ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
国家は貴官を……
児玉源太郎の怒声が響いた。
狭い陣中である。軒も、柱も、天井も、震えた。
並居る参謀連中が凝縮した。
児玉が叩き割れんばかりに叩いた粗末な机の上には、一枚の地図が載っていた。
その地図には、同一人物であるべきはずの斥候の死に場所が、別々のところに記されていた。
「しかし、報告ではそうなっております」
憮然として応える参謀に、
「自分の目で確認せなんだのか!」
ふたたび、児玉の声が轟いた。
「参謀たるもの、諜報のためとあらば、単身敵陣の中へも潜り込め!」
そしてその参謀の肩章を剥ぎとると、
「国家は貴官を大学校に学ばせた。貴官の栄達のために学ばせたのではない!」
高校を卒業し、大阪の地に進学し、いまに到っているが、思えば、自分一人で、いまの自分になったのではない。
苦しい家計から学費を捻出してくれた両親、学力を向上させてくれた先生たち、ともに夢を語り合い、励ましてくれた友人たち、学校運営のために、多くの税金を納めてくださった市民の方々、なにくれとなく心配してくれた教授の方々……。
数知れぬ多くの人たちがいてこそ、いまの自分がある。幸せな自分がある。
その厚恩に報いることはできないかもしれないが、せめて精一杯、生きて行こうと思う。
愉しく生きることが、自分を支えてくれたみんなに報いる、精一杯のことだと思うから。
| Woody(うっでぃ) | 気まぐれなコラム | 13:00 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS