ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << January 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
駅弁の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日は牘慂曚瞭”であるらしい。
Wikipediaによると、「日本鉄道構内営業中央会が1993年に制定」した。「4月では駅弁の需要拡大が見込まれる行楽シーズンであり、『弁当』の『とう』から10日、さらに『4』と『十』を合成すると『弁』に見えることから」、この日になったらしいのだが、なんとも苦しいこじつけである。
同じくWikipediaによると、「1885年(明治18年)7月16日に栃木県の宇都宮駅で販売されたおにぎりが初例である」と、云うことである。それならばいっそ、7月16日を牘慂曚瞭”にすればいい。7月だって、夏の行楽等で、駅弁の需要は見込まれるだろう。
旅の愉しみのひとつは、各地各所での名産物を使用した、ご当地ならではの駅弁を食しうるところにあるだろう。旅館やホテルなどでの豪華な食事もよいが、手頃な価格で、車窓に動く景色を眺望しながらの食事には、得も云われぬ風情がある。食堂車での食事とは、これまた違った味わいである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
旅の風情とも、各地各所の名産物とも縁のない、いたって無風流な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:08 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS