ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
地ビールの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、揚げないコロッケ、菠薐草のお浸し、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔


エライことに気づいてしまった。揚げないコロッケに、合挽肉を入れ忘れていたのである。急に思いついて、慌てて材料を買いに行ったためか、それとも、参考にしたレシピが、かぼちゃコロッケやおからコロッケなどの、独自性にあふれたものだったためか、合挽肉を入れる、と、云う観念が、すっぽり抜け落ちてしまったのである。嗚呼、忘却とは忘れ去ることなり……。忘れ去るものよ、汝の名は忘却なり。
とにもかくにも、加齢性健忘症ではないことを祈りたい。
それはそれとして、合挽肉がなくても、気がつかないほどに、コロッケの味がしていたことは、たしかである。ものは考えようで、ヘルシーなコロッケの料理り方をおぼえた、と、思えば、ひとつレパートリィが増えたと云える。
菠薐草のお浸しには、すりごまとかつお節を大量にかけた。
すりごまは、ごまにはカルシウムが多く含まれており、しかも、ごまに含まれている油は、ビタミンAの吸収を助けてくれる。かつお節はシュウ酸を防いで結石を予防してくれる。菠薐草のお浸しにすりごまとかつお節、と、云うのは、昔ながらの食べ方だが、昔ながらのものには、それなりの理が、ちゃんとあるのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:04 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS