ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
エンゲルス批判
エンゲルスは『空想より科学へ――社会主義の発展――』の英語版の序文の中で、次のように述べています。

「不可知論者」は云う。
「われわれのすべての知識はわれわれの感官をつうじてわれわれが受け取る情報にもとづくものである」
「われわれの感官が、この感官をつうじてわれわれが知覚する対象の正しい描写をわれわれにあたえるかどうかということを、われわれはどのようにして知るのか?」
「自分が対象やその性質について語る場合にはいつでも、実際にはこれらの対象や性質のことを言っているのではなく――これらのものについてはなにごとも確実には知ることができない――、ただそれらのものが自分の感官に生じさせた印象のことを言っているだけである」

「こういう議論のすすめ方は、疑いもなく、たんなる論証によってはうちやぶることはむずかしいと思われる。しかし、論証のあるまえに行動があった。」
「プディングの味は食ってみればわかる。これらの対象のうちにわれわれが知覚するいろいろな性質に応じて、われわれがそれらの対象を自分の役にたたせるその瞬間に、われわれは、われわれの感官知覚が正しいか正しくないかについてまちがいのない吟味をしているのである。」

ここでエンゲルスが「不可知論者」と云うとき、だれを念頭に置いているのかは判然としませんが、少なくとも、カントでないことだけは、確かなようです。
 カントが述べているのは、“我々が確実に認識し得るのは、我々が経験し得る範囲内だけでのことであって、我々の経験の範囲外にあること――神の存在やその永遠不滅、世界の始元とその終末、魂の不滅と消滅、等々――については、我々にはこれを知ることができない。”と、云うものです。
 カントが我々の認識し得る領域を我々の経験し得る領域に限り、それ以外の領域――カントのいわゆる「可想界」――は、我々には認識し得ない、と、厳密かつ明確に区分したことは、哲学史上に画期をなす、大いに意義のある成果でした。
このことによってカントは、哲学から経験科学を追放し、純粋に哲学の領域を明瞭にしたのです。
しかしカント自身は、その意義を正しく認識することはなかったようです。
彼が明確にした哲学の領域は、彼にとっては、認識不可能な領域だったのです。
カントはその領域における認識を放棄し、そこに神の定言命令――あらゆる人が逆らうことの出来ない、「かくせねばならない」、「かくあらねばならない」と、云う、道徳的規範――を、見出そうとしました。
エンゲルスはこのカントの成果から後退しています。
しかも、甚だしく、後退しています。
ここでエンゲルスがまとめている見解は、不可知論者のそれと云うよりも、懐疑論者のそれに近いようです。
不可知論者は、少なくとも、経験世界における認識の正しさを退けてはいません。
「対象や性質」と、「それらのものが自分の感官に生じさせた印象」とが一致する可能性を、不可知論者は否定していないのです。
その一致を、あるいはその不一致を、いかに論証するか、それが不可知論者たちを後継する哲学者の課題でした。
その課題は「疑いもなく、たんなる論証によってはうちやぶることはむずかしい」課題です。
エンゲルスはその課題を、「論証のあるまえに行動があった。」「プディングの味は食ってみればわかる。」と、述べて、解決しようとしました。あるいは、解決したつもりになっているようです。
しかしこれは問題の解決ではなく、問題のすりかえです。
