ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << April 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
脱出の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ちりめん山椒ふりかけ)、鶏肉の揚げない唐揚げ風、菜の花の辛子和え


今日は”脱出の日”であるらしい。
Wikipediaによると、「1815年のこの日、エルバ島に流刑されていたナポレオン・ボナパルトが島を脱出してパリに向かった」からであると云う。
と、すると、いかにもフランスの記念日のようだが、どうやら日本だけの記念日であるらしい。
幕末明治期に活躍した、いわゆる尊攘の志士たちのなかには、米国のワシントンと、フランスのナポレオンを尊崇していた者たちが多かったらしいから、おおかたその流れで制定されたのだろう。
1815年と云えば、日本では文化12年、徳川11代将軍家斉の頃である。
なお、エルバ島を脱出したナポレオンであるが、その後ワーテルローで敗北し、セント・ヘレナ島に流されて、その地で生涯を閉じたことは、みなさん、よくご存じのことである。
もっともそのことと、わたいの弁当の中身とには、なんらの関連もない。
脱出とも流刑とも縁のない、いたって平和な献立である。
それはともかく、エルバ島からの脱出を決行したこの日、ナポレオンは、どのような食事を摂ったのであろうか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:14 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS