ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
お香の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爐香の日”だそうである。
Wikipediaによると、「595年4月に香木が日本に漂着したという最初の記録が日本書紀にあることから、この4月と『香』を分解した『一十八日』にかけて、1992年4月4日に全国薫物線香組合協議会が制定」したそうである。
595年と云えば、推古天皇の3年であり、日本にはまだ、元号がなかった時代である。
いったいこの香木なるものが、どこから漂来し、どこに漂着したのかは、定かではない。どこに漂着したのか、くらいは、記されているかもしれないが、取り立てて知りたいとは思わない。少なくとも、現時点では。
季節感のある自然の香りはさわやかなものであるし、心地よさを感じるものだが、一部の香水などは、胸を悪くさせるものがある。
やたらにスメハラ、スメハラ、と、騒ぎ立てる風潮もどうにかしてほしいものだが、悪臭としか感じられない香水の臭いを振りまきながら平然としている神経も、どうにか改良してほしい。
一部の香水の臭いなどよりも、まだ煙草の匂いのほうが、ガマンできる場合すらある。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
香水とも煙草とも無縁の、食べ物らしい匂いのみが漂う、いたって好もしい献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:55 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS