ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
十五夜の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(小2本)


今日は十五夜、いわゆる「中秋の名月」の日である。
年ごとに日付の変わる祝祭日を“移動祝祭日”と云うが、さしずめこの十五夜も、そのうちのひとつと云えるだろう。
この日の名月を愉しむ風習は、平安時代頃に中国から伝わったようで、平安貴族の間では、観月の宴や、舟遊びで歌を詠み、宴を催したようである。
舟遊びと云っても、ただ単に舟を出して歌を詠み、宴を催しただけでなく、舟中から水面に揺れる月を観て楽しむ、と、云った趣向であったらしい。
彼らは、直接に月を愛でるわけではなく、杯や池に月を映して、その風情を楽しんでいたらしい。さすがに日本の趣向は、雅にして風流なものである。
しかしそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
十五夜の日に、雲などで月が隠れて見えないことを「無月(むげつ)」と云い、雨が降ることを「雨月(うげつ)」と呼んで、月が見えないながらもなんとなくほの明るい風情を賞するものとされるらしいが、わたいの食卓には、名月も無月も雨月もない。
いたって無風流な食卓である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:12 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS