ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
伝えよう! 戦争の悲惨さ
よく標題に掲げたようなことが云われます。8月の間だけは。
世人のいわゆる“戦争の悲惨さ”なるものが、じつは“敗戦の悲惨さ”であることは、我々の仲間内では、共通理解になっていることなのですが、ここではそのことはさておきまして――――

世人はよく、“戦争の悲惨さを風化させてはならない”、“戦争の悲惨さを子どもや孫たちに伝えなくてはならない”などとのたまいますが、まったく、お笑い草です。我々はそう云うのを指して、“偽善”と、云っています。

おや、お怒りになられましたか?

よろしい。“戦争の悲惨さ”なるものを、本当に、真から、心から、孫子に伝えようと思ったら、手っ取り早い方策が、ひとつだけあります。

それは――――

学校給食の献立を、終戦直後に、みんなが食べていたのと、同じものにすることです。
そして、学校の制服を、終戦直後に、みなが来ていた服と同じものにすることです。

できますかね? できやしないでしょう?
なんだかんだ云っても、みんな言葉の上っ面だけなんですよ。
“戦争の悲惨さを語り継がねばならない”なんて、云ってもね。

先にも記しましたように、これはぼくらの仲間内では、“戦争の悲惨さ”ではなく、“敗戦の悲惨さ”なんですが、その“敗戦の悲惨さ”すら満足に伝えられないのに、“戦争の悲惨さ”を伝えられるはずなんて、あるわけありません。
ウヌボレ、自己満足、お涙ちょうだい、感情的自慰は、いいかげんにしてもらいたいものですね。

温かく美味しい給食をお腹いっぱい食べさせて、継の当たっていない小奇麗なおべべを着させて、それでなにが、“戦争の悲惨さを伝える”ですか。

戦後七十年超、日本人もジョークのセンスは、よくなったものですね。
 
| 遊冶郎 | 気まぐれなコラム | 04:34 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS