ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
週間で2回、2000突破\(^o^)/
今週は、13日(月)、15日(水)と、両日とも、アクセス数が2000を突破した\(^o^)/
お読みいただいているみなさま、ありがとうございます♪
残念ながら、ろ〜りぃと自分以外、あまり投稿していないようですが、これから陽気もよくなってくると、他の連中もボチボチ動き出してくるだろうと思いますので、どうかこれからも気長に、温かく見守ってくださいますよう、一同を代表して、お願い申し上げますm(__)m
| Woody(うっでぃ) | 投稿者より | 20:22 | - | - |
素朴な疑問〜その
かぐや姫は、いったい何をしに、地球に来たのだろう?
| Woody(うっでぃ) | 気まぐれなコラム | 20:10 | - | - |
漫画週刊誌の日ひとりめし(昼‐弁当)
麦飯(海苔と野菜のふりかけ)、鶏ささ身の味噌漬け、ほうれん草と油揚げのお浸し


鶏ささ身の味噌漬けが思ったより多く、ほうれん草と油揚げのお浸しが入りきれなかった。仕方ないので、余ったのをそのまま、タッパに入れて持参した。
鶏ささ身の味噌漬けは、近来の大ヒットである。廉価であり(105円/100g)ながら、栄養価が豊富で、しかも旨い、わたいが料理ってさえ旨いのだから、これはもう、何をか云わんや、で、ある。
ほうれん草と油揚げのお浸しに、ちりめんじゃこを混ぜるのを忘れたのは、残念だった。ちりめんじゃこもいろんなものに混ぜて、けっこう使いでがある。
さて、来週は、人参と長ねぎの豚バラ肉巻きが主菜である。晩は相変わらず、粕汁が続く。少なくとも、3月一杯は続くものと思う。問題は副菜の野菜であるが、こんなときこそ、以前に料理って冷凍保存して置いたブロッコリや人参が活躍する……ものと、思う。
それではみなさん、来週の“ろ〜りぃの食卓”をお愉しみに!
よい3連休を(^_^)/
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 09:46 | - | - |
漫画週刊誌の日ひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、オニオン・コンソメ・スープ、野菜ジュース、バナナ


今日が“漫画週刊誌の日”であるのは、1959年(昭和34年)の今日、「日本初の少年週刊誌『週刊少年サンデー』『週刊少年マガジン』が創刊した」からである。(Wikipediaより)
この2誌は、『週刊少年ジャンプ』とともに、まさに日本の少年週刊誌のBIG3とも云うべき存在であって、かつまた、クール・ジャパンと称される、現在の世界的な日本のサヴ・カルチャーの黎明期を支えた、草分け的存在とも云えるだろう。
実際、この3誌に連載され、好評を博したのちアニメ化され、爆発的にファン層を拡大した作品は数知れない。
もちろんそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
クールであろうが、ホットであろうが、サヴであろうが、メインであろうが、およそ、カルチャーなどとは、まるで無縁の献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 09:43 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS