ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
“かわいい魔女さま” in 難波屋
昨夜は萩ノ茶屋にある「難波屋」と云うお店で催された、かわいい魔女さまラブのライヴに行ってきたラブ
萩ノ茶屋にあるお店、と、云っても、お茶屋ではない。
下町風情の漂う立呑屋さんである。
「立呑屋でライヴぅ〜!?
と、驚かれる方もいらっしゃるかもしれないが、なんとこのお店、暖簾をくぐって入るとカウンターがズーッと伸びており、その奥にライヴ・ステージが設えてあるのである。
このお店に伺うのは、今回が2度目である(1回目は本年の6/20だった。「らいぶ☆にゅ〜す」の記事「金曜の夜は……」参照)。
前回は、“かわいい魔女さまラブ”のほかに、“えくぼのステキな猫又さん”と、“「妖艶」と云うよりは「可憐」なYO-ENさん”による、“美女三人会”であった。
今回は“かわいい魔女さまラブ”の独り舞台である!
2部構成で、午後7時から9時までの延2時間。
「これはタップリと魔女さまの世界を堪能できるぞ楽しい拍手ラブ
と、開始前からビール片手に、満面笑みこぼれていたわたいであった。
第1部は“清純な恋”シリーズ。
魔女さまご自身は「似合わない」と謙遜しておられたが、なんのなんの、心きよらかな魔女さまである。似合わぬことがあるものか。実際、客席からは、「嵐のような拍手」が轟いていたではないか。
第2部は“娼婦”シリーズ。
“娼婦”と云ってもさまざまである。魔女さまのシリーズを貫くのは、いわゆる、「黄金のハートをもった娼婦」である。
そこに繰り広げられる世界は、妖しくも悲しく、涙の光美しき世界である。
魔女さまのギターと唄声によって紡ぎだされる独特の世界のなかで、塵労は洗い清められ、活力をチャージされて、明日への輝きを与えてくださった、とてもステキな一夜であった月

〈別記〉
このお店「難波屋」さん、ビールも美味しい、酒肴も美味しい。それでいて、お値段は「!?」と、驚くくらい安い!
アット・ホームでリーズナブルなお店である。
| ろ〜りぃ | らいぶ☆にゅ〜す | 18:03 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS