ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << April 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2枚目の名刺の日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“2枚目の名刺の日”であるそうな。
Wikipediaによると、「社会人が本業以外に社会活動を行う2枚目の名刺を持つことを記念する日。象徴的な2の重なるこの日を特定非営利活動法人二枚目の名刺が記念日とした。」と、ある。
最近、“働き方改革”とやらの一環として、会社員に副業を認めることが検討されているらしい。本業への影響や、労災、各種保険、労働時間の管理等、超えるべき様々な問題が提起されているが、原則としては、副業を禁止すること自体が、そもそも、個人の権利の侵害であることを確認するべきである。
副業の禁止は、個人を一つの組織にのみ緊縛し、以てその組織に隷属せしめようとする意図より発せられたものに他ならない。
組織としては副業を認め、副業のほうが総合面で魅力があるから、と、云って、組織員に離脱されては、かなわないだろう。
そうならないためには、副業先よりも、組織員にとって、現在属する組織のほうが魅力がある、と、思わせるように、組織を改良しなければならない。
組織にとっては重荷である。
それよりは、副業を禁止にして、かかる患いを未然に防ぐに如くはない、と、云うわけである。
それが近年、解禁の論議が発生しているのは……話が長くなるのでやめておく。そのうち、Macなり遊冶郎なりが、なにか書くだろう。書くかな?
まぁ、「2枚目の名刺」は、「社会活動」のために持つものらしいから、なにも副業とは限らない。地域活動でも、いわゆるボランティアでも、いいわけである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
副業ともボランティアとも関係のない、いたって非生産な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:54 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS