ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カーペンターズの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、揚げないコロッケ、小松菜のわさび和え、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


晩食のお菜をなににしようか迷った挙句、揚げないコロッケに再度挑戦することにした。
以前から記しているように、鶏の唐揚げとコロッケは、数あるわたいの大好物のうちでも、1、2を争うくらいのお気に入りなのだが、困ったことには、これが、鶏の唐揚げやコロッケなら、どこのでもいい、と、云うわけではないのである。ありていに云えば、実家のものが最高なのである。他のどんな名店、有名店のものよりも、母者が料理ったものが格段に美味いのである。
と、云うと、そりゃあ、生まれたときから馴染んでる味が、一番だろうさ、と、云われるかも知れないが、じつはそうではないのである。
母者に聞いたところによると、料理り方に独特の工夫があるのだそうだ。
コロッケの場合は、以前にも記したが、玉葱を多めの油に、弱火〜とろ火で、30分以上炒めること、なのだそうだ。じっくりと、玉葱があめ色になるまで炒めると、グン、と、甘味が増すのだそうである。
実際わたいもやってみているが、なるほど、だいぶ味が引き立っているような気がする。
小松菜のわさび和えは、ほぼこの時季のお約束、で、ある。わさびのさわやかな辛味が、この時季の気候にピッタリである。からし和えも悪くはない。今度はからし和えにしてみようか。それはそれで、季節に合いそうである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:53 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS