ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << November 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
鹿鳴館開館日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース


どうもこの時期は体調を崩すことがままある。
したがって、食材の買出しも料理もできず、あるいは体調は崩さないまでも、気分が乗らなくて、ズボラをかましてしまうことがよくある。
ひとつには手の指先にひび割れあかぎれ等が生じ、とても水仕事をする気にならなくなるのである。
そんなわけで、今週はほとんど、弁当である。
今日は鹿鳴館の開館日であるらしいのだが、もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関係もない。
ただ、思うのだが、鹿鳴館ではダンスの他に、料理も出したのだろうか?
出したとすれば、どのような料理を出したのだろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:56 | - | - |
いい夫婦の日のひとりめし(昼‐弁当)
麦飯(梅しそふりかけ)、里芋と鶏肉の煮物、カボチャの煮物


里芋と鶏肉の煮物は、母者のお手製である。見てお判りの通り、里芋と鶏肉以外にも、人参やちくわなどが入っている。
これもいつか料理ってみようと思っている献立である。
カボチャの煮物は自作である。無理やり詰め込んだため、形が崩れてしまった。
なに、かまいはしない。料理ったのもわたいならば、どうせ食べるのもわたいなのだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:23 | - | - |
いい夫婦の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


これほど厭味ったらしく、これほど腹が立ち、これほど皮肉なタイトルになる日は、1年365日(奇しくも今年は366日)ありと云えども、今日くらいなものであろう。
こうなったら、意地でもいつもの献立で押し通す。
それに考えてみれば、夫婦仲が悪くなって、寒々とした雰囲気で食卓を囲むよりも、あるいは夫婦別々に食事を摂るよりも、ひとりめしであるほうが、なんぼかしあわせである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:06 | - | - |
日本ケンタッキー・フライド・チキン第1号店オープンの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、ツナと白菜のスープ煮(もやし、ニラ入り)、小松菜と油揚げの煮浸し(じゃこ入り)、コロッケ(3個)、ゴーヤの佃煮、納豆、味付海苔
img src="images/1479725254049.jpg" width="384" height="216" alt="" class="pict" />

ツナと白菜のスープ煮を、ひさびさに料理った。宅に帰ってから料理ったので、心なしか急いていたようである。ために思ったより白菜が少なくなり、味が濃くなった。もやしのニラは、思いつきで入れた。生のまま入れても食べらるし、栄養分は豊富だし、調法なものである。
小松菜と油揚げの煮浸しも味が濃かった。
しばらく料理っていないと、味つけの加減がうまく行かない。いわゆるカンが鈍る、と、云うヤツである。だいたい和食と云うものは、味つけはほんのりで、素材の持ち味を引き出すところに妙味があるのだ、と、いつも後になって気づく。いわゆるひとつの、After Festival、と、云うヤツである。
忘れぬうちに、何度でも試してみることである。
ゴーヤの佃煮は、こないだ実家に帰ったときに、貰って帰ったものである。
ゴーヤの佃煮も、コロッケも、今回で無くなった。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
日本ケンタッキー・フライド・チキン第1号店オープンの日のひとりめし(昼‐弁当)
麦飯(若菜ふりかけ)、鶏の唐揚げ、カボチャの煮物


日本ケンタッキー・フライド・チキン第1号店開店記念日だからと云って、鶏の唐揚げを持ってきたわけではない。そこまで義理立てする縁もない。
また、阪神ファンだからと云って、若菜のふりかけをトッピングしたわけでもない。
カボチャの煮物は冬場の定番である。しかし、以前よりだいぶ高価になっている気がする。野菜が高値になっている、とは、聞いてはいたが、まさか、カボチャにまで影響が及んでいるとは思わなかった。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 09:44 | - | - |
日本ケンタッキー・フライド・チキン第1号店オープンの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は日本ケンタッキー・フライド・チキンの第1号店がオープンした日である。場所は名古屋市郊外で、名古屋と云えば、名古屋コーチン、であるが、まさか、それと関係あるわけではなかろう。
自慢ではないが、生まれてこの方、ケンタッキー・フライド・チキンなるものを食したことがない。いや、1度だけ、ご相伴にあずかって食べたことがあったかな?
阪神ファンとしては、カーネル・サンダース氏の霊を慰めるためにも、大いに贔屓にせねばならないのだろうが、どうも気が進まない。
もちろん、朝からフライド・チキンなど、食そうと云う気もない。
いつもながらの、相変わらずの、献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 09:39 | - | - |
警備の費用
最近、とみに、物騒になってきた。
真面目につましく暮らしていても、一歩外に出れば、認知症寸前の高齢者や、危険ドラッグを使用した者の運転する車に撥ねられたり、ストレスが蓄積したあまり通り魔となった人に襲われたりする危険が付き纏う。
家の中にいてさえ、安心できない。
戸締り施錠を厳重にしていても、それだけでは心許ない。
或る友人などは、それまで家の錠が簡略だったのを、結婚してからは、厳重なものに取り換えた、と、云う。
「なんでやねん。お前ンとこ、嫁さん昼間、宅に居るんやろうが」
「嫁さんがうちに居るから、危ないねん」
……なるほど、納得した。
昔はだれか人が宅に居れば、安心だった。子どもの頃、「ちゃんとお留守番しときや」と、云われたものである。
ところが現在は、宅に人が居ても、けっして安心できない。
いな、宅に人が居る――年老いた両親、かわいい妻や子ども――からこそ、無人のときよりも、要心しなくてはならない。
怖ろしい世の中になったものである。

そんな怖ろしい世の中の風潮を反映してか、かつてはなかった、新たなるビジネスも生まれる。
昔は個人を顧客にした警備会社などと云うものは、存在していなかったであろう。

さて、なにかと物騒な昨今、我が家も警備会社に安全を保障してもらおうと思う。
そのとき――
「すみません。この物騒な昨今、我が家の警備を引き受けてくれませんでしょうか」
と、なると、その料金は、当然、頼んだ家族が警備会社に払う。

ところが――
「すみません。この物騒な昨今、私どもの業界も、なにかと競争が激しくて……、いかがでしょう、モニターとして、弊社の警備をお試しくださいませんか。どうか我が社の警備システムで、お宅を警備させてください」
と、なると、その料金は、当然、警備会社持ちであろう。ひょっとすると警備会社は、“モニター料”すら、支払わねばならないだろう。

それが理の当然だと思うのだが、安倍さん、トランプさん、在日米軍は、どちらの立場なんでしょうか?
| 遊冶郎 | 気まぐれなコラム | 20:29 | - | - |
不思議の国のヴィクトリア女王
『不思議の国のアリス』を気に入ったヴィクトリア女王が、作者のルイス・キャロルに、他の著作も送ってくれるよう、手紙を出した。
数日後、女王のもとに届いたのは、幾冊かの難解な数学書だった。

註:“ルイス・キャロル”とは、オックスフォードの有名な数学者である、チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンのペン・ネーム。
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 19:42 | - | - |
ウィリアム・テル伝説の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(しらすふりかけ)、鶏の唐揚げ、ブロッコリの塩昆布あえ


困ったときの冷凍ブロッコリ、と、云うわけで、以前に冷凍保存しておいたブロッコリを解凍した。
それはいいのだが、思ったより量が少なかった。これなら鶏の唐揚げを詰めて、もう1食分、入れられたかもしれない。
どうしようか迷っているうちに、時間がなくなってしまった。
朝は1分1秒が貴重である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:28 | - | - |
ウィリアム・テル伝説の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


ウィリアム・テルと云えば、スイス独立の伝説に関する有名人であるが、大概の人は、息子の頭に乗せたリンゴを矢で射抜いた、と、云う逸話くらいしか知らないのではないか。
かく云うわたいも、テルがシャーウッドの森にすんでいたこと、テルと息子がなぜそのようなことをするハメになったのか(当時その地を支配していた悪代官の命によるもの)、もし失敗したら当地を支配していた悪代官を射殺しようと決意していたこと、この件がきっかけになって、スイスの独立運動が盛り上がったこと、くらいしか、知らなかった。
テルはいまでも、スイスの英雄である。
そのウィリアム・テルが、息子の頭に乗せたリンゴを射抜いたのが、1307年(徳治2年)の今日である。
1307年と云えば、日本はまだ鎌倉時代である。いわゆる元寇の弘安の役より、26年後のことである。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ジュースはリンゴジュースではなく、デザートもバナナであって、リンゴではない。
それにしてもこの日、テルとその息子が食したであろう朝食は、どのような献立だったのであろうか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:12 | - | - |
ボージョレ・ヌーボー解禁日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、インスタント味噌汁(乾燥わかめ)、コロッケ(3個)、胡瓜もみ、かぶらの漬物、味付海苔


野菜がないのが不覚である。人参とブロッコリをもっと冷凍しておいた、と、思っていたのである。その代わり、と、云ってはなんだが、胡瓜もみを多めに頂戴した。
以前も記したが、かぶらの漬物が結構旨い。もし実家で漬けたのなら、今度漬け方を教えてもらおうと思う。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:36 | - | - |
ボージョレ・ヌーボー解禁日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(鮭ふりかけ)、鶏の唐揚げ、隠元のごま和え


隠元のごま和えがなくなった。結構料理ってくれていた、と、思ったのだが、2回でなくなったのは、やはり1回に食べる量が多かったからだろうか。こう云ったものは、漬物や佃煮などのように、つまみ程度の少量を食すのが、一般の食べ方なのだろう。
鶏の唐揚げはまだある。明日か明後日でなくなる予定である。
そう云えば、以前聞いたところによると、フランスでは小学校の給食にもワインが付く、と、云うことだったが、あれはデマ風聞、都市伝説の類だったのだろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:09 | - | - |
ボージョレ・ヌーボー解禁日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、柿(3切)


今日はボージョレ・ヌーボーの解禁日である。ボージョレ・ヌーボーは、「フランスのブルゴーニュ地方南部に隣接する丘陵地帯・ボジョレーで生産されるヌヴォー仕様の赤ワインである」(Wikipedia)らしい。もともとは試飲用であって、販売用ではないのだが、いつの頃からか、「解禁日をイベントとして、新酒として大々的に売る販売戦略や販売手法が確立され、現在はフランスでも、日本と同じ目的で一般の消費者向けに売られている」(Wikipedia)と、云うことである。
その解禁日が、毎年11月の第3木曜日と定められているため、今年2016年(平成28年)は、今日17日が解禁日とはなったのである。
ボージョレ・ヌーボーが解禁されようがされまいが、わたいの食卓を飾る献立には、なんらの影響もない。いつもながらの、平々凡々たる献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 09:47 | - | - |
幼稚園記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、インスタント味噌汁(乾燥わかめ)、茹で人参&茹でブロッコリ、コロッケ(3個)、胡瓜もみ、かぶらの漬物、味付海苔


茹で人参&茹でブロッコリは、以前湯掻いておいて、冷凍保存しておいたものである。
目的は弁当のお菜がなくなったときの埋め合わせだが、今回のように、野菜の献立が不足しているときにも役に立つ。調法なものである。
最近、漬物類にハマっている、とは云っても、自分で漬けるわけでは、もちろん、ない。まだそこまでの境地には達していない。さまざまな種類の漬物や佃煮を食べたい欲求が兆しだしたのである。それはそれでいいのだが、問題は、漬物や佃煮に嗜好が傾くと、お菜がおろそかになり、いきおい、栄養のバランスが悪くなる、と、云うことである。なにしろいま現在、漬物や佃煮と、御飯さえあれば充分、と、云う心境なのだから……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:50 | - | - |
幼稚園記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(たらこふりかけ)、鶏の唐揚げ、隠元のごま和え


鶏の唐揚げも隠元のごま和えも、母者のお手製である。
隠元のごま和えは、一度自分でも料理ってみたい、と、思いながら、筋を取るのが邪魔臭そうで、ついつい先延ばしになってばかりいる。そのうちにチャレンジしてみよう。
鶏の唐揚げは、コロッケと双璧を成す、大のお気に入りである。
この2種類に関しては、母者お手製のものより旨いものを食べたことはないし、これからも食べられないだろうし、そもそも、存在すら、していないだろうと、断言できる。それほどのお気に入りである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:36 | - | - |
幼稚園記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、柿(3切)


今日は幼稚園記念日である。
明治9年(1876年)の今日、東京の神田に、日本初の官立幼稚園である東京女子師範学校附属幼稚園(現在のお茶の水女子大学附属幼稚園)が開園したことに由来するのだそうである。(Wikipediaより)
待機児童の解消や保育所の設立などをめぐって、さまざまな問題が取りざたされている。「送迎の保護者たちのマナーが悪い」と、云うのなら、解らないでもないが、「子どもたちの声がうるさい」と云うのが、保育所設立に反対する理由になるとは、現在の大人たちの心性は、なんと貧しく、腐敗したものに成り下がってしまったのだろうか。
そうでなくても、幼児児童を対象とした倒錯した性犯罪や様々な虐待が日々報道される昨今、子どもたちの健やかにして笑顔と夢があふれる現在をつくりあげることが、大人たるものの最大の責任であることを、改めて厳しく自覚するとともに、自らを省みて、大いに自粛自戒する必要があるだろう。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
柿は母者が剥いて、置いておいてくださったものである。
柿と云えば、子規の名句「柿食へば〜」を想起なさる方も多いであろうが、わたいはどうも、石田治部少輔三成の斬刑執行前夜のエピソードを思い出す。
根がひねくれているのだろ〜か……
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 09:58 | - | - |
七五三の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、インスタント味噌汁(乾燥わかめ)、かきあげ、コロッケ(4個)、かぶらの漬物、胡瓜もみ、味付海苔


今日は母者が来てくださった。
したがって、お菜はすべて、母者のお手製である(もちろん、インスタント味噌汁と、味付海苔はちがうが)。
母者はついつい料理りすぎるようで、わたいはついつい食べ過ぎてしまう。
いくつになっても親から見れば、子どもは子ども、であるようだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:36 | - | - |
七五三の日のひとりめし(昼‐弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、さばの塩焼き(2切)、茹で人参


さばの塩焼きは、昨日近所のスーパーで買って帰ったものである。
定価の30%引だった。「割引」と云う言葉に惹かれるようになって久しいが、最近ではむやみに飛びつかない自制力も、わずかながらに、養われてきたようである。
ただ今回ばかりは、魚類の高騰が口の端にのぼることゆえ、ついつい飛びついてしまったとしても、万やむを得ぬものがあるであろう。それにしても、この量はいささか多かったかも知れない。
茹で人参は、以前に湯掻いて、冷凍保存しておいたものである。ブロッコリと云い、人参と云い、一度湯掻いて冷凍保存しておける食材は、まことに調法なものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 12:53 | - | - |
七五三の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は七五三の日である。
七五三とは、子供の健やかな成長を願って行われる全国規模の年中行事である。
その発生は意外に新しく、元和元年と云うから、1681年のことである。
徳川幕府第5代将軍綱吉の長男、上州舘林城主である徳川徳松の健康を祈って行われたのがそもそもの始まりである、と、云うのが、定説らしい。
七五三と云えば千歳飴だが、これは文字通り、「千歳」に及ぶ子の長寿健康を祈願して、親が子に与えるものである。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関係もない。
千歳飴もなければ、子もいない。相変わらずの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:02 | - | - |
お久しぶりのひとりめし(晩)
玉子麦飯、インスタント味噌汁(乾燥わかめ)、茹で人参&茹でブロッコリ、カキフライ、納豆、茄子の辛子漬け、味付海苔


11月は自作率が低い。ほぼ10日ぶりのアップである。
しかも、カキフライは近所のスーパーで買ってきた惣菜で、茹で人参&茹でブロッコリは以前に冷凍保存しておいたものだから、料理とはとても云えない。
明日は母者が来てくださる、と、云うので、今週分はなにも料理っていない。
11月は怠惰の月、と、なりそうである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:04 | - | - |
ちょっといい言葉 其の九〜助六
当Blogの爐蹇舛蠅の食卓”が好評(?)なようなので、食べ物ネタをもうひとつ――

いなり寿司と巻き寿司のセットを「助六」と云うが、♬それは、なぜか、と、訊ねたら──
「助六」とは、歌舞伎の『助六由縁江戸桜』に出てくる主人公。粋でイナセな男伊達。その助六に惚れ込んだのが、三浦屋の遊女、揚巻(あげまき)。
助六もこの揚巻にはゾッコン(死語?)で、自ら「揚巻の助六」と名乗るくらい。
で、この二人、結局は心中するのだが(確かそうだったと思う)、そこから、「揚巻(あげまき)=あげ(おあげさん=いなり寿司)+まき(巻き寿司)」と心中する」と、云うことで、「助六」とはなったのである。
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 20:37 | - | - |
ちょっといい言葉 其の八〜アイス
季節外れで申し訳ないが――

むかし、高利貸しのことを「アイス」と云ったのは、高利貸しが冷血だからと云うわけではなく、「高利貸し」=「氷菓子(アイスクリーム)」というところからである。
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 20:32 | - | - |
素朴な疑問
素朴な疑問なのだが――
なぜ、「過労死」と云って、「企業殺人」と云わないのだろう?
| 遊冶郎 | 悪魔のつぶやき | 13:10 | - | - |
理解できないジョーク
山口良忠と云う人がいた。
判事――裁判官だった。
終戦直後のことだった。
食糧難のその時代、山口氏は、
――人を裁く判事の身で、どうして闇米を口にすることができようか。
と、闇米を口にすることを拒否し、妻にも闇米を買うことを固く禁じ、配給の食糧は子どもたちに与え、自分と妻は汁だけの粥をすすって暮らした。
見かねた親戚や友人たちが、食糧を送り、食事に招待したりもしたが、山口氏は、それすらも固辞なされた
そうして、栄養失調で亡くなられた。

――バナナって、どんな味がするんだろう。
――死ぬまでに、いっぺんでいいから、バナナを食べてみたい。
そう思った、と、そんな回想を、ある一定の年齢以上の人は、かならず一度は、聞かされたことがあるだろう。
余命いくばくもない、と、悟った病人が、最後の願いとして、
――バナナを食べたい。
と、願ったことは、当時の日本の各地で、実際に、あったことである。

学生時分、下宿の近所の定食屋が評判だった。
店は汚いが、安くて量が多かった。
自分も始終、その店のお世話になった。
あるとき、なんでこのお仕事を選ばれたのか、ご亭主にお訊きしたことがあった。
――なに、きみたち、若い人たちには、せめて、腹一杯、飯を食べてもらいたくてな。


バナナは説明する必要はないだろうが、闇米、配給、栄養失調、これらの単語は、いまや辞書のなかの言葉となった。

給食が冷たくてかわいそうだから、と、温かいご飯を食べさせる。
お菜も、二、三種類のなかから、好きなものを選ばせる。

それでいて、
――戦争の悲惨さを、次代に伝えていかなければならない。
ですか?

ごめんなさい。その手のジョークは、私には解りません。
| Mac | 気まぐれなコラム | 10:38 | - | - |
阪神タイガース記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(山葵昆布)、鶏肉と野菜の煮物、ほうれん草と白菜のごま和え


鶏肉と野菜の煮物は、母者が料理ってくださったものである。
先日、某料理レシピサイトで見て、今度料理ってみよう、と、思っていた矢先のことである。さすがは母者、それと察して、無言のうちに、手本を供してくださったものとみえる。
ほうれん草と白菜のごま和えは、今回はこれで終わりである。
ほうれん草2束、白菜少量のさらに半分、で、3食分。なかなかコスパの好い献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:09 | - | - |
阪神タイガース記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜と果実のジュース、バナナ(2本)


今年(2016年)の阪神タイガースは、散々な結果だった。記録上どうこうではなく(それももちろんあるのだが)、ファンの心、気持ちにたいする各試合の内容や選手の活躍ぶりなどが、落胆この上もないものが多かったのである。
なにしろ開幕間もない頃、交流戦やオールスター・ゲームが始まるはるか以前から、“来シーズンに期待しよう”などと云う言葉が洩れ聞こえてくるくらいだったのだから、その落胆ぶりや、推して知るべし、で、ある。
今日11月2日は、阪神タイガース記念日である。いまを去ること31年前の今日、阪神タイガースは日本シリーズで西武ライオンズを破り、38年ぶり、セ・パ両リーグに分離してからは初めての日本一に輝いた。
それを記念して、今日は“阪神タイガース記念日”となったのである。
この年のシーズンの初頭、4月17日、読売巨人軍の槇原投手から奪った、3番バース、4番掛布、5番岡田の、三者連続のバックスクリーンへの本塁打は、いまなお語り草、いや、伝説とさえ、なっている。
当時の熱狂ぶりを思い出して、来季はぜひ、大いに発奮してもらいたいものである。
もちろん、阪神タイガースの活躍如何と、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
阪神タイガースが躍進したからとて豪華になることもなく、逆に成績が悪いからと云って、貧窮になることもない。ある意味、ありがたいことではあるが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:07 | - | - |
北野大茶会の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、インスタント味噌汁(もやし、ニラ、カットわかめ)、小松菜と油揚げの煮浸し、鶏肝の生姜煮、納豆、味付海苔


鶏肝の生姜煮は、母者が料理ってくださったものである。
なにがどうとは判らないが、味つけが格段に違うのはさすがである。
小松菜と油揚げの煮浸しは、ほうれん草と白菜のごま和えと同じく、水きりがアマかったのかもしれない。
全体に少量になったような気がする。と、すれば、結構なことである。腹回り(去年より5cm成長した……)の面から観ても、家計上の面から観ても……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:10 | - | - |
北野大茶会の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、豚肉の味噌漬け、ほうれん草と白菜のごま和え


昨日と同じ献立である。
茶の湯は質素を旨とするのが本来であるらしいのだが、それからすれば、わたいの食事の献立は、量を度外視すれば、茶の湯の心得に合致している。
もっとも、茶の湯の心得が質素を旨とする、と、云うのは、千利休によって提唱確立された心得であって、それまでは、かならずしも、質素侘寂が茶の湯の本道であったわけではないらしい。
もしそうならば、秀吉が催した北野大茶会なども、あながち茶の湯のなんたるかを心得ぬ、成り上がりの派手好みとばかりは云えないだろう。
むしろ、たかが茶を飲むのに、侘びの寂びのとコムズカシイことを捏ねくりまわすほうが、酒の席でワインや日本酒、カクテルなどにウンチクをお垂れあそばす輩同様、イヤらしいインテリの臭いがして、鼻持ちならなく思うのであるが、いかがであろうか。

| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:24 | - | - |
北野大茶会の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜と果実のジュース、バナナ(2本)


今日は京都北野天満宮境内において、時の関白太政大臣:豊臣秀吉が、盛大な茶会を催した日である。歴史上に残るこの盛大な茶会は、現代で云えば、さしずめ秋の園遊会、もしくは政府主催のハロウィン・パーティー(そんなものが実際に行われるとして)に譬えられるだろう(陰の声:ちょっと違うと思うぞ)。
かつては秀吉の自己顕示欲、もしくは誇大妄想から生じたとされるこの茶会だが、最近では、九州平定後(すなわち天下統一完了直後)の、諸大名に対する一大示威行為(デモンストレーション)であり、また戦争後の景気振興策であった、と、云う説もある。
もちろんそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
盛大でもないし、茶会風でもないし、景気振興もうかがわれない、相変わらずの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 11:11 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS