ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
エイブラハム・リンカーン 1
 ニュー・ヨーク北部のウェストフィールド村に住んでいたグレース・ベデルと云う女の子は、新しい大統領の写真を見たとき、
「コワイ顔やなぁ。でも、髭生やしたら、きっとハンサムで、男前になるで」
 と、思った。思っただけではなく、彼女はその意見を手紙で新大統領に伝えた。
 この新大統領はその手紙に対し、
「いままで大統領やってて、髭を生やした人はいてまへん。それに、いまからいきなり髭、生やし始めたら、国民は、『アホな大統領や』って、 笑いはせえへんでしょうか?」
 と、返事を書いた。
「そんなこと、ありまへん。髭のない大統領のお顔は、コワイんやもん。でも、髭生やしたら、きっとカッコようなりますわ。ウチだけやのうて、友だちもみんな、そない云うてますわ」
 ワシントンでの就任式に臨む日、大統領はウェストフィールドの駅で列車を止め、デッキに出て群衆に声をかけた。
「この町に、わたしと文通してはる、グレース・ベデルっちゅうお嬢さんがいてはります。もしここにいてはったら、どうぞ、出てきてください」
 彼女が驚きつつ出てくると、大統領は、
「やぁ、グレースさん」と、やっと生えた顎髭を撫でながら、「あんたの云うとおり、髭生やしてみたで。どや、男前に見えるか?」
 グレースは感激して、
「よお似合うてはります。それに、あなたはきっと、いちばん立派な大統領になりはりますわ」
 と、叫んだ。
 彼女の予言は当たった。今日、世界中のすべての人々が、エイブラハム・リンカーン氏を、いちばん立派な米国大統領と認めている。
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 12:08 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS