ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
電子メールの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さばの酢漬け(半尾)、ほうれん草と白菜と椎茸の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、ぬた、木綿奴、納豆、味付海苔


ふと思ったのだが、酢漬けに使った漬け酢を飲んでも、結構栄養分が摂取できるのではないだろうか。なにも健康に悪いものが漬け酢のなかに流出しているわけでもあるまい。
ぬたの酢味噌も、再利用できないだろうか。そのまま捨てるのは、如何にも勿体ない。砂糖を入れてあるのでさして日保ちはしないだろうが、それにしてもなんとか使えそうなものである。
今回、ツナと白菜のスープ煮と、ほうれん草と白菜と椎茸の胡麻和えで、1/2本の白菜を使った。ツナと白菜のスープ煮だけでも1/2は使えるだろう。白菜の大量消費にはもってこいである。
白菜を大量に消費する、と、云うよりも、白菜を大量に摂取する、と、云ったほうが、わたいの生活には相応しいかもしれない。地方生活に縁故のある方々なら、「お隣から白菜をたくさんいただいて……」とか、「実家から白菜をたくさん送ってきて……」などと云う事象があるかもしれないが、しがない会社員一家の人間には、ついぞ縁のない話である。
安月給の貧乏のと自嘲していても、こう云った猴章臭瓩あるのなら、結構なことである。
大豆も栄養分豊富な食材である。豆腐、納豆、煮豆、薄揚げ、厚揚げ、湯葉、おから(雪花菜)、高野豆腐(凍り豆腐)、等々、思い出せばいろいろある。いずれも低カロリーにして高タンパクな、しかも植物性のたんぱく質である。栄養面、健康面からすれば、牛肉なんぞよりもはるかによろしい。しかも廉価である。やはり日本の食品は、素晴らしい。ただ残念なのは、その素晴らしい日本食の材料が、外国産になっている、と、云うことである。小型航空機で農薬を散布するような国の大豆でつくった製品など、おぞましい限りである。もっともそんな国の製品でも、安保条約がある限り、「国産」と表示されるであろうが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |
電子メールの日のひとりめし(昼-弁当))
麦飯(みそかつおにんにく)、さばの酢漬け(1尾)、ほうれん草と白菜と椎茸の胡麻和え、かぼちゃの煮物


今日の弁当は大盤振舞いである。さばの酢漬けを1尾まるまる入れた。この大きさのさばが2尾(2枚おろし?)で500円(税抜)である。高いのか廉いのか判らないが、4食分はあるので、1食=125円(税抜)と思えば、まあ、廉いほうであろう。
酢は平生あまり使わないが、これは貴重な調味料である。昨日も記したが、その殺菌作用、防腐作用は重宝である。
「酢につけ味噌につけ」(なにかにつけて、の、意)と云う言葉があるように、日本では昔からなじみ深い調味料であった。とくに、握り寿司やちらし寿司にはもちろん、押し寿司、鮒寿司、さば寿司など、寿司には欠かせない調味料である。そもそも「すし」とは「酸し(すし)」から来た、と、云う説があるほどである。
酢は血中脂質を下げ、内臓脂肪の蓄積を妨げ、カルシウムの吸収を促進し、疲労回復効果がある。魚介類の酢漬け、マリネ、南蛮漬け、酢豚などは、まさに格好の料理である。
さばの酢漬けは南蛮漬けよりも手軽で、それでいて味は好く、栄養面でも遜色ない。野菜が入ってない分、やや劣るが、なに、野菜は別途、補給すればよいのである。
そう云えば、南蛮漬け風に料理ってみようと思いながら、ピーマンが廉く売ってなかったのであきらめた。今度ピーマンが廉かったら、ぜひやってみよう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |
電子メールの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん(3個)


今日は狹纏劵瓠璽襪瞭瓩任△襪蕕靴ぁ
Wikipediaによると、狹纏劵瓮奪察璽献鵐斡┻腸顱文 Eジャパン協議会)が1994年に制定瓩靴燭發里如↓燹1(いい)23(ふみ)」(いい文・E文)の語呂合わせ瓩覆里世修Δ澄
H江T文氏が狹渡辰鬚けてくるやつは仕事ができない。メールを使え瓩髪召主旨のことをのたまっておられたが、もはやメールすら、時代遅れである。LINEやメッセンジャーなどが主流と聞いたが、わたいが聞いた時点で、それらもすでに、時代遅れであろう。いわんやBlogなぞにおいてをや……。
それにしても狹纏劵瓠璽覘瓩箸呂もしろい。昭和世代の狹典の簑庫瓩世箸、狹典だ濯機瓩覆匹髪召辰晋世げ鵑靴鰈牌覆気擦襦昭和も後期〜末期になると、たんに猯簑庫瓩世箸狎濯機瓩世箸云ったように、現在でももっぱら爛瓠璽覘瓩髪召┐弌↓狹纏劵瓠璽覘瓩里海箸任△襦
逆に、若者たちが、狹典き瓩任覆の簑庫や洗濯機が想像しにくいように、狹纏勠瓩任覆ぅ瓠璽襪眩杼しにくかろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
電気であろうが電子であろうが、メールであろうがLINEであろうがメッセンジャーであろうが、そんなこととはまったく一切これっきりも係り合いのない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:10 | - | - |
D・W・グリフィス監督の誕生日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、ほうれん草と白菜と椎茸の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、ぬた、木綿奴、納豆、味付海苔


以前にも記したが、わたいのいわゆる爐未伸瓩蓮△垢覆錣銑倏鯒の酢味噌和え瓩任△襦G鯒のアリシンと酢のクエン酸回路が相まって食欲をそそり、エネルギィ代謝をよくしてくれる。
米に麦(ビタヴァレー)を混ぜて麦飯としているわたいとしては、ビタヴァレーに含有されているビタミンB1を円滑に吸収してくれる、心強い味方、なのである。
また、味噌が世界に誇る発酵食品であることは、いまさらここに喋々するまでもない。東洋の発酵食品は、チーズやヨーグルトなどと違って、栄養があるだけでなく、保存が利き、しかも様々な料理に応用できる。とりわけ味噌は、味噌汁はもちろんのこと、酢味噌和え、みそ焼き、田楽、からし味噌、肉味噌、等々、挙げていけば限がない。漬物とて同様である。
日本の発酵食品はほとんどが植物性食品なので、非常に健康によろしい。ピクルスやマリネよりも漬物や酢の物を、ポタージュやスープよりも味噌汁や粕汁を、積極に摂取するべきである……などと記しているわりには、ツナと白菜のスープ煮が献立にあがっているが、それはそれ、で、ある。
今回白菜を大きめに切り、弱火〜とろ火でクタクタになるまでじっくりと煮込んだ。大きめに切ってあるので、トロトロにはなるが、食物繊維だけにはならない。白菜の旨味が充分に出て、身体も温まる、重宝な献立である。いくらわたいとて、なにがなんでも西洋風のものを拒絶する、と、云うわけではないのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
D・W・グリフィス監督の誕生日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、鰯の生姜煮、ほうれん草と白菜と椎茸の胡麻和え、かぼちゃの煮物


エビス南瓜でも、くり南瓜でもない、メキシコ産の南瓜であるにもかかわらず、これが結構おいしい。長年の味付修行における修練の結果である、と、云いたいところだが、残念ながら、まだまだその域には達していない。単に素材がよかった、と、云うだけの話であろう。
例によって日曜に料理り、冷蔵庫で保存し、当日の朝に電子レンジで温めなおして持っていくのだが、それでもほくほくした甘味があって、温かく感じるのだから不思議である。
鰯の生姜煮も、味付けに失敗しなくなった。潰した梅干、あるいはチューヴの梅肉を入れるのがコツのようである。
今回の鰯は大ぶりで、そのぶん数が少なかったが、そこはそれ、骨がしっかり食べられるから、カルシウムの摂取にはよろしかろう。鰯、鯖、鰺、秋刀魚、これらは栄養価高く、味わいよろしく、お値段お廉い、まさに狢臀圧瓩任△襦
もっとも、明石のさんまは、あらゆるイミで爐高い瓩修Δ任△襪……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:17 | - | - |
D・W・グリフィス監督の誕生日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん(2個)


今日は映画監督 D・W・グリフィス氏の誕生日である。
映ちゃんによると、 D・W・グリフィス氏は牘撚茲良祗瓩箸盡討屬戮人物で、彼によって現在の映画の基礎が築かれたのだそうである。
現在当たり前のように使用されている撮影や編集の諸技術───牋榮飴1董▲侫薀奪轡絅丱奪、フェードイン・アウト、アイリスイン・アウト、ポイントオブビュー(主観の切り換え)、イマジナリーラインなど瓩竜史,鮴犬濬个靴燭蝓↓牋譴弔離掘璽鵑鬟蹈鵐哀轡腑奪函▲潺疋襯轡腑奪函▲ローズアップといった違うショットサイズで撮影したのもグリフィスの功績である瓩蕕靴ぁWikipedia/「D・W・グリフィス」より)。
「西部劇の神様」と呼ばれるジョン・フォード監督も、「グリフィスは偉大な監督だ。彼がいなかったら我々はいまだ幼稚な域にとどまっていたに違いない」と、敬意を表している。
グリフィス監督の代表作としては『国民の創生』や『イントレランス』があるが、前者は165分、後者は180分の大長編である。当時としてはもちろん、現在の基準に照らし合わせてみても、超大作と呼ぶにふさわしい内容と長さを持った作品である。
グリフィス監督の下からは、エーリッヒ・フォン・シュトロハイム、ラオール・ウォルシュ、マック・セット、ライオネル・バリモア、ダグラス・フェアバンクス、メアリー・ピックフォードなど、映画史にその名を刻む人々───監督や脚本家、俳優など───が多く育ったが、わたい個人としては、リリアン・ギッシュ嬢が大のお気に入りである。
なお、1953年に全米監督協会は長年にわたり映画界に功績を残した監督を称えるD・W・グリフィス賞を創設したが、『國民の創生』が人種差別的な描写であることから、「映画界の開拓者として評価するも、白人優越主義は人種差別を増長させる」と協会がグリフィスを批判瓩掘△海里燭甅1999年にグリフィス賞は廃止された瓩修Δ任△襦この賞は、爛献腑鵝Ε侫ード、アルフレッド・ヒッチコック、黒澤明、フランシス・フォード・コッポラなど錚々たる監督たちが受賞した畍威ある賞だっただけに、残念な気がしないでもない。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
映画監督にも撮影監督にも、スタッフにもキャストにも俳優にも、まったく縁のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:13 | - | - |
料理番組の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、ほうれん草と白菜と椎茸の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、ぬた、木綿奴、納豆、味付海苔


ツナと白菜のスープ煮は洋風の味付けに凝っている。和風の味付けでもいいのだが、和風の味付けにすると、汁が多くなってしまう。味付けに酒・醤油を用いるのだから当然なのだが、そうすると、もう少々ほかの具を入れたくなる。例えば、大根とか、椎茸とか、しめじとか、キャベツとか……。もっともそうなると、「ツナと白菜のスープ煮」と云う範疇から変化して、別の献立になってしまうであろうが……。
鰯の生姜煮は、1尾1尾が大きく、そのぶん数が少なかった。生姜煮用と云うより、天麩羅やフライに向いているだろう。しかしながら、わたいは油を多量に使用する献立は好まないことは、常々記しているとおりである。気が向けば、猴箸欧覆き瓮轡蝓璽困藁鼠るが、さすがに猴箸欧覆き疆兼詫紊覆襪發里亙垢い燭海箸ない。探せばあるのだろうか。
秋口あたりから、猴箸欧覆き瓮ぅ錺轡侫薀い筬猴箸欧覆き瓮▲献侫薀い覆匹鯲鼠りたく思っていたのだが、最近はあまりそんな気がしなくなった。困ったものである。「思い立ったが吉日」とはよく云ったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:14 | - | - |
料理番組の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、鶏肝の生姜煮、ほうれん草と白菜と椎茸の胡麻和え、かぼちゃの煮物


鶏肝の生姜煮、と、云えば、たいていはニラを入れるであろう。
実際ニラとレバーとは栄養面でも相性がいい。伊達に組み合わせられているわけではないのである。
肝にはタンパク質、鉄分、亜鉛、ビタミンA、B1、B2、葉酸が多く含まれており、ニラにはビタミンAをはじめ、葉酸、食物繊維、カリウムなどが豊富に含まれている。
まさに栄養分の宝庫である。
しかし、ニラの代わりに白葱、と、云うのも、これまた捨てがたい組み合わせである。
ニラにはもちろんであるが、白葱にも多くのアリシンが含まれている。アリシンはビタミンB1と結合して、その効果を高からしめる。すなわち、糖質をエネルギィに変換しやすくするのである。と、なると、白葱でも立派に、ニラの代用となりうるはずである。
そしてこれまた幾度も記しているように、白葱を入れると、臭みが除去されて味わいがまろやかになり、食べやすくなる。ニラや肝の生臭さが苦手な人にはおススメかもしれない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |
料理番組の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん(2個)


今日は猯鼠番組の日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1937年のこの日、BBCが世界初の料理番組『夕べの料理』を開始したことにちなむ瓩里世修Δ任△襦
1937年と云えば、昭和12年である。ずいぶん早い時期のように思えるが、まさかラジオ番組でやったのではあるまい。
料理番組はやはりTVでないと、意味がないように思える。と、思ったが、現在でもラジオで料理のコーナーを取り入れている番組があるのだから、まんざらラジオ放送で料理番組は不可能だ、とも、云い切れまい。まぁ、ABCラジオの毎週土曜日午前7時半から10時まで放送されている「サクサク土曜日 中邨雄二です」のなかの「ともミラクル☆クッキング」を、料理番組とみなしての話だが……。
わたいはめったにTV番組を見ることはなく、ましてや料理番組などはまったく見ない。ただ、平野レミさんはごヒイキである。あんなに明るいキャラクターは、そうそういるものじゃない。昨今のカンチガイ女子タレによくあるように、ただたんに自分だけがはしゃぎまわっているのではなく、周囲の人々にも、自然な幸福感を湧きあがらせてくださる。平八の台詞を藉りれば「苦しい時には重宝」な方である。さすがは和田誠さんのご令室である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
TV番組であろうが、ラジオ番組であろうが、そもそも料理番組自体と、まったく一切からっきし縁のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:10 | - | - |
玉の輿の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鶏肝の生姜煮、ほうれん草と白菜と椎茸の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、ぬた、木綿奴、納豆、味付海苔


実に久しぶりにぬたを料理った。春から初夏くらいには料理ろうと思うのだが、この季節にはあまり料理ろうとは思わない。しかし白葱は冬が旬なのだろうから、いまぐらいに料理っても、別段不思議はないはずである。
ぬたと酢味噌和えはどう違うか、と、云うと、同じものらしい。
しかしわたいは、白葱の酢味噌和えを特別に爐未伸瓩噺鴇里靴討い襦深い理由があるわけではない。たんなる習慣である。
で、酢を使ったものは、主に夏場の食欲減退期に、料理ろうと思うようになる。酢の食欲を増進させる効果が発揮されるためであろう。酢には殺菌作用があるとともに、食欲を増進させる効果がある。酢の物、もずく、酢味噌和え、などは、減退した食欲をそそるのに最適な献立である。
それをなぜこの時期に料理ったかと云うと、いつも行く商店街の店で、結構太く長いのが、3本=100円(税抜)で売っていたのである。たいていなら、2本=128円(税抜)くらいである。豈これ買わざるべけんや、で、ある。
そんなわけで、半本は鶏肝の生姜煮に入れ、あとはぬたにした次第である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:04 | - | - |
玉の輿の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鶏肝の生姜煮、ほうれん草と白菜と椎茸の胡麻和え、かぼちゃの煮物


ほうれん草と白菜の胡麻和えに椎茸を入れた。自家製の干し椎茸を水で戻して軽く湯掻いたものである。
椎茸に含まれるエルゴステロールは日光に当てるとビタミンDに変化する。ビタミンDはカルシウムの定着を促進するのに欠かせない栄養素である。
現代日本人に不足している栄養素、と、云えば、カルシウムとビタミンAがよく知られているが、近年ではこのビタミンDの不足が問題になりつつあるらしい。つまり、いくらカルシウムに気を付けて摂取しても、効率よく定着しない、と、云うのである。
ビタミンDは人体が日光を浴びることによっても醸成される。が、日光すなわち紫外線、で、ある。紫外線が犹牾伽瓩覆匹噺討个譴觝鮑、なるほど、ビタミンDも不足するであろう。
わたいもあまり外に出ない。たまに出ても、歩くのはほとんど地下街である。これではビタミンDも合成されないであろう。意識して摂取すべき所以である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:02 | - | - |
玉の輿の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日は犇未陵舛瞭瓩任△襪蕕靴ぁ
Wikipediaによると、1905年のこの日、アメリカの実業家J・P・モルガンの甥のジョージ・モルガンが祇園の芸妓・お雪と結婚した瓩海箸砲茲襪里世修Δ任△襦なお、爐雪は「日本のシンデレラ」と呼ばれた瓩里世修Δ澄
モルガンと云えば、わたいでも知っているくらいの大実業家である。J・P・モルガンと云えば、爛▲瓮螢の5大財閥の1つであるモルガン財閥の創始者瓩任△蝓↓爛殴奪謄ンゲン大学を卒業後、ロンドンで父が起こしたJ・S・モルガン・アンド・カンパニーを受け継ぎ、19世紀末には世界最大の銀行家となった。その豊富な資金力を活かして多くの鉄道を経営・統合し、USスチールも設立した瘢縅啣箸任△襦
その甥と結婚したと云うのだから、如何に祇園の芸妓が花柳界のトップクラスであるとは云っても、なるほど、玉の輿である。
しかも1905年、明治38年と云う時代を考えると、なおさらである。
M澤と強欲……もとい、剛……だれだったかな? とのママゴトや、加藤なんちゃらとか云うちゃらけ者とは、品も格も違う。
それにしても、明治38年にすでに、玉の輿を表現するのに、シンデレラを引き合いに出すところなど、すでにシンデレラは多くの日本国民に知られていた、と、云うことだろう。ナカナカに興味深い事実である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
花柳界の女性が玉の輿に乗ろうが、腰の玉に乗ろうが、M澤と強欲……もとい、剛…なにがしが破局しようが破廉恥しようが、下等……もとい、加藤なんちゃらが離婚しようがしまいが、そんなこととは一切無縁の、清浄高潔清廉潔白な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:00 | - | - |
尾崎紅葉祭の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鶏肉と大根の煮物、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


今週はほぼ予定通りに消化した。鶏肉ハンバーグが3個ほど残っているが、これは土日で消費せざるを得まい。冷凍保存しておく手がないではないが、あいにく冷凍室がほぼ満杯なのである。茹でブロッコリを冷凍保存してあるのが、けっこう場所を占めているようである。
金曜の夜から土日の食事は、基本外食としていたのだが、冬季になると、寒さと面倒臭さがコラボして簡単に済ますことが多い。困ったものである。
来週であるが、なににしようか迷っている。今週が鶏肉だったので、今度は魚肉か豚肉にしようと思っているが、なにを料理ろうか、それがはっきりしていない。とりあえず、買い出しに出かけてから考えるつもりである。
買い出しに出かけてから決められるようになったのは、我ながら進歩である。それだけ、料理れる献立の種類が増えた、と、云うことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:12 | - | - |
尾崎紅葉祭の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん(2個)



「今月今夜のこの月を、僕の涙で曇らせてみせる」
現在ではこの台詞をご存じの方も稀になってしまったようである。
昔はわたいたち小中学生でも知っていたのであるが……。
尾崎紅葉の筆になる『金色夜叉』の名場面である。
ただ、この場面は知っていても、『金色夜叉』自体がどう云う内容の作品なのか、またこの場面はどんな筋の流れで顕現しているのか、そのことを知っている者はほとんどいなかった。不肖、わたいもそのひとりであった。
『金色夜叉』は狷蒜篆景垢1897年(明治30年)1月1日 - 1902年(明治35年)5月11日まで連載された。前編、中編、後編、続金色夜叉、続続金色夜叉、新続金色夜叉の6編からなっている瓩里世修Δ任△襪、犲紘中に作者が死亡したため未完成瓩任△蝓△修慮絖犢藩嫐膕爾両栗風葉が1909年(明治42年)に「終編金色夜叉」を書き継いだ瓠Wikipedia/『金色夜叉』より)。
この作品は映画、TV、舞台などで何度も上演され、ドサまわりの田舎芝居でもさかんに演じられていた。
その際特に人気を博したのが、主人公の間寛一とお宮が熱海の海岸で繰り広げる別れの場面である。
その際寛一が放つ罵倒の言葉は、名台詞として、幼少のわたいたちも憶えたくらいである。
なるほど、熱海市が尾崎紅葉祭を催すのもむべなるかな、で、ある。
ちなみに、わたいたちが幼少にしてこの熱海海岸の名場面を知り、またこの名台詞を憶えていたのは、なにもわたいたちが早熟な文学幼少年であったためではない。
当時の人気番組で、ドリフターズが、よくこの場面のコントが演じられていたからである。寛一が加トちゃん、お宮が仲本工事、と、云う組み合わせが多かったように思う。
いまにして思えば、ナカナカに教養豊かな、教育的な番組だったのである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
月が曇ろうが曇るまいが、寛一とお宮が別れようが別れまいが、ドリフに教養があろうがなかろうが、そんなこととはまったく一切どんなつながりもない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:11 | - | - |
日本初のアイススケート場開場の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鶏もも肉と大根の煮物、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


鶏もも肉と大根の煮物は、今季のヒット賞! であった。
大根がやや薄めであったのが難であるが、これは次回からもっと厚めに切るようにすればよい。
鶏もも肉のほうはうまくいった。味がよく染みて、ほろほろとした食べ応えがあって、これはイケる。
骨付きのぶつ切り肉を使えば、骨から出汁や髄液などが出て、よりコクのある味になったであろう。ただそうすると、より脂っぽくなるだろうことが、難と云えば難である。
わたいは基本、洗い物に洗剤を使用しない。皿であろうが、保存容器であろうが、調理器具であろうが、もっぱらお湯だけで洗う。食器用洗剤を使うのは、油を使用して調理したときの調理器具を洗うときくらいである。
わたいは基本、少々の油汚れなら、お湯で十分落とせる、と、信じている。
と、云うのは、お湯で洗いものをすると、手が荒れる。手が荒れる、と、云うことは、それだけ手の皮脂が洗い流されている、と、云うことである。手の皮脂が洗い流される以上、食べ物の油脂も洗い流せるはずである。
これを逆に云えば、お湯で洗い流せないような油脂を含有した食物は、身体に悪い、と、考えて差し支えない。わたいはそう信じているのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |
日本初のアイススケート場開場の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、鶏肉ハンバーグ、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


かぼちゃの煮物はほぼ失敗なく料理れる、数少ない献立のひとつである。だからと云って、格別うまく料理れる、と、云うわけではないが。
「エビス南瓜」あるいは「くり南瓜」が絶品である、と、以前記したが、今回のは残念ながら、メキシコ産の南瓜である。念のために申しあげておくが、メキシコ産が悪い、とか、まずい、とか、云おうとしているのではない。ただわたい個人の感想としては、やはり、味が落ちることは否めない。
それにしても、こうしていろいろな種類のかぼちゃが入ってきている、と、云うことは、ありがたいことである。味較べができるし、含有栄養価も、それぞれで違っているだろう。
同じ食材でも、産地や育成方法によって、ときには別物であるかのように味が変わることがある。それもまた、料理の愉しみのひとつである。
もちろん、料理法や料理人の手腕によっても、その味は大きく変化する。これについては……わたいの場合、まだまだ未熟、不徳の致すところ、と、云わざるを得ない……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:55 | - | - |
日本初のアイススケート場開場の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん(2個)


1876年の今日、 横浜に日本初のアイススケート場(氷すべり場)がオープンした(Wikipediaより)。
1876年と云えば明治9年である。
アイススケート・リンクの歴史は、意外と古いのである。それ以前でも、氷結した河川や湖などで、アイススケート(あるいはその原型となる遊戯)を愉しんでいたことはあったであろう。
それにしても、当時アイススケートはどれだけの人気があったのであろうか。夏目漱石の『こころ』(1914年-大正3年)には、語り手の「私」が避暑に鎌倉の海水浴場に行く描写があり、また『三四郎』(1908年-明治41年)には運動競技会の場面が描かれているが、残念ながら、アイススケートの描写はどの作品にもない。
八戸出身の小説家である三浦哲郎氏の作品には、アイススケート場が出てくる作品があるそうであるが、残念ながら、未読である。散作も読んだことがないらしい。
わたいは幼稚園児の頃、アイススケートを習っていた記憶がある。スケートリンクで、よちよち歩いたり、上手く滑ったり、派手に転んだりした記憶がある。あまり楽しかった憶えはない。
中高時代の友人で、フィギュア・スケートで国体に出場したやつがいたことを、最近になって知った。あいつ、そんな特技(?)まで、持っていやがったのか? 頭もいいし、顔もいいし、人当たりの好い、好人物である。まったく、天は、与える人間には、二物も三物も与えるものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
アイススケートとも、アイスコーヒーとも、アイスクリームとも、愛することとも、愛されることとも、一切全くからっきし関係のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:53 | - | - |
日本最初の小学校設立の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鶏肉ハンバーグ、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


ツナと白菜のスープ煮に椎茸を入れればよかった。
鶏肉ハンバーグに入れてもよかった。
生椎茸を買ってきたのだが、すべて干椎茸用に使ってしまった。
大根も、鶏もも肉と大根の煮物に使って残ったものは、すべて切干大根用に使ってしまった。
年末にひもの干し網を購入したので、嬉しがって使っているのである。本来残菜の有効活用のため、保存食つくりのために購入したのであるが、こうなっては本末転倒である。
こうして考えてみると、難にでも入れられて、椎茸も結構、使い途があるようである。とりわけスープや煮物などに入れると、いい出汁がでて、旨味がグッと引き立つのではないか、と、思われる。
鶏肉ハンバーグは、鶏むね肉の合挽肉で料理ったものである。
まず、玉葱を弱火で30分近く炒め、賽の目切りにした人参を炒める。
つぎに、鶏むね肉の合挽肉に玉子とパン粉を入れ、そこに炒めた玉葱と人参を入れて捏ね混ぜる。
小判型に成形してフライパンで焼く……のだが、これが狆判型瓩匹海蹐任呂覆なってしまった。言い訳すれば、パン粉を入れ過ぎたのか、粘着がよくて、なかなか小さく成形するのが難しかったのである。
小さく成形しないと、表面ばかり焦げて、中までしっかりと火が通らない。さいわい、今回は大丈夫だったが、次回からはちゃんと狆判型瓩棒形するよう、気を付けなければならない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:48 | - | - |
日本最初の小学校設立の日のひとりめし(昼-弁当))
麦飯(角切山椒昆布)、鶏もも肉と大根の煮物、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


ほうれん草と白菜の胡麻和えがどうも水っぽい。きっちり絞ったはずなのだが、甘かったのだろうか。そのせいか、どうもいまひとつ味の染み具合が悪い。
味つけはすりごまに砂糖を入れ、濃口醤油を混ぜ合わせたものなのだが、これが薄かったのかもしれない。
それともほうれん草の甘味が強いのだろうか。このほうれん草は味がよくて、おそらくは産地直送の新鮮野菜であろうと思われる。スーパーで売っているものとはやはり違う。わたいでも判るほどだから、よほど良品であろう。
鶏もも肉と大根の煮物は、逆に味が濃い目になってしまった。長々と煮込むのだから、味付けは薄めでもよかったかもしれない。しかし初めて料理ったにしては、上出来のほうだろう。鶏肉にも大根にもしっかり味が染みていい食感である。大根はもう少し厚めに切ったほうがよかった。あと2〜3回料理れば、コツもつかめるだろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:44 | - | - |
日本最初の小学校設立の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん(2個)


今日は牾慇に基づいた日本で最初の小学校瓩任△覘狹豕師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)爐設立された日である。
1873年、すなわち明治6年のことである。
ここでややこしいのは、これが狷本で最初の小学校瓩任呂覆、牾慇に基づいた疇本で最初の小学校、で、あることである。
それならば、学制に基づかない日本で最初の小学校はどこか、と、云うと、不明にしてわたいは知らない。興味がおありの方は、ご自身でググるなりウィキペディるなりしてください。
学制、と、云うのは、猝声5年8月2日(1872年9月4日)に太政官より発された、日本最初の近代的学校制度を定めた教育法令瓩任△蝓∪擬阿砲廊猝声5年8月2日太政官第214号瓩任△襦
Wikipediaによると、109章からなり、「大中小学区ノ事」「学校ノ事」「教員ノ事」「生徒及試業ノ事」「海外留学生規則ノ事」「学費ノ事」の6項目を規定した。全国を学区に分け、それぞれに大学校・中学校・小学校を設置することを計画し、身分・性別に区別なく国民皆学を目指した瓩里世修Δ任△襦
初代文部卿として当時の文部行政の頂点に立っていたのは、佐賀の七賢人のひとりに数えられる大木喬任である。
明治草創期の日本は、なにも金儲けや軍備整頓だけに、力瘤を入れていたわけではないのである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
日本最初の小学校とも、文部行政とも、教育目的とも、まったく一切きれいスッパリ縁のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:39 | - | - |
愛と希望と勇気の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鶏もも肉と大根の煮物、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


鶏もも肉と大根の煮物は、先日仕事で外食した際に食して気に入ったもので、さっそく料理ってみた。
味つけや料理法などはまったく判らなかった───昨今の若者どもと違って古風な人間であるわたいは、店の人にその料理法を訊く、などと云うことは、無作法としか思えないのである───ので、母者の意見を参考にして自分なりに料理ってみた。
まず昆布と水で出汁を採る。大根は厚めに切って皮を剥き、あらかじめ軽く湯掻いておく。鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。
鍋に入れて火にかけ、酒、味醂、薄口醤油で味付けする。
最弱火で長時間煮る。
と、云う、手順である。
最後の「最弱火で長時間煮る」と云うのが要点である。
20分煮る→20分余熱で温める→20〜30分煮る→1時間余熱で温める、これが今回行った手順である。ちなみに使用した鍋(?)は、例によって、ビタクラフトのフライパンである。ビタクラフトなればこそ、煮るにしても最弱火でよく、また長時間の余熱を利用することもできるのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |
愛と希望と勇気の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鶏ささみのみそ漬け焼き、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


鶏ささみのみそ漬け焼きは、先週の残りである。
残りであろうがなんだろうが、腹をこわさないかぎり、苦にはならない。
ささ身は脂質少なく蛋白質多く、格好の食材である。味噌はその栄養価もさることながら、その香ばしいかおりが食欲をそそる。たとえ弁当のお菜であっても、香ばしくて食欲をそそるのである。
なんだか久しぶりにかぼちゃの煮物を料理ったような気がする。
かぼちゃは、そうは思えないかもしれないが、れっきとした野菜、それも、緑黄色野菜である。
かぼちゃには、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEが多く含まれている。
β-カロテンは粘膜などの細胞を強くして、免疫力をアップさせる働きがある。免疫力がアップすると、外部から入ってくる細菌やウイルスを撃退するだけでなく、抗がん作用も高まる。
さらにβ-カロテンには、体を酸化から守る坑酸化作用もあり、ガンや老化などを予防する効果もある。
ビタミンCが風邪の予防に効果があることは、よく知られている。
ただ炭水化物が多く、カロリーが高いので、その点は注意を要するかもしれない。とは云っても、かぼちゃの炭水化物は多糖類なので血糖値の上昇が緩やかで、しかも腹持ちがよく空腹になりにくい。
糖分の摂りすぎが心配だったり、ダイエット中などには、格好の食材と云えるだろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:09 | - | - |
愛と希望と勇気の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん(2個)


今日は牋Δ抜望と勇気の日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1959年のこの日、南極大陸で1年間置き去りにされたカラフト犬タロとジロの生存が確認された瓩海箸僕獲茲垢襪里世修Δ任△襦
南極大陸に置き去りにされながら生き延びたタロとジロの物語は『南極物語』と云う映画にもなり、多くの人々の感動を誘った。
それはそれでいいし、この2頭の犬に敬意を表するにやぶさかではないのだが、そもそもこの2頭は、なにゆえに、極寒最果ての南極大陸に取り残されたのであろうか。
それに、牋Δ抜望と勇気瓩髪召辰燭箸海蹐如△修譴呂海2頭が体現したものであって、人間の行動がそれを体現したのではない。人間が体現したのは、猝技悲と自分勝手と残酷さ瓩任△蹐Α
よしんばこの2頭を「泣く泣く」置き去りにしたとしても、そのことはこの2頭のあずかり知らぬところである。泣こうが喚こうが、極寒不毛の地に置き去られることに変わりはないのである。
己の猝技悲と自分勝手と残酷さ瓩鮹に上げて、牋Δ抜望と勇気の日瓩箸蓮△覆襪曚匹いにも爛縫鵐殴鶚瓩蕕靴い海箸任△襦
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
愛とも希望とも勇気とも、まったく一切金輪際縁のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:07 | - | - |
ブードゥー祭の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鶏ささ身のみそ漬け焼き、ほうれん草のお浸し、茹で人参&茹でブロッコリ


やって気がつく寝小便、と、云う言葉がある。爛魯泪魁辞瓩海噺良妖長一代議士がご自身の著書で述べていた言葉である。
やってるうちは気持ちいいが、ふと気がついてみると取り返しのつかない事態になってしまっている、と、云う意味のようだ。
わたいたちの間では一時期、猗反佑 死んで「しまった!」 金田一瓩髪召辰討い燭海箸ある。こちらのほうが言い回しとしては上品だろう。
今回実家から帰ってくるとき、おせちの残りをもらって来ればよかった! 実家でも半ば持て余していたし、わたいも弁当のお菜を料理る手間が省けたのに……。
まぁ、それでもなんとか今週分を料理ることができたので、それはそれでよしとしよう。
鶏ささ身のみそ漬け焼きはお気に入りの一品である。みそ床に漬けたものをフライパンで焼くのだが、この際、油は引いても引かなくてもよい。それぞれで微妙に味わいが違ってくる。どちらもそれぞれに美味である。ただここで注意すべきことは、クッキング・シートは敷かない、と、云うことである。以前それをやって、焼き味噌の香ばしい味が付着しなくて魅力が半減したことがあった。
この献立にかぎらず、みそ漬け焼きの魅力は、その焼き味噌の香ばしさが食欲をそそり、味わいを引き立てる点にある。さわらの味噌漬けも、豚肉の味噌漬けも、焼きおにぎりも、焼き味噌の香りがなくなったら、タチマチその魅力がなくなってしまう。
芸能界におけるグループ名のようなものである。狢感鉢瓩半里靴討修量松里冠せられなくなると、タチマチ巷の高慢不役立女子と変わらぬ本性が明らかになる。
食品の場合は、それでも味がよかったり、栄養があったりする。食べ物はありがたいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:57 | - | - |
ブードゥー祭の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爛屐璽疋ァ失廚瞭瓩任△襪蕕靴ぁ
よく爛屐璽疋ァ雫記瓩覆匹噺討个譴襪、犇亀舛箒掬気なく、また宗教法人として認可された教団が皆無で、布教活動もしないため、民間信仰といった方が現状に即しているといえる瓩修Δ任△襦
爐修竜啓阿和生櫃鮖箸辰織瀬鵐垢箍痢動物の生贄(いけにえ)、神が乗り移る「神懸かり」などからなる瓩發里如↓爛屐璽疋ァ爾鮗茲蟷点擇訖栖韻蓮屮Ε鵐ン(英語版)」(フォン語: hùn gan、英語: Houngan)と呼ばれる瓩蕕靴ぁ
なお、爛汽鵐謄螢△筌ンドンブレ、アフリカの民間信仰なども含めたブードゥーならびに類似信仰の信者は、全世界で五千万人にも上る瓩蕕靴、爐海譴魯船戰奪畔教の三千万人を遙かにしのぐ数字である瓩里世修Δ任△襦(Wikipedia/「ブードゥー教」より)
映画や小説などでよく怪しげな雰囲気を醸し出すために使用されているようで、有名なところでは、『OO7/死ぬのは奴らだ』や『エンゼル・ハート』などがある。小説を基に映画化されているが、小説にも映画にも、ブードゥーが描かれている。
なお『メジャーリーグ』と云う映画には、信仰の自由を求めてキューバから亡命してきたブードゥー信者の野球選手が登場する。ちなみにハイチでは、1987年、憲法により初めて国に認められ合法化された瓩里世修Δ任△襦柄扱site/前掲項目より)。
ちなみに、このブードゥー祭と十日戎とは、なんらの宗教上の連絡もない……はずである。
もちろん、わたいの食卓に並ぶ献立とにも、なんらの関連もない。
ブードゥーともチベット仏教とも十日戎とも、まったく一切金輪際縁のない、いたって無宗教無信心な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:53 | - | - |
クイズの日、とんちの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さばの酢漬け、ほうれん草のお浸し、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


別に塩焼きでも鯖ならば骨ごと食べられるのだが、酢漬けにすると、よりいっそう食べやすくなる。基本、魚は丸ごと食すべき、と、思っているのだが、さすがに鯖となるとそうはいかない。それでも骨はできるだけ食べるようにしている。貴重なカルシウム源であるし、特に背骨部分には、髄の栄養が詰まっている……ような気がする。少なくとも、カルシウムの他に、コラーゲンは含まれているだろう。
コラーゲンが美肌にいいことはよく知られているが、それ以外にも、骨の強化や皮膚の新陳代謝向上、目の老化防止や、関節炎予防、さらには内臓血管の機能向上にも効果があるのだそうである。
ほうれん草や小松菜などの青菜類は極力摂取するつもりであることは、これまでにもたびたび述べてきたところである。
この時季ならば、菊菜や水菜などもあるのだが、どうも菊菜は束当たり単価が高くて、1食分の費用がかかりそうである。水菜は葉よりも茎(枝?)のほうを食べるような感じで、葉に含まれる栄養分が少なそうである。第一水菜は、食す、と、云うよりも、香りを愉しむもの、歯ごたえを味わうもの、と、云った印象がある。
そう云えば以前、菊菜のお浸しを料理ったような記憶が甦ってきた。菊菜はほうれん草や小松菜以上に、湯に通すと嵩が減ってしまう。1食分にしようと思えば、3束くらい買わなくてはならないかもしれない。悩みどころではある。せっかく旬のものなのだから、ちょっとくらいは食しても罰は当たるまい、と、思うのだが、どうも廉きに流されてしまう。べつに貧乏性とは思わない。要するに或る種の面倒臭がりなのであろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:20 | - | - |
クイズの日、とんちの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、さばの酢漬け、ほうれん草のお浸し、茹で人参&茹でブロッコリ


昨晩食でほうれん草と白菜の胡麻和えがなくなった。先日したとおり、この正月はずっと実家にいた(とは云っても、1日から4日までだが)うえ、地元の商店街のほとんどが6日からの営業だったので、落ち着いて料理している暇がなかった……と、言い訳しておこう。
食材は近所のスーパーで揃えたものだが、いささかの割高感は否めない。しかし魚肉類は思っていたより高くない。ほぼ同額くらいである。これならばなにも商店街の店にこだわることもないようだ。
ほうれん草のお浸しは、年末に冷凍保存しておいたものである。冷凍保存が利くものはこんなときに便利である。が、何度も記しているように、冷凍食品を使用する気にはならない。近年では、昼の弁当にはおろか、家での食事に際しても冷凍食品を活用している人が増えているようである。なるほど、そこまで料理に時間をかけていられない人が増えている、と、云うことだろう。
クリエイティブな活動をしておられる方や、パートナーが料理洗濯掃除育児にまるで無関心、と、云う人が、それだけ増えている、と、云うことでもあるのであろう。
料理は冷凍食品、洗濯は乾燥機付全自動洗濯機、掃除はルンバ、育児は保育所&両親、そうして余剰のできた時間を、有効に、クリエイティブに、アグレッシブに、使用しよう、と、云うのだろう。結構なことである。わたいのような、無精で、非クリエイティブで、非アグレッシブな人間には、とても及ばぬところである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |
クイズの日、とんちの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爛イズの日、とんちの日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、爐箸鵑舛罵名な一休さん(一休宗純)から畉里蕕譴燭發里如↓燹屬い叩1)きゅう(9)」の語呂合せ瓩覆里世修Δ任△襦
なるほど、素直な語呂合わせである。
たしかに一休さんは、一休宗純などと厳めしく呼ぶよりも、気安く牋豕戮気鶚瓩噺討屬曚Δ似合わしい気がする。
それほどまでに日本国民に親しまれているのは、古来その逸話が広く知られていたからであろう。
これまたWikipediaによれば、犲腓法△修寮験兇僕諭垢弊睿辰鮖弔靴浸から江戸時代に説話『一休咄』が作られ、頓知で有名となる。昭和の中頃まで、絵本の童話の題材、紙芝居の題材として良く用いられた。特に、屏風の虎退治などの話は有名瓩箸里海箸任△襦わたいの幼少時などは、TVアニメとして人気があった。
長じてよく考えてみると、一休さんの話は、「頓智(とんち)」と云うよりは、「屁理屈」よく云って「諧謔」の要素が強いような気がする。実際にこんな子供が現在いたら、小憎らしいだけであろう。
なお彼が、正月になると先に髑髏を挿した杖を持ち、家々の門口を叩いて挨拶をして回った、と、云うのは、これまた有名な逸話である。以来、京の家々では、正月三が日は門口を閉したままにしておくようになったのだとか。人を食った、いかにも一休さんらしい逸話である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
クイズともとんちとも、皮肉とも諧謔とも縁のない、いたって素直朴訥真っ正直な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
勝負事の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さばの酢漬け、ほうれん草のお浸し、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


時節柄、白菜が野菜の主になっていることは否めない。それでも昼食に茹で人参&茹でブロッコリを入れているおかげで、4種類の野菜を摂取できている。目標の7種類/日にはあと3種類の野菜を摂取しなければならない。困ったことである。
先日食事をご一緒した人から、ベジタリアンかと尋ねられた。もちろん、否、で、ある。
ベジタリアン、と、ひとくちに云っても、その内容は様々で、とあるサイトの記事によると、爛咫璽ン(植物性食品のみを食べる)、ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品は食べる)
、ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵は食べる)、ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる)、上記の他にも多くのカテゴリーに分類されています瓩箸里海箸任△襦ややこしいものだ。本人の主義を否定するつもりはさらさらないが、一緒に食事したくはない人たちである。
宗教上の理由で特定の食材を使用した料理を忌避している人たちも同様である。
主義や信仰を否定するつもりはない。ならばそれらの人たちも、犲腟舛篆仰に基づく理由によって、特定の食材を使用した料理を忌避する人たちとは食卓を同じゅうしない瓩髪召Δ錣燭い亮腟舛鯣歡蠅靴覆い任い燭世たいものである。
まさかとは思うが、自分の主義や信仰は尊重せよ、しかし君の主義や信仰は認めない、などと云うお方は、いらっしゃいますまいね?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:33 | - | - |
勝負事の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、さばの酢漬け、ほうれん草と白菜の胡麻和え、茹で人参&茹でブロッコリ


さばの酢漬けは昨年末のヒット賞! であった。手軽で簡便で味が好く、優れた栄養価があってしかも廉価である。
今回は近所のスーパーで購入したのだが、4切で378円(税抜)なのだから、1切=94円50銭(税抜)と、鰯や秋刀魚と同じく、すこぶるお廉い。さすが狢臀圧瓩量召肪僂犬覆い値打ちである。最近は狢臀悪瓩量召肪僂犬訖祐屬里曚Δ多いが、少しはこれらの魚を見習ってもらいたいものである。
さばは近頃注目されだした(それゆえに或る意味タチの悪い)EPAやDHAを豊富に含み、ビタミン類やミネラルも豊富である。魚ならではの優良な脂質とタンパク質にも恵まれている。
昨年など、なんのTV番組で放映されたのだろうか、スーパーの棚からサバ缶がなくなったことがあり、それ自体がニュースになったものである。TV番犇鮓瓩髪召Δらいだから無理もないかもしれないが、はなはだ傍迷惑である。バカぐらい誰にも迷惑かけずに晒しようがあろうと思うのだが、現今ではそうもいかないものらしい。
TV関係者はそれが仕事だからやむを得ないかもしれないが、だったらなるべく、人に迷惑をかけないようなことを垂れ流してほしいものである。例えば、「駅前の広場を掃除すると、65歳になってからの認知症の発症率が27%減少する」とか、「交通遺児の進学基金に飲み代2回分以上の寄附をすると内臓脂肪が35%減少する」とか、「歩きスマホをやめただけで、1ヶ月で8Kgの減量に成功しました!」とか。そのほうがなんぼか、世間のためになると思うのだが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:31 | - | - |
勝負事の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、アロエ・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は狆”藥の日瓩任△襦
と、記せば、賭け事のお好きな方なら、ははぁ〜なるほど、と、合点してくださることだろう。
そう燹岼譴八かの勝負」から疚震召気譴燭里世修Δ任△襦(「今日は何の日〜毎日が記念日〜」より)
昔から爐気鵑世虍冉梱瓩覆匹髪召辰董男性の道楽として欠かせない(?)のは牋む、打つ、買う瓩函定まっていたものであるが、とりわけ我が国においてはこれらの道楽が禁止廃絶されるどころか、表面上はともあれ、実生活においては、「いい若い者が道楽の一つもせんようで一人前になれるか」などと怒られていた───「いる」?───のだから、なんとも平和なものである。
だからこそ、表向きは、バクチなんぞもってのほか、賭け事まかりならん、などと道学者のようなことを云っておきながら、カジノ誘致に血道をあげ、謝礼金御礼金仲介料や紹介料、陣中見舞いなどを頂戴しようと云うセンセイ方が選出なされるのであろう。
いやはや、愛国心に満ちたことである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
さんだら煩悩ともカジノ誘致とも、まったく一切金輪際縁のない、いたって清廉潔白、白きも白き富士の白雪の如き、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:29 | - | - |
昭和最後の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、サバの素焼き、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


今日の昼食は仕事の都合上外食となった。めずらしいことである。こんなことは年に10回とない。以前は昼食と云えば外食だったのだが、如何せん、近所の会社や事務所の勤め人たちが一勢に現出するので、なかなか落ち着いて食事することもできない。いかなる美味佳肴と云えども、慌ただしく食していては、なんにもならない。佳き料理はゆっくりと味わって食べてこそ、価値があるのである。せっかくの料理を立ち食いそばのように食していては、意味がない。
よく噛んで食べることは健康にもよろしい。と、云うより、よく噛んで食べるべきである、とさえ、云える。
噛むことによって食物を細断するとともに、唾液の分泌を促進して消化を助ける。唾液の分泌は消化を助けるにとどまらず、口中における細菌雑菌の繁殖を抑制して口中を清浄に保ち、口臭の悪化を防ぐ。さらに食物を嚥下しやすくし、誤嚥や嚥下力の低下をも予防する。
また、噛むことで顎の筋肉を鍛え、ひいては脳を刺激して活性化させる。すなわち、認知症の予防にも効果があるのである。
「顎の筋肉を鍛え」と記しても、この記事をお読みいただいている読者諸賢には、顎が張り、いわゆる狆顔瓩任覆なるのではないか、などと、愚かな懸念を示される向きは、よもおられないだろう。むしろ顎の筋肉が劣化して、下すぼまりの、往年のSF映画などに出てきていた宇宙人のような輪郭になることをこそ、恐れられるであろう。あるいは高齢者となったときに、衰えた顎の筋肉が下顎を支えきれなくなり、常時ポカンと口を開けたままの、間抜け顔になることをこそ、忌避されるであろう。
食物への感謝の意を示すのみならず、あらゆる面から考えて、食物はゆっくりと、よく噛んで、戴くべきなのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:06 | - | - |
昭和最後の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、ブルーベリー・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


1989年(昭和64年)の今日1月7日、第124代天皇である昭和天皇が崩御した。1926年以来の長きにわたった昭和の時代に終止符が打たれた日である。
平成が終わり、なにかと引き合いに出されるようになった昭和であるが、その初年は12月25日に始まり、末年は1月7日に終わった。
元号では64年となっているが、「実際の期間としては62年と14日」である(Wikipedia/「昭和」より)。
さらに「外国の元号を含めても最も長く続いた元号であり、歴史上60年以上続いた元号は日本の昭和(64年)、清の康熙(61年)および乾隆(60年)しかない」のだそうである(同サイト/同項目より)。
あまりに長いため、昭和に生まれたわたいなどは、「昭和前期」と「昭和後期」、あるいは「昭和前期」、「昭和中期」、「昭和後期」に区分してほしい、と、思うことしばしばである。
特に、戦前も戦後も一括して「昭和」で表すには、あまりにも無理があろう。
金融恐慌に始まり、第2次大戦における敗北、連合軍による占領統治とそれからの独立を経て、高度経済成長を現出し、石油危機(オイルショック)を乗り切り、バブル景気で終わった昭和……なるほど、犒稙阿両赦足瓩任△襦
その犒稙阿両赦足瓩、いまいちど、冷静客観な眼で振り返られるのはありがたいことである。令和を生きる若人たちも、きっと貴重な示唆が得られることであろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
昭和が長かろうが短かろうが、激動であろうが平静であろうが、令和を生きる若人たちが示唆を得ようが得まいが、そんなこととはまったく一切これっぽっちも関係のない、いたって浮世離れした、非歴史な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:04 | - | - |
色の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、ブリの照り焼き、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


正月らしくない、いつもながらの献立である。
正月だからと云って、お節料理を料理る気も技量もない。お節料理はもっぱら実家で食することに決めておるのである。
ツナと白菜のスープ煮は、旬の野菜である白菜が大量消費できるうえ、身体が温まるので重宝である。さらにはツナ缶を使用しているので、魚肉の栄養分が摂取でき、一石二鳥どころか、三鳥、四鳥にもなる。ありがたい献立である。今回は固形コンソメと塩胡椒で味付けし洋風仕立てにした。わたいと云えども、なんでもかんでも洋風を毛嫌いしているわけではないのである。
ほうれん草と白菜の胡麻和えは胡麻を多めに入れた。胡麻は市販のすりごまである。自分で擂ったものを使用するほうがはるかに香ばしく、また胡麻の油も新鮮なものが摂取できるのは当然であるが、そうするだけの時間も根気もない。便利なものは極力使うべきである。即席みそ汁もそのひとつである。冷凍食品とて、一概に排斥しているわけではない。その利便性や向上された品質は理解しているつもりであるが、なにぶん人間が古いため、使う気になれないだけである。冷凍食品を使うくらいならば、近所のスーパーで総菜を買ってきたほうがよい。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
色の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、ブリの素焼き、ほうれん草と白菜の胡麻和え、茹で人参&茹でブロッコリ


正月三が日は実家に帰省し、食っちゃ寝食っちゃ寝の怠惰な……もとい、充実した休息の日々を過ごした。
日頃食べなれぬご馳走をたらふく食べ、腹をこわしたほどである。正月早々、いじましい醜態を曝してしまった。
この正月は新年の幕開けであることはもちろん、それだけにとどまらず、2020年代の幕開けでもある。すなわち、2000年代の第3decadeの始まりでもあるのである。はてさてこの1年、そしてこの10年、どのような年ならびに期間になることやら。
日本では1964年(昭和39年)以来56年ぶりのオリンピックが開催され、米国ではトランプ現大統領が再選を目指す大統領選挙が行われる。どちらも開始前から波乱万丈、様々なごたごたに見舞われている。先が思いやられることである。
まぁ、案ずるより産むがやすし、と、云う諺言もある。ここはひとつ気長に、傍観者は傍観者らしく、野次馬根性丸出しで、見守っていこう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
色の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、アロエ・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


みなさま、明けましておめでとうございます。
今日は狄Г瞭瓩任△襪蕕靴ぁ
Wikipediaによると、狄Г亡愀犬垢訖Χ箸凌佑竜念日瓩覆里世修Δ任△襦M由はもちろん燹屬ぁ1)ろ(6)」の語呂合せから瓩任△襦そのまんまではあるが、苦しくこじつけるよりはよほどよろしい。
狄Г亡愀犬垢訖Χ鉢瓩髪召錣譴討癲△錣燭い砲浪莢箸肇ラー・セラピー、カラー・コーディネイターくらいしかピンと来ない。
いずれもあまり縁のない職業である。
色に関係する職業で、わたいに最も身近なものと云えば、色街の女性くらいなものである。こちらにはいまでもしばしばお世話に……本題とは関係のない話である。
もともとなにが本題か判別つきがたい記事ではあるが、なんにつけても今年2020年(令和2年)初、で、あるとともに、2020年代初の「ろ〜りぃの食卓」、本年も、そして2020年代も、どうか相変わりませぬご愛顧ご愛読を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:14 | - | - |
黒い霧解散の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、ブリの照り焼き、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物


広告文風に云えば、「安定の三品」と、云うところだろうか。これらの3品については、失敗したことがほとんどない。敢えて云えば、ほうれん草と白菜の胡麻和えが、湯掻きすぎてふにゃふにゃになってしまったことがあるくらいである。それも最近ではほぼなくなった。今季久しぶりに料理ったのだが、それでも失敗はしなかった……より公平精確に云えば、失敗と云うほどひどくはなかった。
冬至の日に南瓜を食すると風邪をひかない、とは、古来有名な戒訓であるが、今年は日曜日が冬至だったため、すっかり忘れてしまっていた。思い起こせば去年も土曜だったため、失念してしまっていた。ために今年は、早々に風邪をひいてしまった。これから1年、風邪をひかないよう、よりいっそう気をつけねば……。
まじない、迷信、などと、浅墓な近代主義者は嘲笑するだろうが、古来の伝説伝承言い伝えなどには、意外に多くの真実が含まれているものなのである。これを昔は、狎菴佑涼匏鏑瓩△襪い呂發辰箸だけて爐ばあちゃんの智慧瓩覆匹半里靴燭發里任△襦
これらは長きにわたる経験則から導出されており、なまじっかな合理知性の及ぶところではない。浅墓な合理知性に立脚する西洋合理よりも、豊かな経験則に基づく東洋合理の偉大さに、そろそろ気付いてもいい時代である、とは、哲やんの受け売りであるが……。
さて、おかげをもちまして、ご好評いただいている(?)この「ろ〜りぃの食卓」も、本年はこれで最後となります。
今年一年のみなさまのご愛顧ご愛読に感謝するととに、また来年も相変わりませずよろしくご贔屓くださいますよう、お願い申し上げますm(__)m
それではみなさま、よいお年をお迎えください(^_^)/
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:40 | - | - |
黒い霧解散の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


現在を去ること53年前、1966年(昭和41年)の今日、第1次佐藤栄作内閣によって、衆議院が解散された。
世に云う犢い霧解散瓩任△襦
Wikipediaによると、1966年から日本の政界では黒い霧事件が相次いでいた。佐藤栄作首相は自民党総裁選で再選されるも、多くの批判票が集まった。野党も黒い霧事件の究明を求め、国会運営に支障を来たす状況であったため、佐藤内閣は12月27日に第54回国会が召集された初日に衆議院を解散した瓩箸△襦
ちなみに犢い霧事件瓩箸蓮↓1966年後半、自民党を中心に相次いで発覚した不祥事瓩里海箸如↓狹鎮羮桓事件、 公私混同お国入り問題、深谷駅急行停車問題、 共和製糖事件、公私混合官費旅行、東京大証社長仲人問題瓩函⇔蛎靴い任△襦牋賚△了件で自民党への国民の信頼は失墜し永田町を「黒い霧」が覆っていると批判されるようになった瓩髪召Α(Wikipedia/「黒い霧事件 (政界)」)
個々の事件については、各自でググってもらうなり、ウィキペディってもらうなりするとして、暮れも押し詰まったこの日に解散とは、議員も大変である。落ち着いて屠蘇おせちに手を付ける気にもならなかったろう。結構なことだ。たまには年の瀬に不安を感じる低所得者の身にもなってみるがいい。
憲法を改正するのならいっそ、衆議院の解散は12月20日〜31日の間に行う、と、規定したらどうだろうか。クリスマスの愉しみも長閑な正月も迎えられない、本当の意味での狃醋鵜瓩竜せを味わえるのではないだろうか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
黒い霧とも観桜会とも、不祥事とも証拠隠滅とも、まったく一切金輪際縁のない、いたって清廉潔白明鏡止水な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:37 | - | - |
鍵屋の辻の決闘の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、ブリの照り焼き、小松菜のわさび和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


ツナと白菜のスープ煮も、今季のヒット賞! である。旬の野菜である白菜を盛りだくさんに使用でき、和風洋風と好みの味付けができ、他の野菜を加えたり、使用する魚缶を別のものに変えたり、と、変幻自在に応用できる。しかも体の中から温まる。この時季ならではの重宝な献立である。
和風の味付けにしてスープが残ったら、うどんやラーメンを入れて、夜食に、あるいは翌日の昼食にしてもよかろうじゃないか。
気に入れば次々に応用がわいてくるのも、お調子者の証左かもしれない。
椎茸にビタミンDならびにエルゴステロールが多く含まれていることはこれまでにもたびたび述べてきた。エルゴステロールは紫外線に当たることによって、ビタミンDに変化する。
ビタミンDは不足しがちな栄養分だけあって、これを簡便に摂取できる椎茸───にかぎらず、きのこ類───は、重宝な食材である。
いくらカルシウムを多く摂取しても、ビタミンDが不足していてはなんにもならない。ビタミンDは日光浴等、日に当たることでも造成されるが、引きこもり勝ちのわたいには、ナカナカに難しいところがある。
椎茸なら、様々な献立に混ぜることができようし、味も引き立つだろうから───でなければ、そもそもだしを採るのにつかわれまい───、なるほど、重宝である。
もっとも、干しっぱなしにして、入れるのを忘れてしまっては、なんにもならないが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
鍵屋の辻の決闘の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、ブリの素焼き(1切)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


ブリは3切=680円(税抜)だった。1切≒227円(税抜)の勘定である。税込245円と思えば、まぁ、廉いほうだろうか。
仕事場にはお弁当屋さんが弁当を売りに来る。その値段は500円、ワン・コインである。何軒かのお店が売りに来ているが、みな一様に、ワン・コイン、で、ある。別に、今年の流行語を当て込んでいるわけではない。消費税が5%の頃から、税込500円なのである。トラストだか談合だか知らないが、いまどきありがたい話である。
ただ、量は少ない。自家製弁当の、下手をすると半分くらいなのではないだろうか。もっともそれくらいが通常人の食欲を満たす適量なのであって、わたいの胃袋が他人のそれよりも大きい、もしくはわたいの消化器官の労働効率が悪い、と、云うだけなのかもしれない。
なんにせよ、自家製の弁当なら、倍ほどの量と好みのお菜で、しかも価格は同等以下、の、はずである。栄養配分についても、できる限りの考慮を払っていることは、みなさん、よくご存じいただいているところであろう。
豈弁当手製ならざるべけんや、で、ある。ただし、味と変化に鋭敏でなければ、の、話ではあるが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:14 | - | - |
鍵屋の辻の決闘の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、アロエ・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日は有名な、犖芦阿猟圓侶萋瓩行われた日である。
猴名な爐箸榔召辰討癲現在ではほとんど知る人もいまい。なにしろ、あの「忠臣蔵」こと、「赤穂事件」のことすら知らない、と、云う人がほとんどなのだから、無理もない、と、云えば、無理もない話ではある。
Wikipediaによると、犂憶11年11月7日(1634年12月26日)に渡辺数馬と荒木又右衛門が数馬の弟の仇である河合又五郎を伊賀国上野の鍵屋の辻(現三重県伊賀市小田町)で討った事件瓩如↓牋鵬豈曚竜愼い舛箸盡世Ν瓩發里任△襦狒讐羞残錣竜愼い舛叛嵎耋音里瞭い粗りに並ぶ日本三大仇討ちの一つ瓩任△蝓↓爐泙拭∩讐羞残錣竜愼い舛紡紊錣辰鴇瑠璃坂の仇討ちを加えて江戸三大仇討ちとすることもある瓩里世修Δ任△襦
狎嵎耋音里瞭い粗り瓩呂發舛蹐鵝↓狒床羞残錣竜愼い銑瓩癲⊂瑠璃や歌舞伎などで、古くから親しまれてきた。映画の題材にもなっている。この鍵屋の辻の決闘も、江戸時代から浄瑠璃や歌舞伎などでよく知られていたそうである。
しかしわたい個人としては、この決闘の際、渡辺数馬の助太刀として加勢した荒木又右衛門の36人斬りは聞いたことはあっても、事件そのものについてはまったく知らない。困ったものである。
なぜこの事件が、日本三大仇討の一つに数えられているのかも謎である。
仇討ちをどう解釈するかだが、場合によっては、本能寺の変なども、仇討ち、と、云えないこともなかろう。いや、古くから伝わっている通説俗説を信じれば、日本史上最大の爛ぅ献瓩砲燭い垢觧妬屬鍬瓩函云ったところか。
別に『麒麟が来る』の宣伝をするわけではない。念のため。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
鍵屋の辻の決闘が有名であろうがなかろうが、荒木又右衛門が36人斬ろうが斬ろまいが、麒麟が来ようが来るまいが、そんなこととは一切無縁の、いたって平和穏当な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |
終い天神・ 納め天神の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、サバの酢漬け、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


昨年はすでに12月に粕汁を料理っていたようだ。それでいて、「今年は粕汁を料理るのが遅くなった」みたいなことを記している。どうやら今年が暖冬なのは間違いないようだ。
料理ろう料理ろうと思いつつ、ついに今日まで───と、云うより、今週分まで───料理らなかった、粕汁である。この調子だと、料理るのは年明け来年になるだろう。
今日で鰯の生姜煮もサバの酢漬けもなくなった。サバの酢漬けは久々のヒット賞! と、云ってもよかろう。漬けダレが少なかったのが難だったが、味はまずまずだった。次はなんとかなるだろう。
他の献立と組合せるのなら(例えば、ピーマンの肉詰めや豚肉の生姜焼きなど)、南蛮漬け風にしてもよかろう。揚げ焼きにすれば、いよいよ南蛮漬けになる。おもしろいことだ。来年の愉しみができた。
来年の愉しみ、と、云えば、今年は猴箸欧覆き瓮轡蝓璽困鯲鼠っていないような気がする。料理ったかな?
意外と料理っていないものが多い。それで1年過ごせるのだから、少なくとも、献立の量は進歩したものである。もっとも、気に入ったものを何度も繰り返して料理っているに過ぎない、と、云われれば、それまでであるが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |
終い天神・ 納め天神の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、鰯の生姜煮、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


鰯の生姜煮には千切りにした生姜の他に、潰した梅干しも入れる。種ごと入れる。あわよくば、食事中に奥歯で種を噛み割って、中の種まで食べる。
今回はそのほかに、漬けしそまで入れた。味がおかしくならないか、一抹の不安はあったものの、その不安は杞憂に終わった。むしろ新たにマイルドな味わいとなったように思う。
梅干しはそれ自身で立派な食品であるとともに、この場合のように食材としても優れた効力を発揮する。重宝なものである。
梅干しに含まれるクエン酸は疲労回復を促進し、また食中毒の予防にも効果を発揮する。他にもがんや生活習慣病の予防にも効果があり、健康食品としても、保存食としても、効果のある食品である。
このような貴重な食品をなおざりにして、訳の分からぬサプリメントをありがたがって購入する人びとの心理こそ不可解である。梅干しに限らず、日本食における漬物干物等は、最高の保存食であり、また健康食品でもあるのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:06 | - | - |
終い天神・ 納め天神の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、ブルーベリー・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日は狃い天神・ 納め天神瓩瞭なのだそうである。
終い天神あるいは納め天神とは、1年で最後の天満宮の縁日瓩里海箸蕕靴ぁ
天満宮は牾慳笋凌斥有畤原道真を祭神としている神社のことだろうが、そうすると、この後新年最初の縁日(いわゆるひとつの初天神)までは、学問の神様とはご縁がなくなるのだろうか。
だとしたら、元旦の初詣に天神さんにお参りしても、ご縁はいただけない、と、云うことになるのだろうか。
神社にとって正月1日は、おそらく、一年中で最も稼ぎどきのはずである。なのにその日を無縁の日にするなどとは考えられない。なんとかこじつけて、1日も縁日にしているのではないだろうか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
天満宮とも出雲大社とも、神とも仏とも、一切全く金輪際縁のない、そのうえ牘澂瓩砲皹錣里覆ぁ△い燭辰堂催慎ましやかな、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:04 | - | - |
納めの地蔵の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿豆腐、納豆、味付海苔


熟成キムチがすっかり変色してしまっている。別段食べる分には不足はないのだが、やはり風味や味わいが落ちているのはやむを得ない。できるだけ早く消費して、次のを買うことにしよう……と、云ったところで、どうせ来年のことになるだろうが。
ツナと白菜のスープ煮は洋風の味付けにした。和風の味付けだと、酒と醤油を使用するだけあって、いかにも爛后璽彈儉瓩髪召Υ兇犬如△修譴世運鵑眩すのだが、汁物になってしまって、みそ汁とバッティングしてしまう。一汁三菜が二汁二菜になってしまう。これでは具合が悪い。あくまでも一汁三菜を固守するのである。
中学時代だったか、高校時代だったか、「好きならば 寒くなっても アイスクリーム」と詠んだ同級生がいた。
わたいの場合は、「めんどくさい 寒くなっても 冷ややっこ」と、これはなんか情けないと云うか、侘しいと云うか……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
納めの地蔵の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、サバの酢漬け、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


1週空いただけなのに、久しぶりにかぼちゃの煮物を料理ったような気がする。妙なものである。
今週のかぼちゃは、同じ商店街ではあるが、いつもと違う店で買ってきた。北海道産の「くり南瓜」なのだそうである。Websiteで調べてみると、「エビス南瓜」もこの「くり南瓜」の一種なのだそうだ。
その名に違わず、「くり」のようにほくほくして甘味があり、まさに「栗より美味い十三里より美味い十七里」である。ひょっとすると、煮つけるときの砂糖も、いらないかもしれない。あるいは砂糖を入れることによって、食材そのものの持つ味が抽き出されるのだろうか。そのへんは解らない。
β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどが豊富で、免疫力の強化、粘膜や皮膚の健康維持などに効果大である。
サバの酢漬けは、やはり漬けダレの量が少なかったようである。3尾料理ったのだが、全部がひたひたに漬かるほどにはいたっていなかった。漬けダレは魚がひたひたに漬かるくらいでないといけない。まあ、少ない分には足せばいいし、次回気を付ければいいことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
納めの地蔵の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日は倏爾瓩涼和↓瓩瞭でもあるらしい。
Wikipediaによると、狠和∧郢Г稜内最後の縁日瓩髪召Δ海箸蕕靴ぁ
そもそも「地蔵菩薩」のなんたるか、この場合の「縁日」とはなにを指すのか、等については、それぞれでググるなり、ウィキペディるなりしていただこう。ここではたんに、わたいが素直に爛リスマス・イヴ瓩魑事ネタにしないことだけをご了解くださればよろしい。
第一、日本に住む日本人でありながら、日本の風習をないがしろして欧米の風習に浸り切ろうとするなど、ロクメーカンか? と、突っ込みたくなる。
もっとも、日本人の偉いところは、欧米の風習風俗をそのまま取り入れ、徒にこれを猿真似るのではなく、自国風に改良して摂取していることである。
すなわちクリスマス───正確にはクリスマス・イヴ───は、人類の救い主たるイエス・キリストの生誕を祝う宗教上の聖日ではなく、子供に贈り物をし、恋人たちがともに一夜を過ごし、ケーキを食べねばならぬ日、と、なるのである。
バレンタインデーがチョコレートを贈り贈られ、贈られないこともある日になり、ハロウィンがコスプレの日になることと同様である。
つぎあたりはイースターかな? 
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
地蔵菩薩の年内最後の縁日だろうが、救世主誕生の夜だろうが、プレゼントの日だろうが、ケーキの日だろうが、そんなこととはまったく一切どこをどう突いても縁のない、いたって無宗教で閑散とした、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:17 | - | - |
上皇誕生日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、サバの酢漬け、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


せっかく買ってきた生椎茸を、ほうれん草と白菜の胡麻和えにも、ツナと白菜のスープ煮にも入れるのを忘れてしまった。わたいの健忘症もいよいよである。
言い訳すれば、常態化した行動様式の微修正は、思ったより困難なのである。早い話、ほうれん草と白菜の胡麻和えやツナと白菜のスープ煮の料理り方は、すでに一連の手順として狆鐶峅臭瓩気譟∪屮轡礇弔慮斥佞鱸瓦蠅譴弌◆嵌召侈軌媼韻法廚修譴鮃圓辰討い襪里任△襦ために、そこに「生椎茸を入れる」と云う、牋杣舛旅堝悪瓠僻修正)を加えることが難しいのである。これが同じ牋杣舛旅堝悪瓩任癲∧儔修梁腓なものであれば、忘れることも少ないのではないだろうか。
サバの酢漬けは、母者からの直伝である。以前から料理ろう料理ろうと思っていながら、気分や食材の値段等により料理る機会がなく、現在に至ったものである。 年内に料理ることができて、なにかひとつ、肩の荷を降ろすことができたようである。
と、云って、なにもたいそうな料理り方なわけではない。
フライパンで焼いた塩鯖を、砂糖を混ぜた酢に漬けるだけである。できるだけ焼き立て直後、熱々のうちに入れるといいらしい。要は南蛮漬けの簡略版、と、云ったところか。
ちなみにサバは、1パック3尾=480円(税抜)である。160円/尾(税抜)であるが、果たしてこれを、高いと感じるか、安いと感じるか、微妙なところであろう。
狢臀圧瓩噺討个譴襪砲靴討蓮高いのじゃないか、とも思うが、諸色高直の世の中では、安いんじゃないか、とも云える。微妙な境界である。
昔はアジ、サバ、サンマ、イワシなどは、大衆魚の代表だったのだが、最近はいずれも高価になっている。わたいはまだ地元の商店街で入手しているから、廉価でサンマやイワシが手に入るが、これがスーパーで購入するとなると、とても狢臀圧瓩箸榔召┐覆い世蹐Αもっとも昔に比べれば、いわゆる狃醋鵜瓩癲結構高給取りになってはいる。Macや遊冶郎の言い草ではないが、昔は自家用車を所有している家庭なぞ、庶民ではなかった。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
上皇誕生日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鰯の生姜煮、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


いつもは廉価なお店のほうれん草が、なぜか他の店のそれよりも高かった。そのお店のが1束=150円(税込)、他のお店のが128円(税抜)だった。税込に換算すると、138.24円となるので、1束あたり約12円の差である。めずらしいことである。この商店街のお店に通うようになって久しいが、こんなことは初めてである。
損したような気がするが、そこはそれ、1束あたりの量が多いのだ、と、思うことにしよう。
鰯は1パック=300円(税抜)で、これで3食分料理れる。1食当たり100円(税抜)だから、非常に費用対効果が高い。薄給労働者の頼もしい味方である。しかも、栄養価に優れ、調理も簡単で、味も良いのだから、まさに鰯さまさまである。よく信仰心の強い人や、強い信仰心を嘲って、「鰯の頭も信心から」などと云うが、鰯に対する侮辱も甚だしい。鰯は名誉棄損ならびに侮辱罪で告訴するべきである!
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
上皇誕生日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)、ツナと白菜のスープ


今日は、云わずと知れた、上皇誕生日である。
Wikipediaによると、狆綛通誠痢1933年<昭和8年>生まれ、第125代天皇)の誕生日を祝うための国民の祝日。退位および皇太子徳仁親王(今上天皇)への譲位、第126代天皇即位に伴い、2019年以降は祝日ではなくなり、2020年(令和2年)より「2月23日」に移行。なお、2019年(平成31年/令和元年)のカレンダーは「12月23日」が黒文字になっているものの、「平成の天皇誕生日」と記載されている瓩箸里海箸任△襦
そんなわけで、本年2019年(平成31年/令和元年)は、天皇誕生日のない、珍しい年となっている。
明治以降の近代天皇制において、天皇誕生日のない年と云うものがあっただろうか。
大正→昭和のときは、大正天皇が8月31日のお生まれで、12月25日の崩御、昭和天皇が4月29日のご誕生だったから、問題なく、天皇誕生日は存在したろう。
明治→大正のときは、明治天皇が11月3日のお生まれで、7月30日の崩御、で、大正天皇が、先述したとおり、8月31日のお生まれなので、これまた問題なく、天皇誕生日は存在した。
昭和→平成のときは、昭和天皇が4月29日のお生まれで、1月7日の崩御、平成天皇が12月23日のお生まれなので、これまた問題なかった。
と、すれば、今年は史上初の狃貌としての天皇誕生日のない年瓩髪召┐襪世蹐Α
それにしても、日本人の皇室崇敬の念も薄れたものである。
ご存在あそばされている以上、上皇陛下のお誕生日も、休日としてお祝い申し上げるのが、国民としての務めではないか⁉
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
天皇誕生日とも、上皇誕生日とも、皇室に対する国民の畏敬の念とも、まったく一切金輪際無縁の、いたって平々凡々たる、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:17 | - | - |
デパート開業の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、玉子焼き(2個)、ほうれん草と白菜の胡麻和え、茹で人参&茹でブロッコリ


今週は卵がだいぶ消費された。従前から何度も述べているように、卵は完全栄養食品であるし、使いでもあって重宝なので、極力欠かさないようにしている。卵がなくなって困った、と、なるのは、年に1〜2回くらいのものである。
卵の欠点は、料理の作り置きが難しいことと、廉価の理由を知ったら喉を通らなくなることである。
鶏もそうだが、卵一つが廉価で食卓にのぼせられる過程を知れば、心ある人間なら、あるいは人間の心を持っている存在物なら、いちいち云われなくても、自然に手を合わせて、「いただきます」、「ごちそうさまでした」の言葉が出てこよう。
散作が嘆き、遊冶郎が皮肉っているとおり、最近の日本人は、他のときにはやたら「いただきます」を多用乱用誤用するのに、肝心の食事時には、「いただきます」を云わないのだから、まったくどうかしている。頭のネジばかりか、心のネジも外れていると見える。
そんなことで、他国人の無礼非礼行儀の悪さに顰蹙したり揶揄したり憤ったりできるのだから、面の皮だけはリッパな厚さである。
自国の文化をないがしろにしておきながら、愛国心がどうのこうのとほざける心性とは、いったいどのようなものなのであろうか。
海洋プラスチックごみなどよりも、人の心のごみのほうが、わたいとしてはヒジョ〜に気になるのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:16 | - | - |
デパート開業の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん(2個)


今日は爛妊僉璽罰業の日瓩覆里世修Δ澄
Wikipediaによると、1904年のこの日、東京・日本橋の三井呉服店が三越呉服店と改称。日本初のデパート式の営業を開始した瓩海箸砲茲襪里世修Δ澄
1904年と云えば明治37年、日露戦争が開戦した年である。
いよいよ日本が西欧列強諸国に比肩しうる近代国家へと成長しつつあった時代であり、爛妊僉璽伴葦超鉢瓩粒始は、それを象徴する出来事の一つであったろう。
夏目漱石の小説には、よく犂工場瓩覆襪發里登場し、これが「デパートの前身」と説明されている。漱石の小説はだいたい日清戦後から日露戦後にかけてのものだが、そこに「デパート」もしくは「百貨店」なる語は登場しない。あったとしても、爐△譟△△辰燭痢瓩函云うほどである。
営業は開始しても、一般大衆の生活に馴染むまでには、時間差があったのだろう。
明治は遠くなりにけった令和の現在、地方都市からのデパートの撤退が地方経済に深刻な打撃を与えていることが問題となっている。逆に大手スーパーのチェーン店の地方進出が、地元商店街の利益を侵害することを懸念する声もあがっている。ナカナカままならぬものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
勧工場とも百貨店とも、地方経済の栄枯盛衰とも、まったく一切金輪際関係のない、いたって慎ましやかな、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:11 | - | - |
日本初飛行の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと生椎茸と白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


たんぱく質が少なめ、と、思っていたが、あらためて見てみると、そうでもないようだ。主菜の他にも、玉子、ツナ、木綿豆腐、納豆、と、たんぱく質の食材がそろっている。
煮物がないことと、野菜が少ないことが難点である。海藻類も少ない。煮物を料理れば、だし昆布が摂れるのだが、かぼちゃがなかったのが残念である。
考えてみれば、煮物の献立をほとんど知らない。かぼちゃの煮物くらいである。筑前煮や、それを若干手直しした、今夜際の煮物、あるいは肉じゃがが、かろうじて圏内入りするくらいか。
煮物は多くの野菜が摂れるだろう、と、期待していたが、実際料理ってみようとすると、そうでもないようだ。ただし、他の食材(イモ類やキノコ類など)との相性はいいようで、そう云う意味ではバランスの取れた栄養補給には最適だとも云える。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:24 | - | - |
日本初飛行の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、玉子焼き(2個)、ほうれん草と白菜の胡麻和え、茹で人参&茹でブロッコリ


どうも茹で人参と茹でブロッコリの量が多すぎるような気がする。そのため玉子焼きがひしゃげてしまう。困ったものである。
しかし、見映えなどよりもとにかく空腹が満たされ、晩食の時間まで腹が持てばいいのだから、量を減らすなどとはもってのほか、で、ある。
第一、栄養面からみても、非常に素晴らしい食材がそろっている。
人参とブロッコリ、それにほうれん草は、緑黄色野菜であり、その含有栄養価は抜群である。
また、卵が完全栄養食品であることは、いままでもたびたび記してきたところである。
白菜は淡色野菜であるが、ビタミンCとカリウムが多く、風邪予防には最適である。なるほど、旬が冬であることが肯ける野菜である。
にんにくがビタミンB1消化吸収を促進することは、これまたたびたび述べてきたところだし、そのビタミンB1を特に含むビタヴァレーを、ご飯には混ぜてある。
我ながら実に素晴らしい、弁当である!
にもかかわらず、なぜこうも体調が良きに安定しないのだろうか? 謎である……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
日本初飛行の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん(2個)


今日は狷本初飛行の日瓩任△襪蕕靴ぁ
Wikipediaによると、1910年12月19日に、東京の代々木錬兵場(現在の代々木公園)で徳川好敏工兵大尉が日本初の飛行に公式に成功したことに由来瓩垢襪里世修Δ任△襦犲尊櫃砲5日前の12月14日に日野熊蔵大尉が飛行に成功していたが、公式の飛行実施予定日ではなかった、などの理由で「滑走の余勢で誤って離陸」であり、飛行ではないとされた。また、日野大尉は19日にも飛行に成功しているが、離陸順が徳川が先とされたため、徳川大尉が日本初、とされている瓩里世修Δ澄
遊冶郎が聞いたら、いかにも「徳川に獨崚扠瓩靴董△修瞭野大尉って奴の飛行を、成功って認めなかったんじゃないのかい」と、云いそうである。あるいは真実を穿っているかもしれない。
先日記したライト兄弟の世界初飛行についても、いろいろと醜い裏話があるようである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
飛行とも非行とも、忖度とも裏話とも、まったく一切全然関係のない、いたって清廉潔白簡素清浄な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
国際移民デー の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと生椎茸と白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


ほうれん草と白菜の胡麻和えに、せっかく買った生椎茸を入れ忘れたので、ツナと白菜のスープ煮に入れる生椎茸の量が予定より多くなってしまった。まぁ、多すぎて困る、と、云うほどではないから、それも良しとしよう。
いままでは洋風の味付けにしていたのだが、今週はあっさりと、和風の味付けにした。
洋風…固形コンソメ、塩胡椒
で、味をつける。
和風…顆粒のあごだし、酒、薄口醤油
で、味をつける。
そのせいか、汁がかなり余った。
まぁ、それは土日の朝食のスープにでもしよう。ありさえすれば、なんなと消費はできるものである。
大根の酢漬けがなくなって野菜が1種類減った、と、嘆いていたが、熟成キムチがあったことを思い出した。だいぶ長いこと放置していたものだが、もともとが発酵食品、漬物の一種でもあることだし、大丈夫だろうと思って、食卓にのぼせた。
キムチの主も白菜であるが、他の野菜も入っていることだし、このさい細かいことにはこだわらないことにする。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
国際移民デー の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、玉子焼き(2個)、ほうれん草と白菜の胡麻和え、茹で人参&茹でブロッコリ


今週は、諸般の事情により、主菜が晩食の分しかない。そんなときには、玉子焼きである。例によって、「レンジdeだし巻き卵」なる調理器具(?)を使用したものである。
久しぶりに使ったせいか、うまくまとまらなかった。そんなに固まってはいないはずなのに、容器からの離れ具合が悪い。油が少なかったのだろうか?
この器具と云うか、容器と云うかが、また便利なのであるが、人の気はいろいろで、Siteの評判などを見ていてもまさに十人十色、残念ながらあまり参考にはならない。
器具自体にも当たりはずれがあるようで、現にわたいも2個持っていたのだが、1個はどうも料理ったものがプラスチック臭と云うか、変な機械油臭がして、やむなく廃棄してしまった。最初はそうでもなかったのに、使用しているうちに劣化の現象がはなはだしくなったのかもしれない。
残るひとつは───今のところ───順調に稼働(?)してくれている。慌ただしく気ぜわしい朝には重宝なので、これからも順調に稼働してほしいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
国際移民デー の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日は犢餾欅槎吋如 瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、2000年の国連総会で制定された国際デー瓩如↓1990年のこの日、国連総会で「全ての移住労働者及びその家族の権利の保護に関する国際条約」が採択されたことを記念瓩靴督蠅瓩蕕譴燭里世修Δ任△襦
ふと思ったのだが、ここで云うところの「移住労働者」とは、どのような形態の労働者のことを云うのであろうか。
A)或る場所から別の場所に移って、そこに居を構えて永住して労働する。
B)或る場所から別の場所に移って、そこで一定期間労働に従事したのち、またもといた場所に戻る。
C)或る場所から別の場所に移って、そこで一定期間労働に従事して、また別の場所に移って、そこで一定期間労働に従事して、と、云った形態を繰り返す。
この三形態が、まずパッと頭に浮かぶ。
A)は我々が思い浮かべるところの、いわゆる「移民」の姿であろう。
B)はいわゆる「出稼ぎ」、「単身赴任」、あるいは「定年後実家、もしくは故郷に帰る」形態である。
C)は「放浪」、「転勤」、「流浪」などと表現される。
ひとくちに「移住労働」と、云っても、様々な形態があるものである。
ただ、いま述べたA)〜C)の形態が、ここで云う「移住労働」に該当するのかどうかは、明らかではない。「移住労働」と聞いて、わたいの脳裏にパッと思い浮かんだ表象を列挙したまでである。念のため。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
移住労働とも、単身赴任とも、転勤とも、国際社会における空念仏とも、まったく一切全然無縁の、いたって安定安閑とした、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
飛行機の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと生椎茸と白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


鶏肝の生姜煮がなくなって、主菜が鰯の生姜煮になった。この時季の鰯と云うのも、めずらしいのではなかろうか。久しく見かけなかった。久しぶりに見かけたので、おそらくこれが今年の鰯の食べおさめになるだろう、と、思って買ってきた。
鰯は栄養価が高く、値段が安く、調理がしやすく、味が好い、三拍子も四拍子もそろった食材である。他の魚が高価になっている現在、秋刀魚と並んで、貴重な狢臀圧瓩任△襦
ほうれん草と白菜の胡麻和えに椎茸を入れようと思っていたのだが、すっかり忘れてしまった。椎茸は買ってきてすぐに袋を開けてヴェランダで天日干しにする。日光に当てることで、ビタミンDを少しでも増やそう、と、云うのである。食べる前の30分〜1時間ほど前に干すといいそうだが、わたいはそんなことは気にせず、買ってきてから調理する直前まで干しておく。時間を計って、量を量って、などと云う面倒なことは、わたいの性分ではできない。そこまでして得られる効果と、そこまでする手間暇と神経を考えると、無駄、と、云う結論に達するのである。ズボラ者のズボラ者たるゆえんである。
昨晩食で大根の酢漬けがなくなり、野菜が1種類減って4種類になってしまった。由々しき事態である。ただ救いがある(?)のは、青菜類であるほうれん草を常に食していることと、緑黄色野菜が中心であることである。量を質で補っているのだ、と、強弁しておこう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
飛行機の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、鶏肝の生姜煮、ほうれん草と白菜の胡麻和え、茹で人参&茹でブロッコリ


めずらしいことに、かぼちゃが売ってなかった。こんな時は、以前に冷凍保存しておいておいた、人参やブロッコリの出番である。どちらも緑黄色野菜であるし、代打としては充分であろう。もっとも、いささか量が多かったきらいは、なきにしもあらず、だが……。
鶏肝の生姜煮もだが、緑黄色野菜は、なんと云っても、β-カロテン(ビタミンA)がその魅力である。ビタミンAとカルシウムは、意識して摂取しないと、日本では非常に摂取しにくい栄養素なのだそうである。
野菜、と、云えば、みなたいがい、野菜サラダを連想するであろうが、野菜サラダに使用されている野菜の多くは、非緑黄色野菜である。嘆かわしいことである。野菜、と、聞くと、煮物やお浸しなどの和食の献立を連想するようでなければいけない。百歩譲って、緑黄色野菜の豊富なポタージュであろう。あれは西洋料理のなかでは、マシな献立である。
ブロッコリに含まれるビタミンCはレモンに含まれるそれより多く、また新しい赤血球を造り出すのに欠かせない葉酸も多く含んでいる。貧血予防にはもってこいである。
人参はβ-カロテンやビタミンCを多く含んでいる。人参のβ-カロテン含有量は、ほうれん草の約2倍だそうである。カロテンはのどや鼻の粘膜を丈夫にし、細菌に対して免疫力を高める効果があるそうで、この季節にはもってこいである、と、思ったが、よく考えてみると、人参に限らず、どのような栄養価の高い食材でも、常に口にしていないと意味がない。
昔聞いたものである、風邪の予防は初夏から考えよ、と。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:13 | - | - |
飛行機の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日は猗行機の日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1903年のこの日、アメリカ・ノースカロライナ州のキティホークでライト兄弟が人類初の動力飛行に成功した瓩海箸砲茲襪里世修Δ澄
この飛行は爛痢璽好ロライナ州キティホーク近郊にあるキルデビルヒルズにて12馬力のエンジンを搭載したライトフライヤー号によって畊圓錣譟↓犢膩4回の飛行が試みられた畄覯漫↓1回目: 12秒、120ft(約36.5m)、2回目: 12秒、175ft(約53.3m)、3回目: 15秒、200ft(約60.9m)、4回目: 59秒、852ft(約259.6m)瓩竜録を残した。
なお、犖落とされがちであるが、この飛行は強風が吹く彼らの実験場で風に向かって飛んだ記録であることに(もしそれ以前の「跳躍」とみなされている他者による実験と比較する時などには)注意が必要である瓩蕕靴ぁ(Wikipedia/「ライト兄弟」)
爾来120年近く、現在では航空機はもはや日常生活の一部となり、遠隔操縦あるいは自律式の無人航空機:ドローンまでもが実用化されている。科学技術の進歩は目覚ましいものである。
最も一部からは、環境破壊の最大要因の一つとして、指弾されてもいるようである。いずれこの一部の指弾が、大勢を占めるようになるかもしれない。意識の進歩も目覚ましいものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
飛行機とも航空機とも、有人飛行とも無人飛行とも、科学技術の進歩とも、人類意識の進歩とも、まったく一切金輪際かかわりありのない、いたって凡俗平穏な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |
紙の記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鶏肝の生姜煮、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと生椎茸と白菜のスープ煮、大根の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


ほうれん草が廉く手に入ってありがたい。100円/束(税込)である。5束買ってきた。
白菜は1/2で98円(税抜)である。旬の食材とは云え、廉価なものである。
旬の食材は廉価であるだけでなく、その含有する栄養価も最高度にその効力を発揮する。これ豈使用せざるべけんや、で、ある。
……と、たまに旬の食材を使用したときだけ、大仰にこのような文を草する。平生は旬などほとんど考えず、自分の食べたいもの、料理れるものの食材を調達する。
しかし、「ほとんど」考えないのであって、「まったく」考えないわけではない。ただ、旬のものへの拘泥や執着が少ないだけである。
鶏肝の生姜煮には旬もなにもないが、あえて云えば、夏バテしそうな季節、あるいは体の冷えるこの時季が食べごろなのではあるまいか。生姜には体を温める作用があるそうである。
また、忘年会だのクリスマス会だのと、なにかと飲み会が重なるこの季節、肝料理で肝臓をいたわるのも肝要であろう。
もっとも、すでにしてアルコールに関してはドクター・ストップのかかっている身としては、あまり関係のない話ではあるのだが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:27 | - | - |
紙の記念日の日のひとりめし(昼‐弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鶏肝の生姜煮、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


かぼちゃの煮物は先週分の残りである。今季はかぼちゃの煮物に使用するのにお気に入りの種類が判明したことがヒットであった。「エビス南瓜」と云う銘柄を、忘れないようにしよう。
このエビス南瓜は、「日本のほとんどはこのかぼちゃといわれている。もっとも一般的なかぼちゃ」で、「果肉は濃黄色で厚く、肉質はやや粘質がかった粉質で食味良好」なのだそうである。
それでは今年いままで食してきたかぼちゃは、いったいなんだったのだろうか? まぁ、「日本のほとんどはこのかぼちゃといわれている。もっとも一般的なかぼちゃ」である以上、入手に困難はあるまい。善哉善哉。
鶏肝の生姜煮は、冬場の風邪予防、インフルエンザ予防のために、滋養をつけねばなるまい、と、思って、料理ったものである。正直云えば、あまりめぼしい献立が思い浮かばなかった、と、云うのが、本当のところではあるのだが。
なぜかニラを買うのを忘れてしまい、正真正銘、鶏肝の生姜煮、に、なってしまった。玉葱が余っていたので、これを加えようか、とも思ったのだが、結局やめた。
Websiteで検索してみると、結構いろんな献立がある。次回一度くらい試してみよう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:20 | - | - |
紙の記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日は犹罎竜念日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1875年のこの日、東京・王子の抄紙会社(後の王子製紙)の工場で営業運転が開始されたことに由来瓩垢襪里世修Δ任△襦
1875年と云えば、明治8年である。いまだ日本の内閣制度が発足しないうちに、早くも近代軽工業はその烽火をあげた、と、云うわけである。
昨今は電子機器の発達普及により、もはや紙媒体を不要とする、いわゆる「ペーパーレス化」が叫ばれて久しい。と、云うより、もはや「ペーパーレス化」などとすら云わないほどに、紙媒体を使用しないことが拡がっている。
FAXはポケベルやヴィデオ装置などと同様の運命に陥りつつあるし、電車の中で新聞を読んでいる姿なども、狆赦造慮景瓩任△襦
いまどき仕事で紙を使用しているのは、学校か官公庁くらいなものであろう。
製紙業界も生き残りに必死なようである。余は変わるものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
電子媒体とも紙媒体とも、まったく一切全然関係のない、いつもどおりの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |
美容室の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、さわらの味噌漬け焼き、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


今週はほぼ完璧に消費した。ほぼ、と、云うのは、ほうれん草と白菜の胡麻和えが1食分足りなかったからである。もっともそれくらいのことは、瑕瑾とも云えない。
久しぶりに魚づくしで大いに満足した。やはり海洋国民である日本人たるもの、魚が性に合うのである。実際、空気中で生活している牛、豚、鶏などよりも、海水中の大きな圧力と抵抗のなかを泳ぎ回っている魚のほうが、身肉に栄養が多いのは道理であろう。それに海水中には、空気中あるいは大地に含有されていないミネラル分や有機元素が多く含まれている、と、聞く。それらを取り込んでいる魚の栄養価が高くなるのもむべなるかな、で、ある。
願わくば、この貴重な水産資源のよりどころを、政治権力とつるんだしょ〜もない産業工業などで穢さないでいただきたいものである。
さて来週であるが、そろそろ忘年会シーズン……と、云っても、わたいにはあまり関係がない。この頃はやたら世間がキビシクなって、忘年会で残った食べ物を折に詰めて持ち帰る、などと云うこともできなくなった。と、云うか、世の中が豊かになって、そんなこともしなくなった。ほんでもって、食品廃棄がどうのこうの、食材ロスがああだこうだ、と、嘆かわしいことである。
いつぞやの総理が犲己責任瓩覆匹箸髪召Δ里癲△△覦嫐では、無理からぬことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:09 | - | - |
美容室の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん


今日は猗容室の日瓩世修Δ任△襦
Wikipediaによると、猗容師の正宗卓が2003年に制定瓩靴燭發里如↓12月は美容室に多くの客が訪れる月で、13日は「13」をくっつけるとBeautyの頭文字Bになることから當蠅瓩蕕譴燭里世修Δ澄なんなと理由はつけられるものである。
わたいもいままでの人生で一遍だけ、美容室なるところに入ったことがある。それまで、美容室、と、云えば、女性の行くところ、と、通念されていたのが、いわゆる男性用美容室なるものが現れだした頃である。物は試し、話のタネ、と、思って、冷やかしがてら髪を刈ってもらったのである。
別に変な顔も厭な顔もされなかったが、洗髪のときに、仰向けに椅子を倒されて髪を洗われるのには驚いた。某人物によると、あれは化粧が落ちないようにするためで、うつむきで洗髪すると化粧が落ちかねない。顔を上げたとき別人になっていたら、店員の心臓によろしくない、と、云うことらしい。
また、髭を剃ってくれないのにも唖然とした。なるほど、女性には髭剃りの必要はないわけだ。
勉強になった、と、までは云わないが、ナカナカにおもしろい体験ではあった。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
散髪屋であろうが美容室であろうが、仰向けの洗髪であろうが、うつぶせであろうが、まったく一切どこをどう突いても、縁もゆかりもない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:06 | - | - |
バッテリーの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さわらの味噌漬け、かぼちゃの煮物、ツナと白菜のスープ煮、大根の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


かぼちゃの煮物が重なった。
ほうれん草と白菜の胡麻和えが、明日の弁当に入れていく分しかなくなったためである。めずらしいことである。ここしばらく、小松菜のわさび和えやからし和えを余らせていたので、まさか不足するとは思わなかった。こうしてみると、ほうれん草は小松菜より、1束の分量が少ないと見える。4束買ったのだが、5〜6束買っといたほうがよかったかもしれない。
ちなみに気になるお値段ですが……1束なんと、税込み100円! 税込み100円でのご奉仕です! と、なにやら、○○ショッピングのお時間みたいになってしまったが、ほうれん草が1束税込み100円で買えるとは、なるほど、旬到来である。
白菜も旬であるが、こちらは1/4で税抜き68円だったと思う。1/4と云っても、スーパーのそれとは違って、商店街の八百屋さんで買ったものだからかして、量は倍近く違う。むろん、八百屋さんのほうが大きいのである。
この白菜1/4で、ほうれん草と白菜の胡麻和えと、ツナと白菜のスープ煮がまかなえた。
ツナと白菜のスープ煮は、この時期の白菜の大量消費にはもってこいの献立である。しかも、簡単手軽にできて、体も温まり、和風洋風と、味付けもお好み次第である。ひょっとすると、中華風の味付けも合うかもしれない。今度その気になったら試してみよう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:04 | - | - |
バッテリーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、さわらの味噌漬け焼き、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


かぼちゃは、少なくとも、煮物にするかぼちゃは、「エビス南瓜」がおススメである。煮崩れしにくく、ほくほくした甘味があって、弁当のお菜にしても充分美味しい。ただし、当然のことながら、わたい個人の感想であって、全人類に共通して該当する、とは、保証しかねるので、念のため。
昨年中は別に種類の意識などなかったが、今年になってかぼちゃの煮物を料理りはじめると、どうも味が変わったような気がして仕方なかった、なぜだろう、と、首を捻っていたことは、いままでにも記してきたところである。その疑問がやっと氷解したのが、今週のお菜を料理ったときだったことも、これまた昨日記したところである。
さわらの味噌漬け焼きは少年期からの大好物である。
中学生の頃、高松に住む伯父が送ってきてくれたのを食したのが初めてだった。世の中にこんなおいしいものがあるのか、と、感激したものだった。なんでも伯父が釣ってきたものを、行きつけのお店で漬けてもらったものらしい。それとも、伯母ちゃんが漬けてくれたのだったかな? 詳細は忘れたが、ともかくあのときの感激は、いまなお記憶している。
爾来さわらと云えば、味噌漬け、と、思い込んでいる。いまでは曲がりなりにも、自分で料理れるようになったのだから、我ながら大したものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:02 | - | - |
バッテリーの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん


今日は爛丱奪謄蝓爾瞭瓩世修Δ任△襦
Wikipediaによると、狷本蓄電池工業会(現・電池工業会)が1985年に「カーバッテリーの日」として制定し、1991年に「バッテリーの日」に改称した瓩里世修Δ如↓猝邉紊離團奪船磧爾肇ャッチャーのことをバッテリーと呼ぶが、それらのポジションを表す数字がそれぞれ"1"と"2"であることに由来する瓩里世修Δ任△襦
今年のノーベル化学賞は、ジョン・グッドイナフ、 スタンリー・ウィッティンガム、吉野彰の三氏に贈られた。授賞理由は「リチウムイオン二次電池の開発」である。
よくは解らないが、電力を安定した状態で効率よく蓄積しておけるらしい。これもいわゆるひとつの爛丱奪謄蝓辞瓩任△蹐Α
で、蓄電池のバッテリーが、なぜ野球の投手と捕手の一対のことを指すのかと云うと……ご興味がおありの方は、ウィキペディるなり、ググるなりしてください。
そう云えばこのあいだ、「つい、『ググる』と云ってしまう」と、ヤフーの社員がつぶやいていて、大笑いしてしまった。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
蓄電池とも野球とも、GoogleともYahoo!とも、まったく一切無縁な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:00 | - | - |
胃腸の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、紅鮭の幽庵焼き風、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、大根の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


ほうれん草と白菜の胡麻和えが、砂糖を入れすぎたかな? と、危惧していたが、思ったほどではなかったようだ。
とは云え、以前から記しているように、健康によろしく、味わいも風味もいい和食の唯一の欠点、とも云うべき点が、知らぬ間に、糖分と塩分の過剰摂取に陥りやすい、と、云うことである。
本来の和食味わいとは、素材食材そのものの味わい風味を愛でるものであって、西欧料理のように、調味料の出来栄えを賞するものではないのである。
和食における調味料の役目とは、あくまで食材の引き立て役、裏方なのである。和食において調味料が際立つのは、映画やTVドラマなどで、主役を差し置いて脇役が目立ったり、スタッフの存在が観客視聴者の意識に上ったりするようなものである。すべてがぶち壊しになって、悪影響しか残らない。以て自戒すべし、である。
紅鮭の幽庵焼き風は、いまひとつマーマレードの甘味が利いていなかった。別に醤油鹹くはなかったから、酒の量が多かったのかもしれない。煮物もそうだが、総じて和食は調味料の配合が難しい。料理本などに載っている割合は、あくまで参考値、基準値であって、実際には個人の好みや食材の種類、料理る献立の量などによって微妙に、あるいは大いに違う。この分量割合は勘と回数を蓄積して、経験とするほかない。
即席みそ汁と、ツナと白菜のスープ煮とで、汁物が2つ、一汁三菜ではなく、二汁二菜ではないか、と、云われそうだが、ツナと白菜のスープ煮は汁物ではなく、あくまでお菜───副菜である。我が献立は、あくまで、一汁三菜なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |
胃腸の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、紅鮭の幽庵焼き風、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


かぼちゃの煮物の味が変わっていた理由が分かった。
去年のものと種類が違っていたのである。去年購入していたのは、「エビス南瓜」と云う種類で、今年はまだその種類のかぼちゃを買っていなかったのである。
今回「エビス南瓜」を食べてみて判明した。
ホッとした。わたいの味付けが悪かったわけではなかったのである。また、わたいにも味の違いが判ることが判ったのである。
「エビス南瓜」は煮崩れしにくく、ホクホクして、甘みのある味わいが、まるで焼き芋のようである。わたいの好きな種類である。いままでのかぼちゃに首を捻っていたのももっともである。
同じ時間(と、云うほど長いわけではないが)湯掻いていたにしても、ほうれん草と小松菜とでは、味わい、と、云うか、歯ごたえが違うような気がする。ほうれん草のほうが、早くふにゃふにゃになり、小松菜のほうはわりとシャキシャキした歯ごたえが残る、ように思える。
白菜も、芯のところと葉のところを、違和感なく湯掻くのは、至難の業である。 慣れてくれば問題はないのだろうが、慣れるまでが問題である……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |
胃腸の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日は牋瀋欧瞭瓩覆里世修Δ澄
Wikipediaによると、燹岼澆卜匹あいにいい(1211)」の語呂合わせ瓩如↓狷本大衆薬工業協会が2002年に制定瓩靴燭里世修Δ澄
まず、まともな語呂合わせ、と、云えるだろう。
と、ある統計によると、牋澆んの患者数はがん患者の中で最も多く、13万人以上も患者瓩いる、とのことである(https://www.f-l-p.co.jp/knowledge/543)。
現在では検診技術の発展によって、早期発見早期ちりょいうが可能になり、その死亡率は減少しつつあるようであるが、日本には古来、「転ばぬ先の杖」と云う名言がある。日頃から用心するにしくはない、と、酒も煙草も人並み以上に喫してきたわたいが云っても、説得力がないか……。
しかし、総理が「不正をしてはいけない」、「誤魔化してはいけない」と云ったとしても、やはり不正はしてはいけないし、誤魔化しをしてはいけないのである。
そんなわけで、やはり胃腸にやさしい、消化吸収の良い献立を摂取するべきであろう。
日本人における胃がん罹患者の増加は、食生活の欧米化とストレスの質量相伴う増加にある、と、わたいは考えている。
これから忘年会、クリスマス会、そして新年会、と、飲食宴会の機会が増えるであろう。
充分に胃腸を気遣って、大いに愉しまれんことを願いたい。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
充分に胃腸を気遣っているはずの、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |
ノーベル賞授賞式の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、紅鮭の幽庵焼き風、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、大根の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


小松菜のわさび和え、からし和えの名コンビ(?)が、やっとなくなった。つまり、先週消費すべき分が、3食分、残っていたことになる。ここまでくると、なるほど、わさびもからしも区別がつかない。両者の辛味成分は同じだ、と、云うことが、納得できるのである。
紅鮭の幽庵焼き風も、お気に入りの献立のひとつである。格別好きで、ぜひ食べたい、と、云うのではないが、手軽に料理れるのでありがたい。値段のことを云うとせせこましいが、紅鮭はわりと廉価なので、その意味でも重宝である。
ほうれん草と白菜の胡麻和えは、母者に教わったものである。ほうれん草、白菜とも、旬の食材である。それら旬の食材がタッグを組んだ、強力な献立である(?)。今回ちょっと砂糖が多かったかもしれない。和食は意外と砂糖や醤油を使用するので、糖分や塩分の取りすぎになる恐れがある。料理する際には注意が必要である……と、あとから気付くあたり、我ながら、如何にもわたいらしい。
茹でキャベツを昨晩で食べきった。残るは大根の酢漬けだけである。これはもともと、漬物類として分類されていたため、そう急いで消費しなくても、大丈夫だろう。ただ、野菜の摂取量が、目標の7種類に届かない日が続いている。どうも困ったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:17 | - | - |
ノーベル賞授賞式の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、鰤の照り焼き、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


結果として、昨日の弁当と同じ献立になってしまった。
いずれも好きな食べ物だから不満はない。むしろ毎日このトリオ(?)でもいいくらいである。
ただ、鰤の煮つけに、生姜を入れるのを忘れてしまった。久しぶりに料理ると、こう云う細かいところを忘却してしまう。
もっとも、生姜を入れるのは、味付けの意味もあるが、鰤の生臭みを除るのが主であるらしいので、その意味では別になくても差し支えない。
鰤の生臭みを除るために、あらかじめ熱湯を注いでおくことを手順に入れているレシピもあるようだが、わたいはそれもしない。以前にも記したと思うが、だいたい鰤を生臭い、と、思ったことがないのである。
そんなわけで、生姜があろうがなかろうが、大勢に影響はない、と、言い訳しておく。
もっとも、生姜は体を温める効能があるので、そう云う意味では、この時季、重宝ではあるのだが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |
ノーベル賞授賞式の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日はノーベル賞の授賞式が行われる日である。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、この日は爛好ΕА璽妊鵑硫奮惻團▲襯侫譽奪鼻Ε痢璽戰襪1896(明治29)年に亡くなった日瓩任△蝓↓爛痢璽戰訃泙枠爐琉筝世砲茲蠢論澆気譴伸瓩函▲痢璽戰訃泙隆蔽韻弊睫世つづく。いわく、猜理学・化学・医学・文学・経済学の各賞はスウェーデンの首都・ストックホルムで、平和賞はノルウェーのオスロで授賞式が行われる。賞の選考はノーベルが生まれたスウェーデンの研究機関が行い、平和賞だけは、創設当時スウェーデンと連合王国だった関係でノルウェーで選考される。賞ごとに選考委員会を作られ、世界中の大学や専門家に推薦依頼を送って、その返答をもとに受賞者が選ばれる瓠
ちなみによく誤解されているのだが、「ノーベル医学賞」なるものは、厳密には存在せず、精確には「ノーベル生理学・医学賞」である。日本では生理学の認知度が低く、医学が一般に知られているためか、「ノーベル医学・生理学賞」などと表記されている場合があるが、それは間違いである。
また、「ノーベル経済学賞」なるものも、厳密に云えば、存在しない。一般に「ノーベル経済学賞」と呼ばれているものは、他の5賞と違い、ノーベルの遺言によって設立されたものではなく、「1968年にスウェーデン国立銀行が設立300周年祝賀の一環として、ノーベル財団に働きかけ、設立された賞」なのである。(Wikipedia/「ノーベル経済学賞」より)
したがって正式名称は、「アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞」もしくは「アルフレッド・ノーベル記念スウェーデン国立銀行経済学賞」などと訳されている。(同)
以前にも記したが、個々人としては、受賞者の適不適をめぐって、様々な意見があろうが、それでもやはりこの賞が、世界規模で最も権威のある学術賞であることに変わりわない。
今日ぐらいはそれらの異見を飲み込んで、今年の受賞者に褒め称えるくらいの度量を見せてもよかろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
死の商人が贖罪のために設立した学術賞などとは、まったく一切おそらく一生縁のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:13 | - | - |
三木武夫内閣発足の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鰤の素焼き、小松菜のわさび和え、ツナと白菜のスープ煮、茹でキャベツと大根の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


鰤3切れを、煮つけ…2切、素焼き…1切、に、した。
素焼きでも結構美味い。ビタクラフトのフライパンを使うと、さほどの火力を必要とせず(精確には、強い火力を用いてはならないフライパンなのである)、焦げ付かず、いい具合に焼きあがる。魚焼きグリルなど使用しなくても充分である。あらかじめ塩を振っておいて、塩焼きにしてもよかったかもしれない。
小松菜のわさび和えは、昼の弁当のお菜と同じく、先週からの残り物である。ゆえに、小松菜のわさび和え、と、云うよりは、小松菜のわさび漬け、と、云ったほうが適当かもしれない。どこぞの国の野党ではないので、名称はどうでもいい。問題は、腹をこわすかどうか、で、ある。それに、どちらにせよ、栄養価に変わりはない……はずである。
とにかく、小松菜のわさび和え変じて小松菜のわさび漬けになろうとも、断じて一汁三菜は固守しているつもりである。
それにしても、小松菜のわさび和えや、大根の酢漬けはともかく、茹でキャベツはそろそろ片付けないと、いくらなんでもアブなくなってきそうだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:07 | - | - |
三木武夫内閣発足の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鰤の煮つけ、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物


やっと念願の(?)鰤の煮つけを料理った。これは味付けに出来不出来の差が少なく、安心して料理れる献立のひとつである。以前から大好きで、よく料理っていたのだが、ここのところ値段が高くなっていけない。養殖ものが2切=500円前後する。
今回買ったのは、3切=680円(税抜)だから、まずまず廉いほうだろう。それにしても、1切=1食=227円近くするのだから、鰯や秋刀魚には較べるべくもない。豚肉や鶏肉のほうが、1食当たりの単価は廉くつく。
四方環海の海洋国家ニッポンで、なんで獣肉類よりも魚肉類のほうが高い生活を送らにゃならんのだ、と、いつも思ってしまう。
Macや遊冶郎が云うように、高度経済成長によって、工業産業が一定の発展段階に達し、成果を上げたのだから、いい加減農林水産業に注力するべきだ。それも狄糧省瓩箸修量松里鯤儿垢靴董⇔通商業部門の当該管轄領域をも吸収し、食糧自給率の上昇と、自立自存し得る食糧生産量の確保ならびに流通、食糧安全性の向上確立に努めるべきであろう。そして、英語を習わせるより先に、食に関する知識を教えるべきである。
と、云っても、利権と保身にしか関心のない政治家や官僚を選んでいる国民が住む国では、まず無理だろうなぁ……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:04 | - | - |
三木武夫内閣発足の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


1974年(昭和49年)の今日、所謂金脈問題で総辞職した田中角栄内閣に代わって、三木武夫氏を首班とする内閣が発足した。
三木武夫氏は様々な意味で魅力のある人物で、先ごろ亡くなられた中曽根康弘氏を称して「平成の妖怪」、現総理の祖父である岸信介氏を称して「昭和の妖怪」と呼ぶが、Macや遊冶郎に云わせると、「妖怪」の異名に最も相応しいのは、この三木武夫氏である、と、云うことである。
なにしろ三角大福(ポスト佐藤栄作を争った、三木武夫、田中角栄、大平正芳、福田赳夫の四氏を指して、当時の報道関係者はそう呼んだらしい)の死闘の渦中をしのぎ、その合間を潜り抜けて総理の座を射止めた中曽根康弘氏をして、「三木さんのえげつなさにはついていけない」と、嘆息せしめたほどの力量である。
戦後最大の異能の政治家と、一部で云われている田中角栄氏をして、「俺とサシで勝負できるのは三木武夫だけだ」と、云わしめた人物である。
どうしてどうして、爛リーン三木瓩世韻任亙劼鼎韻蕕譴覆た擁である。
その爛リーン三木瓩鯀位未鵬,圭个靴討離ぅ瓠璽言鑪、小政党を率い、小派閥の領袖として、戦後政界や自民党内を渡り歩いて要職を占め続けた(ポスト佐藤栄作の地位を争った、先の三人が、それぞれまだ陣笠の一代議士や、省庁官僚であった頃、すでに入閣していた!)権謀術策の技、そして検察権力や報道機関を操ってロッキード疑獄を拡大し、政敵である田中角栄氏を事実上の政界引退に追い込まんとしたその手口、まさに「妖怪」である。
政治学者の倉山満氏によると、佐藤栄作以後に長期政権を築いた中曽根、小泉、安倍の各氏は、みなこの三木武夫氏の手法を研究し尽くしている、と、云う。
まさに恐るべき怪異の政治家である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
妖怪とも化物とも、政治家とも官僚とも、政権争奪抗争とも権謀術策とも、まったく一切どこからどう見ても、まったく無縁の、いたって清廉潔白、簡素清貧、正直一徹の、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:02 | - | - |
シンフォニー記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、人参と長葱の豚バラ肉巻き(2個)、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物


冷凍保存しておいた人参と長葱の豚バラ肉巻きがなくなった。また新たになにか料理って保存しておかなければならない。
と、記してふと思ったのだが、もともとは、余った食材を棄てるわけにいかず、なんとかならないか、と、苦悩の末、冷凍保存できる献立を料理って、冷凍保存しておいたはずである。
当たり前のことだが、冷凍保存するのはあくまで食材を無駄にしないための、あるいは食材が売り切れていたときに活用するための「手段」であって、冷凍保存することが「目的」ではないのである。
どうもわたいは往々にして「手段」と「目的」が入れ替わる傾向がある。
で、そもそも、自炊を始めた「目的」は何で、何のための「手段」だったのだろう? 今ではそれも忘却の彼方である。
「目的」も「手段」も、その意識が消滅した後に残るのは、「慣習」ないしは「習慣」であろう。
これを哲やんに話したら、なんと云うかな?
それはともかく、今週は肉料理だったので、順番から行くと魚料理になるのだが、そろそろ鰤(ブリ)が食べたくなってきた。だけど鰤の切身って、高いんよな〜。どうしよう……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:53 | - | - |
シンフォニー記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爛轡鵐侫ニー記念日瓩任△襪蕕靴ぁ
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、1914(大正3)年のこの日、ベルリンから帰国した山田耕筰が、初の日本人の作曲による交響曲『勝鬨と平和』を発表した瓩里世修Δ任△襦
山田耕筰氏と云うと、「待ちぼうけ」や「赤とんぼ」、「からたちの花」などの童謡の作曲者としてよく知られているが、狷本初の管弦楽団を造るなど日本において西洋音楽の普及に努めた畤擁であり、爐泙拭▲縫紂璽茵璽のカーネギー・ホールで自作の管弦楽曲を演奏、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やレニングラード・フィルハーモニー交響楽団等を指揮するなど国際的にも活動、欧米でも名前を知られた最初の日本人音楽家でもある瓩修Δ任△襦
この時季そろそろ、第九の合唱がコンサート・ホールなどで行われる日時を目にするようになる。
交響曲の父、と、云えば、ハイドンであるが、やはり日本人には───あるいは西洋人にも───ベートーヴェンのほうが馴染みが深いのであろう。交響曲と云えば、ベートーヴェンを思い出す人がほとんどなのではなかろうか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
シンフォニーともオーケストラとも、ハイドンともベートーヴェンとも、まったく一切どこからどう見ても縁のない、いたって凡俗非文化な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:50 | - | - |
203高地占領の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、人参と長葱の豚バラ肉巻き(2個)、小松菜のからし和え、ツナと椎茸と白菜のスープ煮、木綿奴、納豆、味付海苔


茹でキャベツと大根の酢漬けを出すのを忘れてしまった。
そこでふと思ったのだが、酢漬けやその他の漬物などは、夏場にこそ需要がありそうなものなのだが、なぜ冬によく目にするのだろう。材料が冬野菜が主だからだろうか。それを冬に漬け込んでおき、夏場に食するのだろうか。
正月に食するお節料理は、年がら年中、家族のために食事を料理り続けている(むかしの)妻女でも、正月くらいはゆっくり休んでもらおうと、日持ちのする献立を選択して詰め合わせたものだ、と、小学生の時分になにかで読んだことがある。なにぶん昔得た知識なので、まちがっているかもしれない。
こないだネットの記事を見ていたら、自分の収入を基準にして、妻がそれほど稼いでないのに家事育児について文句を云われる、と、妻を非難する男が非難されていたが、別の記事を見てみると、自分ができる家事育児の出来栄えを基準にして、夫がそれに追いついていないのにやっている顔をすることを非難する妻には理解や擁護の声が多かった。
なるほど、世の男性諸君が結婚したくなくなるわけである。
わたいが料理る献立類も、自分が料理ったものだから食べられるが、これを他人に食べさせようとは思わない。食べてみよう、と、云う他人もいないだろうが。女にしろ、男にしろ、せっかく作った料理を無理して食べてもらって、心悪い言葉を云われるのを辛抱してまで、食べてもらう必要はなかろうと思う。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:17 | - | - |
203高地占領の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、人参と長葱の豚バラ肉巻き(2個)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


麦飯の量が少ない。冷凍保存するために取り分けたとき、少なくなってしまっていたようである。それでもおそらくは、普通の人の1膳分くらいはあるだろう。わたいの狆ない瓩蓮⊂なくとも、食べ物に限って云えば、けっして少なくはないらしい。
人参と長葱の豚バラ肉巻きは、おそらくは去年、あるいは今年の初め頃、冷凍保存しておいたものである。朝出かける前に冷凍室から冷蔵庫に移しておき、帰宅してから料理した。
フライパンに油をひいて、継ぎ目のところから焼き、焼き色がついたら別の面を、そこにも焼き色がついたら、さらに別の面を、と、云う具合に、順次焼いていき、最後に酒と薄口醤油狆量で疚をつける。
これが正しい手順であるが、まず継ぎ目がわからず、次にフライパンに油をひいて焼き始めたところに、酒と薄口醤油を狆量瓩覆蕕再れてしまった。
それでも食べられないことはないのだから、まぁ良しとしよう。
それにしても、冷凍保存しておいても、いつかは食べないと意味がない。冷凍保存は一時しのぎ(余ったのをもちこす)であって、猗庄糞彿歛賢瓩任呂覆い里任△襦
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |
203高地占領の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は日露戦争の旅順攻略戦において、日本軍によって203高地が占領された日であるらしい。
この激戦の模様は、司馬遼太郎氏の『坂の上の雲』や、映画『二百三高地』に詳しい。ただし、どこまで史実を反映しているか、史実に忠実であるかについては、大いに疑問の余地がある。
Macや散作に云わせれば、日本には犹頁篭掬稔瓩箸盡討屬戮人種が存在しており、歴史を語るのに司馬遼太郎氏やその作品を引き合いに出すのだからたまらない、などと、よくこぼしている(遊冶郎に云わせれば、爛丱の程度が知れない瓩函云うことらしい)。
かつてこの203高地の激戦は、多分にその実像が美化されて、日本陸軍及び日本軍将兵の恐れを知らぬ勇猛果敢の象徴のように喧伝されていた。
なるほど、恐れを知らぬ、と、云うのは事実であったろう。脳神経の働きが緩慢であれば、「恐れ」を認知できようはずもない。そんな将校の素に配属された兵こそ災難である。
現在ではその虚像も晴れ、あれは乃木の戦さ下手の象徴だ、いや参謀の伊地知の頑迷さのゆえだ、と、いろいろと取りざたされているようである。
そろそろこの203高地の激戦が象徴する意味も、犇鮴鎰瓠↓狷を使わぬ猪突猛進の愚かさ瓩箸覆辰討靴るべきであろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
203高地が占領されようがされまいが、日本軍将兵の無駄死に犬死が、乃木のせいであろうが、伊地知とやらのせいであろうが、そんなこととは縁もゆかりもない、いたって平和で幸せな、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:13 | - | - |
平安京新都の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、長葱と人参の豚バラ肉巻き(3個)、小松菜のわさび和え、ツナと椎茸と白菜のスープ煮、茹でキャベツと大根の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


昨日の晩食で 南蛮漬けの素がなくなった。茹でキャベツと大根の酢漬けが残っている。しばらくこれが漬物代わりとなる。
即席みそ汁に、貝割やニラやもやし、えのきなどを入れてもいいかもしれない。と、云うか、去年はそうしていたような気がする。
ンでもって、今日の昼の弁当で、ピーマンの肉詰めがなくなった。ピーマンをもう一袋、買っておけばよかったかもしれない。
主菜をどうしようかと思ったが、約1年ほど前に冷凍保存しておいた長葱と人参の豚バラ肉巻きがあったのを思い出した。どうやらこれで今週は乗り切れそうである。
まぁ、以前にも記したが、数万年前だか数十万年前だか、数百万年前だかのシベリアの凍土から発見された氷漬けのマンモスが食べられたのだから、それに較べれば、約1年前の豚バラ肉巻きが食べられないはずもなかろう。
ただ、家の冷蔵庫の冷凍室が、シベリアの凍土並みの冷凍機能を有していればいいのだが、おそらくそこまではいかないだろう。それでも対して味に変化はなかった。文明の利器は重宝なものである。
ツナと椎茸と白菜のスープ煮がけっこう温まるし、腹にもたまる。基本はツナと白菜のみなので、費用面から云っても、温かく感じる。あらゆる面で、この季節にぴったりの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
平安京新都の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、ピーマンの肉詰(2個)、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物


ピーマンの肉詰めを2個にしようか、1個にしようか悩んだ末、2個にすることにした。そうすると週の途中でなくなってしまうが、そのときは久しぶりに近所のスーパーで総菜でも買ってくることにしよう。
今回はピーマン自体が大きかったので、1個で他の場合の2個分ぐらいはある。それでもやはりいつもと同じように腹は減るのだから、一体わたいの消化吸収能力はどうなっているのだろうか。
これからの季節は、動物としての性質上、栄養分を貯め込むようになる。冬場は体内に栄養を蓄積し、あまり動かず、ひたすら春が来るのを待つ、と、云うのが、動物の正しい在り方である。
人間も動物の一種である以上、その傾向から免れることはできない。理想を云えば、冬場は労働などせずに、家に引き籠っていることが、動物としての側面から見た、正しい生活である。
夏場、サマータイムだのなんだのと云っているが、それなら冬は冬で、ウインタータイムなるものも導入するがいい。緯度の高い諸地域の制度をそのまま引き移して、うまく機能するとでも思っているのだろうか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
平安京新都の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は猜唇袖が新都瓩砲覆辰親だそうである。旧暦で云うと、延暦13年11月8日のことだそうである。
平安京は、牘篶13年10月22日(西暦794年11月22日)から、一説には明治2年(1869年)まで日本の首都であったとされ、明治2年(1869年)に政府(太政官)が東京(旧江戸)に移転して首都機能を失っている瓩修Δ澄(Wikipedia/「平安京」より)
今日が平安京が新都になった日、と、云うのも、Wikipediaによる情報なのだが、この日付のズレはなんなのだろう。
基にした資料が違っているのか、城郭あるいは町構としての完成日と、天皇が遷移した日が違うのか、あるいは新都宣言の行われた日があったりするのか、そのへんは不明である。
猝声2年(1869年)に政府(太政官)が東京(旧江戸)に移転して首都機能を失っている瓩箸△襪、Macによると、東京が日本の首都である、と、云う、正式な宣言ないし法制面からする規定は存在していないそうで、したがって法理念上はいまだ京都が首都なのだそうである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
東京が首都であろうがなかろうが、京都の景観がどうなろうが、そんなこととはまったく一切どこからどう見ても縁のない、いたって平安平常な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |
カレンダーの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、ピーマンの肉詰め、小松菜のからし合え、ツナと椎茸と白菜のスープ煮、各種野菜の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


寒くはなってきたが、まだ粕汁には早い、そんなときにはツナと白菜のスープ煮がピッタリである。固形コンソメに塩胡椒で洋風の味付けにしてもよし、顆粒のあごだしに酒と醤油で和風の味付けにしてもよし、で、ある。
今季料理ってみて、大根や椎茸など、他の野菜も意外と合うことが判明した。できれば淡白な味で、煮汁の浸み込みやすいものがいい。目安としては、鍋───それも、寄鍋に入れる野菜や海藻類、きのこ類などが合うのではなかろうか。
そう考えると、これもまた、汁物料理の一種、と、云えないこともなく、多種多様な栄養素を摂取し得る貴重な献立、と、云えそうである。
前回は大根、今回は椎茸を入れたが、えのきやしめじ、レタスや葱、ニラ、もやし、油揚げなどを入れてもいいのではないだろうか。要は味噌汁の具になりそうなものなら、たいていの食材は合致しそうな気がする。
いままであまり料理らなかったが、これからは大いに料理るとしよう……と、云っても、じきに粕汁の季節が来るだろうが。
各種野菜の酢漬けは、前々週以来の残り物である。酢漬けであるから長期保存が可能であろうと思っているが、何ごとも過信はよろしくない。少しずつでもいいから、消費していくべきであろう。酢は健康にいいし、野菜の摂取種類も増える。悦ばしいことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |
カレンダーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、ピーマンの肉詰め(2個)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


かぼちゃの煮物は、たいていは晩食の献立に供するのだが、今週は昼の弁当に持ってくることにした。晩食にツナと椎茸と白菜のスープ煮を食するためである。これを昼の弁当のお菜に持ってくるわけにはいかない。わたいの弁当箱は、そんな保温や汁もれ防止技術に優れたものではないのである。献立と同じく、購入判断基準は、「質より量」なのである。
今回かぼちゃの煮物を料理るにあたって、顆粒のあごだしを入れるのを忘れてしまった。それでも別段、食べられない、と、云うわけではない。昆布とだしじゃこだけでも、充分美味しい出汁がでている。昆布とだしじゃこも、もちろん食する。
このところ、煮物などの際に、調味料を入れすぎているような気がして仕方がない。食材は基本、健康に悪くない。問題があるとすれば、それは調味料である、と、云うのが、わたいの偏見である。
ケーキにしろ饅頭にしろ、パスタにしろ、その他各種のスイーツにしろ、素になっている食材自体は、悪いわけではあるまい。問題になるのは、主に味付けのために使用している各種の調味料であろう。
和食でも煮物には結構な量の砂糖を使用する。そこを注意して、精製していない砂糖を使用したり、砂糖の使用を控えている人もいるようである。
砂糖に限らず、酒も醤油も、使用量が多いようである。少し控えるよう、心がけねばなるまい。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:09 | - | - |
カレンダーの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爛レンダーの日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、狢斥枸餾陵僂鉾爾辰凸声5年12月3日(旧暦)が明治6年(1873年)1月1日となったことに由来し、全国団扇扇子カレンダー協議会が1987年に制定瓩靴燭發里世修Δ任△襦
毎年この時季になると、来年のカレンダーはどんなのにしようか、と、少しく心ワクワクと本屋の棚を覘いたものである。
もっとも、どれにしようか、と、迷い、考えあぐねているうちに、結局は同じものを買ってしまう、と、いうことを繰り返していた。
ある意味、年末の愉しみのひとつだったのだが、年々齢とともに面倒臭くなり、最近では年が明けてから買うようになった。そのうち、カレンダーなど部屋に飾らなくなるかもしれない。
カレンダーは一種のポスターや壁紙としての効果もあり、あれば部屋が明るくなっていいのだが、それもあまり気にしなくなった。どうやら感性までも摩滅してきたようだ。困ったものである。
もっともそのことと、渡井の食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
カレンダーともポスターとも、部屋の色合いとも装飾とも、まったく一切全然関係のない、いたって殺風景な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:07 | - | - |
奴隷制度廃止国際デーのひのひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、ピーマンの肉詰め(2個)、小松菜のからし和え、ツナと椎茸と白菜のスープ煮、各種野菜の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔



小松菜のからし和えは先週の残り物だが、充分食べられる。この時季だからだろうか、からし和え→漬物への変化を気にしなければ、今週いっぱい食べられる。ただし、これはあくまでわたい個人の場合であって、他の人の場合はどのような作用が発生するかは予測できないし、したがって、万一の場合の責任も負いかねるので念のため。
昼の弁当の箇所でも触れたように、ピーマンの肉詰めは鶏むね肉の挽肉で料理った。本当だったら、鶏と豚の合挽肉で料理りたかったのだが、あいにく売ってなかった。その代わり、と、云ってはなんだが、玉葱の他に、冷凍保存しておいた人参と、廉かったので買ってきた椎茸を入れた。椎茸は天気が好かったので、外に出して干しておいた。少しでもビタミンDの含有量をあげ、摂取量を増やそうと云う、我ながらセコイ魂胆である。
ピーマンが思ったより大きめだったので、これなら1食=1個でもいいかもしれない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:14 | - | - |
奴隷制度廃止国際デーのひのひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鶏むね肉のハンバーグ(2個)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


小松菜のわさび和えとかぼちゃの煮物は、先週分の残りである。どうもここのところ、月〜火曜くらいまで、先週の残り物が食い込んでいる。別に味がどうこうなっているわけでなし、食べられないこともなく、ないよりはマシなので、まあこれもよかろう、と、楽観している。
とりわけここしばらく、小松菜の値段の上下が烈しい。高いと思うときには購入を控えられるようにするのが良策である。
鶏むね肉のハンバーグは、ピーマンの肉詰めの残りで成形したものである。ひとつがかなり巨大になって(通常サイズの2個分相当)、かぼちゃの煮物が潰れてしまった。鶏むね肉は冷めても味が好いので、牛より重宝している。
鶏は牛や豚より平熱が低い、と、思っていたのだが、これがとんでもない勘違いで、鶏の平熱は40〜41℃なのだそうである!
と、すると、鶏の脂は人間の体温では融けずに凝固したまま、と、云うことになり、牛の脂以上に健康によろしくないことになる(ちなみに、牛の平熱は38.5〜39.0、℃らしい)。牛肉や豚肉よりも鶏肉のほうが健康に良い、と、云う、わたいの鶏肉信仰が、すくなくとも、脂質に関しては、崩壊してしまった!
ただしこれは、牛、豚、鶏の脂と体温との関係だけで見た場合の話であって、消化吸収作用が絡むとなると、おのずから話は別である、と、思っておこう……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:03 | - | - |
奴隷制度廃止国際デーのひのひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は狹枸貔度廃止国際デー瓩世修Δ任△襦
Wikipediaによると、犢餾櫂如爾琉譴牒瓩如↓1949年のこの日に国際連合総会決議317(IV)「人身売買及び他人の売春からの搾取の禁止に関する条約」が採択されたことを記念瓩靴得定されたものなのだそうである。
「人身売買」は解からないでもないが、「他人の売春からの搾取」と云うのがよく解からない。「自分の売春」ならいいのだろうか? 「売春」自体、立派な(?)性の搾取だと思うのだが……。ちなみにこの場合、搾取者、被搾取者を、男女両性のうちのいずれかに、固定させて考えているわけではないので、念のため。
男性が自らの「性」を「売」る場合、女性が男性の「性」を「買」う場合も、やはり存在しているのである。たとえそれが「性交」を伴っていなくても。
まあ幸か不幸か、わたいの「性」は、売ろうと思っても買い手がない。高津の黒焼き屋でも断るだろう。
わたいとしては、この条約の他に、「労働力搾取の禁止」、「賃金からの解放」、「旧来の伝習からの解放」、「伝統的家庭観からの解放」、「愛国観念からの解放」等々も締結していただきたい。たぶん無理ではあろうが……。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
人身売買とも、他人の売春からの搾取とも、まったく一切これっぽっちもかかわりのない、いたって健全優良な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:00 | - | - |
いい肉の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、豚肉の生姜焼き、小松菜のからし和え、高野豆腐と和野菜の煮物


高野豆腐と和野菜の煮物は、献立としてはお気に入りなので、折を見て料理っていきたい、とは思っている。にしては、前回料理ってから今回まで、だいぶ間が空いている。我ながら気まぐれなものである。
そもそもまたこの献立を料理ろうと思ったのは、海藻類の摂取量が少ない、と、思ったからである。
昔は晩食卓に、必ずもずくをつけていたのだが、どうも酢が皮膚によろしくなさそうだ、と、思って、キッパリ辞めてしまった。後は味付海苔か、かぼちゃの煮物の昆布くらいである。即席みそ汁に入れる乾燥わかめは、栄養面からすればあまり期待はできない。そもそも海藻類を中心にした献立の知識がほとんどないのである。
海藻類は豊富なビタミン類やミネラルを含み、海水中で摂取できない稀少元素などをも含有している可能性がある。なお、稀少元素、と、云っても、身体に有害な金属類の謂いではないので、念のため。
ともあれ、牾ち類は海のなかの緑黄色野菜瓠↓犁肉は海のなかの牛肉瓩函⊃じ切っているわたいであるから、なんとかもっと、海藻類を摂取したい、と、思って、今回久しぶりに、高野豆腐と和野菜の煮物を料理り、ひじきを入れてみたのである。ひじきと大豆の煮物も考えてみたのだが、それだけではどうも摂取量が少ないような気がする。なんとかもっと海藻類を摂取できる効率のよい手だてはないものか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:35 | - | - |
いい肉の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は爐いての日瓩任△襦
Wikipediaによると、犁楮蠍の「より良き宮崎牛作り対策協議会」が制定瓩靴燭里世修Δ任△襦なぜ今日か、と、云うと、それはもちろん、燹屬(1)い(1)に(2)く(9)」の語呂合せ瓩世らである。
わたいも肉料理は大好物である。すき焼き、トンカツ、ポークカツレツ、サーロイン・ステーキにフィレ・ステーキ、鶏皮塩焼き、チキン南蛮、鶏の唐揚げ、コロッケ、ハンバーグ、等々。
幼少時は肉が嫌いで、肉が入っている、と、云うだけで、焼飯が食べられず、肉と同じ汁の中に入っている、と、云うだけで、肉じゃがの肉以外のものも食べられなかった。それをムリヤリ詰め込むようにして口に入れ(入れさせられ)、飲み下すようにして食べていたのだから、食事の時間は拷問以外の何物でもなかった。現在と違って、親はもとより、学校の先生も世間の風潮も、汁粉に浸した大福餅のように甘くはなかったのである。
そのわたいがいまや、傍で見ているだけで腹一杯になる、と、云われるほど食べるようになったのだから、我ながら分らないものである。
鶏の唐揚げと鶏肝の生姜煮を合わせて約1Kg食べたこともあるし、某ファミレスで400gのサーロイン・ステーキとサイド・メニューの鶏の唐揚げ、そのあとでかつとじ丼を平らげたこともある。テニスの直後だったとは云え、なるほど、すごい食欲である。とてもその偏食の激しさで親を手こずらせた男とは思えない。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
牛肉とも豚肉とも鶏肉とも魚肉とも、まったく一切どこから見ても縁のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:32 | - | - |
太平洋記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、豚肉の生姜焼き、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


ふつうは冷奴と云えば、絹こし豆腐であろう。わたいもこのあいだまでは、絹こし豆腐を食していた。木綿豆腐に浮気したのは、木綿豆腐のほうが栄養分が多そうだからである。
木綿豆腐は水分が少なく、栄養分が凝縮されており、たんぱく質、カルシウム、鉄分がとりわけ多い(絹こし豆腐に較べて)。
絹こし豆腐は水分が多く、ビタミンB群やカリウム、ナトリウムを多く含んでいる。
これらの情報からして、絹こし豆腐よりも、木綿豆腐を選択したのである。
絹こし豆腐に多く含まれている栄養分は、他の野菜類でも補充できている自信があるが、木綿豆腐に多く含まれている栄養分の摂取については、いささか心細いものがある。
そんなわけで、絹こし豆腐から木綿豆腐に乗り換えたのである。
進歩主義の信奉者には悪いが、即席みそ汁については、栄養面から見た本来の効果は認めていない。そのことについては、冷凍食品やその他の惣菜についても同じである。
これは証拠証明の問題ではなく、信念の問題である。いかに証明されても地球が動いているはずがない、と、信じ込んでいる者はいるだろうし、日本は高天原に天降り給いし邇邇藝命の御子孫たる万世一系の天皇陛下が治めさるる神の国である、と、思い込んでいる者もいる。いくら証拠や証明を提示しても、固く思い込んでいる人間の思い込みを駆逐することはできない。そう云う輩は、提示された証拠や証明自体を、証拠とも証明ともみなさないのである。
馬を水辺に連れていくことはできても、馬がその気にならない限り、水を飲ませることはできない。
わたいの冷凍食品やインスタント食品、大手チェーンの惣菜店や弁当屋で提供されている商品などに対する思いも同様である。冷凍食品やインスタント商品の品質の向上や、含有栄養分の豊富さ、健康面から見た安全性などを強調する、専門家、と、称する人々は、どこかでかならず、食品会社や食品加工会社とつながっている、と、根も葉もない偏見を抱いているのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |
太平洋記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、豚肉の生姜焼き、小松菜のわさび和え、高野豆腐と和野菜の煮物


豚肉の生姜焼きは、それ用のものも売ってあるが、わたいはたいがい小間切れか切り落としを使う。理由は簡単で、その方が廉価だからである。味の違いなど、わたいに判かろうはずがない。第一、生姜醤油の漬けダレで味つけするのである。素材の味もへったくれもあるわけがない。
生姜醤油の漬けダレは、生姜(チューヴ)、にんにく(チューヴ)、酒、薄口醤油でつくる。これに豚肉と玉葱を漬け込むのである。あまり長く漬け込む必要はない、長く漬け込むと肉が固くなる、と、のたもう向きもあるようだが、わたいは短くとも、1日以上は漬け込む。火加減に注意すれば、さほど固くならない。
フライパンには油を引かず、最初強火でざっと炙るように焼き、それから中火で火を透し、弱火で煮る(漬けダレを煮汁に見立てて)心持ちで焼くのである。こうするとさほど肉は固くならない……ハズである。
高野豆腐と和野菜の煮物が、けっこう腹持ちが良くて意外である。高野豆腐以外の食材をサラダ油で炒め、しかるのち、酒、切干大根のもどし汁、味醂、薄口醤油で味つけしたのだが、最初にサラダ油で炒めたのが、腹持ちのいい原因かもしれない。以前、この過程を省略して料理ったときは、こんなには腹持ちよくなかったように思う。気のせいかも知れないが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:13 | - | - |
太平洋記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん


今日は狢席人竜念日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1520年11月28日に、ポルトガルの航海者フェルディナンド・マゼランが、後にマゼラン海峡と命名される南米大陸南端の海峡を通過して太平洋に出たことに由来瓩垢襪里世修Δ如↓爛泪璽薀鵑蓮△修了「El Mare Pacificum(平穏な海)」と表現している瓩里世修Δ澄なお猗爐料イ禄蕕瓩得こΔ魄貅して帰国し、地球が丸いことを証明した瓩函⊂学生の頃、なにかの本で読んだ知識も披露してくれている。
それから421年後、太平洋は残念ながら、El Mare Pacificum(平穏な海)瓩箸呂いなくなった。もちろんそれ以前からキナ臭い火種はくすぶっていたのだが、それが究極に爆発したのが、1941年(昭和16年)12月8日である。
中国大陸──なんなら、アジア大陸、とでも呼ぼうか──においてはそれ以前から、紛争、事変、戦闘、等々、呼称はどうあれ、事実上の戦争状態が続いていた。
願わくばこのようなものはすべて20世紀に置き捨てて、21世紀は太平洋のみならず、あらゆる海洋、あらゆる大陸、あらゆる半島、あらゆる島嶼……地球上のあらゆる場所が、猜寝困吻畩貊蠅箸覆辰討發蕕い燭い發里任△襦
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
太平洋とも大西洋とも、戦闘とも戦争とも、一切まったく金輪際無関係の、いたって穏和で平和で人道に満ちた、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |
ノーベル賞制定記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、豚肉の生姜焼き、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


困ったときは〔豚肉の〕生姜焼き、と、云うのが、自炊し始めた頃からの格言(?)である。もっともその頃は豚肉の生姜焼きくらいしか料理れなかったから、自炊しようと思えば、いつも困っていたことになる。要は、なにか料理ってみよう、と云う意欲が湧かなくて、外食も弁当を買って来るのも邪魔くさいときには、これになる、と、云うのが、豚肉の生姜焼きなのである。
なんだかずいぶん失礼な云いようだが、早くに料理法をおぼえた、と、云うことは、それだけ好物だった、と、云うことである。
また、豚肉の生姜焼きは、豚肉に豊富に含まれているビタミンB1の消化吸収効率を、玉葱のアリシンが促進して、疲労回復滋養強壮に大なる効果をもたらす。また、生姜は血行を促進し、身体を温める効果がある。風邪のとき、特に風邪の引きはじめ頃に生姜湯を喫するとよい、と、云うのは、このためである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |
ノーベル賞制定記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、鶏ささみの味噌漬焼き、小松菜のからし和え、高野豆腐と和野菜の煮物


高野豆腐と和野菜の煮物は、既成のレシピを基に、あれもこれもと材料を入れ込んだものである。もともとは切干大根と薄揚げの煮浸しを料理るつもりだった。それがどうせなら、と、他の食材も入れ込んだ結果が、これなのである。まあ醤油を入れ過ぎて濃い目の味になってしまったのだ難点だが、他にこれと云って不都合なこともなし、これはこれでよかろう。
ただ、料理名は、そんな事情で、正式なものではない。わたいの命名である。後日おなじものを料理っても、そのときには別の名を冠するかもしれない。いい加減なものである。わたいたちの仲間内では、これを犁い泙阿讚瓩半里垢襦
鶏ささみの味噌漬焼きは、先週分の残りである。味噌床に漬けているので、今日明日くらいまでは保つだろう、と、鶏肝の生姜煮から先に消費したのである。
とは云っても、味噌床には砂糖も入れてあるから、そうそう長持ちするとも思えない。今日でなくなったのは、ある意味ちょうどよかったかも知れない。
今回は酒の量が若干多かったかも知れない。微妙に粕漬けっぽい味が混じっている。なんにしても焼いた味噌の香ばしさが食欲をそそる。冷めてもその効果は──少なくともわたいには──持続する。お気に入りの一品である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:10 | - | - |
ノーベル賞制定記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん


今日は爛痢璽戰訃淦定記念日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1895年11月27日にスウェーデンの化学者アルフレッド・ノーベルが、自分がダイナマイトで得た財産を人類の平和に寄付するという遺言状を書いたことに由来瓩垢襪發里覆里世修Δ任△襦
ノーベル賞が世界で最も有名な、そして権威ある賞であることは、衆目の一致するところだが、近年特に文学賞や平和賞の授賞を巡って、異論百出、その選考に疑義を呈する向きが少なくない。
それは、自然科学分野と違って、その業績の確定に特有の困難がある人文科学分野のやむを得なさである。
にしても、この二賞の受賞者が、露骨に反体制傾向を示す、もっと判然と云えば、西欧米の価値観に基づいて選考されているであろうことも、顰蹙さるべき傾向ではある。
これを前向きに捉えれば、従来の西欧米中心の価値観が崩壊の兆しを見せ、牴礎祐僂寮こΦ模での多様化瓩現象し始めた象徴、と、見做すこともできよう。
その意味では、ノーベル賞受賞者がだれかによって、世界の趨勢が先遣される、とも、云えないことはない。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ノーベル賞とも、世界規模での価値観の多様化とも、まったく一切どの点からしても無関係の、いたって凡俗な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |
いい風呂の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鶏ささみの味噌漬焼き、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


鶏ささみの味噌漬焼きは、先週に漬け込んだものである。味噌床は薩摩みそと砂糖を味醂と酒で溶いたものである。漬け焼きものなので日持ちするだろうと思い、鶏肝の生姜煮を先に消費することにしたのである。
肝は調理後早目に食べたほうが良い。たとえ火を透してあるにしても、で、ある。
しかしいつも思うのだが、鶏ささみと鶏むね肉は、どうちがうのだろう。もちろん部位がちがうことくらいは知っているのだが、食感や味などには大した差がないんじゃなかろうか、とも思う。一度鶏むね肉でこの味噌漬け焼きを料理ってみよう。
昼の弁当のお菜にした高野豆腐と和野菜の煮物が、思ったより野菜中心ではなかった。切干大根と洋人参だけだったので、結局野菜の摂取種類は4種類にとどまる。海藻類(ひじき)ときのこ類(椎茸)、それに良質のたんぱく質(高野豆腐、薄揚げがふえた。それはそれで、よろこばしいことではある。
野菜が少ないとは云っても、ほとんどが緑黄色野菜である。それで良しとしよう。
鶏肝も鶏ささみも、高タンパク低カロリーのすぐれものである。その他の栄養素にも優れており、大いに調法な食材であるはずなのだが、あまり用いたことがない。これから大いに学ぶべきであろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
いい風呂の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え、高野豆腐と和野菜の煮物


高野豆腐と和野菜の煮物、とは記したが、和野菜だかどうか、判然としない。少なくとも、人参は洋人参である。春に高野豆腐と山菜mixの煮物を料理ったことを思い出して、料理ってみたのである。
野菜はもちろん、海藻類やきのこ類を手軽に多量に摂取できないか考えた結果、料理ることにしたのである。
材料は、高野豆腐、切干大根、ひじき、洋人参、椎茸、ちくわ、薄揚げ、で、ある。結局、所期の目的はあまり達成できなかった。それでも健康上効果大なる食材ばかりであることは、認めてくれるだろう。ただしちくわは味付け、ご愛嬌である。ちくわは嫌いではないし、水産加工物なので、栄養もそれなりにあるのだろうが、どうもわたいには西洋風人口加工製食物は、あまり健康によろしくない、と、云う、固定観念があるのである。
もちろん、豆腐や薄揚げ、高野豆腐なども人口加工製食品にはちがいなかろうが、これらはみな、和の伝統に基づく人口加工製食品である。このような食品は別である。豆腐や納豆などはその優秀さが広く知られている。高野豆腐もそのひとつである。
そんなわけで、どうも冷凍食品や缶詰などは、いまひとつ進んで利用する気になれない。それでも魚の缶詰は、よく使うようになった。そのうち冷凍食品も便利に利用するようになるだろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:17 | - | - |
いい風呂の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん


今日は爐いど呂の日瓩世修Δ任△襦
Wikipediaによると、狷本浴用剤工業会が制定瓩靴燭發里如↓燹屬ぁ1)い(1)ふ(2)ろ(6)」の語呂合せ瓩髪召Δ里蓮△覆襪曚鼻△函△Δ覆困韻襦
これからの季節は、寝床とともに、風呂が恋しい季節である。
一仕事終えてゆったりと湯につかったり、サウナで汗を流してスッキリしたりと、風呂にはリラックス効果、気持ちを切り替える効果、そしてもちろん、体内の老廃物を排出する、健康上の効果もある。
日本が火山国で、温泉の豊かな国であることは世界中に知られており、各地の温泉地では、「インバウンド」だの、「外国人観光客誘致」だのと、躍起になっているようである。もっとも昨今ではその弊害も現れており、その過熱ぶりもやや収まってきているようではあるが。
温泉に限らず、水資源の豊富な我が国では、たっぷりと水を使った贅沢な風呂の使い方が外国人に驚嘆され、かつ羨ましがられているようである。
わざわざ人混み烈しい温泉地になど行かなくても、近所のスーパー銭湯や昔ながらの下町の銭湯などで十分楽しめる。
わたいも幼少時から風呂好きで、最低でも1時間は入っていたものだが、アトピー性皮膚炎を発症して以来、長湯発汗がいけない、ましてさまざまな成分が混じっている温泉などはもっての外、と、厳禁されて、いまではシャワーのみである。当初はその味気無さに情けなく思ったものだが、いまではそれにも慣れてしまった。なんなと慣れるものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
風呂とも温泉とも入浴効果とも、まったく一切どんな関係もない、いたって風情のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |
ハイビジョンの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鶏肝の生姜煮、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


小松菜のからし和えは、先週分の残りである。味がよく滲みていて結構である……と、負け惜しんでおこう。
味が滲み込んでいることに違いはないのだが、さすがにこの頃になると歯応えがなくなって、フニャフニャである。そろそろ惣菜→漬物へと移行しつつあるようだ。
かぼちゃの煮物は定番である。これも先週分の残りである。どうもこの頃、先週分の残りを月曜、場合によっては火曜までかかって消費する傾向になりつつある。これならいっそのこと、2週間分料理っておいてもいい、と、云うことにならないだろうか。現に先週だったか、先々週だったか、その前の週の残り物で1週間を賄った記憶がある。
信じてもらえないことは重々承知しているが、最近どうも食欲がない。なにも食べたいもの、料理りたいものが思い浮かばないのである。
そんなときは豚肉の生姜焼き、と、云うのが、わたいの定番なのだが、このところ、鶏肝の生姜煮がそれに加わってきている。めずらしい取り合わせだろう。まあ、先週は魚が中心だったのだから、今週は豚鶏肉が中心になっても、それはそれでよろしかろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |
ハイビジョンの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え、各種野菜の酢漬け


正味文字通り、鶏肝の生姜煮、で、ある。ニラも長ねぎも入っていない。正確に云えば、買うのを忘れたのである。迷うどころか、念頭にもなかった。まあ、主要なのは鶏肝なので、別段の弊害もなかろう。これが鶏肝の生姜煮を料理るつもりで、ニラや長ねぎを買ってきて、肝心の鶏肝を買うのを忘れた、と、なると、いささか(?)問題であるが……。
しかし最近思うのだが、遠くない将来、そんな事態が発生しそうで怖い。このBlogを続けている限りは大丈夫だろうが、やはり一抹の不安は残る。
俗に云う「認知症」を予防するには、やはり脳が健康でなければならない。脳も肉体の一機関である以上、肉体の健康によろしいものは、脳の健康にもよろしいはずである。すなわち、バランスのとれた栄養摂取と適度な運動である。
近年、脳トレだの数トレだのと云われているようであるが、脳の運動として最適なのは、なによりも読書と行為である、と、云うのが、わたいたちの仲間内での共通理解である。
「運動」ではない。運動は、誤解を恐れずに云えば、脳を働かせる余地がない。ジョギングならひたすら走るだけ、筋トレならひたすら筋肉に負荷をかけるだけ、で、ある。
「行為」は脳を働かせなければならない。掃除、洗濯、料理、等々のいわゆる家事は、脳も身体も動かす。認知症予防には最適である。
と、云うのが、わたいたちの仲間内での一致した見解である。
したがって、ジョギングよりも拭き掃除を、ベンチ・プレスよりもゴミ出し、買出し(もちろん、歩いて)を、そして育児を。それが認知症予防にはなによりも効果がある……ハズである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:51 | - | - |
ハイビジョンの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん


今日は爛魯ぅ咼献腑鵑瞭瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、爛魯ぅ咼献腑鵑料査線の数が1125本であることにちなみ、1987年に郵政省(現総務省)とNHKが制定瓩靴燭里世修Δ任△襦
ちなみに爐海瞭とは別に、9月16日が通商産業省(現経済産業省)の制定した「ハイビジョンの日」となっている瓩修Δ任△襦
縦割行政の弊害である。爛魯ぅ咼献腑鵑瞭瓩らい、と、思われるだろうが、どうせ政治家や官僚どものやりそうなことである。爛魯ぅ咼献腑鵑瞭記念式典瓩箸銘打って、国民や在留外国人の税金で派手な記念式典を催し、関係者(政治家、総務省や経産省の官僚、NHKのお偉方、その家族や芸能人、後援会の人たち)を招いて、大いに飲み食いさせ、支持を強めようと云うのだろう。
ついでに開催費用を誤魔化して、自分の政治資金にするか、私金に流用するかしてもおかしくはない。遊冶郎でなくても、充分考えられることである。
ほんでもって、国民のほとんどが、「なにが悪いの?」と、本気で、思っているのだから、なるほど、醜悪な政治家は愚劣な有権者によって選ばれる、と、云うのは、真実であるようである。まったく、民主政治家にとって、自分は利口だと思っている愚鈍な有権者ほど、ありがたいものはなかろう。ちょうど詐欺師にとって、自分は詐欺に遭わないと信じている人間ほどカモにしやすいように。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
政治家とも官僚とも某放送協会のお偉方とも幇間芸能人とも政治家の後援会とも愚鈍愚劣な国民とも、一切まったく金輪際、かかわりのない、いたって清廉潔白明鏡止水清潔浄福光風霽月な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:50 | - | - |
近鉄花園ラグビー場開場の日のひとりめし(昼-弁当)
昼(弁当):麦飯(ピリ辛らっきょう)、鶏ささみの味噌漬焼き、小松菜のからし和え、各種野菜の酢漬け


鶏ささみの味噌漬けも、ずいぶん久しぶりである。以前の仕事場で一緒だった女性から教えてもらって、すっかりお気に入りになった一品である。
味噌の香ばしい香りが食欲をそそる。ささ身は高タンパク低カロリーで人気があるようだが、それだけでなく、各種ビタミン(ビタミンAやB群など)が豊富に含まれている。さらにナイアシンやトリプトファンなども多く、疲労回復効果や、肌・粘膜を保護する作用もあるそうである。
酒を揉み込んで蒸し焼きにするのがおススメの調理法なのだそうである。そう云えば、今年の夏にその記事を見て、いつかやってみよう、と、思っている間に、はや晩秋になってしまった。
ささ身はクセがなく、幅広く応用が効きそうな気がする。気が向いたら他の献立にも挑戦してみよう。もっとも、わたいの犁い向いたら瓩蓮永遠に向かない可能性が多分にあるのだが……。
各種野菜の酢漬けはなかなか好かった。さっぱり系なので、夏場によろしかろう。これだけで5種類の野菜が摂れる。ナカナカのすぐれものである。
そろそろ寒くなってきて、いよいよ晩秋らしくなってきたかな? と、思ったら、また季節外れの暖かさがくる、と、云う。寒暖の波があるのはやむを得ないが、せめてそのブレ幅は押さえてもらいたいものである。身体が順応しなくて困る。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:12 | - | - |
近鉄花園ラグビー場開場の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は近鉄花園ラグビー場(現:東大阪市花園ラグビー場)が開場した日である。
1929年のことだから、今年でちょうど90年である。
Wikipediaによると、狷本初のラグビー専用スタジアム瓩任△蝓↓犢馥睛数のラグビー専用球技場瓩修靴騰狒換餽眦学校ラグビーフットボール大会の会場としても知られ、同大会は「花園」との通称で呼ばれている。また、社会人ラグビーリーグであるジャパンラグビートップリーグに所属する近鉄のラグビーチーム(近鉄ライナーズ)のホームグラウンドとしても使用される瓩里世修Δ任△襪ら、とんとラグビー界における甲子園球場である。
今年はやたらラグビーが盛り上がり、史上初だの、ワンチームだの、笑わない男だの、なにがなんやら訳が分からい喧噪に包まれてしまった。
いつぞやの広島カープのときのように、にわかラグビー・ファンが増え、熱狂の喚声をかまびすしくさせていた。かねてからラグビー・ファンはこの現象をどう見たのだろうか。ラグビーのおもしろさが広く知れ渡ったことをよろこんだろうか。それともにわかファンの増大とその熱狂ぶりに眉を顰めたろうか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ラグビーとも野球とも、にわかファンともオールド・ファンとも、まったく一切からっきし関係のない、万古不変の、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:05 | - | - |
世界テレビ・デー の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔、


先日Websiteの記事を見てたら、糸を引いて白くなるくらい納豆を混ぜても、栄養価が高まるわけではない、と、云うようなことが書いてあった。わたいはそうすることによって、栄養価が高まる、と、思っていたので、いささかがっくりきた。
が、しかしすぐに気を取り直した。フェイク・ニュースならぬ、いわゆる爛優ジ(ネット記事)瓩任△襦どこまでほんとか判ったもんじゃない。後になっていけしゃあしゃあと、牘浜棆舛高まるわけではない瓩箸禄颪い燭、牋嫐がない瓩箸禄颪い討覆ぁ△箸、抜かさないとも限らない。しょせん爛優ジ瓩任△襦
そんなわけで、納豆を食するときは、100回近く混ぜてから口にしている。栄養価はともかく、口当たりはまろやかになり、食べやすく感じることは事実である。
納豆は添付のからしとだしだけを混ぜる。醤油もねぎも加えない。ご飯と混ぜたりもしない。そのまま食べる。
納豆が有するタンパク質分解酵素の一種、ナットウキナーゼは熱に弱く、ためにアツアツのごはんと混ぜて食すると、その効果が激減してしまうのだそうだ。
また納豆は、日本の朝の献立の定番であるが、健康上のことを考慮すれば、晩食に頂くのがよろしいそうである。ナットウキナーゼが就寝中に働き、腸の具合をよくしたり、血栓が生じるのを防ぐ効果があるのだとか。
もちろん、朝食時に頂いてもよろしい。身体の代謝をあげ、冷えやむくみの解消に効果があるらしい。ご存知のように、わたいはもっぱら、晩に食しているので、朝に食した場合の効果については不明だが、長年続けられてきた習慣には、かならずそれ相応の理由があるのだろうくらいのことは判る。朝食時の献立に納豆をのぼせる、と、云うのも、かならずそれ相応の理由があるに違いない。いまはまだその詳細が判明していないにしても、で、ある。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:29 | - | - |
世界テレビ・デー の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鰯の生姜煮、小松菜のからし和え、各種野菜の酢漬け


鰯の生姜煮は、\胡を千切りにする。頭部を包丁で切り落とし、指で内臓を取り出して塩水で洗い、平底のフライパン──わたいの場合はビタクラフトのフライパン──に並べていく。0鵑鯤造戮織侫薀ぅ僖鵑魏个砲け、酒を入れてアルコールを飛ばす。い澆蠅鵑發靴は砂糖を入れ、薄口醤油を回しかける。ダ蘋擇蠅砲靴神胡と梅肉──わたいの場合は、このときに指で潰したもの──を入れる。Τ犬鬚靴特罅措絏个納儺佑瓩襦
以上である。いたって簡素なものである。
ただ問題は、除去した頭部と内臓である。早く棄てないと、いつまでも生臭い臭いが残って困る。そんなときは熱湯をかけて血膏を流すか、新聞紙等にくるんでからビニールの小袋に入れる。それでなんぼかマシになる。
小松菜のからし和えは、先日記したとおりである。この場合、長く湯掻かないことが大切である。湯掻く、と、云うよりも、湯に潜らせる、くらいの心持ちである。
ものの本やWebsiteなどによると、1分などと書いてあるものもあるが、わたいは下手すると、30秒も湯に浸していないかもしれない。これは先日も記したとおり、ビタミンCとシャキシャキ感の喪失を懼れるためである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:27 | - | - |
世界テレビ・デー の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は狎こΕ謄譽咫Ε如 瓩覆里世修Δ澄
Wikipediaによると、1996年のこの日に国連で「第1回世界テレビ・フォーラム」が開催されたことを記念瓩靴董↓1996年12月の国連総会で制定された国際デー瓩覆里世修Δ任△襦その主旨は、猜刃臓Π汰粥Ψ从僉社会開発・文化交流の拡充などに関するテレビ番組の交流を促進する日である瓩髪召Δ海箸蕕靴ぁ
この制定の際にして、犂権した国の1つであるドイツは次のように言っている。
「世界報道自由デー、世界電気通信の日(英語版)、世界開発情報の日と3つも主旨のよく似た国連で制定した記念日が既にある。さらに別の日を追加するのはあまり意味がない。テレビは情報の手段の1つにすぎず、世界の人口の大多数がアクセスできない情報メディアである。多数派は世界テレビ・デーを金持ちの人の日と容易に見なしうる。彼らはテレビにアクセスできない。もっと重要な情報メディアがあり、特にラジオに言及したい。我々はラジオがテレビよりも情報メディアの役割を強化するために重要であると考える。 」瓠Wikipedia/「世界テレビ・デー」より)
1996年になって、テレビのラジオのと云っているところが笑える。
すでにインターネットが情報通信手段の主流になっていた頃ではないだろうか。なんだか時代錯誤の香り、古き良き時代の香りがして、微笑ましくなってくる。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
テレビともラジオとも無関係の、情報隔離された、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:25 | - | - |
日本憲政史上最長政権記録達成の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


秋刀魚の塩焼きがなくなった。1尾=100円(税抜)だったから、1食で1匹丸々食べても、3食で300円(税抜)である。これで贅沢な気分になれるのだから、しあわせと云うか、いじましいと云うか、貧乏性と云うか……ある意味では得な性格である。
そんなわけで、鰯の生姜煮である。こちらも1パック=300円(税抜)で、3食分料理れた。栄養価と云い、対費用効果の良さと云い、美味さと云い(?)、ともに兄たり難く弟たり難し、で、ある。
このところ体格の大きいのばかりにあたる。鰯にもいろいろな種類があるそうだが、パックにはいつも「真いわし」と、表示されてある。おなじ真いわしにも、大小さまざまなのがあるようだ。
かぼちゃの煮物はだし昆布とだしじゃこで出汁をとる。そのだしじゃこはカタクチイワシだそうである。以前愛用していたあじにぼしを見かけなくなって久しい。Websiteで検索してみると、かなり高価である。近所のスーパーで買っていた頃にはさほどにも思わなかったのだが、人気がある、と、なにかのニューズで見たので、それで価格が高騰したのだろうか。
だし昆布もだしじゃこも全部食べることは、何度も記してきたところである。 だし殻とは云え、いくばくかの栄養素が残っていないものでもあるまい。水産物系の食材は、貴重にして稀少なる栄養素の宝庫なのである。だし殻とは云え、そのまま棄てるなどとは、もったいないことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:07 | - | - |
日本憲政史上最長政権記録達成の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、秋刀魚の塩焼き(1尾)、小松菜のからし和え、各種野菜の漬物


各種野菜の漬物は、もちろん、単独の献立名ではない。先日も記したとおり、南蛮漬けの素、大根の簡単漬け、茹でキャベツ、の、3種からなるのである。それが当たっていようがいまいが、ピクルスなどとは、けっして呼ばない。あくまでも、酢漬け、なのである。ピクルス、などと云うと、合成麻薬の一種と勘違いされかねない。それにひきかえ、酢漬け、と、云うと、聞くだけで健康そうな印象を与える。
酢は殺菌作用があるだけでなく、それ自身、素晴らしい栄養成分を含んでいる。食欲を増進させ、消化吸収を助ける働きがあることはもちろんだが、胃腸を整えて便通をよくし、老廃物や余分なコレステロールの排出を促進し、高血圧を下げる効果もあるそうである。残念ながら、わたいは皮膚への影響であまり多く摂取することはできないのだが、それでも酢がすぐれた調味料であることに変わりはない。
野菜類に限らず、 肉類でも、酢で〆たり、酢漬けにしたり、酢味噌などで食する場合がある。しめさばや各種の酢味噌和え、ミミガーなどはその代表例であろう。最近ではさまざまな種類の酢が製造、販売され、料理の種類によって使い分けもされているようである。
食材のみならず、調味料にも、日本には優れたものがあるのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:06 | - | - |
日本憲政史上最長政権記録達成の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


2019年(令和元年)11月20日、安倍晋三内閣の通算政権担当日数が、明治・大正期の桂太郎内閣のそれを抜いて、我が国憲政史上最長の記録を達成した。
氏の大叔父にあたる佐藤栄作氏もその政権を、犹望綺把広瓠↓狒或楊づ瓩半里気譴燭發里世辰燭、日本の政権を担うことに対して、一族こぞっての怨念のようなものがあるのだろうか。
氏の祖父の岸信介氏は、長期政権をもくろみながらも、60年安保で退陣を余儀なくされ、氏の父である安倍晋太郎氏は、総理の椅子を確実視されながら、病に倒れ、無念の逝去を遂げた。なるほど、一族の悲願とも怨念ともなるのも、分らぬでもない。
今日からしばらく引き合いに出されるであろう、桂太郎なる人物も、安倍一族と同郷の長州出身である。安倍一族の悲願執念怨念を、長州のそれと重ね合わせると、明治維新以来、いや、さらに遡って、関ヶ原以来、あるいは毛利元就以来と見るならば、その凄まじさにいっそうの拍車がかかる。背筋の凍るような凄まじさ、で、ある。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
長期政権とも執念怨念とも、一向に全く一切無縁の、いたって清潔淡泊高遠な、いつもながらの食卓である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:04 | - | - |
農協記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、秋刀魚の塩焼き(1尾)、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


小松菜がシャキシャキして歯ごたえがあり、とても美味である。季節が移ろいで、旬の素材が出回っているのかもしれない。いままでのはフニャフニャしていて、湯掻きすぎなのかな、と、訝しんでいたのだが、どうやら素材そのものが違っていたようだ。
そう思って食べるせいか、味もよくなっているように思える。青野菜特有の瑞々しさと青くさい清涼さとが合致している。それがまた、わさびやからしなどの香辛料に合うのである。手軽にできて、栄養価満点、それでいて厭きの来ない、素晴らしい献立である……、と、云っても、わたいの場合、たいがいどんな献立でも、厭きはこないのだが……。
それはともかく、そう考えると、かぼちゃの煮物の味が去年と変わっているように思っていたのも、わたいの気のせいではなかったのかもしれない。
ふだんあまり気にしていないが、一口に、かぼちゃ、と、云っても、さまざまな種類があり、種類によって味も違えば、仕入値も違うのだろう。それとももう少し季節が進めば、去年のような味わいのものが出回ってくるのだろうか。
そもそもの素材の味はともかくとして、今回は少し煮つめすぎたようである。味はよく滲みて旨いのだが、やや崩れやすくなってしまっている。切るときは堅いが、煮だすと結構脆くなるので、要注意である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:03 | - | - |
農協記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、秋刀魚の塩焼き(1尾)、小松菜のわさび和え、各種野菜の酢漬け


遂に念願成就して(?)、秋刀魚の塩焼きを1匹丸ごと食べられるようになった!
不思議なもので、以前はなんとも思わなかったのだが、過食防止のためと家計支出削減のため、秋刀魚は1食=1/2尾にしよう、と、決めたのである。
その量に慣れかかった頃の倍増し! で、ある。これは感激! で、ある。
秋刀魚はまさに漢字の如く、刀のような体型をしており、すらっとして細身長身の印象があるが、良質の脂がタップリとのっていて、じつに旨い。骨もまるごと食べられるし、内臓も、文字どおり、捨てたもんじゃない。幾多の栄養分が含まれている。なかでも、コラーゲンの生成を促進するレチノールと云うビタミンAの一種や、貧血予防に効果のあるビタミンB12、鉄分などが豊富である。骨がカルシウムの供給源であることは、いまさら記すまでもないだろう。
内臓の苦味が胃の調子をと整えて食欲を増進し、二日酔にも効果がある。頭から尻尾まで、まるごと全部食べられる、栄養分豊富な、それでいて廉価な、神の恵みのような魚である。
秋刀魚と云えば、大根おろしが付き物だが、残念ながら、それはない。近所のスーパーなどには、市販の大根おろし醤油が売っている。何年か前から愛用していたが、今年に限って、なぜか買っていなかった。まあ付き物ではあるが、なにがなんでもなくてはならないものでもなかろう。それに大根ならば、各種野菜の酢漬けのなかに、大根の簡単漬けが入っている。これで大根おろしの代わりになるだろう(?)。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:00 | - | - |
農協記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は倏清┻念日瓩世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1947年のこの日に農業協同組合法が公布されたことにちなみ、全国農業協同組合中央会(JA全中)が制定瓩靴燭里世修Δ任△襦
1947年、と、云えば、昭和22年、いわゆる終戦直後、で、ある。
当時の風潮を鑑みれば、なんと云っても、食糧確保が喫緊の重要課題であった。
当時の農協、農業協同組合も、食糧確保、増産、食糧自給の達成、等々をその目標として設立されたものだろうと思う。
それがいま飽食の時代と云われ、食品廃棄が問題になる時代に際し、農協自身も、農業労働従事者の既得権保護団体、保守政党の集票組織、所在地方の権益擁護団体に堕してしまったかの感がある。
我が国の食料自給率が「平成30年度……カロリーベースでは……37%……。また、生産額ベースでは……66%」である現状において、で、ある。(http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/012.html 農林水産省HPより)
あらゆる組織は長の歳月を経るうちに老朽劣化硬直して、自己の既得権益を図るだけの集まりに堕してしまうものであるが、農協もその例に漏れないらしい。
しかし、ことは国民の生命維持、健康増進、健全育成にかかわる問題である。
英語が喋れようが、複雑なプログラミングができようが、AIを使いこなせようが、食糧がなくては、どうにもならないのである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
農協とも食糧自給率とも、一切まったく根本から無関係の、いたって簡素きわまりない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:58 | - | - |
いい家の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、筑前煮、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


わさびとからしが、辛味成分の点においては、同一であることは以前にも記した。そんなわけで今回、半分はわさび和え、半分はからし和えにした。
前回料理ったときは、チューヴの練りからしを使ったのだが、今回は缶入りの粉からしを使った。製法(?)は一緒である。チューヴの練りからしと同じく、からしをボウルに入れ、顆粒のあごだしを加え、濃口醤油で溶く。
分量はすべて、適当ないしは適量である。少々濃かろうが、量が多かろうが、気にすることはない。小松菜はよく絞ってから混ぜ合わせるわけだが、それでもやはり水分は出るので、それで味が薄まってしまうからである。
小松菜は、サッと湯掻いて流水にさらし、水分を絞って食べやすい大きさに切り、さらに水分を絞って、からし醤油ないしはわさび醤油と混ぜ合わせ、味をなじませる。
湯掻く、と、云うよりも、湯に潜らせる、と、表現する方が、実情に合致しているかも知れない。人間で云うと、牘┐旅埒絖畩態である。と、云っても、最近の若い人たちに通じるかどうか……。
湯からあげるとすばやく流水にさらして熱を除る。熱によりビタミンCが崩壊するのを防ぐためである。
すでに風邪やインフルエンザに罹患した人もかなりいるようである。かく云うわたいも、早々に風邪をひいてしまった。先が思いやられる、と、云うものである。
これからの風邪予防に、ビタミンCの摂取はますます必要不可欠である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:07 | - | - |
いい家の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、筑前煮、小松菜のわさび和え、各種野菜の酢漬け


筑前煮は先週の残り物である。まだ保つか一抹の不安がないでもないが、まず大丈夫だろう、と、楽観している。火をとおしてあることだし、ざっと想い起してみただけでも、傷みやすい食材は入っていないはずである。基本、正月のおせち料理に使用するのと同じ食材で、おなじ方法で料理ってあるのだから、他の献立よりも日保ちするはずである。
各種野菜の酢漬けは、南蛮漬けの素に、大根の簡単漬けと、茹でキャベツを加えたものである。それぞれ別々に拵えたものなので、味の点で若干の不安がないではないが、大体似たような調味料を使ってあるので、そうそう面妖な味もするまい。
それよりも、これだけで、人参、ピーマン、玉葱、大根、キャベツ、と、5種類の野菜が摂取できる。筑前煮、小松菜のわさび和えと合わせると、弁当だけで8種類になる。晩食のかぼちゃの煮物を合わせると、1日=9種類である。理想の野菜摂取量となる。
このことのほうが利が大きい。おまけに酢を使用してあるので、クエン酸効果が期待できる。重宝な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:05 | - | - |
いい家の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爐いげ箸瞭瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、爛▲汽帖 ディ・ケイの「ADK不動産プロジェクト」が住宅市場のさらなる活性化を願い制定瓩靴燭發里如↓狢燭の人に「自分にとって本当にいい家とは何か」を考えてもらうきっかけを作るとともに、住宅について関心を持ってもらうのが目的瓩蕕靴ぁ
かつて日本の住宅事情を評して、とある国が、「ウサギ小屋」と揶揄したことがあった。日本でも自嘲気味にその言葉が流行ったものである。
このとある国が中国や韓国だったら、はたして自嘲気味に流行るくらいですんだであろうか。対欧米卑屈根性も、ここまでくると、いっそ立派なものである。
この「ウサギ小屋」と云う言葉も、いまでは死後である。わざわざ云われるまでもなく、社会通念として定着したからだろう。それとも「ウサギ小屋」どころか、「鳥籠」、「ブロイラー鶏舎」と呼ぶ方が相応しくなっているからだろうか。
どちらにしても、日本の住宅事情が好転しているとも思えない。、燹崋分にとって本当にいい家とは何か」を考えて瓩發匹Δ垢襪海箸發任ないし、狃斬陲砲弔い憧愎瓦鮖って瓩盖しくなるだけである。
マイ・ホームを夢見られていた時代があったなどとは、もはや歴史上の一挿話である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
日本の住宅事情とも、マイ・ホームとも、一切まったく全然関係のない、いたって平々凡々たる、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:03 | - | - |
昆布の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、筑前煮、菠薐草のお浸し、かぼちゃの煮物


昨昼食の弁当で小松菜のわさび和えがなくなったので、冷凍保存しておいた菠薐草を出した。菠薐草はあらかじめ湯掻いて冷凍保存しておくと、当人比で約4倍、旨味がアップする。小松菜は冷凍しない方がおいしい。おなじ青菜類でも食べ方によって全然味が違ってくる。面白いものである。
かぼちゃの味が以前と異なっているのが微妙に気になる。最初は味付けの具合かと思っていたが、どうやらそうでもないようだ。食材のカボチャ自体が、去年のそれとは違っているような気がする。味覚に自信がないのでなんとも云えないが……。だからと云って、わざわざお店の人に確認するまでもないだろう。なにしろ、100gあたり15〜17円で推移(日によって変動)しているのだから、文句のあろうはずがない。だいたい700g前後で5食は賄える。1食当たり26円前後(税込)である。なんと費用対効果の高い食材であることか!
今週末あたりから、ボチボチ冬の寒さがやって来そうな気配である。と、云うことは、粕汁が美味しい季節が到来する、と、云うことである。もっともまだ少々早いようにも思われるが、すくなくとも、朝方はグッと冷え込む、と、云うことである。
昨季はほぼ1回も食卓に上せなかったスープ類を、今季こそは出してみようか。なによりも朝食をシッカリ食べておくことが、1日を生き抜く上では大事なことなのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:06 | - | - |
昆布の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は犧布の日瓩世修Δ任△襦
Wikipediaによると、燹崋係淹亜廚里祝いにあたるこの日に、昆布を食べ元気に育って欲しいという願いを込めて、社団法人日本昆布協会が1982年に制定瓩靴燭里世修Δ任△襦
昆布は食べる、と、云うよりも、だしを採る、と、云った使い方をしている人がほとんどではなかろうか。昆布の食べ方、と、云っても、昆布巻きくらいしか思い浮かばない。
しかし昆布には豊富な栄養素が含まれていることもまた、諸人の知るところであろう。すなわち、ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、モリブデン、クロム、ヨウ素、食物繊維など、で、ある。
これらの栄養素がもたらす健康上の効果として、高血圧の予防、動脈硬化の予防、脂質異常症の改善、血糖値抑制作用、糖尿病の予防改善、去痰、整腸作用、肥満防止、ダイエット、便秘の予防改善、がん予防などがあげられる。
古来爐茲蹐海岫=爐茲躡布瓩函云うわけで、縁起物とされているが、たんに語呂合わせの縁起かつぎだけでなく、実質上の効果も大なるものがあったのであろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
昆布ともわかめとも海藻とも育毛とも、まったく一切全然関係のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:02 | - | - |
アンチエイジングの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、筑前煮、菠薐草のお浸し、ツナと白菜と大根のスープ煮、木綿奴、納豆、味付海苔


ツナと白菜と大根のスープ煮は、その名のとおり、汁物(スープ)と位置付けることもできる。実際以前はそうしていた。味噌汁の代わりである。また、今年も一時寒くなった時季、休日の朝食に好いかも知れない、と、思ったこともある。
今回はツナを多めに入れて煮込む時間を長めにし、できるだけスープになる煮汁を少なくすることにした。あわよくば、弁当のお菜に持っていこうとしたのである。ところがやはり、弁当に持っていくのは無理だったようだ。弁当箱がそもそも汁物を入れることを想定していない品物である。どうしても持っていこうとすれば、ラップにくるめばよかろうが、そこまでして持っていくこともない。
結果、晩食のお菜に固定されてしまったのであるが、日が落ちて気温も下がる夜には、格好のお菜である。白菜にも大根にもスープ風の旨味が滲みて、実に好い感じに仕上がっている。今度はもっと具材を多くして、関東炊き風にしてもいいかもしれない。
ちなみに、われわれの仲間内では、巷間「おでん」と呼ばれている食べ物を、「関東炊き」あるいは「関東煮」と呼んでいる。
われわれが仲間内で「おでん」と云えば、食材(種)に味噌ダレを塗り、田楽風に串にさして焼く、文字どおりの「田楽焼」のことである。
コンビニなど売っているいわゆる「おでん」は、われわれの仲間内では、あくまでも、「関東炊き」あるいは「関東煮」なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:09 | - | - |
アンチエイジングの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、筑前煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


朝食の際、ヨーグルトを出すのを忘れてしまった。写真には写っていないが、あとから出してしっかり食べた。
健康上の意味でのアンチエイジングを、真剣に考えたほうがいい年齢になってしまったようだ。
以前にも記したが、かぼちゃは風邪予防によろしい、と、云うので、この時季つとめて摂取するようにしているのだが、10月末早々に風邪をひいてしまった。
だからと云って、かぼちゃが風邪の予防に効かない、と、云うわけではない。
風邪予防のためにかぼちゃを摂取する時宜を失したのであろう。
かぼちゃは緑黄色野菜であり、β-カロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、食物繊維、ファイトケミカル(プロビタミンA)などの栄養素が揃っている。
なお、小松菜も、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄、ジアスターゼなどの優れた栄養素を含んでいる。よく、小松菜は菠薐草よりも栄養面で劣る、などと思われているようであるが、誤解もはなはだしい。ビタミンAの含有量は菠薐草のそれを上回り、カルシウムなどは約4倍ほどもある。
かてて加えて、筑前煮には、鶏肉、厚揚げ、人参、蓮根、こんにゃく、ごぼう、里芋、しめじ、と、ひとつひとつの含有栄養分を記していけば枚挙に暇もないほどの好食材を揃えている。
これが健康弁当でなくて、なんであろうか?
と、自画自賛してみるものの、それではどうして、こう病気の問屋みたいに多病なのだろうか……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:05 | - | - |
アンチエイジングの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“アンチエイジングの日”だそうである。
Wikipediaによると、NPO法人アンチエイジングネットワークが2007年に制定瓩靴燭發里如↓燹屬い(11)年(14)」の語呂合せ瓩覆里世修Δ任△襦
ちなみに、爛▲鵐船┘ぅ献鵐悪瓩箸蓮↓狎儷謀予防医学の一種で、老化を防ぐために行う行為の総称瓩任△蝓↓犢穫群衆絣忰瓩里海箸任△襦Wikipediaより)。
本来は医学的の内容であったこの言葉が、いつの間にか、美容的の内容にすり替わってしまった。そう云えば、爛┘好謄謄ック瓩髪召Ω譴癲∨寨茲廊猗学瓩箸、犂鏡学瓩箸の、哲学上の言葉だったはずだが、日本では美容上の言葉になっている、と、哲やんが嘆いていた。
もっとも、人類の救い主であるイエス・キリストの誕生を祝う日が、恋人たちのイヴェントの日になったり、隣人愛をひろめる日がチョコレートを贈る日になったりするお国柄であるから、とりたてて不思議なことでもない。
しかし、2年前にも記したが、今日は狎こε尿病デー瓩任發△襦
認知症をはじめ、高齢化にともなう、医学疾病上のさまざまな問題が現象しだしている昨今、爛▲鵐船┘ぅ献鵐悪瓩箸いΩ斥佞示している本来の意味に立ち返ってもいいのではあるまいか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
アンチエイジングとも、エステティックとも、そもそも年齢や美などとも、まったく一切かかわり合いのない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:02 | - | - |
うるしの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、筑前煮、小松菜のわさび和え、ツナと白菜と大根のスープ煮、木綿奴、納豆、味付海苔


この時季、ツナと白菜と大根のスープ煮がけっこうハマりやすい。旬の食材だし、料理るのに手間がかからないし、味付けが簡単だし、滋養があるし、身体は温まるし、で、まったく重宝な献立である。
今回はコンソメ(固形)と塩胡椒だけで味つけたが、酒と醤油と顆粒だしとで、和風に味付けてもよろしかろう。素材が淡泊なので、和洋中その他、いかようにも味つけできる。そう云う意味でも、なかなか重宝である。
以前にも記したとおり、筑前煮の材料は、鶏もも肉、蓮根、ごぼう、人参、厚揚げ、里芋、こんにゃく、しめじ、である。
獣肉…1、野菜…3、きのこ類…1、芋類…2、豆類…1、と、なる。
素晴らしく栄養バランスが整っている。きのこ類がもう1種、野菜がもう1〜2種、あれば、云うことなしだろう。ただしその場合、2回に分けて料理らねばなるまい。それはそれで、手間なことである。
あるいは、おなじ材料を使って、別の献立を料理るか、で、ある。
わたいは基本、全食材を使って、いっぺんに料理る。だから食材があまることはほとんどないが、その代わり、筑前煮のように、その献立に必要な食材が多いと、1週間それだけになってしまう。それはそれでかまわない。上手く料理れれば、1週間昼夜おなじ献立でも、いっこうに苦にならない。
問題は、おなじ材料を使って別の献立を料理れるほどの技量も知識もないことである。少ない材料ならともかく、材料が多くなるにしたがって、むずかしくなる。里芋など、筑前煮以外の使い道を知らない。いくらわたいでも、筑前煮と里芋の煮っ転がしを一緒に料理ったりはしないのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
うるしの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(鶏皮のカリカリ揚げ)、筑前煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


麦飯のトッピングにした鶏皮のカリカリ揚げは、筑前煮に使用した鶏もも肉の皮を流用したものである。最初はわざわざ剥がすつもりはなかったが、一口大に切っていくうちに、皮だけ剥がさざるを得なくなった。棄てるのも勿体ないので、居酒屋などで提供される鶏皮の揚げ物を料理ってみよう、と、思い立ったのである。
フライパンにサラダ油を多めに引いて、鶏皮を入れるだけなのだが、これが見事に失敗してしまった。味の美味い不味いとか、食べられる食べられないとかではなく、鶏皮を入れた途端、やたらに油はねがして、手には跳んでくるわ、コンロ周辺には飛び出すわで、エライことになったのである。
油はねで油のなかの鶏皮をあやつることもできず、フライパン自体手にすることも難しく、往生してしまった。
なるほど、こうなるから、ちょっとした焼き物や揚げ物などには、衣をつけるのか、と、納得した。ひとつ賢くなった。なんでも経験である。
今度は小麦粉なりパン粉なりを付けてから、焼くなり揚げるなりすることにしよう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
うるしの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は”うるしの日”だそうである。
Wikipediaによると、“平安時代に文徳天皇の第一皇子・惟喬親王が京都の法輪寺に参詣した時に「うるしの製法」や「漆器の製法」を虚空蔵菩薩から伝授されたという伝説から、その満願の日である11月13日を「うるしの日」に制定した”のだそうである。だれが制定したのかは不明である。別に知りたくもないが。
うるし、と、云うよりも、漆器は英語名「japan」として広く海外に知られている、と、思っていたが、Wikipediaによると、“英米の英語辞典にはjapan欄に「漆」、「漆器」の意味は載っていない”のだそうである。(Wikipedia/「漆器」より)
“漆器は日本だけでなく東アジア、東南アジア、南アジア地域、と広く見られる”そうであるが、やはり日本の伝統工芸品のひとつとして、多くの国や地域で受け入れられているようである。
美術工芸品としてはもとより、日用品の数々も興味をもたれているようで、いわゆる百均点などでも、漆器(もどき)のコーナーに多くの外国人の姿を見かけることがある。美術工芸品などもいいが、日常頻繁に使用する品物で日本製のものが受け入れられると云うのはよろこばしいことである。たんなる物珍しさではなく、ふだんの生活様式そのものの理解と受容につながる、と、考えられるからである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
漆器とも陶器とも、美術工芸品とも生活様式の理解と受容とも、まったく一切金輪際かかわりあいのない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:14 | - | - |
洋服記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、筑前煮、小松菜のわさび和え、ツナと白菜と大根のスープ煮、木綿奴、納豆、味付海苔


一汁三菜を建前としていて、なんとかその建前は護持されているのだが、どうも品数が少ないような気がする、と、思っていたら、以前あった1品がなくなっていた。以前は箸休めと云うか、漬物と云うか、小皿物の1品が あったのだが、それがなくなってしまっていたのである。いま大根の簡単漬けを漬け込んでいるから、来週あたりには食卓に上せられるだろう。
即席みそ汁がなくなったので、新たに買ってきた。冷凍保存してある具があるのだが、なかなか自前で料理ろうと云う踏ん切りがつかない。いったん安易に流れると、なかなか元に戻らない。困ったものである。自前の味噌汁だと、少なくともあと2種類の野菜──キャベツと玉葱──が摂取できるのだが……。
味噌汁に限らず、汁物には多くの食材が入れられるので重宝である。野菜だけでなく、えのきをはじめ、椎茸やなめこなどのきのこ類も入れられる。豚肉を入れて豚汁にするもよし──わたいはあまり好きではないが──、じゃがいもを入れるもよし、かぼちゃも入れてよかろう。汁物も煮物に劣らず、多くの野菜を摂取できる、重宝な献立なのである。ただし、西洋風のポタージュやボルシチなどは、どうだか知らないが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
洋服記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、筑前煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


弁当箱の中仕切りを仕事場に忘れてしまった。
歳をとって物忘れが激しくなる端緒は、日常のこまごまとしたものの置場を忘れる、と、云うことではあるまいか。ボールペンや万年筆、シャーペンなどの筆記具、眼鏡、リモコン、湯呑茶碗、等々。
そしてもう一つの兆候は、新しい事態への対応に時間がかかる、と、云うことである。この兆候が昂じると、「昔はよかった……」という、年寄り特有の台詞が口を突いて出るようになる。
どうやらわたいもそろそろ老境に差しかかってきたようである。
それはともかく、筑前煮を料理ったおかげで、野菜の摂取種類が増えた。よろこばしいことである。どうにかこうにか、7種類に達することができた。もっとも、それでも7種類か、と、云うのが、正直な実感ではあるのだが……。やはり、種類だけを問題にするのなら、夏野菜のほうが簡便である。生野菜サラダだけで5〜6種類は摂取できる。
ただ、栄養価の観点からすると、煮物のほうが優れているように思えるのだが、如何なものであろうか。わたいには西洋風の献立などよりも、日本風の献立のほうがはるかに優れている、と、云う偏見がある。日本では無条件で西洋のものが良いと決まっているらしく、西洋のものが悪いと云うのは偏見か無知を示すのだそうだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
洋服記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“洋服記念日”なのだそうである。
Wikipediaによると、“全日本洋服協同組合連合会が1972年に制定”したもので、”1872年(明治5年)旧暦11月12日に「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が出され、それまでの公家風・武家風の和服礼装が廃止されたことに由来”するそうである。
洋服を一概に否定するものではないが、日本の風土、とりわけ高温多湿になる5月下旬〜7月初旬にかけての洋服着用は、いささか酷に感じる。洋服自体はいいとしても、なにを好き好んで長袖のシャツ上着を着て、ネクタイで首元を締め、通期の悪い洋靴を履かねばならないのか。蓼食う虫も好き好きと云うから、好き好んでそんな恰好をしたがる人間の趣味嗜好をどうこう云うつもりはないが、それを強制するのは止めていただきたい。日本人のみながみな、苦痛を耐えている(と、思いこんでいる)自分に陶酔して快感を覚える変態感性の持ち主ではないのである。
#ku too運動が起こるのももっともで、起こらないほうがおかしい。
どうやら21世紀になっても、日本人男性の多くは、中国伝来の纏足趣味や、女性を虐待して優位の快感を得る嗜虐趣味から脱却し得ていないようである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
礼服とも礼装とも、中華風幼女志向変態趣味とも武士道風嗜虐変態趣味とも、一切無縁の、いたって正常健康な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
2番目に記念日が多い日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(しじみ、あさり、乾燥わかめ、とろろ昆布)、筑前煮、小松菜のわさび和え、ツナと白菜と大根のスープ煮、木綿奴、納豆、味付海苔


即席みそ汁が二つ、残っていた。しじみとわかめである。これは仕事場出入りの弁当屋さんから弁当を買ったときに付けてくれたものである。いつのことだったのかは定かではないが、心配するほど以前のことではないことだけはたしかである。
筑前煮は以前にも料理ったことがあった(はずだ)が、ツナと白菜と大根のスープ煮も久しぶりである。そもそもはツナと白菜だけで習ったのだが、嵩増しのためと、そろそろ旬だろう、と、云うことで、大根を加えてみたのである。
大根は“硬い”と云うイメージがあるが、鍋物や煮物、関東炊のように、火をとおすと軟らかくなり、味が滲み込んで美味しくなる。冬の料理には調法な食材である。
1本丸々買ったのだが、1/3ほど使って、残りは簡単漬けにした。大根は煮物鍋物に合うだけでなく、漬物にしてもあのよろしい。
大根も多くの栄養素を含んでおり、なかでも風邪予防に効果のあるビタミンCや、胃腸のはたらきを整えるでんぷんの消化酵素ジアスターゼが有名である。また、焼け焦げによる発がん物質の作用を抑制してくれる効果もあるそうで、なるほど、焼魚などには大根おろしが添えられているわけである。
栄養価は高く、お値段は安く、しかも用途は幅広い。人間世界でと違って、食の世界での大根は、三拍子揃った、千両役者、なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:01 | - | - |
2番目に記念日が多い日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、筑前煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


この秋冬中に、絶対一回は料理ってやるぞ! と、心に決していた筑前煮を、やっとのことで料理った。ほとんど意地尽くである。
材料は、鶏もも肉、里芋、ごぼう、蓮根、人参、しめじ、こんにゃく、厚揚げ、である。
家で一番大きな中華鍋風フライパンが、あふれんばかりになってしまった。このうえまだ、ちくわやなんらかの根野菜を入れようとしていたのだから、もしそうしていたら、と、思うと、ぞっとする。
なにごとも、加減と云うものがある。過ぎたるは及ばざるがごとし、いなむしろ、過ぎたるは及ばざるに如かない、で、ある。
しめじは椎茸の代替えである。椎茸が思ったより高くて、しばらく悩んだ末、しめじで代替えすることにした。椎茸はエルゴステロールの摂取のために食するよう心がけているのだが、如何せん価格がお廉くない。勢い、廉価なしめじの購入回数が多くなるのである。
エルゴステロールは、しめじにも豊富に含まれており、そう云う意味では、立派に椎茸の代役を果たしてくれる。
里芋の皮が剥きにくくて困った。じゃがいもの皮もたいがい剥きにくかったが、じゃがいもは形状が凸凹しているから剥きにくいのであって、里芋は外皮自体が固くて剥きにくい。なにか剥きやすくなるコツがあるのだろうか。博雅の士の教えを乞いたい。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |
2番目に記念日が多い日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


Wikipediaによると“算用数字で表すと1111となり、漢数字で表すと十一十一となることから、多くの団体や企業がこの日を記念日にしている”のだそうで、“日本記念日協会による認定の記念日では10月10日に次いで多い”のだそうである。
つまり、“日本記念日協会”によらずに認定された記念日や、そもそも非認定の記念日が多い日は、別にある、と、云うことだろう。
わたい的に云えば、このコーナーの記事ネタに事欠かない日、と、云うことになる。じつにありがたいことである。
欲を申せば、どうせなら365日、うるう年なら366日のあちこちに分散させていただきたいものである。日によって、記念日の多い少ないがバラバラなのである。もっとも、わたいの都合に合わせて、記念日をつくっているわけでもあるまいが。
そう云えば、昨日、やたらにポッキーが食いたくなって、何年ぶりか、あるいは十数年ぶり、ひょっとすると何十年ぶりかに、チョコポッキーを買った。
これもひとつのいわゆる“コマーシャリズムによる洗脳効果”だろうか。クワバラクワバラ。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
算用数字とも漢数字とも、ゾロ目とも三つ目とも、チョコポッキーともいちごポッキーとも、まったく一切金輪際関係のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:56 | - | - |
信楽たぬきの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


ゆえあってきのこ類の炒め煮をかぼちゃの煮物に変更した。と、云っても、大した理由ではない。かぼちゃの煮物のほうが、1食分多く余ってしまった、と、云うだけの話である。
それよりも驚くべきことには、今週食した小松菜のわさび和えとからし和えが、先週食すべき分だった、と、云うことである。すなわち、先々日曜に料理ったものなのである。なるほど、漬物同様の食物とは云え、よく保存できるものである。これはありがたい発見で、少なくともこの時季は、少々料理りすぎても大丈夫、と、云うことである。
先週食すべき分を今週食した、と、云うことは、すでにお解りの方もいらっしゃるかと思うが、今週食すべき分がまるまる残ってしまっている、と、云うことである。
おかげで今土曜日の買い出しが少し楽になった(?)
さて、秋刀魚の塩焼き、、鰯の生姜煮もこれで消化できた。かぼちゃの煮物と、きのこ類の炒め煮とが1食分ずつ残っているが、これは土日の間に消化する。あと、銀鮭の幽庵風焼きを3切漬け込んであるが、これも土日の間に消費するつもりである。
そろそろ野菜不足をなんとかしないと、身体の調子が悪くなっていけない。そろそろ大根や白菜などの冬野菜が美味しい季節でもあることだろうし、なにか野菜を多く摂れる煮物に挑戦してみようか……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:18 | - | - |
信楽たぬきの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は“信楽たぬきの日”だそうである。
Wikipediaによると、“商売繁盛の縁起物、信楽焼の狸の置物の産地、滋賀県甲賀市信楽町の観光協会が定めた記念日”で、“全国各地の店先で、日頃立ちっ放しで頑張っている狸たちに感謝しようと設けられ、「いい月」の語呂から「11月」、信楽狸の置物に備わる八つの縁起物の八相縁起から8日とした”のだそうである。
ちなみにこの“信楽狸の置物に備わる八つの縁起物”である“八相縁起”とは、狸が被っている編笠、狸の笑顔、くりくりした大きな目、狸の代名詞とも云うべき大きなお腹、左手の徳利に右手の大福帳、太い尻尾に、八畳敷きと云われる金〇、の、八つである。それぞれの詳細は、「 信楽豆知識、ほっとする信楽、信楽町観光協会(http://www.e-shigaraki.org/knowledge/ )」をご覧いただきたい。
なお、某政党がそれから国民を守るらしいとある協会の、今年の朝の連続テレビ小説は、この信楽焼の女性陶芸家をモデルにして、なかなか好評である、と、云うことである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とにはなんらの関連もない。
狸とも狐とも、焼物とも煮物とも、女性陶芸家とも女性アニメーターとも、まったく一切全然関係のない、伝統も文化も感じない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:14 | - | - |
『明日に向かって撃て!』のラスト・シーンの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


一汁三菜がなんとか維持されている。
一汁…即席みそ汁、三菜…鰯の生姜煮(主菜)、小松菜のからし和え(副菜:和えもの)、かぼちゃの煮物(副菜:煮物系)、で、ある。
それはいいのだが、このところ、野菜不足が深刻である。小松菜とかぼちゃだけしか摂取できていない。
我が敬愛する川島先生の言によれば、小松菜や菠薐草などの青菜類を400g/日摂取すれば充分なのだそうだが、凡俗たるわたいはナカナカそうもいかない。他の野菜も摂取する必要があるのである。
たんぱく質は、卵、チーズ、ヨーグルト、魚肉、豆腐、納豆、と、充分に摂取している…ハズである。
糖質も充分だし、脂質も極端に少ないわけではない。
問題はビタミンやミネラルなどの、重要補助栄養素である。きのこ類があるとは云うものの、やはり野菜不足の感は否めない。
そろそろ煮物系の料理を食卓に上せるべきであろう。あるいは味噌汁を自家製にするとか……。そう云えば一時期、漬物にハマっていたが、最近はすっかり忘れてしまっていた。白菜や大根がお廉くなる季節でもあることだし、浅漬けや簡単漬けなどもいいかもしれない。粕汁には早すぎる……かな?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
『明日に向かって撃て!』のラスト・シーンの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鰯の生姜煮、小松菜のからし和え、きのこ類の炒め煮


秋刀魚の塩焼きがなくなり、鰯の生姜煮の登場である。
今回は1パック≒100円(税抜)と、格安だった。身丈が大きく、3食分しか料理れなかったが、食べ応えはあった。それにしても、この分量で税抜100円とは、ありがたいお話である。秋刀魚も鰯も、まだまだ大衆魚の誇りを棄ててはいないようだ。少なくとも、わたいが仕入れに行くお店では。
きのこ類がビタミンやミネラルの宝庫であることは、以前から何度も記しているところである。とりわけビタミンDはカルシウムの消化吸収を促進し、カルシウム不足を国土上の宿命として背負わされた日本人にとっては、欠かすことのできない栄養素である。
椎茸にはその他に、エリタデニンと云う栄養素があり、高血圧などの生活習慣病の予防に効果があると云われている。このエリタデニンは、椎茸の笠の部分に多く含まれ、肝臓のコレステロール代謝を促進させて血液中のコレステロールが増えすぎるのを抑制する効果がある、とのことである。
また、古来きのこ類は、薬膳や漢方などにも多く用いられてきたと聞く。日本人の体質食生活に合致した、素晴らしい食材類である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |
『明日に向かって撃て!』のラスト・シーンの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は、映画『明日に向かって撃て!』の主人公ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドがボリビアで包囲攻撃され射殺された日である。
ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドは実在の人物であり、映画は当然実録ではないものの、ふたりが追いつめられてボリビアに逃れ、その地で隠れ家を包囲された末に射殺されたことは事実のようである。
この映画ではブッチ・キャシディをポール・ニューマンが、サンダンス・キッドをロバート・レッドフォードが演じている。
劇中歌“Raindrops Keep Fallin' on My Head”は、「雨にぬれても」の邦訳で、現在なお、我が国でも親しまれている。この曲をBGMに、ポール・ニューマンがキャサリン・ロスを自転車に乗せて楽しげに走りまわる場面は、現在も語り継がれる名場面となっている。
その爽快感あふれる画面構成、演出、キャメラ・ワーク、俳優の演技などは、それまでの西部劇が与える印象を根底から覆し、むしろ西部時代に材を採った青春映画のような感を与える。
そのラスト・シーンも、重包囲の下での一斉射撃による射殺、と、云う、陰惨なものであるにもかかわらず、ストップ・モーションを使用して、その陰惨さを和らげている。
映ちゃんならずとも、強くおススメする、名作映画の一本である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
西部の強盗団とも、包囲殲滅戦とも、まったく一切金輪際関係のない、いたって平和で穏やかな献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
馬琴忌の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、秋刀魚の塩焼き(上半尾)、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


さすがに旬のものだけあって、秋刀魚が旨い。脂がのって、実に好い味である。いま気づいたのだが、「月(肉月)」に「旨」いと書いて、「脂」となる。と、すると、字義からすれば、脂ののってる肉が旨いのは当然なわけである
これだけ旨いと、当然のことながら、1匹丸ごと食したいものだが、それは贅沢である。金銭上に問題はないが、腹囲上に問題がある。血液検査で異常は見られないとは云え、せっかく基準値以内に入った腹囲を復活させるわけにはいかないのである。
かぼちゃの煮物が、今回は鹹かった。醤油を入れ過ぎたのかもしれない。なかなかうまくはいかないものである。なにしろ分量がすべて、適当、目分量、カン、なのだから、やむを得ないと云えばやむを得ない。数をこなして身体で憶えることである。“Don't think,feel”である。
小松菜のからし和えは、なるほど、ここまで漬かってしまえば、わさびもからしも区別はないようである。先日記したように、もともと辛味成分自体はおなじだと云うから、それもそのはずである。わさびにしろ、からしにしろ、味付け及び食欲増進のためなので、栄養価の面からはさほど期待していない。早い話が、どちらでもいいのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:17 | - | - |
馬琴忌の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、秋刀魚の塩焼き(下半尾)、小松菜のわさび和え、きのこ類の炒め煮


きのこ類の炒め煮は初めて料理ったものである。
生椎茸、ぶなしめじ、舞茸、を、適当な大きさにほぐすなり切るなりして、サラダ油を引いたフライパンでサッと炒める。
ンでもって、酒を入れて、強火でアルコールを飛ばす。
火を弱めてチューヴのにんにくを入れ、塩胡椒を振りかけて味を付ける。
そのあとに薄口醤油を入れたか入れなかったか、そのあたりの記憶がアイマイである。たぶん入れたと思うのだが……。入れたんじゃないかな……。
それはともかく、そうしてしばらく弱火で煮込んだ後、火を止めて蒸し煮にする。
あんまりくたくたにならないように注意する。フライパンで炒めるのが面倒くさかったら、電子レンジを使ってもいいんじゃないかな。わたいは一時に料理って、小分けにして、1週間分のお菜にしているが。
生椎茸はもちろん、ぶなしめじも舞茸も、外に出して充分日光に当ててある。ビタミンDを生成させるためである。ぶなしめじや舞茸も、日光に当てて効果があるのかどうかは不明だが、やらないよりはいいだろう。
料理る際になって思ったのだが、エリンギやえのきも加えればよかったかも知れない。次回はそうしよう。
きのこ類は秋を感じさせる食材である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:14 | - | - |
馬琴忌の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は“馬琴忌”であるらしい。「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteで知った。
“馬琴忌”と云っても、馬にも琴にも関係はない。『南総里見八犬伝』や『椿説弓張月』を著した、曲亭馬琴の命日なのだそうである。
曲亭馬琴と云うよりも、「滝沢馬琴」と云った方が通りがいいかも知れない。
しかし、Wikipediaによると、滝沢馬琴という名は「明治以降に流布した表記」であり、「現在確認できる限り本人は滝沢(瀧澤)馬琴という筆名は用いていない」らしい。したがって、「教科書や副読本などで『滝沢馬琴』と表記するものがあるが、これは誤った呼び方であり、近世文学研究者から批判されている」のだそうである。
馬琴は、「ほとんど原稿料のみで生計を営むことのできた日本で最初の著述家である」とのことで、現在の著述家諸氏(とりわけ“小説家”と称される人々)の祖、と、云うべき人物である。
芥川龍之介は彼を主人公として『戯作三昧』を著し、自身の芸術観(小説観、創作観)を開陳した(と、云われている)。
散作も興味は持っているようであるが、あまり深くは知らないらしい。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
戯作ともブンガクとも、読物とも小説とも、一切まったく全然関係のない、いたって潤いのない、非文化な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |
縁結びの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、秋刀魚の塩焼き(下半尾)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


先日健康診断があり、腹囲が87.2僊84僂砲覆辰討い拭B綣嫋標群、いわゆるメタボリックシンドロームか否かを判断する際の男性の腹囲の基準値が85僂蕕靴いら、なんとか基準地内に収まったわけである。
なお、腹囲が85儖幣紊砲覆辰燭蕁▲織船泪疎綣嫋標群、すなわちメタボリックシンドロームになるのか、と、云うと、そうではないので、念のため。
腹囲超過(内臓脂肪の蓄積)は前提として、その他に、血圧・血糖・血清脂質のうち2つ以上が基準値を超えていることが条件になるのである。
さいわいなことに、血液関係では基準値は超えていないし、超えそうな兆候もないので、その点では安心している。これ以上基礎体力や基礎免疫力が障碍されてはたまらないし、これ以上病気も頂戴したくない。
かぼちゃが風邪の予防によい、と、云うので、ご覧のとおりよく食べているのだが、先週さっそく風邪をひいてしまった。思い返せば、去年の冬至には食べなかった。おそらくそれが原因だろう。もっとも、10月末の昼日中とは云え、窓を開けっぱなしにしてタオルケット1枚で昼寝をしていた日には、バカでも猿でも冬至にかぼちゃを食べていても、風邪を引くのは当たり前かもしれない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:20 | - | - |
縁結びの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切参照昆布)、秋刀魚の塩焼き(上半尾)、小松菜のからし和え、きのこ類の炒め煮


秋刀魚が1尾70円(税抜)になっていた。「百縁笑店街」なる、月に一度の廉売日だったためかもしれない。正午過ぎに行ったら、もうあと何尾かしか残っていなかった。残っていただけありがたい、と、思うべきだろう。
欲の深いことを云えば、昨年は5尾=300円、3尾=200円(ともに税抜)だったのだから、それを考えると、まだまだ高価である。今年は例年になく秋刀魚が不漁だと云うことだが、回復の兆しも見えていると云う。さんまが不良なのは昔からだしいっこうに関知したことではないのだが、秋刀魚が不漁なのは困る。願わくば早急に漁量を回復し、廉価になってほしいものである。
小松菜のからし和えは、先週の残り物である。量の都合上、2回に分けて料理ったので、一方をわさび和えに、もう一方をからし和えにした。意外なことに、わさびとからしは、その辛味の成分だけで見る限り、まったく同じものであるらしい。ただわさびには、グリーンノートという香り成分があり、からしにはない、と、云うのが違いなのだそうである。なるほど、わさび和えでも、からし和えでも、美味しく食べられるわけである。
ちなみに、調合も同じ。チューヴの練りからしと顆粒のあごだしを、濃口醤油で混ぜるだけ、である。いたってお手軽で、それでいて栄養価満点の、お気に入りの一品である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |
縁結びの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は“縁結びの日”であるらしい。
Wikipediaによると、“島根県の「神話の国・縁結び観光協会」が制定”したものだそうで、“旧暦10月(新暦11月ごろ)に出雲大社に全国の神が集まり縁結びなどの会議をするとされていること(神無月を参照)と、「いい(11)ご(5)えん」(いいご縁)の語呂合せから”この日が選ばれたのだそうである。
神無月に日本全国の神様が出雲大社にご参集なさると云うのは、まさに日本の常識だが、昨今の様相を見ていると、どうやら神様は、年がら年中、出雲大社にお引きこもり遊ばされているのじゃないか、と、思うような出来事が多い。人間世界の事には加味せず、人間の事などほっとけ、と、云うことだろうか。まったく、神も仏もない世の中である。
神仏との縁も薄くなった現代社会は、人間相互の縁も薄くなっている。と、云うか、人間相互の縁が薄い社会なればこそ、神仏にまで気を廻している余裕がないのかもしれない。
まあなんにせよ、殺伐としたご時世である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
神とも仏とも人間とも、それこそまったく縁のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
民間航空記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、豚肉の生姜焼き、かぼちゃの煮物、小松菜のわさび和え


豚肉の生姜焼きは、嵩があるように見えて、案外そうでもないものらしい。昨夜の晩食と2食分、タップリ焼いたつもりだったが、半分以下である。その分、かぼちゃの煮物を詰めなくてすんだのは助かった……と、思うことにしよう。
弁当の量としては少なかったが、漬け込む量としては多すぎたと見えて、あまりよく漬かっていなかった。漬け込んでからの保存方法も考えなくてはならないようだ。
かぼちゃの煮物もそうだが、今週はわりに薄味が多かったような気がする。物足りない気がしないでもないが、健康面を考慮すれば、このくらいでいいのかも知れない。
今回は休日がはさまったにもかかわらず、順当に消化できたようだ。
週末は雨のようである。こちらは布団が干せない、シーツの選択ができない、洗濯物が乾かない、、等々の程度で済むが、被災地の人びとはやるせない思いであろう。晴雨風雪は自然のこととてやむを得ないが、これ以上悲しみ苦しむ人の出ないことを祈るばかりである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:49 | - | - |
民間航空記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“民間航空記念日”らしい。
Wikipediaによれば、“1951年10月25日に、戦後最初の国内民間航空会社として設立された日本航空が一番機の「ど星号」で東京 - 大阪 - 福岡間の運航を開始したことを記念”するものらしい。
「もく星号」なら聞いたことがあるが、「ど星号」と云うのははじめて知った。この頃の飛行機には、太陽系惑星の名が付けられていたのだろうか。
すると、「か星号」だの「すい星号」だのもあったのだろうか。まるでナントカムーンである。
それにしても、いまなお米軍機の飛行に配慮して、自分たちの領空航行を制限して、自由に空を飛ぶこともできないでいるのだから、なるほど、戦争には負けたくないものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
民間航空とも官制航空とも、戦争とも占領とも縁のない、いたって平和で穏やかな、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:46 | - | - |
マーガリンの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、豚肉の生姜焼き、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


木綿奴、と、云っても、別に芸者おやまの類ではない。木綿豆腐の冷奴、の、意で、素材を分明させるためにつくった当て字、造語である。
その伝でいけば、絹こし豆腐の冷奴は、絹奴、と、なるが、こうなるとまさに源氏名そのものである。
せっかくの造語であるから流行ってほしいが、日常会話で、
──今日は絹奴にしようか。
──給料日前だから、木綿奴にしよう。
などと使われたら、妙な誤解を生じるかもしれない。
やはり流行らない方が無難だろう。
余計な心配はともかく、秋刀魚の塩焼きがなくなった。そんなわけで、豚肉の生姜焼きである。
困ったときは生姜焼き、と、云うのが、わたいの献立立案における格言のひとつなのだが、今回は別に困ったわけではない。考えてみれば随分ひさしく料理ってないし、玉葱があまってるし、滋養強壮に効果があるし……と、思い立ったのである。
チューヴの生姜とにんにくを酒と薄口醤油で溶かし、半月切りにした玉葱と豚肉(今回は小間切れ)を漬け込む。で、プライパンに油を引かずに焼く。タレと豚肉の脂だけで焼く。失敗少なく、単価廉く、味よく、栄養抜群の、献立の王道である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |
マーガリンの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、秋刀魚の塩焼き(上半尾)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


うれしい誤算で、晩食用に、と、思っていたかぼちゃの煮物が、昼の弁当に持参してちょうど消費できる量であったことが判った。
昼、晩、と、かぼちゃの煮物が続くことになるが、そんなことは一向に構わない。
若い頃は、またおんなじなの? などと不遜の言辞を吐いていたものだが、いま思い出すと赤面汗顔の至りである。料理る人の苦労をまるで解っていなかったのである。
限られた予算のなかで、家族の健康と栄養を考え、各人の嗜好を斟酌し、空腹にならぬよう量を慮り、飽きぬよう目先の変化、食欲をそそるよう、見栄え彩りに配慮するのみならず、濃過ぎぬよう、薄過ぎぬよう味を調整し……、思っただけでもその苦労がしのばれる。こんなことを毎日せねばならぬのなら、会社でハイハイ云って仕事をしているほうがよっぽど楽である。
第一、戦後のあの食糧難の時代のことを思えば、腹いっぱい食べられるだけでありがたいではないか。
インスタ映えの食品ロスのと云う前に、そのことを考えてみるがいい。
それもできずして、戦争の悲惨さを〜、などと、寝惚けたことを云わないでもらいたいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:03 | - | - |
マーガリンの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“マーガリンの日”なのだそうである。
Wikipediaによると、今日が“マーガリンの発明者イポリット・メージュ=ムーリエの誕生日であることから”制定されたのだそうだ。
マーガリンは“植物性油脂(もしくは動物性油脂)を原料とし、バターに似せて作った加工食品”で、“元々バターが高価であることから、バターの代替としてつくられた食品”であることはよく知られている。
“日本農林規格 (JAS) では、「マーガリン類」についての規格を定めており、これにはマーガリンとファットスプレッドが含まれる。両者は主として油脂含有率によって区別され、油脂含有率が80%以上のものがマーガリン、80%未満のものがファットスプレッドと呼ばれ”、“日本で家庭用のマーガリンとして販売されているものの多くはファットスプレッドである”らしい(「Wikipedia/マーガリン」より)。
マーガリン、と、云えば、トランス脂肪酸の害が云々されているが、“日本人のトランス脂肪酸の摂取源は、マーガリンよりも菓子類、パン類、油脂類の方が大きな割合を占めており、マーガリンだけに注意するのは、的を得ていないとの指摘もある”そうである。
個人の感想としては、マーガリンなどよりも、マヨネーズのほうが、よほど健康によろしくなさそうに思うのだが、はてさて、如何なものだろうか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:00 | - | - |
電信電話記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、秋刀魚の塩焼き(下半分)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、冷奴、納豆、味付海苔


晩食はしっかり一汁三菜である。それにしてもこれからの季節、主菜はともかく、副菜の二品は、小松菜のわさび和えとかぼちゃの煮物でほぼ固まりそうである。
これを抽象すれば、副菜は\頂變狠羶粥↓⊆冓中心、と、なり、理想の配食ではあるのだが、どうもそんな気がしないのはなぜだろう。
今年は小松菜のわさび和えがほとんどで、他の献立を忘れかけている。油揚げと煮浸しにしたり、椎茸やしめじを入れたり、それなりに工夫して、目先を変えていたものだが……。
最近は台風などの影響で、野菜不足が懸念されている。毎年同じことを聞かされているような気がするのだが、それはこのさい置いといて、野菜の品薄、高騰に対処するためにも、他の食材を加味した献立を思い出しておく必要があろう。そのほうが栄養摂取の観点からしてもよろしいはずである。
そう云えば、冷凍保存しておいた小松菜があった。お浸しにすると味が落ちるので、煮浸しにしたらちょうどよかろう。
豆腐を絹こしから木綿に替えた。木綿豆腐は絹こし豆腐に較べて、たんぱく質、カルシウム、鉄分が約1.3倍、多く含まれているのだそうである。
ただし、ビタミンB群やカリウムは、絹こし豆腐のほうが多い。
たいていの人は冷奴と云えば、絹こし豆腐を用いるのだろうが、わたいは別にこだわらない。むしろ木綿豆腐のほうが、食べるときにボロボロ崩れなくてよかろうと思っている。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |
電信電話記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、秋刀魚の塩焼き(上半分)、小松菜のわさび和え、茹でブロッコリ


ちょっとした計算違いで、副菜を料理るのを忘れていた。料理るのを忘れていたのではなく、料理ったつもりでいたのだが、料理っていなかったのである。結果としては同じであるが。
茹でブロッコリの色合いが悪いのが気にかかる。先っぽが黄色く花が開いているようだ。湯掻いて冷凍してあるから大丈夫だろうが、やはり早目に消費したほうがいいようである。塩昆布を切らしてしまっていた。もっとも野菜は別に味付けなどしなくても食べられるだろうから、それで不足は感じない。いわゆる素材の味、と、云うやつである。
小松菜のわさび和えは先週の残り物である。わさび和え→わさび漬けの発展途上(?)である。なんにせよ、青菜類は摂取せざるべからず、である。
秋刀魚がいただけるのはありがたい。旬の食べ物にこだわりはないが、春の菜の花と秋の秋刀魚だけは別である。季節に合った“料理”ならそれなりに考えるが──いくらわたいでも、夏に鍋物を食べようとか、冬にそうめんが欲しいとかは思わない──、食材についてはあまり気をまわさない。だいたいの食材は1年を通じて入手できる。ありがたい世の中になったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:01 | - | - |
電信電話記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“電信電話記念日”なのだそうである。
Wikipediaによると、“明治2年9月19日(1869年10月23日)に東京 - 横浜間で日本最初の公衆電信線の架線工事が始まったことに由来”して、“電気通信省(後の日本電信電話公社、現NTT)が1950年に制定”したのだそうである。
今日び、電話はともかく、電信はめったに使わないだろう。と、云うか、まだそのシステムは存在しているのだろうか。
先日、電報を使うの使わないのと云う話になったとき、そう云えば電報も、祝電、弔電以外、聞いたことないなぁ、と、ふと思った。もっぱら弔電が多いのは、年のせいだろうか。
最近、電話すら滅多にかけない、と、云う言葉を聞く。すべてメール、LINE、メッセンジャー等でやりとりするのだ、と、云う。
電話が普及した頃、手紙や葉書を書く習慣が廃れて、若者の文章力が衰える、と、ご憂慮なされていた識者がおられたが、現在の状況をどう思っておられるか、ご意見を伺いたいものである。ご存命でいらっしゃれば。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
電話とも電報とも電信とも、まったく一切全然無関係の、いたって孤立した、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:58 | - | - |
あかりの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、秋刀魚の塩焼き(下半尾)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


かぼちゃの煮物と小松菜のわさび和えは、先週分の残りである。前週の残り物でも、小松菜のわさび和えなら、少なくとも水曜の昼までは保つことが判明した。考えてみれは、お浸し系が漬物系に変じるだけなのだから、別に不思議なことではない(?)
かぼちゃの煮物だが、去年はあった焼芋のようなほくほく感が、今年はなぜか感じられない。天候の影響で質が劣化したのだろうか、まだ旬ではないのだろうか、それとも仕入先が変わったのだろうか……。去年と料理法を変えたおぼえはない(変えようと思っても知識がない)のに、どうも味が変わっているように思われる。困ったものである。
秋刀魚が1匹=100円(税抜)であることは以前にも記したが、不漁が騒がれてこの値段とあってか、正午頃に買物に行くと、ほぼ売り切れ状態である。スーパーと違っておいそれと入れるわけにはいかないと見えて、売り切れになるのも早い。考えてみれぼそれも道理であって、生鮮食品──とりわけ魚──の在庫など、そうそうあるはずもない。そのことに考えが及ばないのだから、ふだんいかに、冷凍食品や加工食品に浸っているかがよく解かる、と、云うものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:20 | - | - |
あかりの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、バナナ


今日は“あかりの日”だそうである。
Wikipediaによると、“1879年10月21日にトーマス・エジソンが京都産の竹の繊維を炭化させたフィラメントを用いて白熱電球を完成させたことにちなんで、日本電気協会・日本電球工業会など4団体が1981年に制定”したのだそうである。“あかりのありがたみを認識する日”なのだそうだ。
トーマス・エジソンと云えば、立志伝中の人物の典型として、古くから我が国でも尊崇されている。学校教育に馴染めず、母親から教育を受けて立身した逸話は有名である。
長じてから彼の生涯を調べてみると、まぁ現在なら間違いなく、パワハラ経営者として指弾されているであろう。
ブラック企業精神を体現したような人物である。
彼曰く、「8時間労働が世のため人のためにならないとは言わない。しかしアメリカの青年がお金を稼ぐのに臆病になっていたとしたら、現在のアメリカの繁栄はなかったはずだ」
また、深夜業務に疲労して睡魔に襲われた雇用労働者に、電気ショックを与えて眠気を払ったりもしていた、と、云うことである。
そのほか、企業や特許権の買収、会社の乗っ取り、ライバル会社の締め出し、等々、この方面でもナカナカの辣腕家である。
およそ伝記などと云うものは、当人にとって都合のいい事実しか記されていないものである。
もっとも、子どもにとってはそれでいいのだろうが、長じてまでそれを信奉したままというのは情けない。歴史学と云うものは、一度憶えてしまえばそれで終わり、と、云うものではない、とは、これはMacの言葉である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
パワハラともセクハラとも、嘘とも誇大宣伝とも、まったく一切全然無関係の、いたってホワイトな、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:18 | - | - |
統計の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、肉じゃが、菠薐草と白菜の胡麻和え、ぬた、山芋の上のオクラ


肉じゃがにカレー・パウダーを振りかけた。いささか振りかけすぎたかもしれない。
最初にこれをやったときは、

──いっそすなおにカレー料理ればよかったじゃん。

と、云われた。
云われてみればそうだ、と、思ったが、そこはそれ、天邪鬼なわたいのこと、

──それもいいけど、カレーは弁当に持っていけないからな。

素直ではないのである。
ライスなしドライカレー、あるいはカレー風肉じゃが、で、ある。夏の間になにかスパイシーなものを、と、思っていたのだが、夏の間はとても肉じゃがを料理る気がしなかった。我ながらわがまま勝手なものである。
白菜はまだ早いようだ。それでも味はいい。なまじふにゃふにゃしていなくて、歯応えがあっていい。
菠薐草や小松菜もそうだが、しっかり噛んで食べることによって、旨味が出て、素材本来の味わいが口中にひろがる。
それによく噛んで食べることは、顎の発達を促し、唾液の分泌を促進して栄養分の消化吸収を助ける。ひいては脳の働きをもよくする。
いくらグローバル化における教育だの、ノーベル賞をとれる学者だのとお騒ぎ遊ばされても、肝心のお頭脳の発達がミジュクだとなんにもならない。そしてその基礎発達は、幼少時からの食事のありかた──食材、献立、食べ方、等々──も、大いに与かっている〔ハズな〕のである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:13 | - | - |
統計の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“統計の日”だそうである。
Wikipediaによると、“明治3年9月24日(1870年10月18日)に、現在の「生産統計」の起源となった府県物産表に関する太政官布告が公布されたことに由来”し、“1973年7月3日の閣議で制定”されたのだそうである。
その統計に対する信頼が根幹から揺らぐような事件が相次いだことを、世人はもう忘れてしまったのであろうか。それとも、そもそも統計など大したことない、自分たちに生活にはなんの関係もない、とでも、思っているのだろうか。 なるほど、“平和の国ニッポン”である。
都合の悪いことは隠蔽し、改竄し、知らなかった、と、云い張る。昔は子どもが大人のマネをしたものだが、当今は大人が子どものマネをしているようだ。それとも昔よく云われた、大人になれない子どもたちが法律上成人して諸権限を付与され、行使している結果が、現在の状況なのだろうか。一度調べてみたいものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
統計とも欺瞞とも改竄とも隠蔽とも、まったく一切全然金輪際無関係の、いたって明鏡止水清廉潔白な、いつも通りの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:10 | - | - |
神嘗祭の日のひとりめし〈晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、肉じゃが、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、ぬた、冷奴、納豆、味付海苔


関西は、と、云うか、大阪は、特に納豆が嫌いな人が多いと聞く。嫌いを通り越して、毛嫌いしている人、憎悪している人すらいる。
自分が食することはおろか、他人が食しているのも気に入らないと云う人もいる。なにしろ、相手が納豆を食べだした、と、云うことが、離婚の原因として立派に認められるのだから(?)、相当なものである。
先日もよく行くライヴ・ハウスで、納豆嫌いの人が作詞作曲したアンチ・ナットウの歌を聞いて、大笑いした。なるほど、ナカナカ根深いものがあるものである。
しかしいかに納豆が嫌いでも、その存在が許せなくても、存在するのは納豆の勝手だし、納豆が健康によろしいことは認めていただきたいものである。
わたいだって、アルファベットやナントカ坂の、少なくとも存在は許容しているし、それで幸福を感じているシアワセな人に及ぼす効能くらいは、認めているのだから……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:13 | - | - |
神嘗祭の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、肉じゃが、小松菜のわさび和え、ぬた、山芋の上のオクラ


山芋の上のオクラを梅肉で食すると、梅の酸味がさっぱりして、ほのかに万葉の昔を想わせる……と、云うのは言い過ぎかもしれないが、口中に清涼の気が漂うのはたしかである。夏場などには重宝である。
山芋もオクラも、いわゆるひとつの“ネバネバ系”であって、納豆とともに、苦手とする人が多いようである。しかしこのネバネバが健康にはよろしいのであるから、キライなものを無理にとは云わないが、できるだけ食べるように試みられたが好かろう。
と、云うと、或る友人から、アルファベットもナントカ坂も、あらゆるメディアやサブカルに影響を及ぼしてるんだから、キライなものを無理にとは云わないが、できるだけ接するように試みるが好かろう、と、云われたらどうする? と、反問された。
云わんとすることは解かるが、断る!
ネチャネチャしたのは食べ物だけで充分である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:01 | - | - |
神嘗祭の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は神嘗祭なのだそうである。
Wikipediaによると、“宮中祭祀のひとつ”で、“五穀豊穣の感謝祭にあたり、宮中および神宮(伊勢神宮)で儀式が行われる”のだそうである。
この時期似たような行事としてなじみ深いのが、新嘗祭である。こちらはいわゆる勤労感謝の日で、休日になっている。

神嘗祭は、天皇が新穀を神前で自ら食す宮中祭祀「新嘗祭」から先立つこと約1か月(江戸時代以前は2か月)先んじて、伊勢神宮の祭祀として行われる。この両祭の関係について、鈴木重胤は、租の納め始めの9月に先に神宮に奉り、納め終わる11月に天皇がきこしめす(召し上がる)という順序を意味する、と説いた(Wikipedia/「神嘗祭」より)。

要は、新たに取れたお米を天皇が食べる前に、神前にお供えする行事、と、思えば、まず間違いあるまい。なるほど、豊葦原瑞穂国に相応しい行事である。馬、牛、羊、豚、山羊など、生きた家畜を屠って神に捧げる宗教儀式とはエライ違いである。
農耕民族と狩猟民族との差であろう。どちらが穏健平和であるかは云うまでもない。ただし、知性所持者にたいしては。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
宗教儀式とも、新たに収穫された穀物とも、一切まったく金輪際縁のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:58 | - | - |
ボスの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、肉じゃが、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、ぬた、冷奴、納豆、味付海苔


前回の失敗に鑑み、かぼちゃは別立てで煮物とすることにした。まあそれでなくても、肉じゃがにかぼちゃを入れようなどとは、いくらわたいでも最初から思いつきもしないが。
いつもはつい煮過ぎてしまい、かぼちゃがどろどろになることが多かったのだが、今回は上手くいった……ような気がする。
だしは煮干しとだし昆布でとる。それに顆粒状のあごだしを加える。かぼちゃを入れ、酒を廻し入れて強火でアルコールを飛ばす。火を弱めて、砂糖を入れる。わたいの場合、みりんは使わない。このへんは人それぞれ、その家の家風にもよろう。最後に薄口醤油を入れて蓋をする。弱火〜とろ火にして、竹串がスッと徹るようになったら出来上がりである。わたいの場合は火を止めて、蓋をしたまま5分ほど置いておく。味を滲みさせるためである。
調味料の「さしすせそ」が指す「さ」は「砂糖」なのだそうだが、わたいの場合は「酒」も含有される。
わたいが料理るものは、たいてい、だし、酒、砂糖、醤油、と、なっているようだ。
ちなみに、これも以前記したが、だしじゃこもだし昆布も、だし殻になってしまっていても、全部食べる。お大名じゃあるまいし、だしをとった後の昆布やじゃこを棄てるなどと、トンデモナイ話である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
ボスの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、肉じゃが、小松菜のわさび和え、ぬた、山芋の上のオクラ


以前にも記したかも知れないが、わたいは不肖にして、長葱(白葱)を酢味噌で和えたものを特別に“ぬた”と称するのだと思っていた。他の食材を酢味噌で和えたものは、たんに○○(食材名)の酢味噌和え、と、呼んでいた(例:イカの酢味噌和え)。
それが、分葱であろうが、鱧であろうが、レタスであろうが、烏賊であろうが、酢味噌で和えるのはすべて、ぬた、なのだそうである。
元来「ぬた」と云うのが、食材を和えるための酢味噌の見た目が沼田(ヌマタ)に似ているところから名づけられた、と、あるように、別に食材が長葱(白葱)に特化しているわけではないのである。おそらく我が家では長葱(白葱)を使うことがほとんどだったのだろう。
酢も味噌も、身体に好い調味料である。いったいに和食の調味料はしごくあっさりして淡泊で、欧米や中国などのように、ねっとりベタベタと執濃くない。塩分が多いのが珠に瑕だが、素材の味を引き立てて、一段高い段階に引き上げる、すぐれものばかりである。このような日本伝来の調味料を駆使した和食をなおざりにして、舶来ものを食べ歩く連中の気がしれない、と、云うものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:08 | - | - |
ボスの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“ボスの日”だそうである。
Wikipediaによると、“1958年に、アメリカのパトリシア・ベイ・ハロスキ(Patricia Bays Haroski)が、会社を経営していた父のために、経営者と部下の関係を円滑にする日として提唱し、アメリカ商業会議所に登録されたことが始まり”だとか。“アメリカではこの日に、ボスを昼食に招待したりプレゼントを贈ったりして日頃の労をねぎらう。日本でも1988年からデパート業界が実施している”のだそうだ。
これがアメリカでどのように受け取られているのかは知らないが、現在の日本では、まず、定着しないのではないだろうか。
一部の例外を除き、部下が、日頃の労をねぎらいたい、と、思うようなボスが、そもそも存在するとは思えない。
まあ、Twitterでフォローしている人たちが所属している事務所はそうでもないようだが、それだって、いわゆる「表向き」の発言だし、日本と云う国がそもそも、ボス(上司)に対する不平不満を表立って云えない社会風土になっている。まあ、欧米だって中東だって、他のアジア諸国だって、大同小異、似たようなものではあるだろうが。
そんななかで、世間には知られなくても、こう云った“ボスの日”みたいなイヴェントがほんとにできる企業や会社、事務所、組織などは、それこそ昨今で云うところの「ホワイト企業」であろう。
ここでの「ほんとにできる」と云うのは、従業員一同が自発して企画開催運営する、と、云うほどの意味である。
ボス自身やその取巻連が“ボスの日”のイヴェントを行っても、なんの意味もない。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ボスも部下も中間管理職も、まったく一切なにひとつ関係のない、いたって平穏平和な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:06 | - | - |
きのこの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、肉じゃが、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、ぬた、冷奴、納豆、味付海苔


1ヶ月ほど前からの念願だった肉じゃがをやっと料理った。しかも、椎茸入りである。
椎茸を肉じゃがの食材に算することは、以前仕事場でお世話になったアルバイトのかたに教えていただいた。椎茸はエルゴステロール(カルシフェロール、ただし、厳密にはおなじものではないらしい)を多く含み、カルシウムの消化吸収定着に効果を発揮する。使用前に日光にさらしておくのがミソなのだが、今回は1時間ほどしか外に出せなかった。土曜に買うのを忘れ、日曜に買ってきたためで、それもまたやむを得なかろう。いつもなら丸々1日、外に出して存分に日光浴させておく。
豚肉はバラ肉を使うことが多いのだが、今回は小間切れである。なんのことはない、いつもの店に豚バラ肉がなかった、ただそれだけのことである。
いまだに、バラ肉と、小間切れと、切り落としの区別がつかない。バラ肉と、小間切れと切り落としが違うことは、なんとなく分かるのだが、小間切れと切り落としの区別が分らない。分ったところで、献立によって使い分けるわけでもないから、知らずにいてもよさそうなものだが、そこはそれ──哲やんではないが──アリストテレスの名著『形而上学』冒頭の言葉にあるとおり、「人は生まれつき知ることを欲する」のである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:20 | - | - |
きのこの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、肉じゃが、小松菜のわさび和え、南蛮漬けの素、山芋の上のオクラ


小松菜のわさび和えと南蛮漬けの素は、先週の残り物である。
どちらも時日を経て、良く味が滲みている……と、負け惜しみを云っておこう。とにかく、これで前週分はすべて消費できた。
わさび和えにしても、南蛮漬けにしても、少々時日を経ても保つので、栄養価のみならず、その面でも重宝である。
山芋の上のオクラは、梅肉かかつお節があればよかった。よりいっそう、万葉の香りが漂ったことだろう。
今回南蛮漬けの素をラップでくるむ、と、云うチエを思い付いた。これならば、汁気を最小限に抑えることができる。窮すれば通ず、ではないが、やろうと思えば、それに応じたチエが、なんなと出てくるものである。
もっともそのチエも、齢とともに出にくくなってくるのは、脳筋肉の動きが衰えるとともに、毎日の繰り返しが習慣となり、固定観念となって、脳活動の柔軟さが失われるからであろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |
きのこの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“きのこの日”だそうである。
Wikipediaによると、“日本特用林産振興会が1995年に制定”したもので、“10月はきのこ類の需要が高まる月で、その月の真ん中の15日を記念日とした”のだそうである。
下手に語呂を合わせるより、このほうがすっきりしてよほど心もちがいい。
昔から、「香り松茸、味しめじ」と云って、きのこ類は日本人の食卓になじみ深いものだったようである。
松茸などはもちろん手に入れるべくもないが、しめじや椎茸、エリンギ、舞茸などは一時期よく使用していたものである。最近はあまり使ってないが、今日を機に、久しぶりに採り入れてみようか。
きのこ類は栄養価も高く、免疫力を強化し、老廃物を排出する働きがある、と、聞く。大いに摂取すべき食材である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
きのこ類は一切ない、風情とも季節感とも、まったく一切全然関係のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |
ウィンクの日(オクトーバーウィンク)のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、鶏肉ハンバーグ、菠薐草と白菜の胡麻和え、南蛮漬けの素


鶏肉ハンバーグは、以前ピーマンの肉詰めを料理ったときに、あまった肉ダネで料理っておいたものである。当然冷凍保存しておいたのだが、それがいつのことかは判然としない。どうでも半年以上も前のこととは思われぬ。
ピーマンの肉詰めに限らず、肉類は全般に生で冷凍保存するよりは火をとおしてから保存したほうがいい、とのことであるが、その真偽はさておいて、ピーマンの肉詰めなどは焼いてから冷凍保存するのもアリだと云うことを知って、こちらのほうもやってみたのである。
以前は週末は外食していたのだが、最近は面倒になって、内食する(弁当を買ってきて家で食べる)ことが多くなった。それならいっそ、休日も自分で料理ったものを食べればいいじゃないか、と、思わないでもない。
しかし休日くらいは、ちょっと目先の変わったものを食べようと云う気にもなる。そのへんを勘案すると、出前や弁当も、なかなか捨てがたいものである。もっとも出前は量も多くなり値段も張るので、最初からわたいの選択肢には入っていないのではあるが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:56 | - | - |
ウィンクの日(オクトーバーウィンク)のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、チェダー・チーズ


今日は“ウィンクの日(オクトーバーウィンク)”なのだそうである。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、“10と11を倒して見ると、ウィンクをしているように見えることから”制定されたのだそうである。“女子中学生の間ではやったおまじないで、この日、朝起きた時に相手の名前の文字数だけウィンクをすると、片思いの人に気持ちが伝わる……のだそうだ”そうである。
あいにく長い人生において、一度も“女子中学生”であったことのないわたいとしては、いつ頃そのようなことが流行ったのか知る由もないが、なるほどいかにも女子中学生の間で流行りそうなことではある。
たわいもないと云えばたわいもないが、そのようなたわいもないことをよろこべると云うのは、いわゆるひとつの青春の特権であろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
女子中学生間での流行とも、青春の特権とも、まったく一切金輪際関係のない、いたって殺風景な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:54 | - | - |
缶詰の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、冷奴、納豆、味付海苔


今週分の鰯の生姜煮がなくなったので、冷凍保存しておいたのを出した。
いったん料理った後で冷凍保存したのだから、効力があるかどうかははなはだ疑問である。少なくとも食べることはできた。身体に影響があるかないかは、もうしばらく経ってみないと分からない。たぶん大丈夫だろうと楽観している。
しかし、いまだに、料理ったお菜が予定どおりに消費できたためしがない。学習能力がないのか、そもそもの調整が難しいのか、なぞである。
それでもかぼちゃの煮物と小松菜のわさび和えは順調に消費している。
菠薐草と白菜の胡麻和えは2食分だったのでこれは滞りなく消費できる。菠薐草2束+白菜約1/8で2食分なのだから、菠薐草の費用対効果は小松菜のそれに劣るようだ。小松菜ならば1束=2食分である。
買ってきた白菜がまだ半分(1/4の半分)残っている。朝晩涼しくなってきたことだし、ツナと白菜のスープ煮でも料理ってみようか。休日の朝など、重宝しそうな気がする。晩に料理り置いても良し、朝にゆったり料理っても良し、で、ある。平日なら忙しなくて、とてもじゃないがそれどころではないが、休日なら少しはのんびりできるだろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |
缶詰の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鰯の生姜煮、菠薐草と白菜の胡麻和え、南蛮漬けの素


だいぶ久しぶりに、菠薐草と白菜の胡麻あえを料理った。これからの季節、葉物野菜も根野菜も美味しくなり、種類も増えるので大いに愉しみである。
菠薐草や小松菜もだが、白菜も茹でるとだいぶ嵩が減る。それだけでなく、ちょっと茹ですぎるとふにゃふにゃになって、食物繊維しかなくなってしまう。野菜類は味付けよりも、茹で方が一番むずかしいんじゃないか、と、思う。
胡麻和えの素(?)は、すりごまに砂糖と濃口醤油を加えて、よく混ぜ合わせたものである。市販のすりごまを使ったのだが、自分で擂鉢で擂った方が、香ばしく、美味であることは解かっているが、そんな根性も忍耐力も時間もない。母者に云わせると、ヒマなときに擂っておいて、密閉壜に入れて置けばよいそうであるが、胡麻を擂る時間があれば、なにか別にしたいことがあり、かつまたしなければならないこともあるのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |
缶詰の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、チェダー・チーズ


今日は“缶詰の日”なのだそうである。
Wikipediaによると“1877年のこの日、北海道石狩町(現在の石狩市)において、日本最初の缶詰(中身はサケ)が作られたことにちなむ。日本缶詰協会が制定”とのことである。
1877年と云えば、明治10年──西南戦争が勃発した年である。
なお、Wikipediaの「缶詰」によると“明治時代には、主に日本国外向けの輸出用、国内向けには軍需用として生産されていたため、庶民には普及しなかった。当時の缶詰の価格は、1缶が20銭から35銭で、白米1升が7.65銭であったことから、いかに高価な食品であったかがわかる”とのことである。
その缶詰が“本格的に普及するきっかけは、1923年(大正12年)の関東大震災以降で、アメリカから送られた支援物資に缶詰が用いられたことによるものとされる”そうである。
なるほど、携行に便利で長期保存が効き、調理の手間がいらない缶詰は災害用備蓄食糧として、重宝である。
わたいもいざと云うときの保存食として蓄えていたが、いつの間にかなくなった。近年では災害用備蓄食糧として、あるいは保存食としてはもちろん、日常の食材としても使用されているようである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの連関もない。
災害とも備蓄とも関係のない、日常の料理に使おうが使うまいが、そんなこととも一切関係のない、いたって平々凡々たる、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |
土偶の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、冷奴、納豆、味付海苔


南蛮漬けの素で3種の野菜が摂れているからいいようなものの、それ以外ではかぼちゃと小松菜だけである。合計5種。なかなか心細い。あと2〜3種は野菜が欲しい。即席みそ汁をやめて手製にすればいいのだろうが、いまひとつ踏ん切りがつかない。
最近心気がダラダラして困る。身体もぐったりして、生活全体にハリがなく、のんべんだらりとしてしまっている。いらぬ刺激ばかりが多くて、快い刺激と云ったものがない。おそらくいらぬ刺激にいちいち反応して心神損耗せぬよう、自己防衛機能が働いているのであろう。
しかしこのままでいくと、その自己防衛機能による防御反応自体が慢性化してしまい、あらゆる刺激に鈍感になってしまいそうである。
なんとか快い刺激を探索し、気持ちを切り替えて、メリハリのある生活にしたいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:14 | - | - |
土偶の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、南蛮漬けの素


秋刀魚の塩焼きがなくなったで、毎度おなじみ、鰯の生姜煮である。
今回の鰯は、1パック=300円(税抜)で、いつもより100円高かった。
その分魚身が大きく、生姜煮じゃなく、それこそフライなどにしてもいいくらいであった。あいにくまだ“揚げない”イワシフライに挑戦するだけの気力がなかったので、相も変わらずの献立になってしまった。
生姜に加えて、梅肉(潰した梅干)を入れるのが臭味を除るコツかも知れない。以前にも記したが、調理中はともかく、出来上がって食する段になって、魚臭いと思ったことは一度もない。わたいの嗅覚が鈍いのかもしれない。しかし、料理法によるところにも大なるものがあると思う。
魚臭さに悩んでおられるお方は、一度試して見られてはいかがだろうか。あくまでも、自己責任で。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |
土偶の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“土偶の日”なのだそうだ。
Wikipediaによると、“楽しみながら考古学に親しむをコンセプトに活動する「土偶の日運営委員会」が制定”したもので、“運営する土偶と縄文のポータルサイト「どぐぽた。」などを通じ、土偶に限らず広く縄文時代の文化について多くの人にその魅力を知ってもらうのが目的”なのだそうである。今日がその日に定められたのは、“10と9で「土(10)偶(ぐう)」と読む語呂合わせから”なのだそうだ。
「十(とお)」+「九(く)」→「とおく」→「どぐう」というわけである。まあまあ、理解できないでもない。
わたいの若い頃などは、映画“インディ・ジョーンズ”シリーズの影響で、考古学に興味をもつ学生がかなり増えたとか聞いた。
もっともMacによると、おなじ考古学と云っても、日本のそれと欧米のそれとでは、だいぶその様相が異なっており、日本の考古学は欧米では人類学の分野に属し、一方ギリシア・ローマ美術史に属する古典考古学なる学問分野もあるそうである。
おなじ言葉でも、日本と外国とでは、その観念が異なるのはやむを得まい。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
日本と諸外国とで言葉の観念が異なろうが異なるまいが、日本の考古学が西洋の分類でどこに属そうが、そんなこととはまったく一切全然関係のない、いたって非学問な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:10 | - | - |
はらこめしの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さんまの塩焼き(上半尾)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、冷奴、納豆、味付海苔


かぼちゃの煮物は、秋から冬の定番である。ほこほこして甘味があり、しかもすぐれた栄養分を包含している。たまにはちがう献立を、と、思っても、ついつい料理ってしまう、お気に入りの献立である。
ミニ豆腐は、暑かろうが寒かろうが、あいかわらず、冷奴である。実際なんの意味もあるわけではないのだが、このあたり、我ながら意味もなく頑固である。
それにしても、ここのところ、野菜の摂取量が──種類もだが──だいぶ減っている。困ったものである。最近いまひとつ体調がすぐれないのは、そのせいもあるのだろうか。もう少し寒くなってくると、粕汁の出番となるのだが、まだ10月上旬である。いくらなんでも、粕汁には早すぎる、で、ある。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
はらこめしの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、さんまの塩焼き(下半尾)、小松菜のわさび和え、南蛮漬けの素


南蛮漬けの素のおかげで、見た目は色彩ゆたかになった。南蛮漬けの素は、ピーマン、玉葱、人参、で、料理る。したがって、見てくれだけでなく、野菜も摂取できて、しかも酢を使っているので、サッパリして食欲を増進させる。
酢にはクエン酸が含まれており、食欲を増進させるとともに、食物の、エネルギーへの変換を促進するのだそうだ。梅やレモンなどがその代表である。
別々に入れているが、こうして食べれば、胃のなかでちょっとした南蛮漬けになろう。もっとも、さんまの南蛮漬けとは、あまり耳にしないが……。
小松菜のわさび和えは相変わらずである。小松菜からだいぶ水分が出ているので、あまりわさびの辛味が効いていない。残念なことである。やはり大量にいっぺんに料理ると、味が薄くなってしまうものらしい。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:43 | - | - |
はらこめしの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、チェダー・チーズ

今日は“はらこめしの日”だそうである。
はらこめし、と、云うのは、亘理町荒浜地区を発祥の地とし、古くから地元で愛され受け継がれているソウルフードなのだそうである。
炊き込まれたご飯の上に脂ののった鮭の切り身と大粒のはらこ(イクラ)を贅沢に乗せた郷土料理であり、宮城県を代表するまでになっている。
その美味しさを全国の人に知ってもらいたいと願い、10月8日を「はらこめしの日」として記念日にした。(一般社団法人 日本記念日協会 認定:2016年10月8日)
10月8日としたのは、10月は阿武隈川に鮭が上ってくる鮭漁の解禁の月で、8日の8は「はらこ」の「は(8)」であり、イクラの粒を縦に並べると数字の8に形が似ていることからなのだそうである(宮城県亘理郡亘理町HPより)。
そう云えば何年か前、例の八戸行の帰りに、東北新幹線の車内で食したことがあったのを思い出した。たしかに豪華豪勢な弁当であった。また食べたいと、切に思ったものである。
しかしわたいの食卓に並ぶのは、豪勢でも豪華でもない、鮭もイクラもない、いたって侘しい、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:36 | - | - |
バーコードの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、秋刀魚の塩焼き(下半尾)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、冷奴、納豆、味付海苔


量は減らしているつもりだが、品数はこれ以上減らせない。そこを無理に減らすとすると、かぼちゃの煮物だろうが、そうすると栄養バランスが欠けるような気がする。
一汁三菜の理想の献立であるはずである。ただ献立の品が固定気味であることはたしかである。栄養バランスはいいはずなのだが、おなじ食品ばかりで摂取するのはよろしくないそうである。
と、云われても、そこはそれ、ひとり暮らしの事情と予算との兼合い、と、云うものがある。
今回は秋刀魚が100円/尾(税抜)だった。前回の半値である。季節になってやっとそれらしい値段になったようである。しかし、わたいの記憶にある限りでは、去年は3尾=200円(税抜)や5尾=300円(税抜)までいった。それを考えると、まだ廉くなる……と、思いたいが、今年は秋刀魚不漁の報せが流れていた。どこまで廉くなるか、せっかくの秋の味覚、しかも味もよく、健康にもよろしい魚である。どうか廉価で手に入れられるままであってほしいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:24 | - | - |
バーコードの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、秋刀魚の塩焼き(上半尾)、小松菜のわさび和え、南蛮漬けの素


秋の刀の魚と書いて“さんま”である。 旬と形状が漢字に表されている。分りやすい命名である。
1尾では食べ過ぎになりかねないと思って、半分にした。市販の罐詰なら、半尾分も入っていまい。食べる量を減らすには半分くらいがちょうどいいかもしれない。
小松菜のわさび和えは、先週分の残りである。10月に入ってそうそう体調を崩してしまったのである。どうやら9月の体調不良が根底から治りきっていなかったようだ。年々季節の変化についていけなくなっているようで困る。さらには年々季節の変化が烈しく、また突然になるので、余計に堪える。
ようやく秋らしくなってきたのはうれしいが、身体がついていけないのは困る。なにごとも急いてはいけない、ゆるゆると行ってくれ、ゆるゆると。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:22 | - | - |
バーコードの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、チェダー・チーズ


今日は“バーコードの日”なのだそうである。
「今日は何の日〜毎日が記念日」と云うWebsiteによると、“1952年のこの日、アメリカでバーコードの特許が認められたとある。
1952年と云えば昭和27年だから、よっぽど前である。
1949年(昭和24年)にふたりの米国大学院生が発明し、1967年(昭和42年)には「アメリカの食品チェーン店が、レジスターの行列を解消させる方策として実用化』した、と、あるから、思ったより歴史は古いようである。
現在ではQRコードのほうがポピュラーなようだがバーコードもまだまだ健在である。すっかり日常生活に定着して、違和感も当初の新鮮な驚きもなくなってしまっている。いつの日かこれもQRコードに駆逐されて、ポケベルのような存在になってしまうのだろうか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
バーコードともQRコードとも、ポケベルが鳴ろうが鳴るまいが、まったく一切完全に関係のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:20 | - | - |
コーヒーの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布、にら)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、和野菜の煮物、冷奴、納豆、味付海苔


和野菜の煮物ははじめて料理った。食材は、蓮根、人参、玉葱、ごぼう、蒟蒻、ちくわ、かぼちゃ、で、ある。これで5種の野菜が摂れる。小松菜とにらを合わせると7種になる。昼のアスパラガスを加えると8種になる。このところ野菜の摂取不足が顕著だったが、ようやく旧に復しつつある。
夏場は淡色野菜が主にならざるを得なかったが、これからは緑黄色野菜や根野菜を中心にすることができる。栄養学や食物学などではどうだか知らないが、わたいの基準では、淡色野菜<根野菜<緑黄色野菜、なのである。いわゆる野菜サラダ系よりも、煮物、お浸し、煮浸し系のほうが、栄養価に優れ、日本人の体質風土に合致し、味も馴染む、と、思っている。
ただ、かぼちゃを他の食材と一緒に煮たのは失敗だった。ぐずぐずになって半分くらい溶けてしまったのである。なんでも放り込めばいい、と、云うものではないようである。やはり食材と料理法との相性と云うものがあるのであろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:30 | - | - |
コーヒーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、アスパラガスのベーコン巻き(3個)、かぼちゃの煮物、小松菜のわさび和え


今回で先週の残り物であるかぼちゃの煮物がなくなった。かぼちゃは大好物な食材のひとつなので、これからしばらくはかぼちゃが続くことだろう。今回は久しぶりだったので、味付けがだいぶ鹹くなってしまった。次から気をつけよう。
小松菜のわさび和えは通年ものになりそうだ。菠薐草のお浸しなり、ごま和えなりも料理ってみたいのだが、如何せん、菠薐草自体が店頭にない。困ったものである。そろそろ、菠薐草と白菜の胡麻あえなど、素材の甘味が出て、食べ頃の季節なのだが……。
アスパラガスはやや細めだが、味はそのほうがいいようだ。どうも貧乏性と云うか、根がセコイのか、アスパラガスでも胡瓜でも茄子でも、大きめのものを買おうとしてしまう。細くて小振りなもののほうが、味はいいらしい。太くて大き目なものは、中味がスカスカなことが多いらしいのだ。いや、けっして、人間のことじゃなく……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:28 | - | - |
コーヒーの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“コーヒーの日”だそうである。
Wikipediaによると、“全日本コーヒー協会が1983年に制定”したもので、“国際コーヒー協会が定めた「コーヒー年度」の始まりの日であることから”制定されたのだそうである。“2015年に上記を踏まえ「国際コーヒーの日」が制定された”とあるが、そもそも国際コーヒー協会なる組織が、なにをもって今日を「コーヒー年度」なるものの始まりとしたのかについては、なにも書かれていない。
「今日は何の日〜毎日が記念日」なるWebsiteには、“コーヒー豆の収穫が終り、新たにコーヒー作りが始る時期である”と記されてある。まだこちらのほうが分かりやすい。
わたいもコーヒーが大好きで、最盛期(?)は1日10杯以上飲んでいたこともあった。最近はコーヒーの飲み過ぎは肌によろしくない、と、云うことで、1日5杯以下になるよう自制している。
コーヒーも他の嗜好品の例にもれず、さまざまな種類があって、それぞれに好みがある。
わたいはサントスとキリマンジャロを愛飲していた。いまはもっぱら、インスタントで済ましている。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
なぜかモーニング・コーヒーのない、コーヒー好きにしてはめずらしい、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:26 | - | - |
くるみの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布、にら)、鰯の生姜煮、かぼちゃの煮物、小松菜のわさび和え、冷奴、納豆、味付海苔


鰯の生姜煮も先週の残りである。まだ大丈夫だろうとは思ったが、冷凍保存しておいた。はたして料理った後で冷凍保存した場合、どうなるのか──味わい、食感、栄養、保存期間、等々──興味が生じたのである。
魚肉、豆腐、納豆、卵──これがわたいの食卓の「たんぱく質四天王」である。魚肉は牛肉、豚肉、鶏肉に、それぞれ代替してもいいのだが、やはり一番好ましいのは魚肉である。含有されているビタミンやミネラルの質と量が違う、と、云う説には、納得性がある。
かぼちゃが緑黄色野菜の一種であり、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養成分が豊富であることはよく知られている……などと、エラそうに記しているが、白状すると、わたいは長い間、かぼちゃを芋類の一種、と、信じていた。いわゆる家庭科学習をマジメに受講していたわけではなかったのである。だからこそ、今回の煮物も、若干味が濃すぎたのだ?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
くるみの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、アスパラガスのベーコン巻き(3個)、かぼちゃの煮物、小松菜のわさび和え


アスパラガスのベーコン巻きは、アスパラガスの豚バラ肉巻きの簡略版──ハッキリ云えば、手抜きである。
味付けは塩胡椒だけ、サッと湯掻いたアスパラガスを切って、塩胡椒をふりかけたベーコンで巻き、爪楊枝で止める。温めたフライパンで油を引かずに、ベーコンの脂でかるく焼く。
これだけである。豚バラ肉巻きなら、豚バラ肉に塩胡椒をするだけでなく、 酒と薄口醤油を混ぜたタレに浸してから、油を引いたフライパンで焼く。手間がちがうのである。
かぼちゃの煮物は先週の残りである。3食分ほどあまってしまった。どれくらい保つのかは不明だが、今日明日くらいまでは大丈夫だろう、と、タカをくくっている。なにしろかぼちゃそのものだけでなく、昆布や煮干しの栄養分まで入っているのだから、食べられるだけ食べないともったいない。食品ロス、食品廃棄が世界規模での問題になっている時節でもあることだし……。もっともそんな時節でなくても、食品を無駄にすることに強い罪悪感をおぼえるのは、やはり物のなかった戦争末期から戦後にかけてを知っているからだろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |
くるみの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“くるみの日”だそうである。
Wikipediaによると、“「く(9)るみ(3)まるい(0)」の語呂合わせ”とあるだけである。
牽強付会もここまでくると、いっそ清々しい。
他になにか情報はないか、と、「今日は何の日〜毎日が記念日〜」なるWebsiteを覗いてみると、“長野県東御市などのくるみ愛好家が制定”した、と、ある。
くるみ、と、云えば、ナッツ類のひとつ、もしくは木材として知られているが、わたい個人としては、女の子の名まえ、と、云う印象が強い。
わたいはあまりナッツ類は食さない。嫌いなのではなく、たんなる習慣の問題である。昔、酒を呑んでいた頃は、特にビールのあてとして、食べていたこともあったが、最近はサッパリである。
ナッツ類は栄養が豊富であることは知られているが、その詳しい内容は、あまりご存知ないかたが多いのではなかろうか。かく云うわたいも、精々強精作用がある、と、云うことくらいしか知らなかった。
くるみの日、と、云うことで、くるみに限って云うと、ビタミンE、B1、B6や、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの各種ビタミンやミネラル、良質の脂質である不飽和脂肪酸(リノール酸、α-リノレン酸、オレイン酸)が豊富に含まれている。
とりわけ、α-リノレン酸、ポリフェノール、トリプトファンが、注目すべき栄養成分と云えるであろう。
これからはくるみをはじめとして、ナッツ類もほどよく摂取するよう、心がけることにしよう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
木の実とも好みとも女の子の名まえとも、まるで縁のない、いたって侘しい、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:14 | - | - |
女性ドライバーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、茹で人参&ブロッコリ、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え


鰯が栄養の宝庫であることは、これまでにも喋々してきたところである。
良質のタンパク質はもちろん、カルシウム、ビタミンD、ビタミンB2、不飽和脂肪酸にEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)、ナイアシン、イワシペプチド、等々、いい意味での病人食と云えるだろう。
いい意味での病人食、とは、食べやすく、安価で、必要な栄養分が豊富である、と、云う意味である。
調理する際、頭と内臓は捨てるのだが、なにかもったいないような気がする。
人によっては生臭さを嫌うようであるが、わたいは鰯が生臭いと思ったことはない。調理しているときは別であるが、それは魚を調理する以上、やむを得ないことである。調理に限らずなんにせよ、なにかを得ようと欲すれば、なにかを失う覚悟をしなければならないものである。なんでもかんでも思った通りになる、自分の思った通りにならなければおかしい、と、考える、と、云うか、信じ込んでいる人が多いのは困ったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:54 | - | - |
女性ドライバーの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、チェダー・チーズ


今日は“女性ドライバーの日”だそうである。
Wikipediaによると、“1917年のこの日、栃木県在住の渡辺ハマ(当時23歳)が自動車運転免許試験に合格し、日本女性初の自動車運転免許証を手にしたことに由来する”のだそうである。
1917年と云えば、大正6年である。世は第一次世界大戦のさなかであり、ロシア革命が勃発した年でもある。
そんな激動する世界情勢のさなかに、微笑ましいニュースである。
これも大正デモクラシーの成果の一つかもしれない。
昨今、いわゆる“あおり運転”や、高齢者による自動車事故がさかんに報道されている。別に女性が、激情しにくく(いわゆるキレやすくなく)、争いを好まない、穏やかな先天性を有する性であるとは思わないが、今日のこの日を機に、いま一度みずからの運転姿勢のみならず、不愉快なことに遭遇したときの反射一般について、振り返り考えてはいかがだろうか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
自動車運転とも、危険運転行為とも、まったく一切金輪際関係のない、いたって平和で穏和な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:52 | - | - |
台風襲来の日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布、にら)、さんまの塩焼き、かぼちゃの煮物、茹で人参&ブロッコリ、冷奴、納豆、味付海苔


自分では量を減らしているつもりなのだが、実際上はそうでもないらしい。
朝起きづらく、食欲がないのは、晩に食べ過ぎているからだろう。目ざめるべき時間に自然に空腹になっているのが望ましいありかたであろう。
現在は朝起きても食欲がない。そんなわけで、今朝のトーストは6枚切り1枚である。ほんとなら食べなくてもいいくらい食欲がなかったのだが、朝食抜きは1日をダメにする、と、固く信じているので、極力朝食は抜かないことにしている。
昼の弁当も主食の麦飯の量を減らしたのはそのためである。その代わり、茹で野菜で補うことにした。できればかぼちゃも入れたかったのだが、かぼちゃは煮物に使ってしまったので、昼の弁当には入れられなかった。
晩はかぼちゃの煮物がある代わりに、小松菜のわさび和えがない。最初は冷凍保存してあるやつを使ってお浸しにする予定だったのだが、量が多すぎるような気がして止めにした。止めて正解だった。現在の献立だけでも充分多い。さんまは半尾でいいくらいである。
わたいが師表と仰いでいる川島四郎先生は、麦飯+お魚の罐詰+青野菜(400g!)のみの晩御飯だったと記憶している。しかも先生は、朝は砂糖と粉ミルクと粉末カルシウムを入れたコーヒー、そしておなかが空かれたときに、ナッツ類やとろろ昆布、厚めの昆布などをつまみ食いなさるだけだった。
それから考えても、やはりわたいは食べ過ぎであろう。もっとも、先生のお食事自体が、かなり特異なものであることは否めないだろうが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:31 | - | - |
台風襲来の日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、茹で人参&ブロッコリ、さんまの塩焼き、小松菜のわさび和え


1年ぶりに料理ったので、塩加減とか焼き加減とかに一抹の不安があったのだが、どうやら上手くいけたようである。この分なら醤油をかけなくても充分旨い。さんまに大根おろし醤油は付き物なのだが、いったいどう云う謂れや効果があるのだろう。
大根おろしは消化酵素の働きをよくし、さんまの油感を流して口中をサッパリさせてくれるような気がする。おそらくそのために、添えられているのであろう。そう云えば、天麩羅なども、大根おろし醤油で食べると旨く感じる。これはかの海原雄山のモデルとなった北大路魯山人も推奨した食べ方である。同様に、ちょっと焦げ目がつくくらいに焼いたさんまを大根おろし醤油で食べるのも、至福のひとときをもたらしてくれる。日本の秋味を感じる食べ方である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:28 | - | - |
台風襲来の日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、チェダー・チーズ


今日は“台風襲来の日”であるらしい。
Wikipediaによると“統計上、台風襲来の回数が多い日”であり、“1954年(昭和29年)に「洞爺丸台風」で青函連絡船・洞爺丸が転覆、1958年(昭和33年)に「狩野川台風」が伊豆・関東地方に来襲。1959年(昭和34年)に「伊勢湾台風」が東海地方に上陸したのは全てこの日だった”らしい。
昨年は大阪も台風21号で甚大な被害を受け、今年は佐賀や千葉でいまだ復旧の見込みの立たない被害に苦しんでいる。
一部の人びとにとっては「町がきれいになる」とか、経済成長の持続性のほうにしか関心がないようであるが、神経のつながり具合がおかしいのではないだろうか。
おなじ人間と云う種族であることに違いはないのかもしれないが、神経細胞や脳細胞の組成に微妙な違いがあるとしか思えない。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
台風の襲来とも地震カミナリ火事親爺の来襲とも、一切まったく全然関係のない、いたって穏やかな献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:25 | - | - |
藤ノ木古墳記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布、にら)、さんまの塩焼き、かぼちゃの煮物、茹で人参&ブロッコリ、納豆、冷奴、味付海苔


フライパンでさんまの塩焼きをおぼえて以来、無性にさんまが食べたくなって仕方がなくなった。今年はさんまが不漁で高値が付く、と、報道されていたので、どうなることやら、と、思っていたが、先日店頭に並んでいたのは200円/匹だった。昨年の記憶からすると、なるほど、高くなっている。昨年は3匹で200円のときがあったように思うので、その記憶が正しいとすると、3倍になっている勘定である。値段が胃袋に影響したわけではないだろうが、急に食欲がなくなった。
それでもやっぱり、秋と云えばさんまである。
旬の食材に対する嗜好はいたって薄いほうであるが、春の菜の花と、秋のさんまだけは例外であるようである。
さんまも夏バテ回復に効果のある食材であり、まさに天の配剤たる魚である。良質の油がタップリ含まれており、たんぱく質も豊富、さらには内臓の苦味が食欲を刺激して、夏痩せ夏バテを解消させる効果を発揮する。まさに豈これ食さざるべけんや、で、ある。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |
藤ノ木古墳記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切参照昆布)、茹で人参&ブロッコリ、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え


最近は冷凍食品の進化技術向上がめざましく、ひと昔前の、“冷凍食品は不味い”、“冷凍食品は健康に悪い”、“冷凍食品を使うのは手抜きだ”、などと云う人間は、みずから「わたしは現状を知らない時代遅れのバカです」と、公言しているようなものなのだそうである。管理栄養士だかなんだか、それらしい資格を持った人のtweetなのだが、なるほどお説ごもっともだとしても、件のお方が、冷凍食品のメーカーや販売店と密接なご関係をお持ちでないとは云いきれないご時世である。
昨今の技術進化向上を考えると、手づくりよりも冷凍食品を生産する過程においてのほうが、確実に残留農薬も洗い流せるだろうし、栄養分が流出しないように製造できるであろう。ひょっとすると、危険なことで知られる某国の野菜や食肉が、絶対安全確実を保障された食品に変化しているかもしれない。日本の最先端技術をもってすれば、それくらいのことは充分可能なのであろう。
しかしやはりわたいは、市販の冷凍食品を好んで使用しようとは思わない。したがって、茹で人参もブロッコリも小松菜も、自前お手製である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
藤ノ木古墳記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、チェダー・チーズ


今日は“藤ノ木古墳記念日”なのだそうである。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると――

1985(昭和60)年のこの日、奈良県斑鳩町の藤ノ木古墳の石室等が発堀された。藤ノ木古墳は直径約48m、高さ約9mの円墳で、古墳時代後期の6世紀後半に作られたものと考えられている。
1985(昭和60)年に第1次調査、1988(昭和63)年6月に国内の発掘調査史上初めてファイバースコープを使った石棺の内部調査が行われ、その年の10月8日に1400年ぶりに石棺の蓋が開かれた。
未盗掘で埋葬当時の姿がほぼそのまま残っており、当時の埋葬儀礼を解明する上で貴重な資料を提供した。

――と、云うことである。
当時は日本古代史上の大発見と騒がれたものである。
昔のことを知ってどうする、などとヌカス輩もいるようであるが、温故知新、過去を知らねば現在は知り得ず、また現在を的確に把握しなければ、良き将来を得ることができぬのは、人も国も同じである。
過去に思いを馳せ、将来に希望を見出す、Macならずとも、そんな人間でありたいものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
日本古代史とも、はるか先祖の埋葬儀礼とも、一切まったくなんの関係もない、いたって非文化非学術な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:13 | - | - |
そんなわけで……ひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布、ニラ)、鶏肝の生姜煮、茹で人参&ブロッコリ、かぼちゃの煮物、冷奴、納豆、味付海苔


青菜類がないがやむを得ない。勘定を間違えて少なく買ってしまったのである。2食分/束だから、4束買わねばならないところを、2束しか買わなかったのである。休みボケである。
かぼちゃの煮物も、緑黄色野菜によるビタミン摂取である。生野菜もいいが、やはり野菜と云うからには、緑黄色野菜がいい。栄養もいいし、歯ごたえもあるし、野菜を食べた、と、云う、充足感もある。
即席みそ汁にニラを入れたのは、鶏肝の生姜煮に使った分ても半分ほど残ったためである。
ニラが栄養豊富なことも、これまた有名である。わたいのような貧血気味な人間には、意識して摂るべき食材のひとつである。
わたいが貧血気味……と、云っても、わたいのことをよく知る人は信じないだろう。
あの血の気の多い奴のどこが貧血だ、と、鼻で嗤うに違いない。
しかし、定期検診の結果がそう出ているのだから仕方がない。少なくとも、町角の辻占よりは信憑性があろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:48 | - | - |
そんなわけで……ひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、茹で人参&ブロッコリ、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え


八戸に行っているあいだに、帰阪したら少し食べる量を減らそうと考えた。愛煙家の禁煙と同じで、何回おなじことを考え、何回実行し、そして何回挫折したら分からない。
ともかく主食であるご飯の量を減らして、野菜を増やそうと考えた。その結果が、今日のこの献立である。
鶏肝の生姜煮は、夏の疲労を回復すべき献立である。低カロリーにして高タンパク、ビタミン豊富──とりわけビタミンAの含有量がすばらしい。鉄分補給にも最適で、貧血予防や冷え性の回復に効果があることはよく知られている。
人参にブロッコリも、緑黄色野菜の雄として豊富なビタミン含有量を誇る。疲労回復滋養強壮にはもってこいの献立である……はずである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:47 | - | - |
そんなわけで……ひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、チェダー・チーズ


9月最初の記事が今日24日である。
9月に入ったとたんに体調を崩してしまった。ようやく回復すると、今度は毎年恒例の八戸行である。
そんなわけで、今月はやたらと記事が少なくなってしまった。しかし献立自体は相変わらずである。
八戸に行っているあいだに、大阪はすっかり朝晩涼しくなった。生野菜サラダも終わりである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:46 | - | - |
シャウプ勧告発表の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、山芋の上のオクラ、冷奴、納豆、味付海苔


昼の弁当で鶏肝の生姜煮がなくなった。で、晩食の主菜は、鰯の生姜煮、で、ある。生姜づくしのようだが、偶然である。
と、云うか、わたいの献立一覧のなかには、生姜関係の献立が多いのである。こないだは鶏むね肉の生姜醤油漬けを新たに献立に加えた。
鰯ばかりのようだが、実はその鰯ですら、久しぶりである。
どう云うわけか、最近あまり魚肉を見かけなくなった。少なくとも、わたいが調理できそうな魚がないのである。今年はサンマが不漁で、昨年と比べて水揚げ量が激減していると聞く。心細い話である。昨年のいま頃、もう少し先だったか、フライパンでサンマの塩焼きを料理る方を会得して喜んだものだったが、はたして今年はその成果を活かすことができるのだろうか。
概して夏は料理をしようと云う気が失せ果てる。食欲自体が減少するし(そうは見えないかもしれないが)、熱い思いをしてまで料理する気にもならない。アツアツのものを食べたいとも思わない。
いきおい、料理から遠ざかるわけである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |
シャウプ勧告発表の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(しいたけ昆布)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え


我ながら感心するほど、献立内容が一定化している。昔はこのようなのを、“犬の卒倒”と云ったものである。
いくら豊富に栄養分を含んだ食材で調理した献立でも、おなじものばかりを続けるのはよくないそうだ。
理由は分らない。食する等の本人に飽きが来なければ、別段かまわないようなものであるが、そう云うものではないのだろうか。味覚がマヒするとか、栄養分の吸収が阻害されるとか、あるいは栄養効果が薄れるとか、拒絶反応が突発するとか……。
もしそうなら、ご飯みそ汁食パンなどで、それらの症状が発生しそうなものである。
それにしても、ご飯やみそ汁、食パンなどは、毎日食べていても、まるで飽きが来ないのだから、不思議なものである。一説によると、これは味わいが淡泊で、味覚に与える刺激が少ないからなのだそうである。
云われてみれば、おなじご飯類でも、炒飯や丼物ばかりだと、さすがに毎日は食べられそうもない。ひょっとすると、濃い味付けは健康に悪いため、防御反応が拒否反応として現象し、他の食べ物に食欲が移るようにできているのではないか。だとすれば、なるほど、人間の身体とは、よくできているものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:46 | - | - |
シャウプ勧告発表の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


1949年(昭和24年)の今日、連合国軍最高司令官総司令部(いわゆるGHQ)により、“シャウプ勧告”が発表された。
シャウプ勧告とは、その正式名称を、シャウプ使節団日本税制報告書、と、云いい、Wikipediaによれば、“GHQの要請によって1949年(昭和24年)に結成された、カール・シャウプを団長とする日本税制使節団(シャウプ使節団)による日本の租税に関する報告書”のことである。
この報告書は、“1949年(昭和24年)8月27日付と1950年(昭和25年)9月21日付の2つの報告書からなり、日本の戦後税制に大きな影響を与えた”とのことである。
早い話が、いわゆる戦後日本の税制体系を根本から改変し、再構築するための基礎を成す勧告である。
この勧告を受けて、“日本政府は、勧告を元にして税制改革を行ったが、その過程で政治家の介入などにより、一部で勧告とは異なる税制となった”が、“ このときに作られた税制の基本体系は現在でも大きくは変わっていない”とのことである。
主な特徴としては、直接税中心、法人優遇、地方税脆弱、である。もっともこれは、わたい個人の感想であるが……。
まぁなんにせよ、この税制勧告が、いわゆる戦後日本の税体系確立に大きな影響を与えたことはたしかである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
シャウプ勧告が事実上の押しつけであろうが、間接税(消費税)が増税されて法人税が減税されようが、ただただ命に従うしかない、哀れ悲しき一国民の、哀れ悲しき献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:44 | - | - |
人権宣言記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、山芋の上のオクラ、冷奴、納豆、味付海苔


盆過ぎ頃から調子が悪くなり出したのは、スマホだけではない。
生活全般に歯車が狂いだした。潤滑油が切れて動きが軋む、と、云った段階ではなく、あちらでボロッ、こちらでガタッ、と、思わぬ箇所で思わぬ歯車が外れるような感じである。それが自分のミスや失敗が原因なのではなく、外部事情の絡み合いから生じたものなのだから、仕末が悪い。今年は厄年なのだろうか。厄払いは年末の行事らしいが、こうなると、1日も早く祓ってもらいたくなってきた。
お祓いに行かなくとも、良い食材を使用した良い献立の食事にすることで、たいていの厄は祓える、と、云うのが、わたいの自論である。
ここで云う「良い食材」が、高価なそれや珍稀なそれでないことは云うまでもなかろう。また「良い献立」が、手の込んだそれや金銭のかかったそれでないことも、云うまでもない。
野菜と魚肉を中心とした一汁三菜の献立、これこそが健康の為にも、厄除け厄祓いの為にも、最適な食事なのである(ハズである)。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
人権宣言記念日の日のひとりめし(昼‐昼食)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え


盆を過ぎた途端、スマホの調子が悪くなり、新規に中古を購入したところ、それがまた1週間ほどで稼働しなくなり、返品交換に応じてもらって、やっと使えるようになった。とは云っても、いまだにLTEに接続できず、LINEはインストールできても稼働できず、不安定要因は除去され切っていない。困ったものである。
そんなわけで、この1週間ほど、このBlogの記事も夏休み状態になってしまっていたわけである。
去る土曜から、秋めいた気候になって、はなはだ心地よい。この気候がこのまま続くとは思わないが、願わくば、このまま続いてほしいものである。
ところで、私見であるが、いわゆる「夏バテ」とは、なにも夏の間にだけ生じるものではない、と、思っている。猛暑酷暑を乗り切ることに体力と精神力を使い果たした体と心が、秋の訪れを感じることによってホッと緊張の糸が緩み、それまで耐えていた疲労がドッと噴出することによって生じるのも、「夏バテ」であろうと思っている。
すなわち、秋頃に「夏バテ」になる虞も、充分にあるのである。
そんなわけで、疲労回復滋養強壮にもってこい(と、わたいは信じている)の、鶏肝の生姜煮である。栄養価が高く、カロリーは低く、値段はお廉い、と、云う、三拍子揃った好食材である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:44 | - | - |
人権宣言記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“人権宣言記念日”であるらしい。
Wikipediaによれば、“1789年のこの日、フランスの憲法制定国民議会が人間と市民の権利の宣言(人権宣言)を採択した”のだそうである。
同年の7月14日にはバスティーユ牢獄への襲撃が行われているのだから、素早い対応である。それだけ既存の社会体制に対する不満と、革新への情熱が激しかったのであろう。
なお、この”人権宣言”は、正式には“人間と市民の権利の宣言(Déclaration des Droits de l'Homme et du Citoyen)”と云い、“人間の自由と平等、人民主権、言論の自由、三権分立、所有権の神聖など17条からなるフランス革命の基本原則を記したもので”、“単に人権宣言(じんけんせんげん)とも呼ばれ、通常は世界人権宣言などの他の人権宣言と区別するためにフランス人権宣言と呼ばれる”そうである(Wikipedia/「人間と市民の権利の宣言」より)。
この宣言の内容はもちろん、この宣言がなされたことそれ自体が、あらゆる意味において、重要なものであることは論を俟たない。
とりわけ最も重要なのは、ここで宣べられている基本原則が、“すべての人に”当て嵌まる、と、云うことであろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
人間とも市民とも権利とも義務とも責任とも、まったく一切全然関係のない、いたって非理念な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:40 | - | - |
女子大生の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、玉子焼き(2個)、小松菜のわさび和え


昨日の台風10号の影響により、帰り際に電車が運休になる惧れがあったので早めに帰ったのだが、どうやらそれも杞憂に終わったようである。
それはそれでいいのだが、平常と違う生活循環に陥ると、なにやら調子が悪くなってしまう。
それまでの疲れが一勢に噴き出たのか、あるいは低気圧の影響か、いつもよりかなり早く、爆睡の海に飛び込んでしまった……。
そんなわけで、今日の昼ご飯は手抜きである。ただ、麦飯のほうだけは、一昨日砥いで炊飯予約し、冷凍保存しておいた。主食さえ確保しておけば、あとはなんとでもなる。漬物でもお浸しでもOKだし、梅干や塩昆布、ふりかけや佃煮、なんなら塩だけでも、充分である。
米にも麦にも充分な栄養分がある。ないのはおそらく、葉緑素くらいなものだろうと思われる。
わたいの理想の献立は、麦飯、味噌汁、焼魚 or 煮魚、青菜のお浸し、豆腐、納豆、漬物 or 佃煮、海苔、で、ある。
味噌汁の具は問わないが、わかめやもずく(海藻類)、椎茸やえのき(茸類)などが、栄養バランスの面から見て、好ましいのではないか、と、考えている。とどのつまりは、和食礼讃、なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:09 | - | - |
女子大生の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“女子大生の日”であるらしい。
Wikipediaによると、“1913年(大正2年)、東北帝國大学(現:東北大学)が女子受験生3人の合格を発表”したのが、今日、8月16日なのだそうである。この日は“日本に初めて女子大生が誕生した日”となり、3人の合格者のうちの“1人は日本初の女性理学博士となった黒田チカ”なのだそうである。
黒田チカなる人物は、“植物色素の構造決定を行ったことで知られる”そうだが、不明にしてわたいは全然知らなかった。
彼女は1918年(大正7年)に“天然色素の研究『紫根の色素について』を東京化学会(現・日本化学会)で発表”したが、“女性理学士の発表は初”だったそうである。
1929年(昭和4年)には『紅花の色素カーサミンの構造決定』と云う学位論文で博士号を授与された。
なお、“タマネギの中のケルセチンが血圧降下作用があることをかねてから発見しており、1953年(昭和28年)12月に特許を得てケルチンCとして市販”された。
彼女を主人公として某国の放送協会が、「たまねぎおばさん」なる子供向けドラマを放送したことがあったそうである。どうせならいまをときめく(?)朝の連続テレビ小説の主人公に採り上げてはどうだろうか。なにも若さや色気ばかりをもてはやすだけが、女子大生を遇する法でもあるまい。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
JDともJKともJCともJSともJEとも、まったく一切キッパリ関係のない、いたってnormalな、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:07 | - | - |
専売特許の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鶏むね肉の生姜醤油焼き、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、冷奴、納豆、味付海苔


鶏むね肉の生姜醤油焼きは初めて料理ったものである。最初は鶏むね肉を使った他の料理を、3種類くらい別々に料理ろうと思っていたのだが、3連休の到来とともに、やる気も気力も体力も抜け果ててしまって、とてもそれどころではなくなってしまったのである。
定例のものばかりとは云え、今週分のお菜を料理っただけでも、アッパレお見事、と、云いたい。
それにしても、今回の3連休は、或る意味、凄まじかった。
1日目…午前眼科受診、午後昼寝。
2日目…午前免許更新手続き、午後昼寝。
3日目…料理と読書。
と、云うのだから、活動可能時間帯のほぼ半分を寝ていたことになる。なんとも勿体ないと云うか、贅沢と云うか……。
しかしそれも裏を返せば、平日それだけ疲労が蓄積している、と、云うことであろう(?)
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:48 | - | - |
専売特許の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鶏むね肉の生姜醤油焼き、小松菜のわさび和え


我ながら感心するくらい、小松菜のわさび和えが厭きずに続いている。元々素材が淡泊であっさりしているうえ、味付けも和風で控えめなため、却って飽きずに食べ続けられる。
わたいの尊敬する栄養学者、川島四郎氏は、軍隊用の乾パンが薄味になっているのは、幾日食べ続けても厭きないようにするためである。こってりした濃い味付けにしてしまうと、すぐに厭きてしまう、と、おっしゃっておられた。あまりに濃い味付けは健康上よろしくないと云う意見が定説のようであるが、ひょっとすると、濃い味付けの献立にすぐ厭きるのは、身体面における保健上の自衛機能が働くためなのではないだろうか。
そう考えると、人間の身体と云うのは、実によくできているものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:45 | - | - |
専売特許の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“専売特許の日”だそうである。
Wikipediaによると、“1885年8月14日に日本最初の専売特許が交付されたことに由来”するものなのだそうだ。ちなみに“特許第1号は堀田瑞松が出願していた「堀田錆止塗料及其塗法」(錆止め塗料とその塗り方)で”、“この他に第7号までが認定され”たのだそうである。
1885年と云えば、明治18年である。
同年3月に、農商務省工務局に専売特許所が設置されていた。その所長を務めたのが、前年同局に設置されていた商標登録所長であった、高橋是清である。彼は2年後、特許局の初代局長に就任し、日本の特許制度を整えた。
高橋是清氏ほど数奇な運命をたどった人物もめずらしく、その人格識見風貌とともに、大いに興味のある人物であるが、ここはひとまず措いておいて、本邦初の特許が、“錆止め塗料とその塗り方”であることは面白い。
と、云うのも、よく聴いているラジオのスポンサーに、呉工業株式会社が付いているからである。呉556の名が、すっかり頭に滲み込んでいるのである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
専売特許とも、異数の財政課とも、錆止め塗料とも、ラジオ番組のスポンサーとも、一切まったく全然関係のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:43 | - | - |
エディット・シュタインの記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、玉子焼き(2個)、小松菜のわさび和え


そんなわけで、今週のお菜はほぼ順調に消化した。
小松菜のわさび和えが2〜3食分残っているが、これはこの3連休中に消化する予定である。
人によっては5月に10連休となり、この盆には9連休となる人もいるそうな。西洋並のヴァカンスが確保できて、さぞありがたがっているだろう、と、思われるのだが、5月の連休時も、この盆休みも、有難迷惑がっている人が多いようである。
男女とも既婚者は、相手と1日中一緒にいることを鬱陶しがり、仕事に行っていてくれる方が、あるいは仕事に行っている方が、なんぼかマシだ、と、思っている人が多い。
旅行に行く、と、云っても、どこに行くにも人が多くて、考えただけで疲れるし、第一、そんなに長い間、旅行するだけの金がない、と、云う人も多い。
なんともワビシイ話である。こんなことなら、ひとりでいるほうが、よっぽど仕合せである。どこに行こうが行くまいが、だれも文句を云う人はいないし、気を使う必要もない。旅に出たければ気が向いたときにフラリと出かける。この季節なら、野宿しても大丈夫だろう。熱帯夜と云うのなら、カプ宿(カプセル・ホテル)なりネカフェ(ネット・カフェ、“ネスカフェ”の打鍵ミスではない、念のため)なりに泊まればいい。さして金もかからない。けっこうずくめである。なるほど、未婚者が増えるワケである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:18 | - | - |
エディット・シュタインの記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“エディット・シュタインの記念日”だそうである。
Wikipediaによると、“1942年のこの日にアウシュビッツで死去し、1998年に列聖されたユダヤ系修道女・エディット・シュタインを記念する日”なのだそうである。
エディット・シュタインなる人物が、如何なる人で、如何なる人生を歩んだ後、その人生を終えるに至ったのか、浅学菲才にして知らない。
ユダヤ人であるが、ユダヤ教を放棄して無神論者となり、フッサールの下で哲学を学んで哲学博士号を取得し、カトリックに改宗したそうである。
ナチスの弾圧を逃れてオランダに亡命し、宗教と哲学の研究を続けていたが、捕えられてアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に送られ、実姉のローサとともに、ガス室で殺害された(Wikipedia)。
先の大戦では、多くの人びとが戦争行為とかかわりなく、虐殺された。
今日が何の日かは云うを俟たないが、自分たちの国が被った戦争災害だけでなく、他の国の人びとが被ったそれにも、思いを致すべきであろう。そして、自分たちの国が、他の国に対して、どのようなことを行ったか、も。ま、それだけの度胸があれば、の、話だが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:16 | - | - |
ひげの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


そんなわけで、鰯の生姜煮がなくなった。こちらは予定どおりである。
小松菜のわさび和えは残っている。これは先週の残り物を引きずっていたのが響いているのである。まぁそれも調整しているので、そのうちなんとかなるだろう。
茄子とゴーヤの佃煮もなくなった。これまた、予定どおりである。今週は順調に消化されているようだ。
来週は盆に入る。休みになる人がたいがいだろう。わたいは仕事である。と、なると、弁当の仕度を考えなくてはならない。考えなくてはならないが、この暑さでは食欲も失せ、考えるのも面倒くさくなる。
写真で見る限りでは、とても食欲が失せている、とは、思えないだろう。自分ながらそう思う。まぁ、食欲の如何にかかわらず、食べられる、と、云うのは、ありがたいことである。いろんな意味で……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:23 | - | - |
ひげの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え


ご覧いただければお分かりのとおり、鰯の生姜煮が足りなくなった。あと1食分しかない。その1食分は、今日の晩食の主菜にする予定である。
したがって、昼の弁当の主菜は、手抜きの玉子焼きである。
手抜き、とはいっても、栄養分は手抜きではない。何度も記しているように、卵は完全栄養食品のひとつである。惜しむべきらくは、葉緑素と食物繊維が含まれていないことであろう。
そしてその欠乏している栄養分を、小松菜のわさび和えで補っていることもまた、なんども記しているところである。
玉子の栄養分の豊富さは、あの鰻に匹敵するくらいである。敢えて難を云えば、コレステロールが、鰻より高いくらいである。とは云え、コレステロールを気にしなければならないようなら、そもそも鰻すら、控えなくてはならないだろう。
さいわいにして、わたいはそんなことはない。信じてもらえないかも知れないが、コレステロール値は低いほうなのである。最近やっと、基準値内に入るようになった。なるほど、齢をとるとコレステロール値があがる、と、云うのは本当のようだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:11 | - | - |
ひげの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ



今日は“ひげの日”だそうである。
Wikipediaによると、“漢字の「八」が髭の形に似ていることと、88が「パパ」と読めることから。日本ワーナーランバード(現シック・ジャパン)が1978年に制定”したのだそうである。
別にパパでなくても髭くらい生やすだろう、と、思うのだが、少なくとも、ママは生やさないだろうから、それはそれでよしとしてあげよう。
最近では髭を生やしている人もめっきり見かけなくなった。男の貫録やたくましさなどが冗談のネタにしかならない風潮なのだから、それも当然であろう。第一、髭を生やしているから、と、云って、貫録がつくものでもないし、本当に逞しくなるものでもない。
それはともかく、先日、夏の高校野球全国大会が開幕した。今年の夏の甲子園、応援ソングを歌っているのが、Official髭男dismなる日本の男性4人組ピアノPOPバンドである。
なにやら妙な暗合を感じて、嬉しくなってしまった。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
髭を生やそうが生やすまいが、暗合を感じようが感じまいが、そんなこととは全く一切全然関係のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:01 | - | - |
鼻の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


そんなわけで、今日は外回りの日だった。この暑さにもかかわらず……。
もっとも今日が最後で、後は来年のこの季節になるまでない。もっぱら内勤である。
一年に何回かくらいは外に出ないと、身が腐る。たまには息抜きも兼ねて、外回りもいいもんである。ただ、季節は選んで欲しいものである。如何ともしがたい事情は分からないでもないのだが……。
暑い日の晩食は、生野菜サラダや冷奴が美味い。ドレッシングもサッパリしたものを選んでいるので、素材の味を引き立てて、いい感じである。
茄子とゴーヤの佃煮も、見た目はザンないが、味わいはサッパリ系である。さすがやっぱり、旬のものは旬のときに食するべきである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:08 | - | - |
鼻の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“鼻の日”だそうである。
Wikipediaによると、“「は(8)な(7)」の語呂合せで日本耳鼻咽喉科学会が1961年に制定”したのだそうである。
1961年と云えば、昭和36年である。
ずいぶん前のことであるが、ハッキリ云って、知らなかった。云われてみれば、納得はする。まぁ、“耳の日”や“目の日”があるくらいだから、“鼻の日”があっても不思議ではない。
関係ないと思うが、昨日あたりから、妙に鼻がムズムズする。ムズムズするし、ときとして、さすような感覚が鼻の奥を襲う。ちょうど、プールに飛び込んだときに水が鼻に入ってしまったような感じである。なんの前触れもなく、突然襲ってくるのだから始末に負えない。困ったものである。夏風邪かも知れない。
それにしても、“鼻の日”があるくらいだから、“花の日”があってもいいようなものだが、それはなかった。少なくとも、Wikipediaには。
そう云えば、ロシア文学に『鼻』と云う作品があり、日本にも芥川の『鼻』がある。なにか鼻にコンプレックスでもあったのだろうか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
鼻とも花とも、ロシア文学とも日本文学とも縁のない、いたって非文学で殺風景な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |
ハムの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


茄子とゴーヤの佃煮が、砂糖を入れ過ぎたかな、と、思ったが、そうでもなかったようだ。上手い具合に甘辛く仕上がっている。
いつもそのまま食べているが、食べる前にかつお節をかけたり、唐辛子などを振りかけたりしてみてもイケるかもしれない。以前茄子の煮浸しに唐辛子をかけて食べてみたら、茄子の甘味と唐辛子の辛味とが合致して、ナカナカに美味しかった。それを思えば、この佃煮も、唐辛子と会うはずである。今度試してみよう。
とりあえず、7種類の野菜摂取は維持している。生野菜サラダに、もやしやニラ、貝割などを加えれば、優に10種類に達するのに、なぜかいつも買うのを忘れてしまうのである。別に生野菜サラダに入れなくても、即席みそ汁の具にしてもいいわけなのだから、ぜひとも常備しておくべきだろう。今度こそ、忘れずに買おう。
小松菜のわさび和えだが、これで先週の残り分がなくなった……と、信じたい。今度から余ったら、置き位置で区分せず、ちゃんと判別できるように、印をつけるか、なにか書いておくかしよう。
やはり暑さのせいか、野菜類や冷奴などに箸が動く。獣肉や魚肉などの動物性たんぱく質の方には、あまり食欲が向かない。もっとも、そのわりには、全部キッチリ、食べ切ってはいるのだが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:04 | - | - |
ハムの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え


冷蔵庫内が混乱状態を呈しているうえに、記憶力が減退しているため、どれが先週の残り物か、判然しなくなってしまった。
週の前半は問題ないだろうが、先週の残り物が週の後半にまでもつれ込み、連休にまで突入するとなると、事態は由々しくなる。ほとんど、ロシアン・ルーレット状態である。こうなると自分の嗅覚が頼りだが、その嗅覚がはなはだ心許ない、と、きている。まったく、困ったものである。
鰯の生姜煮は1食の配分が少々多かったかも知れない。2パックで6食分となるのが、穏当な配分だったようだ。それでも1食80円(税抜、生姜や梅干、調味料の値段等はふくめない)の勘定になるのだから、廉くついていることは確かである。
鰯の脂質にはエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富に含まれていることは、近年さまざまな情報番組やネット上の拡散で、ほとんどの人が知ることとなった。ために、鰯の供給が追い付かなくなり、価格が高騰した……などと云うことは、最近では聞かなくなった。ありがたいことである。それこそ、ドコサヘキサエン酸(DHA)の最大の効能なのかもしれない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:01 | - | - |
ハムの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“ハムの日”だそうである。
Wikipediaによると、“「ハ(8)ム(6)」の語呂合せ。日本においては小売店・スーパーマーケット等が自主的に特売日とすることがみられる”そうである。
おそらく、“自主的に”と云う点が、ミソであろう。つまり、“特売日”としない店もある、と、云うことである。
ハムやソーセージ、ベーコンなどの加工肉には危険な食品添加物が多く含まれている、健康を害する、等々と云われて久しい。
なるほど、ウソではないだろうが、少々神経過敏になりすぎているきらいがあるように思える。
Websiteの記事などを見ていると、散々ハムやソーセージ、ベーコンなどの加工肉製品の危険性を縷述したのち、「安心安全な食品はこちらです」などと、“宣伝コーナー”に移動する流れになっているのがほとんどである。
わたいは加工肉に限らず、現在流通している食材はすべて、なんらかの危険な食品添加物もしくは残留農薬の類は、必ず含まれている、と、思っている。もちろん、国産でも、である。国産だから安心、無農薬野菜だから安全、などとは、露ほども思っていない。
どこぞの世界に、この食材は食べると危険だから気をつけたほうがいいですよ、などとのたまって、販売している商人がいると云うのだろうか。だいたい、政府諸官庁が公にしているデータすら、改竄されたり都合のよいように資料操作されて、信用のおけない国ではないか。そんな国で、なにが信用できるというのだろうか。まったく、オメデタイ国である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
加工肉とも、不信の国とも、まったく一切全然関係のない、いたって健全な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |
裏ゴーヤーの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


そんなわけで、茄子とゴーヤの佃煮を料理った。ほんとは南蛮漬けの素を料理ろうと思っていたのだが、せっかくゴーヤをもらったので、茄子とゴーヤの佃煮を料理ることにしたのである。茄子が1盛3本で100円(税込)だったから、だいぶ廉く料理れた勘定になる。これで3〜4日はもつだろう。
鰯の生姜煮は、例によって、鰯が廉くて、つい買ってしまったのである。1パック200円(税抜)を2パック買ってきて、5食分できたのだから、なるほど、りぃ〜ずなぶる、で、ある。
鰯は値段が廉いだけではなく、その栄養分も豊富なのだから、実にありがたい魚である。まして、今年もサンマの不漁が予測され、その高騰が懸念されているのだから、サンマと並ぶ大衆魚、廉価にして栄養豊富な鰯が、ますます重宝になってくる。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
裏ゴーヤーの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“裏ゴーヤーの日”だそうである。
Wikipediaによると、“「ゴー(5)ヤー(8)」の語呂合せの逆”だから、“裏”なのだそうで、“ゴーヤーの日(5月8日)からこの頃までがゴーヤー(ニガウリ)の旬とされることから”制定されたのだそうである。
なんなと付けようがあるものであるが、この語呂合わせはありがたい。ゴーヤの旬が憶えられるからである。
先々週、いつも行く駅前の商店街の店で見かけたとき、1本158円(税抜)だった。それが去る土曜日に見てみると、1本98円(税抜)だった。だいぶ廉くなったものである。
前日の金曜日に、とあるところからゴーヤをいただいていたので、買わずに済んだのだが、こんなことなら、もう一週前だったらよかったのに、と、タダでもらっておきながら、不遜な考えが頭をよぎってしまった。どこまで貧乏性なんだろうか……。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とにはなんらの関連もない。
ゴーヤとは関係ないが、貧乏性とは切っても切れぬ縁のある、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:44 | - | - |
青森ねぶた初日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


正しくは、青森ねぶた祭、と、云うそうだ。今日から7日までの6日間、開催される。
Wikipediaによると、以前は“のちに征夷大将軍となる坂上田村麻呂が陸奥国の蝦夷征討(三十八年戦争・第3期)の戦場において敵を油断させておびき寄せるために大燈籠・笛・太鼓ではやし立てたことを由来とするものである”と、考えられていたが、“坂上田村麻呂が現在の青森県の地で征討活動をしたとは考えられず、ねぶたの起源とされたものも坂上田村麻呂伝説の1つと見られる”ため、“現在では、日本全国にある土着の七夕祭りや眠り流しの行事(禊祓い)が変化したものと考えるのが主流で、現在の形式のねぶた祭りの発祥は浅虫ねぶたとされている”そうである。
わたいが年2回、青森県八戸市を訪れていることは、このBlogをお読みくださっている方々ならご存知だろうが、残念ながら、わたいはまだ一度も、このねぶた祭りに遭遇したことがない。わたいが八戸を訪れるのは、たいてい5月と9月なのである。一度くらいは、この時期に当地を訪れて、この有名な祭りを見物したく思っているのだが、果たしていつのことになるやら……。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
祭りとも東北征伐とも、一切まったく全然関係のない、いたって平々凡々たる、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:38 | - | - |
水の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、いわしの蒲焼(罐詰)、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、冷奴、納豆、味付海苔


それにしても暑い。8月に入って、いよいよ暑さ本番になりつつあるようだ。
暑さが増すにつれて、食欲は減退する。と、云っても、おそらくは、だれも信じてくれないだろう。自分自身、食べ終えると、どこが食欲がないのだろう、と、思ってしまう。まぁ、この時季、食欲がある、と、云うのは、よろこばしいことではある。なんしか食べないことには、話にならない。食べることと寝ることが、なにより効果のある夏バテ予防策である。
ただ、こう暑くなってくると、火を使いたくなくなってくる。こってりしたものも、ご遠慮申し上げたくなる。もっとも、別に夏でなくても、こってりしたものは料理る気がしないのではあるが。
それではなにかあっさりしたもので、火を使わないものはないか、と、考えると、最近では電子レンジを使用した献立がけっこうあるそうなのである。ただ作り置きできそうもないように見えるので、手は付けていない。
どうしようかと悩んでいて、ふと、思い出した。そう、こんなとき、去年の今頃は、どんなの食べてたかなあ、と、その参考にするために、そもそもこの記事カテゴリーを作成したのではなかったか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:00 | - | - |
水の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“水の日”である。
Wikipediaによると、“国土庁が1977年に制定”したもので、“一年で最も水の利用が多くなるこの時期に、国民ひとりひとりが水の有限性、水の貴重さを理解し、併せてダム等の水資源開発の必要性を啓蒙するために制定されている”のだそうである。
かつて日本の良さを誇るものとして、“日本では水と安全はタダ”と、云われていた。それが、現在、危機に瀕している。瀕しているどころか、危機の真っ只中にある地域もある。
そう云う意味では、明治以来促進されてきた日本の欧米化も、順調に進んでいるようだ。そんな面なぞ促進されなくてもよさそうなものである。
欧米に学ぶべきところは全然学ばず、学ばんでいいところだけ懸命に学んでいるのだから、まことに困ったものである。
かつては、水飢饉だの、渇水だのと、水不足が懸念されていた頃があった。江戸の昔ではない。昭和の頃の話である。
最近はあまり聞かなくなった。結構なことである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
水不足とも、ダム工事とも、全然まったく一切無縁の、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |
パラグライダー記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、いわしの味噌煮缶、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


茄子とゴーヤの佃煮がなくなったため、野菜の摂取種類が2つ減った。べったら漬けで1つ取り戻したが、それでも7種にはあと1種類足りない。まあ止むを得ないだろう。こんな日もあるさ。
生野菜サラダは、使用している野菜は毎日同じ(サニーレタス、キャベツ、胡瓜、トマト)だが、かけているドレッシングは毎日違う。
ちなみに、冷奴にかけているのも、毎日違う。
だいたいのパターンとしては──

曜日 生野菜サラダ     冷奴
月曜 青じそドレッシング  馬路村のゆずポン
火曜 和風醤油ドレッシング 青じそドレッシング
水曜 和風玉葱ドレッシング 和風醤油ドレッシング
木曜 焙煎ごまドレッシング 中華ごまドレッシング

と、云ったパターンである。
これに、中華ごまドレッシングや、塩レモンドレッシング、すりおろしオニオンドレッシングなどが、気分によって入れ替わる。
朝の生野菜サラダには、ドレッシングはかけない。もっぱら塩のみである。他に粉チーズをかける。
塩分の摂り過ぎはよくないが、いまの時季は、一年中でおそらく、いちばん汗をかく季節である。この季節はむしろ塩分不足に気をつけなければいけない。とりわけこれから活動が開始される朝方には、ぜひ塩分を補給しておくべきである?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:53 | - | - |
パラグライダー記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、玉子焼き(2個)、小松菜のわさび和え


今日は内勤日である。と、云うより、一年中ほぼ内勤ばかりなのだが、7月末から8月初旬にかけての何日間かだけ、外回りに出なければならないのである。
よりによって、こんな暑いときに、しかも、どんな天気予報士も、屋外での作業はできるだけ避けるように注意している時期に、なんで外回りせねばならないのか。まったく困ったものである。
それにしても、来年の今頃は、東京オリンピック2020である。
こんな時期の炎天下でスポーツをしようなどと、気がしれない。自殺行為としか思えない。もっとも、スポーツに人生をかけている人たちからしてみれば、スポーツで命を落としたとしても、それも本望本懐なのであろう。それならそれでいいが、せめて保険には入っておいた方がいいのではないだろうか。もっとも、引き受けてくれる保険会社があれば、の、話だが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
パラグライダー記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“パラグライダー記念日”だそうである。
Wikipediaによると“1988年のこの日、北九州市で第1回パラグライダー選手権が開かれた”とあるだけである。
味も素っ気もないことおびただしい。まるでツッコミどころがない。
パラグライダーとは、パラシュート様のものを使用して空中遊泳あるいは飛行を愉しむスポーツの一種、と、わたいは理解している。詳しいことはよく分らない。
似たようなスポーツに、ハンググライダーがある。こちらは“機体に対し搭乗者が“ベルトに吊り下がった (hang) 状態でグライダー(glider、滑空機)に乗り滑空する”ことから、ハング・グライダー (hang glider) と呼ばれる”のだそうである(Wikipediaより)。
ハンググライダーが“飛ぶ”印象であるのに対し、パラグライダーは“遊泳”している印象である。
どちらも、一度はやってみたい、と、思っているが、危険性や費用を考えると、どうも二の足を踏んでしまう。我ながら意気地のないことである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とは、なんらの関連もない。
飛ぼうが遊泳しようが、意気地があろうがなかろうが、そんなこととは一切まったく金輪際関係のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:48 | - | - |
プロレス記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、いわしの蒲焼、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


茄子とゴーヤの佃煮がなくなってしまった。意外と早かった。これは見た目ほど辛くもなく、濃くもなく、サッパリとして食べやすい。栄養価も高い。夏場にはもってこいの献立である。また料理ることにしよう。
小松菜のわさび和えも、これは先週分の残りだが、これもなくなった。ちょうどいい塩梅である。
それにしても、今日も暑かった。こんなときは、水分の補給はもちろんだが、塩分の補給も大事である。それとともに、ビタミンやミネラルも。わたいの献立は、見てくれこそ悪いが、栄養分の補給と云う観点からすれば、充分であろう、と、自負している。
生野菜サラダの存在が大きい。ほとんどが水分とビタミンと食物繊維だが、それがこの夏場は大事なのである。なるほど、季節の野菜と云うものは、よくできているものである。そのときに必要な栄養素を、過不足なくふくんでいる。野菜を摂らないと体調が悪くなるのも、もっともである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:29 | - | - |
プロレス記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“プロレス記念日”なのだそうである。
Wikipediaによると、“1953年7月30日に力道山が日本プロレスリング協会を結成したことに由来”するのだそうである。
1953年と云えば、昭和28年である。終戦後、8年目である。
終戦後の日本のヒーロー第一号、と、云えば、なんと云っても、力道山である。
小柄な体躯で大きな外国人レスラーをマットに鎮めるその雄姿に、日本中の人々が湧きたったものである。
その雄姿を一目見ようと、群衆が街頭テレビに群がり集まった様子は、戦後回顧の番組などで、かならずと云っていいほど、映し出される光景である。
先日、評判の悪い某国放送協会の番組で、この力道山の“空手チョップ”が、必殺技の第一号であり、以降日本では、必殺技を放つヒーローが、テレビ番組で人気を博し、いまなお続いている、と、云われていた。
なるほど、さもありなん、である。
もっともわたいとしては、力道山の“空手チョップ”と並んで、ルー・テーズの“岩石逆落とし”も、強烈に記憶に残っている。これを、“パック・ドロップ”などと云うと、生っちょろくなってしまう。ここはやっぱり、“岩石逆落とし”でないといけない。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
プロレスとも、ボクシングとも、空手チョップとも、岩石逆落としとも、一切まったく全然関係のない、いたって平和でのどかな、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:27 | - | - |
福神漬の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、いわしの味噌煮缶、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


先週記したように、今週は外回り仕事週間である。したがって昼食は外食となり、ここには記せない。朝食と晩食のみである。
主菜も自作ではなく、魚の罐詰である。いささか手抜きの感がなくもないが、これでも栄養のバランスは考えているつもりである。
野菜は7種で、かろうじて目標を達している。植物性たんぱく質はいつもどおりで、動物性たんぱく質も充分(?)であろう。
しかし、茄子とゴーヤの佃煮が、明日の晩あたりでなくなりそうである。そうすると、野菜の種類が5種に減ってしまう。う〜ん、困ったものである。
それにしても、今日は暑かった。熱中症にはくれぐれも気をつけねばなるまい。そのため、日頃は持参しない麦茶を、今日は持って行った。ただ、飲まなかった。その代わり、昼食時にアイス・コーヒーの飲み放題を、4〜5杯飲んだ。水分補給としては充分すぎるくらいだろうが、別の方面で、健康によろしくないような気がする。これまた、困ったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:13 | - | - |
福神漬の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“福神漬けの日”であるらしい。
Wikipediaによると、“漬け物メーカーの新進が制定”したのだそうで、“福神漬の名前の由来である七福神から、七(しち)二(ふ)九(く)で「しちふく」の語呂合せ”なのだそうである。
七福神と云えば、大晦日だか元旦だかの寝る前、枕の下にその絵を敷いて寝ると、良い初夢が見られる、と、云う、縁起があるが、昨今は流行らないだろう。
七福神自体知らない、と、云う人がいても、異とするに足らない。
なぜこの漬物が、福神漬け、と、呼ばれるのかは定かではないWikipediaにはいろんな説が紹介されているので、興味がおありのかたは、ご一読くださるのも一興であろう。
少なくとも、七福神がカレーと関係ないことだけは確かなようだ。
しかし、七福神自体、おそらくは中国から渡来してきた観念なのだろうから、その遠祖をたどれば、インドに行き着くかもしれない。興味がおありのかたは、お調べいただいたら、面白い結果が出るかも知れない。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
神さまとも漬物とも縁のない、いたって非宗教無宗教な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:55 | - | - |
山内容堂の命日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、玉子焼き(2個)、小松菜のわさび和え


鮭の幽庵焼き風も昨晩食でなくなった。まずまず好調な消費ぶりである。
ただ、小松菜のわさび和えが、4食分も残ってしまった。平常なら、週をまたいでも、月火の昼晩で消費しきれるのだが、今回(すなわち来週)は、水曜以外外回りのシフトになっている。したがって、弁当を料理る必要がないわけなのである。
いくらなんでも、木曜の晩まではもつまい。金曜の晩と土日は、基本、外食することにしているのだが、この分では内食せざるを得ないかもしれない。はなはだ面倒なことである。
来週は、先述したように、外出シフトが組まれているため、昼食の心配はない。晩食の献立は、朝食のそれと同様、固定しており、主菜となる動物性たんぱく質をどの形態で摂取するか、だけが問題である。
いつもならここで頭を悩ませるのだが、今回ばかりは、心配御無用!
すでに昨日、魚肉の罐詰を4罐、購入してきた。晩食は他の食品が多いから、主菜はこれだけで充分である。茄子とゴーヤの佃煮が余っているが、これは日保ちするだろう。問題は小松菜のわさび和えであるが、土日になんとか消費するかな。
どうやらこの週末は、台風6号が接近するとかで、下手をすると、外食にも出かけられないかもしれないし……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:11 | - | - |
山内容堂の命日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は山内容堂氏の御命日である。
山内容堂、と、云っても、歴史好き、あるいは司馬遼太郎氏の愛読者ででもなければ、なじみは薄いであろう。
我々内で云えば、Macや散作の領分である。
Wikipediaによると、“第15代土佐藩主”であり、いわゆる幕末四賢侯のひとり(後の三人は、第14代福井藩主松平春嶽こと慶永、第8代宇和島藩主伊達宗城、第11代薩摩藩主島津斉彬)である。
四賢侯と評される一方で、“当時の志士たちからは、幕末の時流に上手く乗ろうとした態度を「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄された”らしい。
女と酒と詩をこよなく愛し、みずから「鯨海酔侯」と称した。
幕末の或る日、某人が坂本龍馬の脱藩の罪を赦免してやってくれ、と、嘆願に訪れたとき、即座に肯ったのはいいが、その男が一筆保証を求めると、持っていた扇子に逆さ瓢箪を書き、「鯨海酔侯」と署名して渡した、と云う逸話がある。
ちなみに、柳ジョージ氏の名曲「酔って候」は、この山内容堂氏をモデルとしている。この曲はわたいも歌ったことがある。こっちはわたいの領域である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
藩とも藩主とも、酒とも女とも詩とも、一切まったく全然関係のない、いたって平々凡々たる庶衆の献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:07 | - | - |
うま味調味料の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鮭の幽庵焼き風、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


茄子とゴーヤの佃煮だが、料理っているときには、砂糖を入れ過ぎたかな、と、思い、それならば、と、醤油を入れてみると、今度は醤油を入れ過ぎたかな、と、不安になり……、そんなこんなで出来上がってみると、思ってたよりもいい味に仕上がっていた。案ずるより産むがやすしきよし、である。
鮭の幽庵焼き風も、いい具合に味が付いていた。惜しむべきらくは、甘塩味の切身だったので、その塩分をあらかじめ除去してから漬けダレに漬ければよかった。もっとも最初から、そんな手間暇をかけるつもりもなかったのだが。
生野菜サラダは、嵩が多い割には栄養分はさほど多くない。ビタミンCと食物繊維、それと水分がほとんどだろう。しかし、夏バテの、熱中症の、と、喧しくなってくるこの頃の季節、野菜は意外と水分を含んでいるために、知らぬ間に水分を補給していることになっている。しかも、ビタミンやミネラルをもふくんでいるので、野菜をシッカリ食していれば、なにもコンビニやスーパーで、ナンタラ・ドリンクやカンタラ飲料水を買う必要もないわけである。飲食、とは云うが、「飲」よりも「食」を重視すべきである。
もちろん、こまめな水分補給を軽んじて良い、と、云うことではない。念のため。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:53 | - | - |
うま味調味料の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鮭の幽庵焼き風、小松菜のわさび和え


鮭の幽庵焼き風は、鮭の切身を、オレンジ・マーマレードを酒と醤油(薄口)で溶いたものに浸しておいて、サラダ油を引いたフライパンで焼くのである。
サラダ油が多かったのか、それとも熱し過ぎたのか、切身を入れたらやたら激しく油が跳ね、表面が黒くなってしまった。火勢が強すぎたのかもしれない。クッキング・シートを使えばよかったのかも知れないが、漬け込んだたれも一緒に焼くところに妙味があるのだろう、と、勝手に思い込んで、そのまま焼いてしまった。次回はクッキング・シートを使用してみよう。
ちなみに、オレンジ・マーマレードは、蜂蜜で代用しても可、なのだそうである。
他のマーマレードではどうなのだろう。ストロベリー・マーマレードとか、ブルー-ベリー・マーマレードとか……。あるいは、ジャムではどうだろう。
いろいろと変えてみると面白いかも知れない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
うま味調味料の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“うま味調味料の日”だそうである。
Wikipediaによると“日本うま味調味料協会が制定”したもので、“1908年のこの日、化学者の池田菊苗が「グルタミン酸塩を主成分とせる調味料製造法」の特許を取得した”のを記念して制定されたのだそうである。
なお、“この特許は翌年鈴木製薬所により「味の素」として商品化され、うま味調味料のさきがけとなった”のだそうである。
昔は化学調味料と云っていた。その頃は「化学」と云う言葉に、肯定感があったのであろう。それが「化学」と云う言葉に否定感(公害、反自然、不健康、等々)が表れるようになり、しかもそれが食(調味料)と合わさることによって、そう云った調味料自身が忌避されるようになったようである。
現在では、うま味調味料、と、表されている。
わたいは味の素はあまり使わないが、だしの素はわりとよく使っている。あごだしの顆粒状のものである。味噌汁やスープを料理るときではなく、煮物やお浸しの際に他の調味料と混ぜて使っているのである。
なるほど、うま味調味料をひとつまみ加えると加えないとでは、味がだいぶ違うときがある。重宝なものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。わたいの朝食の献立においては、うま味調味料の出番はない……ハズである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:47 | - | - |
地蔵盆の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鮭の幽庵焼き風、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、ゴーヤと茄子の佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


鮭の幽庵焼き風も久しぶりである。この頃は、魚肉類が高くなっていけない。同価格なら、豚肉や鶏肉のほうが、多くの食数分料理れる。いきおい、魚肉よりも、豚肉や鶏肉のほうを買う回数が多くなりがちである。環海島国の海洋国家に居住する身としては、まことに情けないかぎりである。
牛肉や豚肉よりも、魚肉のほうが綜合してみた場合、栄養バランスがよろしいのである。とりわけ、鮭やブリ、はまち、カツオ、マグロなどは、たんぱく質のみならず、脂質やビタミン、ミネラル類も、良質なものが揃っている……と、聞いたことがある。その意見には、わたいも同感である。
昨晩食で南蛮漬けの素がなくなったので、茄子とゴーヤの佃煮を出した。これも久しぶりに料理ったような気がする。ゴーヤが季節ものなので、この時季にしか料理れない。南蛮漬けの素がなくなって、野菜が3種類減ったがゴーヤと茄子で2種類取り返した。差引マイナス1種類である。なんとか7種類摂取は保持し得たわけである。もう少し野菜の摂取量を増やしたいものである。ただでさえ夏場は、ビタミンやミネラルが不足しがちになるのだから。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |
地蔵盆の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(しいたけ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え


鰯の生姜煮が3食分、と、思っていたのが、4食分料理れていた。
と、云うことは、1食分当たり75円(税抜)と云う勘定になる。なんともお買い得だったわけである。
小松菜のわさび和えも、今回でなくなった。とは云っても、これは先週からの持越し分なので、去る日曜に料理った分がまだある。
海の日の休日の影響から抜け出せていない。もっとも、足りなくなるよりはマシだが、余って傷ませて廃棄せざるを得なくなってしまっては、愚の骨頂である。
動物愛護だかなんだか知らないが、犬猫や鴨などは、ことと次第では、人間以上に優遇するくせに、食材はいとも簡単に廃棄して心に痛みを感じない人間が多すぎるように思う。食材にも多くの命が宿っているのである。感覚直接による把握しかできず、思惟想像の能力が貧困な人間が多すぎる。困ったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:54 | - | - |
地蔵盆の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“地蔵盆”なのだそうである。
Wikipediaによると“地蔵菩薩の縁日で、厳密には毎月24日であるが、一般的には、その中で特にお盆にも近い旧暦7月24日のものをいう”のだそうである。
地蔵菩薩、とは云っても、“寺院に祀られている地蔵ではなく、道祖神信仰と結びついた「路傍や街角のお地蔵さん」いわゆる「辻地蔵」が対象となっている”のだそうだ。“ユネスコの無形文化遺産や、日本国の民俗文化財などに該当する”と云うのだから、大したものである。
わたいは育った地域の関係か、18の齢にこちらに出てくるまで、地蔵盆なるものをしらなかった。育った田舎にもあったのかも知れないが、それと意識したことはなかった。
こう云った民間信仰や地域伝承に近いものが大切に保存され、世界に認められているのは、よろこばしいことである。
国家規模の歴史文化遺産も結構だが、地域の生活に根付いた歴史文化遺産も、大事にしていきたいものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
地蔵であろうが、菩薩であろうが、世界遺産であろうが、日本遺産であろうが、まったく一切金輪際かかわりのない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
米騒動の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、南蛮漬けの素、冷奴、納豆、味付海苔


今日の昼は外回りだったので、外食だった。あいだ内勤ばかりなのに、よりによってこの蒸し暑い時季に、なにが悲しくて外回りなぞ……と、思わないでもないが、これもお勤め、と、思えば、やむを得ない。
営業の連中に較べれば、まだマシである。
南蛮漬けの素がなくなった。結構日保ちするだろうし、これ一品で3種類の野菜が摂取できるので重宝していたのだが……。
それにしても、食事前には、夏バテで食欲がない、今日は晩飯食うのやめようか……、などと思っていながら、いざ食してみると、全部キッチリ、米粒ひとつ、欠片ひとつ、魚の骨まで余すことなく食べ切ってしまうのだから、我ながら、大した食欲である。
いくら、南蛮漬けの素をはじめ、ミニ豆腐の冷奴、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、と、夏向きの、食べやすい献立だからと云っても、バテていては、こうも食べられるものではない。それを考えれば、まだまだ体力は大丈夫である。
体力を消耗しやすいこの季節、食べられないよりは、食べられるに越したことはない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:05 | - | - |
米騒動の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“米騒動の日”であるらしい。
米騒動については、云うまでもないとは思うが、念のため、Wikipediaの記載を引用しておこう。すなわち、“1918年の7月22日の夜からこの日にかけて、富山県魚津の主婦達が米の県外移出を防止する集団行動を起こし”、これが“全国に波及した”ものである。
この騒動と、シベリア出兵の不評によって、時の政権寺内内閣は桂冠のやむなきにいたり、本邦初の本格政党内閣原敬内閣が成立したのである。なるほど、食べ物の恨みは恐ろしいものである。
先頃、仁徳天皇陵を含む、百舌鳥古市古墳群が世界遺産に認定された。よろこばしいことである。地元では大騒ぎであろう。
Macによると、仁徳天皇は、楼から国土を見まわしたとき、夕餉の時間であるにもかかわらず、民家から竃の煙が立ち上っていないのを見て、これは民の生活が苦しいからであろうと察し、三年間、租税の徴収をストップしたのだそうだ。天皇の住まいは荒れ、衣服は傷み、食も粗末になったが、三年間は税をとらず、三年後に民家から竃の煙が立ち上るのを確認してから、徴税を再開したのだそうである。
現在、我が国には食に困っている人間はいない、と、云うのが、政権与党の幹事長のご感想だそうだ。なるほど、増税しようと云う気にもなるであろう。それでいて、満足に食事の摂れない子どもたちのために、子ども食堂の増設充実や学校給食の拡大無償化などを政策に盛り込んでおられるのだから、訳が分からない。もっとも、盛り込むくらいはどの党でもできるし、云うだけでなく、実施されれば、それこそ、云うことはない。
それはともかく、陵墓そのものよりや増税なんかよりも、仁徳天皇にまつわる上記の逸話こそ、文化遺産として孫子の代にまで伝えたいものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
食に関する騒動とも、世界文化遺産とも、増税とも、まったく一切全然関係のない、いたって平和で穏やかな、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:54 | - | - |
下駄の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、南蛮漬けの素、冷奴、納豆、味付海苔


小松菜のわさび和えは、先週分の残りである。先週は月曜日が休日だったために、その分の余剰が出てしまった。まぁこの時季とは云え、そうそう傷むこともあるまい。明日明後日くらいまでなら、なんとか食べられないこともあるまい。
南蛮漬けの素も、先週からの持ち越しである。こちらは酢につけてあるので、今週一杯くらいはもつだろう。
鰯の生姜煮は3食分料理れた。1パック300円(税抜)だから、1食当たり100円(税抜)の勘定になる。ただし、生姜や梅干し、日本酒、みりん風調味料、薄口醤油の使用相当分の値段は加味していない。そこまで考えるほど几帳面でもないし、セコくもない。
先週までと違い、どうやら通常の食卓らしい食卓に戻ったようである。やはり動物性たんぱく質の主菜が1品あるのとないのとでは、見栄えも気持ちも栄養バランスも、だいぶ違う……ように思う。
ただ問題は量である。自分では多量であるとは思わないのだが、適量でもあるまい……困ったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
下駄の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え


玉子焼きが続いたので、魚が食したくなった。鰯が1パック300円(税抜)で売っていたので、ちょっと躊躇ったが、買うことにした。
いつもなら1パック200円(税抜)なのである。とは云っても、いつものよりやや大ぶりで、数も若干多そうだった。それで、買うことにしたのである。
以前に買ったのは発泡スチロールに一杯で200円(税抜)だったが、稚魚のように小さなものも多く、また鮮度も、今日がギリギリか、と、思えるのが多かった。やはり廉いには廉いだけの、高いには高いだけの理由があるものなのである。
そう云えば、上方江戸(大阪東京)の相違としてよく挙げられるものに、「東京では高い買物を自慢にする。大阪では安い買物を自慢にする」と云うのがある。上方人に云わせれば、「エエもんが高いんは当たり前や。エエもんを安う買うのが、買物上手ちゅうもんや」と、云うことらしい。なるほど、いかにも“商いの町 大阪”である。商売人のみならず、商買人も、心構えが違うものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:46 | - | - |
下駄の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“下駄の日”であるらしい。
Wikipediaによると、“全国木製はきもの業組合連合会が制定”したもので“「七寸七分」など下駄の寸法を表すのに7がよく使われることと、雪道を下駄で歩くとその跡が「二二」に見えることから”今日になったのだそうだ。
相変わらず強引な理由だが、これが7月7日や2月2日が下駄の日になったとしても、わたいのことであるから、なんなと文句をつけるだろう。
わたいは草履下駄雪駄の類が好きで、この季節はもとより、よほどの厳寒にならない限り、素足でそれらの履物類を履いている。さすがに寒さが堪えるようになると、足袋風の靴下を穿くが、それでも下駄草履雪駄の類は愛用する。靴を履くのは仕事場への行き来のときくらいである。
ことほど左様にわたいが草履下駄雪駄の類を愛用するのは、幼少時から裸足で遊びまわっていた(当時はゴム草履を愛用していた)からでもあるが、現在ではWater Bug──いわゆる水虫──を予防するためである。
今頃の季節はもとより、一年を通して、湿度が高めの我が国では、極力素足で過ごすことが望ましい、と、考えているのである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
日本古来の履物とも、Water Bugとも、一切まったく金輪際かかわりのない、いたって健康そのものの、いつもながらの食卓である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:41 | - | - |
戦後民主主義到来の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、玉子焼き(2個)、小松菜のわさび和え


言訳だが、夏場はどうも、お菜を料理る気がしない。ガス・コンロの傍で火を使う、と、考えただけで、ゲンナリするのである。
焼きもの、煮物、炒めもの、とにかく火を使う料理は、一切やる気がしない。”揚げない”シリーズなど、もちろんである。
だからと云って、まったく料理らないわけにもいかない。
そこで、まだマシな、豚肉の生姜焼きとか、鰯の生姜煮とか、お手軽献立になってしまう。困ったものである……。
このところ、弁当の主菜が玉子焼きばかりなので、ここはイッパツ性根を入れて、本腰据わった献立を……などとは、思いも及ばない。ただでさえ稀少な根性が、この湿気に吸い取られて、ほとんどemptyなのである。
小松菜のわさび和えと、生野菜サラダは、少なくとも夏のあいだは続けるつもりであるが、問題は動物性たんぱく質の少なさである。昨日も記したが、どうも動物性たんぱく質の摂取量が少ない。なんとかしたい、と、思うのだが、上述のような理由で、ナカナカ料理をする気が起きない。
しかたないので、晩は魚の缶詰、昼は近所のスーパーで惣菜を買う、と、云う、形態で行こうか……と、なると、またぞろ、昼の主菜は玉子焼き、と、なりかねない。ウ〜ン、堂々巡りである……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:54 | - | - |
戦後民主主義到来の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“戦後民主主義到来の日”なのだそうである。
Wikipediaによると“1949年のこの日、日本の新しい民主主義の到来を謳った青春映画『青い山脈』が封切られた”ことに由来するのだそうだ。
1949年と云えば、昭和24年である。終戦から4年後のことである。
映画『青い山脈』は、映ちゃんなら観ているのかもしれないが、わたいは残念ながら未見である。
原作なら読んだことがある。散作も中学時代か高校時代に読んだことがある、と、云っていた。
藤山一郎氏の『青い山脈』は歌ったことがある。現在ではほとんど“お笑い”、“ウケ狙い”としてしか、捉えられていない。
しかしの歌が────おそらくは原作小説や映画なども──、戦後の人びとのあいだに、どのような憧れと希望を抱かせたか、に、思いを馳せるとき、ある種の羨ましさを禁じえない。食糧難、住宅難、失業、等々、重苦しい時代であったろうが、同時に、明日への希望と信頼があった。
翻って現在、食に困ることもなく、家電製品は充実し、これ以上必要な何があるのか、と、思われるほど、物資はあふれているが、一方で人心は貧窮し、荒み、腐敗している兆候が現象している。明日への希望も信頼も、瓦礫の如くに崩壊し、不安と暗澹に蔽われている。
『青い山脈』が、“お笑い”、“ウケ狙い”として捉えられているのが、発展繁栄のゆえならば、まだしも我慢できるが、爛熟退廃のゆえの失笑冷笑だとしたら、背寒きの念を禁じえない。「民主主義」に対する信頼と責任の崩壊が国をどのように導いたか、その歴史を知らぬとでも云うのだろうか。『青い山脈』を“お笑い”にしても、「民主主義」を“お笑い”にしてはいけないのである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
山脈が青かろうが赤かろうが、民主主義を嗤おうが嗤うまいが、そんなこととは一切まったく金輪際縁のない、いたって凡俗な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:51 | - | - |
光化学スモッグの日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、いわしの味噌煮缶、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、南蛮漬けの素、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


栄養バランスとしては申し分ない、と、思う。しかし、量が多すぎるような気がする。と、云っても、生野菜サラダが多く見えるのでそう思われるだけで、実量としては、そんなに多いわけではない……と、思いたい。
納豆はよく混ぜて食べるのが良い、と、云われている。以前にも記したかも知れないが、わたいはだいたい、100〜150回混ぜる。よく混ぜて糸を引き、その糸が固まるくらいまで混ぜると良いそうである。よく混ぜると納豆に含有されているムチンの量が増え、よりいっそうの健康効果が期待できる……と、信じていたからであるが、どうやらそれは誤解であったようだ。新たに検索してみると、旨味は増すが、栄養面から見ると増加しない、と、云う記事がほとんどだった。なるほど、Websiteの記事も、あてにはならないものである。ただ、納豆自体、栄養分の宝庫であることには間違いあるまい。たとえ今は亡き某テレビ番組の放送内容がヤラセであったとしても。
いわしの味噌煮缶は、動物性たんぱく質の補給のためである。一見、動物性たんぱく質が少ないように思われるかも知れないが、動物性たんぱく質は、朝と昼とに集中している。1日で総計すると、バランスは取れていることと思う。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |
光化学スモッグの日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(しいたけ昆布)、玉子焼き(2個)、小松菜のわさび和え


主菜がなくなってしまった。今週は主菜として、鶏肝の生姜煮しか料理れなかった。昨晩、鯖の味噌煮缶を出したのも、そのためである。
そんなわけで、例によって例の如く、玉子焼きである。レンジdeだし巻き卵器(正式の商品名はちがうらしいが)を使うようになってから、結構重宝している。この商品自体が、使いやすい、と、云うわけではない。便利であることは確かである。しかし根本の問題は、玉子焼きだと、費用が廉くつく、と、云う点にある。現在、鶏卵1パック148円(税抜)として、玉子焼き2個で、148円/10個×2個=29円60銭、と、なる(鶏卵1パックは10個入りである)。
しかも、鶏卵は必要かつ不可欠な栄養素を、ほぼ完璧に備えた、いわゆる完全栄養食品である、と、わたいは思っている。
これを考えると、近所のスーパーで惣菜を買おう、と、云う気が失せてしまうのも、無理からぬことではあるまいか。
小松菜のわさび和えには、鶏卵に欠けている葉緑素がある。互いに互いの栄養素を補い合っている、素晴らしい献立である、……と、以前にも記したような気がする。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:54 | - | - |
光化学スモッグの日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“光化学スモッグの日”だそうである。
Wikipediaによると、“1970年のこの日、東京都杉並区の東京立正中学校・高等学校で体育授業中の生徒が突然目の痛みや頭痛等を訴えて倒れ、43人が病院へ運ばれた。東京都公害研究所は、これが光化学スモッグによるものと推定し、日本初の光化学スモッグ発生となった”のだそうである。
最近でも、光化学スモッグが発生することがしばしばある。
ちなみに、光化学スモッグとは、“オゾンやアルデヒドなどからなる気体成分の光化学オキシダントと、硝酸塩や硫酸塩などからなる固体成分の微粒子が混合して、周囲の見通し(視程)が低下した状態をいう”のだそうで、“光化学オキシダントを主成分とするスモッグ”のことで、“健康に影響を及ぼすことがある大気汚染の一種”なのだそうである(Wikipediaより)。
高度経済成長による弊害の一種なのだろうが、いいかげん、収まってほしいものである。大気を汚染し、健康を害してまで、経済発展しなければならない時期はもう過ぎたであろう。そろそろ東洋古来の「足るを知る」境地に達してもよさそうなものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
光化学スモッグとも、大気汚染とも、健康被害とも、まったく一切金輪際縁のない、いたって健康によろしい、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
国際司法の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鯖味噌煮缶、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、南蛮漬けの素、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


だいぶ以前に買った鯖味噌煮缶だが、まだまだ賞味期限に余裕があった。2020年2月が、その期限なのだそうである。どれだけ賞味期限が長いのだろう。しかも、味はまったく悪くなっていない。まったく重宝な食品である。なるほど、非常災害用備蓄品として推奨されるわけである。
味噌が発酵食品としてそれだけでも栄養価が高いことは有名であり、また、鯖も各種のミネラルやビタミンを含有する、素晴らしい食材であることは、みなさんよくご存知のことだろう。そのふたつが合わさった食品なのだから、これは味、栄養、ともに、云うことのない食品である。○○な連中が軽薄な情報番組に踊らされなくても、引っ張りだこになってしかるべき食品である。
南蛮漬けの素は、いささか酢が効き過ぎてしまったようである。煮つめすぎたのだろうか。それでも酸味が強すぎるほどではない。清涼感、とはいかないが、それなりにサッパリしている。この1品で3種の野菜が摂取できる。ピーマンと玉葱と人参である。こうして食材を並べてみると、もう少し色彩ゆたかであってもいいような気がする。醤油を入れ過ぎたため、薄黒くなってしまったのであろうか。
それはさておき、南蛮漬けの素と熟成キムチとでは、どちらも、副菜、と、云うよりは、漬物であるような感は否めない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:00 | - | - |
国際司法の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ぺったら漬け)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え


今回は鶏肝の生姜煮が3食分できた。500g未満(437g)で3食分なのだから、少食になったものである。かつては500gくらい、1度に食したものだが……、しかもそのときには、鶏の唐揚げを同量以上食したのだから、鶏肉だけで1Kg以上、1食で食べたことになる。もっと食べたような気がするのだが、いくらなんでも、それはないだろう……と、思う。ないんじゃないかな……。
それにしても、鶏肝は100g当たりの単価が58円(税抜)なのだから、栄養価などを考えると、おそろしく費用対効果の高い食材である。
小松菜は4束で8食分料理れた。78円/束(税抜)で2食分料理れるのだから、こちらも負けず劣らず、費用対効果の高い食材と云える。しかも重要な栄養素が含まれていることは、これまでも喋々してきたところである。
疲労回復滋養強壮に効果のある鶏肝の生姜煮、サッパリした味わいにシャキシャキした歯ごたえの小松菜のわさび和え、ジメジメと鬱陶しく、体力気力を消耗しやすいこの時季にピッタリな献立である……ハズである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |
国際司法の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“国際司法の日”なのだそうだ。
Wikipediaによると“1998年のこの日、国際刑事裁判所の設立に関する国際連合全権外交使節会議において国際刑事裁判所ローマ規程が採択されたことを記念”して制定されたのだそうだ。
“国際司法”とは云っても、国際刑事裁判所に関する記念日であり、したがって、その扱われるのも、国際的な刑事事件のみである。
すなわち、国際刑事裁判所の目的は“国際関心事である重大な犯罪について責任ある個人を訴追・処罰する”こと、ならびに“将来において同様の犯罪が繰り返されることを防止する”ことにあり、その“国際関心事である重大な犯罪”としては、“「集団殺害犯罪」、「人道に対する犯罪」、「戦争犯罪」、そして、「侵略犯罪」(いずれも国際刑事裁判所ローマ規程固有の名称)など、国際人道法に対する重大な違反のみを対象”としている。
なお、“国家間の法的紛争(係争案件)を扱う”、国際司法裁判所とは、別のものである。
(以上、Wikipedia/「国際刑事裁判所」より)
犯罪がますます巧妙、大規模になり、国際化していることは、みなさま、昨今の報道でもよくご存知のことと思う。
もっとも身近に感じるであろう、いわゆる“オレオレ詐欺”や、クレジット・カードやインターネットのIDを不正取得しての詐欺なども、国際規模になっている。ますます、国際間における刑事組織の連携強化が望まれる昨今である。
そのうち、国内司法の判断に不満を持つ人が、国内司法の判断そのものを糾弾する目的で、国際司法の場に提訴するようになるかもしれない。
世も末と見るか、国際化の一端と見るか……。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
国際犯罪とも国際紛争とも、オレオレ詐欺ともIDの不正使用とも、まったく一切金輪際関係のない、いたって平和で穏やかな、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:54 | - | - |
虹の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、南蛮漬けの素、冷奴、納豆、味付海苔


久しぶりに、南蛮漬けの素を料理った。蒸し暑い時季には、酢を使用した献立がピッタリである。去年ほどではないが、やはり梅雨時季とあって、湿度の高い、ムシムシと空気が重っ苦しく感じることがある。そんなときには、酢漬けなどがよく合うのである。
あいにく漬け込む魚肉がなかったため、南蛮漬け、とはならなかったが、南蛮漬けの“素”だけでも、充分である。
これで野菜の摂取種類が増えて、9種類となった。もちろん、鶏肝の生姜煮のニラを含めて、の、話である。
できるだけ多種の野菜を、できるだけ多く摂取するのが、健康長寿の秘訣である、と、勝手に信じ込んでいる。
それも、できるだけ、和野菜が好ましい。洋野菜は含まれている栄養素の種類が少なく、しかも単調(どの野菜も同じような成分構成)であるように思われる。それに引き換え和野菜には、さまざまな栄養素が含まれており、しかも各野菜によって含有栄養素のヴァランスもさまざまである。まさに、各個に個性がある。おなじ摂取するなら、和野菜を優先して摂取するべきである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:53 | - | - |
虹の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え


どうもこのところ身体が怠く、シャキッとしない日が続く。夏バテならぬ梅雨バテかもしれない。今年は例年になく梅雨入りが遅く、いまだ梅雨である。しかし去年に較べて、蒸し暑さはマシなような気がする。休日など、わりと涼しい風も吹いてくる。にもかかわらず、身体の具合はよろしくない。どこがどう、と、云うのではないけれど、なんとなく、やる気が起きず、ダラダラしてしまうのである。
そんなわけで、鶏肝の生姜煮、で、ある。低カロリーで高タンパク、葉酸、ビタミンA、B1、鉄分が豊富に含まれている、おススメの食材である。中学時代から夏バテ予防によく食しており、スクランブルド・エッグスを除けば、その料理り方を一番早く習得した献立ではなかろうか。ニラを入れれば、よりいっそうの効果が期待できる。滋養強壮、疲労回復には、もってこいの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |
虹の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ,生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“虹の日”だそうである。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、“デザイナーの山内康弘が、「人と人、人と自然、世代と世代が虹のようにつながる日に」と制定”したのだそうで、“七(なな)一(い)六(ろ)で「七色」の語呂合せ”なのだそうだ。なかなか素直な語呂合わせである。
虹はひとつひとつの色が、その独自性を失うことなく、自己を主張しながら、それでいて他の色を侵食することなく、他の独自性を尊重しながら、それでいて、七色のそれぞれがひとつとなって全体を成し、「虹」と云う、それ自体で独自の、美しい輝きを放つ一者となっている。
虹が、あるべき社会の姿、その象徴として採り上げられるのには、如上のような理由があるのである。
また虹は、雨上がりに見られる現象である。このことから、希望の象徴──とりわけ、暗黒や嫌悪の後に訪れる希望の象徴となっている。
今年は梅雨入りが遅かったため、現在でもまだ梅雨である。
梅雨は黙ってなにもせず、ただ待っているだけでも、いつかは明ける。しかし、暗黒の世の中は、黙ってなにもせず、ただ待っているだけでは明けてくれない。些細な一言、僅かな行動でも、しないよりはマシなのである。
問題は、明けたからと云って、明るい日である、とは、限らないことであるが……。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
虹とも希望とも、あるべき社会の姿とも、全然まったく一切無関係の、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:46 | - | - |
ラジオ本放送の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、玉子焼き(2個)、小松菜のわさび和え


昨昼食の弁当で、ウインナーがなくなってしまった。そんなわけで、玉子焼きが2個である。3個料理っておこうかな? と、思ったが、手間だったので、2個にとどめた。正解である。3個料理っていたら、小松菜のわさび和えがあふれるところであった。
その小松菜のわさび和えが、冷蔵庫の奥に保存して置いたら、霜がおりてしまっていた。要は水分が氷結していたのである。まぁ自然解凍するだろう、と、あまり深く考えないことにした。融けた水分が玉子焼きに滲む惧れがあるが、如何ともしがたい。第一それなら、氷結していた水分にかぎらず、小松菜から滲み出た味汁も同じなのだから、なにも今日今回に限ったことではない。
それはともかく来週である。今週は土日とイヴェントが重なったため、料理している時間がなかったが、今週末から3連休である。
ちょっとはマトモに料理しなければなるまい。なにしろ2週にわたって、手抜き献立が続いたのだから……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:46 | - | - |
ラジオ本放送の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“ラジオ本放送の日”だそうである。
Wikipediaによると、“1925年のこの日、東京放送局(現在のNHK放送センター)がラジオの本放送を開始したことを記念”してせいていされたのだそうである。ちなみに、“仮放送が始まったのはその年の3月22日で、この日は放送記念日になっている”とのことである。
1925年と云えば、大正14年である。
明治昭和に比して短かった感のある平成が終ったことで、しばらく大正が引き合いに出されたことがあったが、大正は15年で平成の約半分である。それを考えると、じつにアッと云う間の期間だった。しかしこの15年の間における日本史の発展には、さまざまな興味ある課題問題が埋蔵されている……とは、Macの言である。ラジオの本放送開始が、そのなかのひとつであるかどうかは、本人に聞いてみなければわからない。
ラジオどころか、テレビも遠くなりにけった昨今、わたいはもっぱらラジオに回帰している。ラジオ→テレビ→パソコン→スマホ、と、なって、ふたたびラジオ、と、云うわけである。ほとんど聞き流しだが、それでも、ラジオの番組のほうが、テレビのそれよりも面白く、低俗でもないような気がする。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ラジオであろうがテレビであろうが、パソコンであろうがスマホであろうが、まったく一切全然無関係の、いたって情報感度の鈍い、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:42 | - | - |
世界人口デーの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鯖の味噌煮缶、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


湿気の多いこの時季にはもってこいの献立である。
鯖の味噌煮缶は、以前に白菜やキャベツ、もやしなどと混ぜて使おうと、備蓄しておいたものである。鯖のナントカが身体だか脳だかにいいと云う情報が席捲し、身体はともかく、お脳のよろしくない大勢の方々が、オイルショック時のトイレット・ペーパーさながらに鯖缶を買い漁るよりも以前のことである。
しかし、いくら缶詰とは云え、賞味期限消費期限、と、云うものは、おのずから発生している。缶詰だからと云って、いつまでも保つ、と、云うものでもない……と、記していて気付いたのだが、以前、かなり昔の缶詰が発見され、開けてみたら充分食べられた、と、云う記事を読んだ記憶がある。とあるWebsiteの記事では、味を気にしなければ、10年経っても大丈夫、だとか。わたいが読んだ記憶のある記事はそんなレヴェルではなく、100年単位だったように思うが、加齢による記憶の混乱であろうか。
まあなんにしろ、食べられれば幸いである。缶詰とはありがたいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:48 | - | - |
世界人口デーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、玉子焼き(2個)、ウインナー(2本)、小松菜のわさび和え


ウインナーが2本残っていたのを使い切った。これで非常用、と、云うか、お菜を料理り置けなかったときの緊急避難用食材がなくなった。また頃合いを見計らって、買っておかなければならない。
ウインナーの本数が減るとなると、やはり玉子焼きは2個必要になる。で、ないと、午後の体力がもたない。一応、仕事場の机の抽斗には、かぼちゃの種が備えてあるが、これはあくまでも、マグネシウム補給の為であって、間食用、空腹しのぎの為の備蓄ではないのである。そんなわけで、午後に腹を減らすわけにはいかないのである。仕事場の地階にコンビニがあるから、いざとなると、そこで食料を調達できないでもないが、そんなことをすると、出費が増える。第一、スナック菓子などは云うに及ばず、菓子パン惣菜パンの類でも、健康面からすればよろしくない。散々不健康な食生活を送ってきたわたいが云うのもヘンかも知れないが、だからこそ、この年齢になって、少しでも健康面に気を配ろう、と、云うのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:45 | - | - |
世界人口デーの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“世界人口デー(World Population Day)”であるらしい。
「今日は何の日〜毎日が記念日」と云うWebsiteによると──、

国連人口基金(UNFPA)が1989年に制定。国際デーの一つ。
1987年のこの日に、地球の人口が50億人をこえたことから、世界の人口問題への関心を深めてもらう為に制定された。
国連は、この日にユーゴスラビア(当時)のザグレブで生まれた男の子を50億人目と認定し、デクエヤル事務総長がかけつけて祝福した。
1999(平成11)年10月12日には60億人を突破し、毎年約7800万人のペースで増加している。

──とのことである。
人口減少、とりわけ少子化が進展しているどこぞの国にとっては、それこそ、どこの世界の出来事か、と、云ったところであろう。
少子化で悩んでいるのなら、ドンドン、各国からの移民難民定住希望者などを受け入れてはいかがだろうか。なにしろ、世界に冠たる治安のいい、住みやすい国であり、国民はみな、おもてなしの精神にあふれた、慈愛ゆたかな優しい人ばかりだし、社会保障完備で100年安心、政治家も官僚も、ウソを吐かず、隠し事をせず、公明正大立派な方々ばかりなのだから、さぞや世界中の人たちが住みたがっていることだろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
世界人口が増大しようが減少しようが、我が国が移民難民定住希望者を受け入れようが受け入れまいが、まるで一切まったく関係のない、いたってグローバルならざる、いつもの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:43 | - | - |
ウルトラマンの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


それしても、我ながらよく飽きないものだ。変化のあるものと云えば、即席みそ汁と、漬物(べったら漬けか熟成キムチ)と、生野菜サラダにかけるドレッシングくらいのものである。あっ、冷奴にかけてるのも日替りである。
栄養面から見れば、なんの問題もないし、空腹を満たす、と、云う必要からも、問題はない。ただ見栄えの良し悪しとか、味覚への刺激の変化とかから見れば、問題かもしれない。
しかし、そもそも、見栄えや味覚への刺激の変化そのものを問題としていないのだから、それらに生じるべき問題が問題になろうはずもない。
ただ、動物性たんぱく質が玉子だけ、と、云うのが、気にならないでもない。生野菜サラダに、生ハムなり、豚しゃぶなりをあしらってもいいかもしれない。とくに豚しゃぶならば、手軽だし、栄養価もよく、夏バテ予防にはもってこいである。豚しゃぶサラダ、と、云うのも、夏の献立としては、おススメかも知れない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
ウルトラマンの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、玉子焼き、ウインナー(5本)、小松菜のわさび和え


小松菜のわさび和えの味が、イマイチ滲みていない。なるほど、4束8食分をいっぺんに料理ったのだから、味の浸みムラがでるのももっともである。せめて2回に分けて料理るべきだろう。前回も前々回もそう思ったにもかかわらず、またぞろ同様のことをやらかしてしまった。我ながら、学習能力のないことである。なにごとも、面倒くさがっていっぺんにやろうとするから、かえって手間暇もかかり、完成度も低くなるのである。急いては事を仕損じる、急がば回れ、である。
玉子焼きが1個では、やはりどうも途中で腹が減る。しかし、2個入れると、ギュウギュウになって、下手すると汁漏れしまう。困ったものである。ウインナーを3本くらいに減らしてはどうか、とも、思ったが、後の祭りである。明昼食の弁当でウインナーもなくなる予定である。それこそ後2〜3本しか残っていない。どうやら今週は、徹底して、在庫整理の週となりそうである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |
ウルトラマンの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“ウルトラマンの日”であるらしい。
Wikipediaによると、“1966年(昭和41年)のこの日、特撮番組『ウルトラマン』の放映が開始されたことを記念し、日本記念日協会に申請して認定を受けた”のだそうである。
なお、“前番組『ウルトラQ』の最終話が急遽放送されないことになったため、穴埋めとしてこの前日に行われたウルトラマンの宣伝イベントの模様を「ウルトラマン前夜祭」として放映した”とか。
“ちなみに2013年(平成25年)のこの日、『新ウルトラマン列伝』内にて円谷プロダクション創立50周年記念作品の『ウルトラマンギンガ』の第1話が放送された”と云う。
現在はどうか知らないが、わたいらの世代としては、ウルトラマンは、仮面ライダーと並ぶ、幼い日の二大ヒーローであった。
当初、「空想特撮シリーズ」と銘打って放送されたこの番組は、以降、50年以上にわたって継続され、“2013年に「最も派生テレビシリーズが作られた テレビ番組」としてギネス世界記録に認定され、2015年にその記録を更新している”のだそうである。
いまでこそ、SFXだの、CGだのと云われているが、当時最先端の特撮技術を誇っていたのは、日本によるミニチュア・セットと着ぐるみだったのである。日本の特撮技術は、現在のそれに先駆けた、まさにその濫觴と云ってもいい。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ウルトラマンとも仮面ライダーとも、特撮ともSFXともCGとも、一切まったくなにひとつ共通項のない、いたって夢のない献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:48 | - | - |
ほおずき市開催の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


主菜がないとなんとなく侘しいが、やむを得ない。
栄養面から見れば、玉子があるので、動物性たんぱく質の摂取はできているはずである。
たんぱく質全体から見れば、豆腐と納豆で、植物性のそれを摂取しているので、問題はなかろう。
また、あまり知られていないが、米は意外とプロテイン・スコアが高く、いわゆる必須アミノ酸を多く含んでいる。そして、米に欠けている必須アミノ酸は、主に大豆製食品で補える。大豆製食品と云えば、その代表は────そう、納豆、豆腐、味噌、などである。しかも、大豆製食品に欠けている必須アミノ酸を補うのに最適な食材が、米、なのである。
つまり、ご飯に味噌汁、豆腐に納豆、と云う、日本古来の食卓の風景は、栄養面から見ても、最適最良の組合せ、なのである。
この組合せに、葉緑素を豊富に有する、小松菜や菠薐草などの青菜類、完全栄養食品のひとつである玉子、海藻類を代表する海苔やもずく、わかめなどが加われば、云うことはなかろう。
と、云うことはつまり、そう! わたいの晩飯の基本献立は、栄養面から見ても、日本古来の食文化の伝統面から見ても、最良最適の組合せなのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:44 | - | - |
ほおずき市開催の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(べったら漬け)、玉子焼き、ウインナー(5本)、小松菜のわさび和え


玉子焼きが1個になったのは、今朝いつになく忙しなく、ゆっくり玉子焼きを(電子レンジ使用とは云え)料理っている(心の)余裕がなかったためである。
また、玉子焼きを2個入れると、下手すると、わさび和えの水分が漏れ出る恐れがある。放射能ではないのだから、漏れ出ても身体生命財産に影響があるわけではないが、精神衛生に悪いし、洗うのも手間である。心の平穏を乱す事象と、避けられる手間は極力避ける。健康長寿の秘訣である……ハズである。
卵は、葉緑素を除くと、必要な栄養素がほぼ揃っている、完全栄養食品である。しかし、21世紀もはや最初の成人式を迎えんとし、平成の御代も令和と変じたこのご時世に、いまだ、“卵は1日1個伝説”をご信奉なさっておられる方がおられると聞く。なんとも素直と云うか、無邪気と云うか、微笑ましい話である。年齢の違いも、性の違いも、労働が肉体に与える負荷の軽重も、個々人の疲労耐性度も、まったく考慮することなく、“卵は1日1個”などと、なぜ信じていられるのだろうか。実に不思議な脳作用である。
まぁ、八紘一宇がどうのこうの、神武東征が事実だのと、真剣な表情口調でのたまっておられる国会議員サマが存在あそばしている御国のことだから、不思議ではないのかも知れない。さすが神秘の国、オリエンタル・マジック・カントリィである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:41 | - | - |
ほおずき市開催の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日からお江戸は浅草浅草寺で、ほおずき市が開催される。
「今日から」とは云っても、明日までなので、より正確には、「今日と明日」である。
この両日に参詣すると、4万6千日参詣したのと同じ御利益がある、と、云われている。どうやって算出した数字なのかは不明だが、なかなかに太っ腹なものである。
去る6日、7日の土日両日、馴染みのライブハウスに、じつに久しぶりに出演させてもらった。そのとき、このほおずき市にちなんだ楽曲を演ったのだが、M.C.で、ほおずき市の開催期間を「7月の6日から8日まで」、ご利益を「6万4千日分」と、誤って伝えてしまった。おまけに「浅草浅草寺(アサクサセンソウジ)」を「アサクサソウセンジ」と、云ってしまったような気もする……。ここに訂正してお詫びします……と、云ったところで、あまり実効はないだろう。結果として、ウソを吐いてしまったことになる。内心忸怩たる思いである。
そんなわけで、ほおずき市に関しては、以前にも記した(2017.7.10〜「ほおずき市の日のひとりめし」)にもかかわらず、あえてここに記した次第である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ほおずき市とも縁日とも、ライヴとも反省文とも、一切まったく全然関係のない、いつもどおりの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:39 | - | - |
黒船来航の日のひとりめし(晩}
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


そんなわけで、生野菜サラダは、帰宅してから慌てて料理った。主菜は近所のスーパーででも買って来ることができるが、野菜類はそうはいかない。これだけの量の野菜を出来合いで購おうとすれば、わたいの稼ぎではとても追いつかない。で、野菜を食わないと、身体の調子が悪くなる。いきおい、自分で料理らざるを得ないのである。まぁ、料理る、と、云うほど、手間暇のかかる、大層なものではないけれども……。ご覧のとおり、歌の文句ではないが、ハッキリ云って簡単なサラダ、切って盛るだけの簡単サラダ、で、ある。歌の文句と違うのは、それを美味しそうに食べてくれる相手がいないことと、料理り手が男である、と、云うことである。
小松菜のわさび和えも簡単にできる。湯を沸かす(精確に云えば、水を沸かして湯にする)のに、いちばん、時間を要するくらいである。難しいのは、わさび醤油の調合度合いと量である。それも、1週間分をいっぺんに料理ろうとするから難しいのであって、毎日、あるいは1日おきに料理る分には、さして難しくなかろう。
ただわたいの場合は、毎日料理る、あるいは1日おきに料理るほうが、よほど難しいのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:56 | - | - |
黒船来航の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、小松菜のわさび和え


この土日は、いつになく予定の詰まった両日だった。
まず6日土曜日は、実に2〜3年ぶりに、Booking Liveのステージに立たせてもらった。まったく指が動かず、絃も音を出さず、リズムもがたがただったが、それでもなんとか凌ぎ切った。温かい目で見守って下さったマスターはじめ、同席のみなさまには、感謝のほかない。
翌7日は、七夕のこととて、昨6日と同じライブハウスで、「七夕まつり」なる企画があった。こちらも多くの織女牽牛(織姫彦星)が集い、いとも愉快なイヴェントであった。
それはいいのだが、1日の時間と云うものは、限られている。今日はライヴ出演があるから、今日はイヴェントがあるから、と、云って、24時間が36時間に延びるわけではない。
そんなわけでこの土日は、買出しと小松菜のわさび和えを料理ることで、手一杯だったのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:48 | - | - |
黒船来航の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、チェダー・チーズ


今日は黒船が来航した日である。
Wikipediaによると、 “ マシュー・ペリー率いるアメリカ海軍所属の東インド艦隊艦船(黒船)4隻が、江戸湾浦賀湾に来航”したのが、1853年の今日(旧暦では嘉永6年6月3日)なのだそうである。
黒船来航の影響は大きく、まさに天地を震撼せしめるする大衝撃大激震、で、あった。まさに、日本史における大転換点であり、このとき以来、いわゆる「幕末」となり、司馬遼太郎氏がその名声を挙げ、某国の放送協会が視聴率を稼ぐ契機を与えることになるのである。
いわゆる歴史嫌いの人たちでも、戦国期や幕末には興味がある、と、云う人は結構いるだろう。思うにそう云う人たちは、歴史が嫌いなのではなく、小学校から高校までの、歴史の「授業」が嫌いなのだろう。
ところで最近、黒船来航に関してだけは、やたらに詳しい人が増えている。なぜなのか分らなかったが、最近その理由が分かった。
これである→https://www.youtube.com/watch?v=rv4pZ5BHwNA
興味がおありのかたは、是非アクセスしてみてください。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
黒船とも歴史の授業とも、日本史の大転換点とも替え歌とも、一切まったくなんらの関係もない、いたって平々凡々な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:44 | - | - |
江戸切子の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、小松菜のわさび和え


ピリ辛らっきょうをトッピングしているときに、ふと、思い付いた。
玉葱を酢漬けにしても、らっきょうと同じ効果があるのではないか、と。
どちらもねぎ属であるし、どちらもアリシンが豊富である。
健胃整腸、食欲増進、ビタミンB1の消化吸収を助けて疲労回復や滋養強壮に効果を発揮する、夏バテ予防にはピッタリの食材である。
おまけに、酢漬けにすれば、さっぱりとして、蒸し暑いこの季節にも食べやすかろう。
さらに胡瓜やキャベツ、人参など、残りがちな野菜も一緒に入れれば、さまざまな栄養素が混濁して、なおいっそう、いいだろう。
西洋にも、マリネとか、ピクルスとか、似たような献立があるらしいが、名まえだけからしても、わたいはたんに、酢漬け、と、云うほうが、好ましい。似たような料理献立で、立派な日本名があると云うのに、なにが悲しくて、西洋風の名まえで呼ばなければならないのか。
西洋風の名まえで呼べば、なにかかっこよくて、おしゃれで、イカしていいる、とでも、思っているのだろうか。だとしたら、感性磨滅もはなはだしいことである。
それはともかく、この週末は、晴天、とはいかなくとも、豪雨は免れそうである。被災された九州の方々にはお悔み申しあげるとともに、一日も早く、平常の生活に戻ることができますよう、お祈り申しあげます
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:23 | - | - |
江戸切子の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“江戸切子の日”だそうである。
Wikipediaによると、“江戸切子の組合・東京カットグラス工業協同組合が制定”したもので、“江戸切子の文様の一つ「魚子(ななこ)」から「なな(7)こ(5)」の語呂合せ”なのだそうである。
西洋風のカットグラスやガラス工芸などは巷間有名であろうが、和風の切子細工なるものが存在することは、不明にしてすっかり忘れていた。
この原稿を記すに際してWikipediaを参照したときに、あぁそう云えば、切子細工なんて、あったなぁ、と、思い出したのである。
日本における工芸技術の細密さや精密さは、実用工業の域から藝術諸作品にいたるまで、世界中の称賛を得ているところである。星新一氏はその作品『進化した猿たち』のなかで、こうした日本の細密な技術は、江戸期の鎖国体制と関係があるのではないか、と、述べられていた。いわゆる閉鎖社会の風潮が、人の精神エネルギーを外に向かわせず、もっぱら内に集中せしめる環境となったのではないか、と、云うのである。
なるほど、面白い意見である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
切子細工とも、カットグラスとも、日本の伝統文化とも、工芸技術の精密さとも、一切まったくなんらのつながりもない、いたって華やかならざる、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:20 | - | - |
鎌倉幕府滅亡の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さわら西京焼き、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


今日近所のスーパーで買ってきた惣菜は、さわらの西京焼きである。
これもわたいの数ある好物のひとつである。以前自分でも料理ったことがあるくらいである。
不思議なことに、近所のスーパーで買ってきたもののほうが美味いに決まっているのに、なぜか自分には、自分で料理ったもののほうが、美味く感じられる。
これいわゆるひとつの、口に合う、と、云うことであろう。
みそ漬けのみそ床の味も、自分の好みに調整できるし、焼き加減も同様である。
たんに愛着であるとか、身贔屓であるとか、習慣であるとか、そう云ったものだけではない、と、思う。そんなこと云っても、所詮は手前味噌だって?
まあそう云うのなら、あえて否定はしないが……。
暑くなってきたときに、辛いキムチはどうやねん? とも、思わないではないが、暑いときにこそ、辛いものが効く、と、云うこともある。
小松菜のわさび和えもそうであるが、カレーなどがその代表料理、と、云えるだろう。
もっとも、わさび和えと云い、カレーと云い、キムチとは辛味成分──香辛料の種類が違うから、一概には云えないかも知れない。
香辛料によって、夏冬の向き不向きがあるのかも知れない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:06 | - | - |
鎌倉幕府滅亡の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(べったら漬け)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、小松菜のわさび和え


べったら漬けがなくなっていたので補充した。やはりおなじ、べったら漬け、とは云っても、それぞれの製造元で微妙に味が違うものである。
また、販売所(スーパー、コンビニ、複合施設、等)によっても、製品が違う。取引ルートがそれぞれで違い、固定されているのだろう。おもしろいものである。
以前にも記したが、いくらべったら漬けとは云え、ベタベタしたのは嫌いである。あっさりサッパリしているのが好みである。かと云って、あんまり淡泊すぎて、あっさりしすぎているのも物足りない。やはり適当に、コク、と、云うか、クセ、と、云うか、個性、と、云うか、それ独自の、独特のものがないと、つまらない。漬物も人間も、そう云う意味ではおなじである。
ただ、コクやクセのある人間でないとつまらない、とは云っても、おのずから限度、と、云うものがある。永田町や霞が関にゴロゴロしているような連中は、たしかにコクもあろうし、クセもあろうが、どちらかと云えば、付き合いたくない、できれば存在していてもらいたくない連中である。醗酵していても、納豆やチーズなら好んで食せられるが、鯛や神戸牛などなら、御免蒙りたい。いくら肩書が偉そうでも、煮ても焼いても食いたくないものはあるのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:54 | - | - |
鎌倉幕府滅亡の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は鎌倉幕府が滅亡した日である。
Wikipediaによると、“1333年(正慶2年/元弘3年5月22日)に新田義貞が鎌倉に攻め込み北条高時ら一族約800人が自刃”したのである。この戦いを、東勝寺合戦と云う。
このとき北條高時は執権ではなく、すでに引退していたが、勢威実力は有していたらしい。高時自身は合戦に赴くことなく、“新田軍が鎌倉へ侵攻すると、北条家菩提寺の葛西ケ谷東勝寺へ退き、北条一族や家臣らとともに自刃した”(Wikipediaより)。
時高は田楽や闘犬に明け暮れて政務を顧みない暗愚の為政者と印象されているが、裏付けとなる資料は少ない。建武新政や足利幕府側が、悪意の故意をもって、その悪行醜行を誇張して後世に残したのだ、と、云う見解が強い。
いつの世も勝てば官軍、勝ったものが前任の業績を捻じ曲げ、改竄し、誹謗中傷し、悪行醜行の印象を広めるのは、鎌倉の昔も、令和の現在も不変であるようである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
田楽とも闘犬とも、印象操作とも無縁の、いたって清廉潔白、清く正しく美しい、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
通天閣の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、銀さけの味噌焼き、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


季節と云えば、冷奴も合致する季節になってきた。
みなさまご存知のとおり、世間様なら湯豆腐だろう、と、云う時季から、食している。ようやく季節がわたいの献立に追い付いてきた、と、云うところか。
豆腐が玉子とともに、必要な栄養素がほぼ揃った、いわゆる完全食品であることは、これまでにも喋々してきたところである。大豆系の食品は、日本が世界に誇る食品である。ドイツ人曰く、「畑の肉」であり、フランス人曰く、「畑の真珠」である。イギリス人なら「畑の紳士」と云い、アメリカ人なら「畑の勇者」と云うだろう。そして日本人なら……大豆、と、云うだろう。
銀さけの味噌焼きは、例によって例の如く、近所のスーパーで買ってきた惣菜である。肉類を買ってこようと思ったのだが、やはり魚に目が行ってしまった。それにしても、環海の国日本で、魚が高騰しているとは、嘆かわしいことである。肉よりも魚のほうが、栄養価が高いのだから、なおさら無念である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |
通天閣の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5個)、小松菜のわさび和え


やっと梅雨入りしたか、と、思うと、おまたせしました、と、ばかりに大雨が降り、雨があがると、ムシムシジットリした、いかにもいかにも、の、日本の梅雨季が続く毎日である。
除湿器があれば、よほど水分が採れるだろう。その水を濾過して使うことができれば、水道代が廉くつくのだが……、と、いつもながら、セコイことを考えてしまう。
そんな時候には、小松菜のわさび和えがピッタリである。わさびのピリッとした和風の辛さが、小松菜の新鮮なシャキシャキした歯ごたえに合致して、さわやかな涼味が口中に広がる。
その爽快感は、クー〇ミ〇トガムの比ではない。そのうえ、栄養価も高い。本来は冬の野菜なのだろうが、夏──とりわけジメジメと鬱陶しい梅雨の時季にもピッタリの、おススメの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |
通天閣の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“通天閣の日”であるらしい。
Wikipediaによると、“1912年のこの日、大阪市浪速区に通天閣が完成した”ことによるのだそうである。
1912年と云えば、明治45年即大正元年である。
通天閣、と、云えば、大阪城、空中庭園と並ぶ、大阪を代表する建築物であるが、現在の建物は二代目である。“第二次大戦中に金属回収のため撤去されたが、1956年に現在の通天閣が再建された”のだそうである。
高さは108mの5階建てで、4階と5階が展望台になっている。
地階もあり、「通天閣地下劇場」改め「「STUDIO210(スタジオ・ニーイチマル)」と呼ばれるフロアがあり、「現在は、通天閣の公式音楽バンドであるイーゼル藝術工房と、同バンドがプロデュースを行っているアイドルグループ『まいどリームス』『ハンバーガールZ』が毎週末、コンサートを開催している」そうである(Wikipediaより)。
もちろん、エレベーターがついているが、それが失敗だった、と、云う意見は、現在のところ、聞いていない。
大坂と云えば通天閣、と、云うくらい有名で、各メディアにもしばしば取り上げられている。
先日映ちゃんが、映画版の『砂の器』を見ていたら、今西刑事が和賀英良の過去を探る場面で、通天閣界隈の街並みが出てきて、殿山泰司氏の個性と相俟って、如何にも大阪の下町らしい雰囲気を出していた、と、うれしげに語っていた。
名所名物名跡を映せば、それでその地の雰囲気や気分が出せると云うものではない。その点、この『砂の器』の場面は秀逸だった、とは、映ちゃんの言である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
通天閣とも大阪城とも、浪華情緒とも下町風情とも、一切まったくなんの関係もない、いたって殺風景な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:44 | - | - |
うどんの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、コロッケ(2個)、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


朝食の項にも記したが、今日は半夏生であるらしく、讃岐地方ではうどんを食べるそうだが──香川県民は、半夏生の日に限らず、どんなときでも、よくうどんを食べているように思うが──、関西地方では半夏生の日には、蛸を食べるそうである。
蛸はわたいの嫌いな、数少ない食材のひとつである。食膳に供されたら、食べないことはないが、みずから好んで食べようとは思わない。みずから好んで食べるとしたら、よほどの名産地に行ったときくらいではなかろうか。とは云え第一に、いかに高名な名産地とは云え、蛸料理を食うためだけに、そこに行こうとは思わない。
酒を呑んでいたときでさえ、蛸のぶつ切りに胡瓜のざくざく、は、肴にしようと思わなかった。それだったら、ただの胡瓜もみか、胡瓜もみにもずくを合わせるほうを好んだ。
なるほど、蛸にも素晴らしい栄養素があるだろう。しかし、蛸でしか補給できない栄養素はないと思う。蛸を食べない分、それらの栄養素は他の食材で摂取することにしている。
ここまで記してきて、ふと思い出したのだが、酒を呑んでいた頃、たこわさびだけは、お気に入りで、あると必ず註文していた時期があった。特にこの時季、わさびのピリリとした辛味と、蛸のコリコリとした食感が、妙に好ましかったものである。
それを考えると、我ながら、一貫性のない嗜好である、と、云えないこともない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |
うどんの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、ブロッコリの塩昆布和え


先週の食事で、冷凍保存しておいた菠薐草をほとんど使い尽くしてしまった。ブロッコリが1食分残っていたので、今日の弁当のお菜に入れた。これで少しは冷凍室のなかが片付いた。
それはそれでいいのだが、逆に云えば、保存用食材がなくなった、と、云うことである。また折を見て、仕入れなければなるまい。
ブロッコリも、別に毎回毎回冷凍保存しなければならない、と、云うわけでもなく、サラダに入れたり、別の献立に使ったり、と、用途は幅広いはずなのだから、大いに活用するべきだろう。
玉子焼きは、例によって、専用の器具を使って料理った。慣れればフライパンで料理る方が早いのだろうが、後片付けなどが面倒である。電子レンジならば、放り込んでおけば、あとはオマカセですむ。
以前、壁面や底面へのこびりつきが酷い、と、記したが、油を薄く、満遍なく塗ることによって解消された。なんぼあわただしくとも、これぐらいの手間は惜しんではいけない、と、云うことだろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:55 | - | - |
うどんの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“うどんの日”だそうである。
Wikipediaによると、“讃岐地方の農業を営む家庭では、半夏生のころの田植えが終わった労をねぎらう為に、うどんを打って食べる風習があり、それにちなんだことから”、“香川県生麺事業組合が制定”したのだそうだ。
ちなみに“半夏生”とは、“七十二候の1つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で、かつては夏至から数えて11日目としていたが、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。毎年7月2日頃にあたる”とのことである(Wikipediaより)。
Wikipediaには、“毎年7月2日頃にあたる”と、あるが、それでは今年はいつなのか、と、云うと、まさに今日、7月2日そのものである。
この半夏生の日は、“農家にとっては大事な節目の日で、この日までに「畑仕事を終える」「水稲の田植えを終える」目安で、この日から5日間は休みとする地方もある。この日は天から毒気が降ると言われ、井戸に蓋をして毒気を防いだり、この日に採った野菜は食べてはいけないとされたりした。なお、七夕にも農作業を休むとする伝承が多くの地域に伝わる”のだそうだ。
生まれが香川県高松市であり、育ちが九州伊万里だけあって、数ある麺類のなかでも、うどんとラーメンが大好きである。蕎麦もパスタもスパゲティも、滅多なことでは口にしない。
もっとも、うどんやラーメンならなんでもいいか、と、云うと、やはりそうはいかない。うどんなら釜揚げの讃岐うどん、ラーメンなら替玉のできるバリ硬細麺の長浜豚骨ラーメンでなければ、本家本元本物とは認めないのだから、我ながらヤッカイである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
うどんともラーメンとも、その他あらゆる麺類とも、一切まったくなんらのかかわりもない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
古代オリンピック第1回大会開催の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さば塩焼き、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、奈良漬け、冷奴、納豆、味付海苔


昼の弁当の記事でも記したように、今週の主菜は、近所のスーパーの惣菜である。
考えてみれば、買って来る惣菜は、ほぼ、動物性タンパク質である。植物性タンパク質ならば、ミニ豆腐の冷奴や納豆で賄っているし、動物性タンパク質も、卵1個あれば、充分だろう。
あくまでわたい個人の、なにひとつ根拠のない思い込みだが、いわゆる三大栄養素である、糖質、脂質、タンパク質は、別の食材で代替することが可能だろうが、ビタミンやミネラルなどは代替できない、と、考えている。
つまり、豚肉のタンパク質は魚のタンパク質で代替することができるが、豚肉のビタミンやミネラルを魚のビタミンやミネラルで代替することはできない、と、云うわけである。
より極端に云えば、牛肉のタンパク質を鶏肉のタンパク質で代替することはできるが、牛肉のビタミンやミネラル類を鶏肉のビタミンやミネラル類で代替することはできない、と、信じているのである。
先にも記したように、これはわたい個人の見解なので、ご同意もご納得も、みずからの責任において、なさってくださいね。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:00 | - | - |
古代オリンピック第1回大会開催の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5個)、小松菜のわさび和え


……と、云うことは、この土日、へたばって、なにもする気力がなかった、と、云うことである。けっして、G20にお忍びで参加していたわけではない。
なにしろ土曜日は、昼食後やたら眠くなって、ちょっとした仮寝のつもりが、2時間半タップリ熟睡したのだから、我ことながら、よほど疲れ切っていたのだろう、と、うたた同情の念を禁じえなかった。あるいは、梅雨に入り、低気圧と曇天雨天が身体の健康にもたらす影響に、まだ慣れることができていないのかも知れない。
とにかく、近所のスーパーで、野菜類だけはなんとか買ってきたが、とてものことに、主菜を料理る気にはなれず、今週はほぼ、この献立で通す予定である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |
古代オリンピック第1回大会開催の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“ 古代オリンピック第1回大会”が開催された日であるそうな。
紀元前776年のことと云うから、現在を去ること2795年前のことである。よく日付が判明したものである。それとも、碑文かなにかで伝わっていたのだろうか。
来年が近代オリンピック開催年だから、中断期間中に1年ずれてしまったようだ。大勢に影響はないのだろうが、なんとなく残念なような気がする。
来年のオリンピックを控えて、日本各地で大盛り上がりなようだが、オリンピックが我が国で行われる、と、云うそのこと自体だけで、なぜこのように盛り上がるのか、まったく了解に苦しむ。
なるほど、世界共通の一大イヴェントであり、お祭りであることは理解できるが、おなじ世界共通の一大イヴェントであり、お祭りであるところの、アカデミー賞やノーベル賞の授賞式や、G20サミットなどは、オリンピックのような盛り上がりに欠けるのだろうか。
我が友、遊冶郎によれば、オリンピックを国威発揚に利用し、国民的祝祭として盛り上げたのは、アドルフ・ヒトラー率いるナチス・ドイツが最初なのだそうである。
我が国の「育ちの良い」政治家が目指している「ナチス・ドイツのやり方」は、少なくとも、オリンピックの宣伝に関しては、上手く機能しているようだ。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
古代オリンピックと近代オリンピックとの連続性があろうがなかろうが、オリンピックの盛り上がりが、ナチス・ドイツのやり方に倣っていようがいまいが、そんなこととは、まったく一切なんらの関係もない、いたって非体育会系な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:53 | - | - |
曾我兄弟の仇討ちの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、鰯の生姜煮、菠薐草の胡麻あえ


菠薐草にはすりごまをかけるとよい、と、云うことは、これまでにもたびたび記してきた。カルシウムの摂取効率が上がるとともに、ビタミンAの吸収効率が上がるのだそうである。
その他、かつお節をかける(混ぜる)のもよい。こちらは、菠薐草に含まれているシュウ酸の吸収を緩和する、と、云うのである。
シュウ酸はカルシウムと結びついてシュウ酸カルシウムとなり、尿路結石の原因となる。
それを防止するためには、逆説のようであるが、カルシウムを多く含む食品を一緒に食べればよいらしい。
要は、尿路中でシュウ酸カルシウムにするのではなく、尿路にたどり着く前、消化器官の中でシュウ酸カルシウムにしてしまい、そのまま体外に排出させるのである。なるほど、理にはかなっている。
で、あるから、すりごまやかつお節、あるいはちりめんじゃこなど、カルシウムの豊富な食材と組み合わせるわけなのか。
やはり古来から伝えられてきた習慣風習と云うものには、それなりに立派な理由があるものなのである。
やっと週末であるが、今週末の大阪は、颱風だの、G20だの、と、来ていらないものが来て、一苦労である。なにを料理るか、よりも、ちゃんと買い出しに行けるか、そっちの方が、まず問題である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:14 | - | - |
曾我兄弟の仇討ちの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“曾我兄弟の仇討ち”が行われた日である。
と、云っても、今日びの人びと、とりわけ若い人たちは、なんのことだかご存知ない方も多いことだろう。なにしろ“忠臣蔵”こと赤穂事件のことすら、知らない、と、云う人が多いご時世である。
で、Wikipediaから引用すると、“建久4年5月28日(1193年6月28日)、源頼朝が行った富士の巻狩りの際に、曾我祐成と曾我時致の兄弟が父親の仇である工藤祐経を討った事件”のことであり、“赤穂浪士の討ち入りと伊賀越えの仇討ちに並ぶ、日本三大仇討ちの一つである。武士社会において仇討ちの模範とされていた”のだそうだ。
さらに、“この事件は後に『曽我物語』としてまとめられ、江戸時代になると能・浄瑠璃・歌舞伎・浮世絵などの題材に取り上げられ、民衆の人気を得た”のだそうだ。
他者の責によって非業の死を遂げた者の肉親や縁者が、艱難辛苦の末に見事その仇を討って亡き人の恨みを晴らす、と、云う筋立ては、洋の東西時の古今をつうじて大衆ウケするらしく、世界各地にさまざまな形で伝承あるいは創作されている。
先に、「今日びの人びと、とりわけ若い人たちは、なんのことだかご存知ない方も多いことだろう」と、記したが、パワハラ、セクハラ、イジメ、虐待、等々、悲酸な事象が罷り通っている現代、こう云ったいわゆる“仇討もの”の需要は高じていると思うのだが、如何だろうか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
仇討ちともパワハラ、セクハラ、イジメ、虐待、等々とも、一切まったくなんらの関係もない、いたって平和平穏和やか穏やかな、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:10 | - | - |
ちらし寿司の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、菠薐草の胡麻あえ、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


昨晩でなくなった、と、思っていた茄子とゴーヤの佃煮が、まだ1食分残っていた。ありがたい。これで野菜の摂取種類が減らずにすむ。
それにしても、ずいぶん保ったものである。先週からだから、まるまる2週間保ったわけである。当初は、まだまだゴーヤは高いな、と、思ったものだが、こうしてみると、さほど高くついたわけでもない。いわゆる費用対効果は良好だったわけである。来週も料理ってみたくなった。
そう云えば以前、鰯が魔除けになる、と、云うことを聞いたことがある。“鬼は七輪で鰯を焼く煙と臭気を恐れるといい、西日本には節分に鰯の焼き魚を食べる「節分いわし」の風習がある”のだそうである(Wikipediaより)。西洋の吸血鬼にニンニクが有効なのはよく知られているが、日本の鬼には焼き鰯、と、云うことか。
焼いたイワシの頭をヒイラギの枝とともに「柊鰯」の飾り物にして、門口に掲げておく風習もあるのだそうだ。Wikipediaには、”節分”とあるが、わたいは正月の風習だと聞いた。まあ、正月も節分も、本来の意味は似たようなものなのだから、どっちがどう、と、云うこともあるまい。
今週の鰯づくしで、わたいの体内の魔鬼も、退散してくれるだろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:00 | - | - |
ちらし寿司の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鰯の生姜煮、菠薐草の胡麻あえ


バミューダトライアングルの中心に位置する島国の某王国を治める少年国王の幼少時ではないが、おなじ写真を焼き増ししても、さして違和感はないのじゃないか、と、思わないでもない。主食である麦飯のトッピングに違いがあるのが、 まだしも救いである。
おなじ献立が続くのは、いっこうにかまわない。鰯の生姜煮は大好きな献立のひとつであるし、菠薐草などの青菜類は、摂取しないと体調が悪くなるくらいである。
鰯は調理しやすく、わたいでもカンタンに捌ける。包丁で頭部を切断して胴体から分離させれば、スルッと腸が除れる。腹部も包丁を使うまでもなく、指だけで裂ける。実に簡単である。
少々大きめのものでも、さして難しくなく捌ける。現に以前料理った揚げないイワシフライのときも、さしたる困難なく捌けた。わたいでもできるのだから、たいていの人はできるだろう。そう云った意味でも、おススメの食材である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |
ちらし寿司の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“ちらし寿司の日”だそうである。
Wikipediaによると、“岡山のちらし寿司「ばら寿司」が生まれるきっかけとなった備前岡山藩主・池田光政の命日”にちなんで、“株式会社あじかんが制定”したのだそうである。
なぜばら寿司に池田光政がかかわってくるのか、と、云うと、“質素倹約を奨励した備前岡山藩藩主の池田光政が、汁物以外に副食を一品に制限する「一汁一菜令」を布告したことが背景にあると言われている”のだそうである(Wikipediaより)。
要は一汁一菜に制限された庶民(?)が、なんとかして豪華な食事をしたい、と、考案したのが、ばら寿司だ、と、云うわけであろう。
一口に、ちらし寿司の、ばら寿司の、と、云っても、厳密にはいろいろと細かい種類があるようで、大雑把に云っても、“江戸前寿司においては、白い酢飯の上に、にぎり寿司に用いる寿司種を並べたものを指すが、関東周辺以外の地域では一般に、酢飯に調味した具材を混ぜ込み、錦糸卵や海苔などで飾り付けを施したものをちらし寿司と称する”のだそうである(Wikipedia)。
その種類名称も、江戸前ちらし(生ちらし、吹き寄せちらし、とも)、ばらちらし、五目寿司(ばら寿司、混ぜ寿司、五目ちらし、など)、と、多岐にわたっている。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ちらし寿司ともばら寿司とも握り寿司とも、まったくいっさいなんらのかかわりもない、いたって簡略質素な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:55 | - | - |
露天風呂の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、菠薐草の胡麻あえ、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


茄子とゴーヤの佃煮がなくなった。予定どおりである。
来週あたりからゴーヤも旬に入ってきて、廉価になるんじゃないか、と、期待している。
生野菜サラダの中味は、サニーレタス、キャベツ、胡瓜、トマト、で、ある。これは朝食でも同じである。ただ、朝食時には、粉チーズを振りかけている。パルメザン・チーズ、と、云うやつである。深緑色の円筒形のボディに、卵色のキャップ、と、云ったいでたちの容器は、みなさまもどこかで必ず、お目にとめたことがあるだろう。
なんで粉チーズを、と、思った方もいらっしゃれば、そう云えば朝食の献立に、チェダー・チーズが増えたな、と、思われたかたもいらっしゃるかもしれない。もっともほとんどの方は、そんなことに気づきもされなかったであろうが……( T∀T)
過日、某Websiteで、亜鉛不足が味覚を不正常にさせる、との記事を読み、慌ててチーズを食べだしたのである。手軽に亜鉛を摂取できるのが、チーズなのである。
あまり味にはこだわらないが、味にこだわらないのと、味が判らないのとでは、微妙に違う。おなじ食べるのなら、不味く食べるより美味しく食べたいし、やはり“ちがいが分かる男”であることは、大切なことなのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:08 | - | - |
露天風呂の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(奈良漬け)、鰯の生姜煮、菠薐草の胡麻あえ


そんなわけで、今回は鰯と菠薐草のオン・パレードである。精確に云えば、鰯の生姜煮と菠薐草の胡麻あえの、オン・パレードである。
何度も記しているように、毎日おなじ献立でも、わたいはいっこうに苦にならない。もっとも、毎日おなじ写真を見せられざるを得ないみなさまがたには、ご同情申しあげる。だからと云って、写真のために献立を変えようなどとは、微塵も思わない。わたいは写真家でもインキンマタグラ―でもないのである。
第一、鰯と菠薐草は、栄養の宝庫なのである。カルシウムは云うに及ばず、良質のたんぱく質やビタミンD、ビタミンB2、不飽和脂肪酸──いわゆるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富である。
EPAは血液中のコレステロールを低下させ、血液をサラサラにして血栓をできにくくする働きがあり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防に効果がある。
DHAはコレステロールを抑制する作用とともに、脳細胞の成長を助けて脳の活性化を促す。また、脳神経の働きを補助する、ナイアシンと云う栄養素も含まれている。
近年、信じられないような愚かなことを考えたり、口にしたりする日本人が増えているが、ひょっとして、魚を食べなくなったことが、関係しているのかも知れない。桑原桑原、で、ある。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:04 | - | - |
露天風呂の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は”露天風呂の日”だそうである。
Wikipediaによると“昭和62年6月26日に岡山県の湯原温泉が制定”したのだそうである。“「ろ(6)てん(・)ぶ(2)ろ(6)」という語呂合わせ”なのだそうだ。「てん(・)」が少々コジツケっぽいが、まぁ、まだマシな方だろう。
露天に限らず、風呂は大好きだったのだが、ドクター・ストップがかかってしまった。わたいの体質上、発汗は皮膚に悪影響を及ぼすのだそうである。
発汗それ自体が悪い、と、云うわけではなく、その後の手入れ、いわゆるひとつのスキン・ケアの仕方が重要なのだそうだが、いまだにシャワーのみでしのいでいる。冬場などは、入浴してもいいのだろうが、ここまでくると、それも面倒になってくる。慣れとは恐ろしいものである。
昔はサウナなどに、それこそ我慢大会さながらの時間まで籠ってカラカラになるまで汗を出し、頭から冷たい水をかぶって汗を流し、水風呂で体熱(?)を除去するのが、夏場の愉しみであった。
心身ともにスッキリして下町の夕風に弄られながら下宿に帰る道すがらは、なんとも心軽々と、浮き浮きしたものだった。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
露天風呂とも混浴とも、サウナとも水風呂とも、なんらの関係もない、いたって無風流な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:02 | - | - |
住宅デーの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、菠薐草の胡麻あえ、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


なんとか7種類の野菜摂取を保っている。夏場は野菜の摂取量が減るような気がする。種類も限られてきて、レタス、キャベツ、胡瓜、トマトなどしか見当たらない。もちろん、ニラやもやし、貝割、オクラ、カボチャ、白菜、玉葱、などなど、現在はもはや、旬もなにもないくらいに、いろいろな野菜が出回っているのだから、昔のように、夏場だからと云って、野菜不足に悩む、と、云うこともないのだが。
生野菜サラダばかりじゃなく、即席漬けや一夜漬けのような、簡単にできる漬物でも料理って、野菜の摂取種類を増やそうか、とも考えたが、漬物だけのために買うのもコスパが悪いように思われるし、かと云って、残り物の野菜で漬物を料理っても、種類が増えることはない。悩ましいことである。
野菜を使った夏の献立、と、云っても、胡瓜もみくらいしか思い浮かばない。玉葱が残っていることだし、今度、南蛮漬けの素でも料理ろうか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:13 | - | - |
住宅デーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、鰯の生姜煮、菠薐草の胡麻あえ


駅前商店街の八百屋兼鮮魚店で、鰯が300円(税抜)で売ってあった。底浅の発泡スチロールに一杯で!
当然、それごと持って帰るわけにはいかないので、ビニール袋に入れてもらったが、いやはや、重いのなんの。魚の重量を甘く見ていたようだ。
とりあえず冷蔵庫内のチルド室に入れた。それだけで室内は満杯である。
例によって生姜煮にしたが、10食分できた。したがって今週は、昼の弁当も晩の食事も、主菜はすべて鰯の生姜煮である。
鰯の生姜煮は大好物なので、それ自体は毎日でも苦にはならないが、先日折角、揚げないイワシフライが上手くいったので、半分くらいはもう一度それを料理ってみることにしようか、と、思っていたのだが、フライにするにはいささか小さすぎた。なかには、稚魚じゃないか、と、思われるほど、小さな魚も混じっていた。何尾かはフライ向き(?)の大きさのものもあったが、いちいちより分けて別料理にするほどの余裕もなかった。結果、全部生姜煮になった。
それにしても、一見したときに思ったより、よほど量がある。全部料理するのに、3回かかった。生姜と梅干も、一度に使い切ってしまった。そう云う意味では切が好かった。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:12 | - | - |
住宅デーの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“住宅デー”なのだそうである。
「今日は何の日〜毎日が記念日」と云うWebsiteによると、“スペインの建築家、アントニオ・ガウディの1852年の誕生日”にちなんで、“全国建設労働組合総連合が1978年に制定”したのだそうである。
1978年と云えば昭和53年であるが、“制定当時は高度成長による住宅建設ブームで、量産の中で職人さんをめぐるトラブルもたくさんあった。このため町の大工さんや左官屋さん等職人の腕と信用をPRする為に制定された”のだそうである。
細かいことを云えば、1978年(昭和53年)には、いわゆる高度成長は終焉を迎えていたのではなかろうか。
高度成長どころか、列島改造計画も、いわゆるオイル・ショックによって中断を余儀なくされ、田中内閣総辞職を以て、挫折のやむなきにいたったはずである。そのへんは一度Macに訊いてみよう。もっとも彼の経済史に関する知識は、当人曰く、いささか薄弱であるそうだが。
それはともかく、“町の大工さんや左官屋さん等職人の腕と信用をPRする為に制定された”と云うのが面白い。
現在なら、施工業者や住宅会社等の良心と信用をPRしなければなるまい。どれだけ効果あるPRができるか、大いに疑問ではあるが。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
高度成長であろうがあるまいが、列島が改造されようがされまいが、施工会社や住宅会社などの良心と信用がPRされようがされまいが、そんなこととは一切無関係の、いたって平穏是無事、日々是好日な、いつもながら献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:11 | - | - |
美空ひばりの命日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、豚肉の生姜焼き、菠薐草の胡麻あえ、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


これで先週から持ち越しの、豚肉の生姜焼きがなくなった。玉葱の量が多かったが、それもまたよし、で、ある。おかげで野菜の摂取種類が1品増えたのだから。
菠薐草の胡麻あえ、と、いままで記してきたが、ふと思ったのは、胡麻あえ、と、云うものは、すりごまと砂糖と濃口醤油を練り合わせたものを、味付けとするのではないだろうか、と、云うことである。
と、すると、わたいのいわゆる“菠薐草の胡麻あえ”は、実は“菠薐草の胡麻あえ”ではなく、“菠薐草のお浸し”に、すりごまと醤油をかけたものにすぎないのではないだろうか。まあ、名称はなんにせよ、それでさして味が変わるわけでもないし、栄養分が変化するわけでもない。
豚肉の生姜煮はなくなったが、茄子とゴーヤの佃煮はまだある。おそらく、今週半ば、水曜あたりになくなるのではないか、と、踏んでいる。
見た目に彩りはないが、味はナカナカ絶品である。茄子もゴーヤも、7月に入ると値段が下がり、手に入れやすくなるだろう。茄子はいまでも、かなりの量が、かなり安く買えているが、ゴーヤはまだまだ高い。もう少し下がるはずである。
いっそのこと、ゴーヤのグリーン・カーテンでも作ろうか、と、思わないでもないが、そこまでマメな人間でもない。おまけに、昨今の颱風や、強烈な豪風雨に見舞われでもしようものなら、隣近所にどんな迷惑がかかるか、知れたものではない。それ以前に、わたいの住居してる賃貸は、グリーン・カーテン作ってもよかったのかな? そこをまず、確認しなくては。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |
美空ひばりの命日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、豚肉の生姜焼き、菠薐草の胡麻あえ


豚肉の生姜焼きは、先週漬け込んでおいたものの残りである。
若干色が変化していたように見えたが、気にせずに焼いた。漬け込んで10日以内なら大丈夫なはずだ、と、なんの根拠もないが、信じ込んでいる。
肉に比して玉葱が多いが、やむを得まい。玉葱は玉葱で、それ自体栄養が豊富なのだから、むしろ玉葱だけでもいいくらいである。
玉葱にはご存知のとおり、血液をサラサラにする効果がある。と、云うことは、脳梗塞や脳卒中などの脳関係の病気や、心筋梗塞や狭心症などの循環器関係の病を防ぐのに効力がある、と、云うことである。
さらには、中性脂肪の値や、悪玉コレステロールを減らし、糖尿病の予防や改善にも効果がある。
とりわけ、ビタミンB1の摂取効率を上昇させ、滋養強壮、疲労回復、不眠解消、神経鎮静の作用があることは、いままでにも繰り返し述べてきたところである。
玉葱、と、云うと、切ったときに涙を催させるあの刺激や、独特のにおいが厭だ、と、云う人もいるようだが、あの刺激やにおいの素こそ、栄養の素なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:53 | - | - |
美空ひばりの命日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は美空ひばりの命日なのだそうだ。
美空ひばりを知らない日本人はいないだろう、と、思われるが、なにしろ、日本が米国と戦争したことがある、と、云うことを知らない人間がいる、と、云われるご時世である。念のためにWikipediaより引用すると、“12歳でデビューして「天才少女歌手」と謳われて以後、歌謡曲・映画・舞台などで活躍し自他共に「歌謡界の女王」と認める存在となった。昭和の歌謡界を代表する歌手であり、女性として史上初の国民栄誉賞を受賞した。”と、ある。
芸能興行に絡む、山口組三代目組長との醜聞なども存在したが、彼女を慕うファンはいまなお各界に多く存在する。
あの傲岸不遜を以てなる松山千春氏でさえ、「プロの歌い手、と、云えるのは、亡くなった美空さんくらいだろうな」と、述べていたくらいである。
その忌日、すなわち今日は、“林檎忌”あるいは“麦の日”とされている。
Wikipediaによると、“ヒット曲「リンゴ追分」から「林檎忌」、「ひばり」という名前にちなみ、麦畑が鳥のヒバリの住処となることが多いことから「麦の日」と呼ばれている”のだそうである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
昭和歌謡とも麦雲雀とも、いっさいまったくなんの関係もない、いたって非文化、非自然な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
世界音楽の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、ささみの味噌漬け(4個)、ブロッコリの塩昆布和え


ささみの味噌漬けがなくなった。1パックで3食分料理られたわけだが、2食分にしてもよかったかも知れない。今回は、揚げないイワシフライに、豚肉の生姜焼き、と、他の献立もあったので、よけいにそう思う。
副菜は冷凍保存のものばかりを使った。おかげでだいぶ、冷凍室が片付いた。とは云え、いつ冷凍保存したか不明なものが、まだまだあるのだが……。
豚肉の生姜焼きも、漬け込んだのがまだ残っている。2〜3食分はあるだろう。これは土日で消費するか、なんなら月曜の昼晩で消費してもいい。
漬け込んで冷蔵保存しているので、そうそう傷みもするまい、と、タカをくくっている。
それにしても、大阪はいつから梅雨になるのだろう。6月も下旬に差しかかったと云うのに、いっこうに梅雨入りする気配がない。
雨でジメジメした日が続いたり、どんよりと垂れ込めた暗雲に圧迫されて蒸し蒸しと息苦しい日ばかりになったり、豪雨災害で人命や財物が被害したり、と、云ったことは、当然、御免蒙りたいのだが、だからと云って、梅雨に梅雨らしい雨が降ってくれないと、またぞろ米の値が上がったり、野菜価格が高騰したり、と、ろくなことにならない。
まあこれも天候に云わせれば、
──空気やオゾン層や海洋を、散々汚染させたり、破壊したり、ゴミだらけにしといて、手前勝手なことばかり抜かすな!
と、云うことになるのだろうが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:49 | - | - |
世界音楽の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“世界音楽の日”だそうである。
Wikipediaによると、“1976年に、当時フランスの放送局に雇用されていたアメリカのミュージシャンジョエル・コーエンが提唱した、夏至の日を音楽で祝う音楽祭”なのだそうである。
夏至、とは、云うまでもなく、1年で一番昼が長い日である。
正確には、“太陽黄経が90度のとき”を指すため、その年によって夏至の日は変わることがある。今年は翌22日が夏至である。
この日は世界各地で、さまざまなお祭り、festival、event、等が行われる。
民族風俗伝承に基づくものが多い、と、思われるのだが、この“世界音楽の日”が提唱された背景には、そのような祝祭の雰囲気が、北半球、それも西欧世界を主として、色濃く伝承されてきた背景があるのであろう。
閉塞感の漂う昨今、こう云ったお祭り、festival、event、等が開催されるのは、大いに好ましいことである。ただし、お祭り、festival、event、等と、バカ騒ぎ、乱痴気騒ぎ、との区別がついていれば、だが。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
夏至とも冬至とも、お祭りともバカ騒ぎとも、まったく一切なんらのつながりもない、いたって無風流で節度をわきまえた、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:47 | - | - |
ペパーミントの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、豚肉生姜焼き、菠薐草のごま和え、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


久しぶりに勘定してみたのだが、野菜は8種類、摂取できているようだ。
豚肉生姜焼きの玉葱、菠薐草のお浸しの菠薐草、生野菜サラダのサニーレタス、キャベツ、胡瓜、トマト、茄子とゴーヤの佃煮の茄子とゴーヤ、しめて8種類、で、ある。
目標の7種類を超過しているので、上出来ではあるのだが、欲を云えば、みそ汁か生野菜サラダに、ニラ、もやし、貝割、を、入れて、11種類にしたい。
量はともかく、野菜の種類は、いかに多く摂取しても、多すぎることはあるまい。
糖質、脂質、たんぱく質、の、いわゆる三大栄養素のうち、どうも糖質が節酒しすぎの感がある。朝6枚切りのトーストが2枚、昼の弁当で麦飯お茶碗2杯分、そして晩に丼半分、なのだから、けっして少なくはない。麦を混ぜているので、その分軽減はされているだろう、と、云うのが、いささかの慰めである。
脂質は低い方だろう。現に勤め先の健康診断でも、コレステロール値は、基準値をはみだして低い。
たんぱく質も、あまり摂取していないように見えるかもしれないが、1日に卵3個、そして獣肉か魚肉かは、かならず主菜として、昼食の弁当や晩食の1品に含めている。ミニ豆腐の冷奴も納豆も、立派なタンパク質食材である。
こうして見ると、非常に栄養バランスの取れた、立派な献立群に思えるのだが、如何だろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:03 | - | - |
ペパーミントの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、豚肉生姜焼き、ブロッコリの塩昆布和え


梅雨バテ予防──と、云っても、わたいの居住地域は、まだ梅雨入りしていないが──に最適な、疲労回復滋養強壮栄養満点の献立である。
みそかつおにんにくをトッピングした麦飯は、オリザニン(ビタミンB1)とアリシンの配合によって、オリザニン(ビタミンB1)の消化吸収を効果あらしめて疲労回復を促進する。
同様の栄養素を含有し、したがって、同様の効果を発揮するのが、豚肉の生姜焼きである。こちらにもにんにく(ただし、チューヴもの)を入れてある。
豚肉はオリザニン(ビタミンB1)を豊富に含み、玉葱にはにんにく同様、アリシンが多く含まれている。肉体疲労時の栄養補給には、おススメの献立である。
──この頃疲れがひどいから、スタミナ増強に、ステーキを!
などと、非効率なことを考えてはいけない。コスト・パフォーマンスなるものを考えれば、牛のステーキなんぞよりも、豚肉の生姜焼き、で、ある。
ブロッコリが多くのビタミン群やミネラルを含んでいることは、これまでにもしばしば記してきたところである。
ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、鉄分、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、と、まさに、サプリ要らずの好食材である。
ブロッコリを食さないでサプリメントを買い漁っている連中など、まったく本末転倒、金の無駄遣いもいいところである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |
ペパーミントの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“ペパーミントの日”の日だそうである。
Wikipediaによると、“ハッカが特産品の北海道北見市まちづくり研究会が1987年に制定”したもので、“「はっか(20日)」の語呂合せ”なのだそうである。はつか=ハッカ、と、云うのは解るが、それではなぜ“6月”の20日なのか、と、云うと、“6月は、この月の北海道の爽やかさがハッカそのものであるとのことから”だそうである。これはいささかクルシイ。
ハッカ、と、書くと、いかにも舶来後のようであるが、じつは日本語である。「薄荷」と書く。「ミーハー」と並んで、舶来語と誤解されやすい日本語の双璧である。
わたいの場合、ペパーミント、と、云われて脳裏に反射するのは、ペパーミント・カクテルと、メンソールの煙草である。
昭和の末年から平成の初めにかけて、日本でもメンソールの煙草が流行したことがあった。爽快感のある、オシャレなタバコ、と、云うことで、若い女性のみならず、男性陣にも愛好する人が増えたものである。
散作によると、ジェームズ・ボンド・シリーズの一編、『ダイヤモンドは永遠に』と云う作品のなかに、「彼女は薄荷の煙草を取り出して口にくわえた」と云う意味の描写があるそうで、、
──いまなら、「メンソールの煙草を〜」と、訳すだろうな。
と、笑っていた。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
酒とも煙草とも縁のない、いたって健全健康な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:54 | - | - |
ロマンスの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、ささみの味噌漬け(3個)、菠薐草の胡麻あえ、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


先々週だったか、某国の放送協会が、大豆が筋力増強や脂肪分減少に効果がある、と云う意味の内容の番組を放送していた。
「やめてくれ〜!」
と、悲鳴を上げそうになった。
翌日から、ほぼ空になった大豆製食品──納豆や豆腐、油揚げに厚揚げなど──の食品ブースが、瞼の裏に去来したのである。
ところが、で、ある。その放送以来、いつ行っても、いつもと変わらぬ量の商品が並んでいるのである!
お店の仕入れ担当者のかたがたのヨミと熱意によるものか、生産元の確保がしっかりしているのか、それとも現在住んでいる場所の人びとの分析力&判断力が優れているのか……、なんにせよ、すばらしいことである。
おかげをもって、晩食卓の定番である、納豆も、ミニ豆腐の冷奴も、欠かすことなく、食し続けられているのである。
願わくば、あんな、いわゆる“情報番組”は、食以外の健康に関するものか、洗濯、掃除、食器類の後片付けなどに関するものに、その演題を限定して欲しいものである。それならば、だれに迷惑をかけるものでもなかろう。
プロ野球に限らず、なにごとにせよ、にわかファンやトビツキなどは、従来からのファンや愛好者にとっては、迷惑千万、顰蹙この上ない存在なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:47 | - | - |
ロマンスの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(奈良漬け)、ささみの味噌漬け(4個)、ブロッコリの塩昆布和え


ささみの味噌漬けも久しぶりである。以前にいた仕事場の女性に教えてもらって以来、ほとんど病みつきになっていたのだが、ここしばらくは料理っていなかった。
別に、飽きた、とか、キライになった、とか、そう云うわけではない。ただたんに、他の献立を料理る気になっていた、と、云うだけである。
と、云うことは、お気に入りの献立が久しぶりになるくらいに、料理れる献立の種類が増えた、と、云うことであろうし、また、新たな献立に挑戦しようと云う意欲も衰えていない、と、云うことであろう。よろこばしいことである。
冷凍保存しておいたブロッコリも、順調に消費されていっている。結構なことである。塩昆布以外で、なにか味付けになるものはないだろうか。なんなとありそうではあるのだが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:45 | - | - |
ロマンスの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“ロマンスの日”だそうである。
Wikipediaによると、“日本ロマンチスト協会が制定”したもので、“「本当に大切な人と極上の1日を過ごす」ことを推奨している”のだそうだ。
ちなみに、この日が選ばれた理由は、“「ロマン(6)チッ(1)ク(9)」の語呂合せ”なのだそうである。
いつもながらに、強引な理由づけである。まるで某国の諸大臣による、国会答弁である。そこまで下品ではないか。
これまたいつも思うのだが、なんなと協会だの協議会だのがあるものである。教会や協議会を設立すると、なにかトクなことでもあるのだろうか。
この日本ロマンチスト協会なるものは、“「大切なパートナーとの持続可能な関係づくり」実現に向け、ロマンチスト育成プログラム「6つのアクション」と倦怠感削減のプログラム「3R」を全日本に共有し実践している”そうである。
ひと昔前までなら、この「パートナー」と云う語は、「配偶者」、「恋人」などと表現されていたのであろうが、近年、いわゆるLGBTや正式な婚姻関係にない、事実上の婚姻者など、いわゆる多様な家族のありかた、とやらに配慮して、「パートナー」などと表記するようになったのであろう。ご苦労なことである。
どうせなら、わたいのようなひとりもの、いわゆる「大切なパートナー」のいない人間にも、相応の配慮をしてほしいものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
大切なパートナーはもとより、大切でないパートナーとも縁のない、いたって殺風景な、色気も潤いもない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:43 | - | - |
おにぎりの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、揚げないイワシフライ、菠薐草の胡麻あえ、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


揚げないイワシフライがなくなった。もうなくなったのか、と、感じるのは、今回の“揚げない”が、上手くいったためであろう。実際、初めて料理ったにしては、上出来だった。これでまたひとつ、お気に入りの献立が増えたわけである。よろこばしいことである。
こんなことなら、もう1パック買っておけばよかったが、先のことは分らないのだから、やむを得まい。次回は多めに料理ることにしよう。
茄子とゴーヤの佃煮の量が多すぎたため、味付けは大丈夫かな? と、いささか不安であったが、絶妙な味になっていた。まだまだ滲み込み、と、云うか、馴染みが浅いようにも思うが、次第にまろやかに混ざり合っていくことだろう。明日あたりには、いい塩梅になっていると思う。
茄子もゴーヤも、旬、と、云うには、いささか早いが、時季の野菜である。どちらも栄養タップリで、おススメの食材である。とりわけ夏には、摂るのに積極でありたい食材である。夏は食物が傷みやすい季節だが、佃煮や漬物にすれば、多少は保つだろう……と、思っている。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
おにぎりの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、揚げないイワシフライ、ブロッコリの塩昆布和え


今回は青菜類があまり買わなかった。小松菜が売り切れていたからでもあるのだが、冷凍室が満杯で、そろそろ消費しないといけなくなってきたためでもある。
そんなわけで、ブロッコリの塩昆布和え、で、ある。生のブロッコリには檸檬の2倍ほどのビタミンCが含まれており、ほかにも、カロテン(ビタミンA)、ビタミンB1、B2、カリウム、リンなどが豊富に含まれている。
ビタミンB1はアリシンと結合して糖質の代謝を促進し、疲労回復に効果あらしめる。
ビタミンCを多く含む食材、と、云えば、みかんやもやしなどが思い浮かぶであろうが、ブロッコリも負けてはいない。ブロッコリにビタミンCが多く含まれている、と、云うことは、案外知られていないのではないだろうか。
ブロッコリは、栄養の宝庫、とも呼ぶべき野菜で、免疫力を高めて、ガンの予防に役立つとともに、シミ ソバカスを防いで美肌効果をもたらし、 老化防止や風邪の予防にも、その力を発揮する。実に重宝な食材である。シチューに入れるくらいしか使い方を思い浮かばない人も多いかも知れないが、温野菜サラダや炒め物に使うなど、前向きに取り入れたい食材のひとつである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:47 | - | - |
おにぎりの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“おにぎりの日”だそうである。
Wikipediaによると、“石川県鹿西町(現:中能登町)の竪穴式住居跡の遺跡から、日本最古のおにぎりの化石が発見されたことで、鹿西町が「おにぎりの里」としての町興しのために制定した”のだそうで、“鹿西のろく(6)と、毎月18日の「米食の日」から6月18日が選ばれた”のだそうである。
わたいは和食礼讃、和食推進派をもって任じているのだが、ご覧のとおり、朝食は洋食である。
朝からご飯は食べられない、と、云うわけではない。かなり以前は、起きたばかりのときは、頭のみならず、消化器系統も寝ぼけていたようで、とても和食のボリュームは食べられなかったのだが、現在はそんなこともない。
旅館などで和朝食のときなどは、ご飯大盛3杯は食べる。バイキング形式だと、3回は取りに行く。
ただ家にいる場合、朝は時間がないのである。ご飯と味噌汁だけならともかく、お菜を準備しているヒマがない。
そんなわけで、朝はいつも、ご覧のとおりの、洋食なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:45 | - | - |
ストロベリームーンの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、揚げないイワシフライ、菠薐草の胡麻あえ、生野菜サラダ、茄子とゴーヤの佃煮、冷奴、納豆、味付海苔


久しぶりに、茄子とゴーヤの佃煮を料理ってみた。今回は茄子が非常に廉く、ハンドボールくらいの袋に一杯で、180円(税抜)だった。これにゴーヤを2本張り込んだ。それほどの量を料理る気はなかったのだが、ビタクラフトのフライパンから溢れかねないほどになってしまった。
それでも時間をかけて煮詰めていけば、嵩は減る。たしかに嵩は減ったが、それでもタッパーに一杯になってしまった。当分はこれでいけそうである。
菠薐草の胡麻和えは、冷凍保存しておいた菠薐草で料理ったものである。やはり最近は、小松菜が廉価なのであろう、わたいが買い出しに行ったときには、すでに店頭からなくなっていた。それで菠薐草を買ってきたのだが、菠薐草なら、以前に湯掻いて冷凍保存しておいたものがある。そんなわけで、それから消費していこう、と、云うわけである。
先日やっと使い切ったすりごまも、近所のスーパーで買ってきた。いくらチャック付きの袋で密閉保存できるとは云え、長いこと使っているうちには、やはり、風味も落ちてくるものである。まあそれでももったいないから、最後まで使い切りはするが。
ドレッシングも去年から持ち越しの分はすべて使い切ったし、これで新たな気もちで、新1/2年を迎えられる!?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |
ストロベリームーンの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、揚げないイワシフライ、小松菜のわさび和え


揚げないイワシフライは、人生初挑戦である。揚げない唐揚げ、揚げないコロッケ、揚げないトンカツ、に続く、“揚げない”シリーズ 第4段、である。
揚げ油が少々少なかったようだが、それでも初回にしては、まずまず上手く出来上がったほうだろう。
ソースは、例によって、小ぶりのものを、仕事場の冷蔵庫に置いてある。いちいちタレ壜にソースや醤油を入れていられない。朝の多忙な時間帯に、そんなことをしているヒマはないし、忘れずにいられる記憶力もない。前日に準備するほどマメでは、もちろん、ない。
幼少時、よく宿題を忘れて、母親に、
──なんで前の日からちゃんと準備しとかへんの!
と、怒られてばかりいたことを思い出す。
三つ子の魂は百までであるようだ。
小松菜のわさび和えは、先週の残りである。これくらい置いておいた方が、味が滲み込んで、かえって好ましい。もっともそうなると、もはや副菜、と、云うよりは、漬物、の、領域かも知れないが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:42 | - | - |
ストロベリームーンの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“ストロベリームーン”の日だそうである。
ストロベリームーンとはなにか、と、云うと、文字どおり、月がいちごのように赤色やピンク色に見える現象のことで、例年6月頃に見ることができる(かもしれない)そうである。それが今年は、今日なのだそうである。
アメリカの原住民が、いちごがたくさん収穫できる時期に見られるので命名した、と、云うのが、通説なのだそうである。アメリカの原住民も、いちごを栽培していたのか、と、思うと、なにやら親近感がわく。
ちなみに、ストロベリームーンの画像を待ち受けにすると、恋愛面での効果が期待できる、とのことである。だれが云い出したのかは解からないが、花鳥風月の諸現象に神秘の意味を見出す、いかにも東洋風の雅趣である。
ところで、近年とみに、スーパームーンだの、ナニナニムーンだの、と、云った言葉を耳にするようになったような気がするが、これはひょっとして、例のあのアニメーションの影響だろうか?
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ストロベリーとも、アメリカの原住民とも、東洋風の風雅とも、一切かかわりのない、いたって殺風景な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:39 | - | - |
手羽先記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、小松菜のわさび和え


百聞は一見に如かず。ご覧のとおり、この献立、と、云うことは、今週分のお菜はほぼ消費した、と、云うことである。
ほぼ、と、云うのは、小松菜のわさび和えが、あと1食分残っているからである。これは土日の両日で消費するか、週明け月曜まで残しても、差支えはない。
今週は夏日ギリギリの好天気が続いたが、週末は雨模様である。
わたいのようなひとりものは、布団干しや、大物の洗濯は土日でないとできないので、週末が雨だと、生活上、大いに困惑する。
基本、内勤なので、平日仕事中に雨が降る分には一向にかまわない。週末だけは、好天気になってほしいものである。
それはともかく、来週分であるが、今週は図らずも、鶏肝+魚肉(ブリ)となってしまった。
来週は豚肉メインで行こうと思っている……が、どうなるかは分らない。
所詮、予定は未定、なのである。
そう云えば先週、イワシが発泡スチロールに1箱で300円(税抜)だった。今週もあれば、衝動買うかもしれない。そしたら、イワシのフライにでも、挑戦してみようか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:01 | - | - |
手羽先記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“手羽先記念日”だそうである。
Wikipediaによると、“名古屋市で手羽先店チェーン「世界の山ちゃん」を展開する株式会社エスワイフードが制定”したのだそうで、“1981年の「世界の山ちゃん」の創業記念日”なのだそうである。
手羽先が名古屋の名物(?)であることは知っていたが、「世界の山ちゃん」なるチェーン店の存在は、不明にして知らなかった。第一、手羽先に特化した店があることも、そのチェーン店が存在することも、まるで知らなかった。
鶏の唐揚げや焼鳥類は大好物で、特に鶏皮の塩焼きがお気に入りである。
ときには、ビールよりも、鶏皮の塩焼き自体が目当てで、焼鳥屋に足を運んだこともあるくらいである。1〜2度、自分で料理ってみたことさえある。鶏もも肉だったかむね肉だったかの皮だけを、パリパリに焼いたのである。
そんなわたいでも、失礼ながら、手羽先はあまり好きではない。食べるときに油脂が手に附着して、ベタベタするのである。
そんなわけで、申し訳ないが、手羽先は敬遠している。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
鶏の唐揚げとも焼鳥類とも、手羽先とも足先とも、まったく関係のない、いたって簡素であっさりした、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:47 | - | - |
FMの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布、にら)、ピーマンの肉詰め(3個)、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


ピーマンの肉詰めは、以前(先週?)料理って、冷凍保存しておいたものである。
主菜にするお菜がなくなったので、冷凍室から出したのである。冷凍保存できる献立は、こんなとき便利である。
今日は外回りの仕事だったので、昼食の記事はない。めずらしいことである。
最高気温30度の外回りだと云うのに、準備しておいた500mlペットボトル入りの麦茶を持ってくるのを忘れてしまった。日焼け止めローションを塗るのも忘れた。
およそ、熱中症対策にも、紫外線予防にも、本気で取り組んでいないことをみずから認めざるを得なかった。
日焼け止めは、昔は文字どおり、日焼け対策、すなわち美白美肌のためだったのだが、当今は紫外線予防、すなわち皮膚ガンをはじめとする皮膚疾患予防のため、と、その認識が変化している。けっこうなことである。けっこうなことではあるが、知識として理解はしていても、日常生活において実践できなければ意味のない知識も、往々にしてあるのである。
それはともかく、そんなわけで、昼食時、ならびに仕事場に戻ってからは、しきりに水分を補給した。
みなさまにはくれぐれも、今日わたいが行ったような命知らずな真似はなさらないよう、ご注意申しあげる。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:19 | - | - |
FMの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“FMの日”だそうである。
Wikipediaによると、“F・Mがそれぞれアルファベットの6番目と13番目であることから”制定されたもので、“周波数変調の起こりとは全く無関係で制定年も不明”と、いささか心細い説明である。
ちなみに、「周波数変調」とは、“情報を搬送波の周波数の変化で伝達する変調方式”であり、“FMラジオ放送、アマチュア無線、業務無線(航空交通管制を除く。航空交通管制では振幅変調が利用されている)、アナログテレビジョン放送の音声信号(FMラジオの受信機でも聴くことができたのはこのため)などに広く利用される”のだそうである。
TVをあまり観ない代わりに、ラジオはよく聴く。しかしもっぱらAMで、FMは全然聴かない。AMよりFMのほうが音がいいのは、音痴なわたいの耳でも判るのだが、それにもかかわらず、AMしか聴かないのは、聞きたい番組がないためと、アンテナを伸ばすのがめんどくさい、と、云う、いかにもわたいらしい理由からである。
俗悪と偏向と阿諛追従の番組ばかり垂れ流すTVよりも、ラジオのほうがなんぼかマシである。これを機に、みなさまも、ラジオのよさを見直されてはいかがだろうか?
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
FMともAMとも、TVともラジオとも、まったくつながりのない、いたってアナログな、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:17 | - | - |
恋人の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布、にら)、ブリの素焼き、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


昨晩は即席みそ汁と生野菜サラダに、にらを入れるのを忘れてしまった。にらは生食できるので、意外と調法な食材なのである。汁物に入れても良し、サラダに入れても良し、ご飯にのせても良し、で、ある。
不足しがちなビタミンAを豊富に含み──一説によると、100gで成人男子の1日の必要量の約9割をまかなえるとか──、菠薐草に匹敵するほどのカルシウムを含有している。
臭いが気になる、あの臭いがイヤだ、と、云う方もいらっしゃるようであるが、例によって、わたいはいっこうに気にならない。
にらも葱もにんにくも焼肉も餃子も納豆も鶏肝も、臭いがイヤだ、と、思ったことはない。と、云うよりも、臭いを意識したことはない。
柔軟剤も、皮膚が痒くなることはあっても、においを感じるとか、においで体調がどうにかなるとか云ったことは、まったくない。
これすなわち、嗅覚が鈍磨されているのであろう。
ただ、香水の臭いだけはカンベンしていただきたい。香水のにおいは、種類によっては、皮膚のかゆみだけでなく、頭痛、吐き気、めまい、などの症状が惹き起こされ、酷いときには、敵愾心さえ湧きあがってくる。
そんな香水のにおいを振りまいている人間が、「焼肉ぅ〜? あり得なぁ〜い! あれって、においがさぁ〜、服とか、髪とかについてさぁ、サイアクじゃん……」などと云おうものなら、問答無用で、浅野内匠頭をやりたくなる。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:43 | - | - |
恋人の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、ブリの照り焼き、小松菜のわさび和え


ピリ辛きゃら蕗がなくなった。意外に早くなくなるように思うのは、1食当たりに入れる量が多すぎるからであろうか。ちゃんとした(?)お菜があるのだから、片隅に、申し訳程度に添えておくだけでいいような気もする。
昨昼食の弁当に入れたブリの素焼きもそうだったが、今日の照り焼きも、いつもと微妙に味が違う。いつもは養殖のブリばかりなのだが、今回のは天然ものである。養殖であろうが天然であろうが、わたいごときに味の違いが判るものか、と、思っていたが、そうでもなかったようである。
醤油をかけても、照り焼きにしても、味の違いが判るのだから、わたいの舌も、まだまだ捨てたもんではない。
写真では、小松菜のわさび和えの量が多いように思われるが、錯覚である。ブリの身が下に隠れているうえに、小松菜自体、ふんわりと入れてあるのである。あまりギュウギュウ詰めにすると、小松菜に滲み込んでいたわさび醤油が出てしまうのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:41 | - | - |
恋人の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“恋人の日”であるらしい。
Wikipediaによると、“ブラジルにおいて縁結びの聖人とされるアントニオの命日の前日であり、当国では恋人同士でフォトフレームを贈り合う習慣がある”と、あり、ブラジルでの話であるらしい。ところが、“日本でも普及を狙い1988年に全国額縁組合連合会によって制定”された、と、云うのだから、いかにも日本らしい。
外来文化を摂取するにやぶさかでない、と、云えば聞こえはいいが、引用にもあるとおり、その普及を狙って制定したのが、全国額縁組合連合会なる組織、と、云うのだから、商売ッ気マンマンである。
愛情による個人のつながり、恋愛感情を基礎として相手を一人の人間、個人として尊敬し、その尊厳を共有し合う、と、云う、もっとも崇高に純化された精神形態の一段階に対しては、なんらの関心もないと見える。浅ましいことである。
バレンタイン・デーはチョコレート、ホワイト・デーはマシュマロやクッキー、ハロウィンはコスプレ・グッズで、クリスマスはケーキ……。
どうせなら、サン・ジョルディ―の日を流行らせて、本を読む人を増やすようにしたらいいのに、とは、もちろん、散作の言である。
わたいとしては、6月6日の芸事の日を流行らせて、みな──とりわけ、定年退職した高齢者男子──が、趣味習い事をはじめて、充実した、心ゆたかな老後を過ごせるよう試みてはいかがであろうか、と、思うのだが、いかがであろうか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
恋人とも額縁とも、外来文化の変態受容とも、まったく関係のない、いたって非文化で殺風景な、いつもながらの朝食である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:39 | - | - |
梅酒の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、ブリの照り焼き、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、冷奴、納豆、味付海苔


生野菜サラダにいつも入れているキャベツを、今回は入れ忘れた。他の野菜類は、駅前商店街の店で買うのだが、キャベツだけは、近所のスーパーで買う。キャベツ1/2個は、駅前商店街の店では売ってないのである。キャベツ1/2個でも多すぎるかもしれないのに、いくら廉いからとは云え、1玉買う気にはなれない。
そんなわけで、キャベツは近所のスーパーで買っているのだが、それを最近、よく忘れるのである。齢のせいか、それともなにかの病の前症状だろうか……。
値段が同じだったので、レタスではなく、サニーレタスを買ってきた。レタスのほうが広く知れ渡っているので、ついついレタスに手が伸びてしまうが、何度も記しているように、栄養面から云えば、サニーレタスのほうが断然上なのである。
レタスやサニーレタスの下の方(茎?)の白い部分を食べると、夜よく眠れる、と、云うことを、以前なにかで聞いたか読んだかしたおぼえがある。ただし、イケメン、ならぬ、新鮮なものに限るようだが。
これから寝苦しい季節が到来するが、一度試して見られては如何でしょうか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
梅酒の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(にんにくみそ)、ブリの素焼き、小松菜のわさび和え


にんにくみそがあったのを思い出して、トッピングにしてみた。
賞味期限はとうに切れているが、1年は経っていないので、味はともかく、健康上どうこうはなかろう。第一、味噌もにんにくも、保存食である(ハズである)。
天然ぶりが廉かったので買ってしまった。本来は豚肉の小間切れか切り落としで、生姜焼きを料理るつもりだったのである。一種の衝動買いであるが、衝動買いをしても、ちゃんと献立を変更できるだけレパートリィが増え、柔軟性(?)が得られるようになったのは、我ながら大したものである。
醤油は仕事場に常備してある。魚の素焼きか、お浸し、あるいは胡麻和えのときくらいにしか使わないが、それでもあるとないとでは大違いである。とりわけ焼魚や刺身などは、醤油がないと味わいが半減してしまう。
小松菜のわさび和えは、もはや定番を通り越して、テッパンである。
サッパリしていて、シャキシャキしていて、食べていて実に気持ちがいい。おまけに栄養も豊富なのだから、云うことなし、で、ある。
ただ味付けが薄めになってしまうのが残念だが、これは素材に罪はない。わたいの料理りように罪があるのである。2度に分ける手間を惜しんで、いっぺんにやるからいけないのである。やはり余裕と云うものは、なにかにつけて大事なものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:47 | - | - |
梅酒の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“梅酒の日”である。
精確に云うと、2004年(平成16年)にチョーヤ梅酒株式会社が、“6月の入梅(にゅうばい)の日を「梅酒の日」と制定(日本記念日協会認定)することに”し、その入梅の日が、今年は6月11日だ、と、云うわけである。
チョーヤ梅酒株式会社のHPによれば、“この頃から食中毒や夏バテ対策として梅酒を飲用し、また梅酒の原料である青梅の収穫がピークを迎え梅酒を造る時期でもあることから、…(略)…梅酒にかかわりの深い、入梅の日を「梅酒の日」とすることに”したのだそうである。
わたいも梅酒はよく飲んだものである。呑み口さわやかで、サッパリして口当たりがよく、梅雨時のジメジメした季節には格好である。惜しむべきらくは、その性質上からか、ジュースのように甘ったるい製品が多いことである。もうちょっと、甘さを控えてくれれば、云うことはないのだが。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
梅酒とも食中毒や夏バテとも、一切まったく金輪際かかわりのない、いたって安心安全な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:45 | - | - |
歩行者天国の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布、にら)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、冷奴、納豆、味付海苔


主菜(鶏肝の生姜煮)も第1副菜(小松菜のわさび和え)も、昼の弁当のお菜と重なってしまったが、やむを得ない。
鶏肝はあまり日持ちがしないので、できるだけ早く食べ切ってしまわねばならない。保って2日、日曜に料理るので、精々が火曜まで、で、あろう。
鶏肝(あるいは、鶏肝に限らず、レバー類)は、臭味があるので嫌いだ、と、云う人もいるが、わたいはいっこうに苦にならない。
生姜とにんにく、それも、チューヴ製品ので、充分、臭味は取れる。
中には牛乳に浸したり、沸騰したお湯に潜らせて氷水につけたり、冷ました緑茶に浸したり……と、さまざまな方法があるようである。
わたいは血抜きをした後、酒、砂糖(もしくは味醂)、薄口醤油にチューヴの生姜とにんにく、で、充分である。それで別に、臭味も嫌味も感じない。
できれば内閣閣僚や経済界のお偉方などは、酒、砂糖(もしくは味醂)、薄口醤油にチューヴの生姜とにんにくの混ぜ汁で顔を洗ってから、人前に出てほしいくらいである。そうすれば、少しは臭味や嫌味も除れるだろう。欲を云えば、その混ぜ汁の風呂に入浴して欲しいのだが、そこまでは求めない。
小松菜のわさび和えは、1束=98円(税抜)だったのを、4束買ってきた。今回は瞬時の差で、菠薐草が売り切れてしまったのである。
その4束で10食分出来た。つまり、月〜金の昼と晩の分が賄えたのである。98円×4束×1.08≒423円で10食分である。と、云うことは、423円/10食分=42円30銭となる。細かく云えば、味付けに使用した、チューヴわさび、あごだしの顆粒、濃口醤油の価格も反映させるべきなのだろうが、そこまでは考えない。それを仮に、1食分70銭としても、1食あたり43円である。栄養価や食べ応えなどを勘案すれば、驚くほど廉い。試みに、どこかの外食店で、同量(あるいは半量でもいい)の、小松菜のわさび和えを註文してみれば、はたして幾らぐらいするだろう。博雅の士の教えを乞いたい。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:18 | - | - |
歩行者天国の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え


先週は思いっ切りシンドかった。シンドかった、と、云うよりは、怠かった。いかにも梅雨時の倦怠感、湿気の多さや低気圧の重苦しさがもたらす重圧感、そんな体調と心調に支配された一週間だった。
こんなときは、精をつけねばならぬ、と、云うわけで、鶏肝の生姜煮を料理った。
鶏肝は、低脂質、高タンパクで、そのうえビタミンB群がまんべんなくふくまれており、滋養強壮、疲労回復、貧血防止、眼精疲労の緩和などに、効果バツグンであることは、これまでにもたびたび記してきたところである。
わたいが鶏肝の生姜煮を食べだしたそもそもの契機も、夏バテ予防のためであった。当時テニス部に所属していたわたいは、夏の過酷な練習を乗り切るために、鶏肝の生姜煮を食べるようになったのである。おかげで当時は、夏バテとか、貧血などとは無縁であった。
これから梅雨に入り、いよいよ体力が蝕まれていく季節、極力、世木栄養素を摂取するよう、心がけねばならない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:15 | - | - |
歩行者天国の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“歩行者天国の日”だそうである。
Wikipediaによると、“1973年のこの日に銀座から上野までの5.5kmで日本初の歩行者天国が実施されたことから”制定されたのだそうである。
もっとも、おなじWikipediaでも、「歩行者天国」の項には、“日本初の歩行者天国がどれであるかは諸説ある”と記されており、“、「歩行者天国」という名称が一般的になる前から裏通りを中心に何回か実施されており、東京では1887年(明治20年)に神楽坂(牛込区、現新宿区)の縁日で初めて実施されたと言われている”と、ある。
なお“大規模なものは1969年(昭和44年)8月6日から12日間、北海道旭川市平和通で実験的に実施されたのが始まりである”とされ、“東京都内では、美濃部亮吉知事(当時)の提唱で、1970年(昭和45年)8月2日に銀座・新宿・池袋・浅草の4地区で初めて実施され、4大繁華街の目抜き通りで、午前10時から午後5時まで車道を歩行者に開放する試みがされた”らしい。
その後、防犯、風紀の乱脈、騒音、ごみなどの諸問題の深刻化により、廃止縮小されていったが、現在もなお、一部存続はしているようである。
しかし考えてみれば、”歩行者天国”とは不思議な云い方で、道路では、歩行者が第一に優先されるべきである。それがいつしか、車両が優先され、歩行者が片隅に追いやられている。
それが歩行者の安全を蔑ろにし、あまたの交通事故が絶えない一因となっているのである。なるほど、ある意味、歩行者“天国”である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
歩行者天国であろうが、歩行者地獄であろうが、まったく関係のない、いたって安全安心な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:02 | - | - |
ジャーナリストの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、ピーマンの肉詰め(3個)、菠薐草のお浸し


菠薐草のお浸しは、めずらしく(?)冷凍保存のものではなく、あらかじめ料理っておいたものである。今週分は、小松菜3束、菠薐草2束で賄えた。合計5束で9食分賄えたのだから、リーズナブルである。
菠薐草は胡麻和えにしようと思っていたのだが、すりごまが昨晩食でなくなったので、やむなくお浸しにした。かつお節くらいかけてくればよかったが、朝の忙しない時間帯に、そのようなことが思い浮かぶ暇もなかった。
ピーマンの肉詰めは、こちらは、冷凍保存しておいたものである。1度の解凍(温め直し)ではまだ冷たかったので、2度やったら、今度は熱すぎた。最初の解凍だけにして、あとは自然解凍に任せればよかった。冷凍保存食品は、冷凍よりも解凍のほうが難しい。まぁしかし、これも慣れてくるにしたがって、コツがつかめてくるだろう。
さて来週だが、来週の献立は、めずらしく決定している。このところどうも身体の調子が悪い。特定の、どこがどう、と、云うのではないのだが、全体に怠くて、やる気が出ない。身体中が重く、液体のなかを動いているような感覚がする。そんなわけで、来週の献立は、滋養強壮、疲労回復に効果のあるものにしよう、と、目論んでいる。
ただ、その目論見どおりに行くかどうかは、まさに極楽の朝食……神の味噌汁、で、ある。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:03 | - | - |
ジャーナリストの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“ジャーナリストの日”である……と、云っても、これは日本でのことではなく、世界規模のものでもない。アルゼンチンでのことである……らしい。
Wikipediaによると、“1810年のこの日、五月革命を主導したマリアノ・モレノらが『Gazeta de Buenos Ayres(ブエノスアイレス新聞)』を創刊したことを記念して1938年に制定”したのだそうである。
アルゼンチンの五月革命がどのようなものであったのか、不明にしてその詳細は知らないが、これもWikipediaによると、“ブエノスアイレスは当時リオ・デ・ラ・プラタ副王領の首都であった。この結果、5月25日に、副王バルタサール・イダルゴ・デ・シスネロスが失脚し、現地の政府プリメラ・フンタが樹立した。これらの出来事はアルゼンチンで「五月の週」(スペイン語 Semana de Mayo)として祝賀されている”とのことであり、“五月革命は、その2年前からのナポレオンに対するスペイン独立戦争への直接の反応であった”らしい。
なんにしても、革命の主導者が新聞を発刊した日を記念して、“ジャーナリストの日”とした感覚は素晴らしい。
そもそも近代国家における新聞と云うものは、どこの国においても、王権に対抗するために、市民国民の意見を広く知らしめ、その意思統一と結集を目途として創刊されたものであり、それは我が国においても例外ではない。
それが現代国家になると、権力の太鼓もちに成り下がるのだから、情けない次第である。
――この記事が イイネと総理が云ったから ○月○日は捏造記念日
などと云うことにならねばいいが……。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
新聞とも捏造とも、近代国家とも現代国家とも、新聞記者とも太鼓もちとも縁のない、いたって清廉潔白、公明正大な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:00 | - | - |
ロールケーキの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、とろろ昆布、乾燥わかめ、にら)、鰯の生姜煮、菠薐草のごま和え、生野菜サラダ、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


小松菜のわさび和えがなくなった。そんなわけで、菠薐草のごま和えである。これで、すりごまもなくなった。いい調子である。このままでいけば、料理ったお菜すべてを消費し尽くせる。けっこうなことである。
ピーマンの肉詰めが何個か残るだろうが、それらはみな、冷凍保存してあるので、問題ない。
鰯の生姜煮も、今晩で終りである。今回は残り物の生姜を使ったため、味わいに不満が残ったが、生姜の在庫がなくなったので、差引プラマイ零、で、ある(?) 次回料理るときは、新鮮な生姜か、チューヴのものを使うことにしよう。
生野菜サラダには、当然のように、ドレッシングをかけるのだが、このところずっと、シーザーサラダドレッシングばかりをかけていた。このドレッシングだけが残っていたので、早く使い切りたかったのである。
どうやら今回で使い切ったようなので、次回からは、新たなドレッシングの蓋を開けることが出来る。基本、ドレッシングだけは、毎日違うものをかけることにしていたのである。
夏場はやはり、サッパリした味のドレッシングが好ましくなる。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:02 | - | - |
ロールケーキの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、ピーマンの肉詰め(3個)、小松菜のわさび和え


ピーマンの肉詰めは、冷凍保存しておいたものである。前日の夜に冷凍室から冷蔵庫内に移しておき、今朝電子レンジで解凍したのである。
いい具合に解凍できていた。
肉ダネににらを入れたことは、以前にも記した。ごくわずかではあるが貧血気味なので、できるかぎり、造血作用のある食材を摂らねばならない。と、云っても、即座に思い浮かぶのは、にらと、レバーくらいである。
したがって、鶏肝の生姜煮や、にらを入れた献立などが多くなるのである。
若いときは血の気が多く(?)、献血には喜んで応じていたものだが、この齢になると、そうもいかなくなる、と、ボヤいていると、
──献血と鉄分不足は、関係ないだろう。
と、云われた。たしか以前は献血前に、鉄分含有量の測定が行われていたように思うのだが、勘違いだろうか? 血液の沈澱の速さで、比重かなにかの測定をしていたように思うのだが……。

| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |
ロールケーキの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“ロールケーキの日”だそうである。
Wikipediaによると、“ロールケーキの「ロ」の音と、「6」の形がロールケーキの巻いている形状に見えることから”、“小倉ロールケーキ研究会が制定”したのだそうである。
洋菓子にも和菓子にも、ほとんど縁がない。嫌いなわけではないのだが、わざわざ買ってまで食べようとは思わない。
年に1回か2回、ふと思い立って、クッキーやビスケット、饅頭などを買って来ることもないではないが、饅頭はともかく、クッキーやビスケットなどは、下手をしたら、1年以上、そのままほっぽらかしになっている、と、云うことが、よくある。知り合いの女の子にそのことを話したら、目を丸くして、信じられない、と、云った。自分でも、そう思わないでもない。食べないのなら、買わなきゃいいのに、と、思う。しかし、買うまでは、たしかに、食べたい、と、思っていたのである。
そんなわたいでも、ロールケーキは好きである。ショート・ケーキなどはまったく買わないが、ロールケーキはたまに買う。なぜなのかは分らない。まあ、趣味嗜好と云うのは、そう云ったものなのだろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
和菓子とも洋菓子とも、ショート・ケーキともロールケーキとも無縁の、いたって甘からざる、いつもどおりの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:56 | - | - |
ろうごの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、とろろ昆布、乾燥わかめ、にら)、ピーマンの肉詰め(3個)、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


べったら漬けが昼の弁当のトッピングと重なってしまった。やむを得ない。朝の忙しない時間帯に、晩の献立のことまで考えていられない。どうせ食するのはわたいだけなのだから、だれに迷惑をかけるわけでもない。だれに文句を云われる筋合いもない。それこそ、ひとりもののありがたさ、ひとりものの強み(?)である。
即席みそ汁や生野菜サラダだけではなく、ピーマンの肉詰めにも、にらが入っている。
順序から云えば、ピーマンの肉詰めの肉ダネに入れたにらが余ったので、即席みそ汁の具にしたり、生野菜サラダに加えたりしているのである。
にらを入れたおかげなのか、味にコクが出たように思う。気のせいかな?
玉葱は相変わらず、弱火でじっくりと、30分かけて炒める。別にその間、じっとフライパンの傍にくっついていなければならない、と、云うわけではない。安全を確認しながら、ちょこちょこ動いては、ちょこちょこ用事を片付けている。最初は30分も炒めるのか? と、思ったものだが、意外と時間の無駄にはならないようである。
以前料理ったときにはだいぶ表面を焦げ付かせてしまったのだが、今回は、“大丈夫か? 生焼けなんじゃないか?”と、心配になるほど、焼跡が付かなかった。多めに油を引いて、中火〜弱火でじっくり焼いたのが、功を奏したのかも知れない。
冷凍保存できることが判って、重宝な献立となったピーマンの肉詰め、肉ダネのヴァリエーションがひろがり、焼き方のコツがつかめれば、ますます料理るのが愉しくなるかもしれない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:59 | - | - |
ろうごの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(べったら漬け)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え


鰯の生姜煮の味付けがイマイチなのは、さすがに生姜が古すぎて、独特の香気が抜け切ってしまったため、と、思われる。食べる分には差し支えはないが、どうもやはり、物足りない。
小松菜のわさび和えも、味付けがイマイチだった。どうも今週は、味付けが薄めばかりになってしまったようだ。
健康のことを考えれば、それもいいのかも知れないが、味覚の充足と云う観点からすれば、やはり不満は残る。むつかしいところである。
救いになるのは、鰯も小松菜も、それ自体、いわゆる素材の味がすぐれていることである。薄味になっても、それ自体の味で、食べられる。気のせいかも知れないが、やはり昔ながらの商店街で買った食材に関しては、そう思ってしまう。これもいわゆるひとつの、偏見、思い込み、なのだろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |
ろうごの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダーチーズ


今日は“ろうごの日”だそうである。
Wikipediaによると、“六(ろう)五(ご)で「ろうご」(老後)の語呂合せ”と、云うことで、“神戸市老人福祉施設連盟が制定”したものだそうである。
少子高齢化が喧伝されて久しい。高齢者に関する様々な問題──高齢運転者による事故や介護施設での虐待など──が顕在している。
それぞれに固有の問題を内包しており、解決には相当の頭脳と時間と金銭と忍耐が要求される。
残念ながら、我が国にはそのいずれもが不足している。思い込みと自惚れと浪費癖と批難怒号には事欠かない。いずれもが、問題の解決には資さないばかりか、阻害するだけである。
わたいとしては、わたいが介護を要するようになるまでに、心優しい、美人でかわいくて、スタイルのいい、初音ミクのような介護用AIロボットが、廉価で購入できるような世の中になってくれることを願うばかりである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
高齢化とも少子化とも一切無縁の、いたって平穏無事な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:55 | - | - |
蒸し料理の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布、にら)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


昨晩から、みそ汁とサラダに、にらを入れてみた。
ピーマンの肉詰めに入れてみたものが余ったのである。
にらが、滋養強壮、疲労回復、肉体疲労時の栄養補給のみならず、精神疲労時の栄養補給にも、大いに効果を発揮しうる食材であることは、みなさんすでにご存じのことだろう。
早くも真夏日が訪れ、梅雨も近づこうかと云うこの季節を乗り切るには、格好の食材のひとつ、と、云えるだろう。
にら自体に疲労回復効果がある、と、云うよりも、にらに含まれているアリシンがビタミンB1と結合して、その消化吸収を効率よく促進してくれるのである。ビタミンB1は主に糖質の代謝を促進する機能を有する。そのビタミンB1の働きを効率よくするのが、にらに含まれている、アリシンなのである。
ちなみにこのアリシンは、にら以外にも、、長ねぎ、にんにく、玉葱、らっきょうなどに多く含まれている。
そしてビタミンB1を多く含む食材で有名なのは、豚肉である。
豚肉の生姜焼きが、疲労回復滋養強壮に効果あり、と、云われるのも、むべなるかな、で、ある。
わたいの食卓に、豚肉の姿は見当たらないが、それでもビタミンB1は摂取している。白米に麦を混ぜて主食としているのだが、その麦が、ビタミンB1を多く含む、ビタヴァレーなのである。それを、白米2に対して、1の割合で混ぜて炊いているのである。
暑くなったり、湿気が多くなったり、気温差が激しかったり、と、体調管理を促す要因には不足しない。着ていく服の調整も必要だろうが、食べる物の栄養バランスは、なおいっそう重要だろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:49 | - | - |
蒸し料理の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、ピーマンの肉詰め(3個)、小松菜のわさび和え


小麦粉を振りかけ忘れたにしては、肉ダネが剥離することもなく、穏当に焼きあげられた。
一応、塩胡椒で味付けはしてあるのだが、食べるときには、トマト・ケチャップと、ウスター・ソースをかける。本来なら、あらかじめ混ぜておいたものを使うのだが、弁当の場合は、そうはいかない。朝の忙しない時間に、そんなユーチョー(ゆうちょ i.e. 郵貯ではない、念のため)なことはしていられない。仕事場にトマト・ケチャップとウスター・ソースが置けるだけ、御の字である。
小松菜のわさび和えは、シャキシャキした歯応えがあってよろしい。慣れないうちは湯掻き過ぎて、フニャフニャになったりしていたのだが、最近はしっかりと歯応えがある。もっともこれは、時季によるのかもしれない。今頃の小松菜は、固めになるのだそうだ。まあ、もともと冬が旬の野菜らしいから、無理もないのかも知れない。
ふと思ったのだが、小松菜のわさび和えも、かつお節やごまなどをかけても、味が引き立つかもしれない。今度試しにやってみよう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:47 | - | - |
蒸し料理の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“蒸し料理の日”だそうである。
「今日は何の日〜毎日が記念日」と云うWebsiteによると、“ミツカンが制定”したもので、“六(む)四(し)で「蒸し」の語呂合せ”だと云うことである。
その伝でいくと、今日は、「蒸し」と付くものすべての記念日、と、云うことになる。
現に札幌市の日糧製パンは、今日をもって、蒸しパンの日に制定している。
他に、蒸し風呂、蒸し饅頭、蒸し鶏、蒸し焼き、茶碗蒸し、酒蒸し、土瓶蒸し、蒸し鮑……様々なものの記念日となりうる。まことに便利なものである。
蒸し料理は、必要な栄養分を散佚させず、余分な脂肪を落とすことによって、食べごたえや風味を損なうことなく、健康面にも配慮した、素晴らしい料理である。
こう云った料理は、東洋──主に中国と日本の独断場である。欧米諸国には、こんな素晴らしい料理法や、それによって産み出された数々の献立など、ありはしまい。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
蒸し料理とも、東洋料理とも無関係の、いたって簡素な、お手軽な、献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:45 | - | - |
ウェストン記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布、にら)、擬ハンバーグ(2個)、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


擬ハンバーグとは、いわゆるひとつのハンバーグ擬きのことであって、ピーマンの肉詰めで余ったタネを成形して焼いたものである。
それでも立派なハンバーグなのだろうが、元々、ピーマンの肉詰めを料理ろうとしていたのであって、ハンバーグを料理ろうとしていたわけではない。当初の目的から外れて出来たものは、あくまで、“擬(モドキ)”なのである。
小松菜のわさび和えは、今回も薄味になってしまった。わりと濃い目のわさび醤油にしたはずなのだが、やはり量が多かったものと見える。
3束で8食分くらい出来たのだから、コスパの面から見ると、ありがたい話ではある。
今回、生野菜サラダを料理るに際してキャベツを買い忘れ、近所のスーパーに買いに行った。直前にも、買い忘れがあって、おなじスーパーに買いに行ったのである。
忘れた、と、云えば、ピーマンの肉詰めを料理るさい、半分に切って種と中仕切り(?)を除いた内側に、小麦粉を振りかけるのも忘れた。さいわい、中の肉ダネが離れるようなことはなかったが、自分のもの忘れのひどさに、あきれ返らざるを得なかった。
料理に限らず、このところもの忘れが多くて困る。せめてもの救いは、忘れたこと自体は忘れていない、と、云うことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:03 | - | - |
ウェストン記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え


鰯が大きくて、しかも廉かった。1パック=200円(税抜)である。2パック買ってきて、4食分できた。1食=100円(税抜)ですむ勘定である。もちろん、生姜や調味料の代金なども含まれているが、それを云い出したら、フライパン(ヴィタクラフト)の代金や、ガス代なども勘定に入れねばならなくなる。いくらわたいでも、そこまでセコくはない。
生姜は以前の使い残しを使ったのだが、表面はともかく、中は充分、鮮度を保っていたようだ。毎度のことだが、いつから冷蔵庫内にあったものなのか、まるで不明である。いつから、どれくらいあったのか、よりも、使えるか使えないか、食べられるか食べられないか、それが大事なのである。
梅干(梅肉)を入れると、味がまろやかになる……ような気がする。こんな場合の梅干は、好みにもよるのだろうが、蜂蜜漬けの最初からまろやかな品はかえってダメで、昔ながらのしそ漬けのものがいいようである。
だいたいわたいが、梅干、と、云えば、昔ながらのしそ漬けのものが好みで、蜂蜜漬けのものなどは、喉が痛いときくらいにしか、買おうとは思わない。かつお漬けなどと云うのも見かけるが、おおかた、かつお節で漬け込んだのであろう。悪くはないが、好き好んで買おうとは思わない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:00 | - | - |
ウェストン記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダーチーズ


今日は“ウェストン記念日”であるらしい。
Wikipediaによると、“イギリス人宣教師で日本アルプスを初めて踏破した日本近代登山の祖、ウェルター・ウェストンをしのんで、長野県上高地の梓川河畔にあるウェストン碑の前で献花、記念講演、合唱等が行われる”そうである。
なぜ今日が、その記念日として制定されたかについては、記されていない。おそらく、ウェストン氏が初めて日本アルプスを踏破したのが、今日だったのであろう。
ウェストン氏は、“一般に「日本アルプスの父」とまで呼ばれ”、“自身が盛んに日本アルプスに登り、また、ヨーロッパにも日本アルプスの名を紹介した”そうである(Wikipediaより)。
これから夏山登山の季節である。愛好家のみなさんは、さぞかし愉しみにしておいでのことであろう。
わたいは登山とは縁がなく、学校でのピクニックを除いては、伊万里にいた頃、九州の九重山に登ったのと、学生時代の合宿で、信州白馬に足を運んだくらいのものである。
登山家のみなさんからしてみれば、児戯に等しいものであろう。
しかし毎年、豪雨や噴火などの自然災害、また登山者の準備不足などによる遭難災難が報道されている。
愛山家(?)のみなさまにおかれましては、充分にご用心なされて、今年の夏山を愉しまれますように。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
夏山とも冬山とも、山登りの登山とも、「夜な夜な水曜日」でのいわゆる“登山”とも、まったく縁のない、いたって非自然な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:55 | - | - |
ラムセス2世即位の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、小松菜のわさび和え


昨昼食は、仕事の都合で外食となった。今日び外食は高くつく。不味くはなかったが、取り立てて云うほど美味くもなく、量も云うほど多くないのに、お値段だけはいっちょまえである。別に、昨日食べに行った店だけが、そうなわけではない。全体にそうなっているような感がある。味、量、値段、の、バランスが取れている店など、滅多にない。これに接客態度が加わると、いよいよ稀少である。
それならば、まだ自分で料理ったほうがマシである。なるほど、曲がりなりにも、店を構えている人の料理る味には及ぶべくもないが、そこはそれ、“バカな子ほどかわいい”の法則が働いて、自分で料理った献立ならば、そこそこ美味しく食べられるのである。
量が自分の好みに調整できることはもちろんであるし、外食と同じ量を食したとしても、支出ははるかに廉価につく。
料理る手間だが、それもものは考えようで、無念無想無心坦懐になる修行の一環、と、考えれば、意外と苦にならないものである。
そんな暇があるか、と、おっしゃるかたでも、何らかの気分転換はするだろうし、また、なにをしているにせよ、作業効率を維持し、あるいは揚げるためには、気分転換は必須であるが、わたいの経験上、料理や洗濯は、その気分転換には、最高最適なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
ラムセス2世即位の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、生野菜サラダ、チェダーチーズ


紀元前1279年の今日、エジプト第19王朝のファラオに、ラムセス2世が即位した。
古代エジプトで有名なファラオ、と、云えば、なんと云っても、ツタンカーメンであり、女王では、クレオパトラであろう。
ちょっとでも、古代エジプトに関心を抱いたことのある人ならば、このラムセス2世や、パトシェプスト女王の名も、挙げるであろう。
ラムセス2世は、ツタンカーメンやハトシェプスト女王よりも、後の人である。
ラムセス2世は、「リビア・ヌビア・パレスチナに勢力を伸張」して、多くの戦勝記念碑を残し、「現在もっとも記念碑の多く残るファラオとなっている。」(Wikipediaより)
しかし、ラムセス2世が有名になっているのは、ツタンカーメンと同じく、そのミイラによって、で、あろう。
彼のミイラは、「1881年に発見され、現在はカイロのエジプト考古学博物館に収められている」が、非常に良好な保存状態を保っているようである。
Wikipediaによると、「20世紀後半になって、皮膚組織にカビの一種が発生したため、調査を兼ねてカビの除去と劣化防止処置を行うためフランスへ出国」したが、その際「儀仗兵が捧げ銃を行う国王への礼をもって迎え」たそうである。
なおそのとき、「生きているエジプト人の扱いでパスポートも支給され、職業の欄には『ファラオ』と記入されていた」とされるエピソードが伝わっているが、根拠のない俗説である」らしい。
また彼を、旧約聖書の 『出エジプト記』に出てくる、「イスラエル人を奴隷から解放するようにモーセが要求したファラオ」である、と、見做す人もいる。
映ちゃんによると、チャールトン・ヘストンがモーゼを演じた『十戒』にも出てくるそうである。その映画では、ユル・ブリンナーがラムセス2世を演じていた、とのことだ。王様の似合う男優である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
王様とも女王様とも、ミイラとも即身仏とも、旧約聖書とも新約聖書とも、まるで一切なんらの関係もない、いたって庶々凡々たる、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |
掃除機の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、揚げないコロッケ、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


揚げないコロッケが、意外とボリュウムがある。人参、玉葱はともかくとして、じゃがいも、挽肉、を、使っているのだから、当然と云えば、当然である。
以前から、温め直し方について試行錯誤していたが、500W×3分+温め直し機能で、いい仕上がりになった。なにごとにつけ、頃合い、と、云うものは、むずかしいものである。
小松菜のわさび和えも、今回は味の滲み込みが悪い。やはり量が多かったのだろう。おなじ1束を、同じ店で買っても、その日その日で1束分の量が違うのだから、やむを得ない、と、云えば、やむを得ない。
先日、いつも参考にしている某料理レシピサイトを見ていたら、甘酒を使って、簡単にべったら漬けを料理る方法が載っていた。
甘酒、と、云えば、冬の飲み物、と、云う、印象があるが、冷やして夏に飲んでも好いらしい。と、云うか、むしろ昔は、夏の飲み物だったようである。栄養が豊富なところから、夏バテ予防に愛飲されていた、と、云うのである。
これからの季節、べったら漬けに使用するだけでなく、日々の飲料としても活用できるのであれば、無駄になることもあるまい。
折を見て、自家製べったら漬けに挑戦してみよう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
掃除機の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“掃除機の日”だそうである。
Wikipediaによると、“日本電機工業会が1986年から「お掃除の日」として実施”していたものを、“1997年に「掃除機の日」に改称”したものだ、と、云うことである。
なぜ5月30日が“お掃除の日”なのかについては、記されていない。
ただ、同じくWikipediaによると、5月30日は、“「ゴ(5)ミ(3)ゼロ(0)」”と、云うことから、“ごみゼロの日”なのだそうで、なるほど、それならば、解からないでもない。
排出ゴミの減量が叫ばれるようになって久しい。缶、瓶、ペットボトル、プラスチック・トレイ、等々の分別廃棄は、いまや生活上の常識、と、云う域を超えて、第二の本能、習性とまでなっている。
分別廃棄をしない人間は、もやは、野蛮人のように思われている。好ましいことである。
最近では、海洋のプラスチックごみ汚染が問題になっており、いよいよその規制が強化されつつある。以前から、ストローなど、なんの必要性があるのか、はなはだ理解に苦しんでいたわたいとしては、大いに意を強くした次第である。
ごみ排出の見直しは、生活習慣の見直しに連結し、ひいては健康の見直しにつながる。大いに推奨されてしかるべきである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ごみ排出の規制が強まろうが強まるまいが、ごみ排出の方法が見直されようが見直されまいが、一切無関係の、いたって省エネルギー、省資源な、いたってスバラシイ献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:48 | - | - |
呉服の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、揚げないコロッケ、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


揚げないコロッケは、以前に料理って冷凍しておいたものである。現在ではたいていの食品献立が冷凍保存できるので、重宝である。今回はイマイチの出来だったが、ちゃんと出来たときのものを冷凍保存しておけば、後々までも愉しめるわけである。
生野菜サラダは、けっこう嵩があるように見えるが、生だけあって、じつはスカスカである。大皿山盛りの生野菜も、煮たり炒めたりしたら、目を疑うくらいに嵩が減ってしまう。写真でご覧の量だけあっても、実量としては、小松菜のわさび和えのほうが多いのではなかろうか。
野菜は、煮たり炒めたりしたものを摂取する方がいい、と、云われる所以である。それも、菠薐草や小松菜などの、青菜類がよろしいことは、これまでにも、喋々してきたところである。
とは云え、生野菜のサラダでも、野菜をまったく摂らないよりは、はるかにいい。そんなわけで、とりわけ夏場には、生野菜サラダが食卓にのぼる。現在のところ、レタス(今週はサニーレタス)、キャベツ、胡瓜、トマト、の、4種類だけだが、そのうちに、種類も増えてくるだろう、と、期待している。
なんにしても、さまざまな野菜を摂取するのは、好ましいことにはちがいない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |
呉服の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、小松菜のわさび和え


以前、玉子焼きの冷凍保存法を知って試してみたが、やはりレンジdeだし巻き卵を使って料理ったほうが、わたいの舌には合うようである。その分、朝のただでさえ忙しない時間に、よりいっそうバタバタすることになるが、それもやむを得まい。
玉子焼きの味付けは塩胡椒でする。ウインナーには仕事場に常備してあるトマト・ケチャップをかける。小松菜のわさび和えには、当然、味が付いている。
仕事場にはトマト・ケチャップの他に、醤油(濃口)と、ウスター・ソースを置いてある。焼魚やコロッケなど、近所のスーパーで買ってきた惣菜を詰めてきたときなどに使用するためである。
もっとも、最近では、“揚げないシリーズ”のときや、菠薐草の胡麻和えのときなどにも使用している。小なりと云えども、具備しておくと、なにかと便利である。
まあ、それが許される許されないは、各職場の環境によっても、大きく左右されるであろうが………。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:55 | - | - |
呉服の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダーチーズ


今日は“呉服の日”だそうである。
Wikipediaによると、”全国呉服小売組合総連合会が制定”したもので、理由は当然、“「ご(5)ふ(2)く(9)」の語呂合わせ”である。
まだまともな語呂合わせである。
最近は、呉服屋なるものを、滅多に見かけなくなった。昔は商店街のなかに、一軒くらいはかならず、と、云っていいほど、あったものだが。
和服と呉服と着物と、それぞれどう違うのか、と、思われるかも知れないが、現在ではどれも大した変りはない。
厳密に云うと、着物=着る物なので、和服であろうが洋服であろうが人民服であろうがチマチョゴリであろうが、すべて、“着物”である。
和服=和の服であり、和=日本なので、日本の服、より厳密に云えば、明治以前からの、在来の日本の服のことである。
で、呉服=呉の服のことである。この「呉」とは、“三国志”で有名な魏、蜀、呉、の、あの「呉」である。
これまたWikipediaによれば、“呉の国から日本に伝わった織り方によって作られた反物に由来し、綿織物や麻織物を意味する太物に対し、絹織物を意味する語として使われるようになった”とのことで、“。『世説故事苑』によれば応神天皇の時代に伝来した”とのことである。
いったい、和服に限らず、着物と云うものは、その国その地域の気候風土から産み出された、歴史的文化的生産物である。その国その地方の在来の着物と云うものは、その国その地方に合致しており、その存在の必然性を有している。
日本もそろそろこの辺で、無思慮無批判無思惟な、いたずらな西洋服崇拝を止め、日本古来の和服に回帰しては如何であろうか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
洋服とも和服とも呉服とも、一切関係のない、いたって非文化非歴史な、いつもどおりの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
国際アムネスティ記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さば塩焼き、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、南蛮漬けの素、冷奴、納豆、味付海苔


そんなわけで、近所のスーパーで主菜となる惣菜を買ってきた。こんなとき、廉くてよい食材の惣菜を売っている店が近くにあると助かる。
今回は、さば塩焼きを買ってきた。なにか久しぶりのような気がする。と、云うことは、今回の佐賀行が、愉しさが凝縮して、充実していた、と、云うことだろう。
小松菜のわさび和えは、大慌てで料理ったせいか、いまひとつ、味の滲み込みが悪い。あるいは量が多かったのだろうか。3束買ってきたのだが、8食分くらい出来てしまった。今週の昼晩食分が賄える量である。味を揉みつけているときなど、ボールから溢れそうになったくらいである。これではたしかに、味の滲み込みも悪かろう。少しずつ分けて料理る、と、云うことを憶えなければならない。
生野菜サラダも、大急ぎで料理った。こちらは、だからと云って、大きく味わいが変わる、と、云うほどのことはない。味は、食直前にかけるドレッシングによって決まるからである。
今回は、普通のレタスの代わりに、サニーレタスを使った。
サニーレタス、と、云うと、レタスの代替品、レタスの一変種、と、印象している人が多いのではなかろうか。じつは、わたいも、そのうちのひとりだった。
ところが、で、ある。以前にも記したかもしれないが、各種栄養価は、レタスよりも、サニーレタスのほうが、高いのである。レタス<サニーレタス、なのである。しかも、場合によっては、レタスより廉いときがある。栄養価は高く、値段は安い。まさに、サニーレタス様々である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:55 | - | - |
国際アムネスティ記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(南蛮漬けの素)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、小松菜のわさび和え


この土・日・月は、故郷佐賀に帰省していた。昔からの友人の娘であり、友だちのひとりであり、精神上の娘である、と、云う、複雑な関係にある女性の結婚披露宴に招待してもらったのである。
そんなわけで、今週はまるで、料理ができていない。
昨27日の月曜日に帰えってきて、とりあえず、生野菜サラダと小松菜のわさび和えだけは料理った。それだけで疲れてしまって、当日晩飯を食べに行く気力もなくなった。齢は取りたくないものである。
月の初めは「これが5月の気温か!?」と云うくらい寒かったのだが、いまでは「これが5月の気温か!?」と云うくらい暑いのだから、たまったものではない。北海道の帯広で35℃を超えた、と、云うのだから、尋常とは思えない。
これから梅雨に入ろうかと云うこの季節、生野菜サラダと、小松菜のわさび和えは、必需食品である。
しかし、健康面から云えばともかく、玉子焼きとウインナーは、弁当における、永遠の、定番食品であろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:45 | - | - |
国際アムネスティ記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダーチーズ


今日は”国際アムネスティ記念日”なのだそうである。
Wikipediaによると、“1961年のこの日、政治的権力による人権侵害を守るための国際民間機関アムネスティ・インターナショナルが発足したことを記念”して制定されたものなのだそうだ。
58年前の発足になるが、その重要性は近年ますます増大している。そのわりには影響力が小さいように思う。やはり人類の発展史上における現段階では、強制力や拘束力を持たない権力は虚しいのだろう。だからと云って、アムネスティ・インターナショナルが強制力や拘束力などを得れば、その実行自体が、それ自身の理念と相反することになる。悩ましいところであろう。
各国で政治権力による人権侵害が露骨になってきている現在、アムネスティ・インターナショナルの存在と自己改革の意義は、ますます高まってきている。旧来の認識や理念に捉われず、より実際に則した、より止揚された認識と理念に基づいて、大いにその活動と影響を広めてもらいたいものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
人権侵害とも国際組織とも縁のない、いたって平和で凡俗な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:44 | - | - |
伊達巻の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、ブロッコリの塩昆布和え


毎度おなじみ、自称“私家版幕の内弁当”である。幕の内弁当にしては、お菜の種類が少なく、貧相である。レパートリィと時間が増えてやる気がでれば、品数も多くなっていくことだろう。もっともその頃には、弁当を料理る必要自体がなくなるかもしれないが……。
朝の記事でも述べたが、わたいとしては、伊達巻よりも、玉子焼きのほうが好きである。と、云っても、伊達巻が嫌いなわけではない。あくまで、比較の問題である。
だいたいわたいは、「伊達」と付くもので嫌いなのは、「伊達男」くらいなもので、独眼竜も、レジェンドの域に達した元女子テニスプレイヤーも、人相は悪いが心根は優しいお笑い芸人も、嫌いではない。むしろ、好意を持っている、と、云ってもいい。もっとも、熱烈なファン、と、云うわけではないが……。
それはともかく、初旬の気温が総理の答弁(すなわち、“ウソ”)だったかのように気温が上がり、早くも夏日となった地方も続々と出てきつつある今日此頃である。遅すぎた春が、早く終わりすぎた感がある。むかし、福田赳夫内閣がそのような云われ方をしたが、福田内閣なぞはこの際どうでもいい。
そんなことよりも、みなさまがたにおかれましては、熱中症にご用心なさいますよう、くれぐれもお気を付けください。
それではまた来週、元気でお会いいたしましょう(^_^)/
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:13 | - | - |
伊達巻の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、カマンベール・チーズ


今日は”伊達巻の日”であるらしい。
Wikipediaによると、“伊達巻の名前の由来という説のある伊達政宗の忌日”が今日(ただし旧暦)であることから、“厚焼き卵などの寿司具を製造する千日総本社が制定”したのだそうだ。
伊達巻の名前が、独眼竜正宗に由来するとは、寡聞にして知らなかった。
これまたWikipediaによると、“伊達政宗の好物だったことから伊達巻と呼ばれるようになったという説”と、“普通の卵焼きよりも味も見栄えも豪華なために、洒落て凝っている装いを意味する「伊達もの」から伊達巻と呼ぶようになったという説”、それに“女性用の和服に使われる伊達巻きに似ていることからこう呼ぶようになったという説”の三つが採り上げられている。
“女性用の和服に使われる伊達巻き”も、その語源をたどってみれば、“洒落て凝っている装いを意味する「伊達もの」”帰着する。
で、“洒落て凝っている装い”が、なぜ“「伊達もの」”となるのか、と、云うと……これが独眼竜公にたどり着くのである。少なくとも、わたいが聴いたところでは……。
伊達巻は玉子焼きに似ているが、たしかに、玉子焼きよりも、“味も見栄えも豪華”である。だからと云って、口に合うかどうかは、その人次第である。わたいなぞは、どうも甘ったるく感じて、普通の玉子焼きのほうが好ましい。味覚が貧乏な味に慣れているだけだ、と、云われると、一言もないが……。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
名前の由来が独眼竜にたどり着こうが着くまいが、わたいの味覚が貧乏であろうが限者であろうが、そんなこととはまったく関係のない、いたって非歴史な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:11 | - | - |
キスの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鮭の幽庵焼き風、小松菜と厚揚げの煮浸し、生野菜サラダ、南蛮漬けの素、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


朝晩と生野菜サラダを食しているせいか、昨年に比して、わりと身体の調子が好い。緑黄色野菜がどうの、根野菜がこうの、温野菜だ、淡色野菜だ、なんだかんだ、と、ウンチクをお垂れ流しあそばされる方々も多々いらっしゃるが、まず前提として、野菜はすべて、身体に好いのである。肉や米の食べ過ぎで健康を損ねた、と、云う人はいても、野菜の食べ過ぎで健康を損ねた人はいない。それがわたいの自論である。
南蛮漬けの素は、玉葱や人参、酢自体にも、ブリの旨味が滲み出ていて、なかなかに乙な一品になっている。酢そのものが、食欲を刺激し、増進させる効果があるのだが、かてて加えて、野菜やブリの旨味が程よく混淆して、なおさらその効果が発揮されている。これだけで充分、ご飯が進む。箸休めのつもりだったが、お菜として通りそうである。
鮭の幽庵焼き風と、小松菜と厚揚げの煮浸しが昼の弁当のお菜と重なってしまった。他の献立との優先順を考えると、やむを得ない。
それにしても、今週はめずらしく、いろんなお菜を料理った、と、思っていたが、それもなくなってしまった。余らせるよりはいいが、明日の弁当のお菜がなくなってしまった。そんなわけで、明日の弁当のお菜は、みなさんよくご存知の、あの組み合わせになりそうである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:03 | - | - |
キスの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(南蛮漬けの素)、鮭の幽庵焼き風(2切)、小松菜と厚揚げの煮浸し


トッピングのネタがなくなってしまったことと、南蛮漬けの素が余ってしまったので、トッピングの代替えとした。
基本、酢漬けなので、ご飯が進むだろう、と、思ったのである。案に相違せず、これだけでも一膳は食べられるくらい、合致した。あまりものでも充分に使い出がある。重宝な献立である。
久々に、鮭の幽庵焼き風を料理ってみた。作り置き料理のレシピを掲載した本に載っていて、以前はよく(?)料理っていた献立である。その頃は、酒、蜂蜜、薄口醤油、を、混ぜ合わせて、漬けダレを作っていたのだが、今回は蜂蜜の代わりに、オレンジ・マーマレードを使用した。それが本に載っていた、そもそものレシピなのである。
味としては味醂干しに近いが、味醂干しよりもサッパリとした甘味がある。まあ、味は、漬けダレの材の配合で変化するから、次回はまた違った味わいになるかもしれない。そんなところにも、手づくりの愉しさ、と、云うか、面白さがある。
今朝はひとしお寝ぼけていたせいか、小松菜と厚揚げの煮浸しを二度も温め直してしまった。おかげで小松菜が少し草臥れてしまったようだったが、その代わり、と、云ってはなんだが、味はよく滲みていた。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:01 | - | - |
キスの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、カマンベール・チーズ


今日は“キスの日”であるらしい。
「今日は何の日〜毎日が記念日~」と云うWebsiteによると──、

1946年のこの日、日本で初めてキスシーンが登場する映画である、佐々木康監督の『はたちの青春』が封切りされた。
当時、映画製作もGHQの検閲下にあり、民間情報教育局(CIE)のコンデが、完成した脚本がその前に見せられたものと違うことを指摘した上、接吻場面を入れることを要求した。
主演の大坂史郎と幾野道子がほんのわずか唇をあわせただけだったが、それでも話題を呼び、映画館は連日満員になった。

──と、云うことである。
いかに日本初のキスシーンが登場する映画だったとは云え、“ほんのわずか唇をあわせただけ”で、“話題を呼び、映画館は連日満員になった”と云うのだから畏れいる。当時の人たちがよほど純情だったのか、それとも抑圧がよほど酷かったのか、現在からは考えられない話である。
なにしろ、ゴールデン・タイムのTV番組で、裸の男女が抱き合ってる場面を平気で流していたのも、今は昔の話で、現在では、スマホでその手の、あるいはそれ以上の行為が描写されている動画を、いつなんどきでも視聴できるのだから、文明の進歩はありがたいものである。
キスぐらい、現在では中高生でも人目もはばからず、平気で行っているご時世である。これを性道徳の退廃とみるか、恋愛自由の進化とみるかは、人それぞれであろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
キスとも裸の抱き合いとも関係のない、性道徳が退廃しようが恋愛事由が進化しようが、まるで縁のない、いたって健全にして侘しい、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |
サイクリングの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、カラスガレイの煮付け、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、南蛮漬けの素、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


今回、カラスガレイの味付けが濃すぎたが、熟成キムチ以外の他の献立が、サッパリしていて清涼感のあるものばかりなので、さほどマイナスにはならなかった。ともあれこれで、カレイも調理できる食材のひとつになり得ることが判明したので、また献立のレパートリィが拡がった。よろこばしいことである。
生野菜サラダにかけるドレッシングが順次なくなってきたので、その都度補充している。ドレッシングは冷奴にもかけるし、豚しゃぶや山芋の上のオクラにもかける。梅ドレッシングなどは、調理のときに、梅肉の代わりに使うこともある。生野菜サラダだけにかけるとは限らないのである。
我が家にはいまのところ、9種類のドレッシングがお揃い遊ばされている。なんとも壮観である。しかし、そのため、ただでさえ限られているドア裏のポケット棚が、いよいよ狭くなってしまう。他の調味料や飲料などが、ドレッシングに圧倒されている。なんとかいい工夫はないものか、と、冷蔵庫の扉裏を見るにつけ思うのだが、如何ともしがたい。困ったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:00 | - | - |
サイクリングの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、ブリの南蛮漬け、小松菜のわさび和え


ブリの南蛮漬けは、今週のヒット賞! である。
初めて料理った献立ながら、じつに旨かった。他人様が口にしたらなんと云うか知らないが、わたいにとっては、じつに絶品である。
いままで、南蛮漬け、と、云えば、小あじしか知らなかった。また、最初は鯖の酢漬けを料理るつもりでいたのだが、これは変替えして大成功である。
魚肉(ブリ)の良質なたんぱく質と、酢の効果、さらには野菜の栄養までがいっぺんに摂れる。しかもこれからの季節、厚さによる食欲不振が懸念されるにしても、酢のサッパリ感が食欲を刺激してくれる。まったく重宝な献立である。
重宝な献立、と、云えば、小松菜のわさび和えもそうである。小松菜とわさびの清涼感が合致して、さわやかな味わいが口腔に広がる。食べやすく、そのうえ栄養が豊富であることは、これまでも喋々してきたところである。クセがなくて飽きがこない。まったく重宝な献立である。
世の中には小松菜や菠薐草のような、青い野菜が嫌いで、口にしない人が多いらしいが、まったく気の毒なことである。いくらサプリメントで栄養を補給しようと試みても、天然自然の持つ栄養分にはかなわない。天然自然の野菜がもつ栄養分に匹敵するだけの栄養を、サプリメントで賄おうと思えば、いくら稼いでも追いつかないだろう。第一、サプリメント化されていない栄養素だってあるだろうじゃないか。
わたい個人としては、青い野菜を食べないのは、煙草を吸うのと同じくらい、不健康だと思っているが、いかがだろうか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |
サイクリングの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、カンマベール・チーズ


今日は“サイクリングの日”なのだそうだ。
Wikipediaによると、“スポーツ振興法でサイクリング奨励が定められたのをきっかけに、1964年のこの日、サイクリング普及のための団体として文部大臣から設立認可を受け任意団体から財団法人になったことを記念”して、“日本サイクリング協会が2009年4月20日に制定”されたのだと云う。
高校時代、自転車通学をしていたわたいは、自転車には愛着が深く、サイクリング、と、まではいかないにしても、自転車であちこちでかけるのはわりと好きだった。
友人と遠出の日帰旅行を敢行したこともある。
近年、環境保護の観点から、自転車の使用が推奨されているが、困ったことには、マナーと云うか、ルールを守らない、いやそれ以前に、知らない人間が多いように思われる。
平気で歩道を走ってくる。しかも、人の多いときに。そんなとき、しきりにベルを鳴らす奴輩も少なくない。
なかには、雨の日、傘を据えつけ、前後に幼い子を乗せて、スマホ片手に、歩道を走っているツワモノもいる。
ここまでくると、人間としての品性人格を疑わざるを得ない。
・自転車は自動車と同じ「車両」であり、車道を走らなければならない。
 自転車は「条件付き(歩道が空いていて、なおかつ車両を走ることが危険であるとき)で」歩道を「走ってもいい」のであって、歩道を「走らなければならない」のではない。
 じゃあどうすればいいのか、と、いうと、法律どおり、「車道を走る」か、「自転車から降りて通行する」のである。
・歩道を通行している歩行者にベルを鳴らすことは、「法律上の威嚇行為」であり、罰則がある。
さわやかな薫風に誘われ、サイクリング、ツーリングの愉しい季節である。
人間としての品格人品、少なくとも、上記の2点は厳守したうえで(それが人としての、当たり前の心得なのだが)、大いに、サイクリングを愉しんでもらいたいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:56 | - | - |
小満の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、ブリの南蛮漬け、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、べったら漬け、南蛮漬けの素、冷奴、納豆、味付海苔


最初は鯖の酢漬けを料理ろうと思った。それが、鯖よりもブリの方が廉かったため、ブリの照り焼きか素焼きにしよう、と、変替えした。で、家に帰って、玉葱と人参が余っているのに気付いて、南蛮漬けにできないか、考えてみた。ブリの南蛮漬けは、聞いたことがない。念のため、いつも利用している、某料理レシピサイトを開いてみると、なんとこれが、あったのである。「ひょっとしたら」と、思うことも、人生には大事なようである。
箸休めの南蛮漬けの素と、食材が重なってしまったが、それはそれでかまわない。一汁三菜が理想であり、それを目指してはいるが、なにも厳格厳正に厳守しよう、とまでは思っていない。思っていても、できやしない。できるかもしれないが、シンドイ思いをしてまで、やる気はない。
やるべきことはなにか、なにをやるべきか、やらなくてもいいことはなにか、やってはいけないことはなにか、それほど力をいれなくてもいいものはなにか、なになら手を抜いてもいいか、その見究め、その判断も大事なのである。
とにかく、生野菜サラダ(レタス、キャベツ、胡瓜、トマト)、南蛮漬けの素(玉葱、人参)、小松菜のわさび和え(小松菜)、べったら漬け(大根)、と、8種類の野菜は摂取できている。もう1種類あれば云うことはないのだが、まあ、7種類は超えた、と、云うことで、良しとしよう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:15 | - | - |
小満の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、カラスガレイの煮付け、小松菜のわさび和え


昨晩食べているときに気づいたのは、カラスガレイを煮付けるときに、生姜を入れればよかった、と、云うことである。
別に臭みがある、と、云うわけではない。味がいまひとつ物足りない感じがしたのである。小なりと雖も侮るべからず、隠し味、とは、いみじくも云ったものである。
それにしても、思ったより切身が小さい。買うときと、食卓に上がったときと、弁当箱に入れたときでは、それぞれに、思ったよりも大小が違っていて、戸惑うことがある。たいていは、買うときには小さく思えるのだが、カラスガレイはそうではなかった。これなら2切入れてもよかったようである。まぁしかし、モノは考えようで、その分、小松菜のわさび和えがタップリ入れられたのだから、それはそれで良しとしよう。
ピリ辛高菜昆布は、駅前の複合施設内にある食料品店で買ってきたものである。“ピリ辛”と銘打っているわりには、いっこうにピリ辛くない。それはそれで、かまわない。たびたび記しているように、辛味──特に唐辛子系の辛味は、あまり歓迎できない身体なのである。と、云いながら、このあいだ気づいたのだが、外食でラーメンを食するときに、無料でピリ辛高菜を提供してくれる店がある。そんな店に入ると、からなず、そのピリ辛高菜をお願いする。これは看板に偽りなし、で、たしかにピリ辛い。それをラーメンや炒飯とともに食する。備え付けの小皿を大盛にして。
いったいどこが、辛味──特に唐辛子系の辛味は避けている、なのだろう?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:12 | - | - |
小満の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、カマンベール・チーズ


今日は“小満”である。
“小満”とはなにか、と、云うと、Wikipediaによれば、“万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来るころ”のことで、“『暦便覧』には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されている”そうである。
この時季は、“麦畑が緑黄色に色付き始める”そうである。
また、“沖縄では、次の節気と合わせた小満芒種(すーまんぼーすー)という語が梅雨の意味で使われる”らしい。
最近、麦畑なる存在も、目にすることがなくなった。水田すら、両校で田舎地方にでも行かない限り、目にすることはない。それどころか、天然自然の砂場空地すら、滅多にお目にかからない。いたるところ、コンクリートアスファルト高層建築駐車場、で、ある。日本の情緒も風情も、ありゃしない。せめて、こう云った古来からの節気や行事などだけでも、折に触れて想い起し、伝承していきたいものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
日本の情緒も風情もまったく感じられない、いたって殺風景な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:10 | - | - |
森林(もり)の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、カラスガレイの煮付け、小松菜のわさび和え、南蛮漬けの素、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


カラスガレイの煮付けなるものもはじめて料理った。はじめて、と、云っても、食材としてカラスガレイを使用したのがはじめてなのであって、味付自体は他の魚肉の煮付けとさして変わらないのだから、困難はなかった。問題は、いままで体験したどの魚肉よりも、カラスガレイの場合は、身がほぐれやすいのである。それは我が師である母者の料理りようを見ていて解かっていた。今回ははじめてにしては、上手くいった方だと思う。懸念していたような身の崩れはなかった。
ただ、煮付けのタレが濃すぎた。煮つめすぎたのかも知れない。食べる前に、当然のように温め直したのだが、それで余計に濃くなったのかも知れない。温め直さずに、そのまま食べてもよかったかも知れない。
昼食の弁当に入れた鮭のバタポン焼き(マーポン焼き?)も、上手くいった。ゆずポンを使ったためか、ゆずの香りが強かったが、それはそれでまたよろし。
南蛮漬けの素は、ブリの南蛮漬けのあまりものである。見てのとおり、ピーマンが入っていない。もともと、玉葱と人参が余っていたので、なんとか消費できないか、と、考えて、南蛮漬けにしよう、と、思い付いたのである。最初はたんなる酢漬けを料理ろう、と、思っていたのを、玉葱と人参の消費のために、南蛮漬けに変更した。そんなわけで、わざわざピーマンを加える必要もあるまい、と、思って、買って来なかったのである。
必要のない出費は極力抑える。それが家計運営の極意である。
ちなみに、お友だちには、国有財産と云えども、8億円も値引きして売り渡して差しあげる。これが加計運営ならびに政権運営の極意である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:02 | - | - |
森林(もり)の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鮭のバタポン焼き(2切)、小松菜のわさび和え


鮭のバタポン焼きをはじめて料理ってみた。いつも参考にしている、某料理レシピサイトに載っていたのである。
バタポンと云っても、着物を着て頬に赤い三重丸のついた男の子とは、なんの関係もない。バタ=バター、ポン=ポン酢、の、ことである。油の代わりにバターを引き、ポン酢で味を付けるのである。もっとも、わたいの場合、油の代わりのバターの代わりにマーガリンを使用したので、精確には、鮭のマーポン焼き、と、云うべきだろう。なにやら大リーグで活躍している日本人投手を想い起させるネーミングになってしまった。えっ、想い起さないって? それはあなたの想像力が貧困だからですよ(;^_^A
小松菜のわさび和えは、もはや定番、必需品ならぬ、必需献立、で、ある。料理りやすく、味わいよろしく、栄養満点の、三冠王、で、ある。
沖縄はすでに梅雨入りしたそうであるが、そろそろ梅雨の季節である。湿度高く、むわ〜っとした蒸気に不快指数が跳ね上がる季節、サッパリした献立が好ましくなってくる。小松菜のわさび和えは、そんなこれからの季節、いよいよ重宝な、おススメな献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:59 | - | - |
森林(もり)の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ


今日は“森林(もり)の日”であるらしい。
Wikipediaによると、“村名に「美」の字がつく村10村で結成した「美し村(うましさと)連邦」が制定”したもので、“5月は「森林」の中に「木」が5つ入っていることから、20日は「森林」の総画数が20画であることから”定められたらしい。“なお、美し村連邦は、参加する村のほとんどが平成の大合併で消滅することから、2003年に解散している”とのことである。
“「森林」の中に「木」が5つ入っていることから”5月、“「森林」の総画数が20画であることから”20日、と、云うのは、いつもながら、苦しいこじつけの感がないでもないが、今回はなにやら妙に、なるほど、と、膝を打った。木の数と総画数と云う、ある程度統一された原理に基づいているからだろう。
近年、豪雨災害の過酷さがその程度を増しているが、ひとつには森林の存在が希薄になっていることも、大いに関係していると思われる。
森林は、ただに雨水の濁流や土砂崩れを防止するにとどまらず、二酸化炭素を吸収して酸素を送り出し、大気を正常に循環する役目を果たしている。森林のただなかに入ると、身も心も清浄なるような気になり、心身の緊張が緩和される。いわゆる森林浴、と、呼ばれるものの効果である。
古くは生活に必要な燃料や、山の幸を恵与してくれる、なくてはならない存在であった。
その貴重な森林を、戦争や人間の欲得ずくで破壊し、蹂躙したツケが、いま自然災害と云う形で応報されているわけである。
むかし自然災害に遭遇した人間は、これを“天罰”ととらえて、その身を慎んだものだが、西洋合理の思考法が輸入されて以来、そのような考え方は非合理であるとして退けられ、いかな自然災害に遭遇しても、これを“天罰”などとは考えず、したがってその行いを反省して身を慎むこともなく、はなはだしきは自然を呪憎するほどに増長している。
この人類の増上慢は、いずれ大災害と云う形で、自然から罰せられるであろう。南海トラフ地震など、その先駆けとなるかもしれない。
美し村連邦は2003年(平成15年)に解散したそうだが、その志は、16年を閲した現在でも、けっして忘れてはならないと思う。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
森林とも、自然災害とも、まったく関係のない、いたって無風流にして、平凡なる献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |
お茶漬けの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、揚げないコロッケ、菠薐草の胡麻あえ


揚げないコロッケは、やはり温め直し過ぎが、水っぽさの原因だったようである。500W×3分が、ちょうどいい頃合いのようである。
今回の問題は、パン粉の焦げ付きであった。もう少し、もう少し、と、思っているうちに、ついつい焦がしてしまったのである。
ためにどうも最初の一口が、香ばしすぎる味になってしまい、中味の味を打ち消してしまったようである。生焦げよりはいいだろう、と、思っていたのだが、そうでもなかったようだ。
菠薐草の胡麻和えは、例によって、いったん湯掻いたものを、冷凍保存しておいたものである。今週は小松菜だけですべて賄えるかな、と、思っていたのだが、あまかったようだ。
菠薐草は冷凍保存すると、その旨味がグン、と、増すことは、これまでもたびたび述べてきたところである。さらにすりごまをまぶせば、ごまと菠薐草のカルシウムが吸収でき、さらにごまの油分が、菠薐草のビタミンAの吸収を促進してくれる、一石二鳥も三鳥もある、まことに調法な献立である。
さて来週であるが、下旬ともなると、家計要素が献立に影響を及ぼす、一番重大な時期である。栄養があり、腹が満ちて、料理りやすくて、日持ちがして、しかも廉価である食材を揃えなければならない。下手をすると、仕事より頭脳を働かせなければならない状態である。
逆に云えば、ここが腕の見せ所、とも、云える。
さてさてどんな献立になるのか……。いまのところ、わたい自身にも分らない。
皐月の薫風はどこを吹く、すでに初夏の陽射しになりつつある今日此頃、みなさまがたには体調に充分お気をつけられまして、愉しい週末を過ごされますように(^_^)/
また来週、お会いいたしましょう♪
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:25 | - | - |
お茶漬けの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、カマンベール・チーズ


今日は“お茶漬けの日”であるらしい。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、“永谷園が2012年に制定”したものであり、“煎茶の創始者であり、永谷園創業者の先祖である永谷宗七郎の命日”であることがその理由だそうだ。
永谷宗七郎は、永谷宗円とも云い、“宗円は15年の歳月をかけて製茶法を研究し、味もすぐれた緑の新しい煎茶(正確には「だし茶」である)を作り上げた。この宗円が発明した「青製煎茶製法」はその後の日本緑茶の主流となる製法となった”(Wikipediaより)そうであるが、これは“宗円を顕彰する気持ちの篤い地元や茶業者を中心に、根強く信じられている”、謂わば伝承伝説であり、“これを実証する同時代史料は見出せない”とのことである(Wikipediaより)。
ただ、“高い年貢や他産地の台頭により斜陽の時期を迎えていた宇治田原の茶(宇治茶)を、大消費地江戸で直販するルートを開拓したこと”は、宗七郎こと宗円の功績であり、“このことにより、宇治茶の全国的な販売網の礎が築かれ、宇治は茶産地として復活した”そうである(Wikipediaより)。
永谷園のHPによると、“創業者の永谷嘉男は、永谷宗七郎からつながる由緒あるお茶屋の家系”で、その永谷嘉男氏の、“「おいしいお茶づけを、家庭で手軽に楽しめたら」という思いから、1952年に発売”されたのが、永谷園の「お茶漬け海苔」であり、“前身であるお茶屋で数多くのアイディア商品を生み出してきた嘉男の父・武蔵との共同作業によって生み出された商品で、今から60年以上前に発売されました。
「お茶づけ海苔」は、抹茶・塩・砂糖などの調味料、あられ、海苔だけでシンプルに作られています。発売当時から現在まで、ほとんど変わらぬ味で、60年という長きにわたりご愛顧いただいております。”とのことである。
なお、“発売当初は「江戸風味 お茶づけ海苔」でした”が、“1956年、商標登録に伴い「永谷園の お茶づけ海苔」に変更して以来、大きなリニューアルはなく現在に至ります。「お茶づけ海苔」の、漢字やひら仮名のバランスにもこだわったパッケージで、デザインはお茶づけから連想した“江戸の情緒”をイメージし、歌舞伎の定式幕になぞらえた「黄・赤・黒・緑」の縞模様となっています。”とのことである。
永谷園のお茶漬けは、お茶漬けと云えば永谷園、と、云うくらいの広まり、親しみを得ている。
わたいも幼い頃より、大いにお世話になったものである。そのお手軽さ、味わいもさることながら、セットものに入っている、東海道五十三次のカードも、魅力のひとつだった。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
お茶漬けとも、江戸の情緒とも、まったく関係のない、いたって無風流な、洋風の献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
性交禁忌の日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、揚げないコロッケ、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、山芋の上のオクラ、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


生野菜サラダはドレッシングで食べる。和風ごまドレッシング、深煎りごまドレッシング、すりおろしオニオンドレッシング、和風醤油ドレッシング、シーザードレッシング、等々、取り揃えてある。これらのドレッシングを、日替りでかけるのである。
その他に、梅ドレッシング、中華ごまドレッシング、青じそドレッシング、などもあり、これらは和風系のドレッシングとともに、冷奴にもかける。梅ドレッシングは、山芋の上のオクラにもかける。
マヨネーズは使わない。最近でこそ、ハムチーズ・トーストの際に使うようになったが、基本、マヨネーズは使わない。マヨネーズを使った献立も料理らない。マヨネーズは高カロリーで、人工食品添加物や、加工食材を多く使っている、と、云う、ひと昔もふた昔も前の偏った知識が、いまだに脳内を占めているのである。
それで長年を経てきたのだから、マヨネーズはさして有害ではない、と、判った現在でも、他で充分満足しているのだから、敢てわざわざ、マヨネーズを使おう、とは、思わないのである。
山芋の上のオクラの命名の由来は、以前にもしばしば記したところである。で、ふと思ったのだが、万葉集にちなんだ、なにかユニークな(別にユニークでなくてもいいのだが)献立はないものだろうか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:00 | - | - |
性交禁忌の日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、揚げないコロッケ、小松菜と厚揚げの煮浸し


どうも揚げないコロッケが、水っぽいような気がしてならない。ひょっとすると、加熱のしすぎだろうか。表面が温まりきっていないので、長めに加熱したのだが、どうもそれが良くないようである。上下をひっくり返して温め直してみたりしているのだが、どうも思ったような効果が出ない。参考にしたウェブレシピには、最後にトースターで、表面をからりと仕上げる、みたいなことが書いてあった。そうした方がいいのかも知れない。しかしそれだと、表面の、乾煎りしたパン粉が落ちる。悩ましいところである。
冷凍保存しておいた厚揚げであるが、危惧していたほど、味にも食感にも、変化はなかった。身(?)が引き締まったような感じで、歯応えがあるようになったが、わたいとしてはむしろ、そのほうが好ましい。食感も人間も、フニャフニャしたのは厭いなのである。味の滲み込みもいいし、厚揚げも冷凍して保存する方が、むしろいいかもしれない。栄養分が減損していなければ、だが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |
性交禁忌の日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ


今日は“性交禁忌の日”だそうである。
“性交禁忌”と云っても、某アルファベット・グループや、坂道グループのような、いわゆるアイドルの群れとは、なんの関係もない。
Wikipediaによると、“江戸時代の艶本『艶話枕筥』に、5月16日(旧暦)は性交禁忌の日で、禁忌を破ると3年以内に死ぬと記載されていることから”定められたそうだ。
そう云えば、“「三年坂」で転ぶと、三年以内に死ぬ。また転べば三年の寿命が縮まる”と云う都市伝説(?)も有名である。
これは京都の「三年坂」──正確には「産寧坂」と云うらしいが──のことである、と、云うのが、よく知られた話である。
こちらの謂れはよく判らない。転ぶ、と、云うのが、縁起の悪いことであろうことだけは、想像がつく。お産で転ぶのが悪しき結果を招来するところから、産寧坂で転ぶのは縁起が悪い、と、されたのではないだろうか。あくまでわたい個人の推測である。
しかし、性交禁忌の日があるのはおもしろい。
現在日本は少子高齢化とやらで、政府各自治体が、少子化対策だの、子育て支援だのに躍起になっているようだが、どうもむかしの、「産めよ増やせよ国のため」を思い出して、苦笑が洩れるのを禁じ得ない。
「先進国は子どもの数が少ない」などと云って、暗に多産を軽蔑し、戒めていた時代はなんだったのか、と、思う。昭和は遠くなりにけり、で、ある。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
性交ともお産とも関係ない、昭和が遠くなろうがなるまいが、そんなこととは一切無縁の、いたって潤いのない、殺風景な食卓である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:55 | - | - |
ヨーグルトの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、揚げないコロッケ、小松菜と厚揚げの煮浸し、生野菜サラダ、山芋の上のオクラ、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


他人様から云われるまでもなく、自分自身で、おまえはほんとに食べ過ぎないようにしようとしているのか? と、ツッコんでいる。
しかし、で、ある。よく見ていただければ判るように、嵩が多いとは云え、そのほとんどは野菜であり、多量に見えるのは品数が多いからである。
一汁三菜を理想とし、これを目指す身ではあるが、これがなかなか、上手くいかない。三菜のうち、一菜は、いわゆる主菜で、獣肉か魚肉かであり、この場合は、揚げないコロッケが、それに該当するだろう。
残る二菜のうちの一菜は膾あるいは鱠、もう一菜は煮物、と、云うのが、定番のようであるが、わたいの食卓では、もちろん、そうはいかない。この場合だと、生野菜サラダと、小松菜と厚揚げの煮浸しが、この、二菜だろう。
べったら漬けが漬物、香の物、であることには間違いはないし、味付海苔を「菜」に数えないことにも、異議はないと思う。
しかしそうなると、山芋の上のオクラも、冷奴も、納豆も、「菜」のうちに入らないことになる。と、すると、これらの位置づけはどうなるのだろう……「箸休め」あるいは「副々菜」とでもなるのであろうか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:03 | - | - |
ヨーグルトの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、揚げないコロッケ、小松菜のわさび和え


どうも揚げないコロッケの成形が甘かったような気がする。もう少し硬めにしておけばよかった。もっとも、成形している段階から、ちょっと緩いかな、もうちょっとしっかり成形したほうが……とは思っていたのだが、いかんせん、そうすると指の間からタネが漏れ出て、上手く成形できなかったのである。揚げないコロッケ、と、云うよりは、スコップ・コロッケ、と、云った方がいいかも知れない。世の中には、箸ではなく、スプーンで食べる、スコップ・コロッケなる料理があるのだそうである。いつも参考にしている、某料理献立レシピサイトで知った。
小松菜のわさび和えは、茹で具合と云い、味の滲み具合と云い、いつにない好調子で仕上がっている。シャキシャキとした歯ごたえが残り、小松菜自身の味わいが、わさび醤油の味と程よく合致して、さわやかな一品となっている。当分、定番として、定着するだろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |
ヨーグルトの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ


今日は“ヨーグルトの日”だそうである。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると──、

ヨーグルトを研究したロシアのメチニコフ博士の誕生日。
明治乳業が制定したが、現在では特にイベントは行っていない。
メチニコフ博士はブルガリアに長寿者が多いのはヨーグルトに含まれる乳酸菌のためであることを突き止めた。また、免疫に関する研究によりノーベル生理学・医学賞を受賞した。

──とのことである。
メチニコフ博士がノーベル生理学・医学賞を受賞したのは、1908年のことである。
1908年と云えば、明治41年である。日露戦争が終結して3年後のことであり、米国ではゼネラル・モーターズ(GM)が創業し、フォードがモデルTを発売した年である。漱石の『三四郎』が朝日新聞に連載され、国木田独歩が亡くなった年である。
メチニコフ博士は、“晩年には老化の原因に関する研究から、大腸内の細菌が作り出す腐敗物質こそが老化の原因であるとする自家中毒説を提唱し”、“ブルガリア旅行中の見聞からヨーグルトが長寿に有用であるという説を唱え、ヨーロッパにヨーグルトが普及するきっかけを作ったことでも知られる”(Wikipediaより)そうであるが、わたいは寡聞にして知らなかった。
ちなみに、“現在ではヨーグルトを経口で摂取しても、胃において乳酸菌は、ほとんど死滅し、腸には到達しない事が判明している”そうである。しかし、“死滅した加熱死菌体も疾病予防効果などの健康上の効果が存在する可能性は残されている”そうではある。(Wikipediaより)
ハッキリ云って、ヨーグルトを食べたからと云って、あるいは食べているからと云って、健康上、タチマチ覿面な効果が現れる、と、云うわけではないらしい。
もっとも、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ヨーグルトに整腸上の効果があろうがなかろうが、乳酸菌が生きて腸に届こうが届くまいが、そんな論議とは一切無関係の、いつもながらの献立である。
ヨーグルトは、少なくとも、わたい個人にとっては、消化器系の調子を良くして、気分体調を好くしてくれる、ありがたい食品なのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:56 | - | - |
温度計の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、揚げないコロッケ、小松菜のわさび和え、生野菜サラダ、山芋の上のオクラ、熟成キムチ、玉子豆腐、納豆、味付海苔


生野菜サラダが加わったことで、一挙に野菜の摂取量と種類が増えた。好ましいことである。
生野菜サラダは、レタス、キャベツ、胡瓜、トマト、の、4種である。できればこれに、もやし、ニラ、貝割、の、3種を加えたい。
さらに、人参、大根、玉葱、も入れられれば、云うことなし、だろう。
それは先の目標として暫時据え置いて、現在のところ、9種類の野菜を摂取していることになる。
朝食や昼食の献立と使用食材が被っているのは残念だが、やむを得ない。それでも9種類ならば、まずまず合格だろう。なにしろ目標は、7種の野菜摂取なのだから。
山芋の上のオクラは、山芋短冊に湯掻いて小口切りにしたオクラを散らしただけの、じつに簡単な献立なのだが、だからこそ、よいのである。この簡素さ、この素朴さが、はるか古の万葉の風情を漂わせているのである(?)。この献立が、新元号「令和」に触発されて思い付いたことは、以前にも記したところである。
新元号「令和」の由来が、万葉集にある、と、聞いて、万葉集から山上憶良を連想し、以てこの献立となったのである。
『万葉集』巻五の「梅花謌卅二首并序(梅花の歌 三十二首、并せて序)」にある一文が「令和」の典拠であると云うから、梅肉を添えたり、梅ドレッシングなどをかけてもいいかもしれない。
たまには泥臭い現世憂世を厭離して、万葉太古の長閑な浄土を欣求してみるのも、よかろうじゃないか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
温度計の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(奈良漬け)、揚げないコロッケ、小松菜と厚揚げの煮浸し


長期間(おそらく1年〜2年未満)冷凍保存しておいたにもかかわらず、厚揚げの味や食感にたいした劣化が感じられなかったのは、意外であり、ありがたかった。
一般に、豆腐は凍らせると、味も食感も悪くなる、と、思っていたので、おそらく厚揚げもそうだろう、と、思っていたのだが、そうでもないようである。
揚げないコロッケは前回のリヴェンジである。前回入れ忘れた挽肉を、今回は忘れずちゃんと入れた。今回使用したのは、牛豚の合挽肉である。冷めても美味しいのは、鶏豚の合挽肉だが、今回は基本どおり(?)、牛豚の合挽肉を使った。
玉葱も我が実家の基本どおり、弱火〜とろ火で、30分強かけて、じっくり炒めた。
問題は、前回玉葱を炒めたときに、思ったより嵩が減ってしまったので、今回は思い切って、多目に炒めたのである。ところが今回、思ったより嵩が減らないのである。
結果、他の食材──人参、じゃがいも──も増量し、かなり多くの揚げないコロッケができてしまった。
こんなとき、冷凍保存できると便利である。さいわい、揚げるのであれ、揚げないのであれ、コロッケ自体、冷凍保存できるのだから、大いに助かる。
問題は、冷凍室の許容量である。すでに他の食材で、満杯状態である。やはりもうひとつ、専用の冷凍庫が欲しい……しかし、置くスペースがない(T_T) 困ったものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:46 | - | - |
温度計の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ


今日は“温度計の日”だそうである。
Wikipediaによると、“水銀温度計を発明した、ドイツの物理学者ガブリエル・ファーレンハイトの1686年の誕生日に因む”そうである。
“1686年の誕生日に因む”と記載されているが、おそらく、他の年の誕生日はないのではないか、と、思われる。まあもっとも、誕生年月日にいくつかの異説があるだろうことは、否定しえないが。
それはともかく、“この日付はユリウス暦に基づくものであるが、ファーレンハイトの生地ダンツィヒではすでにグレゴリオ暦が使用されており、グレゴリオ暦では5月24日となる。しかし、記念日関連の書籍等には温度計の日は5月14日として記載されている”そうである。
なお、「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、“華氏温度目盛り(°F)”のFは、このファーレンハイト(Fahrenheit)のFからとったものであるらしい。
華氏温度は日本人にはあまりなじみがないだろうが、“主にアメリカ・カナダ・イギリスで用いられている”(「今日は何の日〜毎日が記念日〜)」。
同Websiteによると、“華氏温度は、塩化アンモニウムを寒剤として得られる当時人間が作り出せた最低温度を0度、人間の平均体温を96度とし、その間を等分して得られる。この温度目盛りによると、水が凍る温度は32度、沸騰する温度は212度となる”とのことである。
なお、”華氏”と云うのは、“中国では、ファーレンハイトに華倫海の字を当てたことから、「華氏」と呼ばれるようになった”そうである。
これから暑くなる季節、温度計湿度計のお世話になる機会も多かろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
温度計が水銀であろうが液晶であろうが、温度表示が摂氏であろうが、華氏であろうが、そんなこととはまったく関係のない、いたって涼やかな(?)献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:44 | - | - |
メイストームデーの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、豚肉の生姜焼き、小松菜と厚揚げの煮浸し、生野菜サラダ、山芋の上のオクラ、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


豚肉の生姜焼きが昼の弁当と重なってしまったがやむを得ない。先週の月曜日に漬けたものだから、もう充分以上に味は滲みているだろう。いくら漬け込みものとは云え、そうそう漬け込んでおくわけにもいかない。
小松菜と厚揚げの煮浸しも久しぶりである。わさび和えに飽きたわけではないが、今回買ってきた6束(これでなんと! 税抜200円!!)のうち、3束をわさび和えに使ったので、あと半分の3束は、なにか別の献立にしよう、と、思ったのである。
最初はからし和えにしようと思ったのだが、冷凍室に以前(何年くらい前かは忘れたが)冷凍保存しておいた厚揚げが3個あったのを思い出して、煮浸しにすることにしたのである。
小松菜を先に湯掻いてしまったのは失敗だったかもしれない。“煮浸し”なのだから、直接入れてもよかったのではないか。その方がまだ幾分でも、シャキシャキした歯応えが残っていたであろう。
厚揚げは、ざっくり云うと、豆腐を厚めに切って素揚げにしたものであることは、みなさんよくご存知のことだろう(わたいは不明にして知らなかった……)。
その主だった栄養素は、タンパク質、大豆イソフラボン、カルシウム、ビタミンKの4つであるが、それらの栄養素の含有量は、豆腐よりもはるかに豊富なのである。願わくば、冷凍保存しても、それらの栄養素が損失せざらんことを!
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:51 | - | - |
メイストームデーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、豚肉の生姜焼き、小松菜のわさび和え


朝食の献立は、炭水化物、タンパク質、食物繊維、カリウム、ビタミンB6(タンパク質の代謝に関わる)、乳酸菌、と、栄養面からのバランスは取れている、と、自負しているのだが、いかんせん、野菜が不足している。残念ながら、野菜ジュースでは、野菜を摂取したことにはならない。
で、昼の弁当と晩食の献立で、1日の野菜摂取量を調整しよう、と、云うわけである。
小松菜には、葉緑素の他に、カルシウム、各種ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、菠薐草とともに、是非とも摂取すべき野菜の筆頭であることは、これまでにもたびたび述べてきたところである。
豚肉の生姜焼きの場合、豚肉と玉葱を炒めてある。玉葱のアリシンはビタミンB1と結びついて、ビタミンB1の吸収促進やその働きを長時間にわたって持続させる作用がある。
ビタミンB1は糖の代謝に関わる酵素の働きを助け、ブドウ糖をエネルギー変えたり、疲労物質の代謝を促進する効能があることは、これまでにもたびたび記してきたところである。
同様の効果を発揮するにんにくも入れてある(チューヴとは云え)し、米に混ぜてある麦は、ビタミンB1を多く含む、ビタヴァレーである。
疲労回復滋養強壮には、もってこい、の、献立群である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:45 | - | - |
メイストームデーの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は”メイストームデー”らしい。
Wikipediaによると、“バレンタインデーから88日目、「八十八夜の別れ霜」という言葉にちなみ、別れ話を切り出すのに最適とされる日”であるらしい。
別れ話を切り出すのに、最適も最高もなかろうが、と、思うが、下手に別れ話を切り出して、切った張ったの刃傷沙汰、ストーカー行為から逆上殺傷にまで至る事件が跳梁跋扈する昨今のご時世ゆえ、こう云ったことにもゲンを担ぎたくなる気持ちは解らないでもない。
DVに耐えかねて別れ話を持ち出し、相手が逆上してストーカー行為に及び、アゲクの果てに殺害された、と、云うのでは、浮かばれる者も浮かばれない。ましてや相手が、総理のお友達、と、云うことになると、なんのかんのと理由をコジツケて、不起訴無罪放免になろうと云うお国柄だから、なおさらである。
Wikipediaに、“バレンタインデーから88日目、「八十八夜の別れ霜」という言葉にちなみ”とあるように、“起源ははっきりしないが、日本起源であることは確か”であり、“メイストーム自体が、日本起源の言葉である”とのことである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
バレンタインデーから88日目であろうが、十月十日目であろうが、ひとりものには別れ話自体縁のない、いたって平穏長閑な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:42 | - | - |
リプトンの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛高菜昆布)、豚肉の生姜焼き、菜の花のお浸し


なんか久しぶりに、豚肉の生姜焼きを料理ったような気がする。
これは、鶏肝の生姜煮と並んで、もっとも早く習得した献立である。と、云うことは、昔から好きだった献立である、と、云うことである。
玉葱と豚肉を、酒、みりん、生姜、にんにく、薄口醤油、を、混淆した漬けダレに漬けて(最低1昼夜)、油を引いてないフライパンで焼く。
スーパーなどでは、生姜焼き用にスライスした豚肉を売っているが、わたいはそれは使わない。小間切れや切り落としを使う。要は安物使いなのである。
菜の花のお浸しは、昨夜のもの同様、冷凍保存しておいたものである。解凍時間が長すぎたせいか、妙にベチャベチャしたが、鮮度や味に大した違いはなかった。菜の花特有の苦味もしっかり残っている。冷凍保存、畏るべし! で、ある。
さて、来週の献立だが、10連休ボケで、まだ頭脳が正常回転していない。とくに食べたいものもない。しかし考えてみれば、それくらいでちょうどいいのかも知れない。あれも食べたい、これも食べたい、あれも料理ってみよう、これも試してみよう、では、料理り過ぎになってしまう。
10連休後の週末、なかには、10連休で休みすぎて疲れたからゆっくり休みたい、と、云う、解るような解らないような気分の方もおられるだろう。
平常に戻すための貴重な週末、みなさん、大いにお愉しみください!
また来週、お目にかかりましょう(^_^)/
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |
リプトンの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“リプトンの日”であるらしい。
Wikipediaによると、“紅茶のブランド「リプトン」を展開するユニリーバ・ジャパンが制定”したもので、“ 創業者トーマス・リプトンの1848年の誕生日であり、リプトンが1871年に最初の食料品店を開いた日でもあることから”選ばれたのだそうだ。
リプトンは日本でも有名な紅茶であり、紅茶=リプトン、と、発想されるほど、多く出回っている。したがって、スノッブなどは「リプトンなんか……」と、鼻で嗤う者も多いようである。
わたいはコーヒー党で、紅茶は年に何杯か、あるいは数年に1杯くらいしか飲まない人間だが、それでもリプトンの名は知っているし、飲んだこともある。
ただ、不明にして、それが人名だとは知らなかった。てっきりどこかの地名だと思っていたのである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
リプトンであれ、アッサムであれ、アール・グレイであれ、ダージリンであれ、紅茶は一切出てこない、いたって非英国風の献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:09 | - | - |
ヨーロッパ・デーの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、菜の花のお浸し(辛子醤油)、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


小松菜のわさび和えがなくなった。そんなわけで、菜の花のお浸しにしたのだが、これは以前湯掻いておいて、冷凍保存しておいたものである。
「以前」と記したが、これがどれくらい「以前」なのかが問題で、最低1年は前であることは確かなのだが、ひょっとすると、2年くらい前になるかも知れない。3年前にまではならないであろうことは、たしかである。
なんども記しているが、菜の花が冷凍保存できる、とは、ありがたいことである。なにしろこのご時世でも、菜の花は、一年中出回っている、とは、いかないからである。
それにしても、冷凍保存は、どれくらい効果があるのだろうか。もっともそれが判明したところで、消費期限、賞味期限ですら、平気で無視するわたいのことだから、それを知ったところで、どうにもしないだろうが。
鰯の生姜煮もなくなった。一度、揚げないイワシフライ、を、料理ってみたいのだが、いい素材がない。開きが売ってないし、自分では2枚おろしも3枚おろしもできない。情けないことであるが、やむを得ない。
鶏の唐揚げ、コロッケ、トンカツ、と、料理ってきた、“揚げないシリーズ”であるが、次回はぜひ、イワシフライと、アジフライに、挑戦してみたいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:01 | - | - |
ヨーロッパ・デーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、豚肉のすき焼き風、小松菜のわさび和え


いまになって気づいたのだが、豚肉のすき焼き風、と、云うからには、冷蔵庫内に残っている焼麩も一緒に入れればよかった。
以前、豚肉のすき煮、と、云う、献立を料理ったことがある。そのときは、しめじや舞茸を入れた。
味付けはさして変わらなかった……ハズである。
考えてみれば、すき焼き自体、いろんな具材食材を入れるものなので、すき焼き風にしろ、すき煮にしろ、好みの具材食材を入れて、味付けすればいいわけである。
本家本元(?)すき焼きにも、個人の好みや育った環境(家庭、地方など)によって、「こんなもん、すき焼きに入れるか!?」と、云う、具材食材がある。例えば、大根、で、ある。
『究極超人あ〜る』と云う漫画の中で、すき焼きに大根を入れようとする登場人物に、「すき焼きに大根を入れるか!?」と、他の登場人豚が絡む場面がある。
読者の反応は、と、云うと、「大根は入れないだろう」と云う人もいれば、「え〜、入れないの?」と、驚いた人もいた。
ちなみに宅(実家)では、いつも入れている。
みなさんのご家庭では、いかがですかな?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:55 | - | - |
ヨーロッパ・デーの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“ヨーロッパ・デー”であるらしい。
Wikipediaによると、“1950年5月9日、ロベール・シューマンが欧州石炭鉄鋼共同体設立構想「シューマン宣言」を発表した”ことにより、“1985年にミラノで開かれた欧州理事会で制定”された、と、云うことである。
この“シューマン宣言を基礎として、1951年に欧州諸共同体のなかの最初の共同体で、のちの欧州連合につながっていく欧州石炭鉄鋼共同体が創設された”(Wikipediaより)と、云うのだから、現在の欧州連合(EU)の大本となる考えが発表された日である、と、云うことであろう。
その欧州連合も、ここ数年来、解体の危機にさらされている。
その要因には連合内各国間のさまざまな思惑──各国の貧富の差や、移民に対処する方法の違いなどがその主なものらしい──があるようだ。
現在も英国の欧州連合離脱を巡って、欧州連合各国のみならず、世界中の国々が、その動向に関心を寄せている。
1993年の発足以来四半世紀が過ぎ、今後の行方が注目されるところである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
欧州が連合しようがしまいが、英国が離脱しようがしまいが、まったく影響のない、世界情勢とは無縁の、平々凡々たる献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
ゴーヤーの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、豚肉のすき焼き風、小松菜のわさび和え、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


豚肉のすき焼き風に入れた玉葱が、思ったより少なかった。30分程炒めたので、嵩が減ってしまったのだろうか。半月切りにしたものをさらに半分にしたのがいけなかったのかも知れない。
豚肉のすき焼き風は──

玉葱を半月切りにしてバラバラにほぐす。
豚肉を食べやすい大きさに切る。
  *肩ロースであろうが、小間切れであろうが、切り落としであろうが、わたいは頓着しない。
フライパンに油を引き、玉葱を炒める。
玉葱が透きとおり、しんなりしてきたら、豚肉を入れる。
豚肉の色が変わりだしたら、酒を入れて強火にし、アルコールを飛ばす。
砂糖、濃口醤油、生姜、にんにくを入れ、中火〜弱火で、煮詰めるようにする。
適当に味が滲みたら出来上がり!

――が、わたいの基本である。
だが、今回は、酒、砂糖、濃口醤油、生姜(チューヴ)、にんにく(これまたチューヴ)、を合わせて漬けダレを作り、これに豚肉もも切り落としを、手で食べやすい大きさにちぎりつつ浸し込み、揉み込み、しばらく放置して、味を滲みこませた。
そして炒めている最中の玉葱に混ぜて、焼いたのである。
味がよく滲みているような気がするのは、そのためかもしれない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:05 | - | - |
ゴーヤーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え


鰯の生姜煮はだいぶうまく料理れるようになってきたようだ。と、云っても、わたい以外の人間が食したことはないのだから、第三者にとってどうなのかの判断はつきかねる。
どなたか自己責任で、口にしてみる勇気のある知り合いはいないだろうか?
冗談はともかくとして、鰯の生姜煮にも、にんにくを入れることがある。今回は入れなかった。故あってのことではなく、ただたんに忘れていただけである。
梅を入れると、心なしか、味がまろやかになるような気がする。
魚の生臭さを気にする人いる、と、聞くが、不思議なことである。わたいはいままでの人生の中で、獣肉の生臭さを気にしたことはあっても、魚の生臭さを気にしたことはない。精確に云うと、獣肉を、生臭い、と、思ったことはあっても、魚肉を、生臭い、と、思ったことはない。
ただし、イカだけは別である。それ故、イカは長いこと、食べられなかった。現在でも、イカの姿焼きは、八戸以外では食べられない。
以前、小松菜のわさび和えも、湯掻き過ぎて繊維だけになったり、わさび醤油を作り過ぎてやたらに鹹くなったりしたものだが、この頃は安定して料理れるようになった。なにごとも経験である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:02 | - | - |
ゴーヤーの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、ホット・コーヒー、バナナ


今日は“ゴーヤーの日”だそうである。
Wikipediaによると、“沖縄県とJA沖縄経済連が1997年に制定”したもので、“「ゴー(5)ヤー(8)」の語呂合せと、沖縄県では5月を境にしてゴーヤー(ニガウリ)の出荷量が増えることから”定められたらしい。
わたいは“ゴーヤ”と発音しているが、“ゴーヤー”が正しいようだ。しかし馴染みが深いので、ここでは“ゴーヤ”と表記する。
ゴーヤの栄養価が豊富であることは知っていたのだが、ゴーヤ・チャンプル以外の献立を知らなかった。ゴーヤ・チャンプルは手間もかかりそうだし、卵を使用しているので、日持ちがしないだろうと思って、敬遠しているのである。
ところが、ゴーヤの佃煮を料理ってから、いっぺんにハマってしまった。以来、買物に行く都度、店先にゴーヤを探している。そろそろまたゴーヤが出回るかと思うと、心愉しいものがある。
もっともそのことと、わたいの食卓を飾る献立とには、なんらの関連もない。
まだゴーヤとも佃煮とも、チャンプルともかかわりのない、いたって季節感のない献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:00 | - | - |
10連休明けの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の生姜煮、小松菜のわさび和え、奈良漬け、冷奴、納豆、味付海苔


我ながら不思議なのだが、豚肉のすき焼き風にはチューヴの生姜やにんにくを使うのに、鰯の生姜煮には、ちゃんと(?)、刻んだ生姜や、潰した梅干を入れるのである。別に豚肉だから、魚肉だから、と、云って、差別しているわけではない。当然、豚肉にはチューヴのものが、魚肉には直のものが、それぞれ味と栄養を効果好く引き出す、などと考えているわけでもない。
ではなぜか、と、云うと、わたいの気まぐれ、としか、云いようはない。
わたいが献立を決めるに際して重視する要因は、食材の値段、栄養価、料理りやすさ、保存の可否(長期保存できないものは最初から論外なのである)、である。それらの要因が複雑微妙奇々怪々に混淆し合い、わたいの気まぐれによって、判断が下されるのである。
とは云え、みなさんよくご存知のように、わたいの献立はたいがい固定している。偏食と云えば、偏食であろう。しかし栄養面から見れば、バランスは取れているはずである、と、思うのだが、如何だろうか……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:56 | - | - |
10連休明けの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、豚肉のすき焼き風、小松菜のわさび和え


豚肉のすきやき風も、久しぶりである。ありようは某牛丼チェーン店のHPを見て、久しぶりに食べたくなったのである。
当該のチェーン店に食べに行かず、自分で料理ろうと云うのだから、我ながらアッパレである。もっとも正確に云えば、ただたんに、食べに行くのが邪魔くさかっただけなのだから、わたいの無精もたいがいである。
生姜とにんにくを入れたのだが、これはもちろん、チューヴのものである。今回はいつもより甘辛く味付けたつもりだったが、思ったほどではなかった。
と、云うことは、外食チェーン店の牛丼や豚丼などの具は、相当甘く味付けられている、と、云うことなのだろうか。
小松菜のわさび和えは、毎度おなじみの、お約束、で、ある。わさび、と、云うと、ピリ辛の印象があるが、小松菜からけっこう水分が出ているものと見えて、意外と辛味は感じない。むしろ、新鮮でさわやかな感じである。これからの季節には、より重宝な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:54 | - | - |
10連休明けの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、フルーツミックス


おそらく、史上空前絶後であろう、10連休が終わりを告げた。
暦の上では10連休とは云え、諸般の事情で、10連休にならなかった人たちが大勢いることはもちろんである。
なかには、10連休もあると、かえって困る、なにをしていいのか分らない、早く仕事に行きたい、仕事のカンが戻らなくなる、等々、贅沢と云うか、ワーカーホリックと云うか、貧しい人生と云うか、さまざま感想を持つ人たちもいるものである。
と、云っても、わたいも大したことはしなかった。前半に恒例の如く八戸に行ったものの、わずか(?)3泊4日で帰って来たし、帰ってからは、ノンベンダラダラと過ごしてしまった。文化的でも健康的でもない、最低の過ごし方である。
まぁ、クダラヌ喧噪や人混みに巻き込まれなかった、と、云えば、まだマシな方だったろうか。
で、その10連休が明けると、いつもながらの献立で、朝が始まる、と、云うわけである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:52 | - | - |
世界知的所有権の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(奈良漬け)、玉子焼き(2個)、ウインナー(5本)、菠薐草のお浸し


献立名だけ見ると、弁当の典型のようなラインナップだが、写真を見ると、とてもそうは思えないのが不思議である。
言葉と実際がまるで噛み合わないのは、なにも現在の政治の世界だけの現象ではないようだ。
ただ、少なくとも、見栄えは悪くとも、味は満足できているのだから、他からなんやかやと掣肘を受ける謂れもあるまい。
言葉の綺麗事、美辞麗句、実際の泥沼劇、酷薄非情、疑惑晴らせぬ黒い霧、の、政治よりも、なんぼかマシである。
さて、今週末から、待ちに待った人たちには、待ちに待った、10連休である。
愉しめるか、鬱陶しめるか、それは人それぞれだろうが、まあなんにせよ、できるかぎり、愉しく面白おかしく、平成最後にして、令和最初の連休を過ごそうじゃあ〜りませんか。
この記事も、平成最後となりますが、令和になっても、よろしくご贔屓ご愛顧のほどを(^_^)/
それではまた連休明け、令和になって、お会いしましょう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:53 | - | - |