「論理の筋道」を、「議論によって打ち破る」べきであるのに、エンゲルスは、「この論理の筋道」を、「議論によって打ち破る……困難」から、逃避しています。
エンゲルスのこの態度は、古代ギリシアの時代、キニクの徒であるシノペのディオゲネスが、有名なゼノンのパラドックス(「アキレスは亀に追いつけない」、「飛んでいる矢は静止している」)に対する反論として、無言のまま立ち上がって、あちらこちらと歩き廻った、と、云う逸話を思い出させます。
このことについて、ヘーゲルは次のように述べています。
「つまり彼は、それを行動によって反駁したのである。けれども、理論の闘争には理論に基づく反駁のみが有効である。我々は感性的確実性に満足すべきでなく、概念的に把捉すべきである」
エンゲルスもヘーゲル哲学から出発したようですが、ヘーゲルの『哲学史』は、読み落としていたようです。あるいは読んでいても、忘れてしまったのかもしれません。それとも、エンゲルスがこの稿を書いた頃には、ヘーゲルの『哲学史』は、出版されていなかったのでしょう。あるいは、出版されていても、手に入らなかったのかも、しれません。
とまれ、ここで、エンゲルスが、哲学を放棄していることはたしかです。
“プディングとはなにか”を規定しようとしているときに、“食べてみればわかる”と云うのですから、その滑稽は容易に看取されます。
それがプディングであるか、そうでないかが、その味で決定されるのだとしたら、それがプディングであるか、そうでないかを知るためには、あらかじめ、プディングの味を知っていなければなりません。
と、すれば、その人はすでに、プディングのなんたるかを、知っていることになります。
プディングとはなにかをすでに知っている人に、プディングとはなにかを説明するのは、それも、「概念的に把握」させようとするのならまだしも、「食ってみればわかる」と云うのは、いかにも滑稽ではありますまいか。
プディングを食べたことのない人間にプディングを食べさせて、
「これがプディングだよ」
と、云っても、その人はプディングのなんたるかを知ることはないでしょう。
エンゲルスは“プディングとはなにか”と云う問題を、“プディングの味”の問題にすりかえています。
事象を思惟によって把握するのが哲学です。
エンゲルスは――少なくとも、ここでは――哲学を放棄しています。
経験世界の事象だけに限定しても、プディングならばそのものを差し出し、食べさせてみることも可能でしょうが、これが例えば、「愛」ですとか、「友情」ですとか、「無限」、「善」、「空間」、「絶対」とかでしたら、エンゲルスは、どのように説明するのでしょうか?
食べさせてくれるのでしょうか?
哲学は、これらの経験世界における諸規定などよりも、もっと抽象された概念を取り扱います。
そうなると、エンゲルスは、とても太刀打ちできないでしょう。
第一、プディングならば食べられるかもしれませんが、ストリキニーネとなると、そうはいかないでしょう。
それともエンゲルスは、ストリキニーネの味は食べてみればわかる、と、云って、食べてみるのでしょうか?
| 哲ッちゃん | 哲学のおと | 11:03 | - | - |
デカルトとベーコン
cogito,ergo sum(我思う、ゆえに我有り)――デカルトの有名な命題である。
この命題は、「思考」と「存在」の同一を表現したもの、と、思われている。
しかしそれは間違いで、この命題の重要な点は――、
「思考“する”」と「存在」の同一、つまり、“運動”がすなわち“有”である、と、云うことを、表現したところにある。

多くの人々が指摘しているように、“cogito,ergo sum”の“ergo”は不要である。
“cogito”は“sum”と同じであり、“ergo”による接続を必要としない。
“cogito”はすなわち“sum”であり、“sum”はすなわち“cogito”である。
デカルトによって、思惟の働きこそが根本存在(有)であることが、明確になった。
思惟こそが有であり、思惟の働きこそが有の動きであり、思惟の働きすなわち有の動きこそが、哲学の対象である。

デカルトから、近代哲学が始まる。
この命題によって、思惟による思惟の把握、と、云う、哲学の根本が明確にされた。


同じ頃、ヴェルラムのベーコンは、感覚による事物の把握に重点を置き、実験を重視した。
人間が対象を把握するのは感覚によってであるが、感覚は不確かで、対象の把握に際して、誤ちを犯すことが少なくない。その誤りを正し、精確に対象を捉えるためには、実験が重要である、と、ベーコンは考えた。

実験こそが、感覚による事物の把握に確実性を与える、実験によって、感覚が事物の把握に際して陥る誤謬を排除し得る、と、考えたのである。

ベーコンによって、自然哲学に新たな道が拓り開かれた。
自然哲学は発展し、自然科学となった。
ベーコンの功績は、自然哲学であったものを、自然科学へと発展させる道程を拓り開いたことによる。
自然の事物や現象を対象とする学を哲学から切り離したことが、――少なくとも、そのきっかけをつくったことが、――ベーコンの哲学史上における偉大な功績である。

哲学の対象から自然が分離され、思惟は自分自身がつくりだしたものを対象とするようになった。
さらに思惟は、自分自身でつくりだしたものをも、自分自身から分離して、個々の学問、科学として、確立していくようになる。
すなわち、国家組織の在り方(国家学)、国家統治の手法(政治学や法律学)、芸術による表現(芸術学、美学)、さまざまな人間の営み(歴史学)、信仰心(宗教学)、心の働き(心理学)、等々、である。
現在われわれが社会科学、人文科学、自然科学の名のもとに総括しているあらゆる学問分野が、哲学から分離された。
そして残ったのが、思惟とその働き、それ自体を対象とする学、哲学である。


| 哲ッちゃん | 哲学のおと | 11:38 | - | - |
やっぱり……
『形而上学』を読み続けることにする。
全集編纂の際に『自然学』を『形而上学』の前に置いたくらいだから、『自然学』が『形而上学』の前提になっているのだろう、と、思っていたが、かならずしも、そうではないらしい。
『自然学』の訳注などには、けっこう、形而上学の何処其処を参照、などと、書いてある。
どちらが先、と、云うこともあるまいが、やはり、『形而上学』を読み終えてから、『自然学』に取組むことにする。
| 哲ッちゃん | 哲学のおと | 13:46 | - | - |
アリストテレスの……
アリストテレスの『自然学』が届いた。
古本である。現在岩波書店から新版が順次刊行中であるが、『自然学』がいつ刊行されるのか、不明であるし、ちょうど手頃な価格で売っていたので、註文したのである。
『形而上学』を読んでいる途中だが、いったん中断して、明日から、『自然学』を読むつもりである。
| 哲ッちゃん | 哲学のおと | 22:48 | - | - |
ヘーゲル『哲学史』
ヘーゲル『哲学史』上巻(岩波書店)を読んでいる。
順調に行けば、明日には読み終わる。
これを読み終えたら、アリストテレスの『形而上学』(岩波文庫)を読む。
このふたつを主にして、古代ギリシア哲学を整理する。
来年には取り掛かれるだろう。
当面はソクラテス以前、タレスからアナクサゴラスまでをやる。
もっとも、先々どうなるかは分からない。気が変わることも大いに有り得る。いまのところの予定である。
| 哲ッちゃん | 哲学のおと | 22:24 | - | - |
『大論理学』(上巻の一)読了
昨日、『大論理学』(上巻の一)を読了した。
いわゆる「有論」の「質」に該当する部分である。
「有論」は『大論理学』の、と云うことは、ヘーゲル哲学の核心をなす部分であり、エッセンスが凝縮されているところである。
ヘーゲル哲学の理解にとって、最も重要なところである。
しかし、逸脱や混乱、先走りなども多く見られる。
それらの――謂わば――“贅肉”を削ぎ落とし、スッキリとした論理の体系として把握するには、そうとうな思惟の力を必要とする。
その力があるかないか、それはやってみなければ分からない。
「泳ぎをおぼえるためには、まず、水の中に入らなければならない」のである。
| 哲ッちゃん | 哲学のおと | 15:01 | - | - |
『エンチュクロペディー』読後感
『エンチュクロペディー』を読み終えた。
基本、論理学(いわゆる『小論理学』)部分の、とくに「有論」部分の考え方が全体を貫いているように思われる。
個々の規定概念がどのように生じてくるかをもう少し注意して読めば、なお面白くなるだろう。
不完全で不徹底かもしれないが、その意図の壮大さには瞠目せざるを得ない。
| 哲ッちゃん | 哲学のおと | 15:45 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS