ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ナポレオンの(最初の)結婚記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(海苔とたまごのふりかけ)、豚肉生姜焼き、大根と人参の皮の浅漬け


今朝は30分ほど寝坊してしまい、半熟卵2個とバナナ2本を詰め込んで、慌てて家を出た。そんなわけで、朝食の写真&記事はない。
今日はナポレオン・ボナパルトと、彼の最初の妻であるジョセフィーヌ・ド・ボーアルネが結婚した日である。
当時ナポレオンは、トゥーロン攻囲戦やヴァンデミエールの反乱の鎮圧などで名を挙げ、国内軍司令官となってはいたものの、政界・軍界・社交界などでは、いまだ身分低い軍人にすぎなかった。
一方ジョセフィーヌは、総裁政府の実力者であったバラスの愛人として、社交界の花形となっていた。
その二人が結婚したのは、より以上の昇進出世を望むナポレオンと、ジョセフィーヌに飽きが来てお払箱にしたかったバラスとの思惑が合致したため、と、目されている。
要は政略結婚であった。
そのふたりがやがて、皇帝皇后として、フランス全土は云うに及ばず、ヨーロッパ大陸のほぼ全土にまで影響を及ぼすようになるのだから、男女の縁とは解らぬものである。
なんにせよ、わたいの弁当の中味とは、なんらの関係もない。
政略であろうがあるまいが、結婚だの、男女の縁だのとは、なんら関係のない弁当であり、人生である。
それにしても、結婚当日のこの日、ナポレオンとジョセフィーヌの食卓には、いったいどのような料理が並んでいたのだろうか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 09:34 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS