ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << February 2023 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
スターリン1
かつて、「ソビエト社会主義共和国連邦」なる、国家共同体があった。
「ソ連」と、略称されていたものである。
アメリカ合衆国や西欧世界と対立して、当時は「東西冷戦」などと、呼ばれていた。
ソ連に対するイメージは悪く、一党独裁、恐怖政治、思想弾圧、秘密めいた暗い国(精確には、国ではなく、国の集まり=国家共同体なのだが)、"鉄のカーテン"に遮られた未知の世界……、そんなところだった。
そう云ったイメージは、゛アメリカ合衆国を始めとする、いわゆる資本主義陣営、自由主義陣営による宣伝(世論操作)もあろうが、恐怖政治で有名なスターリンによる統治時代のイメージが固定して行ったものと思われる。

スターリンの恐怖政治は有名だ。
その真っ只中での話。
フルシチョフは無学の叩きあげで、正式なテーブル・マナーなど知らない。クレムリンの晩餐会でも、手づかみで料理を平らげている。
見かねたスターリンが注意した。
「同志フルシチョフ、ナイフを使いたまえ!」
フルシチョフはナイフをつかんで立ち上がると、
「誰を? 同志スターリン」


| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 17:58 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS