ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
だれにでもある名曲
だれにでも、心に残る名曲と云うものがある。
ある人たちにはキャンディーズであったり、ある人たちにはピンク・レディであったり、またある人たちには、グループ・サウンズであったり、ビートルズであったり、あるいは福山雅治、AKB、モーニング娘、欅坂……。
人それぞれに、自分の中の名曲、忘れ得ぬ曲、と、云うものがある。
しかし、古今東西、いかなる人と云えども、けっして忘られ得ぬ名曲、と、云えば、自分が通い、学び、そして巣だった、学校の、校歌ではあるまいか。
小学校、中学校、高等学校、そして大学……。
社会に出て、幾多の苦難に遭遇したとき――
――なにくそ、こんなことで、負けてたまるか。
と、思った人は、多いだろう。
そして、そんなとき、頭をよぎって流れるのは、あの懐かしき故郷の、あの、校歌では、ないだろうか。
若き日、思い出多き故郷を後にして、東京に出てきた或る歌人は詠んだ――
――故郷の 山に向かいて 云うことなし 故郷の山は ありがたきかな
また、或る歌人は詠んだ。
――故郷は 遠きにありて 思うもの
故郷に在って、故郷のために尽くす者、故郷を離れ、故郷を思って働く者……。
いずれにしても、その若き日、青春の血を燃やし、友と夢を語り合い、人を愛し、人に恋し、先生先輩に、あるいは反撥し、あるいは慕い、そしてまたあるいは真剣にぶつかり合った、あの日々は、決して脳裏を過ぎ去ることはなく、人生航路の荒波を乗り越えるよすがともなる……。
この春、学窓を巣立ち、新たなる人生の節目を迎える若き人たちには、自分たちが学んだ学校の校歌を忘れないように、切に願いたい。
そしていずれの日にか、ともにみんなで、その校歌を歌える日の来ることを、願ってやまない。
| ろ〜りぃ | ちょっと一言 | 13:45 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS