ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
愛林日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は“愛林日”だそうである。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると──
1895(明治28)年に来日したノースロップ博士が講演で「愛林日(Arbor Day)」の精神を説き、1898(明治31)年、本多静六林学博士の提唱により神武天皇祭の4月3日が「植栽日」となった。1933(昭和8)年に大日本山林会会長・和田国次郎、農林次官・石黒忠篤らにより、4月2日から4日までの3日間を「愛林日」として、全国一斉に愛林行事を催すことが提唱され、翌年、日本初の中央植樹行事が茨城県の「鬼が作国有林」で行われた。この中央植樹行事は現在「全国植樹祭」となっている。
とのことである。
島国でもある日本は、また、多くの山林を有する山国、樹木の国でもある。山林中にいると、心気が落ち着き、塵労が洗浄され、心身が清められる気がする。一時期、「森林浴」なるものが流行ったこともあった。
日頃あまり意識には昇らないが、山林を愛し、山林のありがたさを認識する契機となるこう云う記念日は、なるほど、有意義であろう。
とりわけ、山林、と、云えば、花粉症による弊害苦痛の元凶としてしか意識されかねない、この時期において、本来の山林自然のありがたさ尊さに思いを馳せることは、好ましいことに違いない。
だいたいわたいに云わせれば、花粉症なるものは、自然のもたらした災害などではなく、明らかに、人がもたらした、「人災」なのである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
森林浴とも花粉症とも、自然災害とも人災とも、まったく縁のない、いたって平和で穏やかな、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS