ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
掃除機の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“掃除機の日”だそうである。
Wikipediaによると、“日本電機工業会が1986年から「お掃除の日」として実施”していたものを、“1997年に「掃除機の日」に改称”したものだ、と、云うことである。
なぜ5月30日が“お掃除の日”なのかについては、記されていない。
ただ、同じくWikipediaによると、5月30日は、“「ゴ(5)ミ(3)ゼロ(0)」”と、云うことから、“ごみゼロの日”なのだそうで、なるほど、それならば、解からないでもない。
排出ゴミの減量が叫ばれるようになって久しい。缶、瓶、ペットボトル、プラスチック・トレイ、等々の分別廃棄は、いまや生活上の常識、と、云う域を超えて、第二の本能、習性とまでなっている。
分別廃棄をしない人間は、もやは、野蛮人のように思われている。好ましいことである。
最近では、海洋のプラスチックごみ汚染が問題になっており、いよいよその規制が強化されつつある。以前から、ストローなど、なんの必要性があるのか、はなはだ理解に苦しんでいたわたいとしては、大いに意を強くした次第である。
ごみ排出の見直しは、生活習慣の見直しに連結し、ひいては健康の見直しにつながる。大いに推奨されてしかるべきである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
ごみ排出の規制が強まろうが強まるまいが、ごみ排出の方法が見直されようが見直されまいが、一切無関係の、いたって省エネルギー、省資源な、いたってスバラシイ献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:48 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS