ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『大論理学』(上巻の一)読了
昨日、『大論理学』(上巻の一)を読了した。
いわゆる「有論」の「質」に該当する部分である。
「有論」は『大論理学』の、と云うことは、ヘーゲル哲学の核心をなす部分であり、エッセンスが凝縮されているところである。
ヘーゲル哲学の理解にとって、最も重要なところである。
しかし、逸脱や混乱、先走りなども多く見られる。
それらの――謂わば――“贅肉”を削ぎ落とし、スッキリとした論理の体系として把握するには、そうとうな思惟の力を必要とする。
その力があるかないか、それはやってみなければ分からない。
「泳ぎをおぼえるためには、まず、水の中に入らなければならない」のである。
| 哲ッちゃん | 哲学のおと | 15:01 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS