ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ビリー・ザ・キッドの命日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ(サニーレタス、キャベツ、胡瓜、トマト…青じそドレッシング)


1881年(明治14年)の今日、名高い無法者ビリー・ザ・キッドが、友人でもあった保安官のパット・ギャレットに射殺された。享年、21歳であった。
21歳で21人を殺害したと云われる彼の伝説は、多くの小説やとりわけ西部劇映画によって、現在までも語り継がれている。
彼の生涯に匹敵する合衆国西部の伝説的人物と云えば、ワイアット・アープくらいではないだろうか。ジェシー・ジェイムズも、ブッチ・キャシディも、バット・マスターソンも、みな実在の人物で、その生涯、その活躍は伝説となって語り継がれているが、その知名度は、とてもビリー・ザ・キッドに及ばない。
ビリー・ザ・キッドとパット・ギャレットの映画は、それこそ数多くあるが、我が友:映ちゃんによると、『ヤングガン』(1998年)、『ビリー・ザ・キッド/21歳の生涯』(1973年)、『左きゝの拳銃』(1958年)が、おススメ、だそうである。なお、『ビリー・ザ・キッド/21歳の生涯』には、昨年ノーベル文学賞を受賞して物議を醸したボブ・ディランが音楽を担当し、自身も出演している。そう云う意味でも、面白かろうと思われる。
もちろん、そのことと、わたいの食卓を飾る献立とには、なんらの関連もない。
撃ち合いとも、裏切りとも、まるで縁のない、いたって平凡な食卓である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:10 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS