ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「最愛」と云う曲がある……
「最愛」と云う曲がある。
柏原芳恵と云う、当時はアイドルだった歌手(?)が歌っていた曲である。
サビの部分は、次のような歌詞になっている。

「♪二番目に好きな人 三番目に好きな人 その人なりに 愛せるでしょう
でも一番に 好きだったのは わたし誰にも言わないけど 死ぬまで貴方」

実際にこんな女性がいたら、その人には、生涯独身を貫いていただきたいものである。

“あなたは二番目(或いは三番目)に好きな人なんだけど、それなりに愛せるから、あなたと一緒になるわ。でもあたしが一番好きなのは、死ぬまであの人なの”

なるほど、誰にも言えたものではない。
こんな女と一緒になった(二番目或いは三番目の)男こそ、イイ面の皮、気の毒なものである。
「最愛」ではなく、「最低」のほうが相応しい。

ろ〜りぃに聞いたのだが、作詞作曲は、あの中島みゆきさんらしい。みゆきさんの曲はどれも好きなので、最初そう聞いたときは、ビックリした。
と、云っても、この曲も、そんなに嫌いなわけではない。
引用したサビの部分が嫌いで、それが漠然とした違和感――喉に魚の骨が引っ掛かったときのような違和感――として、感じられていたのである。
おそらくみゆきさんも、当時のアイドルに提供する曲とあって、やむなく、それに相応しい、浅はかな世界を、構築せざるを得なかったのだろう。

しかし世の中は広い。人の気も様々である。
それでもいい、と、云う男も、けっこういるかも知れない。
それはそれでよかろうし、それはそれで、ある意味、立派かも知れない。

ただ自分としては、そんなのはゴメンである。
“あの人にフラれたから、あんたにするわ”と、云われても、“謹んでご辞退いたします”としか、自分には、云いようがない。
| Woody(うっでぃ) | 気まぐれなコラム | 22:01 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS