ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
海苔の日のひとりめし(朝)
ロールケーキ(バニラ)、ロールケーキ(コーヒー)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“海苔の日”だそうである。
Wikipediaによると、701年の今日(大宝元年1月1日)、大宝律令が施行されたが、それにより、「29種類の海産物が租税として納められ、海苔がその1つとして表記されていることから」、「全国海苔貝類漁業協同組合連合会が1966年に制定」したのだそうである。
1966年と云うと、昭和41年だから、半世紀近く前のことである。
別に揚げ足を取るつもりもないし、イチャモンをつけるつもりもないが、どうせなら、単に“海苔の日”とするのではなく、広く、“海産物の日”としたらよかろうと思う。
日本は四面を海に囲繞された海洋国家であり、国土が狭隘なことも相まって、多く海の恵みに依存してきた歴史がある。
海産物は、タンパク質や脂質のみならず、その含有するビタミン、ミネラル類も豊富で、非常に健康によろしい。
多種多様なる海の恵みに感謝し、それら海の恵みを産み出す海そのものを汚染しつつある近現代の在り方を猛省し、もっていま一度、海洋国家日本としての在り方をも見直す日、と、すべきであろう。
そのほうが、“海の日”などよりも、よほど意義がある。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
海産物とも、海洋国家とも無縁の、いたって洋風な献立である。
別にロールケーキづいてるわけではない。土・日に食べようと思っていたおやつを食べ損ねただけの話である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:56 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS