ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
冬至の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、粕汁(鮭、大根、人参、白菜、玉葱、糸こんにゃく、長ねぎ、ちくわ、油揚げ、ニラ、もやし、貝割)、ほうれん草と白菜のおひたし(油揚げ、ちりめんじゃこ入り)、辛子明太子、納豆、味付海苔


冬至の日には、こんにゃくも食べる習慣があるらしい。
こんにゃくは、「胃腸の砂おろし」と云われているように、胃腸の有害物質を排出する効果があり、体内の大掃除、と、云った意味合いで、冬至の日に食べるらしい。
そんなこととはつゆ知らず、粕汁には糸こんにゃく、と、云うわけで、入れたのである。
今頃思うのもどうかと思うが、どうも味噌汁だの、粕汁だの、と、なると、できるだけいろんな食材を入れようとする傾向にある。
少しでも多くの食材(主に野菜)を摂取しようとする心がけは、我ながら、アッパレであるが、要は調理の手間をかけず、しかも、洗い物を少なくしよう、と、云う、せせこましい手抜き根性の表れである。
しかしながら、手荒れが酷くなるこの季節、洗い物が少ないに越したことはないのである。
それにしても、辛子明太子は、やっぱり、美味いわぁ〜楽しい
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:15 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS