ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ロバート・デ・ニーロの誕生日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は米国の俳優、ロバート・デ・ニーロの誕生日である。
デ・ニーロと云えば、“デ・ニーロ・アプローチ”と呼ばれる、徹底した役作りが有名である。
それは彼が学んだアクターズ・スタジオの「メソッド演技法」の極致と云ってもいいかも知れない。
体重を増減させ、体形のみならず、顔の輪郭までも変化させる。
とりわけ、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』に出演した時は、そのあまりの完璧な老人ぶりに、監督のセルジオ・レオーネをして、「奴はいったいどんな魔法を使ったんだ? 本当に元の姿に戻れるのか」と、驚愕せしめたほどだった。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
そう云えば、デ・ニーロがミッキー・ロークと共演した映画『エンゼル・ハート』のなかで、デ・ニーロが茹で卵をテーブル上に転がしてその殻にヒビを入れながら、“卵は魂の表象だ”と、云う意味のことを云う場面があった。
あれはなかなか、ゾッとする場面だったなぁ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 13:41 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS