ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
大阪地震の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ


今朝7時58分、大阪北部を震源地とする(後刻、高槻と判明した)震度6弱の地震が発生した。後で知ったことだが、大正年間に観測が始まって以来、最大規模の地震だったのだそうである。
わたいはそのとき、地下鉄のホームで、電車の来るのを待っていた。と、突然、下から突き上げられるような衝撃を感じ、
──あれっ? なんだこりゃ。
と、思う間もなく、横揺れが始まった。天井を支える柱が動いているのが判るほど、強い揺れだった。
いくらニブイわたいでも、
──地震や。
と、解った。
もちろん、周囲にいた人々も、理解したに違いない。
それにしては、みな冷静だった。ほとんどの人は、泰然として動かない。
わずかな人たちだけが、地上に出るべく階段を上り始めた。慌てている様子もなく、走っている人もいない。みな粛々としている。
わたいも一旦、地上に出るべく、階段を上りかけた。が、途中で足を止め、ホームに引き返した。揺れは短時間で収まり(1分と揺れてなかったろう)、大した影響もあるまい、と、思われたのである。
ところがホームに戻ってみると、駅員からの指示があり、全員改札を出て避難するように促された。もちろん、車両の運転は見合せである。再開の目途は立っていない、とのことである。
しかたないので、地上に出て、しばらく躊躇したが、宅に戻って自宅待機することにした。
7:58と云えば、いつもなら、発車したての電車の中にいる時間である。
いつもは7:57発の電車に乗るのである。
たまたま今日は、スマホを持って出るのを忘れ、取りに引き返したのである。別に1日スマホなしで済ませてもよかった。ただなぜか、その日はスマホがないと不可ないように感じたのである。
それが幸いした。故郷の友人に云わせると、“悪運が強い”のだそうだ。我ながらそう思う。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
地震とも、悪運とも関連のない、いたって平常通りの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:40 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS