ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
キスの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鮭の幽庵焼き風、小松菜と厚揚げの煮浸し、生野菜サラダ、南蛮漬けの素、べったら漬け、冷奴、納豆、味付海苔


朝晩と生野菜サラダを食しているせいか、昨年に比して、わりと身体の調子が好い。緑黄色野菜がどうの、根野菜がこうの、温野菜だ、淡色野菜だ、なんだかんだ、と、ウンチクをお垂れ流しあそばされる方々も多々いらっしゃるが、まず前提として、野菜はすべて、身体に好いのである。肉や米の食べ過ぎで健康を損ねた、と、云う人はいても、野菜の食べ過ぎで健康を損ねた人はいない。それがわたいの自論である。
南蛮漬けの素は、玉葱や人参、酢自体にも、ブリの旨味が滲み出ていて、なかなかに乙な一品になっている。酢そのものが、食欲を刺激し、増進させる効果があるのだが、かてて加えて、野菜やブリの旨味が程よく混淆して、なおさらその効果が発揮されている。これだけで充分、ご飯が進む。箸休めのつもりだったが、お菜として通りそうである。
鮭の幽庵焼き風と、小松菜と厚揚げの煮浸しが昼の弁当のお菜と重なってしまった。他の献立との優先順を考えると、やむを得ない。
それにしても、今週はめずらしく、いろんなお菜を料理った、と、思っていたが、それもなくなってしまった。余らせるよりはいいが、明日の弁当のお菜がなくなってしまった。そんなわけで、明日の弁当のお菜は、みなさんよくご存知の、あの組み合わせになりそうである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:03 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS