ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『風の谷のナウシカ』と云うアニメ映画のなかに ……
『風の谷のナウシカ』と云うアニメ映画のなかに、こんなセリフがある。
敵軍に捕まった、老農夫の言葉である。
「あんたがたの姫さんも姫さんじゃろうが、わしらの姫さんとは、だいぶ、ちがうのぉ。
(と、節くれだった手を出して)
見てくだされ、この汚い手を。この汚い手を、姫さんは、きれいな手じゃと云うてくださる。働き者の、きれいな手じゃ、と、な」
 
人間、齢を経れば、容色は衰える。頬はたるみ、皺はより、シミやそばかすも出てくる。それは自然の摂理、人間の力ではいかんともしがたい。
主婦は、家族が幸せに暮らしていけるように、毎日毎日、その健康を気づかって食事をつくり、掃除をし、洗濯をし、蒲団を干し、懸命に働く。
盆も暮れも正月もなく働く。いや、みなが憩える盆暮れ正月だからこそ、みなが心置きなく憩えるように、主婦たちは働く。
そして歳を取り、手肌は荒れ、皺が寄り、たるみもできる。
しかし、そのなかにこそ、輝くような女性の美しさがあると思う。
ほとんどの女性が化粧をするが、「化粧」とは、「化け」、「粧う」と書く。
男と生まれたからには、そのような外面の美に惑わされることなく、内面に輝く女性の美を見出したい。
その美しさこそが、ほんとうの女性の美しさであり、その美しさを見出してこそ、ほんとうの男であると思うのである。

風の谷のナウシカ [DVD]
風の谷のナウシカ [DVD]

| Woody(うっでぃ) | 気まぐれなコラム | 17:13 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS