靴燭里世修Δ任△襦
ちなみに爐海瞭とは別に、9月16日が通商産業省(現経済産業省)の制定した「ハイビジョンの日」となっている瓩修Δ任△襦
縦割行政の弊害である。爛魯ぅ咼献腑鵑瞭瓩らい、と、思われるだろうが、どうせ政治家や官僚どものやりそうなことである。爛魯ぅ咼献腑鵑瞭記念式典瓩箸銘打って、国民や在留外国人の税金で派手な記念式典を催し、関係者(政治家、総務省や経産省の官僚、NHKのお偉方、その家族や芸能人、後援会の人たち)を招いて、大いに飲み食いさせ、支持を強めようと云うのだろう。
ついでに開催費用を誤魔化して、自分の政治資金にするか、私金に流用するかしてもおかしくはない。遊冶郎でなくても、充分考えられることである。
ほんでもって、国民のほとんどが、「なにが悪いの?」と、本気で、思っているのだから、なるほど、醜悪な政治家は愚劣な有権者によって選ばれる、と、云うのは、真実であるようである。まったく、民主政治家にとって、自分は利口だと思っている愚鈍な有権者ほど、ありがたいものはなかろう。ちょうど詐欺師にとって、自分は詐欺に遭わないと信じている人間ほどカモにしやすいように。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
政治家とも官僚とも某放送協会のお偉方とも幇間芸能人とも政治家の後援会とも愚鈍愚劣な国民とも、一切まったく金輪際、かかわりのない、いたって清廉潔白明鏡止水清潔浄福光風霽月な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:50 | - | - |
詐欺にあう人の共通点
詐欺にあう人に共通しているのは、
――自分は詐欺にあわない。
と、信じていることである。
| 遊冶郎 | 悪魔のつぶやき | 21:48 | - | - |
近鉄花園ラグビー場開場の日のひとりめし(昼-弁当)
昼(弁当):麦飯(ピリ辛らっきょう)、鶏ささみの味噌漬焼き、小松菜のからし和え、各種野菜の酢漬け


鶏ささみの味噌漬けも、ずいぶん久しぶりである。以前の仕事場で一緒だった女性から教えてもらって、すっかりお気に入りになった一品である。
味噌の香ばしい香りが食欲をそそる。ささ身は高タンパク低カロリーで人気があるようだが、それだけでなく、各種ビタミン(ビタミンAやB群など)が豊富に含まれている。さらにナイアシンやトリプトファンなども多く、疲労回復効果や、肌・粘膜を保護する作用もあるそうである。
酒を揉み込んで蒸し焼きにするのがおススメの調理法なのだそうである。そう云えば、今年の夏にその記事を見て、いつかやってみよう、と、思っている間に、はや晩秋になってしまった。
ささ身はクセがなく、幅広く応用が効きそうな気がする。気が向いたら他の献立にも挑戦してみよう。もっとも、わたいの犁い向いたら瓩蓮永遠に向かない可能性が多分にあるのだが……。
各種野菜の酢漬けはなかなか好かった。さっぱり系なので、夏場によろしかろう。これだけで5種類の野菜が摂れる。ナカナカのすぐれものである。
そろそろ寒くなってきて、いよいよ晩秋らしくなってきたかな? と、思ったら、また季節外れの暖かさがくる、と、云う。寒暖の波があるのはやむを得ないが、せめてそのブレ幅は押さえてもらいたいものである。身体が順応しなくて困る。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:12 | - | - |
近鉄花園ラグビー場開場の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は近鉄花園ラグビー場(現:東大阪市花園ラグビー場)が開場した日である。
1929年のことだから、今年でちょうど90年である。
Wikipediaによると、狷本初のラグビー専用スタジアム瓩任△蝓↓犢馥睛数のラグビー専用球技場瓩修靴騰狒換餽眦学校ラグビーフットボール大会の会場としても知られ、同大会は「花園」との通称で呼ばれている。また、社会人ラグビーリーグであるジャパンラグビートップリーグに所属する近鉄のラグビーチーム(近鉄ライナーズ)のホームグラウンドとしても使用される瓩里世修Δ任△襪ら、とんとラグビー界における甲子園球場である。
今年はやたらラグビーが盛り上がり、史上初だの、ワンチームだの、笑わない男だの、なにがなんやら訳が分からい喧噪に包まれてしまった。
いつぞやの広島カープのときのように、にわかラグビー・ファンが増え、熱狂の喚声をかまびすしくさせていた。かねてからラグビー・ファンはこの現象をどう見たのだろうか。ラグビーのおもしろさが広く知れ渡ったことをよろこんだろうか。それともにわかファンの増大とその熱狂ぶりに眉を顰めたろうか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ラグビーとも野球とも、にわかファンともオールド・ファンとも、まったく一切からっきし関係のない、万古不変の、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:05 | - | - |
世界テレビ・デー の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔、


先日Websiteの記事を見てたら、糸を引いて白くなるくらい納豆を混ぜても、栄養価が高まるわけではない、と、云うようなことが書いてあった。わたいはそうすることによって、栄養価が高まる、と、思っていたので、いささかがっくりきた。
が、しかしすぐに気を取り直した。フェイク・ニュースならぬ、いわゆる爛優ジ(ネット記事)瓩任△襦どこまでほんとか判ったもんじゃない。後になっていけしゃあしゃあと、牘浜棆舛高まるわけではない瓩箸禄颪い燭、牋嫐がない瓩箸禄颪い討覆ぁ△箸、抜かさないとも限らない。しょせん爛優ジ瓩任△襦
そんなわけで、納豆を食するときは、100回近く混ぜてから口にしている。栄養価はともかく、口当たりはまろやかになり、食べやすく感じることは事実である。
納豆は添付のからしとだしだけを混ぜる。醤油もねぎも加えない。ご飯と混ぜたりもしない。そのまま食べる。
納豆が有するタンパク質分解酵素の一種、ナットウキナーゼは熱に弱く、ためにアツアツのごはんと混ぜて食すると、その効果が激減してしまうのだそうだ。
また納豆は、日本の朝の献立の定番であるが、健康上のことを考慮すれば、晩食に頂くのがよろしいそうである。ナットウキナーゼが就寝中に働き、腸の具合をよくしたり、血栓が生じるのを防ぐ効果があるのだとか。
もちろん、朝食時に頂いてもよろしい。身体の代謝をあげ、冷えやむくみの解消に効果があるらしい。ご存知のように、わたいはもっぱら、晩に食しているので、朝に食した場合の効果については不明だが、長年続けられてきた習慣には、かならずそれ相応の理由があるのだろうくらいのことは判る。朝食時の献立に納豆をのぼせる、と、云うのも、かならずそれ相応の理由があるに違いない。いまはまだその詳細が判明していないにしても、で、ある。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:29 | - | - |
世界テレビ・デー の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鰯の生姜煮、小松菜のからし和え、各種野菜の酢漬け


鰯の生姜煮は、\胡を千切りにする。頭部を包丁で切り落とし、指で内臓を取り出して塩水で洗い、平底のフライパン──わたいの場合はビタクラフトのフライパン──に並べていく。0鵑鯤造戮織侫薀ぅ僖鵑魏个砲け、酒を入れてアルコールを飛ばす。い澆蠅鵑發靴は砂糖を入れ、薄口醤油を回しかける。ダ蘋擇蠅砲靴神胡と梅肉──わたいの場合は、このときに指で潰したもの──を入れる。Τ犬鬚靴特罅措絏个納儺佑瓩襦
以上である。いたって簡素なものである。
ただ問題は、除去した頭部と内臓である。早く棄てないと、いつまでも生臭い臭いが残って困る。そんなときは熱湯をかけて血膏を流すか、新聞紙等にくるんでからビニールの小袋に入れる。それでなんぼかマシになる。
小松菜のからし和えは、先日記したとおりである。この場合、長く湯掻かないことが大切である。湯掻く、と、云うよりも、湯に潜らせる、くらいの心持ちである。
ものの本やWebsiteなどによると、1分などと書いてあるものもあるが、わたいは下手すると、30秒も湯に浸していないかもしれない。これは先日も記したとおり、ビタミンCとシャキシャキ感の喪失を懼れるためである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:27 | - | - |
世界テレビ・デー の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は狎こΕ謄譽咫Ε如 瓩覆里世修Δ澄
Wikipediaによると、1996年のこの日に国連で「第1回世界テレビ・フォーラム」が開催されたことを記念瓩靴董↓1996年12月の国連総会で制定された国際デー瓩覆里世修Δ任△襦その主旨は、猜刃臓Π汰粥Ψ从僉社会開発・文化交流の拡充などに関するテレビ番組の交流を促進する日である瓩髪召Δ海箸蕕靴ぁ
この制定の際にして、犂権した国の1つであるドイツは次のように言っている。
「世界報道自由デー、世界電気通信の日(英語版)、世界開発情報の日と3つも主旨のよく似た国連で制定した記念日が既にある。さらに別の日を追加するのはあまり意味がない。テレビは情報の手段の1つにすぎず、世界の人口の大多数がアクセスできない情報メディアである。多数派は世界テレビ・デーを金持ちの人の日と容易に見なしうる。彼らはテレビにアクセスできない。もっと重要な情報メディアがあり、特にラジオに言及したい。我々はラジオがテレビよりも情報メディアの役割を強化するために重要であると考える。 」瓠Wikipedia/「世界テレビ・デー」より)
1996年になって、テレビのラジオのと云っているところが笑える。
すでにインターネットが情報通信手段の主流になっていた頃ではないだろうか。なんだか時代錯誤の香り、古き良き時代の香りがして、微笑ましくなってくる。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
テレビともラジオとも無関係の、情報隔離された、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:25 | - | - |
日本憲政史上最長政権記録達成の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


秋刀魚の塩焼きがなくなった。1尾=100円(税抜)だったから、1食で1匹丸々食べても、3食で300円(税抜)である。これで贅沢な気分になれるのだから、しあわせと云うか、いじましいと云うか、貧乏性と云うか……ある意味では得な性格である。
そんなわけで、鰯の生姜煮である。こちらも1パック=300円(税抜)で、3食分料理れた。栄養価と云い、対費用効果の良さと云い、美味さと云い(?)、ともに兄たり難く弟たり難し、で、ある。
このところ体格の大きいのばかりにあたる。鰯にもいろいろな種類があるそうだが、パックにはいつも「真いわし」と、表示されてある。おなじ真いわしにも、大小さまざまなのがあるようだ。
かぼちゃの煮物はだし昆布とだしじゃこで出汁をとる。そのだしじゃこはカタクチイワシだそうである。以前愛用していたあじにぼしを見かけなくなって久しい。Websiteで検索してみると、かなり高価である。近所のスーパーで買っていた頃にはさほどにも思わなかったのだが、人気がある、と、なにかのニューズで見たので、それで価格が高騰したのだろうか。
だし昆布もだしじゃこも全部食べることは、何度も記してきたところである。 だし殻とは云え、いくばくかの栄養素が残っていないものでもあるまい。水産物系の食材は、貴重にして稀少なる栄養素の宝庫なのである。だし殻とは云え、そのまま棄てるなどとは、もったいないことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:07 | - | - |
日本憲政史上最長政権記録達成の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、秋刀魚の塩焼き(1尾)、小松菜のからし和え、各種野菜の漬物


各種野菜の漬物は、もちろん、単独の献立名ではない。先日も記したとおり、南蛮漬けの素、大根の簡単漬け、茹でキャベツ、の、3種からなるのである。それが当たっていようがいまいが、ピクルスなどとは、けっして呼ばない。あくまでも、酢漬け、なのである。ピクルス、などと云うと、合成麻薬の一種と勘違いされかねない。それにひきかえ、酢漬け、と、云うと、聞くだけで健康そうな印象を与える。
酢は殺菌作用があるだけでなく、それ自身、素晴らしい栄養成分を含んでいる。食欲を増進させ、消化吸収を助ける働きがあることはもちろんだが、胃腸を整えて便通をよくし、老廃物や余分なコレステロールの排出を促進し、高血圧を下げる効果もあるそうである。残念ながら、わたいは皮膚への影響であまり多く摂取することはできないのだが、それでも酢がすぐれた調味料であることに変わりはない。
野菜類に限らず、 肉類でも、酢で〆たり、酢漬けにしたり、酢味噌などで食する場合がある。しめさばや各種の酢味噌和え、ミミガーなどはその代表例であろう。最近ではさまざまな種類の酢が製造、販売され、料理の種類によって使い分けもされているようである。
食材のみならず、調味料にも、日本には優れたものがあるのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:06 | - | - |
日本憲政史上最長政権記録達成の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


2019年(令和元年)11月20日、安倍晋三内閣の通算政権担当日数が、明治・大正期の桂太郎内閣のそれを抜いて、我が国憲政史上最長の記録を達成した。
氏の大叔父にあたる佐藤栄作氏もその政権を、犹望綺把広瓠↓狒或楊づ瓩半里気譴燭發里世辰燭、日本の政権を担うことに対して、一族こぞっての怨念のようなものがあるのだろうか。
氏の祖父の岸信介氏は、長期政権をもくろみながらも、60年安保で退陣を余儀なくされ、氏の父である安倍晋太郎氏は、総理の椅子を確実視されながら、病に倒れ、無念の逝去を遂げた。なるほど、一族の悲願とも怨念ともなるのも、分らぬでもない。
今日からしばらく引き合いに出されるであろう、桂太郎なる人物も、安倍一族と同郷の長州出身である。安倍一族の悲願執念怨念を、長州のそれと重ね合わせると、明治維新以来、いや、さらに遡って、関ヶ原以来、あるいは毛利元就以来と見るならば、その凄まじさにいっそうの拍車がかかる。背筋の凍るような凄まじさ、で、ある。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
長期政権とも執念怨念とも、一向に全く一切無縁の、いたって清潔淡泊高遠な、いつもながらの食卓である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:04 | - | - |
農協記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、秋刀魚の塩焼き(1尾)、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


小松菜がシャキシャキして歯ごたえがあり、とても美味である。季節が移ろいで、旬の素材が出回っているのかもしれない。いままでのはフニャフニャしていて、湯掻きすぎなのかな、と、訝しんでいたのだが、どうやら素材そのものが違っていたようだ。
そう思って食べるせいか、味もよくなっているように思える。青野菜特有の瑞々しさと青くさい清涼さとが合致している。それがまた、わさびやからしなどの香辛料に合うのである。手軽にできて、栄養価満点、それでいて厭きの来ない、素晴らしい献立である……、と、云っても、わたいの場合、たいがいどんな献立でも、厭きはこないのだが……。
それはともかく、そう考えると、かぼちゃの煮物の味が去年と変わっているように思っていたのも、わたいの気のせいではなかったのかもしれない。
ふだんあまり気にしていないが、一口に、かぼちゃ、と、云っても、さまざまな種類があり、種類によって味も違えば、仕入値も違うのだろう。それとももう少し季節が進めば、去年のような味わいのものが出回ってくるのだろうか。
そもそもの素材の味はともかくとして、今回は少し煮つめすぎたようである。味はよく滲みて旨いのだが、やや崩れやすくなってしまっている。切るときは堅いが、煮だすと結構脆くなるので、要注意である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:03 | - | - |
農協記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、秋刀魚の塩焼き(1尾)、小松菜のわさび和え、各種野菜の酢漬け


遂に念願成就して(?)、秋刀魚の塩焼きを1匹丸ごと食べられるようになった!
不思議なもので、以前はなんとも思わなかったのだが、過食防止のためと家計支出削減のため、秋刀魚は1食=1/2尾にしよう、と、決めたのである。
その量に慣れかかった頃の倍増し! で、ある。これは感激! で、ある。
秋刀魚はまさに漢字の如く、刀のような体型をしており、すらっとして細身長身の印象があるが、良質の脂がタップリとのっていて、じつに旨い。骨もまるごと食べられるし、内臓も、文字どおり、捨てたもんじゃない。幾多の栄養分が含まれている。なかでも、コラーゲンの生成を促進するレチノールと云うビタミンAの一種や、貧血予防に効果のあるビタミンB12、鉄分などが豊富である。骨がカルシウムの供給源であることは、いまさら記すまでもないだろう。
内臓の苦味が胃の調子をと整えて食欲を増進し、二日酔にも効果がある。頭から尻尾まで、まるごと全部食べられる、栄養分豊富な、それでいて廉価な、神の恵みのような魚である。
秋刀魚と云えば、大根おろしが付き物だが、残念ながら、それはない。近所のスーパーなどには、市販の大根おろし醤油が売っている。何年か前から愛用していたが、今年に限って、なぜか買っていなかった。まあ付き物ではあるが、なにがなんでもなくてはならないものでもなかろう。それに大根ならば、各種野菜の酢漬けのなかに、大根の簡単漬けが入っている。これで大根おろしの代わりになるだろう(?)。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:00 | - | - |
農協記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は倏清┻念日瓩世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1947年のこの日に農業協同組合法が公布されたことにちなみ、全国農業協同組合中央会(JA全中)が制定瓩靴燭里世修Δ任△襦
1947年、と、云えば、昭和22年、いわゆる終戦直後、で、ある。
当時の風潮を鑑みれば、なんと云っても、食糧確保が喫緊の重要課題であった。
当時の農協、農業協同組合も、食糧確保、増産、食糧自給の達成、等々をその目標として設立されたものだろうと思う。
それがいま飽食の時代と云われ、食品廃棄が問題になる時代に際し、農協自身も、農業労働従事者の既得権保護団体、保守政党の集票組織、所在地方の権益擁護団体に堕してしまったかの感がある。
我が国の食料自給率が「平成30年度……カロリーベースでは……37%……。また、生産額ベースでは……66%」である現状において、で、ある。(http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/012.html 農林水産省HPより)
あらゆる組織は長の歳月を経るうちに老朽劣化硬直して、自己の既得権益を図るだけの集まりに堕してしまうものであるが、農協もその例に漏れないらしい。
しかし、ことは国民の生命維持、健康増進、健全育成にかかわる問題である。
英語が喋れようが、複雑なプログラミングができようが、AIを使いこなせようが、食糧がなくては、どうにもならないのである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
農協とも食糧自給率とも、一切まったく根本から無関係の、いたって簡素きわまりない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:58 | - | - |
いい家の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、筑前煮、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


わさびとからしが、辛味成分の点においては、同一であることは以前にも記した。そんなわけで今回、半分はわさび和え、半分はからし和えにした。
前回料理ったときは、チューヴの練りからしを使ったのだが、今回は缶入りの粉からしを使った。製法(?)は一緒である。チューヴの練りからしと同じく、からしをボウルに入れ、顆粒のあごだしを加え、濃口醤油で溶く。
分量はすべて、適当ないしは適量である。少々濃かろうが、量が多かろうが、気にすることはない。小松菜はよく絞ってから混ぜ合わせるわけだが、それでもやはり水分は出るので、それで味が薄まってしまうからである。
小松菜は、サッと湯掻いて流水にさらし、水分を絞って食べやすい大きさに切り、さらに水分を絞って、からし醤油ないしはわさび醤油と混ぜ合わせ、味をなじませる。
湯掻く、と、云うよりも、湯に潜らせる、と、表現する方が、実情に合致しているかも知れない。人間で云うと、牘┐旅埒絖畩態である。と、云っても、最近の若い人たちに通じるかどうか……。
湯からあげるとすばやく流水にさらして熱を除る。熱によりビタミンCが崩壊するのを防ぐためである。
すでに風邪やインフルエンザに罹患した人もかなりいるようである。かく云うわたいも、早々に風邪をひいてしまった。先が思いやられる、と、云うものである。
これからの風邪予防に、ビタミンCの摂取はますます必要不可欠である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:07 | - | - |
いい家の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、筑前煮、小松菜のわさび和え、各種野菜の酢漬け


筑前煮は先週の残り物である。まだ保つか一抹の不安がないでもないが、まず大丈夫だろう、と、楽観している。火をとおしてあることだし、ざっと想い起してみただけでも、傷みやすい食材は入っていないはずである。基本、正月のおせち料理に使用するのと同じ食材で、おなじ方法で料理ってあるのだから、他の献立よりも日保ちするはずである。
各種野菜の酢漬けは、南蛮漬けの素に、大根の簡単漬けと、茹でキャベツを加えたものである。それぞれ別々に拵えたものなので、味の点で若干の不安がないではないが、大体似たような調味料を使ってあるので、そうそう面妖な味もするまい。
それよりも、これだけで、人参、ピーマン、玉葱、大根、キャベツ、と、5種類の野菜が摂取できる。筑前煮、小松菜のわさび和えと合わせると、弁当だけで8種類になる。晩食のかぼちゃの煮物を合わせると、1日=9種類である。理想の野菜摂取量となる。
このことのほうが利が大きい。おまけに酢を使用してあるので、クエン酸効果が期待できる。重宝な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:05 | - | - |
いい家の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爐いげ箸瞭瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、爛▲汽帖 ディ・ケイの「ADK不動産プロジェクト」が住宅市場のさらなる活性化を願い制定瓩靴燭發里如↓狢燭の人に「自分にとって本当にいい家とは何か」を考えてもらうきっかけを作るとともに、住宅について関心を持ってもらうのが目的瓩蕕靴ぁ
かつて日本の住宅事情を評して、とある国が、「ウサギ小屋」と揶揄したことがあった。日本でも自嘲気味にその言葉が流行ったものである。
このとある国が中国や韓国だったら、はたして自嘲気味に流行るくらいですんだであろうか。対欧米卑屈根性も、ここまでくると、いっそ立派なものである。
この「ウサギ小屋」と云う言葉も、いまでは死後である。わざわざ云われるまでもなく、社会通念として定着したからだろう。それとも「ウサギ小屋」どころか、「鳥籠」、「ブロイラー鶏舎」と呼ぶ方が相応しくなっているからだろうか。
どちらにしても、日本の住宅事情が好転しているとも思えない。、燹崋分にとって本当にいい家とは何か」を考えて瓩發匹Δ垢襪海箸發任ないし、狃斬陲砲弔い憧愎瓦鮖って瓩盖しくなるだけである。
マイ・ホームを夢見られていた時代があったなどとは、もはや歴史上の一挿話である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
日本の住宅事情とも、マイ・ホームとも、一切まったく全然関係のない、いたって平々凡々たる、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:03 | - | - |
分らないのは……
それにしても分らないのは、中国製は粗悪品だ、と、信じて疑わないのに、買った商品が中国製で粗悪品だと、「粗悪品だ」と怒り出し、イギリス製のブランド品だと、粗悪品でも、「仕方ないか」で諦められる心性である。
| 遊冶郎 | 悪魔のつぶやき | 07:08 | - | - |
昆布の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、筑前煮、菠薐草のお浸し、かぼちゃの煮物


昨昼食の弁当で小松菜のわさび和えがなくなったので、冷凍保存しておいた菠薐草を出した。菠薐草はあらかじめ湯掻いて冷凍保存しておくと、当人比で約4倍、旨味がアップする。小松菜は冷凍しない方がおいしい。おなじ青菜類でも食べ方によって全然味が違ってくる。面白いものである。
かぼちゃの味が以前と異なっているのが微妙に気になる。最初は味付けの具合かと思っていたが、どうやらそうでもないようだ。食材のカボチャ自体が、去年のそれとは違っているような気がする。味覚に自信がないのでなんとも云えないが……。だからと云って、わざわざお店の人に確認するまでもないだろう。なにしろ、100gあたり15〜17円で推移(日によって変動)しているのだから、文句のあろうはずがない。だいたい700g前後で5食は賄える。1食当たり26円前後(税込)である。なんと費用対効果の高い食材であることか!
今週末あたりから、ボチボチ冬の寒さがやって来そうな気配である。と、云うことは、粕汁が美味しい季節が到来する、と、云うことである。もっともまだ少々早いようにも思われるが、すくなくとも、朝方はグッと冷え込む、と、云うことである。
昨季はほぼ1回も食卓に上せなかったスープ類を、今季こそは出してみようか。なによりも朝食をシッカリ食べておくことが、1日を生き抜く上では大事なことなのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:06 | - | - |
昆布の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は犧布の日瓩世修Δ任△襦
Wikipediaによると、燹崋係淹亜廚里祝いにあたるこの日に、昆布を食べ元気に育って欲しいという願いを込めて、社団法人日本昆布協会が1982年に制定瓩靴燭里世修Δ任△襦
昆布は食べる、と、云うよりも、だしを採る、と、云った使い方をしている人がほとんどではなかろうか。昆布の食べ方、と、云っても、昆布巻きくらいしか思い浮かばない。
しかし昆布には豊富な栄養素が含まれていることもまた、諸人の知るところであろう。すなわち、ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、モリブデン、クロム、ヨウ素、食物繊維など、で、ある。
これらの栄養素がもたらす健康上の効果として、高血圧の予防、動脈硬化の予防、脂質異常症の改善、血糖値抑制作用、糖尿病の予防改善、去痰、整腸作用、肥満防止、ダイエット、便秘の予防改善、がん予防などがあげられる。
古来爐茲蹐海岫=爐茲躡布瓩函云うわけで、縁起物とされているが、たんに語呂合わせの縁起かつぎだけでなく、実質上の効果も大なるものがあったのであろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
昆布ともわかめとも海藻とも育毛とも、まったく一切全然関係のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:02 | - | - |
アンチエイジングの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、筑前煮、菠薐草のお浸し、ツナと白菜と大根のスープ煮、木綿奴、納豆、味付海苔


ツナと白菜と大根のスープ煮は、その名のとおり、汁物(スープ)と位置付けることもできる。実際以前はそうしていた。味噌汁の代わりである。また、今年も一時寒くなった時季、休日の朝食に好いかも知れない、と、思ったこともある。
今回はツナを多めに入れて煮込む時間を長めにし、できるだけスープになる煮汁を少なくすることにした。あわよくば、弁当のお菜に持っていこうとしたのである。ところがやはり、弁当に持っていくのは無理だったようだ。弁当箱がそもそも汁物を入れることを想定していない品物である。どうしても持っていこうとすれば、ラップにくるめばよかろうが、そこまでして持っていくこともない。
結果、晩食のお菜に固定されてしまったのであるが、日が落ちて気温も下がる夜には、格好のお菜である。白菜にも大根にもスープ風の旨味が滲みて、実に好い感じに仕上がっている。今度はもっと具材を多くして、関東炊き風にしてもいいかもしれない。
ちなみに、われわれの仲間内では、巷間「おでん」と呼ばれている食べ物を、「関東炊き」あるいは「関東煮」と呼んでいる。
われわれが仲間内で「おでん」と云えば、食材(種)に味噌ダレを塗り、田楽風に串にさして焼く、文字どおりの「田楽焼」のことである。
コンビニなど売っているいわゆる「おでん」は、われわれの仲間内では、あくまでも、「関東炊き」あるいは「関東煮」なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:09 | - | - |
アンチエイジングの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、筑前煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


朝食の際、ヨーグルトを出すのを忘れてしまった。写真には写っていないが、あとから出してしっかり食べた。
健康上の意味でのアンチエイジングを、真剣に考えたほうがいい年齢になってしまったようだ。
以前にも記したが、かぼちゃは風邪予防によろしい、と、云うので、この時季つとめて摂取するようにしているのだが、10月末早々に風邪をひいてしまった。
だからと云って、かぼちゃが風邪の予防に効かない、と、云うわけではない。
風邪予防のためにかぼちゃを摂取する時宜を失したのであろう。
かぼちゃは緑黄色野菜であり、β-カロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、食物繊維、ファイトケミカル(プロビタミンA)などの栄養素が揃っている。
なお、小松菜も、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄、ジアスターゼなどの優れた栄養素を含んでいる。よく、小松菜は菠薐草よりも栄養面で劣る、などと思われているようであるが、誤解もはなはだしい。ビタミンAの含有量は菠薐草のそれを上回り、カルシウムなどは約4倍ほどもある。
かてて加えて、筑前煮には、鶏肉、厚揚げ、人参、蓮根、こんにゃく、ごぼう、里芋、しめじ、と、ひとつひとつの含有栄養分を記していけば枚挙に暇もないほどの好食材を揃えている。
これが健康弁当でなくて、なんであろうか?
と、自画自賛してみるものの、それではどうして、こう病気の問屋みたいに多病なのだろうか……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:05 | - | - |
アンチエイジングの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“アンチエイジングの日”だそうである。
Wikipediaによると、NPO法人アンチエイジングネットワークが2007年に制定瓩靴燭發里如↓燹屬い(11)年(14)」の語呂合せ瓩覆里世修Δ任△襦
ちなみに、爛▲鵐船┘ぅ献鵐悪瓩箸蓮↓狎儷謀予防医学の一種で、老化を防ぐために行う行為の総称瓩任△蝓↓犢穫群衆絣忰瓩里海箸任△襦Wikipediaより)。
本来は医学的の内容であったこの言葉が、いつの間にか、美容的の内容にすり替わってしまった。そう云えば、爛┘好謄謄ック瓩髪召Ω譴癲∨寨茲廊猗学瓩箸、犂鏡学瓩箸の、哲学上の言葉だったはずだが、日本では美容上の言葉になっている、と、哲やんが嘆いていた。
もっとも、人類の救い主であるイエス・キリストの誕生を祝う日が、恋人たちのイヴェントの日になったり、隣人愛をひろめる日がチョコレートを贈る日になったりするお国柄であるから、とりたてて不思議なことでもない。
しかし、2年前にも記したが、今日は狎こε尿病デー瓩任發△襦
認知症をはじめ、高齢化にともなう、医学疾病上のさまざまな問題が現象しだしている昨今、爛▲鵐船┘ぅ献鵐悪瓩箸いΩ斥佞示している本来の意味に立ち返ってもいいのではあるまいか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
アンチエイジングとも、エステティックとも、そもそも年齢や美などとも、まったく一切かかわり合いのない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:02 | - | - |
うるしの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、筑前煮、小松菜のわさび和え、ツナと白菜と大根のスープ煮、木綿奴、納豆、味付海苔


この時季、ツナと白菜と大根のスープ煮がけっこうハマりやすい。旬の食材だし、料理るのに手間がかからないし、味付けが簡単だし、滋養があるし、身体は温まるし、で、まったく重宝な献立である。
今回はコンソメ(固形)と塩胡椒だけで味つけたが、酒と醤油と顆粒だしとで、和風に味付けてもよろしかろう。素材が淡泊なので、和洋中その他、いかようにも味つけできる。そう云う意味でも、なかなか重宝である。
以前にも記したとおり、筑前煮の材料は、鶏もも肉、蓮根、ごぼう、人参、厚揚げ、里芋、こんにゃく、しめじ、である。
獣肉…1、野菜…3、きのこ類…1、芋類…2、豆類…1、と、なる。
素晴らしく栄養バランスが整っている。きのこ類がもう1種、野菜がもう1〜2種、あれば、云うことなしだろう。ただしその場合、2回に分けて料理らねばなるまい。それはそれで、手間なことである。
あるいは、おなじ材料を使って、別の献立を料理るか、で、ある。
わたいは基本、全食材を使って、いっぺんに料理る。だから食材があまることはほとんどないが、その代わり、筑前煮のように、その献立に必要な食材が多いと、1週間それだけになってしまう。それはそれでかまわない。上手く料理れれば、1週間昼夜おなじ献立でも、いっこうに苦にならない。
問題は、おなじ材料を使って別の献立を料理れるほどの技量も知識もないことである。少ない材料ならともかく、材料が多くなるにしたがって、むずかしくなる。里芋など、筑前煮以外の使い道を知らない。いくらわたいでも、筑前煮と里芋の煮っ転がしを一緒に料理ったりはしないのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
うるしの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(鶏皮のカリカリ揚げ)、筑前煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


麦飯のトッピングにした鶏皮のカリカリ揚げは、筑前煮に使用した鶏もも肉の皮を流用したものである。最初はわざわざ剥がすつもりはなかったが、一口大に切っていくうちに、皮だけ剥がさざるを得なくなった。棄てるのも勿体ないので、居酒屋などで提供される鶏皮の揚げ物を料理ってみよう、と、思い立ったのである。
フライパンにサラダ油を多めに引いて、鶏皮を入れるだけなのだが、これが見事に失敗してしまった。味の美味い不味いとか、食べられる食べられないとかではなく、鶏皮を入れた途端、やたらに油はねがして、手には跳んでくるわ、コンロ周辺には飛び出すわで、エライことになったのである。
油はねで油のなかの鶏皮をあやつることもできず、フライパン自体手にすることも難しく、往生してしまった。
なるほど、こうなるから、ちょっとした焼き物や揚げ物などには、衣をつけるのか、と、納得した。ひとつ賢くなった。なんでも経験である。
今度は小麦粉なりパン粉なりを付けてから、焼くなり揚げるなりすることにしよう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
うるしの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は”うるしの日”だそうである。
Wikipediaによると、“平安時代に文徳天皇の第一皇子・惟喬親王が京都の法輪寺に参詣した時に「うるしの製法」や「漆器の製法」を虚空蔵菩薩から伝授されたという伝説から、その満願の日である11月13日を「うるしの日」に制定した”のだそうである。だれが制定したのかは不明である。別に知りたくもないが。
うるし、と、云うよりも、漆器は英語名「japan」として広く海外に知られている、と、思っていたが、Wikipediaによると、“英米の英語辞典にはjapan欄に「漆」、「漆器」の意味は載っていない”のだそうである。(Wikipedia/「漆器」より)
“漆器は日本だけでなく東アジア、東南アジア、南アジア地域、と広く見られる”そうであるが、やはり日本の伝統工芸品のひとつとして、多くの国や地域で受け入れられているようである。
美術工芸品としてはもとより、日用品の数々も興味をもたれているようで、いわゆる百均点などでも、漆器(もどき)のコーナーに多くの外国人の姿を見かけることがある。美術工芸品などもいいが、日常頻繁に使用する品物で日本製のものが受け入れられると云うのはよろこばしいことである。たんなる物珍しさではなく、ふだんの生活様式そのものの理解と受容につながる、と、考えられるからである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
漆器とも陶器とも、美術工芸品とも生活様式の理解と受容とも、まったく一切金輪際かかわりあいのない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:14 | - | - |
洋服記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、筑前煮、小松菜のわさび和え、ツナと白菜と大根のスープ煮、木綿奴、納豆、味付海苔


一汁三菜を建前としていて、なんとかその建前は護持されているのだが、どうも品数が少ないような気がする、と、思っていたら、以前あった1品がなくなっていた。以前は箸休めと云うか、漬物と云うか、小皿物の1品が あったのだが、それがなくなってしまっていたのである。いま大根の簡単漬けを漬け込んでいるから、来週あたりには食卓に上せられるだろう。
即席みそ汁がなくなったので、新たに買ってきた。冷凍保存してある具があるのだが、なかなか自前で料理ろうと云う踏ん切りがつかない。いったん安易に流れると、なかなか元に戻らない。困ったものである。自前の味噌汁だと、少なくともあと2種類の野菜──キャベツと玉葱──が摂取できるのだが……。
味噌汁に限らず、汁物には多くの食材が入れられるので重宝である。野菜だけでなく、えのきをはじめ、椎茸やなめこなどのきのこ類も入れられる。豚肉を入れて豚汁にするもよし──わたいはあまり好きではないが──、じゃがいもを入れるもよし、かぼちゃも入れてよかろう。汁物も煮物に劣らず、多くの野菜を摂取できる、重宝な献立なのである。ただし、西洋風のポタージュやボルシチなどは、どうだか知らないが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
洋服記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、筑前煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


弁当箱の中仕切りを仕事場に忘れてしまった。
歳をとって物忘れが激しくなる端緒は、日常のこまごまとしたものの置場を忘れる、と、云うことではあるまいか。ボールペンや万年筆、シャーペンなどの筆記具、眼鏡、リモコン、湯呑茶碗、等々。
そしてもう一つの兆候は、新しい事態への対応に時間がかかる、と、云うことである。この兆候が昂じると、「昔はよかった……」という、年寄り特有の台詞が口を突いて出るようになる。
どうやらわたいもそろそろ老境に差しかかってきたようである。
それはともかく、筑前煮を料理ったおかげで、野菜の摂取種類が増えた。よろこばしいことである。どうにかこうにか、7種類に達することができた。もっとも、それでも7種類か、と、云うのが、正直な実感ではあるのだが……。やはり、種類だけを問題にするのなら、夏野菜のほうが簡便である。生野菜サラダだけで5〜6種類は摂取できる。
ただ、栄養価の観点からすると、煮物のほうが優れているように思えるのだが、如何なものであろうか。わたいには西洋風の献立などよりも、日本風の献立のほうがはるかに優れている、と、云う偏見がある。日本では無条件で西洋のものが良いと決まっているらしく、西洋のものが悪いと云うのは偏見か無知を示すのだそうだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
洋服記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“洋服記念日”なのだそうである。
Wikipediaによると、“全日本洋服協同組合連合会が1972年に制定”したもので、”1872年(明治5年)旧暦11月12日に「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が出され、それまでの公家風・武家風の和服礼装が廃止されたことに由来”するそうである。
洋服を一概に否定するものではないが、日本の風土、とりわけ高温多湿になる5月下旬〜7月初旬にかけての洋服着用は、いささか酷に感じる。洋服自体はいいとしても、なにを好き好んで長袖のシャツ上着を着て、ネクタイで首元を締め、通期の悪い洋靴を履かねばならないのか。蓼食う虫も好き好きと云うから、好き好んでそんな恰好をしたがる人間の趣味嗜好をどうこう云うつもりはないが、それを強制するのは止めていただきたい。日本人のみながみな、苦痛を耐えている(と、思いこんでいる)自分に陶酔して快感を覚える変態感性の持ち主ではないのである。
#ku too運動が起こるのももっともで、起こらないほうがおかしい。
どうやら21世紀になっても、日本人男性の多くは、中国伝来の纏足趣味や、女性を虐待して優位の快感を得る嗜虐趣味から脱却し得ていないようである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
礼服とも礼装とも、中華風幼女志向変態趣味とも武士道風嗜虐変態趣味とも、一切無縁の、いたって正常健康な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
2番目に記念日が多い日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(しじみ、あさり、乾燥わかめ、とろろ昆布)、筑前煮、小松菜のわさび和え、ツナと白菜と大根のスープ煮、木綿奴、納豆、味付海苔


即席みそ汁が二つ、残っていた。しじみとわかめである。これは仕事場出入りの弁当屋さんから弁当を買ったときに付けてくれたものである。いつのことだったのかは定かではないが、心配するほど以前のことではないことだけはたしかである。
筑前煮は以前にも料理ったことがあった(はずだ)が、ツナと白菜と大根のスープ煮も久しぶりである。そもそもはツナと白菜だけで習ったのだが、嵩増しのためと、そろそろ旬だろう、と、云うことで、大根を加えてみたのである。
大根は“硬い”と云うイメージがあるが、鍋物や煮物、関東炊のように、火をとおすと軟らかくなり、味が滲み込んで美味しくなる。冬の料理には調法な食材である。
1本丸々買ったのだが、1/3ほど使って、残りは簡単漬けにした。大根は煮物鍋物に合うだけでなく、漬物にしてもあのよろしい。
大根も多くの栄養素を含んでおり、なかでも風邪予防に効果のあるビタミンCや、胃腸のはたらきを整えるでんぷんの消化酵素ジアスターゼが有名である。また、焼け焦げによる発がん物質の作用を抑制してくれる効果もあるそうで、なるほど、焼魚などには大根おろしが添えられているわけである。
栄養価は高く、お値段は安く、しかも用途は幅広い。人間世界でと違って、食の世界での大根は、三拍子揃った、千両役者、なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:01 | - | - |
2番目に記念日が多い日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、筑前煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


この秋冬中に、絶対一回は料理ってやるぞ! と、心に決していた筑前煮を、やっとのことで料理った。ほとんど意地尽くである。
材料は、鶏もも肉、里芋、ごぼう、蓮根、人参、しめじ、こんにゃく、厚揚げ、である。
家で一番大きな中華鍋風フライパンが、あふれんばかりになってしまった。このうえまだ、ちくわやなんらかの根野菜を入れようとしていたのだから、もしそうしていたら、と、思うと、ぞっとする。
なにごとも、加減と云うものがある。過ぎたるは及ばざるがごとし、いなむしろ、過ぎたるは及ばざるに如かない、で、ある。
しめじは椎茸の代替えである。椎茸が思ったより高くて、しばらく悩んだ末、しめじで代替えすることにした。椎茸はエルゴステロールの摂取のために食するよう心がけているのだが、如何せん価格がお廉くない。勢い、廉価なしめじの購入回数が多くなるのである。
エルゴステロールは、しめじにも豊富に含まれており、そう云う意味では、立派に椎茸の代役を果たしてくれる。
里芋の皮が剥きにくくて困った。じゃがいもの皮もたいがい剥きにくかったが、じゃがいもは形状が凸凹しているから剥きにくいのであって、里芋は外皮自体が固くて剥きにくい。なにか剥きやすくなるコツがあるのだろうか。博雅の士の教えを乞いたい。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |
2番目に記念日が多い日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


Wikipediaによると“算用数字で表すと1111となり、漢数字で表すと十一十一となることから、多くの団体や企業がこの日を記念日にしている”のだそうで、“日本記念日協会による認定の記念日では10月10日に次いで多い”のだそうである。
つまり、“日本記念日協会”によらずに認定された記念日や、そもそも非認定の記念日が多い日は、別にある、と、云うことだろう。
わたい的に云えば、このコーナーの記事ネタに事欠かない日、と、云うことになる。じつにありがたいことである。
欲を申せば、どうせなら365日、うるう年なら366日のあちこちに分散させていただきたいものである。日によって、記念日の多い少ないがバラバラなのである。もっとも、わたいの都合に合わせて、記念日をつくっているわけでもあるまいが。
そう云えば、昨日、やたらにポッキーが食いたくなって、何年ぶりか、あるいは十数年ぶり、ひょっとすると何十年ぶりかに、チョコポッキーを買った。
これもひとつのいわゆる“コマーシャリズムによる洗脳効果”だろうか。クワバラクワバラ。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
算用数字とも漢数字とも、ゾロ目とも三つ目とも、チョコポッキーともいちごポッキーとも、まったく一切金輪際関係のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:56 | - | - |
信楽たぬきの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


ゆえあってきのこ類の炒め煮をかぼちゃの煮物に変更した。と、云っても、大した理由ではない。かぼちゃの煮物のほうが、1食分多く余ってしまった、と、云うだけの話である。
それよりも驚くべきことには、今週食した小松菜のわさび和えとからし和えが、先週食すべき分だった、と、云うことである。すなわち、先々日曜に料理ったものなのである。なるほど、漬物同様の食物とは云え、よく保存できるものである。これはありがたい発見で、少なくともこの時季は、少々料理りすぎても大丈夫、と、云うことである。
先週食すべき分を今週食した、と、云うことは、すでにお解りの方もいらっしゃるかと思うが、今週食すべき分がまるまる残ってしまっている、と、云うことである。
おかげで今土曜日の買い出しが少し楽になった(?)
さて、秋刀魚の塩焼き、、鰯の生姜煮もこれで消化できた。かぼちゃの煮物と、きのこ類の炒め煮とが1食分ずつ残っているが、これは土日の間に消化する。あと、銀鮭の幽庵風焼きを3切漬け込んであるが、これも土日の間に消費するつもりである。
そろそろ野菜不足をなんとかしないと、身体の調子が悪くなっていけない。そろそろ大根や白菜などの冬野菜が美味しい季節でもあることだろうし、なにか野菜を多く摂れる煮物に挑戦してみようか……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:18 | - | - |
信楽たぬきの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は“信楽たぬきの日”だそうである。
Wikipediaによると、“商売繁盛の縁起物、信楽焼の狸の置物の産地、滋賀県甲賀市信楽町の観光協会が定めた記念日”で、“全国各地の店先で、日頃立ちっ放しで頑張っている狸たちに感謝しようと設けられ、「いい月」の語呂から「11月」、信楽狸の置物に備わる八つの縁起物の八相縁起から8日とした”のだそうである。
ちなみにこの“信楽狸の置物に備わる八つの縁起物”である“八相縁起”とは、狸が被っている編笠、狸の笑顔、くりくりした大きな目、狸の代名詞とも云うべき大きなお腹、左手の徳利に右手の大福帳、太い尻尾に、八畳敷きと云われる金〇、の、八つである。それぞれの詳細は、「 信楽豆知識、ほっとする信楽、信楽町観光協会(http://www.e-shigaraki.org/knowledge/ )」をご覧いただきたい。
なお、某政党がそれから国民を守るらしいとある協会の、今年の朝の連続テレビ小説は、この信楽焼の女性陶芸家をモデルにして、なかなか好評である、と、云うことである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とにはなんらの関連もない。
狸とも狐とも、焼物とも煮物とも、女性陶芸家とも女性アニメーターとも、まったく一切全然関係のない、伝統も文化も感じない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:14 | - | - |
『明日に向かって撃て!』のラスト・シーンの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


一汁三菜がなんとか維持されている。
一汁…即席みそ汁、三菜…鰯の生姜煮(主菜)、小松菜のからし和え(副菜:和えもの)、かぼちゃの煮物(副菜:煮物系)、で、ある。
それはいいのだが、このところ、野菜不足が深刻である。小松菜とかぼちゃだけしか摂取できていない。
我が敬愛する川島先生の言によれば、小松菜や菠薐草などの青菜類を400g/日摂取すれば充分なのだそうだが、凡俗たるわたいはナカナカそうもいかない。他の野菜も摂取する必要があるのである。
たんぱく質は、卵、チーズ、ヨーグルト、魚肉、豆腐、納豆、と、充分に摂取している…ハズである。
糖質も充分だし、脂質も極端に少ないわけではない。
問題はビタミンやミネラルなどの、重要補助栄養素である。きのこ類があるとは云うものの、やはり野菜不足の感は否めない。
そろそろ煮物系の料理を食卓に上せるべきであろう。あるいは味噌汁を自家製にするとか……。そう云えば一時期、漬物にハマっていたが、最近はすっかり忘れてしまっていた。白菜や大根がお廉くなる季節でもあることだし、浅漬けや簡単漬けなどもいいかもしれない。粕汁には早すぎる……かな?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
『明日に向かって撃て!』のラスト・シーンの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鰯の生姜煮、小松菜のからし和え、きのこ類の炒め煮


秋刀魚の塩焼きがなくなり、鰯の生姜煮の登場である。
今回は1パック≒100円(税抜)と、格安だった。身丈が大きく、3食分しか料理れなかったが、食べ応えはあった。それにしても、この分量で税抜100円とは、ありがたいお話である。秋刀魚も鰯も、まだまだ大衆魚の誇りを棄ててはいないようだ。少なくとも、わたいが仕入れに行くお店では。
きのこ類がビタミンやミネラルの宝庫であることは、以前から何度も記しているところである。とりわけビタミンDはカルシウムの消化吸収を促進し、カルシウム不足を国土上の宿命として背負わされた日本人にとっては、欠かすことのできない栄養素である。
椎茸にはその他に、エリタデニンと云う栄養素があり、高血圧などの生活習慣病の予防に効果があると云われている。このエリタデニンは、椎茸の笠の部分に多く含まれ、肝臓のコレステロール代謝を促進させて血液中のコレステロールが増えすぎるのを抑制する効果がある、とのことである。
また、古来きのこ類は、薬膳や漢方などにも多く用いられてきたと聞く。日本人の体質食生活に合致した、素晴らしい食材類である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |
『明日に向かって撃て!』のラスト・シーンの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は、映画『明日に向かって撃て!』の主人公ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドがボリビアで包囲攻撃され射殺された日である。
ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドは実在の人物であり、映画は当然実録ではないものの、ふたりが追いつめられてボリビアに逃れ、その地で隠れ家を包囲された末に射殺されたことは事実のようである。
この映画ではブッチ・キャシディをポール・ニューマンが、サンダンス・キッドをロバート・レッドフォードが演じている。
劇中歌“Raindrops Keep Fallin' on My Head”は、「雨にぬれても」の邦訳で、現在なお、我が国でも親しまれている。この曲をBGMに、ポール・ニューマンがキャサリン・ロスを自転車に乗せて楽しげに走りまわる場面は、現在も語り継がれる名場面となっている。
その爽快感あふれる画面構成、演出、キャメラ・ワーク、俳優の演技などは、それまでの西部劇が与える印象を根底から覆し、むしろ西部時代に材を採った青春映画のような感を与える。
そのラスト・シーンも、重包囲の下での一斉射撃による射殺、と、云う、陰惨なものであるにもかかわらず、ストップ・モーションを使用して、その陰惨さを和らげている。
映ちゃんならずとも、強くおススメする、名作映画の一本である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
西部の強盗団とも、包囲殲滅戦とも、まったく一切金輪際関係のない、いたって平和で穏やかな献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
馬琴忌の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、秋刀魚の塩焼き(上半尾)、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


さすがに旬のものだけあって、秋刀魚が旨い。脂がのって、実に好い味である。いま気づいたのだが、「月(肉月)」に「旨」いと書いて、「脂」となる。と、すると、字義からすれば、脂ののってる肉が旨いのは当然なわけである
これだけ旨いと、当然のことながら、1匹丸ごと食したいものだが、それは贅沢である。金銭上に問題はないが、腹囲上に問題がある。血液検査で異常は見られないとは云え、せっかく基準値以内に入った腹囲を復活させるわけにはいかないのである。
かぼちゃの煮物が、今回は鹹かった。醤油を入れ過ぎたのかもしれない。なかなかうまくはいかないものである。なにしろ分量がすべて、適当、目分量、カン、なのだから、やむを得ないと云えばやむを得ない。数をこなして身体で憶えることである。“Don't think,feel”である。
小松菜のからし和えは、なるほど、ここまで漬かってしまえば、わさびもからしも区別はないようである。先日記したように、もともと辛味成分自体はおなじだと云うから、それもそのはずである。わさびにしろ、からしにしろ、味付け及び食欲増進のためなので、栄養価の面からはさほど期待していない。早い話が、どちらでもいいのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:17 | - | - |
馬琴忌の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、秋刀魚の塩焼き(下半尾)、小松菜のわさび和え、きのこ類の炒め煮


きのこ類の炒め煮は初めて料理ったものである。
生椎茸、ぶなしめじ、舞茸、を、適当な大きさにほぐすなり切るなりして、サラダ油を引いたフライパンでサッと炒める。
ンでもって、酒を入れて、強火でアルコールを飛ばす。
火を弱めてチューヴのにんにくを入れ、塩胡椒を振りかけて味を付ける。
そのあとに薄口醤油を入れたか入れなかったか、そのあたりの記憶がアイマイである。たぶん入れたと思うのだが……。入れたんじゃないかな……。
それはともかく、そうしてしばらく弱火で煮込んだ後、火を止めて蒸し煮にする。
あんまりくたくたにならないように注意する。フライパンで炒めるのが面倒くさかったら、電子レンジを使ってもいいんじゃないかな。わたいは一時に料理って、小分けにして、1週間分のお菜にしているが。
生椎茸はもちろん、ぶなしめじも舞茸も、外に出して充分日光に当ててある。ビタミンDを生成させるためである。ぶなしめじや舞茸も、日光に当てて効果があるのかどうかは不明だが、やらないよりはいいだろう。
料理る際になって思ったのだが、エリンギやえのきも加えればよかったかも知れない。次回はそうしよう。
きのこ類は秋を感じさせる食材である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:14 | - | - |
馬琴忌の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は“馬琴忌”であるらしい。「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteで知った。
“馬琴忌”と云っても、馬にも琴にも関係はない。『南総里見八犬伝』や『椿説弓張月』を著した、曲亭馬琴の命日なのだそうである。
曲亭馬琴と云うよりも、「滝沢馬琴」と云った方が通りがいいかも知れない。
しかし、Wikipediaによると、滝沢馬琴という名は「明治以降に流布した表記」であり、「現在確認できる限り本人は滝沢(瀧澤)馬琴という筆名は用いていない」らしい。したがって、「教科書や副読本などで『滝沢馬琴』と表記するものがあるが、これは誤った呼び方であり、近世文学研究者から批判されている」のだそうである。
馬琴は、「ほとんど原稿料のみで生計を営むことのできた日本で最初の著述家である」とのことで、現在の著述家諸氏(とりわけ“小説家”と称される人々)の祖、と、云うべき人物である。
芥川龍之介は彼を主人公として『戯作三昧』を著し、自身の芸術観(小説観、創作観)を開陳した(と、云われている)。
散作も興味は持っているようであるが、あまり深くは知らないらしい。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
戯作ともブンガクとも、読物とも小説とも、一切まったく全然関係のない、いたって潤いのない、非文化な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |
国の役割は?
台風…自分の安全は自分で確保してください。

水害…自分の安全は自分で確保してください。

年金…自分の生活は自分で確保してください。

| 遊冶郎 | 悪魔のつぶやき | 14:30 | - | - |
縁結びの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、秋刀魚の塩焼き(下半尾)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


先日健康診断があり、腹囲が87.2僊84僂砲覆辰討い拭B綣嫋標群、いわゆるメタボリックシンドロームか否かを判断する際の男性の腹囲の基準値が85僂蕕靴いら、なんとか基準地内に収まったわけである。
なお、腹囲が85儖幣紊砲覆辰燭蕁▲織船泪疎綣嫋標群、すなわちメタボリックシンドロームになるのか、と、云うと、そうではないので、念のため。
腹囲超過(内臓脂肪の蓄積)は前提として、その他に、血圧・血糖・血清脂質のうち2つ以上が基準値を超えていることが条件になるのである。
さいわいなことに、血液関係では基準値は超えていないし、超えそうな兆候もないので、その点では安心している。これ以上基礎体力や基礎免疫力が障碍されてはたまらないし、これ以上病気も頂戴したくない。
かぼちゃが風邪の予防によい、と、云うので、ご覧のとおりよく食べているのだが、先週さっそく風邪をひいてしまった。思い返せば、去年の冬至には食べなかった。おそらくそれが原因だろう。もっとも、10月末の昼日中とは云え、窓を開けっぱなしにしてタオルケット1枚で昼寝をしていた日には、バカでも猿でも冬至にかぼちゃを食べていても、風邪を引くのは当たり前かもしれない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:20 | - | - |
縁結びの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切参照昆布)、秋刀魚の塩焼き(上半尾)、小松菜のからし和え、きのこ類の炒め煮


秋刀魚が1尾70円(税抜)になっていた。「百縁笑店街」なる、月に一度の廉売日だったためかもしれない。正午過ぎに行ったら、もうあと何尾かしか残っていなかった。残っていただけありがたい、と、思うべきだろう。
欲の深いことを云えば、昨年は5尾=300円、3尾=200円(ともに税抜)だったのだから、それを考えると、まだまだ高価である。今年は例年になく秋刀魚が不漁だと云うことだが、回復の兆しも見えていると云う。さんまが不良なのは昔からだしいっこうに関知したことではないのだが、秋刀魚が不漁なのは困る。願わくば早急に漁量を回復し、廉価になってほしいものである。
小松菜のからし和えは、先週の残り物である。量の都合上、2回に分けて料理ったので、一方をわさび和えに、もう一方をからし和えにした。意外なことに、わさびとからしは、その辛味の成分だけで見る限り、まったく同じものであるらしい。ただわさびには、グリーンノートという香り成分があり、からしにはない、と、云うのが違いなのだそうである。なるほど、わさび和えでも、からし和えでも、美味しく食べられるわけである。
ちなみに、調合も同じ。チューヴの練りからしと顆粒のあごだしを、濃口醤油で混ぜるだけ、である。いたってお手軽で、それでいて栄養価満点の、お気に入りの一品である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |
縁結びの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は“縁結びの日”であるらしい。
Wikipediaによると、“島根県の「神話の国・縁結び観光協会」が制定”したものだそうで、“旧暦10月(新暦11月ごろ)に出雲大社に全国の神が集まり縁結びなどの会議をするとされていること(神無月を参照)と、「いい(11)ご(5)えん」(いいご縁)の語呂合せから”この日が選ばれたのだそうである。
神無月に日本全国の神様が出雲大社にご参集なさると云うのは、まさに日本の常識だが、昨今の様相を見ていると、どうやら神様は、年がら年中、出雲大社にお引きこもり遊ばされているのじゃないか、と、思うような出来事が多い。人間世界の事には加味せず、人間の事などほっとけ、と、云うことだろうか。まったく、神も仏もない世の中である。
神仏との縁も薄くなった現代社会は、人間相互の縁も薄くなっている。と、云うか、人間相互の縁が薄い社会なればこそ、神仏にまで気を廻している余裕がないのかもしれない。
まあなんにせよ、殺伐としたご時世である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
神とも仏とも人間とも、それこそまったく縁のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS