ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
木蓮忌の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


猝斛ヾ”とは、猊期隆”あるいは猊患官犂”とも云い、内田百里量親である。
内田百里髪召┐弌大正・昭和期の小説家、随筆家として有名である。
彼もまた、芥川龍之介や久米正雄、鈴木三重吉たちと同じく、漱石門下のひとりである。
彼の小説は奇妙な幻想界を彷彿させるものがあり、またその随筆には軽妙洒脱なユーモアが漂っており、なかなかに愉快なものである。
散作のお気に入りの作家のひとりである。
また、彼をモデルにした黒澤明監督の御遺作『まあだだよ』は、映ちゃんのみならず、わたいたちの大好きな作品である。
そんな内田百里量親が、なぜ猝斛ヾ”と呼ばれるのかWikipediaによると、「東京都中野区金剛寺にある木蓮を詠んだ句碑から」だそうである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
幻想とも洒脱とも無縁の、いたって凡俗な献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:48 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS