ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
夏目漱石の命日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、トマト・ジュース、バナナ(3本)


夏目漱石は日本近代文学史上に燦然と輝く巨星であり、まさに“文豪”と賞されるに相応しい小説家、文学者である、と、云うことに、異存を唱える方は、よもやおるまい。わたいたちの仲間内でも、このことについては(めずらしく)、各自の意見が一致している。
漱石の作品は、いまなお燦然とした輝きを放ち、いまなお読むに値する。
現代のいわゆる「問題作」、「意欲作」、「受賞作」等々などを読むよりも、漱石の一編を読む方が、遥かに読みごたえがある。
散作に熱弁されるまでもなく、わたいたちはみな、そう思っている。
もちろん、そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんの関連もない。
漱石はジャムを好んだらしいが、わたいの食卓上にあるのは、マーガリンだけであって、ジャムはついぞ、見かけない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:11 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS