ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << November 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ミステリー・ゾーン
注文していた「隔週刊 ミステリー・ゾーンDVDコレクション」が届いた。
「ミステリー・ゾーン」とは、原題を「トワイライト・ゾーン(The Twilight Zone)と云い、1959年から1964年までアメリカ合衆国で放送されたSFのテレビドラマシリーズである。
1983年に、スピルバーグをはじめとする4人の監督によって、全4話のオムニバス映画『トワイライトゾーン/超次元の体験』として映画化された。
学生時代、深夜に再放送され、能う限り録画したり、観たりしたものである(おかげで、翌日の講義は、ほとんど欠席した……)。
このドラマは、現在見ても十分に面白い(はずである)。
ストーリー・テリングの巧みさ(最後のどんでん返し、意外な結末)、演出の洒落っ気(ロッド・サーリングの登場とナレーション)、俳優陣の層の厚さ(後に映画などでおなじみになる俳優も出演している)など、物語制作におけるその力量に感心する。
30分枠のTVドラマのなかに、2時間分の映画の内容が詰っている感じである。
コマーシャル・フィルムの内容を1時間枠に水増ししたような日本のドラマなど、とても観る気になれない。
さぁ、週末が楽しみだラブ
| 映ちゃん | 気まぐれなブログ | 22:18 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS